chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
サッカーおでんのブログ https://blog.socceroden.com/wp/

日本人の高い身体能力を活かすサッカー技術を紹介しています。偉大な選手達が使う技術を手に入れよう。

日本人の高い身体能力にあったサッカー技術が必要です。 今使っている技術は日本人には小さすぎる。 偉大な選手達が使う技術に変える時期がきています。 ブラジルからはロナウド選手、ロベルトカルロス選手。アルゼンチンからはマラドーナ選手。他にもガリンシャ選手等。無回転やシザース等も有り。 偉大な選手達の技術を改良した「おでん式(日本式)キック」で、W杯最多優勝国になりましょう。

サッカーおでん
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2015/02/27

arrow_drop_down
  • ボールが来ると慌てる人が確認したいこと

    ボールが来ると慌ててしまうことがあります。相手が来ると更に慌ててしまう。落ち着いてプレー出来ない人は、ボールが来ないことを願うかもしれません。ボールが来ると慌ててしまう人は1つ確認してください。

  • 歩く速さとドリブルの速さ

    ドリブルをするとき、足の速さを意識しますか。速く動くことを意識するあまり、リズムが崩れることがある。もし、心地よい速さが分からないなら、歩く速さを試してください。自分の速さが見つかるとサッカーが楽しくなります。

  • シュートの撃ち方を変える意味

    毎回同じようなシュートばかり撃つと、相手に対応されることが多くなります。試合で困らないように、普段から工夫しましょう。基本とする蹴り方を決め、それを変化させると面白いですよ。

  • 動作のお手本を何にするか

    サッカー選手が使う動き。何をお手本にしていますか。周りの動きを参考にする人や、別の何かをお手本にする人もいるでしょう。私なら、他の生き物をお手本にします。

  • 着地の仕方で体勢が変わる

    地面に何も問題が無ければ正常に歩けますが、雪のように歩行を困難にするものがある場合、歩き方を工夫した方が良い。サッカーでも着地の仕方が原因で体勢を崩すことがあります。どのような方法で着地していますか。

  • 身体の動かし方に違いが出る?

    ボールを扱うときに身体の動きを観察したことはありますか。人間が持つ機能は基本的に変わらないと思いますが、使用出来る範囲は変わるかもしれません。自分の能力を把握していますか。

  • ボールを加速させるトラップ

    トラップをするとき、ボールの勢いを吸収することを考えませんか。勢いを吸収するだけでは難しい場面が出てくるので、ボールを加速させるトラップも覚えてください。早送りするトラップを覚えるといいですよ。早送りするトラップのやり方は「早送り機能がついたトラップを覚えよう」にあります。

  • チームに勢いをもたらすシュート

    シュートを撃つとチーム全体に勢いを与えます。点を取れば味方が喜ぶ。相手に取られると下を向く人も出るでしょうか。全ての状況を跳ね返すのがシュートです。シュートを撃っていますか。

  • ドリブルの加速と減速

    ボールを動かすときは速さを意識しませんか。ゆっくりとしたドリブルよりも速いドリブルを目指す。速いドリブルは素晴らしいのですが、同じ速度だけだと相手が慣れてしまうことがある。ドリブルを武器にしたいなら、速さの変化が欲しい。

  • ボールを触る場所

    丁寧にボールを触るより、雑に触る方が実は良いのかもしれない。軸足の横でボールに触る。軸足の横に来る前に触る。軸足より後ろに来たら触る。色々な場所で触れますが、どこで触ることが多いでしょうか。

  • サッカー選手が最初に覚えたいこと

    サッカーを始める人が何を最初に覚えるか。色々な意見があると思いますが、一番大事なのはボールの芯を撃ち抜くことでしょう。芯を撃ち抜くことが出来れば他のことも出来るようになる。一番上達が早いのが、芯を撃ち抜くから覚える方法だと思います。

  • ボールを転がす

    ボールを転がすと回転がかかります。ただ転がるボールを見るのではなく、回転も観察する。回転も確認するようになれば上達が早くなりますよ。

  • 指導者の言葉遣いが選手の成長を止める

    集団でサッカーをしていると、周りの言葉に影響されることがあります。特に指導者の罵倒で選手の成長が止まることが多い。人格に問題がある指導者が指導者として存在出来ること自体、スポーツに対する冒涜でしょう。指導者の言葉遣いに注目していますか。

