プロフィールPROFILE

カリンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
カリンの小径
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/karin-photo
ブログ紹介文
植物・風景の写真、気ままなガーデニング、美術館巡り、好きなアートについて綴っています。
更新頻度(1年)

19回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2006/10/15

カリンさんのプロフィール
読者になる

カリンさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(IN) 14,260位 13,282位 13,291位 14,904位 15,174位 16,220位 17,177位 978,594サイト
INポイント 0 20 30 20 20 20 18 128/週
OUTポイント 0 20 30 20 20 20 27 137/週
PVポイント 0 50 160 210 90 40 27 577/週
写真ブログ 433位 406位 401位 433位 448位 475位 503位 32,906サイト
フォトエッセイ 5位 5位 4位 5位 5位 6位 6位 504サイト
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 31,737位 31,194位 31,274位 33,404位 33,446位 34,834位 36,097位 978,594サイト
INポイント 0 20 30 20 20 20 18 128/週
OUTポイント 0 20 30 20 20 20 27 137/週
PVポイント 0 50 160 210 90 40 27 577/週
写真ブログ 525位 497位 497位 547位 538位 575位 598位 32,906サイト
フォトエッセイ 4位 4位 3位 3位 4位 4位 4位 504サイト
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(PV) 11,224位 11,311位 11,297位 12,255位 14,301位 14,908位 14,906位 978,594サイト
INポイント 0 20 30 20 20 20 18 128/週
OUTポイント 0 20 30 20 20 20 27 137/週
PVポイント 0 50 160 210 90 40 27 577/週
写真ブログ 249位 250位 252位 278位 327位 344位 344位 32,906サイト
フォトエッセイ 4位 4位 4位 4位 4位 5位 4位 504サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、カリンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
カリンさん
ブログタイトル
カリンの小径
更新頻度
19回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
カリンの小径

カリンさんの新着記事

1件〜30件

  • あのカマキリはどうしているだろうか…

    我が家の庭に時々登場するカマキリですが…撮影したのは8月のお盆の頃この子を見つけたのはカマキリが大の苦手な夫私が手の上に乗せてると夫は鳥肌が立つと言ってぴゅーっと逃げて行ってしまいました(笑)まだ小さい、カマキリの子供表情があって、なんとも可愛い緑が生い茂る紫陽花の葉っぱの上にそっと逃がしましたこの狭い庭で、生きて行くのは難しいどこか、遠くへ飛んで行って無事に成長して欲しいと願った猛暑の夏でしたあのカマキリはどうしているだろうか…

  • 猫が戻って来た居心地のよい場所

    動物の寝姿って無防備ですね気持ち良さそうで見てるとこっちも眠くなる…昨年12月に建て替えた庭のウッドデッキで近所の猫ちゃんが昼寝をしてる昨年9月に台風で倒壊してから1年が過ぎまた、いつもの風景が戻って来ました片方の耳の先が切れているからやっぱり、同じ猫ちゃんよね戻って来てると気付いたのはこの写真を撮った今年の7月以前のウッドデッキとは材質も色も雰囲気も変わってしまったけれどきっと、この場所が気に入ってるのね新しくなったウッドデッキは以前よりも頑丈な造りで今年の大型の台風15号や19号が来てもびくともしませんでした工事の時に、庭の不用品も一緒に処分したので風で飛ばされる心配もなくなりましたあ、でもまだ木製の物置があるのでそれが心配の種です屋根材が飛ばされない様にレンガを置いたり物置自体が飛ばされないように太いロー...猫が戻って来た居心地のよい場所

  • 変わらずに咲くランタナと共に

    白いランタナの花が初めてカリンの小径に登場したのは2011年の夏でした毎年、変わらずこの場所で咲いてるランタナですが庭の様子は少し変化してます小さな庭で大きく育っていた2本のオリーブの木が徐々に枯れ始めて緑の木陰が消えてしまいましたすっかり葉が落ちてしまったオリーブの枝が痛々しくこれからどうするのか猛暑の夏が終わるのを待って対処しなければなりません変わりゆくもの変わらずにあるもの時の流れと共に変化しながら共に歩くものを見守りながらこれからも、大切に過ごして行きたいです変わらずに咲くランタナと共に

  • 白いプロペラが眩しい季節

    6月も、今日で終わりあっという間に半分過ぎてしまいましたヤマボウシが咲き始める頃ちょうど梅雨入りしてどんよりした風景に白いプロペラが眩しいと感じるそんな季節になりました今年は色々あり過ぎて少し前の事が遠い昔の出来事の様です後半は少し落ち着いた日々になるといいなやることがあるのは良い事と思えるように年末には笑っていられるように今は目の前の事をひとつひとつ片づけて行くだけです白いプロペラが眩しい季節

  • 紫陽花は剪定時期が大事

    今日は二十四節気の夏至早いもので、今年も折り返しという感じですね庭の花紫陽花の季節なのに今年は唯一この枝にだけ花が咲きました他は、全て葉っぱが茂った状態です昨年庭のウッドデッキの改修工事をして秋頃に、邪魔になるからと剪定をしてしまったのが原因ですでも、剪定しなかった枝があり花芽が残っていたのがこの額紫陽花…愛おしくて成長を記録しました五月下旬小さくて赤ちゃんみたい六月上旬やっと花らしくなりましたそして六月中旬立派な八重の紫陽花になりました色も咲き始めから変化して楽しめますね今年は7月までに剪定して来年は沢山の紫陽花が観られる様に準備します紫陽花は剪定時期が大事

  • また、1から出直しです

    カシワバアジサイの花芽を探していたら小さなお客さんに出会いました体長1センチ程のバッタ君です種類はわかりませんがこれから大きくなるのでしょうねそれよりも、今年は花芽が見つからずちょっとがっかり…昨年は立派な円錐形の花房がいくつも見られたのに花後の剪定が悪かったみたいでまた、1から出直しですね出直しと言えば…最近、3年ぶりに習い事を再開しました10年近く続けていたのですが様々なしがらみが嫌になって、辞めてしまいましたその時は潮時だったのだと思いましたがやっぱり、好きな事は諦められません辛い時こそ逃げたい場所が必要で救いを求める様に教室のドアを叩いていました新たな目標もあるのでこれからが楽しみですまた、1から出直しです

  • カタバミとヒメツルソバ

    玄関ポーチのグランドカバーヒメツルソバが見頃を迎えていますとはいえ、夏と真冬以外はほぼ花が咲いてますそういえば、春に草取りした時カタバミを無意識に残していました黄色とピンクのコラボが好きだった事忘れてしまいそうでしたこの時期だけ、ちょっと楽しんだらそろそろ草取りしなければ…雑草は余計な存在で取り除くのは一瞬で終わるけどそういう、心の余裕も大切かなと、思うカタバミとヒメツルソバ

  • 立夏を迎えたカリンの庭は…

    長いGWが終わりましたね休みに入る前に治った風邪がしつこく出かける度にぶり返し後半は少し体調を崩していましたハナミズキの花も、いつの間にか散って青々とした葉が目立つようになりすっかり初夏の装いです昨日は立夏季節がまた一歩先に進んだ様ですグランドカバーのクリーピングタイムが3年ぶりに復活しましたしかも、花が咲いているのは以前より少し南側のエリアです残っていた根が地面の下で耐えていたのかこぼれ種が飛んだのかわかりませんがこの春の、嬉しい出来事でした玄関脇、東側の紫蘭も徐々に株が増えて来ました植え付けたのが何年前だったか忘れてしまいましたが多分、ブログ初登場かも…?住み心地が良ければ増えて悪ければ消えて行く植物は正直で分かりやすい何も言葉は発しなくても触って、観察して、対話して感性で付き合うだから楽しい立夏を迎えたカリンの庭は…

  • 花梨の花と令和の目標

    令和元年最初の写真はブログのタイトル花梨の花です昨年の秋にかなり大きな枝を剪定したので今年はそんなに花が咲かないかもと思っていたのですがご覧の様に4月半ば頃には新芽が沢山出て雀のご馳走になっていましたこんな風に穏やかな光景と出会いブログを続けていることが心の癒しになっています花が咲き鳥がやって来る幸せを感じるのも悲しみを感じるのも生きているから感情のないロボットみたいにはなりたくない喜びも悲しみも全て受け入れる強さを持った真心のある人でありたいそれが、令和の目標です花梨の花と令和の目標

  • 平成から令和へ積み重ねて行くもの

    イカリソウが咲く頃のこの庭の空間がとても好きです春先の時期だけのホッとする光景ですハナニラのピンク色とイカリソウの黄色がいい感じになって来て写真を撮りながら自己満足数年前に植えたハナニラが群生するようになるまでの年月振り返ると色々な出来事がありましたその長い年月積み重ねて来たものには価値があると思っていました人間関係も同じように積み上げても必要とされるものとされないものがあり植物と同じ様に自然淘汰されてしまうのは仕方のない事です今日で平成という時代は終わりを告げます新しい令和という時代にどれだけ価値のある繋がりを積み重ねて行くことが出来るでしょうか…平成から令和へ積み重ねて行くもの

  • 桜に罪はないけれど

    桜前線は今頃、東北の辺りまで北上したのでしょうか…2年ぶりに桜の写真の投稿です今年はお花見に行けなかったので車の中からサッと撮りましたそういえば、昨年もそんな感じだったかな…この数年、桜が満開の頃になるとどうしようもなく、気持ちが沈んでいたのですが(私はこの現象を桜鬱と呼んでます)今年は、出かける用事があって呑気にお花見している余裕がなかったのです桜に罪はないけど桜、桜と、騒ぎ過ぎではないの?そんなに桜が好きならイベントを重視するよりも静かに花を愛でることが大事愛があるなら何も語らなくても行動で伝わるものだと思うから…桜に罪はないけれど

  • 自分の糧になると信じて

    春から初夏へと季節が変わり咲き始めたばかりだったクリスマスローズの花盛りの時期はもう過ぎてしまいましたカリンの小径は時が止まったままでしたがせっかく撮り貯めていた庭の様子をこれから徐々に投稿しようと思います辛くて面倒な課題からやっと抜け出すことが出来ましたこの2カ月間長いトンネルの中を彷徨っている様な気持ちでいました人から託された事を簡単に放り出すわけには行きません途中で何度も投げ出したいと思いながら自分にとって大切だと思う人を守る為に最後まで諦めずに行動していればそれを、わかってくれる人は必ずいて手を差し伸べてくれる大変でしたねと労いの言葉をかけてくれるそして、肩の荷を降ろし今までの経験はすべて自分の糧になると信じてこの先も、堂々と生きて行くことが出来ます自分の糧になると信じて

  • 早春に想う、世代交代の時…

    2月の後半クリスマスローズの花芽の成長が早く生まれたての可愛いい姿が見られるのはほんの一瞬です庭の様子も日に日に変化して行きます世代交代…そんな言葉が浮かぶ出来事があり人生についての勉強と思い目の前の課題をこなしているうちに3月になっていました死に様は生き様と言います終わりよければ全てよしどれだけ周りに迷惑をかけようとも最後は美しく終わりたいものです早春に想う、世代交代の時…

  • メジロのカップルは、水浴びがお好き

    1月下旬のある日バードバスにメジロが来てる事に気が付いて窓越しに慌ててカメラを向けるとなんと、もう一羽いました!メジロはカップルで行動することが多いのか一緒に水浴びしてますこんな姿が撮れるなんて前日の夕方、お水を入れてくれた夫に感謝しなくては!!メジロのツーショット!なんて可愛いのーー!!!しばらくこんな感じでバシャバシャと出たり入ったりが続き最後はこんな感じにー!!なんだか激しい水浴びで元の姿が誰だかわからないーー!(笑)それにしても、このバードバスがこんなに活躍するなんて…本来は地面に置くタイプのもので陶器のプランターが割れてしまい、スタンドだけが残ってしまったのでそこに乗せたらちょうど良い高さだった白い塗装が錆びてみすぼらしいけど鳥達に見た目は関係ないみたいね可愛い姿を見せてもらえるならこのまま使ってもら...メジロのカップルは、水浴びがお好き

  • 雪の降る朝の撮影会

    立春が過ぎて春本番の陽気になったかと思えば寒波がやって来て積雪となりまるでジェットコースタの様に気温が変動した1週間でしたね蕾が膨らみ始めたクリスマスローズも雪化粧雪柳にも粉雪が積もりまるで花が咲いたように美しくカメラを持つ手が冷えるのも気にならないくらい夢中で一人撮影会です春がやって来たとニョキニョキ顔を出していた新芽と白い雪のコントラストも2月らしい風景なのかもしれませんあまり急ぎ足で季節が進んでしまうと心がザワザワ落ち着かなくなるのでこの寒さはちょうど良いブレーキだったのかも…2月に雪が降るのは普通の出来事今年は暖冬と予想されていたので雪景色が撮れて私はとても満足です雪の降る朝の撮影会

  • 新しい気分で春を待つ

    今日は立春ですね週末に庭の手入れをしていてクリスマスローズの花芽に気が付きやっとエンジンがかかりました植物の成長は早い…新芽の発芽を促す為に古い葉を全て切り落とす作業をしていたら過去のしがらみを断ち切れた様でなんだか、清々しい気分になりましたこれから、新しい季節が始まろうとしています優しい日差がたっぷり降り注ぐ早春の庭は新しい春を待つ準備が整いつつあります新しい気分で春を待つ

  • チンチラのコタチにも、色々ありました

    「久しぶりでっちゅらぁぁ!!」2年ぶりに登場するコタチです昨年8月で18才になりました元気にしてます!が…高齢チンチラなので色々やらかしてくれてます昨年は、お鼻にオデキの様なものが出来て↑ぷっくり腫れて膿が出てる、ということを何度か繰り返しましたでも、今は綺麗に治ってますそれから、前歯が伸びてこんな風にゲージをガジガジ齧っているうちに伸びて曲がった歯が桟に引っかかって取れなくなるという事故が昨年2度あり昨年11月に病院で麻酔をかけて削ってもらいましたがあっという間に伸びてしまった様で今年に入って、また桟に前歯を引っかけていたので2週間ほど前にも病院へ行き今度は麻酔なしで、前歯だけ削ってもらいましたこれが↑コタチの前歯です高齢なので、奥歯は伸びるのが遅いのですが下の前歯が小さくなって上の歯との咬み合わせが悪く固い...チンチラのコタチにも、色々ありました

  • 庭の断捨離が終わりました

    冬の庭にスズメがやって来て水浴びをする姿が可愛らしくて癒されていますこのバードバスは一時期、鳥達の餌入れに使っていましたがやっと本来の姿に戻りました昨年9月、台風24号で倒壊した庭のウッドデッキですが昨年11月、頼んでいた外構業者さんに撤去してもらい12月に入ってようやく工事が始まり年末にやっと、リニューアル!!長かったーー自力で処分できなくなっていたガーデニングの不用品もウッドデッキと一緒に撤去してもらい断捨離されて、スッキリした庭になりましたこれから、春に向けてどんな草花を植えようかな…バードバスの水も凍ってしまうほどまだまだ寒い日が続きますが今年もよろしくお願いします庭の断捨離が終わりました

  • ツワブキの花粉を求めてやって来たハナアブ

    4年前に植えたツワブキの花です年々、葉っぱが大きくなって大株に育ち長い茎の先に沢山の花が咲く様になりました11月7日ハナアブがやって来て花粉を食べていました邪魔にならないようにそっと見守りながらの撮影会ハナアブと言っても沢山の種類がいるようであまり虫には詳しくないのですが調べてみたところ、この子はホソヒラタアブでホバリングが得意なのだそうですハナアブはハエの仲間で針はなく蜂に擬態して捕食者から襲われない様に装っているのだとか…確かに、花粉を食べている姿は遠くからだと一瞬ミツバチ?と思いそうになりますが片羽が1枚しかないので(ハチは2枚)すぐに見分けられますハナアブについても、以前記事に書いた記憶があるのですがどこにあるのか探せませんでした…寒くなる前に陽だまりを求めてやって来た生きる為に花から花へ懸命に飛び回り...ツワブキの花粉を求めてやって来たハナアブ

  • 美しさの中の孤独を感じて…東山魁夷展@国立新美術館

    10月26日新国立美術館で開催中の東山魁夷展に行って来ました子供の頃、家の本棚に飾られていた日本画集を観るのが好きでしたが特に、東山魁夷の画集は色彩の美しさと独特の構図に惹かれて何度も何度も眺めていた記憶があります(子供の頃は花や鳥や人物画にはあまり興味がなかったので…笑)”素直に心を委ねることの出来る風景画”数年前、たまたま地方の美術館へ行った時に他の油絵等と並んで展示されていた1~2作品を観たのが初めてでしたがその時の印象としては昔、画集で観た通りの、美しい日本画…『花明り』1968年何でこのモチーフなの?とか、何でこういう構図なの?と頭を悩ませることなく素直に安心して観ていられる…そういう作品が万人に受け入れられるのでしょう(図録を写真に撮って載せています)東山魁夷という画家がいたから現在の、日本画という...美しさの中の孤独を感じて…東山魁夷展@国立新美術館

  • 銅版画が教えてくれた、時を刻む、ということ…

    10月半ばハナミズキの赤い実がポツンポツンと紅葉を始めた葉に混じってアクセントになっていました先月の台風による暴風で咲き始めたばかりの金木犀の花が散ってしまい残念に思っていましたが昨日、枝先にほんの少しだけ花が残っていることに気が付きましたこんなに小さい花なのに顔を近づけると、まだまだ強い香りがします先日、日本橋高島屋で丹阿弥丹波子さんの銅版画を観て来ましたもう、10年以上前に初めて読売新聞連載のコラムで挿絵を見た時からどうやって描いているのだろう?どうしてここまで深い黒色が出せるのだろう?…とずっと気になっていたのですが何年か前に、メゾチントという技法で刷られてる銅版画だと知り描かれているモチーフと深い黒の余白に惹かれていました今回の展覧会で購入した図録にの中に書かれていた丹阿弥さんの言葉です__この墨の黒さ...銅版画が教えてくれた、時を刻む、ということ…

  • 小さな庭で起きた大事件!?

    我が家の庭の南側のウッドデッキは近所の猫ちゃんのお気に入りのお昼寝場所…なのですがいつもと様子が違う事に気が付かないのかなっ!?もしもし、君が寝ているのは床ではなくて、倒れた壁ですよっ!!お願いだからそんな所でのんびりしないでーー「何よ、せっかく寝てたのにうるさいわねぇ」とでも言いたそうにのっしのっしと歩いていますがその下は2メートル以上の高低差のある擁壁ですよーー!!で、何が起きたかと言いますと9月30日にやって来た台風24号より庭のウッドデッキの壁が倒壊したのですーー!夜中に、夫と二人暴風雨の中、フェンスが飛ばされて隣の庭に落下しないようにロープで固定するのがやっとで…怖かった!!今までは、台風が来る度に庭木が倒木しないかと心配してました今回も、外の様子を気にしてたのですがまさかウッドデッキがこんな事になる...小さな庭で起きた大事件!?

  • 秋が好きになりました

    十両(ヤブコウジ)の実白南天の実そして、花梨の果実猛暑の夏を乗り越えて庭の植物たちはたくましく育ち実りの季節を迎えています日が短くなって来てちょっと淋しい気もしますが最近は、春よりも秋の方が好きだと思う様になりました今年の春はなんとなく先が見えない事に焦りザワザワして気持ちが落ち着かなかったのですが色々悩み、迷いながら初秋を迎えこれから進もうとしている道がぼんやりと見えて来た様な気がします春に蒔いた種が花を咲かせて秋になって実を結ぶ様にぼんやりとしていた輪郭線が一本の線として現れるそんな季節を迎えているのかもしれません秋が好きになりました

  • 大切な時間

    9月2日大型の台風がやって来る直前の小さな庭は小雨が降ったり止んだり…嵐が来る前の静けさに包まれていました災害が続くと大切な家族や友人と平和に過ごせている時間がどれだけ大切か思い知らされます今日の新聞に『病の親友に会いたい』という70代の女性の相談が載っていました親友から夫の介護で大変だという手紙が届き会いたいと伝えると気持ちに余裕がないと断られその何年か後、今度は体調を崩し入院中というので会いたいという気持ちが抑えられず、訪ねようと思ったら夫から「相手の気持ちを大切にしなさい」と言われどうしたらいいのかわからないという内容でしたそして、その回答は自分の満足の為に押しかけて行くのは自制しましょうまず心を込めて、本人と家族にどんなに案じているかお見舞いの手紙を送るようにおすすめしますそして、老いて病む友との付き合...大切な時間

  • 人の気持ちは、変化する

    8月14日19時00分日没後の空に浮かぶ月と金星新月から3日経った月はアクセサリーの様に細くてこれから満月になるまで日に日に存在感が大きくなる8月18日18時39分西の空が紅く染まり錦のグラデーションが美しい夕焼けの色は、刻々と変化しふと目を離した隙に辺りは暗闇に包まれている太陽が出ている昼間は忙しくて自分の心に問いかけてる暇はないけれど…日の入りが早くなった秋の夕暮れ時は季節の変化を感じやすいそんな時、空を見上げて立ち止まってみるとぼんやり自分の気持ちが浮かんで来る毎日、毎日人の気持ちは変化するずっと変わらないなんて、あり得ない変わって行くことに自分自身、納得しながら日々過ごしている人の気持ちを理解しようと想像しても、納得出来ない事もある相手の気持ちが変わらないなら自分が変わるしかないそれでも上手く行かない時...人の気持ちは、変化する

  • 花を食べた犯人は…?

    一輪だけ開花したシュウメイギクよく見ると虫に食べられた跡がある…そういえば、葉っぱの上に一匹のオンブバッタがいたっけ…むむむっ!犯人は、君だね?(笑)せっかく咲いた花も台風13号の風で散ってしまいました株元にピンク色の花弁が落ちているパラパラっと、音もなく落ちた跡…花の命は儚い…花を食べた犯人は…?

  • 諦めていた花が咲く時

    シュウメイギクの花が、初めて咲きました!!庭に植えて何年?まだ、ガーデニングに燃えていた頃だから、4年前…?花が咲くまで、4年もかかってしまいました当時、よく通っていた園芸店があってお店の店員さんと顔見知りになって、育て方などを色々聞いたりしてましたそして、前から欲しいと思っていたシュウメイギクの白花ではなく、珍しいピンク色の苗が売っていたので思わず、衝動買い!その時、店員さんが、シュウメイギクは環境が気に入らないと消えてしまったりする気難しいところがあるからしばらく地植えにはしない方がいいとアドバイスしてくれたのに…鉢植えの管理は面倒と思い買って来てすぐに、庭に植えてしまったのです案の定、次の年には葉っぱだけで花芽が出ないその次の年には、葉っぱもなくなり言われた通り、すっかり消えてしまった…めんどくさがりの自...諦めていた花が咲く時

カテゴリー一覧
商用