searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Allegraさんのプロフィール

住所
スイス
出身
熊本市

📕『スイスは私を変えた!』 ⇒https://swiss-trip-time.fc2.net/blog-entry-1.html 📌Facebook:https://www.facebook.com/swissfanclub 📌Twitter:https://twitter.com/swissfanclub

ブログタイトル
スイス - チョコレートタイム
ブログURL
https://swiss-trip-time.fc2.net/
ブログ紹介文
『チョコレートタイム』は、スイスの旅で感じたハッピーな気持ち、癒された瞬間を振り返っての思い出タイム。 スポット的に旅の印象を綴っています。 私のブログを通じて、スイスをもっと好きになってくれたらうれしいなぁ~☆
更新頻度(1年)

248回 / 365日(平均4.8回/週)

ブログ村参加:2016/11/06

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Allegraさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Allegraさん
ブログタイトル
スイス - チョコレートタイム
更新頻度
248回 / 365日(平均4.8回/週)
フォロー
スイス - チョコレートタイム

Allegraさんの新着記事

1件〜30件

  • 時の語り!- 世界に発信された日本の美

    時計が時を刻む。長い時を経て世界遺産となった日本の象徴。長い時を経て、受け継がれてきた日本の伝統。長い時を経て、今もなお輝き続けている日本の美しい自然。時が刻まれる中で、日本人の心の中に「愛」が生まれる。時が刻まれる中で、日本の技術が創り出される。オリンピックの精神と日本の美しい自然、そして日本の伝統の美などが融合された≪RECORDING OLYMPIC DREAMS≫見れば見るほど・・・好きになるスイス時計のキャンペー...

  • 8月1日の花火とパン!- スイス建国記念日

    スイスの静かな建国記念日!バーゼルSBB駅では毎年、大きなスイス国旗が掲げられる。今年は悪天候もともなったせいか、各家庭の玄関やバルコニーにスイス国旗を飾り付ける家が少ないように感じる。今まで見た中で一番印象的だった、Kandersteg/カンデルシュテーク(ベルン州)のある家。コロナウィルス規制のために、今年もバーゼルのライン川沿いの打ち上げ花火などのスイスの誕生日を祝うイベントは中止!だが、近所(バーゼル郊...

  • 小さな冒険者たち!- バーゼル郊外

    昨夜10時近く、このアネモネの花の近くで・・・可愛い冒険者たちに出会った!数日前からアネモネの花(※)が咲き始めている。※Helbst-Anemone(直訳:秋のアネモネ)和名だとシュウメイギクになるのかな!?「軽くて繊細なイメージの花はパステルカラーの海を思い起こさせる」ということで人気の花である。部屋の換気のためにお庭に面した🚪ドアを開けると、目の前に小さなハリネズミ(片手に乗っかるくらいの大きさ)を発見!周り...

  • 東京から温かい風が吹く!- スイスのニュース

    日本すごい!初日から金メダルが出た!!と思っていたら・・・いろんなドラマを展開してくれる♬日本代表選手の活躍で温かい風が吹いた!📺スイスTV(26日)オリンピックハイライトでは・・・まず、日本はすでに13個のメダルを獲得したことの報告があり、オリンピックゲームが始まる前は反対する人が多かったが風向きが変わったと。その理由として、日本代表選手の成功に関係すると伝えた。この新聞を見れば一目瞭然ということで、26...

  • こんばんは、東京!- スイス人からのレポート

    23日のオリンピック開会式はとても感動した!母国での開催というのもあるかもしれないが、感情がこみあげてきた。特に、ドローンによる地球のアイデアはしかり、彼らのパフォーマンスはどれも素晴らしかった。素敵なショーを見せてくれてどうもありがとう。開会式はすべて見たが、再度、「本日のオリンピックハイライト」を見ていたら・・・少し目を離した隙に東京の居酒屋シーンが目に飛び込んできた!バックして見てみると・・・...

  • 出ました!「日本」の特集号

    「≪ 日本 ≫が届いたよー!」とうれしそうに義理の父から手渡されたMigros/ミグロ[ miɡro ] のマガジン(※スイスドイツ語圏)。📌スイス・チューリッヒに本社を置く、スイス国内、大手スーパーマーケットの一つ。スイスでは雑誌や新聞は📚左開きであるが、今回は「 日本 」を意識して右開きのイメージでページ数もそれに合わせて編集されている。📚表紙:写真右ご覧のとおり、反転した文字で書かれてある。📷...