  • 蹴り足の動きを確認する

    ボールを蹴るときの足の動きが自然か。自分の動きを確認したことはありますか。動きが自然だとボールの質も上がります。まだ確認していない人は紙飛行機で試しましょう。

  • シュートが上手くなるとドリブルも上手くなる

    シュートが上手い選手はドリブルが上手くなります。ボールの芯を撃ち抜けると、ボールの芯をはずすことが出来る。芯をはずすことがドリブルで重要になります。ボールを小さく動かすなら、ボールの芯をはずすと良い。

  • 日本サッカーが戦う相手とは

    日本代表が結果を出すには、日本サッカー全体が強くならないといけない。真面目に努力すれば結果が出ると信じる人は多いかもしれない。日本人同士なら問題無いが、海外が相手になると不正とも戦う必要がある。今まで以上に日本代表は異常な審判と戦うことになる。

  • 相手を崩すルール、味方を守るルール

    試合で相手を崩したいと考えたことはありませんか。毎回同じ方法で崩そうとしても、相手は慣れてきます。同じ迷路を何度も遊ぶと攻略法を覚えるのと一緒ですね。毎回同じだと楽だが、変化されると難しい。これをサッカーでもしましょう。

  • ボールころんこ論で上手くなる

    サッカー上達法には、色々なものがあります。その1つであるボールころんこ論を試しましたか?まだ試していないなら、是非試してください。サッカー選手が知っておきたい内容ですよ。

  • 軸足をボールから遠ざける蹴り方は不利になる

    ボールを蹴るときに軸足をボールから遠ざけませんか。トラップしたあとに軸足を引く蹴り方は上達が遅くなります。サッカーが上手くなりたいなら、軸足をボールから遠ざけずに蹴る方法を覚えてください。これを徹底するだけで上手くなれますよ。

  • 点が取れ怪我をしにくい技術を身に付けよう

    試合が荒れると、相手を破壊する行為が発生することがあります。素晴らしい才能があっても、怪我をしたら活躍することは出来ない。結果を出すには健康である必要があります。サッカー選手として上手くなりたいなら、怪我をしない方法を考えましょう。

  • ドリブルではボールの動きに合わせる

    ドリブルをするときに、ボールを支配しようとしませんか。ボールを操ろうとするほど失敗が多くなる。ドリブルをするときは、ボールの動きに合わせることを意識してください。意外な結果になると思いますよ。

  • 足首を曲げてアウトサイドキックで蹴る

    シュートを撃つときに足首を伸ばすことがありませんか。(インステップキック)足首を曲げたままシュートを撃つことも可能です。特定の条件を満たさないとシュートを撃てない場合、勝ち点3が減るので注意しましょう。足首の状態に関係無くシュートを撃てるようにしてください。

  • シュートが怖い?なら近付こう

    相手のシュートが怖いときがありませんか。顔に当たりそうで怖くなるときがありますよね。もし、怖いなら相手に近付きましょう。離れるから危険になる。

  • シュート能力は、どこで判断すればいいのか

    シュート練習をする人は多いと思いますが、何を基準にシュート能力があると考えますか。何となくシュート練習をして、意味があるのか。せっかくシュートを撃つなら、自分の能力を伸ばす方法を選びたいですよね。ボールを蹴るときに注目したいのはボールが飛ぶ角度。

  • ドリブルではボールの動きに気を付けよう

    ドリブルでボールを動かすとき、何を意識しますか。ボールの動きを意識していない人は、他の人のドリブルを観察してください。特定の方向にしか動けないドリブルだと、出来ることが減ります。様々な方向にドリブル出来るように、ボールが動く角度を確認しましょう。

  • 日本代表のW杯優勝が日本国のお年玉。幸せの交換会をしたい

    日本代表がW杯で優勝することが私にとってのお年玉。お年玉を貰える年齢ではなくなりましたが、日本代表から貰いたいですね。男女共W杯で優勝すれば、定期的に優勝トロフィーが得られる。私の人生では周りに要求することが少なかったのですが、日本代表には積極的に求めたい。男子と女子、両方の優勝トロフィーが欲しい。

  • ドリブルが上手くなりたい人が確認したいこと

    ドリブルが上手くなりたいですか。ボールを自由に扱えたら楽しいですよね。なかなか上手く出来ない人は、1つ確認してください。もしかすると、大事なことを見落としているかもしれませんよ。

