searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

桜之姫さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

初期刀:歌仙兼定 初鍛刀:秋田藤四郎 所属:山城国 就任日:8月15日 カンスト後も鯰尾と骨喰は現役です。

ブログタイトル
桜之本丸
ブログURL
https://sakuranohonmaru.blog.fc2.com
ブログ紹介文
刀剣乱舞で審神者として過ごす日々を綴っている本丸記録です。山城国所属の300Lv、初期刀は歌仙兼定。
更新頻度(1年)

837回 / 365日(平均16.1回/週)

ブログ村参加:2016/08/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、桜之姫さんの読者になりませんか?

ハンドル名
桜之姫さん
ブログタイトル
桜之本丸
更新頻度
837回 / 365日(平均16.1回/週)
読者になる
桜之本丸

桜之姫さんの新着記事

1件〜30件

  • 六年目之章 雪睦み花綻び月冴える

    審神者「小夜くんの歌仙の真似面白かった」小夜「え…。 そう?」審神者「うん。 太閤くんに提案された時の「え?」が最高だった!」小夜「それ、真似じゃない……」太閤「いいじゃん小夜っち。 主が笑ってくれたんだから。 あの真似は似てなかったけど」小夜「……………。 歌仙の真似なら主の方が上手いんじゃない?」審神者「へ?」宗三「あぁ…ふふ、お上手そうですね。 ひとつやってみてはいかがです?」太閤「やってやってー。 儂も主...

  • 六年目之章 顕現、太閤左文字

    ガチャガチャ…ガチャガチャ……審神者「私は思うのです。鍵を粘土にぎゅってして鍵屋さんに持って行って、そこで壊れない鍵を1本注文するのでは駄目なのですか?」骨喰「それができたら報酬の意味がない」鯰尾「それよりもこの5個も錠前を開錠しなきゃならないこの面倒くささだよ」審神者「キーブレードさんはどんな鍵も開けられるって設定があるから、顕現してくれればこんな宝箱一発で開けられるのに……」骨喰「そんな物より俺た...

  • 六年目之章 江戸城の調査

    江戸城 難易度:超難紫電「超難から調査できるのは都合がいいね」審神者「うん、とってもスムーズ……。 わぁー、光ってるぅー」紫電「新しい機能。……これってどうなの?」審神者「私はいらないかな」紫電「だよね。あ……ひょっとして、前回の不具合って裏でこれの調整をしていて、それが何かの間違いで不具合として表に出ちゃったんじゃない?」審神者「あー、それっぽいね、行動範囲の不具合だったし。まあぴかぴかしても粛々とい...

  • 六年目之章 遠征流刑

    鯰尾「戻ったよ。 はい、これーっ! ムギューッ!」審神者「なんでいつも抱き着いてくるの?」鯰尾「ただいまのギュッだよ。 兄弟も」骨喰「……ただいま」審神者「おかえり。 ……ごめんね」骨喰「なんの謝罪だ」審神者「夜中に突然遠征頼んで……」骨喰「それだけ?」審神者「…………。 心配を掛けたならそれも……、ごめんなさい」骨喰「………………」審神者「……………」骨喰「許した。 もう気にするな」審神者「……うん」鯰尾「俺も今ので許した。...

  • 衝突

    雪消「突然、無理を言ってすまない」審神者「うぅん、ダメならダメってちゃんと言うから気にしないで。でも驚いちゃった。 雪消の方から私に話し掛けてくれるなんて珍しいね」雪消「同じ言葉を返す。 あんたも俺に話し掛けない。……一振り目や三振り目には話し掛けるのに、どうしてなんだ?」審神者「…………………」雪消「…………………」審神者「……私、骨喰好きだから」雪消「一振り目の為……?」審神者「そうじゃなくて。……骨喰のことを好きな...

  • レアチーズケーキ

    審神者「レアチーズケーキ、はじめて作ってみたのー」骨喰「ゼラチンとバターってこれの事だったのか」審神者「なのです。下のビスケットの土台を固めるのにバターを使って、上のレアチーズ部分を固めるのにゼラチンを使うの。前から作ってみたいなって思っていたけど、ゼラチンって普段使わないから中々切っ掛けがなくてね」鯰尾「ならこれも俺が杏仁豆腐食いたくなったお陰だ」骨喰「あれも一日経ったら牛乳の味が落ち着いて杏仁...

