searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
旅人サイファのお出かけブログ https://traveler-cipher.hatenablog.com/

国内旅行をメインに年間30泊以上旅行しています!47都道府県制覇! コロナ落ち着いたら、旅行に行きましょう!

旅行:年間30泊以上。年末年始やGW、夏休みや秋の連休は毎年欠かさず!47都道府県制覇済み。離島の旅にもチャレンジしてます。 登山:夏~秋の高山を巡ってます。北アルプス、南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳、尾瀬など。 カメラ:現在はオリンパスのEシリーズ。化石になりつつあるレガシーフォーサーズです。 歴史:家族旅行かねてお城巡りしてました。歴訪した城(城跡)は500を超えます。

旅人サイファ
フォロー
住所
東京都
出身
東京都
ブログ村参加

2020/04/18

1件〜100件

  • 超おすすめ!青森名物『のっけ丼』がオイシすぎ!【青森グルメ取材旅行記】⑩

    【市場で新鮮お刺身をお好みでチョイス!オリジナル海鮮丼『のっけ丼』を楽しめるお店!】 いやいやいや!冗談抜きに素晴らしかった!自分で具材を選んで作るオリジナル海鮮丼『のっけ丼』が絶品でした!! ここは青森駅から徒歩5分のところにある『青森魚菜センター本店』…というより、正直地元では『のっけ丼』の方が通りが良いです(笑) こんにちは!旅人サイファです!3月に行きました【青森県グルメ取材旅行記】から、青森県内の旨いものを探して旅をした際のレポートです! 『のっけ丼』は、ここ青森魚菜センターという市場で食べられる青森の名物グルメです。ここがまた素晴らしかった!決して広くない市場ですが、まるでテーマパ…

  • まだ雪の残る『弘前城』へ!実は弘前っていう町は存在しなかった?【青森グルメ取材旅行記】⑨

    【3月の弘前城はまだ真冬!雪の中に佇む現存天守閣!】 こんにちは!全国各地の名所を旅している旅人サイファです。【青森県グルメ取材旅行記】も3日目、この日は朝一番で青森県内最大の城下町弘前へ向かいました。 青森市内から弘前市内へは車で60分ほど。港町青森はそれほどでもありませんでしたが、内陸部に入るとさすがに残っている雪の量が多くなりますね。3月とはいえ、まだまだ春は遠そうですね。途中の国道7号線からは、真正面に雪を被った岩木山が綺麗に見えていました!美しい! さて、弘前市内へ到着しました。弘前市役所の駐車場に車を止めて散策をしますが…園内はこの景色。3月の弘前はまだ真冬! ただ、この時期ならで…

  • 煮干しラーメンの名店『つじ製麺所』!【青森グルメ取材旅行記】⑧

    【青森のご当地ラーメン!煮干しラーメンの名店!】 いやはや!ものすごく美味しかった!濃厚な煮干しスープが風味抜群!シンプルながらも口の中いっぱいに広がる魚介の旨味!それでいて油っぽさがほとんどなくヘルシーな味わい! こんにちは!全国を旅しながら旨いものを探している旅人サイファです。今回は【青森県グルメ取材旅行記】から、青森市内のイチオシグルメをご紹介しますよ! 青森県青森市のご当地グルメのひとつが「煮干しラーメン」です。大量の煮干しから贅沢に出汁を取った珠玉の1杯!市内にはそんな「煮干しラーメン」の人気店が点在していますが…そのうちのひとつがここ!『煮干し中華専門店つじ製麺所』です! JR東北…

  • 青森駅前×温泉!『まちなか温泉青森センターホテル』が超便利!【青森グルメ取材旅行記】⑦

    【県庁所在地の中心駅前に温泉ホテル!?】 青森県青森市は、実は温泉の湧く町!しかも、ターミナル駅から徒歩5分のところに、こんな本格的な露天風呂を有するホテルがあるなんて…ご存知でしたか? (※浴室写真は公式HPより) ご覧ください!この立派な露天風呂!これが、青森県最大の駅、青森駅から徒歩5分のところにあるんですよ!?青森市…スゴくないですか? (※浴室写真は公式HPより) 内湯も広々とした本格的な温泉!ここは『まちなか温泉青森センターホテル』です。 まちなか温泉とは良く言ったもの!JR東北本線の終着駅でもあり、青森市内最大の駅である青森駅から徒歩圏内。周囲には商店街が広がる一角に、ここ『まち…

  • 『八戸城跡』と『根城』八戸の町を作った2つの城!【青森グルメ取材旅行記】⑥

    【八戸は南部一族の聖地!八戸城と根城!】 青森県八戸市には、この地の領主南部一族にとって重要な城郭がふたつあります。 ひとつが『八戸城』そしてもうひとつが『根城(ねじょう)』です。今回は、現在の八戸市を形作る礎となった2つの城をご紹介します! こんにちは!旅人サイファです。 今回は【青森県グルメ取材旅行記】から、八戸の歴史を語るうえで欠かすことができないスポットに立ち寄りましたのでご紹介します。 【八戸城】 八食センターでお昼ごはんを食べてから、立ち寄ったのは八戸の中心地。まずは、今回の旅程でどうしても行きたかったこちらへ。 ここは、八戸のいわゆる市役所です。 「え?ただの役所?」 …って思う…

  • 新連載構想【都道府県NO.2物語】全国47都道府県のNO.2はどこだ?

    こんにちは!旅人サイファです。 先週まで連載していた、およそ100回に渡る【旅人サイファの絶景100選】シリーズも、2年以上を経て無事に最終回を終えました! さて、次から何しよう?毎週月曜日の恒例として連載していたので、ちょうど良いアクセントになっていたんですよね。 実は年末年始あたりから、次の連載の構想を練っていたんです。そしてこの度熟慮の結果…これに決めました! 【都道府県NO.2物語】! 皆さん、全国47都道府県の人口NO.1都市は…だいたい分かりますよね?まあ、そのほとんどは県庁所在地になっています。 ※一部除く←その一部も面白い それでは、各都道府県の人口No.2の都市って…答えられ…

  • 【鎌倉殿の13人】ざっくりコラム 第20話 『九郎…よう頑張ったな』

    こんばんは!旅人サイファです! NHK大河ドラマ【鎌倉殿の13人】ざっくりコラムをお届けします。 日本の1/3とも言われる強大な勢力を持った奥州藤原氏の元へ、九郎義経が合流しました。 それまで、藤原秀衡の元で結集していた奥州藤原氏。しかし、彼の死後、力を合わせるべきその息子である藤原泰衡と藤原国衡兄弟は仲が悪く…一枚岩とは言えぬ状態でした。 この兄弟、実は複雑です。 国衡は兄ながら、側室の子。一方、泰衡は弟ながら、正室の子である嫡子です。この二人は昔から不仲として知られていました。 両者の父である秀衡は、自らの死後に両者が仲違いするのを恐れ…なんと自らの妻(泰衡の母)を国衡へ嫁がせるという大胆…

  • 隠れた名庭園も!「日本庭園」オフ会レポート! 週末雑感 R4.5.22

    こんにちは!旅人サイファです。 日曜日は、その時に起こっていることをリアルタイム投稿する、毎週恒例の『週末雑感』です。 昨日、5/21(土)は、都内で行われたオフ会に参加して参りました! これは、Facebookで2.7万人を集める巨大グループ「日本庭園」のグループ内で呼び掛けられたオフ会です。 ※本当は締切を過ぎていたのですが…欠員が出たとのことで急遽特別に参加させて頂くことができました!感謝です! リーダーは、「日本庭園グループ」の共同管理者さんのひとり縄手氏。実は筆者は、以前からこの縄手氏のことを(一方的に)存じ上げておりまして…! 実はこの方、日本の夜景観光の第一人者なんです!TV雑誌…

  • 旨すぎる!楽しすぎる!『八食センター』は八戸に来たらマスト!【青森グルメ取材旅行記】⑤

    【八戸グルメなら食のテーマパーク『八食センター』で間違いなし!】 青森県八戸市に来たら、絶対に訪れて欲しいスポットがあります。 それが!ここ『八食センター』! いかがですか?この豪華な海鮮丼!ネタの艶を見てください! まさに、とろけるネタとはこのこと! 『八食センター』は、八戸市の市街中心部から車でおよそ15分。八戸市中央卸売市場に隣接する巨大グルメスポットです! 広々とした店内は、なんと6.3k㎡もの広大な敷地に、鮮魚店、乾物店、青果店、精肉店といった食品店舗と食堂がところ狭しと並ぶ食のテーマパークです。 その店舗総数はおよそ60店舗!中には、スイーツを扱う店舗や、青森のお土産を扱う土産物店…

  • 南部一之宮の風格!『櫛引八幡宮』と国宝の鎧兜!【青森グルメ取材旅行記】④

    【南部総鎮守 一之宮 櫛引八幡宮(くしひき-)】 青森県八戸市にある『櫛引八幡宮』は、かつてここ北東北一帯を領していた名族「南部家」の総氏様です。 南部家は元々甲斐国(現在の山梨県)にありました。先祖は後の世に活躍する武田信玄で有名な武田の一族です。現在でも山梨県南西部には「山梨県南部町」がありますよね。 甲斐(山梨県)に領地を持っていた南部一族が、なぜこんな北東北へ流れ着いたのか?そのルーツは、鎌倉時代初期にまで遡ります。 鎌倉幕府を開いた源頼朝は、対立した奥州藤原氏を成敗するために、征討軍を北へ差し向けます。この戦いは、圧倒的な兵力を誇る鎌倉幕府軍の圧勝に終わり、奥州藤原氏は滅亡します。 …

  • 波打ち際まで天然芝生が続く!『種差海岸』を散策!【青森グルメ取材旅行記】③

    日本は四方を美しい海に囲まれた島国です。 つまり、ぐるりと海岸線に囲まれた国とも言えますよね。 いわゆる海岸線と言えば…岩場が連なる断崖絶壁だったり、穏やかにカーブを描く砂浜が一般的ですよね。 しかし!ここ『種差海岸(たねさし-)』の海岸線は、普通の海岸線と様相が違います。 なんと、波打ち際ギリギリに広がっているのは…天然芝生の大草原!? こんにちは!旅人サイファです! こちらは、3月に訪れた【青森県グルメ取材旅行記】からの記事です。青森滞在2日目! この日は引き続き、八戸市の名所を巡っています。 朝一番で「蕪島」を散策し、運転を技術担当にバトンタッチ!そのまま海岸沿いに南下しました。 当ブロ…

  • ウミネコの聖地!『蕪島』はまるで竜宮城!【青森グルメ取材旅行記】②

    「ミャアミャアミャア!」 「ミャアミャアミャア!!」 「ミャアミャアミャア!!!」 いやあ、現地で生音を聞いてもらいたい(笑) 車の窓を開けると、辺り一帯にこだまするウミネコの鳴き声!この音量…多分想像以上です! ここは、青森県八戸市にあるウミネコの聖地『蕪島(かぶしま)』です。 思わず笑っちゃうくらい響き渡るウミネコの鳴き声に、驚きますよー! こんにちは!旅人サイファです。 今年3月に行きました【青森グルメ取材旅行記】より、今回から数回に渡って、八戸の名所をレポートします。 八戸の市街地からおよそ20分。海に面した「鮫地区」までやって来ました。駐車場に車をとめると、そこは既に周囲に響き渡るウ…

  • 『スーパーホテル八戸天然温泉』の天然温泉がすごい!【青森グルメ取材旅行記】①

    こんにちは!旅行プランナー&ライターの【旅人サイファ】です。 こちらのブログをご愛読頂いている方は既にご存知かもしれませんが、筆者は現在、本業の傍らで以下のような活動をしています。 旅人サイファの活動 旅行ブログの執筆(毎日投稿850日超) 旅行プランニングサービスの販売(主にcoconalaにて旅行カテゴリ売上実績NO.1) 旅行ライターとしての執筆(ニッポンごはん旅公認ライター) 実はこの度、とある筋(←)から旅行記事執筆のご依頼を頂いたのです! そのご依頼を受けたのが、なんと納品締め切りの3週間前! え。え。え。どうしよう。間に合う?どうする? …と、普通は慌てるところでしょうが!そこは…

  • 【旅人サイファの絶景100選】日本が誇る100の絶景を振り返り!