  • ボールを狙った場所に飛ばすには

    狙った場所にボールを動かしたい。ボールを扱うときに何を考えますか。身体の使い方を気にしても、ボールの扱い方が違うなら狙った場所には飛ばない。ボールを上手に扱いたいなら「サッカーおでん」を試すといいでしょう。

  • あけましておめでとうございます

    あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。新しい年。今年も良い一年になりますように。サッカーおでんのサーバーを引っ越す予定です。引っ越すときに、再び連絡します。

  • 選手の能力を制限するものとは

    サッカー選手として上手くなろうとしても、能力を制限されたら結果が出せない。指導者から妨害されると成長出来ませんからね。能力を伸ばす方法の一つにラボーナがあります。

  • 2022年のキック、2023年のキック

    来年までもう少し。今年のキックはどうでしたか。強烈なシュートが多かった人、曲げて決めるシュートが多かった人。人それぞれでしょうか。今年はW杯があったので、今まで以上にサッカー熱が高まったのではないでしょうか。

  • サッカー日本代表、森保監督再び

    森保監督が再びサッカー日本代表の監督になった。今までは手の内を隠して戦えましたが、今後は警戒される。前回とは違う戦い方が求められそうですね。日本代表が結果を出したため、今まで以上に審判等が日本代表を潰しに来るでしょう。

  • トラップを省略出来ないか考える

    直接シュートを撃てる場面でもトラップすることで勝負に遅刻してしまう。サッカー選手は、毎回トラップをしないといけないのか。考えたことはありますか。

  • 軸足を増やすと何が変わるか

    ボールを蹴るときに軸足を増やすことがありますか。軸足を増やすとは、軸足を連続で着地するという意味です。通常の着地では遅れる場合でも、軸足を増やすことで間に合うことがある。意外ではありませんか。

  • インサイドキックとアウトサイドキック、相性が良いのは?

    試合で使うキック。相性を確認していますか。インサイドキックとアウトサイドキック、身体に合った蹴り方はどちらでしょうか。指導者が下手で無能な場合、身体に合わない蹴り方を強制されることが多いです。蹴りやすいキックを選んでいますか?

  • 成長したいなら確認したいこと

    自分が成長しているか不安なら、過去の自分を思い出すといいでしょう。同じ場所で足踏みしていなければ問題ありません。足踏みについては迷路を考えると分かります。

  • シザースの動きで方向を変える

    身体の向きを変えるとき、どのような動きをするか。向きを変えるだけなら、その場で足踏みをすれば良い。日常生活では足踏みしても問題ありませんが、サッカーの試合では問題になる。なぜ、問題になるのか。答え、着地数が増えるから。

  • ボールを上手に扱うには

    試合中に様々なボールが来る。自分の理想通りの動きが出来るでしょうか。ボールを上手に扱うには、ボールの仕組みを知る必要があります。ボールの仕組みを知らないと浮き玉の処理で困ることが多い。

  • 指導者のせいで選手が下手になる

    ゴール前での動きが良くない場合、指導者の質を確認した方が良い。指導者のせいで選手が下手になることが多い。選手の場合、自分の指導者が上手いのか、指導者なら自分自身が正常か確認するといいでしょう。指導者が選手を潰すことが多いです。

  • サッカーで使う動きと普段の動きを同じにする

    試合で使う動作と普段使用する動きは同じですか。サッカーのときだけ特別な動きを使う選手は、活躍するのが難しい。なぜならば、切り替えに時間がかかるから。頭では分かっていても試合では反応出来ないことが多い。

  • サッカーの練習で大事なこと

    サッカーの練習はサッカーが上手くなるためにある。上手くなりたいサッカーとは何でしょうか。何かを上手くなりたいなら、その何かを知ることが大事。サッカーで大切なものとは。

  • W杯、決勝。敬意と悪意

    W杯の決勝。試合を観た人、これから観る人、どちらが多いでしょうか。アルゼンチン対フランス。まだ観ていない人もいると思うので、結果は書かず。

  • 日本サッカーでは5人抜きを普通にしたい

    日本国が男女共、W杯で最多優勝国になるには、5人抜きを普通にしたい。日本人の身体能力の高さと器用さを全面に出せるサッカーをすることが大事。日本サッカー界は、トラップにこだわり過ぎてシュートの知識が少ない印象。シュートの知識が足りないとドリブルの能力も下がってしまう。

  • 日本サッカーに必要なドリブルからのシュート

    ドリブルからのシュートを武器にしていますか。チーム全体で戦えないとき、自分一人で味方を勝たせないといけない。そのときに活躍するのがドリブルからのシュート。サッカー選手なら覚えておいた方が良いでしょう。

  • ドリブルで空間を上手に使うには

    パスだけのチームは、相手に怖さを与えない。今までパスだけだったのに、急にドリブルを入れると相手は驚く。相手をパスで崩すことにこだわらず、点を取ることを考えましょう。ドリブルも選択肢に入れましょう。相手ゴール前でドリブルをするには何が必要か。

  • 得点力や決定力を上げる方法

    得点力や決定力を上げるために何か工夫していますか。サッカーでは点を多く取った方が勝ちます。勝ちは自信を与えるため、積極的に勝ちに行きましょう。勝ち点3を狙うなら、シュートの回転を工夫してください。

  • ドリブルで遊ぶ

    この記事を書く前にボールで遊びました。何のためにドリブルがあるのか。私はシュートのためにドリブルがあると思っています。点を取ることを考えると自然と自分のドリブルが完成する。ドリブルは個性が出ますからね。

  • 上達に必要なものは仲間か

    サッカー上達に必要なものは何だと思いますか。色々なものが必要だと思いますが、今回は仲間について触れましょう。全て一人で出来るなら問題無いのですが、相手がいないと出来ないこともありますよね。例えば、一対一。サッカー仲間がいないと難しい。

  • ドリブルを求める人

    サッカーではシュートが必要です。シュートを撃つための手段としてドリブルがあります。ドリブルを大切にしていますか。ボールの扱い方を覚えるとドリブルも出来るようになります。

  • 成長出来たか判断する方法

    自分が上手くなっているのか知りたくありませんか。サッカー選手に必要な蹴る能力。点を取る能力が高い選手は様々な場面で活躍出来ます。点の取り方が分かれば、点を取らせない方法も分かりますからね。成長出来たか簡単に判断する方法がありますよ。

  • 速すぎる日本代表と遅いブラジル、クロアチア代表

    動くボールを見るとき、何を感じるか。意識に問題があると正常な判断が出来ません。目の前で起きていることを理解出来ていますか。速すぎる日本代表と、遅いブラジル、クロアチア代表。何のことか分かりますか。

  • 成長とシュートは似ている

    目の前にボールが転がってきたときシュートを撃てるか。シュートを撃てると思っていない人は、撃てずに終わるでしょう。常に準備が出来ている人は、目の前の幸運をつかめると思います。

  • 日本サッカーに必要なつま先を使うキック

    トーキック(トゥーキック)を使っていますか。つま先を使おうとすると指導者から否定されませんか。サッカーでは、つま先を使うことが認められています。それを指導者が勝手に禁止するのは間違いです。つま先が日本サッカーを強化するカギになるでしょう。

  • W杯2022年編。日本代表の続きと同窓会

    今まで一緒に過ごしてきた同級生と、別々の道に進むような寂しさ。ずっと一緒にいた感じがするから変な感じ。

  • 勝てた試合。ボールを奪う勇敢さ、シュートを決める勇敢さ。クロアチア戦。

    クロアチア戦前半から勇敢に戦う日本代表でした。遠慮がちな選手はいない。最初から勝つために11人がいましたね。安心出来る入り方。

  • クロアチア戦は10対0で勝つお茶目さが欲しい。過去の試合はフェイントだ

    私がクロアチア側なら、日本代表の今までの戦い方から前半に一気に勝負をかける。後半に逆転されることを警戒し、大量得点を狙う。日本代表が後半で逆転してきた過去がクロアチア代表への圧力になる。単純に考えるなら後半の逆転を警戒して前半勝負。

  • 勝ち点3を取るために審判の癖を観察しよう

    審判の癖を観察する意味はあるのか。正常な環境で試合が出来るなら、審判の癖を観察する必要はないと思います。ただ、W杯のように異常な環境で試合をする場合、審判の癖を知らないと困るでしょう。

  • 圧勝出来たはずの試合。スペインの不器用さと判断の遅さが目立つ

    スペインのトラップが大きくなり、それを日本が奪う場面や、日本側の圧力に焦り、キックを失敗する場面があった。また、相手ゴールキーパーへの圧力で技術が乱れた場面もあった。(たしか前田選手の圧力だったはず)

  • もうすぐ、スペイン戦が始まる。

    ドイツ戦のように勇敢に戦い、勝ち点3を獲得して欲しい。日本ボールになったら、シュートを忘れずに積極的に撃ち続けて欲しい。普段の投稿時間と試合の時間帯が近いため、通常よりも早めの投稿。

  • スペイン戦は10対0で勝て。ドイツ戦の勇敢さを思い出せ

    もうすぐスペイン戦があります。スペイン戦はドイツ戦のときのように勇敢さを全面に押し出したい。そして、勝ち点3を得たい試合。ドイツ戦のときの勇敢さを思い出して、スペイン戦でも勝点3を取りに行く。

  • 誰よりも早く勝ち点3を積み重ねることが成長の秘訣

    サッカーが上手くなるには勝ち点3が必要です。自分の力だけで得られる勝ち点3と、皆の力が必要な勝ち点3があります。個人の時間で獲得する勝ち点3と、試合で獲得する勝ち点3と言えば伝わるでしょうか。両方大事ですよ。

  • サッカーのぶつ切りは成長を止める

    サッカーの試合に必要なシュート。一番大事なのがシュートです。得点するためにパスがある。このことを忘れてパス回しばかり練習すると、試合でシュートを忘れてしまう。勝ち点3を得るにはシュートが必要。自分で撃てると判断する練習が足りないと、狙えるときに狙えない。

  • シュートを忘れたコスタリカ戦。ボールを保持しない方が強い?

    日本側。アウトサイドで勝負に間に合うプレーがあった。賢いプレーがあるのがいいですね。浮き玉の処理で気になったこと。周りに相手がいないときは、胸トラップしてから足でパスするといいかもしれない。

  • コスタリカ戦は10対0で勝つつもりで戦いたい。自信と勇敢さが大事

    コスタリカ戦が始まります。ドイツ戦に続き勝ち点3が欲しい。得点はチームに自信と勢いを与える。それを見た未来の日本代表にも良い影響を与えます。サッカーの新しい歴史を作るために、勝ち点3が欲しい。

  • シュートを撃つ。トラップは勝負の先送り、トラップの弱点とは

    試合で自分にボールが来る。そのまま撃てば相手は反応出来ない。一度トラップすれば、相手は反撃の機会を得る。トラップをすると扱いやすいボールになるが、これは相手にとっても同じ。相手に守備を整える時間を与える。

  • シュートを撃つ意味、決める大切さ。我が子を守るサッカー

    ドイツ戦、日本が勝ちました。シュートを撃つ大切さが分かる試合でしたね。また、シュートを決める大切さを教えてくれる試合。味方を救うためにシュートを撃つ。味方を助けるためにシュートを防ぐ。学ぶことが多い試合でした。

  • 得点が足りないドイツ戦。日本の勝利とクラマーさんへの報告

    前半、相手の顔が崩れていた。ドイツ側の表情から自信を失っていることが分かる。ただ、PKで点を取ってから表情が回復したように思える。日本側が逆転し、優位に戦いたい。

  • W杯、10対0で勝つつもりで戦おう。絶対王者としての自覚が大事

    W杯とは、世界一の親バカを決める大会。つまり、日本(うちのこ)が一番(さいきょう)。日本代表の試合。応援する側も本番。10対0で勝つつもりでシュートを決めたい。絶対王者としての自覚を持って戦いたい。シュート、シュート、シュート。味方を救うのがシュート。味方を守るのもシュート。

  • 身体の勢いを活かすシュートを撃とう

    身体が進む勢いをシュートに活かしていますか。衝突力のある走りからシュートを撃つ。強烈なシュートを決められたら気持ちが良いですよね。今回は身体の勢いをシュートに活かすコツを紹介。

  • ドリブルの一歩を大きくしよう

    ドリブルをするときに細かく触ることを意識しませんか。細かく触るのもいいですが、一歩を大きくすることも意識しましょう。一歩が小さいと、たくさんドリブルをしても前に進めません。密集地帯でドリブルをする回数より、ボールを奪ってカウンターの形になる回数の方が多いと思います。一歩が大きいドリブルが出来ますか。

  • 蹴りにくいボールをシュートするコツ

    動きながらシュートを撃つとき、蹴りやすい場所にボールが無い場合もあります。蹴りにくいボールを修正すると相手が守備を整える。勝負に間に合うために難しいボールをシュートするなら、蹴り足の膝を前に引き抜く蹴り方がおすすめです。

  • サッカーに向いている性格

    サッカーに向いている性格はあるのか。どう思いますか。試合では、お互い失敗します。絶対に失敗したくないと考える性格だと、サッカーは難しいでしょう。これで答えが出ましたね。成功するために失敗を増やせる性格がサッカーに向いています。

  • もっとシュートが欲しいカナダ戦

    谷口選手でしょうか。アウトで良いボールの動かし方をしていましたね。一回でボールと身体の向きを変えましたね。最初から凄い。

  • ドリブルで曲がるタイミング

    いつ、ドリブルで曲がるか決めていますか。ボールを触るとボールの動きが変化します。ドリブルが上手くなりたいなら、曲がりたいときに触るといいですよ。無駄に触るのではなく、意味のあるドリブルをしましょう。

  • ボールで自分の知識を確認する

    サッカー選手が持つ知識は、どこから来るでしょうか。自分で見つけたものや、指導者から聞いたものが多いでしょうか。周りから聞いたことを、そのまま受け入れる。これは素晴らしいことですが、相手が悪意を持っている場合、困ったことになります。まだ自分の知識を確認していないなら、ボールで実験するといいでしょう。

  • 止めずに蹴る大切さ、いつ止めるのか。勝ち点を増やす思考

    サッカーの基本として、止める蹴るがあります。止めるはトラップになるでしょうか。蹴るはシュートでしょうか。止めるばかり考えると勝ち点が減りますよ。勝ち点を増やすことを考えていますか。

  • W杯が近付く。日本代表の勝利は日の丸への敬意が生み出す

    もうすぐW杯が始まりますね。本番への準備が出来ているでしょうか。応援する側も結構準備が必要でしょうね。

  • シュートを撃つまでの時間

    ボールが自分に来てからシュートを撃つまで、どれぐらいの時間が必要か。自分の能力を確認すれば、成長出来たか分かります。今の自分の能力が分かりますか。

  • サッカーで使う陸上とは違う速さとは

    速さで勝負するとき、相手の能力で結果が変わることがありませんか。相手の足が遅ければ勝てるが、速ければ勝てない。単純に考えると当たり前ですが、それが正しいとは限りませんよ。相手との能力差で勝負するのではなく、相手を利用する戦い方を覚えましょう。

  • シュートの動作を止めて確認する

    シュートを撃つときに止めることは出来ますか。軸足を踏み出す、蹴り足を後ろに引く、ボールの近くに蹴り足を持ってくる、ボールを蹴った後に足を振る。色々な動作のときに止めてみてください。

  • 身体の向きを変える

    ボールの動きに合わせて身体の向きを変えるとき、どのような方法を使っていますか。身体の向きを変える方法を、どのように分けるか。今回は着地数で考えましょうか。一気に方向を変えるか、それとも何度も着地して方向を変えるか。どちらを採用していますか。

  • サッカーで満足出来る時間

    満足出来る時間がありますか。ボールを思い通りに扱えた、シュートを決めた。相手のシュートを防いだ。色々ありますよね。理想的な結果になると満足出来ます。普段から満足出来ていると、試合でも落ち着けるかもしれません。

  • サッカー情報の正しさ

    サッカー選手が受け取る情報が正しければ、正常な早さで成長出来るでしょう。しかし、悪意の込められた情報しか得られない場合、正常に成長出来ないことが多いです。自分が得る情報に悪意が含まれていないか確認しましょう。

  • ドリブルの速度調整

    ドリブルで速度調整が出来ますか。自動車が分かりやすいですが、速度調整が出来ないと事故が起きます。格好良いドリブルを目指す前に、安全に使えるドリブルを目指しましょう。怪我をしないことが活躍する秘訣です。

  • 指導者との答え合わせで成長する

    サッカーには正解があるのか。正解は状況によって変わるかもしれない。何が正解になるか分からない場合は、様々な考え方を知る必要がある。それを伝えるのが指導者の役割。

  • 指導者の発言を確認する癖と上手さの関係

    サッカー選手として上手くなるために、指導者の発言を信じる人は多い。内容が正しければいいのですが、間違いもあるかもしれない。それが正しいか不明なときは、自分で確かめるしかない。知らないことに触れるときは、それが正しいか確認する癖をつけましょう。

  • 勝負に遅刻しないサッカーとは

    勝負に間に合うサッカーをしていますか。丁寧なサッカーを目指すと、どうしても勝負に遅刻してしまう。勝負に間に合うことを優先すると、美しさが減ってしまう。サッカーが上手くなりたい人は、どうすればいいのか。

  • サッカーで考えたい速さのこと

    試合中に速く走ることを考えていませんか。相手よりも速く動くために加速する。加速するのは正しいのですが、常に加速していると反応が遅くなります。これ、意外ではありませんか。

  • サッカーで使う特別な速さとは

    速さを使うとき、自分が速く動けば良いと考えていませんか。サッカーには2つ速さがあります。1つは、通常の速さ。もう1つが、特別な速さ。2つの速さを使えていますか。

  • ドリブルが上手くなる触り方

    ドリブルが出来ると自分の力で有利な状況を生み出せます。まだドリブルを覚えていない人は、早めに覚えるといいでしょう。いつボールを触るかが分かると、ドリブルが上手になります。

  • 蹴り足を振り回す蹴り方は間違いなのか

    足を振り回すように蹴るのは間違いなのか。実は、間違いではない。シュートが枠の上に飛ぶ選手ほど試すといい。足を振り回すように蹴ると、低く強いボールになる。

  • 自分が持っているものを使う

    すでに持っているものを使用すれば、準備に時間がかかりません。これから覚える方法でボールを蹴るよりも、すでに出来ていることを使ってシュートを撃ちませんか。自分が持つものを使うことは、自分の能力を把握することにも繋がります。

  • サッカーのシュート。正しい足の振り方とは

    ボールを蹴るときに足の振り方を意識しますか。自分の足を自由に振るのか、それとも指導者に指定された方法で振るのか。サッカーが認めているのは、どのような蹴り方でしょうか。正しい足の振り方が分かりますか。

  • 疲れると足首が固定出来ずシュートが撃てない

    疲れがたまると足首を固定出来ず、シュートが撃てないことがありませんか。結構大変ですよね。足首を曲げた状態で固定する場合や、足首を伸ばした状態で固定する場合もある。W杯の決勝後半ロスタイムでも自信を持ってシュートを撃つには、何が必要だと思いますか。

  • 上達を妨害される環境とは

    サッカー上達を目指して、日々練習している人は多いでしょう。同じように練習しているつもりでも差がついてしまう。なぜでしょうか。1つの可能性として、上達を妨害される環境にいるからがあるかもしれません。

  • やり方を忘れたときに備える

    新しく覚えたことを忘れたことはありませんか。少し前に覚えたことを忘れ、思い出すのに時間がかかる。サッカーで困らないためにも、覚えたことは記録するといいでしょうね。覚えたことを記録していますか。

  • 足首の角度とくるぶしの位置

    足首を曲げ伸ばしするときに、指の付け根とくるぶしの位置を確認したことがありますか。足首をどの程度曲げるかで指の付け根は変わりますが、くるぶしの位置は変わりません。変化しやすい場所と、変化しない場所。目印にするなら、どちらを選びますか。

  • 足首の固定とドリブル

    ドリブルをするときは足首を固定しますか。シュートのときは固定する人が多いと思いますが、ドリブルではどうでしょうか。私の場合、シュートもドリブルも固定しません。固定してもいいし、しなくても良い。

  • ボールの壁当てでシュートを磨く

    ボールを壁に当ててシュートを磨く。毎回丁寧に止めてから蹴るよりも、多少荒れたボールを蹴る方がシュートが上手くなりそう。自分で蹴ると、跳ね返ってくるボールを決められるので良いですね。

  • ドリブルの作業量を減らす

    ドリブルをするとき、作業量を減らしていますか。速い状態から遅くなり、再び速くなる場合、作業量が減ると便利です。一度停止して再加速するドリブルが上手くいかないなら、停止しないドリブルを試すといいでしょう。

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、サッカーおでんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
サッカーおでんさん
ブログタイトル
サッカーおでんのブログ
フォロー
サッカーおでんのブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用