searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ナルシスト伊藤さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)
ブログURL
https://mandarabatake.hatenablog.com/
ブログ紹介文
B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介。
更新頻度(1年)

372回 / 365日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2019/08/29

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ナルシスト伊藤さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ナルシスト伊藤さん
ブログタイトル
デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)
更新頻度
372回 / 365日(平均7.1回/週)
フォロー
デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

ナルシスト伊藤さんの新着記事

1件〜30件

  • 【日常と非日常の分水嶺】怪奇蒐集者《コレクター》村上ロック【その場面転換を愉しむ】

    例えば、海水浴場。途切れることなく海に入っていく家族連れ。「立ち止まらないでください」と繰り返し叫び続ける監視塔。最早引き返す事もできなくなった所で、自分が踏みしめているのが海底の砂ではないことに気づく。それは折り重なった溺死体…(筒井康隆「幸福の限界」)。突然やって来る日常と非日常の分水嶺。ホラー映画や怪談の醍醐味はこの「え、ちょっと待って」な場面転換にあります。ページをめくった瞬間の語り口の妙。 「怪奇蒐集者《コレクター》村上ロック」(2017年/横山一洋監督) 前回が沖縄の怖い話だったので、今回は北海道は帯広市出身の怪談師・村上ロックで。怪異の入り口は親や幼馴染など身近な思い出話から。収…

  • 【ここ一番で作画崩壊】ひぐらしのなく頃に卒 #6【夏休みの宿題はパイソンスケッチ】

    圭一を守りたい(毎年綿流しの日に村にとって都合の悪い人間を殺すお社様の祟りから救いたい)という一念で雛見沢症候群を発症した(正確には沙都子にH-173を打ち込まれて強制発症させられた)魅音。暴走した魅音は詩音絞殺、勢い余って祖母お魎電殺(って言い方でいいのか)。てっきり司令塔だと思っていたお魎が死んで、圭一殺害の指令撤回ができなくなると焦った魅音は村の権力を握る御三家のコンプリート消去を画策。まずは村長の公由を呼び出して拷問。流石に爪剥ぎシーンは修正が入りましたが、事後の描写がエグいエグい。 指とか耳とか散乱しているじゃありませんか。 全てのリミッターが解除された愛の鬼神が雛見沢を駆ける。 「…

  • 【甘ロリvsゴスロリ】昭和極道怪異聞ジンガイラ/仁我狗螺【姦姦蛇螺の姉妹喧嘩】

    『アニキ、こいつは駄目だ。すぐ戻ってくれ』 『なに?』 『奴は箱入り娘だ。 侵入者を皆殺しにするように作られてんだよ!』時に昭和の中頃。場所は日本のとある森の中。森の所有者はヤクザ…と言っても博徒ではなく神農(劇中呼称は香具師)。つまり的屋の親玉。このフーテンの寅の元締めのような存在が、何故か呪術師とオーバーラップ。《香具師とは…薬草の神、神農皇帝を崇め、日本各地を旅しながら様々な呪術を身に着けて行った男達である》(オープニング・ナレーションより)いきなり大嘘ぶちかましてきましたが、そういう世界観と割り切りましょう。ヤクザの種類は博徒と香具師。そして香具師は呪術師。OK? 「昭和極道怪異聞ジン…

  • 【日々是顔面騎乗】女神寮の寮母くん。#1-2【腕ひしぎ逆十字列伝】

    今期オネショタ枠。あちこちタガの外れた(一部タガの締まり過ぎた)女子大生が集う野生の王国に迷い込んだ子羊(中学生男子)の「日々是顔面騎乗」な桃源百景。 「女神寮の寮母くん。/第1-2話」 (2021年7月15、22日BS11放送/中重俊祐監督) 自宅を火災で失った南雲孝士(なぐも こうし)は12歳にして宿無し金なし身寄り無しのプータローに(出火原因らしい父親はそのまま失踪)。拾い喰いして行き倒れていた孝士を拾ったのは近所から「ワケあり寮」と噂される星間女子大の学生寮「女神寮」の仮寮母・和知(わち)みねる(本人も女子大生)。孝士の特殊過ぎる事情を哀れんだみねると寮の住人は孝士を寮母として雇う事に…