  • 日本の人々への深い敬意!- 東京オリンピック2020

    東京オリンピック2020がいよいよ来週23日、開幕となる。各国代表の選手たちは、今頃、健康を気遣いながら最高のコンディションを自己ベストが出せるように体調を整えているに違いない。だが・・・先日、選手村で大会関係者から陽性反応が出たという情報を知った。日本の組織委員会のメンバーはさぞ、神経をすり減らしていることであろう。 ≪日本の人々への深い敬意≫ スイス代表団のミッション責任者である、Ralph Stöckli/ラルフ...

  • 国境越えのグレーゾーン!

    11日の午後遅く、雨上がりに珍しく青空が広がった。そうだ!国境越えをしてみよう・・・と。スイス国外への旅については、コロナウィルス規制に関する諸条件があるが、特別に何も施すことなく・・・⏲17時頃、気温は23℃。数km先のフランス・アルザス地方へ野道を通って自転車でサイクリング♬ほのぼの~とした雰囲気の中を爽快にサイクリングするのは久しぶりだった♬そして、レストランはどうなのかな?と、訪れてみると・・・マスク...

  • スイスを襲う嵐!- 洪水・大雨警報発令中

    過去6週間、まともに快晴の日があっただろうか?今週もまた雨の多い激しい嵐の状況が続くという予報が出た!雹の嵐、大雨、スコールを伴う嵐のような雷雨。部分的に激しい雨で、嵐の状況は少なくとも金曜日まで緊張したままであり、一部の地域では洪水、地滑り、土石流が予想される。2週間前は「雹」が主役だった!特にルツェルン州では6月29日(月)の夜、何千もの被害報告があり、雹の嵐の被害は約6000マンフランの損害をもた...

  • EUがスイスのCovid証明書を承認!

    「完全にワクチン接種したよー!」「この夏、ヨーロッパ国内を旅したい!」・・・と、スイス在住者のワクチン接種完了者にさらに朗報!7月8日、EUはスイスのCovid証明書を承認した!要は、スイスのCovid証明書がすべてのEU諸国で認められることを意味する。※EUでは、すでにEU証明書は7月1日から有効である。スイス国民の場合、金曜日(7月9日)から、EU加盟国、アイスランド、またはノルウェーに入国するときに証明書を提示でき...

  • スイスへの入国が容易に! -トラベルチェックの活用

    スイスでは先週末、3日間でコロナウィルスの新感染者数は449人だった。6月26日以降、さらにコロナ規制緩和されたが、症例数は大幅に減少している。これまでのところ、スイスでは703,783人がコロナウィルスに感染し、10,363人が死亡している。したがって、7月5日の検査陽性率(77,738検査)は0.6%。先週の金曜日以降、7人が入院。これまでに、完全にワクチン接種している人は310万人以上となり、スイス全体の約36%である。完全に...

  • ついに明らかに!ワクチン接種後のコロナウィルス感染者数

    昨日(7/3)のニュースで、「ワクチン接種を受けたスイス人が何人感染したのか?」データを明らかにされた!📌現在、スイスでは2人に1人が💉少なくとも1回目のワクチン接種を受けているそうだ。ファイザーとモデルナのワクチン接種をするとコロナウイルスの感染から95%保護されると言われていた・・・だが、完全に接種した(2回目の接種)後でも感染する人もいる。今まで、スイスではどのくらいの人が接種後も感染しているのかは公...

  • スイスの隠された宝石!- エッシネンゼー

    ベルナーオーバーラント地方というと、インターラーケン,グリンデルワルト,ミューレン,ラウターブルンネン,シーニゲ・プラッテの名が登場する。エッシネンゼーの位置するカンデルシュテークはスイス国外からの観光客は比較するとかなり少ない。地元の人たちの願望なのだろうか?とにかく、このエッシネンゼーでのハイキングはゆっくりと自分のペースで歩けるので大好きだ! ≪パノラマハイキング第2ステージ≫Oberbärgli/オ...

  • 奇跡が起こった眠れぬ夜!- UEFA EURO 2020

    サッカー・スイス代表が67年ぶりにメジャーな試合で準々決勝進出となる。今、開催中のUEFA EURO 2020昨夜はベスト8を決める試合であった。相手はワールドカップで優勝した経験もあるフランス!世界的に有名な選手も多く、個人のスキルもスイス代表選手よりも数段、上の選手が多い!≪スイス代表メンバー≫※出典:football.ch (拡大写真)試合を見る前からスイスは勝てないだろうという気持ちが大きかった。しかし・・・⏲前半15分ス...

  • 美しいターコイズブルーの夢!- パノラマハイキング

    スイスでは、絶景が見渡せる湖はいくつもある!スイスでは、水が澄んで綺麗な湖はいくつもある!そして個人の主観もプラスされる!だから、スイスで一番美しい湖は?と聞かれてもなかなか一つに絞ることができない。・・・ただ、「スイスの山上湖での最高のハイキングは?」と聞かれれば、即、「Oeschinensee/エッシネンゼー」と答えるだろう。★私のチェックポイント!★美しい湖たくさんの高山植物動物たちとの触れ合いここすべて...