    こんにちは!旅人サイファです! 前回でついに100回の連載を終えた【旅人サイファの絶景100選】! 今回は、その100の絶景スポットを振り返りです。超有名な絶景スポットから、あまり知られていない絶景スポットまで、全国を旅してきた『旅人サイファ』だからこその独自視点でラインナップしました! それでは…日本が誇る100の絶景スポットのラインナップを、ジャンルと合わせて改めてご覧ください! ※場所の名称はリンクになっておりますので、その記事に飛べます! 北海道エリア 1. 礼文島 海・島 2. サロベツ原野 自然 3. 美瑛の丘 町並み・農村 4. 大雪山旭岳 山岳 5. 積丹ブルー 海・島 6. …

  • 【鎌倉殿の13人】ざっくりコラム 第19話 この時、人知れず鎌倉時代が始まった

    こんばんは!旅人サイファです! NHK大河ドラマ【鎌倉殿の13人】ざっくりコラムをお届けします。 もはや修復も不可能か… 源頼朝と九郎義経の反目が決定的になってしまいました。 『仲直りしたいけどできない』 兄弟喧嘩は子供の喧嘩と同じ。 九郎義経を縛っていたのが、後白河法皇から授けられた検非違使の役目です。 検非違使とは、 「非違(不法、違法)を検察する天皇の使者」の意。京都の治安を維持する役割。 この役目があるかぎり、義経は京を離れることができない。 それを見越して、頼朝が練った策が、国司任官。通常、地方の長官である地方国守(今回は伊予守)になると、当然京にいることができないために、検非違使な…

  • 週末雑感 R4.5.11 もう始まってる!夏休みの旅行計画は『skyticket』でお早めに!

    こんにちは!旅人サイファです。 日曜日は、その時に起こっていることをリアルタイム投稿する、毎週恒例の『週末雑感』です。 5月も早いもので半ばを過ぎました。少しずつ暑く感じる日も多くなってきましたね。もう少ししたら、南の方から梅雨入りの情報も入って来そうですね。 さてGWも終わって、ホッとしている方も多いと思いますが…ちょっと待って!ボーッとしていると、すぐ夏休みがやって来ますよ! 特に夏休みは、沖縄や北海道、離島への旅行など飛行機を使った旅行プランを組まれる方が多いので、早め早めの手配が吉です!今なら、まだ早割の値段で手配できますからね。 仮に飛行機の手配が直前になると、かなりお値段上がります…

  • 【保存版】渋滞回避のテクニック!マイカー旅行は最終宿泊地を工夫すれば渋滞知らずで楽チン!【首都圏版】

    今年のGWは、各地の高速道路で酷い渋滞が発生していましたね。 3年ぶりに何も制限のない大型連休で、各地の観光地は昨年を大幅に超える人出がみられました。 こんにちは!旅人サイファです。 筆者は例年、年間30~40泊旅行に出かけている、いわば旅行するプロです。旅行はそのほとんどが子供を連れたファミリー旅行。行き先や使う交通手段も行き先によって様々です。 マイカーでの旅行も多いですが、いつも頭を悩ませるのが、高速道路の大渋滞ですよね。 年末年始やGW、お盆休みといった大型連休だけでなく、春休みや秋の三連休でも、巻き込まれると大きなストレスになる交通渋滞! 筆者は、毎年激しい渋滞になる年末年始やGWに…

  • 敦賀の町を作ったのは…鬼!?敦賀のルーツが面白い!

    福井県敦賀市。ここは福井県の南部を指す「嶺南地方」の中心都市です。 現在建設中の北陸新幹線の延伸工事でも、福井駅と共に敦賀駅の設置が予定されていることからも分かる通り、ここ「敦賀」は、北陸道と若狭道の分岐する、交通の要衝でもあります。 そもそも、ここ「敦賀」という地名、知らないと読めませんよね。普通に読んでも「あつが」「とんが」としか読めません。 実はこの「敦賀」という町、その起源を調べてみると、面白いことが分かりました。 なんと「敦賀」という地名は人名から来ているようなのです。しかも…その人とは「鬼」!! そもそも「敦賀」は当て字です。本来の漢字は「角鹿(つぬが)」!まさに鬼を想起させる「角…

  • え!?「沖縄に新幹線計画」!?政府が基本方針を更新!

    【いよいよ!沖縄県の鉄道計画に現実味か!?】 昭和の昔から、立ち上がっては消え、立ち上がっては消えてを繰り返していた、沖縄県の鉄道整備計画が、新たな局面を向かえそうです。 沖縄縦貫鉄道計画に「整備新幹線方式」導入。内閣府が特例制度を検討へ | タビリス 沖縄縦貫鉄道計画に「整備新幹線方式」導入。内閣府が特例制度を検討へ | タビリス 沖縄県は、本土から隔絶された離島という地理的事情や、地域経済が脆弱であるという社会的事情から、日本政府より、他県より手厚い振興策が取られています。その振興策の基礎となるのが「沖縄振興基本方針」という国家的指針です。 この方針は内閣総理大臣が10年ごとに更新・策定す…

  • 【Shaero(シェアロ)に乗って】~電動シェアバイクのおすすめポイント解説編~

    こんにちは!旅人サイファです。 今回は、前回に引き続き…電動折りたたみバイク『Shaero(シェアロ)』の1日乗車レポートのポイント解説編です。 先日『Shaero(シェアロ)』の1DAYプランを利用して、都内の庭園めぐりをして参りました! この日の行程です 旧古河庭園 六義園 築地本願寺 築地場外市場 浜離宮恩賜庭園 芝離宮恩賜庭園 小石川後楽園 肥後細川庭園 ホテル椿山荘庭園 トータル10時間18分 57.2km 実はこの行程、電車やバスで回るのはかなり大変です。 おそらく、1日でここまでの数のスポットを効率的に回るのは不可能。まず電車やバスですと、駅(バス停)から目的地まで徒歩で移動しな…

  • 【Shaero(シェアロ)に乗って】~都内絶景庭園めぐり~

    都内を中心に、電動バイクのシェアサービスを展開している『Shaero(シェアロ)』をご存じですか?この特徴的な赤い車体、もしかしたら目にされたことがある方も多いかもしれません。 こんにちは!旅人サイファです!今回は、過去に何度か記事にしているこちら…赤い車体が可愛らしい、電動バイクのシェアサービス『Shaero(シェアロ)』の1DAY体験をしてきたのでレポートします! 以前、ブログでこの『シェアロ』を記事にしたところ…運営さんから素敵なプレゼントを頂きました!それがこのクーポンです!なんとなんと!『シェアロ』を24時間利用できる1DAYプランの無料クーポン券!うおー! と言うことで、早速、この…

  • 【旅人サイファの絶景100選】全身トリハダ!隠岐諸島『ローソク島』に火が灯る瞬間!

    こんにちは!旅人サイファです! 本日は月曜日!【旅人サイファの絶景100選】今回でなんとNo.100!最終回になります! 最終回をどの絶景で締めようか…悩みに悩みましたが、やはりここにしました!この連載の第一回目の記事にも少し触れていますが、やはりここ以上の奇跡の瞬間はありません! それがこちら! 島根県隠岐『ローソク島』に火が灯る瞬間…です! 島根県隠岐諸島。ここは本土から切り離された、日本海に浮かぶ絶海の離島群です。島根県沖から高速船でおよそ60~90分ほど。出雲空港からは通年、伊丹空港からは夏季のみ空路でアクセスすることも可能です。 隠岐諸島のうち、本州側(南側)にあるのが「島前」といい…

  • 【鎌倉殿の13人】ざっくりコラム 第18話 『この先私は誰と戦えば良いのか』

    こんばんは!旅人サイファです! NHK大河ドラマ【鎌倉殿の13人】ざっくりコラムをお届けします。 ついに源平の最終決戦!屋島の戦いそして、檀ノ浦の戦いが描かれました。 いやあ!面白い! これまでの定説では、義経と反目し続けて、義経の足を引っ張った「悪役」として描かれていた梶原景時。今作『鎌倉殿の13人』では、義経最大の理解者として、義経をバックアップする役割を演じています。 義経をして… 『真に私を理解してくれているのは…平六(景時)、おまえだけだ』 とも言わしめる存在。義経と示しあわせて、平家を滅亡に追いやる立役者を演じました。 が。しかし。 鎌倉に戻った景時は、掌を返すかのように、頼朝に義…

  • 週末雑感 R4.5.8 GW開けは旅行の穴場シーズン到来ですよ!

    こんにちは!旅人サイファです。 日曜日は、毎週恒例のリアルタイム投稿『週末雑感』です。 3年ぶりに外出制限の無いGWでしたね!皆さんはどのように過ごされましたか? 今年のGWは、間の月曜日と金曜日に平日が挟まった、飛び石連休でした。テレビでは盛んに「最大10連休!」と喧伝していましたが…子供たちは平日は普通に学校がありましたからね。個人的な体感では三連休が二回あっただけでした。 筆者は、5/2(月)の夜から出発し、5/5(木)まで3泊4日の宮城県旅行へ行っておりました。休み期間が短かったので、あまり遠くへは行かずに2時間圏内のプランとしたのです。 さて、制限がなかった久しぶりのGWということで…

  • 成田空港第3ターミナルが拡張!難アリだったアクセスルートもほぼ半分に!