  • 【邪王真眼登場記念】探偵はもう、死んでいる。 ♯3-4【眼帯ヒロイン選手権】

    『そんなのおかしいですよ、夏凪さん』 『そう? けどおかしい人が友達にいたらきっと楽しいって、最近はそう思うんだ』死に別れた名探偵シエスタの心臓は君塚君彦の同級生・夏凪渚の中で脈打っていました。助手・君塚との再会を願って。心臓の鼓動に導かれて再び巡り合った名探偵と助手。探偵はまだ、生きている。 「探偵はもう、死んでいる。/第3話・それが、唯にゃクオリティ|第4話・その瞳に視えているもの」(2021年7月26日深夜BS日テレ放送/栗原学監督) シエスタの心臓を受け継いで名探偵になると決めた夏凪。二人の前に現れた新たなる依頼人は中学生眼帯アイドル、斎川 唯(さいかわ ゆい)。どこから見ても中二病な…

  • 【ちょっと珍しい軍団抗争】沈黙の監獄【相棒はスティーヴ・オースティン】

    監獄で大暴れと聞くと、主人公は収監中(もしくは潜入中)で、降って湧いたアクシデントに巻き込まれて孤軍奮闘…なシチュを想像してしまいますが、そこはセガール、敵も味方も多数並べて動き最小、効果最大、歩留まり良好な最適解を常に計算。しかも相棒はスティーヴ・オースティン。働く、じゃない、負ける気がいたしません。 「沈黙の監獄」(2012年/キオニ・ワックスマン監督) 舞台は閉鎖の決まった軍の極秘施設。コンピュータも衛星通信機も電話も処分済。あとは僅かに残っている重犯罪政治犯を移送すれば撤収完了。仕切っているのは民間軍事コンサルタントのクロス(セガール)とマニング(スティーヴ・オースティン)。ここに何故…

  • 【フィギュア化記念】アメリカン・サイコ/パトリック・ベイトマン【斧映画選手権】

    マウントの取り合いから快楽殺人に手を染めるアホタレヤッピーの素晴らしき日常を描いた「アメリカン・サイコ」の主役、パトリック・ベイトマン(クリスチャン・ベイル)がまさかのアクションフィギュア化。 「アメリカン・サイコ/ パトリック・ベイトマン 1/6 アクションフィギュア」(アイコニックスタジオ謹製) 基本は「目の上のたんこぶ」状態なポール・アレンを斧でぶち転がした時のテラードスーツ&レインコートの顔面返り血仕様。 これだけでも十分大馬鹿野郎ですが、何と頭部差し替えでオールバックの日中仕様にも。ネイルガンも付属しているので後頭部狙い撃ちシーンも再現可。 小道具も充実していますが、特筆すべきは名刺…

  • 【ひぐらし×Re:ゼロ?】一分間タイムマシン【ついでに無限ループ選手権】

    僅か5分50秒。SF的状況は設定だけで突破できるというお手本です。 「一分間タイムマシン」(2014年/Devon Avery監督) とある公園のベンチ。ひとり座っている女性(エリン・ヘイズ)の前にひとりの男性(ブライアン・ディーツェン)。『隣、座っていい?』その手に持っているのは「一分間タイムマシン(ONE MINUTE TIME MACHINE)」。 口説き文句を間違えたら、ボタンひとつで一分前に戻ってやりなおし。「ひぐらしのなく頃に 業」で、沙都子がアタッシュケースのロックナンバーをアタリを引くまで死に戻って入力し直す、という描写がありましたが、あれの恋愛版。弱気が駄目なら強気で。好感度…

  • 【魅音遂に発症】ひぐらしのなく頃に卒 ♯4-5【トリガーは愛】

    梨花が繰り替えした100年の間、一度も雛見沢症候群を発症しなかった鋼のメンタル、園崎魅音。『そんな魅音さんが発症されたら、どんなお姿を見せてくださるのか…とても興味がございますわね』梨花100年の経験値をチャラにする悪魔の奸計。沙都子…恐ろしい子。 「ひぐらしのなく頃に卒/第4-5話・綿明し編 其の壱|其の弐」(2021年7月22日BS11放送/川口敬一郎監督) 圭一の雛見沢症候群発祥を阻止できず、レナも殺してしまったことに失望し(実際に雛見沢症候群を発症したのは圭一ではなくレナ)、包丁突き立てて自殺した梨花。梨花が使った包丁を使って後を追った沙都子ですが、カケラの上に戻っても、頸動脈を切った…