  • 私をとりこにした湖で花の旅!- エッシンネンゼー

    この湖を真上から見た風景にひとめぼれしたとき・・・2014年の夏であった。スイス在住の写真愛好家がシェアしてくれた写真は美しいブルーサファイアのような輝きを持つ色の湖であった!(➡その湖の写真)当時、その写真家は「今年一番のお気に入りの写真だ。」と語っていた。世界遺産エリアに属する、ベルン州Kandersteg/カンデルシュテークに位置する山上湖、Oeschinensee/エッシネンゼー(1,578 m)。この湖へは2012年に一度訪れ...

  • 夕日を浴びながら美味しいディナー!- コー

    このサンセットビューを見る前に・・・宿泊したホテルのレストランでお食事を♬ホテルから指定された時間は19時、驚くことにレストランにはすでに宿泊者ではない、たくさんの人が訪れていて広いテラスが狭く感じた!≪私が座っているテーブルから≫📷夕日を浴びるレストランの一画📷夕日を浴びるRochers-de-Naye/ロッシェ・ド・ネー(ズームイン)地元の白ワインで乾杯🥂したあと・・・今まで一番美味しいと感じたスイス名物

  • 夏の風にカラフルな空気!- スイスの空

    木陰で目を閉じて静かに深呼吸をしてみる。何色のスイスの空が頭に浮かぶ?今週は高気圧が優勢な日が多かった。それに加えて、乾燥した北(または北東/東)からの風の影響で湿度が低く、視界も良好だった!特に、15日~17日の3日間、空気中の水滴が少ないため、スイスの空は最も濃い青に見えたところが多かった♪そして、半月も日中に白い顔を出していた。🌈虹色で構成されている太陽の光は最も強く散乱する光は青であることを思い出...

  • 優しい気持ちになれる瞬間!- 薔薇の季節

    本日。私が住んでいる町ではついに真夏日になった!バーゼル地方ではいろんなところで薔薇の香りが届いてきそうな雰囲気で優しい顔を見せてくれている。≪バーゼル地方の巡礼教会:Mariastein/マリアシュタイン≫バーゼルの公園でスイスの空を見上げれば・・・我が家でも野ばらがほぼ満開!5年前に小さな1本の苗を植えてから毎年、ドンドンと成長している!≪1年前≫≪今年≫見る見るうちに・・・すごい生命力だなぁと。いつまで成長す...

  • 自然のアトラクションのようなハイキング!- アッペンツェル地方

    最近、この風景写真を見た!※2021.6.14の風景この風景を見たら・・・また歩きたい!と衝動にかられる。最近のお天気と同じように、6月なのに夏日の暑い日であった・・・。そして、険しいアルプスの山の中を初めて歩いた記念の日でもあった。一番の目的はこの崖っぷちに建つレストラン兼ベルクハウスを訪れるため。以前、ある写真愛好家の写真を見て、感動と地形のことに言及し早めに訪れたほうがいいかもというコメントを読んで、...

  • レマン湖を見下ろす醍醐味!- スイスの車窓から

    モントルーからRochers-de-Naye/ロッシェ・ド・ネー行きの登山電車に乗り込む!可愛いイラストが描いてある登山電車だ!※車両の前に特殊なカーゴがあり、マウンテンバイクも運んでくれる!前にお伝えしたとおり、大阪の南海鉄道電車との姉妹鉄道。モントルー駅以外でも車内にもPRしてあった👍日本の国旗を見るのは、やはりうれしいなぁ~☆≪運転手席≫このレールの上でロッシェ・ド・ネーまで、グングンと登っていく💨標高差1500m以上...

  • にぎり寿司の試食体験!- モントルー

    日本へ一時帰国したときには、可能な限り、東京・日本橋のコレド室町1のお寿司屋さんで江戸前寿司をいただくことにしている。しかし、今や、目の前で握ってくれるお寿司をいただきながら、お寿司をいただくのは、夢の世界!モントルーの湖畔を散歩する前に駅との中間で「宮崎」という名のレストランを発見!どんなお味なのかお寿司を試しにいただいてみようと、体験入店💨最初の印象は、キリンビールの会社の関係者が喜びそうな、こ...