    こんにちは!旅人サイファです! 拡大するLCCの盛況を受けて、成田空港がついに本腰を上げました! 成田国際空港、第3ターミナルを拡張 T2からの距離短く、ファストトラベル化推進 - TRAICY(トライシー) 一昔前の成田空港といえば、海外旅行の拠点としてのイメージが強い方も多いと思います。かつて日本発着の海外路線は、そのほとんどが成田空港から発着していましたよね。 しかし、現在の成田空港は、その当時とはちょっと違うイメージが強くなっています。それは「LCCの拠点」としての役割。 長引くコロナ禍の影響をモロに受け、海外路線が縮小の一途をたどっているのに対し、国内格安航空路線LCCは大幅に拡大し…

  • ロケーションログで旅行の振り返り!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】まとめ

    こんにちは!旅人サイファです。 昨日で連載が終わった【年末年始淡路島&小豆島旅行記】ですが、実はこの旅行から新しい試みをしていたんです。 それがこちら!グーグルマップの「ロケーションログ」機能です。こちらは旅行中に立ち寄ったスポットの一覧です。 これは、スマホにインストールしてあるグーグルマップアプリに、GPS連動したログ(記録)を残すことで、自分が動いた行程が克明に記録されるという機能です。 設定方法は簡単!グーグルマップ→自分のアイコン(アカウント)→設定→ロケーション履歴をオンとするだけ!これで、自分がどこに立ち寄り、どのように動いたかが記録されるようになります。 それでは、今回の年末年…

  • お正月の神戸を町歩き!北野から生田神社、南京町へ!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】㉑

    こんにちは!旅人サイファです! 本日は神戸の町歩きのおすすめコースをご紹介!様々な顔を持つ、港町神戸の散策記事です。 5泊6日に渡った【年末年始淡路島&小豆島旅行記】も最終日を向かえました。昨日宿泊した「ANAクラウンプラザホテル神戸」をチェックアウトして、神戸の町を歩きます。 今回歩いたコースは、基本的に下りベースですので、体力的にもあまりきつくありません。のんびりダラダラ歩いて、楽しく町歩きできるおすすめコースですよ! スタートはホテルのある新神戸駅。ここから、少し歩いて北野の異人館街を目指します。 【北野異人館街】 神戸市街地の北方に位置するのが、北野の異人館街です。幕末に外国人に開かれ…

  • 神戸随一の絶景ホテル!『ANAクラウンプラザホテル神戸』の夜景は圧巻!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑳

    こんにちは!旅人サイファです。 今回は神戸のハイグレードホテル『ANAクラウンプラザホテル神戸』のご紹介です。筆者がここに宿泊するのは、この日で3回目!それくらいお気に入りのホテルなんです!神戸に宿泊する際はここ!というくらい! いかがでしょ!!この素晴らしい夜景!この景色が部屋に居ながらにして楽しめちゃう!なんて贅沢! 長かったお正月休みの旅行もこの宿泊がラスト。【年末年始淡路島&小豆島旅行記】の連載も残り2回となりました。 夕方に姫路市内を出発し、多少渋滞に巻き込まれながらもたどり着いた神戸の町。本日はここに宿泊し、翌朝は神戸の町を散策してから新幹線で東京へ戻ります。 まずは、この素晴らし…

  • まさに白鷺が舞う!『姫路城』と初詣に2つの神社へ!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑲

    こんにちは!旅人サイファです!今回は、日本が誇る世界遺産!『国宝・姫路城』をご紹介します! 【年末年始淡路島&小豆島旅行記】も5日目。小豆島からフェリーでおよそ100分。姫路港に上陸しました。姫路に港があること、あまり知られていませんよね。姫路港からは、我々が乗ってきた小豆島航路の他にも、家島諸島航路の船が出ています。 姫路港から姫路の中心地までは車でおよそ30分。この日はお正月1/2のため、渋滞するかな…?とも思いましたがさにあらず。すいすい進んであっという間に姫路城までやってきました。ばっちり青空!白い天守閣が映えますね! 実はここ『姫路城』は駐車場に車をとめてからかなり時間がかかります。…

  • 【旅人サイファの絶景100選】日本一の夕陽美!石垣島『エンジェルピア』からの絶景!

    こんにちは!旅人サイファです! 本日は月曜日!【旅人サイファの絶景100選】No.99、今回も沖縄地方の絶景をお届けします。 今回ご紹介するのは、石垣島の西海岸にあるリゾートホテル「フサキビーチリゾート」内にあります『エンジェルピア』からの夕焼けの絶景です! 「フサキビーチリゾート」は、石垣島でも有数のリゾートホテルです。 広いガーデンプールは石垣島でも最大規模の広さ!特にナイトプールの雰囲気は国内でも屈指のレベル!小さなお子さま向けのアトラクションもありますので、ファミリーでのご利用もおすすめです。 ここ「フサキビーチリゾート」の敷地内には、ある有名なスポットがあります。それが、ホテルのシン…

  • 【鎌倉殿の13人】ざっくりコラム 第17話 『我らはもう…かつての我らではないのです』

    こんばんは!旅人サイファです! NHK大河ドラマ【鎌倉殿の13人】ざっくりコラムをお届けします。 今回も…また悲劇の回でしたね。 木曽義仲の遺児・木曽義高は…頼朝の放った追っ手によって首を落とされました。 義高にとって、頼朝とその家人である鎌倉勢は父義仲の敵。しかし…頼朝の娘・大姫は許嫁。まだ10代の義高の本心はどこにあったのでしょうか。 北条政子や大姫の必死の嘆願のすえ、死一等を免じられ命を救われるはずだった義高。しかし…!抹殺命令の撤回が伝わる前に、功を焦った追っ手によって、義高は討ち取られてしまいます。 そして、これの事件に連座して、義高に謀反を唆した罪で甲斐武田信義の息子も謀殺。さらに…

  • 2022年4月次アクセスランキング

    こんにちは!旅人サイファです! 早いもので本日から5月ですね。新入生や新社会人の皆さん、環境には馴れてきましたか?体調崩しやすい季節ですので、どうぞご自愛くださいね。 さて、本日は当ブログ恒例の毎月のアクセスランキング発表です。お陰さまで、4月は過去最高!13000を超えるお客様にお立ち寄り頂きました! さてランキングの発表です。4月はどのような記事がアクセス集めたのでしょうか! 2022年4月次アクセスランキング 集計期間 :2022/04/01 〜 2022/04/30 累計ビュー:13,719(前月比 187↑) ※上位10記事を発表します。 集計はGoogleアナリティクスを用います。…

  • 『食事処うめもと』の絶品穴子弁当を食べながら船旅!小豆島から姫路港へ!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑱

    こんにちは!旅人サイファです。 今回は旅のお供に最適!小豆島の絶品お弁当をご紹介します! この日は小豆島滞在の最終日。島の北東部にある福田港からのフェリーに乗って兵庫県姫路市を目指します。 お宿のある坂手から福田港への道を走らせていると…ちょっと目を引くお店に出会いました。 大きな文字で「穴子弁当」と書かれています。え!ちょっと美味しそう。急遽車をとめて立ち寄ることにします。 お店の中はいくつかテーブルが置かれた食堂スタイル。お昼のタイミングでしたら、ここでランチにするのも良さそうですね! お店の奥では、まさに今!大きな穴子が焼かれています。店員さんの話ですと、活きたままの穴子をさばいて焼いて…

  • 小豆島特産!『マルキン醤油記念館』で醤油工場見学!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑰

    こんにちは!旅人サイファです。しばらく連載が続いている【年末年始淡路島&小豆島旅行記】も5日目を迎えました。 この日は、小豆島のお宿をチェックアウトして本州へ渡りますが…船に乗る前に1ヶ所だけ立ち寄りました。 それがこちら!『マルキン醤油記念館』です。ここは小豆島東部、坂手港からほど近くにあり、周辺は醤油の醸造場が立ち並ぶ醤油の聖地!辺りはほのかに醤油の良い香りが漂います。千葉県の野田市も駅を降りたら醤油の香りがしますよね。 こちら『マルキン醤油記念館』は、およそ100年前に建てられた醤油醸造所です。 は1987年に丸金醤油の創業80周年を記念して、大正初期に建てられた工場のひとつを記念館とし…

  • まるで地中海!『道の駅小豆島オリーブ公園』は風車がシンボル!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑯

    こんにちは!旅人サイファですー! いやはや!素晴らしい眺め!まるで地中海にいるような風景が広がります! ここは小豆島の中央部にある、道の駅『小豆島オリーブ公園』です!その名の通り、小豆島の特産品・オリーブ畑が広がる公園になっています。 小豆島は瀬戸内海に浮かぶ島でありながら、とても個性的な特産品に多く恵まれた島です。 しょうゆ ゴマ油 そうめん オリーブ その中のひとつがオリーブです。島内にはいたるところにオリーブの木が植えられ、今では小豆島らしさを誇る風景となっています。特にここ『小豆島オリーブ公園』の一帯は、オリーブの木がおよそ2000本も植えられ、周囲の建物と相まって、まるでギリシャや南…

  • 楽しく迷子になれる町!『迷路のまち・土庄』を散策!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑮

    こんにちは。旅人サイファです!今回は小豆島のおすすめ面白スポットをご紹介しますよー! ここは『迷路のまち』と呼ばれるところ。こんなに楽しい路地歩きの町は無い!と言うくらいおすすめのスポットです。地図も何も持たずに歩いたら、ほぼ100%迷子になります(笑) ランドマークは土庄中心地に程近い『西光寺』というお寺。小豆島霊場第58番の札所にもなっています。小高い丘に朱塗りの三重塔が建っていますので、とても分かりやすいかと思います。ちなみにこの三重塔、この後とても重要なランドマークになりますからね! 朱塗りの門をくぐって本堂へお参りをします。こちらのご本尊は千手観音菩薩とのこと。この楼門も見事なもので…

  • 小豆島一の絶景『エンジェルロード』!1日に2回だけ現れる天使の道!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑭

    こんにちは!旅人サイファです。今回は小豆島随一のスポット『エンジェルロード』をご紹介しますね! 『エンジェルロード』は、小豆島最大の港土庄港からもすぐのところにあります。沖合いに浮かぶ弁天島、中余島、大余島という連なる小島に向けて、1日に2回だけ伸びる砂州が繋がりという奇跡のスポット! 向かいの島には、『エンジェルロード』が繋がっている時間だけ歩いて渡ることができるんです!(最奥の大余島は私有地のため基本立ち入り禁止) 『エンジェルロード』が現れるのは、1日わずか2回だけ。干潮時刻の前後3時間ずつというわずかな時間だけが、天使の通り道として島と繋がります。お宿や港周辺では、「本日のエンジェルロ…

  • 【旅人サイファの絶景100選】石垣島随一の景勝地『川平湾』の絶景!