  • 審神者と獅子王

    獅子王「くぅーっ! 美味そうな匂い! あ、こら鵺、それ俺の肉!」審神者「鵺ちゃんも肉食なのね」獅子王「肉でも魚でも野菜でもなんでも食うぜ、こいつ。美味そうな物だと時々こうやって横取りされるんだ……」審神者「くすくす。 じゃあ鵺ちゃんと獅子王がどっちもお腹いっぱいになるぐらい焼かないとね」獅子王「そうしてくれると助かる。 けど自分の主にあれこれやってもらいっぱなしなのも、なんだかなぁ……」審神者「いいじゃ...

  • 六年目之章 獅子王の帰還

    骨喰「主殿、手入が終わった」審神者「オッケー。 これで2部屋空いたよね?じゃあ骨喰と燭台切、直してきて」燭台切「わかった。 着崩れちゃったところ直して来るよ。 行こうか、骨喰くん」骨喰「ああ。 山伏と、もう一振りは誰を呼んで来ればいい?」審神者「うーん、そうだなぁ……誰がいっかなぁ……」「お。 ひょっとして丁度良い頃合い? それ、俺に行かせてくれよ!」...

  • 六年目之章 主らしさ

    審神者「………………」鯰尾「どうしたの? 平気そうにしてたけど、やっぱり獅子王のことが心配?」審神者「うぅん。 最初から予想はしていたし、もう何人も見守ってきてこういう事も一度や二度じゃなかった。今更動揺はしないよ。 五虎退の時は初めてだったし、あの子ああいう子だし、そりゃもう泣いたけど……。その後も、こういう事が何度もあった。 でも誰ひとり辛い顔して泣き言を漏らしながら帰って来た子はいなかった。手紙でどんな...

  • 審神者と魔法少女

    審神者「どうしよう。キュゥべえの台詞のせいで、みふゆとやっちゃんが限定鍛刀で爆死した審神者にしか見えない」藤薙「そう見えるのなら今すぐ目にグリーフシードを使え」審神者「グリーフシード(鶴丸目薬)……」審神者「でもこれは私の目とか関係なくガチだったよ、ついに私たちもマギレコ出演!そして私たちの存在に気がつくキュゥべえって優秀!」藤薙「それは結局いろはとやちよのことだっただろう」審神者「その陰に隠れて私...

  • 六年目之章 特上作り

    審神者「うーん……割と揃ってる……。投石だけ少ないかな? じゃあ投石を追加してー……軽騎が多いね……。100……いや、100もいらない50ぐらい減らす……いや50は減らし過ぎ?」骨喰「極になる太刀がこれから増えていくから軽騎兵はあってもいい」鯰尾「けど上田城でもそんなに壊れないし、レベルは催しでどんどん上がっていくから刀装はそんなに減らないよ。軽騎兵なら日課で手軽に作れるから寧ろ30か40ぐらいまで減らしても...

  • 心に咲く繁栄の花

    骨喰「……主殿?」鯰尾「寝ちゃった?」骨喰「どうやらそのようだ」鯰尾「もー……俺たち残してひとりで寝るなよ……。目を覚ましてくれないと、悪戯しちゃうぞー」骨喰「兄弟。 ふざけていると部屋から追い出すぞ」鯰尾「おうおう、俺を部屋から追い出して寝てる主に何する気?」骨喰「何もしない。 俺はただ近侍として主の安眠を守るだけだ」鯰尾「ちぇっ。自分だって本当はベタベタイチャイチャしたい癖に いい子ちゃんぶりやがって...

  • 六年目之章 蘇言機対応

    ↑初帰還時↓蘇言機審神者「……! やっぱり厚はカタカナのままでいいんだね!オッケー、ようやく正しいのが把握できた。これ私が指摘した時に直ったのかな? それともそれ以前に直ってたのかな?」鯰尾「さすがにそれはわからないだろ。 その時期に厚を極にしたやつの話を聞いて確認が取れれば別だけど」骨喰「そもそもあんたみたいに文字に起こして記録をつけている審神者ならともかく、普通の審神者は個々の一人称は把握してもその...

  • 六年目之章 慰めと恩恵

    骨喰「あんたが料理で怪我するなんて珍しいな」審神者「ニンジンを凝った切り方してたらやっちまったのです」鯰尾「で、その凝ったニンジンは海老の水分でぐっちゃぐちゃになったと?」審神者「世界は私に残酷です」鯰尾「残酷なのは世界じゃなくて主のニンジンの扱いだって」骨喰「怪我、早く治せよ。 あんたに傷があると不安になる」審神者「こんなの掠り傷だよ」骨喰「そうだとしても俺たちみたいにすぐに直る体じゃないだろう...