  • レマン湖畔で魅せる町!- モントルー

    活気ある町ジャズが聞こえてきそうな町元気になれそうな町訪れた人それぞれの心境に合わせて化学反応を呼び起こす町というのが印象的だ!車窓からレマン湖を見たとき、また、モントルーの湖畔を歩きたいと思った。湖畔にはいつもアートが展示してあるが、初めて見る彫刻もいくつかあった!その一つが冒頭の写真、鳥が空を飛んでいるイメージした彫刻!📌🏆

  • ローヌ川の曲がり角で!- スイスの車窓から

    ローヌ渓谷からレマン湖への鉄道の旅Visp (Viege)/フィスプ➡Sion/シオン間の車窓からの風景は昨日お伝えしたとおり。 ≪フィスプ➡モントルーのルート≫Martigny/マルティニの周辺(map 〇印)では、風力タービンが集中している(3か所)!📌3基のうちの「éolienne Enercon Cime de l'Est」は、2005年、ヴァレー州に初めて登場した風力タービン。当時、世界で初めて深い谷に設置された風力タービンだったそうだ。さらに、当...

  • ローヌ渓谷を抜けてレマン湖へ !- スイスの車窓から

    ローヌ川の流れに沿ってスイス鉄道が走る!ローヌ渓谷を通るルートは初体験!📌ローヌ川の水源はスイスのローヌ氷河である。氷河で溶けた水はレマン湖を経由してフランス国内へ。===Visp/フィスプ➡Martigny/マルティニ===までほとんど西へ向かい、マルティニでなんと約90度の方向転換をし北上してレマン湖へ向かう。今回の私が体験した鉄道ルートもほぼローヌ川の流れる方角へと、フィスプからMontreux/モントルーへ。アルプスが聳...

  • アルプスの山が呼んでいる!- スイスの車窓から

    鉄道の国、スイス!やはり、スイスの列車での旅はすごくいい!ベルン駅到着直前の撮影スポット!ベルナーオーバーラント地方の山々がベルン大聖堂の背後に気持ちいいくらいにくっきりと見えた。📌列車の窓ガラスを通しての撮影につき、変な影が写っている場合もあり、事前にご了解のほど。ベルン大聖堂の背後に雪化粧のアルプスの山々を見たのはひさしぶりだ!※ベルン大聖堂をはさんでアイガー・メンヒ(左)、ユングフラウ(右)Eige...

  • 伝説のナルシスの花を求めて!- アドベンチャートリップ2日目

    翌日は、アドベンチャーとも言えるナルシスの花を求めてのハイキング!朝食前の往復約3kmのアップダウンのハイキング予想外に面白かった2つの森を抜けてのハイキング(約6km)では、最初の森を抜けると素晴らしいナルシスの花が歓迎してくれた!≪翌日、朝食前のハイキング≫スイスフランス語圏のホテルの朝食時間は基本的に遅い!・・・ということで朝食前の散歩のつもりが・・・ちょっとしたハイキングとなってしまった💦※往復:約2...

  • 伝説のナルシスの花を求めて!- アドベンチャートリップ1日目

    「5月の雪」と白い花、ナルシスの花。≪1907年の絵葉書≫当時、Les Avants/レザヴァン駅前(旧グランドホテルの前)にはたくさんのナルシスの花が咲いていた。≪現在≫女子学生専用のボーディングスクールになっている。以前、ナルシスの花が咲き誇る、レザヴァン(南エリア)とLes Pleiades/レ・プレイヤードへは訪れたことがある。≪➡また別の機会に≫今年に入り、この昔のポスターを見た瞬間、ナルシスのお花畑からレマン湖を見下ろ...

  • 可愛い花ごよみ!- バーゼル

    さわやかな風に吹かれて・・・水のない花の川へ出かける。心地良い風は川が流れているような音に変わり、新緑の香りが漂う。赤い川!鮮やかな深紅の野生のヒナゲシの花!どこから見ても非常に印象が強い。大麦やヤグルマギクと相性が良いみたいで・・・仲良しみたいに寄り添って咲いている。特に、大麦畑ではこのようにポツンと咲く光景をよく見かける。白い川!可愛いフランスギクもたくさん♪※マーガレットによく似ている花。黄色...

  • アイリスの恋のメロディ!- バーゼル

    アイリス(ジャーマンアイリス)の花は恋をして愛を育んで美しくなった。恋の仕掛け人(Iris Hybridizer)はセンスの良い持主なのだろう。例えば・・・≪Stingray≫スーッと伸びた姿がダンディなイメージである(約90cm)。 ≪Stingray≫ = A (Scented Bubbles ) ✖ B (Sky Hooks ✖ Cease Fire)  ≪Scented Bubbles≫ の親 = Sky Hooks X Victoria Falls  ≪Sky Hooks≫ の親  = Wedding V...

カテゴリー一覧
商用