    こんにちは!旅人サイファです! 本日は月曜日!【旅人サイファの絶景100選】No.98、今回も沖縄地方の絶景をお届けします。 今回ご紹介するのは、石垣島随一の景勝地『川平湾』です。 『川平湾』は、石垣島の北海岸に位置する石垣島を代表するスポットです。湾の入り口を小島が塞いでいるため、波は常に穏やか。湾の中にはいくつものグラスボートが浮かび、「石垣島といえば川平湾」と言われるくらい有名なスポットになっています。 石垣島の海は本当に美しい!港や町からすぐのところですら、エメラルドグリーンに輝いています。その中でも『川平湾』の美しさは格別!波が穏やかなため、その透明度と言ったらもう興奮するほどのレベ…

  • 【鎌倉殿の13人】ざっくりコラム 第16話 ついに義経躍動!『騙し討ちの何が悪い?』

    こんばんは!旅人サイファです! NHK大河ドラマ【鎌倉殿の13人】ざっくりコラムをお届けします。 軍略の天才・義経の才気がついに爆発します。常識や正攻法とは程遠い、敵の裏の裏をかき、思いもよらぬところから攻める。天才・義経の姿が生き生きと描かれていました。 これまで、源義経という人像は、正々堂々とした爽やかな若武者として描かれるのが常でした。しかし、今作の義経は全く異なります。 『騙し討ちの何が悪いっ!』 『戦に見映えなど関係ないっ!』 戦に勝つ!平家を妥当する!そのためには何をしても良い! 当時の戦場常識からすれば、卑怯な騙し討ちとさえ捉えかねない策をも、義経は強硬します。 そんな義経と対比…

  • 週末雑感 R4.4.24 知床で観光遊覧船が沈没か…?

    こんにちは!旅人サイファです。 日曜日は、毎週恒例のリアルタイム投稿『週末雑感』です。 何とも悲惨な状況が伝わってきました…。ここまで7人が発見救助されるも、全員意識不明…。 世界遺産・知床を観光する遊覧船が座礁し、救難信号を発してから行方が分からなくなっている…という事故が発生してから一夜が明けました。 北海道東部の知床半島は、世界自然遺産にも登録されている手付かずの大自然が残る、北海道内でも有数の観光地です。知床半島の先端部へは、陸上に道路が付けられていないため、船でしか観光することができません。拠点は半島西側のウトロ港。 知床を観光する遊覧船は数社あります。これらは、ウトロ港から断崖絶壁…

  • 生そうめんが旨すぎる!『道の駅小豆島ふるさと村』!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑬

    突然ですが…「生そうめん」って食べたことありますか? 通常、そうめんは生地を引き伸ばして乾燥させて作ります。しかし、ここ小豆島では完全に乾燥させる前の、半生状態のそうめんをいただくことができるんです!これはそうめんの名産地、小豆島ならではの隠れたご当地グルメ! それがこちら!見た目は普通のそうめんと変わらないように見えますが…これが、まっっっったくの別物!そうめんとは思えないほどのコシに驚かれるはずです! こちらは『道の駅小豆島ふるさと村』の、食堂スペースでいただける、数量限定の「生そうめん」!普通盛700円、大盛900円とかなりリーズナブルですよね。 メニューには… 本来、そうめん屋さんだけ…

  • 舞台は小豆島!ドラマ『Nのために』の聖地巡礼!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑫

    こんにちは!旅人サイファです! 2014年に放送していた『Nのために』というドラマを覚えていますか? 原作はベストセラー作家湊かなえ。 杉下希美(榮倉奈々) 成瀬慎司(窪田正孝) の二人が織り成す純愛ミステリーをドラマ化したヒット作品です。 このドラマは、過去(高校時代)編を瀬戸内海の島々、現在編を東京都内他を現場として描かれました。 実は過去編のロケ地は、今回我々が訪れた高松市内と小豆島でロケが行われているんです! そこで!今回はこの旅に同行していた筆者の身内(実姉)と共に、ロケ地巡り…いわゆる聖地巡礼をしてきましたのでレポートします!ファンにはドラマの名シーンが浮かぶであろうスポットが目白…

  • 『寒霞渓』は日本三大峡谷美のひとつ!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑪

    こんにちは!旅人サイファです。 【年末年始淡路島&小豆島旅行記】も4日目の朝を迎えました。 この日は小豆島のホテルに連泊して島内をぐるり一周します!連泊の場合、大きな荷物を置いて身一つで楽々観光へ出掛けられるのは大きなメリットですね。小豆島は瀬戸内海でも2番目に大きな島です。しっかり見て回るには1日じゃちょっと忙しいので連泊がおすすめ! まず朝一番で訪れたのはこちら!小豆島を見下ろす大展望が魅力の『寒霞渓』です。いかがですか!この素晴らしい眺望!晴れた日は四国もくっきり!すぐそこに見えます! 『寒霞渓』は、日本三大峡谷美のひとつにも数えられる大渓谷です。小豆島の最高峰・星ヶ城山と四方指の間に位…

  • 『ベイリゾートホテル小豆島』宿泊レポート!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑩

    こんにちは!旅人サイファです。 今回は小豆島のお宿紹介の記事です! いかがですか!このオーシャンビュー!小豆島の内海越しに見る寒霞渓の山々まで一望できる最高のロケーション!ここは『ベイリゾートホテル小豆島』です。 【年末年始淡路島&小豆島旅行記】。徳島県鳴門の観光を終えて、香川県高松まで移動してきました。この日は、高松港から船で小豆島へ渡ります。高松港からは高松城がすぐ!日本三大海城のひとつに数えられるほど海のすぐ近く! 高松港からは、カーフェリーで60分ほど。何度乗っても、船ってワクワクしませんか?ある種のアトラクション的な楽しみ方ができますよね。飛行機と違って甲板に出たり歩き回って景色を見…

  • 米津玄師が紅白歌合戦で歌ったあそこ!!『大塚国際美術館』はお子様の美術館デビューに最適!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑨

    こんにちは!旅人サイファです。 今回は…世界中の名画と会える!地球上見渡しても、ここにしかない唯一無二のスポットをご紹介しますね! いかがですか!これはレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」。誰もが知っている超有名な絵ですよね! こんな世界的な名画が一ヶ所に揃った場所が、四国にあるんです!それが『大塚国際美術館』です! 『大塚国際美術館』は、徳島県鳴門市の鳴門公園近くに立つ、超巨大美術館です。地上2階地下3階の構造で、鑑賞ルートの総延長は4kmにも及ぶとか!? 所蔵作品数は、世界26ヶ国190余の美術館が所蔵する西洋絵画の至宝1000点余り!これらを複製、展示しています。 ところで、『大塚国…

  • 【旅人サイファの絶景100選】キラキラ輝く海を渡る!『伊良部大橋』は日本一の絶景橋!

    こんにちは!旅人サイファです! 本日は月曜日!【旅人サイファの絶景100選】No.97、今回も沖縄地方の絶景をお届けします。 今回お届けするのは…橋の絶景!沖縄県宮古島と伊良部島を結ぶ『伊良部大橋』です。 沖縄の絶景橋と言えば、本島北部の「古宇利大橋」や中部の「海中道路」が有名ですよね。もちろんそれらも美しい。沖縄らしい青い海を渡る素晴らしい橋です。しかし…ここ『伊良部大橋』の美しさはそれらを凌駕する、驚異的な絶景です! なにせ海の輝きからして違います。宮古島は、沖縄県内でも美しい海を有する離島として有名です。この橋が架かっているのは、そんな美しい宮古島と伊良部島の間の海。つまり、この橋が架か…

  • 【鎌倉殿の13人】ざっくりコラム 第15話 最も頼りになる者は最も恐るべき者!

    こんばんは!旅人サイファです! NHK大河ドラマ【鎌倉殿の13人】ざっくりコラムをお届けします。 なんと恐るべし大江広元!! 上総介広常を、敢えて謀反へ促しながら、そのスケープゴートとして切り捨てるとは。なんと非情な! 板東で足固めをする際に、功績大であった上総介広常。板東で一大勢力をもつ上総介が味方をしなければ、頼朝の命運はあの時点で尽きていたことでしょう。しかし、上総介が味方してくれたことによって流れは一変。板東の諸勢力は雪崩を打つかのように頼朝の元に集い、頼朝は板東に勢力を張ることができました。 しかし…! 頼朝から謀反の疑いをかけられた上総介は、鎌倉御所にて梶原景時によって討ち取られま…

  • 週末雑感 R4.4.17 GWはすぐそこ!今年の連休はどこへ行く?

    こんにちは!旅人サイファです。 日曜日は、毎週恒例のリアルタイム投稿『週末雑感』です。 4月も半ばを過ぎましたね。進学、就職等で新しい生活をスタートさせたばかりの方は、そろそろ疲れが出てくる頃かもしれません。しっかり栄養&しっかり睡眠でお身体無理なさらずに! さて、筆者の近況ですが…少々忙しいです(笑) GWや春の行楽シーズンに合わせてか、coconalaでの旅行プラン作成依頼が殺到中!お陰さまでたくさんの方からご依頼を頂いております。中には当ブログの読者さんからのご依頼も!嬉しい限りです。いつもありがとうございます! さて今年のGWは、日の並びが人によって良し悪しのようです。 土日祝お休みの…

  • 中潮だと「鳴門のうずしお」はどれくらい?『渦の道』でうずしおを真上から!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑧

    こんにちは!旅人サイファです! 本日も【年末年始淡路島&小豆島旅行記】からの記事をお届けしますー! 三日目のこの日は、淡路島を抜けてついに四国へ上陸です! 淡路島と四国徳島を結ぶこの橋は「大鳴門橋(おおなるときょう)」。長さは1629mで、道路橋としては日本で第10位の長さを誇ります。 今回立ち寄るスポットは…この橋の真下なんです!! 「大鳴門橋」という名称でピンっと来たアナタ!さすがですねー!そうなんです!この橋が架かっている海峡は、日本一の潮流の速さを誇る海の難所。そう!鳴門のうずしおで有名な「鳴門海峡」です。 今回ご紹介するスポットは、そんな鳴門のうずしおを真上から覗き込めるスポット『渦…

  • 『淳仁天皇陵』淡路廃帝の眠る町を散策!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑦

    「廃帝(はいたい/はいてい)」という言葉をご存知ですか? 日本でいう「廃帝」とは、即位していた正統な天皇が、内乱等でその座から引きずり落とされ、天皇の身ながら追放されて帝位を廃されることを言います。 日本の歴史上で「廃帝」の憂き目にあっているのは、長い歴史の中でわずかに二人だけ。 初代神武天皇から第126代の今上天皇(令和の徳仁天皇)までの間で、たった二人だけが、天皇位を剥奪され、歴史上無かったこととされるという悲劇の境遇に遭っているのです。 ひとりが第85代仲恭天皇。この方は、鎌倉幕府と朝廷との抗争である「承久の乱」に連座して廃位させられています。祖父の後鳥羽上皇(隠岐へ配流)や父の順徳天皇…

  • 淡路の食と温泉で大満足!『淡路島海上ホテル』宿泊レポート!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑥

    こんにちは!旅人サイファです! 今回は淡路島でお世話になったお宿さんのご紹介です! なかなか良いロケーションだと思いませんかー?障子を開けたら広がる海の風景!まさにオーシャンビューですねー! ここは淡路島の南端部、南あわじ市にある『瀬崎温泉 淡路島海上ホテル』さんです。外観はすこーし古さが目立ちますが、内部はどうでしょうか。 ロビーに入った途端に広がるのがこの風景!ラウンジの先は大きなガラス張りになっていて、目の前の海を一望!これはテンション上がりますね! ラウンジからは外に出ることもできます。大きなソファも置いてあるので、気候が良い季節はここでビールでも飲んだら最高でしょうね! ちなみに、お…

  • 『たまごやさんちのたこ焼き』は淡路島B級グルメの代表格!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】⑤

    こんにちは!旅人サイファです!今回は、淡路島の人気グルメをご紹介します! これこれ!淡路島名産のタコを使ったたこ焼きです!これがまた旨いんですー! ここは、淡路島の洲本市の市街地北方に店舗を構える、その名も『たまご屋さんちのたこ焼』!淡路島でも人気のご当地グルメです。 淡路島の大動脈、国道28号線沿いにありますので、通りかかったことがある方も多いかもしれませんね!目の前は海という素晴らしいロケーションです。 以前はイートインスペースもあったのですが…コロナの関係か、この時はテイクアウトのみでした。その分少しお安くされているとか。 たこ焼は三種類! 名物たこ焼き(8個入り) 324円 たまごがタ…

  • 淡路の多賀?淡海の多賀?イザナギの隠棲したのはここ?『淡路一宮 伊弉諾神宮』へ!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】④

    こんにちは!旅人サイファです。 淡路島を巡っている、年末年始旅行記の2日目。「たこせんべいの里」を後にして、すぐ近くにある由緒正しい神社を訪れました。 それがこちら!『伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)』。ここは、日本の最高神である「天照大神」の父神である「イザナギノミコト」とその妻神「イザナミノミコト」を祀っている神社です。こちらは旧淡路国の一宮でもあります。 冬晴れの中、真っ白な鳥居が印象的でした。この日は12/30。年の瀬も押し迫っていて、参道には初詣客目当ての露店商たちがせっせと屋台を設営していました。 伊弉諾神宮の御祭神は「伊弉諾大神(イザナギ)」と「伊弉冉大神(イザナミ)」の二柱の神。…

  • 【旅人サイファの絶景100選】神秘の島『はての浜』は砂浜だけの無人島!沖縄県久米島

    こんにちは!旅人サイファです! 本日は月曜日!【旅人サイファの絶景100選】No.96、今回も沖縄地方の絶景をお届けします。 今回ご紹介するのは、沖縄県の離島・久米島沖に浮かぶ無人島『はての浜』です! いかがですか!このまるで天国かのような絶景!あるのはただ真っ白な砂浜とどこまでも透き通る美しい海のみ! 久米島は、前回ご紹介した慶良間諸島からさらに西に浮かぶ離島です。沖縄本島からはおよそ100km。慶良間諸島のように簡単にアクセスはできず、船ですとカーフェリーで3時間ほどかかります。そのため、一般的には飛行機でのアクセスになりますね。那覇空港から久米島空港まではおよそ30分ほどです。また、夏季…

  • 【鎌倉殿の13人】ざっくりコラム 第14話 安徳天皇と後鳥羽天皇二人の天皇が並び立つ暗黒時代に!

    こんばんは!旅人サイファです! NHK大河ドラマ【鎌倉殿の13人】ざっくりコラムをお届けします。 まさに電光石火。信濃から北陸へ、そして一気に京都へ!木曽義仲の軍勢は都の平家軍を一掃しました。 平家一党は幼い安徳天皇を連れて、皇位継承の証・三種の神器と共に西国へ逃れます。いわゆる「平家の都落ち」と言われる逃亡劇です。 木曽義仲は、都を平家から解放して、それで終わりと思っていたのかもしれません。憎き平家を一掃したことで世は平らかになり一件落着…と。 しかし、京の都は魑魅魍魎蠢く政治の世界。「日本一の大天狗」とも呼ばれた後白河法皇と貴族たちに言いように使われて、義仲は徐々に立場を失っていきます。 …

  • 週末雑感 R4.4.10【GoToトラベル】【県民割】東京都民はいつから対象?

    こんにちは!旅人サイファです。 本日は、毎週日曜日恒例のリアルタイム投稿『週末雑感』です。 お花見シーズンもほぼ終わりですね。これから長野県や新潟県、そして東北・北海道へと桜前線は北日本へ移っていく季節になりました。寒く厳しかった雪の季節から、ようやく訪れる北国の春!ぜひ心穏やかにお花見をして、存分に癒されてください! 週末は夏日を記録しているところも多いみたいですね。感染状況はまだ予断を許しませんが、まさに春の行楽シーズン真っ盛りといえますね! かねてより再開のタイミングを伺っている【GoToトラベル】ですが、政府はまだ二の足を踏んでいるようです。ただでさえ反対意見の多い【GoToトラベル事…

  • 『たこせんべいの里』は淡路島に行ったら絶対立ち寄って!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】③

    こんにちは!旅人サイファです。 年末年始旅行記も二日目!大阪市内でレンタカーを借りて、一路淡路島を目指します。 今回ご紹介するメインスポットはこちら!淡路島に行ったら絶対に立ち寄って欲しいおすすめスポット『たこせんべいの里』です! 大阪市内を出発しておよそ45分。神戸市内の渋滞を抜けつつ、明石海峡大橋へたどり着きました。この橋は全長3911m!かつては世界最長のつり橋として知られていました。(※現在はトルコの橋に首位を明け渡しています) 明石海峡を渡ってすぐのところにある「淡路サービスエリア」に立ち寄りました。ここは淡路島観光に来た人のほぼ全員が立ち寄るんじゃないか?と思われるくらいの人気スポ…

  • 『大阪天満宮』の天神祭は日本三大祭のひとつ!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】②

    こんにちは!旅人サイファです! 今回は大阪の隠れた名所をご紹介しますね!ここは大阪に旅行にいらした方でも、なかなか足を運ばない穴場スポットです。 それがこちら!大阪屈指の歴史を持つ神社『大阪天満宮』です。 【年末年始淡路島&小豆島旅行記】 今年の年末年始旅行は、大阪からスタートしました。初日は、年内最終日の仕事を終えてから、夜の新幹線で大阪まで参りました。家族は前日に大阪入りしていましてユニバへ行っていました。私は仕事を終えてからの合流でしたので、どこにも立ち寄らずホテルへ直行! そして翌朝…私自身も活動開始!まずはホテルから徒歩圏内にあるこちら『大阪天満宮』へご挨拶に参りました。 『大阪天満…

  • 驚きのコスパ!大阪に泊まるならココ!『ダイワロイネットホテル大阪東天満』は超おすすめ!【年末年始淡路島&小豆島旅行記】①

    こんにちは!旅人サイファです。 本日から新連載【年末年始淡路島小豆島旅行記】をお届けします!2021年の年末から2022年の年始にかけての旅行は、大阪を起点にした瀬戸内東部の周遊旅行でした。 トータル6泊7日の行程で、大阪→淡路島→高松→小豆島→姫路→神戸と回る周遊旅行。瀬戸内と関西の良いとこ取り!瀬戸内&関西のグルメ&風景を堪能して参りました! 1回目の今回は…初日に宿泊しました、大阪市内のお宿のご紹介です。『ダイワロイネットホテル大阪東天満』さん! 実は宿泊するまで…ちょっと失敗したかなーと心配していたんです。このお宿。なぜって、要因はその残念なアクセス。 最寄り駅は、JR「大阪天満宮駅」…

  • 旅と仕事の境目を無くすブランド!『HOLICC』の圧縮バッグ「PackBag+」をレビュー!

    こんにちは!旅人サイファです。 今回は、旅行に便利な商品の商品レビューをお届けしますね! それがこちら!旅と仕事の境目を失くすブランド『HOLICC』の「PackBag+」です。 『HOLICC』は、"旅して働く"をもっとしやすくするためのアイテムを開発・販売するブランドです。 本気で仕事して、本気で旅して、本気で遊ぶ。 旅と仕事の境目のない生き方を普通の選択肢にする 今回『HOLICC』さんより提供を受けてこの「PackBag+」の試供品を頂きました! パッケージにもブランドのモットーが書かれています。いいですねー! 早速開封してみました! 左がLサイズ、右がSサイズ。私がセレクトしたのはカ…

  • 【速報!】東北新幹線が14日から全線再開!

    こんにちは!旅人サイファです! 速報です!東北新幹線の全線運行再開が発表されました! JR東日本 プレスリリース 3月16日(木)日に福島県沖で発生した地震の影響により、東北新幹線は福島~仙台間で運転を見合わせておりますが、復旧作業および安全確保の見通しが立ったことから、4月14日(木)からの全線運転再開を予定しています。 【速報!】東北新幹線が14日から全線再開…復旧作業が順調、当初予定を繰り上げ : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン 東北新幹線が14日から全線再開…復旧作業が順調、当初予定を繰り上げ : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン なんと!3/16に発生した震度6…

  • これからの旅行スタイルに!『12時チェックインプラン』はいかが?

    こんにちは!日々旅行のことばかり考えている旅人サイファです(笑) 筆者は、毎年合計30~40泊ほどを旅行に出掛けています。ファミリー旅行・子育て旅行がメインですが、寺社を巡る大人旅や撮影旅行ひとり旅などもしています。 近年のコロナ禍を受けて増えてきているのが「観光は控えめにしてお宿を満喫する」スタイル。 筆者はこれを「新しい旅行様式」と呼んでいますが、これまでのように、観光スポットを順繰りに巡りながらその日の宿泊地を目指すのではなく、初めから旅行の目的地を「お宿」にするスタイルです。 早めにお宿に入って、温泉と食事を満喫。翌朝ものんびり起きて朝ごはんと温泉を堪能したら、お土産スポットで買い物を…

  • 【旅人サイファの絶景100選】『慶良間ブルー』の圧倒的な美しさ!

    こんにちは!旅人サイファです! 本日は月曜日!【旅人サイファの絶景100選】No.95、今回も沖縄地方の絶景をお届けします。 今回ご紹介するのは、沖縄県慶良間諸島。ダイビングやシュノーケリングの聖地であり、その美しい海は『慶良間ブルー』とも賞される圧倒的なブルーが素晴らしい離島です。 慶良間諸島は、その海の美しさから2014年に新しく国立公園として指定されたことからも分かる、南国リゾートの楽園です。渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、慶留間島の4つの大きな島といくつかの無人島から成る離島群の総称で、船でしかアクセスできません。 基本的なアクセスは那覇市の泊港からの船便です。高速船とフェリーの二種類の船…

  • 【鎌倉殿の13人】ざっくりコラム 第13話 木曽義仲は天下を取っていたかもしれない?