  • 六年目之章 極・山伏国広

    審神者「指を切ったことよりも、冷凍の海老を熱している時にニンジンも火が通るの遅いから「いーれーちゃーえーヽ(審>∀<)ノ」って入れたら海老から溶けた水分でニンジンがぐっちゃぐちゃになったことが私は悲しいです」鯰尾「あはは、想像しろよそれくらい」審神者「だって早く料理終わらせて本丸に帰ってきたかったんだもん」コンコン「主殿、山伏を連れて来た」審神者「どーぞー」「失礼する」審神者「ふぁっ!!?」山伏「主...

  • 六年目之章 獅子王の旅立ち

    獅子王「……って、どうした? 怪我したのか?」鯰尾「料理中に手切ったんだって。 こら、剥がそうとするな!」審神者「親指動かし難いよぉ……」鯰尾「血が止まるまで我慢する! それとも剥がして俺に舐めてほしいの?」審神者「大人しく絆創膏貼ってます」鯰尾「ん! …ごめんね、獅子王」獅子王「あー、いや。 お陰で緊張が解れた」審神者「修行の件だよね」獅子王「ああ、ついに俺の番だそうだから主に許可を貰おうと思ってな。燭台...

  • 手作りクッキー

    審神者「形はあんまり上手くできなかったのですが……」鯰尾「うん、手作り感すげー」審神者「うぅ……やっぱ他の子にあげてくるー……」骨喰「待て、逃げるな」鯰尾「この手作り感がいいんだよ。 ちょーだい」審神者「……ふたりとも、甘い物はお好き?」鯰尾「うん、好きだよ」骨喰「あまり甘すぎるものは得意ではないが、少量だったりほどほどの甘さなら」審神者「じゃあ骨喰にだけあげる」鯰尾「なんでだよっ! 甘くないの?」審神者「...

  • ジャック・オー・もっちー

    もちんば「もっちー!」審神者「かわいー! こもち入らなくてちょっと焦ったけど、指の上が良い感じに入ってくれて良かった。……けど、これ、こもちが入らない大きさって中に何を入れることを想定しているの?」骨喰『飴玉じゃないか?』審神者「飴しか入らないジャック・オー・ランタン……大人の陰謀だ」鯰尾『小さなチョコレートだったら入るかも』審神者「クッキーとかマシュマロも入れたいのです。 っていうかもちを入れたい。も...

  • 昔話は続いていく

    審神者「私が子供の頃の話?」骨喰「ああ。 聞きたい」鯰尾「ほら、昼に黄色が嫌いな理由教えてくれたじゃん。前も大人になったら結婚する約束の話とかしてくれたし、小学生以前のことはまだまだ俺たちの知らない話が多いのかなーって」審神者「……いいけど、何を話せばいいの?」骨喰「なんでもいいぞ……って言ったら困ってしまうよな。 ……ふむ」鯰尾「幼稚園って4、5歳ぐらいだろ? それぐらいの時の主ってどんな子だったの?」...

  • 彼と似た色

    審神者「エレメンタル・レンジャーの時はピンクが似合うからエレメンタル・ピンクって言われたのに、ここだと黄色が似合うって言われているのがやっぱりちょっと違和感ある。時系列がエレメンタル→おもてなしならエレメンタルの時よりヒロインちゃんを好きになって、自分の色に染めたい想いが強くなって今は黄色が一番似合うと感じるようになったとかならわかるけど、おもてなしの方が実装時期早いから時系列はおもてなし→エレメン...

  • パプリカご飯

    鯰尾「ケチャップご飯?」骨喰「匂いがケチャップじゃない」審神者「パプリカご飯だよ」鯰尾・骨喰「「パプリカご飯?」」鯰尾「何それ?」骨喰「はじめて聞いた」審神者「小2の頃だったかな。 テレビでやってた料理。 ピーマン嫌いの子でも食べられるって」鯰尾「主、ピーマン好きじゃなかったっけ?」骨喰「子供の頃は嫌いだったのか?」審神者「いや。 子供の頃から好きだったよ。 でもこのご飯が美味しくて好きなの。パプリカ...

  • 軽装ポニーテール

    鯰尾「おはよー、主。 まだ眠いの?」審神者「ねむねむなのです……ふわあ~……」鯰尾「あはは。 だけど目を開けて、俺をよく見て」審神者「ふわあ? …………あ!?」鯰尾「ど?」審神者「ど!?どどどど!?どー!?どっどっどっどっどどーどぉ!?」鯰尾「それ何の鳴き声w どーう? かっこいい?」審神者「あ……う、あう、あ……う、あ…………」鯰尾「そろそろ日本語で話せよ」審神者「だって……だって、だって、だってだってだって!」鯰尾...