  • 【剃刀ワイパーで】デス・スピード【顔面ささらもさら】

    レース中に非業の死を遂げたレーサーが、地獄の底から里帰り。 「デス・スピード」(2009年/テリー・イングラム監督) 実にやる気のない邦題ですが、原題も「PHANTOM RACER」で捻り無し。子供の頃からあれやこれやと張り合っていたJJとカッターは揃ってレーサーに。JJがチームを移籍して名実ともに敵味方となった二人でしたが、レース中にJJがクラッシュ、カッターの車を巻き込んで炎上。カッターは焼死、一命を取り留めたJJはレーサーを引退。時は流れて17年。レーシングカーの配送トラック運転手になったJJは配送途中に故障したトラックを修理するため、生まれ故郷にピット・イン。JJとカッターが争っていた…

  • 【勝手に大妄想】TOKYO2020開会式の曲はこれだ!【せめて祭は景気よく】

    『あんたも向こう先の見えん男やのう。 上に吐いた唾、下に落ちんとでも思うちょるんか』 「県警対組織暴力」より。 いよいよ本日20時より東京オリンピック開会式が始まります。にしても、かつてここまでグダグダで不祥事続きでやる事なす事すべてが裏目に出た国際行事があったでしょうか。トドメ(かどうかはまだ分かりません。現時点で最新というだけで)が、開催三日前に開会式使用曲がお蔵入りという下痢腹に浣腸な大惨事。※全然トドメじゃありませんでした。何と本番前日に開会式の演出担当が解任。慰留から辞任という手順(回り道とも言う)を踏んだ音楽担当と違い、こっちはマッハ解任。世の中には決して踏んではならない地雷がある…

  • 【全曲英語吹替!】ゾンビランドサガ【第1期北米版BD-BOX】

    ♬Over and over…keep on standing up… (何度でも何度でも立ち上がれ) If you never give up the end can become a new beginning! (諦めなければ終わりは始まりへ変わる) Cruel and unfair as it may be, don’t let it get you down… (残酷で理不尽でも敗けないで) So that you can smile and wave goodbye…To all your hesitations! (立ち止まった日々に、笑顔で手を振り) And dream a n…

  • “クジョー”によろしく。 ファイナル・デッド

    叔父さんが所有していた離れ小島にバカンスに来たら、いらん置き土産が群れを成して歓待の宴。 「ファイナル・デッド」(2006年/ニコラス・マスタンドレア監督) 酷い邦題やる気も売る気も彼岸の彼方。相手は死神じゃないんだから、もちっと頭捻れよファインフィルムズ。因みに原題は「THE BREED」(繁殖)。飛行艇飛ばして島にやって来た男女5名。そこはジョンとマットの兄弟が幼い頃過ごした叔父の島。 かつては盲導犬の育成施設があったらしいが、今は閉鎖されて無人。まずはマルガリータで乾杯。美味しいですよね、マルガリータ。 飲んで泳いで食べて泳いでまた飲んで。その周囲を駆けまわる黒い影。まあ要するに「サンゲ…

  • 【清々しいまでの狂犬ぶり】CONFLICT ~最大の抗争~ 外伝 織田征仁 【第一章/第二章】

    『やれるもんならやってみろ。下向いて生きるぐれえなら上向いて死んでやろわ』「CONFLICT ~最大の抗争~ 第二章 終結編」観た後、第三章に駒を進めるか、キャラ立ち一番だった織田征仁(的場浩司)の外伝に行くか悩みましたが、結果オーライ大正解。妥協も躊躇も憐憫もない(しかし、義と筋は重んじる)本物の狂犬がそこにいました。 「CONFLICT ~最大の抗争~ 外伝 織田征仁 第一章/第二章」(2019年/藤原健一監督) 1作目に「第一章」の表記はありませんが、第二章と区別がつかなくなるので便宜上、1作目を「第一章」と表記しました。時間軸は本編「CONFLICT ~最大の抗争~」のちょっと前。所謂…

  • 【祝!1/6スタチュー発売】伊藤潤二コレクション/富江【OVA PART1/PART2】

    ANIMEGAMIスタジオという所が、「伊藤潤二コレクション」1/6レジン・スタチューシリーズという恐ろしい企画を立ち上げました。記念すべき第1弾は「川上富江」。頭部は2種類。ロングヘアが美しい「魔性」の富江と、左側頭部からもうひとつの顔が浮き出た妖(あやかし)の富江。足元にはバラバラに刻まれた「かつて富江だったもの」が散乱して食欲増進。全高34cm、税込74,800円で2022年2月発売予定。今回は永遠を生きる女、富江の立体化を記念して、「伊藤潤二コレクション」TV放送終了後にDVD特典としてOVA化された富江クロニクルを。 「伊藤潤二コレクションNo001/富江」「同No002/富江PAR…