    こんばんは!旅人サイファです! NHK大河ドラマ【鎌倉殿の13人】ざっくりコラムをお届けします。 いよいよ登場した木曽義仲。北方から平家を追い詰めることになる、この時代のキーマンのひとりですね。 源頼朝と木曽義仲は従兄弟同士です。頼朝の父・義朝と義仲の父・義賢が兄弟という関係ですね。 しかしこの一族、身内で色々な厄介ごとを抱えています。 実は『鎌倉殿の13人』には登場していませんが源頼朝には兄がいました。彼の名は義平。通称「悪源太」と呼ばれる荒々しい武者でした。この義平は、母の身分が低かったため嫡男ではありませんでしたが、源氏の有力武将のひとりでした。 保元・平治の乱の起こる前、関東にいた源義…

  • 週末雑感 R4.4.3 新年度なので改めて自己紹介!旅人サイファの原点は「Yahoo!知恵袋」にあり!

    こんにちは!旅人サイファです。 本日も毎週日曜日恒例の週末雑感です。 今回は私「旅人サイファ」の原点について記事にまとめます。新年度ということで、改めて自己紹介とこれまでの実績を紹介させて頂きますね! 私、旅人サイファは40代男性です。東京都杉並区で生まれ育ち、現在は東京都北区在住。子供が2人(長女中2、長男小5)おります。平日日中は医療機関に勤務しておりまして、ブログ執筆などは副業として活動しています。 現在、旅人サイファ名義としては… 旅行ブログ執筆 旅行ライターとして執筆 YouTube動画の投稿 coconalaにて旅行プランの販売 といった活動をしています。基本的には平日昼休みと夜間…

  • 京都新聞『財政危機の京都市は寺社からも税徴収すべき?』を読んでのコラム

    こんにちは!旅人サイファです。今回は筆者のような旅行者にも関わる時事ネタから記事をまとめてみました。 財政難の京都市で「寺社から税金取るべき」の声 戸惑う宗教界、市の見解は|社会|地域のニュース|京都新聞 財政難の京都市で「寺社から税金取るべき」の声 戸惑う宗教界、市の見解は|社会|地域のニュース|京都新聞 実は、日本屈指の観光都市である京都市が、財政難で苦しんでいます。財政の指数でいうと、京都市は既に財政破綻している北海道夕張市に次ぐワースト2位を2015.16年に記録しています。それからやや持ち直したものの、現在もワースト10からは抜け出せていないようです。 その要因は様々言われていますが…

  • 毎月恒例!2022年3月次アクセスランキング発表!

    こんにちは!旅人サイファです! いつも当ブログにお立ち寄りいただき、まことにありがとうございます。本日から4月!新年度ですね!新しい世界へ飛び込む方もいらっしゃるかと思います。素晴らしい門出になりますように! さて、月始めは毎月恒例のアクセスランキング発表です。今月は、新作と検索流入が入り交じる、なかなか興味深いラインナップとなりました。それでは、どうぞご覧ください! 2022年3月次アクセスランキング 集計期間 :2022/03/01 〜 2022/03/31 累計ビュー:13,532(前月比 1,936↑) ※上位10記事を発表します。 集計はGoogleアナリティクスを用います。 横の数…

  • 乗り捨て可能なレンタルシェアバイク『shaero(シェアロ)』に体験レポート!

    こんにちは!旅人サイファです。 いやあ!ちょっとドキドキしました!以前、このブログでもご紹介しました、レンタルシェアバイク『shaero(シェアロ)』!ちょっとお得なクーポンが送られてきたので…今回初めて利用してみたんです! 現在都内で大きくステーション拡大を図っている『shaero(シェアロ)』は、電動バイクのシェアサービス。 今居るところの近くのステーションでバイクを借りて、目的地近くのステーションで返せる、気軽なシェアバイクです。もしかしたら、水色のステーションに赤いバイクを見たことある方もいらっしゃるかもしれませんね! そんな『shaero(シェアロ)』から、ステーション100ヶ所突破…

  • 『西本願寺』無料ガイドツアーに参加してきました!【紅葉の京都ひとり旅】⑳

    こんにちは!旅人サイファです。 今回は、前回ご紹介した「東本願寺」と相対する『西本願寺』の拝観レポートをお届けします。 この日は、ちょうどタイミング良く本願寺のお坊さんによる無料ガイドツアーに参加できましたので、そちらも合わせてレポートします。 前回の記事でも触れましたが、ここ『西本願寺』とお隣の「東本願寺」は二派に分裂した兄弟関係です。こちらは通称「おにしさん」。正式名称は『龍谷山本願寺』、宗派名は「浄土真宗本願寺派」です。 無料ガイドツアーは1日4回行われています。予約等は不要で、指定時間に総合案内所に集まるだけ!この日は私含めて7-8人が参加されていました。 日によって回る順番やコースも…

  • なんで東本願寺は世界遺産じゃないの?『東本願寺』参拝レポート!【紅葉の京都ひとり旅】⑲

    こんにちは!旅人サイファです。 今回は京都駅からも近い『東本願寺』へ立ち寄った際のレポートをお届けします! 【紅葉の京都ひとり旅】も最終日。帰りの新幹線までもう少し時間がありそうなので、京都駅からも近い、東と西の本願寺さんを順に巡って来ました。 いやはや…その建物の巨大なこと!山門も本堂も御影堂も全てが巨大!まさに圧巻です! 実は『東本願寺』は、あくまでも通称なんです。正式名称は「真宗本廟」と言います。宗派としては「浄土真宗大谷派」の本山です。 以前、こちらのブログでもまとめましたが、浄土真宗(本願寺)には大きく分けて2つの宗派があります。 ひとつが、ここ真宗本廟を本山とする「浄土真宗大谷派」…

  • 【旅人サイファの絶景100選】カーブする石垣が美しい!『勝連城跡』!

    こんにちは!旅人サイファです! 本日は月曜日!【旅人サイファの絶景100選】No.94、今回から沖縄地方の絶景をお届けします。 今回ご紹介するのは、沖縄本島中部に位置する『勝連城跡』!世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」を構成する要素のひとつです。 勝連城の築城は15世紀ごろと言われています。 沖縄中部に勢力を張った阿麻和利が居城した城と伝えられる勝連城跡は、沖縄の城の中で最も古く、築城は12世紀頃から始まっていたと伝えられています。現在の規模になったのは14世紀ごろのようで、阿麻和利は護佐丸を滅ぼし、さらに琉球統一をめざし国王の居城である首里城を攻めましたが、1458年に大敗して滅びた…

  • 【鎌倉殿の13人】ざっくりコラム 第12話 裏テーマは『鎌倉殿で13人目』!?

    こんばんは!旅人サイファです! NHK大河ドラマ【鎌倉殿の13人】ざっくりコラムをお届けします。 当初はコメディー調のストーリーで賛否両論巻き起こしていたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。 ここ数回…いつの間にか、シリアスな展開に引き込まれていませんか?むしろ前回から、少しホラーな雰囲気が流れはじめています。 もしかしたら…この大河ドラマの裏テーマは『鎌倉殿の13人』ではなく、『鎌倉殿で13人』ではないか? 鎌倉政権は、この後も上総介広常、蒲冠者範頼、九郎義経、そして鎌倉将軍頼朝本人までもが不審な死を遂げています。 もしかしたら…これらの死にもあの善児が関わっているかも知れない…?鎌倉殿(源…

  • 週末雑感 R4.3.27 『GoToトラベル』再開も近い!?旅行県民割→ブロック割へ拡大!

    こんにちは、旅人サイファです! 毎週日曜日はその時起こっていることをリアルタイムで執筆するコラム『週末雑感』です。 猛威を奮っていたオミクロン株の感染もようやく落ち着きを見せ…世間の空気も楽観的な雰囲気になってきましたね! それを受けて、これまで我慢していた「旅行」を解禁させようかと考えているあなた!もしかしたら、その旅行…お得になるかもしれませんよ! 政府は、全国的な旅行誘導策『GoToトラベルキャンペーン』の再開には、慎重な姿勢を見せています。まだまだ批判が怖いのでしょう。もしもここで緩めて、感染が再拡大したら…と二の足を踏んでいます。 ただ、未来的に『GoToトラベルキャンペーン』再開さ…

  • 鴨肉のハンバーグ!?『石焼鴨ハンバーグ専門店 HAMBURG STAND 』が美味!【紅葉の京都ひとり旅】⑱

    こんにちは!旅人サイファです。今回は京都のグルメスポットのご紹介です!アツアツ!グツグツ!これ、何だか分かります?実はこれ、石焼き鍋で焼かれた鴨肉のハンバーグ!京料理×洋食の新しい形ですね!これがまた美味しかったー! この絶品ハンバーグは、京都駅からも徒歩圏内。七条通沿いにある『石焼 鴨ハンバーグ専門店 HAMBURG STAND』さんで頂けます!こちらは、京都市内にいくつか店舗を構える「炭火焼き鳥つじや」グループのお店。 一度通り過ぎたんですが…とても美味しそうな香りがしたので戻って来ちゃいました(笑) ちょうどランチタイムでしたが、平日でしたのでそこまで混みあってもおらず。カウンター席にす…

  • 大坂の陣の火元「国家安康の鐘」は現存!『豊国神社』と『方広寺』は歴史の現場!【紅葉の京都ひとり旅】⑰

    こんにちは!旅人サイファです。 長らく連載していた【紅葉の京都ひとり旅】も四日目になりました。この日のお昼過ぎの新幹線で京都を後にします。 最終日の朝に訪れたのは…こちら!豊臣秀吉公を祀る神社『豊国神社』です。 清水五条のお宿からは、歩いてやってきました。南におよそ7.8分ほど。朝の散歩にはちょうど良い距離ですね。 豊国神社に向けて道を歩いていると…左側に巨石連なる石垣が見えて来ます。 近寄ってみると…いやはや!あまりにも巨大!名古屋城や大阪城クラスの巨石が使われているのが分かります。そう!ここにはかつて、豊臣秀吉がその威信を賭けて建造した「方広寺大仏殿」があった場所!この石垣は京都で最も巨大…

  • 『獅子吼の庭』紅葉ライトアップは圧巻!京都嵐山『宝厳院』の絶景庭園!【紅葉の京都ひとり旅】⑯

    こんにちは!旅人サイファです!昨年秋に訪れた【紅葉の京都ひとり旅】三日目。夜の嵐山を散策しています! 前回ご紹介した「嵐山祐斎亭」から歩いて、この日は夜間拝観をハシゴ!次の紅葉ライトアップスポットへやってきました。 ここは天龍寺のすぐ近くにある『宝厳院・獅子吼の庭』です。12月初旬でしたが、紅葉ばっちりでした! 『獅子吼の庭』は、天龍寺の塔頭のひとつ『宝厳院』にある庭園です。元々は室町幕府の管領・細川頼之によって京都御所近くに建てられた寺院です。しかし、やがて応仁の乱により焼失。その後再建、移転を経て現在の嵐山の地に再興されています。 「獅子吼」とは仏が説法するという意味。庭園内を散策し、鳥の…