  • 復刻ジュエルイベント

    審神者「ファントムシップサラサ復刻だー!」鯰尾「やっぱりリバイバルチケットで交換できるのは今後復刻ジュエルイベントで復刻する可能性があるやつっぽいね」審神者「ね。 もっと早くそれに気づいていたら、ハロウィンは復刻読みやすいから取らずにチケット残しておいたのに……。星屑のサラサと海風のリッツも多分リバチケ対象の限定だよね。 あー……チケット残しておけばよかった……」骨喰「交換できるのは10人まで。太陽覚醒の...

  • 六年目之章 気分ひとつで

    大阪城地下 99階骨喰「次の地点が敵本陣だな。 このまま攻め込もう。 ……?どうした、皆。 何か気になるものでもあったか」燭台切「あー……いや……。 骨喰くん、今日ひょっとして絶好調?」骨喰「……? ああ。 調子は良いぞ。 急にどうした?」鯰尾「いや、それこっちの台詞! 急にどうした!」骨喰「何がだ?」博多「骨喰兄、今朝はとんでもなく絶好調ばい。 急にどげんしたと……?」骨喰「別にどうもしていないが……」博多・鯰尾「...

  • 君と見上げるよいの月

    骨喰「最近は寝つきが良かったのに眠れないなんて珍しいな」審神者「寧ろこないだまで珍しく寝つきが良くて、ようやく今正常値に戻ったのかも」骨喰「眠れないのは正常じゃない」審神者「寝すぎなのも良くないよ?」骨喰「夜は寝るものだ」審神者「あはは、違いない」骨喰「……この前の夢見が悪かったから、それで眠れないのか?」審神者「うーん、どうだろう……意識してるつもりはないけど……。辛い夢を見ると寝るのが嫌になって目が...

  • 六年目之章 増える資源

    審神者「すごい。 地下探索中なのに資源増えてる……」骨喰「少しだが、冷却材だけ減ってないか?」審神者「言われてみれば……。 なんでだろう?」鯰尾「静形鍛刀やってるからじゃない?」審神者「だったら砥石も冷却材と同じで750消費してるよ?」骨喰「太刀の手入。 確か砥石が少なくて冷却材を多く消費したはずだ」審神者「あー……なるほど、それで片方カンスト片方減ってるみたいな極端な状態になったのか」鯰尾「それと遠征場...

  • 観覧車の夢

    鯰尾「おっはよー。 ……あれ? どうしたの?」審神者「にゃー…」骨喰「おはよう、兄弟。 夢見が悪かったらしい」鯰尾「また? ほーんと、悪い夢よく見るねえ」審神者「にゃあ……」鯰尾「今度はどんな夢?」審神者「……………」鯰尾「……?」骨喰「いつもはすぐに話してくれるのに、今回は何故か話してくれないんだ」鯰尾「なんで? 何か言い難い夢なの? ……エロい夢とか!」審神者「違うわっ! いや、違わ……にゃあーうぅー……」鯰尾「ほれ...

  • 六年目之章 極・大倶利伽羅、偵察最大

    大倶利伽羅「終わったぞ」審神者「おおおー。燭台切と組んでもらったら滅茶苦茶+1が続くからキャンペーン終了後もずっと続けてもらったけど……」燭台切「伽羅ちゃん頑張ってるでしょ? 褒めてあげて」大倶利伽羅「慣れあうつもりはない」審神者「いつも美味しい野菜を本丸に提供してくれてありがとうございます」大倶利伽羅「ふん」燭台切「どういたしまして、これからも頑張るよ。 だってさ」大倶利伽羅「言ってない」審神者「ふ...

  • 六年目之章 軽装 次郎太刀

    次郎太刀「よぉーし、こんな感じでどうだー!」審神者「きゃー! 次郎さんポニテ! 次郎太刀のポニテ!次郎太刀のポニテ!かっこいいよぉ、男前度上がったよ、急上昇だよっ! 次郎太刀のポニテ美味しいですっ!!」骨喰「服より髪型なのか」鯰尾「予想はしていたけどね」審神者「次郎さんポニテポニテポニテ! うわああーーー!!」次郎太刀「はっはー、兄貴の気分がちょっとだけわかったかも」審神者「太郎太刀と並べたいわ。 ポ...

  • あんにんどうふ

    審神者「杏仁豆腐できたよ」鯰尾「……え!?」審神者「な、何…?」鯰尾「思ったよりもちゃんとしたのが出てきて驚いてる……」審神者「どんなの想像してたのさ!?」骨喰「はじめて作ったんだろう? それでこの出来なら充分じゃないか。 美味そうだ」鯰尾「どれ食べようかなぁ……好きなの選んでいいんだろ?」審神者「うん。 ブルーベリーは余ってるから追加トッピングオーケーだよ。ふりかけタイプで良ければペパーミントもある。本当...

カテゴリー一覧
商用