  • 神の声を聞くという呪い。 怪奇蒐集者≪コレクター≫ 小原 猛

    以前ご紹介した「怪奇蒐集者≪コレクター≫夜馬裕」に連なる怪異語り。今回の語り部は、沖縄に語り継がれる階段や妖怪、民話、伝承などの蒐集をフィールドワークとしている小原猛。「琉球怪談」「琉球奇譚」「沖縄の怖い話」などの著作あり。本土とは空気感の異なる怪異の数々を聴かせて頂きましょう。 「怪奇蒐集者≪コレクター≫ 小原 猛」(2020年/横山一洋監督) 沖縄の怪異譚を際立たせているのがユタ(霊媒師)の存在。琉球王朝時代にはノロ(祝女)と呼ばれる女性の祭司(巫女ではない)がおり、地域の祭祀を取り仕切っていたそうですが、彼女らは王朝に任命された国家公務員。王朝の衰退と共に弱体化して1600年代に廃職とな…

  • これも一種のフランチャイズって事で…。 沈黙の逆襲

    ファーストフードに代表されるフランチャイズチェーンの利点は「想像通りのものが出て来ることを看板が保証してくれる」事。タルタルのかかったフィッシュフライのバーガーを頼んだつもりが、あんかけたっぷりのアジの丸揚げサンドとかが出て来たら美味い不味い以前に「いやそれは違うだろ」となります。セガールを注文して「余韻がない」だの「深みがない」だの言い垂れる人はそもそも入る店を間違えています。ただ、たまに火が通ってなかったり、ソースかけ忘れていたり、食材が傷んでいたりすることはあるので注意を怠ってはいけません。 「沈黙の逆襲」(2009年/キオニ・ワックスマン監督) 原題は「THE KEEPER」。「番人」…

  • 【その心臓は止まる事無く】探偵はもう、死んでいる。 ♯2【助手を求めて鼓動し続ける】

    『そこにいるのか? お前の助手になってから、俺がどれだけ大変な思いをしてきたか。謎の組織との頂上バトルが始まって、追手から逃げるように3年間も世界を旅する事になって、無一文でハリケーンの日も野晒しで寝て、たまにカジノで稼いだ日にはリゾートホテルのベッドで飛び跳ねて、やっぱり翌日からは貧乏で、砂漠を歩いて、ジャングルを抜けて、山を越えて海を渡って、それから…それから…何を先に死んでやがる…馬鹿』目の眩むような冒険の日々って、目の眩むような貧乏とサバイバルの日々だったんですね。 「探偵はもう、死んでいる。/第2話・今も、ずっと、憶えてる」(2021年7月12日深夜BS日テレ放送/伊藤史夫演出) 名…

  • 【LEGOに擬態したGLOCK19】BLOCK19/ブロック19【悪趣味の極み】

    米国の銃器メーカーCulper Precision社がレゴで作られた子供のおもちゃのようなピストルを製造しました。レゴで作られた本物そっくりのおもちゃ、ではありません。レゴで作ったおもちゃのように見える本物の銃です。ベースになっているのはオーストラリアのグロック社が製造したストライカー式ポリマーフレーム自動拳銃GLOCK19。 完璧な相似形。 アクション映画等での登場頻度も高く、日本でもお馴染みの銃です。どれくらいお馴染みかと言うと「ゆゆ式」でゆずこが手にしてしまうくらいお馴染み(グリップ部をタオル地にしたら、いざという時に踏みとどまれるんじゃないかという例え話で)。 ニューヨーク市警を始め、…

  • 【捨てキャラ無し】CONFLICT ~最大の抗争~/第一章 勃発編|第二章 終結編【オールスター殲滅絵巻】

    『組織よりも個人を優先する俺なんか、6代目の器なんかじゃありません』 『鷲尾、器ってのはな、自分で決めるもんじゃねぇんだぞ。…生きて帰ってこい』写真または映画の撮影において、被写界深度を深くする事によって、近くのものから遠くのものまでピントが合っているように見せる事を「パンフォーカス」と言いますが、この「近くのものから遠くのものまで」を「近くの者から遠くの者まで」に置き換えたら本作になるような気がします。 「CONFLICT ~最大の抗争~/第一章 勃発編|第二章 終結編」(2016年/藤原健一監督) オールイン エンタテインメント20周年記念作品。「東京都カジノ計画」の利権争いを背景に、やく…

  • 【妹は枯れ専】死神坊ちゃんと黒メイド #2【+割込ダンス選手権】

    『好き、大好き、愛してます。坊ちゃんしか見えません』毎回、締めは「ドストレート告白縛り」なんでしょうか。多幸感MAXです。 「死神坊ちゃんと黒メイド/第2話・坊ちゃんと執事と迷い猫」(2021年7月11日BS11放送/山川吉樹演出) 触れたもの全ての命を奪う呪いをかけられた坊ちゃんと坊ちゃんに仕えるメイド、アリスのキツイのに美しい日常を描く新作アニメの第2回。第1話では腰痛で「病欠」していた執事ロブが職場復帰。執事歴50年のベテラン。しかも、中の人は芳忠さん。もうこの人さえいればどんな敵が襲ってきても大丈夫な気がします。 『命尽きるまで、坊ちゃんに仕えますとも』 ただこの人、執事としては超人的…

  • 日本から呪怨をデリバリー。 ザ・グラッジ/悪霊の棲む屋敷

    ≪東京のある家では、無関係の人間が10人以上死んでいる。担当の中川刑事によると、殺人を引き起こしているのは「JUON」という呪いらしい≫おっと担当の中川刑事というのは、石橋凌の事ですね。 ちゃんと繋がっているじゃないですか。 「ザ・グラッジ/悪霊の棲む屋敷」(2020年/ニコラス・ペッシェ監督) 「貞子」の最新作に触れたのに伽椰子の最新作に触れないわけにはいきません。ちょっと分かりにくい邦題ですが、「呪怨」シリーズの最新作です(製作はサム・ライミ。清水崇監督は関わり無し。但し、一瀬隆重はタカ・イチセ名義で製作に参加)。時間軸は2004年の「THE JUON/呪怨」と、2006年の「呪怨/パンデ…

  • 自己破産。 貞子

    「さて…」観終わって考えをまとめるためにブランデーのお湯割り(角砂糖をお湯で溶かしてからブランデーを注ぐと美味しい)とか作ってみる。一口飲んで再び思考を戻す。「さて…」…この監督は何がしたかったんだろう? 「貞子」(2019年/中田秀夫監督) 原典「リング」生みの親による時間軸地続きの最新作…ではあるのですが。脚本、演技、演出、かつてこの3つがここまで見事に噛み合わない作品があったでしょうか(多分たくさんある)。超能力を持って生れて来た(と思われる)娘を貞子の生まれ変わりとしてクローゼットに監禁していた霊能者の母親は、何故貞子の存在を知っていたのでしょう(霊能者だから?)。何故娘を貞子の生まれ…

  • 【恐るべし疑心暗鬼】ひぐらしのなく頃に 卒 #3【過去最大出血量】

    鉈で餅つきした後、糸ノコで解体、ひとつひとつ丁寧にラッピングした死体を一心不乱に埋める女子中学生。 大地と生きる。昭和の田舎のスローライフ。 「ひぐらしのなく頃に 卒/第3話・鬼明し編 其の参」(2021年7月8日BS11放送/北村充基、青柳宏宜演出) 沙都子にH-173を打ち込まれ、雛見沢症候群発症状態となったレナ。家族を守るため頑張って頑張って、父親を食い物にしようとしていたホステス、リナを屠って捌いて包んでポン。いい汗かいてひと仕事。しかし、心に渦巻く疑念がひとつ。死体を隠している所を圭一に見られた…に違いない。圭一の発言の全てがレナの犯罪を仄めかすように聞こえて…。駄目押しが刑事・大石…

  • 【日本にもあった禁忌の名前】シライサン【撃退法はにらめっこ】

    昨日ご紹介した「バイバイマン」はその名を口にするだけで、更には誰かが口にした名前を聞いただけでアウトでしたが、こちらは名前を知っただけでアウト。つまり、「聞く」に加えて「読む」も発動条件に。知ってはならない禁忌の名前、それは… 「シライサン」(2019年/乙一監督) 温泉旅館で怪談話を聞いた旅行者3人のうち2人が後日怪死。友人を目の前で亡くした女子大生・瑞紀(飯豊まりえ)と弟を亡くした青年・春男(稲葉友)。あまりに特異な死に方(眼球が内側から圧迫されて破裂、直接の死因は心筋梗塞)を不審に思った瑞紀と春男はもうひとりの旅行者・詠子(仁村紗和)の存在を突き止め「その名を知ったら死ぬ」という怪談の存…

  • 【考えるな!言うな!】バイバイマン【その禁忌の名前を】

    名前を呼んではいけないもの、というのがあります。大抵は場所とか回数とかの縛りがあって、簡単にやらかさないよう保険がついています。ビートルジュースなら3回、キャンディマンなら鏡の前で5回、とか。でもこいつは違います。1回でも口にしたらアウト。誰かが言うのを聞いただけでもアウト。ひとたび口に(耳に)したが最期、その言葉が頭から離れなくなり、やがてその言葉は妄執となって幻聴・幻覚を引き起こし…。出来る事はただひたすら念仏のようにこの言葉を繰り返すだけ。 『考えるな!言うな!』 Don’t Think It, Don’t Say It 口外法度の禁忌の名前、それは… 「バイバイマン」(2017年/ステ…

  • 【もっと勢いを…】チャーリーズ・エンジェル【2019主張優先版】

    期待値は限りなくゼロ。つまり、何か良い所があれば加点法で評価うなぎ登りと言う、ある意味ポールポジションスタートな作品だったのですが…。なんでしょう、この中途半端な不完全燃焼感は。 「チャーリーズ・エンジェル」(2019年/エリザベス・バンクス監督) まずCOLOMBIAのロゴマークをいぢらなかった時点でやや拍子抜け。背景の雲にカメラが突っ込んでいって爆弾魔が乗った飛行機に繋がる1作目OPのような映画的興奮を期待していたのに。諸設定が色々変わっているのはまるっとOK。 チャーリー探偵事務所が欧州にまで進出し、ほとんどMI-6みたいな組織になっているのもOK。 ボズレーが一種の役職と化して(007…

  • 【超展開プロローグ】探偵はもう、死んでいる ♯1【初回1時間スペシャル】

    『お客様の中に探偵の方はいらっしゃいませんか?』地上1万m。飛行中の旅客機でよく聞くアナウンス(チガウ)。偶然(?)搭乗していた「探偵」を自任する美少女(シエスタ)。偶然(?)その隣の席に座っていた「巻き込まれ体質」を自認する少年(君塚君彦)。『丁度良かった。君、私の助手になってよ』流れで探偵とその助手となった二人はCAに連れられて機長室へ。待っていたのはハイジャック犯でした。 「探偵はもう、死んでいる/第1話・お客様の中に、探偵の方はいらっしゃいませんか?|開幕、青春ラブコメ編」(2021年7月5日深夜BS日テレ放送/栗原学監督) ハイジャック犯と探偵が念波の代わりに言葉を飛ばし、推理と罠を…

  • 【いじらないで】死神坊ちゃんと黒メイド ♯1【からかい上手のアリスさん】

    『私、これからも作り続けます。朝食も、お昼も、夕食も。坊ちゃんのためだけに、ずっと…』恒例「第1話くらい観てみよう」夏の陣、1本目は、切なく可笑しくうらやましい純愛賛歌。 「死神坊ちゃんと黒メイド/第1話・坊ちゃんとアリス」(2021年7月4日BS11放送/山川吉樹演出) 5歳の時に魔女から「触れるもの全ての命を奪ってしまう」呪いをかけられた貴族の少年、坊ちゃん。その手が触れれば、動物は死に、花は枯れ、巨木ですら朽ち果てる。 家族からは疎まれ、本邸から離れた別邸に隔離され、訪れる者もいない。唯一、死を恐れず坊ちゃんの身の回りの世話をしてくれるのが、メイドのアリス。アリスの趣味は触れそで触れない…

  • 擬態。ACRO KAIJU REMIX SERIES最新作は「にせウルトラマン」

    2020年4月発売のメトロン星人以来、シリーズ自体「なかった事」にしようとしているのかと思えるほど、長い沈黙を保っていたACRO KAIJU REMIX SERIEがようやく新作告知。お久しぶりの最新作は、 「にせウルトラマン」(ソフビ製・塗装済・完成品) 「シン・ウルトラマン」の向こうを張る絶妙なタイミング(笑)。出典は勿論、ウルトラマン第18話「遊星から来た兄弟」のザラブ星人。 吊り上がった眼とブッチャーの凶器シューズにも似た足先が特徴で、誰が見てもニセモノと分かるいで立ちでしたが、今回のフィギュアはそれどころではない禍々しさ。ザラブ星人がウルトラマンに「変身」ではなく「擬態」した感じ。ウ…

カテゴリー一覧
商用