  • まるで異世界!『嵐山祐斎邸・紅葉ライトアップ』はSNS映えの極致!【紅葉の京都ひとり旅】⑮

    こんにちは!旅人サイファです! 突然ですが…スゴくないですか?この写真。え。何がどうなってるの?まるで異世界のよう! 実は、ここは京都市内なんです。しかも観光地で有名な嵐山の一画!今や知る人ぞ知る隠れた「SNS映え」スポットにもなっています。 ここは『嵐山祐斎亭』。近年、徐々に知名度が上がってきたので、ご存知の方も増えてきたかもしれません! 四季折々、嵐山の美しい風景を楽しむことができますが、特に秋は別格!秋のみ開催されている夜の特別拝観時期には…とても幻想的な空間が広がります。 『嵐山祐斎亭』は、保津川のほとりに位置しています。嵐山の中心である渡月橋から、保津川沿いに歩くことおよそ10分。途…

  • 学問の神様!『北野天満宮』で学業成就!【紅葉の京都ひとり旅】⑭

    こんにちは!旅人サイファです! 今週も引き続き【紅葉の京都ひとり旅】からの記事をまとめていますー! 京都滞在三日目の午後、京都御所から西へ移動して『北野天満宮』へお詣りしに来ました。 『北野天満宮』は、言わずと知れた学問の神様!「菅原道真公」を祀る天満宮・天神社の総本社です。 京都市バスに乗って北野天満宮前で下車すると、すぐ目の前に大鳥居が見えて来ます。ここ北野の地は、御所の北西を守る守護神として、道真公をお祀りする前から神社が営まれていたようです。 北野天満宮の参道は、鳥居を抜けるとゆるーく右手へカーブする不思議な作り。毎月25日は、道真公の誕生日および命日にちなんで縁日が開かれ、この参道も…

  • 【旅人サイファの絶景100選】鹿児島の象徴・桜島のド迫力!『城山展望台』

    こんにちは!旅人サイファです! 本日は月曜日!【旅人サイファの絶景100選】No.93、今回も九州地方の絶景をお届けします。 今回ご紹介するのは、鹿児島を代表する風景!噴煙上げる『桜島』です。 薩摩半島と大隅半島に囲まれた鹿児島県のほぼ中央部。錦江湾の中心に浮かぶ火山です。元々は、完全な離島でしたが、近代に起きた大噴火で大隅半島と接続。地続きの島となりました。 鹿児島の町からは、海越しに噴煙を上げる桜島の雄姿を眺めることができます。 県内各地から、その美しい姿を眺めることができますが…特にその美しい姿を見せてくれるのが、『城山展望台』です。鹿児島を治めた島津氏の居城「鶴丸城」の背後に聳えるのが…

  • 【鎌倉殿の13人】ざっくりコラム 第11話 九郎義経は黒義経!

    こんばんは!旅人サイファです! NHK大河ドラマ【鎌倉殿の13人】ざっくりコラムをお届けします。 治承4(1180)年。ついに、時代が動きました。 これまで、所領の差配は朝廷(天皇と貴族)の専売特許でした。 しかし、源頼朝率いる東国武士団は、この慣習を無視!独自に切り取った平家方武士の領地を没収し、自らに味方した武士たちに分け与えました。 決して全国規模の組織にはなり得ていませんが、この瞬間、鎌倉に独自政権が成立したことになります。 実はこの天皇家支配を無視した地方独立政権。これ、実は頼朝の独創ではなく前例がありました。この時代から遡ること240年前、平将門が東国に作ろうとした新しい世界。それ…

  • 週末雑感 R4.3.20 危うく遭難するところでした…

    こんにちは、旅人サイファです! 毎週日曜日はその時起こっていることをリアルタイムで執筆するコラム『週末雑感』です。 筆者は現在、群馬県万座温泉に来ています。いや、万座温泉までたどり着けて良かったと言うべきか! 今回企画した春の旅行。旅程は、18日(金)の夕方に東京を出発して軽井沢に宿泊。翌日19日(土)に万座温泉に向かう予定でした。 高速道路を走らせて、上信越自動車道の碓氷軽井沢ICに到着したのが18時ごろ。この頃には既に大粒のぼたん雪が降り始めていました。 (あれ…スタッドレスタイヤは履いてるけど、大丈夫かな?) 碓氷軽井沢ICは、山の中に作られたICです。ここから一山越えないと軽井沢の町中…

  • 予約必須のレアスポット!『京都仙洞御所』のガイドツアー!【紅葉の京都ひとり旅】⑬

    こんにちはー!旅人サイファです。 前回、「京都御所無料ガイドツアー」の詳細をレポート記事として出させて頂きました。明治天皇が江戸へ引っ越すまで、代々の天皇が政務執り生活した、日本の中心地とも言える場所です。 実は、京都御所と同じ京都御苑の敷地内には、もうひとつ「御所」と呼ばれる場所が存在しています。それこそが、今回ご紹介するレアスポット『京都仙洞御所』です。 仙洞御所は、京都御所の南東に位置しています。広さはほぼ京都御所と同じくらいで、同じように壁に囲まれた長方形の区画を有しています。 現在の仙洞御所は、1627年に「後水之尾上皇」の退位後のお住まいとして造営されました。この上皇は、以前ご紹介…

  • 『京都御所無料ガイドツアー』詳細レポート!京都観光の穴場おすすめスポット!【紅葉の京都ひとり旅】⑫

    こんにちは!旅人サイファです。 皆さん、京都の中心ってどこだと思いますか? JR京都駅?いやいやいや!あそこは京都の外れです。 なら…四条河原町?いやいや違います。まあ京都一番の繁華街ではありますけどね。 京都の中心。それは、天皇陛下の御座所である『京都御所(きょうとごしょ)』です。良く知られているように、碁盤の目上に作られている京都の町。その一丁目一番地たる中心点こそが『京都御所』。御所から見て右側(西側)を右京区、左側(東側)を左京区と呼ぶ、その起点こそが『京都御所』なんです。 ちなみに、律令国(旧国名)にある、前中後(例えば越前、越中、越後)も、京都から見て前にあるか後ろにあるかを基準に…

  • 北政所「ねね」ゆかりの寺院『圓徳院』の紅葉庭園が見事!【紅葉の京都ひとり旅】⑪

    こんにちは!旅人サイファです。 今回より【紅葉の京都ひとり旅】から三日目の記事をお届けします。この日は、東山散策から京都御所方面を巡って、夕方に嵐山へ行く行程です。 まず朝一番で訪れたのがここ!豊臣秀吉公の正室「ねねさま」ゆかりのお寺『圓徳院』です。タイミングばっちり!この美しいお庭をほぼ貸切で堪能してきました! この日は、お宿から徒歩で東山界隈へ。八坂の塔を経由して、ねねの道方面へ足を進めます。和服姿の観光客もチラホラ。良いですね! 『圓徳院』は、同じくねねの寺として知られる高台寺の真向かいに建っています。高台寺とのセット券もありますので、両方行かれる予定の方はそちらをどうぞ。高台寺よりも……

  • 圧巻の紅葉ライトアップ!『永観堂』秋の特別拝観レポート!【紅葉の京都ひとり旅】⑩

    こんにちは!旅人サイファです。 昨年12月初旬日訪れた【紅葉の京都ひとり旅】から、見頃ばっちり!『永観堂の紅葉ライトアップ』の詳細レポートをお送りします! 三泊四日の行程で訪れた晩秋の京都。2日目に選んだライトアップスポットは『永観堂』にしました。2020年初夏に、新緑の青もみじの絶景を堪能した『永観堂』。秋のライトアップは…やはり別格でした! 夕方に「二条陣屋」の見学を終えて、この日訪れた最後のスポットは、南禅寺界隈の『永観堂』! 三条駅周辺で夕飯を食べてから、市バスに乗って向かいます。しかし…やはり凄いですね。岡崎・南禅寺方面へ行く市バス5系統は超満員!乗客のほとんどが目指すのが、『永観堂…

  • 京都のど真ん中に忍者屋敷!?秘密のスポット『二条陣屋』を詳細レポート!【紅葉の京都ひとり旅】⑨

    こんにちは!旅人サイファです。 突然ですが…京都に忍者屋敷があるって、ご存知でしたか? え?忍者?伊賀とか甲賀のアレ?あー、アレでしょ?太秦映画村のからくり忍者屋敷! いやいやいや!そんな偽物ではなく!あるんですよ!仕掛け満載のお屋敷が! 今回は【紅葉の京都ひとり旅】から、知る人ぞ知る、ある秘密のスポットへご案内しますよー! こちらのスポットの見学には、事前予約が必要です。特に昨今は、感染対策から予約枠も制限されているので、もしもご興味ありましたら早めに予定立ててご予約してください。(枠に余裕があれば当日でも受け付けて下さるようです) この秘密のスポットは「小川家住宅」。通称『二条陣屋』です。…

  • 【旅人サイファの絶景100選】滝幅日本一!東洋のナイアガラ!『曽木の滝』が素晴らしい!

