searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Suto Ryotaさんのプロフィール

住所
鶴岡市
出身
鶴岡市

このブログではキャンプの記事も載せていますが、主たる記事は風景写真になっています。掲載する写真は全て自分で撮影したものです。四季折々の美しい景色を綴っていますので、どうぞお気軽にご覧になっていただければと思います。写真はクリックかタップすることで拡大表示することができます。お好みで拡大してご覧ください。

ブログタイトル
リョータログ
ブログURL
https://larvandad.blogspot.com
ブログ紹介文
写真が大好きで撮りまくってます。被写体は主に山形県を中心とした自然風景です。我が山形帝國の景観を少しでも多くの人へ伝えることができたらいいな~と思っています。キャンプとお酒、そしてピアノの話題もたまに混じります。
更新頻度(1年)

223回 / 365日(平均4.3回/週)

ブログ村参加:2019/07/01

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Suto Ryotaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Suto Ryotaさん
ブログタイトル
リョータログ
更新頻度
223回 / 365日(平均4.3回/週)
フォロー
リョータログ

Suto Ryotaさんの新着記事

1件〜30件

  • 岩に染み入る滝の声 / The sounds of waterfall

    これは5月の中旬に元滝伏流水で撮影した1枚です。写真にはそれなりの大きさの滝が流れているように見えますが、これは地中から水が湧き出している伏流水なので正確には滝ではないそうです。 …続きは記事本文で

  • 夕陽の光を受け止めて / Sunset on the Sea of Japan

    これは4年前の今頃、遊佐町にある大平山荘の展望台で撮影した夕景色です。霞の向こう、日本海の遥か彼方へと沈む夕陽がとても素敵でした。この日最後の光が降り注ぎ、草木の葉を透かして神秘的な雰囲気を作り出しています。夏の始まりを感じる、そんな景色でした。

  • 旭の幻想 / Fantastic view in the morning light.

    これは4月の下旬に白川湖で撮影した水没林の1枚です。鏡のような湖面に朝霧が漂う中、朝の光が辺りを包み込みました。柔らかな光の中でそれはとても幻想的な景色でした。

  • 山に訪れた春の息吹 / The breath of springtime

    これは5月下旬に西川町の地蔵沼で撮影した1枚です。標高およそ750mのこの山にも、春の息吹を強く感じられる季節がやってきました。日毎に濃くなっていく木々の緑。それを彩るツツジの花。景色が春を謳っているような、そんな素敵な景色でした。

  • 緑育む伏流水 / Fresh greenery and underground water

    これは5月中旬に撮影した元滝伏流水の1枚です。岩の積み上がった崖から大量の伏流水が湧き出し、元滝川へと流れ込んでいます。伏流水は地下から湧き出していて、夏には天然のクーラーのように冷たい水になっています。段々と熱くなってきたこの季節、この場所が恋しくなりそうです。

  • 明日へ紡ぐ光 / Paddy fields and sunset

    これは5月中旬に藤島町で撮影した水田の夕陽です。この日は風があったけど、水田の漣もなんだか良い雰囲気になりました。ゆっくりと地平へ向かっていく太陽が、この日最後の光を投げかけます。それはまた明日へと紡ぐ光です。

  • 水上に芽吹く / New greenery on the water

    これは4月下旬に白川湖で撮影した水没林の1枚です。ここへ来て2日目の朝、被写体として有名な木にスポットを当てて撮りました。静まり返った水面に鮮やかな新緑を芽吹かせて、それは素晴らしい景色でした。

  • 芽吹きの季節 / The season of budding

    これは5月下旬に地蔵沼で撮影した1枚です。久しぶりに訪れた地蔵沼ではすっかり新緑が芽吹いていました。写真の中に小さく見える白い花はつつじの花だと思います。山にやってきた遅い春を象徴するような、そんなのどかで素敵な景色でした。

  • 苔のむすまで / Until lush with moss

    これは5月の中旬に元滝伏流水で撮影した1枚です。伏流水の湧き出て流れ落ちるこの場所は苔の聖地になっています。温度の変化しにくい伏流水だからなのか、それとも高い湿度のせいなのかはわかりませんが、その苔の緑がまた目に優しいのです。ここがこうなるまではきっと長い悠久の時を経たのでしょうね。

  • パープルストーブ501aに接続金具+L字エクステンションでフロアポンプを接続

    パープルストーブにはポンプが標準装備されていますが、それを自転車用フロアポンプに置き換える接続金具がメーカー公式で発売されています。それを使うことによってポンピングがとても楽になります。但し、説明書には加圧するときだけフロアポンプを接続するようにと書いてあります。 …続きは記事本文で

  • 霊峰月山を遥かに望む / Mt.Gassan beyond the paddy fields

    これは藤島町で撮影した水田と月山の1枚です。ゆっくりと太陽が地平の向こうへ沈む中、太陽から見て反対側の水田に映す霊峰月山が素敵だったので撮りました。未だ残雪が残る山肌が印象的な、そんな春の景色でした。

  • 地蔵沼の春 / Spring in Jizo-numa

    これは先日、西川町の地蔵沼で撮影した1枚です。残念ながら残雪が残るところを撮影とはいきませんでしたが、生き生きとした新緑の色彩を楽しむことができました。写真では小さくにしか写っていませんが、ところどころにツツジの花が咲いていてアクセントを加えていました。山にもやってきた春の景色です。

  • 水の森へ / To the Water Forest

    これは4月の下旬に白川湖で撮影した水没林の1枚です。水没林へできる限り(ズームで)寄って撮りました。薄く漂う朝霧を透かして映り込む水没林がなんとも神秘的で素敵でした。

  • 苔と水の楽園 / Paradise of Moss and Water

    これは5月の中旬に撮影した元滝伏流水の1枚です。滾々と湧き出す伏流水に、びっしりと苔生した岩々。自然が命を育んでいる様子を目の当たりにしているような気がして、自分はこの場所がとても好きです。水の流れ落ちる音を聞いていると、古筝の高山流水が聞きたくなります。 …続きは記事本文で

  • 柔らかな風の中に / In the soft breeze

    これは5月中旬に藤島町で撮影した水田の夕焼けです。この日は柔らかな風が吹き渡っていました。水田のリフレクションを狙っていた自分としては当てが外れた形になったけど、こんな景色もまたいいなぁと思って撮りました。ほんの少し波立った水田の向こうに沈む夕日が素敵な景色でした。

  • 朝霧の囁き / Whisper of the morning mist

    これは4月の下旬に白川湖で撮影した水没林の1枚です。この日の朝はは放射冷却で気温がぐっと下がり、湖面を朝霧が漂う神秘的な景色を見ることができました。鏡のような湖面の上を、風がないように見えるのに僅かな空気の流れに乗って朝霧がゆっくりと漂っていきます。 …続きは記事本文で

  • 新緑と伏流水 / Fresh leaves and subsoil water

    これは先日、元滝伏流水で撮影した1枚です。びっしりと苔生した伏流水の湧き出し口を撮りました。この水は川として上から流れているのではなく、地下から伏流水が湧き出しているものです。これから暑くなってくると、この冷たい伏流水が恋しくなってくるに違いありません。

  • 田園の彼方へ / Beyond the Rice Paddies

    これは先日藤島町で撮影した田んぼの夕景色です。大きな田んぼの向こうに夕陽が沈んでいくところを撮りました。黄昏色に染まった世界がなんともノスタルジックで郷愁を誘う景色でした。

  • 湖水に映す新緑 / Fresh green reflected in the water

    これは白川湖で撮影した水没林の1枚です。湖面を覆っていた朝霧が晴れていき、このときはわずかにその余韻を残すのみとなっていました。芽吹いた新緑が湖面に映り込み、それは美しい景色でした。これは何度見ても飽きないですね。

  • 緑山流水 / Green Mountain and Running River

    これは先日元滝伏流水で撮影した1枚です。びっしりと苔の生す水辺に滾々と湧き出す鳥海山の伏流水を撮りました。水簾の音が軽やかに響き渡り、そこにはなんとも穏やかな時間が流れていました。新緑の候、心和むひとときです。

  • 水と緑の楽園 / Water and Green Paradise

    これは昨日にかほ市で撮影した元滝伏流水の1枚です。なんだかここで撮影するのがとても久しぶりな気がします。久しぶりに見た景色は、前と変わらない水と緑の楽園でした。鳥海山に降り積もった雪や雨が地下を通って湧き出し、それがここに豊かな緑をもたらします。自然の恵みを表現するかのような、そんな素敵な景色でした

  • 水田に映す夕焼け / Sunset reflected in a paddy field

    これは2日前に藤島町で撮影した水田の夕景色です。この日は少し風が出ていたけど、それでも素敵な夕焼け空の色彩を見ることができました。水田の風景はこの季節の風物詩ですね。

  • 朝霧と新緑 / Morning mist and fresh greenery

    これは4月下旬に白川湖で撮影した水没林の1枚です。まだ太陽が山の向こうに隠れている頃、薄暗い中で撮影しました。静かな湖面に霧が薄く漂い、それは神秘的な景色でした。

  • 水田の夕暮れ / Dusk in the rice paddies

    これは3年前に羽黒町で撮影した水田の夕景色の1枚です。春らしく薄くかかった雲の向こうに太陽が沈んでいきます。水田は淡く染まった空を写し込み、どこまでも広がっていました。 …続きは記事本文で

  • 霧の舞 / In the mist flow

    これは4月上旬に白川湖で撮影した水没林の1枚です。朝霧が湖面を漂っていたこの日、撮影していると少し風が動いて霧が流れ出しました。それがまた幻想的で見るものの目を楽しませてくれました。

  • 水の森へ / To the Water Forest

    これは4月下旬に白川湖で撮影した水没林の1枚です。朝霧が湖面を揺蕩う中、朝日が山の向こうから光を投げかけてきました。それは水没林をも包み込み、辺りはより神秘的な景色へと変わっていきました。静かな湖畔での忘れられないひとときです。

  • 静水の景 / Tranquil Landscape

    これは4月下旬に白川湖で撮影した水没林の1枚です。これまで投稿してきた写真とは違い、これは2回目の朝に撮影しました。この日の朝は比較的暖かく全く霧が出ませんでしたが、それはそれで透明感のある素晴らしい景色を見ることができました。今年は様々な表情を取ることができて充実した撮影遠征でした。

  • 白川湖を抱く飯豊連峰 / Lake Shirakawa and the Iide mountain range

    これは4月下旬に白川湖で撮影した1枚です。水没林を撮影した後、白川湖と飯豊連峰を望むこの場所で遠景を撮るのがお決まりのコースになりました。未だ雪を被った飯豊連峰が雄大に広がるその景色は、なんとも清々しく目に映りました。湖面をいく1艇のカヌーがまたのんびりしたいい雰囲気を出していますね。

  • 静謐の時 / A Time of Tranquility

    これは4月下旬に白川湖で撮影した水没林の1枚です。いよいよ山の向こうから太陽が顔を出し、この日最初に光を投げかけてきます。それは薄く朝霧が揺蕩う水没林を包み込み、全ては穏やかに輝いて見えました。それはほんの僅かな時間に見せる、静謐の時。

  • 幻想の春 / The Spring of Illusion

    これは4月下旬に白川湖で撮影した水没林の1枚です。放射冷却現象で朝方冷え込んだこの日、湖面には朝霧が揺蕩ってました。ゆっくりと静かに流れるその霧が、景色をより幻想的に見せてくれました。柔らかな朝の光の中、それはまるで夢の中の景色のようでした。

カテゴリー一覧
商用