    こんにちは!旅人サイファです! 本日は月曜日!【旅人サイファの絶景100選】No.92、今回も九州地方の絶景をお届けします。 今回ご紹介するのは、鹿児島県北部にある『曽木の滝』です。鹿児島県随一の大河「川内川」の中流域に存在するこの滝の魅力は、その壮大なスケール!落差こそ12mほどですが、滝幅はなんと210mにも及ぶ巨大な滝!まさに「東洋のナイアガラ」と呼ばれるにふさわしい滝です。 周辺は自然公園として整備されており、飲食店や土産物屋が並び賑やか!中央部には展望台が設置されていて、頂上からは『曽木の滝』を一望できます。 この滝は崖っぷちを一条の流れとなって落ちる滝とは一風変わっています。川内川…

  • 【鎌倉殿の13人】ざっくりコラム 第10話 自由奔放な九郎義経

    こんばんは!旅人サイファです! NHK大河ドラマ【鎌倉殿の13人】ざっくりコラムをお届けします。 ついに兄・頼朝と合流した源義経。彼は、京都から逃れた後、奥州(現在の東北地方)を押さえていた大豪族・藤原秀衡の庇護のもと、その才覚を育てました。 この時代、西日本の平家と関東の源氏、そして東北の藤原氏が日本を三分して勢力を保っていました。 平家と源氏が正面からぶつかり遭う中で、奥州藤原氏はそのどちらともよしみを通じ、時代の趨勢を握る存在でした。九郎義経は、そんな中、源氏と藤原氏を結びつける重要な存在でもありました。 奥州という、都から遠い地で育った義経は、それまでの常識に囚われない自由奔放な思考を…

  • 週末雑感 R4.3.13 コラムニストの言う無条件降伏の未来

    こんにちは、旅人サイファです! 毎週日曜日はその時起こっていることをリアルタイムで執筆するコラム『週末雑感』です。 一向に着地点が見出だせないウクライナ危機。圧倒的なロシア軍の侵攻を押し留めているのは、ひとえにゼリンスキー大統領率いるウクライナ軍及び民衆の勇敢な抵抗運動の賜物です。 しかし、日本人の中には「無条件降伏せよ」こそ至高!と主張する人間が多数います。曰く、「早期に無条件降伏せよ」だとか、「無条件降伏すれば人命は助かる」だとか…脳内お花畑のコメンテーターが多くいることも驚きです。 先日ネットニュースで見かけたデイリー新潮の記事に、とても重要な示唆がありました。 橋下徹や玉川徹には理解不…

  • 日本屈指の酒どころ!伏見の町を散策!【紅葉の京都ひとり旅】⑧

    こんにちはー!旅人サイファです。本日も【紅葉の京都ひとり旅】二日目からの記事をお届けします! 宇治の人気お茶屋さん「伊藤久右衛門 本店」で抹茶パフェランチを堪能したこの日。実は夕方から京都二条の秘密のスポットへ見学予約を入れていました。そのスポットへの予約時間まではもう少し時間があったので…伏見の中書島駅で途中下車。伏見の町を歩いて来ました。 伏見は、日本屈指の酒どころ!関西エリアでは兵庫県灘と双璧を誇る、日本酒の聖地です。美味しい水に裏付けられた清酒は江戸時代、「下りもの」として重宝されました。ちなみに、「くだらない」という言葉の語源もこれ!「下りもの」=上質、「下りものでない」=取るに足ら…

  • 本日のランチは宇治抹茶パフェ!『伊藤久右衛門』で絶品京都スイーツ!【紅葉の京都ひとり旅】⑦

    こんにちは!旅人サイファです。 【紅葉の京都ひとり旅】。二日目のこの日は京都宇治を散策しています。「平等院」から「宇治神社/宇治上神社」の参拝を終えて、そろそろ昼食の時間です。 この日のランチは…これこれ!「宇治抹茶パフェ」!美味しそうでしょ! 午前中の散策を終えて、そろそろお腹ぎ減ってきました。お昼ごはん何にしよう…と思案しながら歩いていると、とある看板に目が止まりました。『宇治抹茶本舗 伊藤久右衛門』!おお!いいね!茶蕎麦頂けるかも! 前回ご紹介した「宇治上神社」から徒歩7.8分。中心街から少し外れたところにあるのが、こちらのお店。大きな無料駐車場もあるので、お車での観光でも便利ですよ!お…

  • 世界遺産『宇治上神社』は素朴な古社【紅葉の京都ひとり旅】⑥

    こんにちは!旅人サイファです。 【紅葉の京都ひとり旅】二日目。「平等院鳳凰堂」から宇治川の対岸にある世界遺産『宇治上神社』へ立ち寄りました。 「平等院」の門を出て右手を進むと、宇治川の土手に出ます。こちらはちょうど良い散歩道になっていて、地元の方がウォーキングしている姿も見かけました。見頃の紅葉を眺めながら川縁をお散歩!いいですね! 宇治川の対岸に渡るには、二本の橋を渡ります。こちらは朝霧橋。朱色に塗られた欄干が美しいですね。 この辺りは、源平合戦の頃に「宇治川の戦い」が行われた場所です。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にも登場するでしょうか。当時は橋が架けられて居なかったため、馬に乗ったまま渡河…

  • 平安貴族の夢の世界『平等院鳳凰堂』は極楽浄土!【紅葉の京都ひとり旅】⑤

    こんにちは!旅人サイファです。本日もブログへお立ち寄りいただきまことにありがとうございます!本日も【紅葉の京都ひとり旅】シリーズから、旅行記二日目の記事をお届けします。 この日は、午前中に「東福寺」→「伏見稲荷大社」と京都南方の寺社を散策した後、京阪電車で宇治までやって来ました。まずはじめの目的地はこちら!『平等院鳳凰堂』!いかがですか!?紅葉真っ盛り! 京阪宇治線の終点・宇治駅までは、中心部の祇園四条駅から中書島駅乗り換えて、およそ30分。意外と近いんですよね。 京阪宇治駅からは、とぼとぼ歩いても10分ほどで『平等院』にたどり着きます。途中の門前商店街は、抹茶パフェや茶蕎麦のお店が並んでとて…

  • 異世界への入り口か!どこまでも続く千本鳥居の迷宮!『伏見稲荷大社』へ!【紅葉の京都ひとり旅】④

    こんにちは!旅人サイファです! 本日も【紅葉の京都ひとり旅】から二日目の記事をお届けします。 この日は京阪電車の一日乗車券を購入して、京阪沿いのスポットを巡る行程。朝一番で東福寺の紅葉を堪能した後は、南隣の『伏見稲荷大社』へ向かいました。 東福寺からてくてく歩いて、およそ15分程度。赤い鳥居と社殿が美しい『伏見稲荷大社』へ到着です。 『伏見稲荷大社』は、全国3万社とも言われる稲荷神社の総本宮!その創建は711年とされていますから…およそ1300年もの歴史があります。京都に平安京が作られる794年よりも昔から、この地は聖域なんですね。 この日は平日ながら、さすがの人気スポット!修学旅行生をはじめ…

  • 【旅人サイファの絶景100選】知る人ぞ知る無人島!壱岐『辰の島』は九州随一の絶景ビーチ!

    こんにちは!旅人サイファです! 本日は月曜日!【旅人サイファの絶景100選】No.91、今回も九州地方の絶景をお届けします。 今回ご紹介するのは、長崎県の離島・壱岐島の北方に位置する無人島『辰の島』です!ここは、筆者も昨年訪れた秘密の絶景スポットです。 『辰の島』は、壱岐の最北端にある港、勝本港から渡し船でおよそ10分。元々は地元の漁師さんしか知らない秘密の無人島でした。 現在は、一般観光客にも開放されるようになり、春から秋にかけて渡し船や遊覧船が運航しています。特に夏季は1日12往復に増便されるうえ、ビーチには監視所と売店も作られるので、1日海水浴やキャンプを楽しむことができるようになってい…

  • 【鎌倉殿の13人】ざっくりコラム 第9話 頼朝の反攻始まる!富士川の戦いはターニングポイント!

    こんばんは!旅人サイファです! NHK大河ドラマ【鎌倉殿の13人】ざっくりコラムをお届けします。 ついに頼朝の反攻が始まりました!房総半島で再起の旗を挙げ、鎌倉へ入った頼朝率いる源氏軍。ここから一気に反転攻勢!京の都から差し向けられた平家の追討軍を、駿河富士川で迎え撃つことになります。 この段階では、各地の源氏の血筋が「我こそが源氏の棟梁である!」と正統性を主張しあっていました。そのうちの一人が甲斐の武田信義でした。 この武田信義は、源義家の弟・義光から続く名門。今回名前の出てきた常陸の佐竹も同族です。彼らも、源氏の棟梁として立つ資格があるとして、あわよくば源氏の大将に成り上がろうとしている者…

  • 週末雑感 R4.3.6 日本人の想像する戦争と降伏

    こんにちは、旅人サイファです! 毎週日曜日はその時起こっていることをリアルタイムで執筆するコラム『週末雑感』です。 深刻度を増すウクライナ情勢。日本も対岸の火事と傍観できない状況になっていますね。 偶然見かけたこちらのニュースで、とても重要な示唆がありました。 「日本人はアメリカによる占領しか知らない」「抵抗をやめれば、待っているのは虐殺のみという経験がある」…“義勇兵”に志願した日本人とウクライナ人が語る、本当の“平和” | 政治 | ABEMA TIMES 「日本人はアメリカによる占領しか知らない」「抵抗をやめれば、待っているのは虐殺のみという経験がある」…“義勇兵”に志願した日本人とウク…

  • 全てが真っ赤に燃える!京都随一の紅葉の名所『東福寺通天橋』へ!【紅葉の京都ひとり旅】③

    こんにちは!旅人サイファです。 今週からスタートした、【紅葉の京都ひとり旅】シリーズより、この日は朝一番で、京都随一の紅葉の名所を訪れました。 それがこちら!『大本山 東福寺』です。京都の数ある紅葉名所の中でも、『東福寺』の紅葉はやはり別格でした!写真とともにレポートしていきますね! 今回お世話になったお宿は京阪本線の清水五条駅近く。ここ東福寺も京阪本線で一本ですので、楽々アクセスでした。ちなみにこの日は、京阪本線沿いに行ったり来たりの行程にしたので、こちらを購入しました。 「京阪電車 京都1日観光チケット」! なんと800円で、出町柳駅~宇治駅・石清水八幡宮駅が乗り降り自由になるという素敵な…

  • 清水寺も徒歩圏内!『京乃宿 清水五条 呉竹荘』がおすすめ!【紅葉の京都ひとり旅】②

    こんにちは!旅人サイファです。 本日は、昨日よりスタートした新連載【紅葉の京都ひとり旅】から、お世話になったお宿をご紹介します。この時はこちらに3連泊させて貰いました。 それが…こちら!『京乃宿 清水五条 呉竹荘』さん!2019年12月にオープンしたばかりのようで、お部屋もまだピカピカです! 京阪本線の清水五条駅から徒歩5分ほど。JR京都駅からですとアクセスがちょっと面倒ですが、タクシー使っても15分ほどの距離です。 いやいや、何が素晴らしいってそのコスパ! ・朝食付き ・大浴場付き ・ウェルカムドリンク(アルコール含む) ・清水寺徒歩圏内 という素晴らしい条件を備えながら、なんとこの時の宿泊…

  • 京都『東寺』紅葉ライトアップが美しすぎて痺れる!【紅葉の京都ひとり旅】①

    こんにちは!旅人サイファです。 本日より新シリーズ始動!昨年秋に訪れた【紅葉の京都ひとり旅】の旅行記をお届けします。 実は12月の初旬の京都は穴場!紅葉狩り観光客のピークは11月末までですが、京都の紅葉は12月初旬まで充分残っているんです。混み合うピークを避けて、なおかつ美しい紅葉を愛でることができる!おすすめ時期なんです。今回は、三泊四日のひとり旅で京都の寺社と紅葉を堪能してきました! …12月の初旬、仕事を終えて新幹線に飛び乗りました。京都駅着は20時ごろ。まず目指したのは…こちら!世界遺産にも登録されている『教王護国寺』通称『東寺』のライトアップです! いかがですか!闇夜に浮かぶ東寺の五…

ブログリーダー」を活用して、旅人サイファさんをフォローしませんか?

ハンドル名
旅人サイファさん
ブログタイトル
旅人サイファのお出かけブログ
フォロー
旅人サイファのお出かけブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー