searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
サッカーおでんのブログ https://blog.socceroden.com/wp/

日本人の高い身体能力を活かすサッカー技術を紹介しています。偉大な選手達が使う技術を手に入れよう。

日本人の高い身体能力にあったサッカー技術が必要です。 今使っている技術は日本人には小さすぎる。 偉大な選手達が使う技術に変える時期がきています。 ブラジルからはロナウド選手、ロベルトカルロス選手。アルゼンチンからはマラドーナ選手。他にもガリンシャ選手等。無回転やシザース等も有り。 偉大な選手達の技術を改良した「おでん式(日本式)キック」で、W杯最多優勝国になりましょう。

サッカーおでん
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2015/02/27

1件〜100件

  • サッカーで指導者が間違いやすいこと

    答えには、正しい答えと正しくない答えがあります。正しさを問われるときと、そうでないものを問われることがある。サッカー選手なら、指導者が間違いやすい部分を事前に確認しておきましょう。

  • [紹介]ゆっくりとした動きを試す

    動きを意識するとき、遅い動きも試していますか。速い動きを追求する人は多いと思いますが、遅さも確認してください。上手くなれないのは速い動きを繰り返すからかもしれません。

  • 指導者に言われたこと以外も選択肢に入れる

    サッカー選手は指導者に色々言われると思います。「何かをしろ」とは「その何か以外はするな」と言われていると考えることも出来ます。指導者の判断は常に正しいのか。

  • 蹴り方選びが大事、最初の武器で攻略のしやすさが決まる

    ゲームでは武器を選べますが、サッカーでは蹴り方を選べるのか。指導者が言う蹴り方しか知らないのでは?選択肢が無ければ選ぶことすら出来ない。これでは困る。

  • [13日分]足首の固定は必要か?

    ボールを蹴るときに足首を固定しろと言われると思います。固定すべきだという考えがあるなら、固定しなくても良いという考えもあるでしょう。私が読んだ本にはブラジルでは足首を固定しないとありました。

  • 指導者が勘違いする正しい蹴り方とは

    サッカーを始めたときに言われるのが「正しい蹴り方」だと思います。正しい蹴り方をするために練習することが多くありませんか。指導者が言う正しい蹴り方は間違っているかもしれませんよ。

  • 地面を蹴る理由とシュートが入らない理由

    サッカー選手の悩みの中に、地面を蹴ってしまう、シュートが入らないがあるかもしれません。この2つの悩み。実は同じではありませんか。

  • [紹介]インサイドとアウトサイドの回転

    サッカーで使う回転を意識したことはありますか。日本人選手が頻繁に使うのはインサイド回転でしょうか。今回は横回転について紹介します。

  • 得意なボールを増やすと上手くなる

    得意科目が増えると得点源が増える。得意なボールが増えると得点数が増える。自分が得意なボールを把握していますか。

  • [紹介]ボールをスネで転がす[シュートが上手くなる]

    ボールの芯を撃ち抜けるようになるとサッカーが上手くなります。芯が分かることで出来ることが増えます。ボールの芯は一生使える正しい答え。芯を撃ち抜けるようになるとドリブルやトラップも自然と上手くなります。

  • 指導者が売る技術と自分専用のサッカー技術

    サッカーを始めるときは技術を意識します。誰かから学ぶことが多いでしょうか。自分専用のサッカー技術と、お店で売られている商品があったとき、どちらを選びますか。

  • 指導者が見落とす動きやすい方向と苦手な方向

    サッカーの試合では様々な方向へ移動します。普段の生活では使用しない動きもあるため、試合が始まる前に確認していると安心出来ます。指導者が見落としやすい、動きやすい方向と苦手な方向を意識するといいでしょう。

  • [紹介]足を加速させ始める位置を考える

    ボールを蹴るときの足の動き。どこから加速させ始めますか。最初から加速させる人が多いでしょうか。強いシュートを撃つために最初から加速する。こう考えるのも良いと思います。

  • ボールが飛ぶ方向と足の振り

    ボールが飛ぶ方向と足の振りの関係を意識したことはあるでしょうか。蹴り足の向きや軸足のつま先をどうするか。身体のことを意識している人ほど、ボールの飛ぶ方向との関係を考えて欲しい。

  • [紹介]右足と左足を使って歩く。正しいインサイドキック

    身体の使い方を意識する人は足に注目したことはありますか。歩くとき、右足と左足を交互に使います。同じ動作でも右足で行うか、左足で行うかで意味が変わります。意識したことが無い人や、既に意識している人も確認しましょう。

  • 胸トラップで考える指導者の表現力の問題

    トラップをするときは何を意識するか。今回は胸トラップで考えましょうか。胸トラップをするときに胸を後ろに引く。この言葉を聞いて、どのようなことを想像しますか。

  • ボールと止まるときと進むとき。トラップは必要か?

    ボールを止めることをトラップと考えるなら、進むことはドリブルになるでしょうか。今回は止めることに触れます。トラップが大事だと言われることがありますが、本当でしょうか。一度考えてみませんか。

  • [紹介]おすすめのサッカー動画

    サッカーが上手くなりたい人におすすめの動画があります。上手くなるために必要な考え方を紹介する動画。見るだけでも上手くなれるのでボールを扱う時間が取れない人でも安心です。

  • 地面を蹴るか不安な人が確認したいこと

    ボールを蹴るときに、地面を蹴ったことがありますか。地面を蹴らない方法を質問しても「練習、練習」としか言われない。そんな人は、蹴り方を見直すといいでしょう。地面を蹴りやすい蹴り方を選ぶと、自分の能力を発揮出来ませんよ。

  • ドリブルのやり過ぎ?歩く動作で不具合を解消する

    運動不足になると身体に痛みが出ることがある。解決方法は個人によって異なると思います。不具合が小さい場合、私は歩く動作で確認するようにしています。

  • [紹介]いつもの練習でも発想を変えると楽しさが見つかる

    サッカーの練習で同じことを繰り返しても楽しくないでしょう。自分で練習内容を決められるなら、発想を変えるといいです。貴重な時間を退屈なことに使うのではなく、サッカー上達のために使いましょう。

  • ボールの扱い方でシュートを予測する

    ボールの扱い方に興味を持っていますか。身体の使い方だけでなくボールの扱い方も覚えてくださいね。ボールのどこを触れば、どこに飛んでいくのか。これが分かれば、相手が触ったボールから何を狙っているのか予測出来ますよ。

  • [紹介]裸足で触るボールと靴下で触るボール

    裸足で触るボールと靴下で触るボールの違い。裸足だとボールとの距離が近いため、結構面白い動きになると思います。靴下で触ると少し距離が離れるため、ボールの動きが滑らかになるでしょうか。

  • ボールを来ると慌てる人が確認したいこと

    ボールが来たら慌てる人は、一人ならシュートを撃てますか。自分がシュートを撃つまでの姿を想像出来るでしょうか。能力の低さが忙しさを生むので、シュート能力が十分か確認しましょう。

  • シュートで慌てるのは移動距離が長いから

    シュートで慌てる人は移動距離が長くないか確認してください。慌ててしまうから失敗するのではなく、忙しいから上手くいかないのかもしれません。移動距離が長くなると様々なことで慌てやすくなりますよ。

  • [紹介]何度か試すとボールの動きを予測出来る

    動くボールの芯を撃ち抜くには未来を予測出来た方が良い。未来予測はシュートの質を高めます。ボールの動きを予測する遊びで上手くなるといいでしょう。

  • シュートのタイミングを変える、予測をはずす意味

    単純なシュートでは、いつ飛んでくるか予測されます。しかし、タイミングを変えることで予測されないシュートになります。予測出来ないプレーは透明人間になるのと同じです。ぜひ、覚えましょう。

  • シュートと身体の向きの関係

    シュートを撃つときに身体の向きを気にしませんか。身体の使い方を重視するチームはシュートが下手になるかもしれません。未来を予測されやすい蹴り方をする選手は試合で苦戦するでしょう。

  • [紹介]トラップを練習する前に意識したいこと

    そのトラップ、必要ですか?シュートを撃つためにトラップを使う。トラップをするために試合をするのではない。そのまま撃つのが難しいからトラップを入れる。

  • シュートコースと身体の向きを変える

    シュートを撃つときに、どこに飛ぶか分かる蹴り方だと対応されやすくなります。単純に蹴るだけではなく、少し工夫しましょう。狙い通り蹴るシュートと、失敗するシュートを組み合わせると面白いです。

  • [紹介]足の甲を見る意味。シュートが上手くなる秘訣

    シュートがはずれる人は足の甲を見てください。インステップキックで使う部分を観察すると面白いことが分かります。足の甲で一番高い部分を探し、その位置を確認します。

  • 自分の良さと相手の良さを組み合わせる

    自分の良さが分からないなら、周りの良い部分を探すといいです。何か凄いと感じたことを自分も取り入れる。相手の良さを取り入れ続けることで自分の良さになります。

  • [紹介]シュートを速く撃つためにボールとの距離を考える

    「シュートを速く撃つためにボールとの距離を考える」とサッカーが上手くなります。誰よりも速くシュートを撃てるなら余裕を持って戦えます。周りを確認しても相手が近付く前に撃てるでしょう。

  • シュートの幅を広げるとサッカーが上手くなる

    シュートの幅が狭いと習得出来るものが減るでしょう。シュートの幅を広げると自然と色々なことが身に付きます。ドリブルはシュートとは別なのか。トラップはドリブルとは別なのか。

  • [紹介]ボールの飛ぶ方向を鉛筆と消しゴムで予測する

    「ボールの飛ぶ方向を鉛筆と消しゴムで予測する」の紹介。シュートが変な方向に飛ぶ人は、鉛筆と消しゴムで動きを予測するといいです。「ボールの飛ぶ方向を鉛筆と消しゴムで予測する」ことで選手としての能力が上がります。

  • 扱えるボールの範囲が広いほど有利になる

    サッカーでは扱えるボールの範囲が広くなるほど有利になります。自分が扱える空間とは、自分が作業を出来る空間のこと。広い学習机なら勉強がしやすいですが、爪楊枝(つまようじ)の先では文字が書けませんよね。

  • [紹介]指導者が禁止する理由から良いものを生み出す

    指導者が禁止する理由から新しいものを生み出す発想を試したことがありますか。禁止する理由が分かれば、それを解決した新しい方法が見つかります。周りが禁止されたままならば、自分だけが有利に戦えるでしょう。

  • 表示が早くなった。遅くなる原因を特定出来たかも

    表示速度を遅くする原因を特定出来たと思います。設定等を変更したときに、知らない間に何か見落としをしていたと思ったら違った。ブログの下に表示させていたYouTubeの動画と何かを削除したら改善した。

  • 作業が終わる。設定等の変更を試す

    今日は設定の変更を試します。改善されるか不明ですが試してみる。作業が終わってから調べたが、前に簡単に調べたときと同じような感じだった。

  • ゆっくりとした動きを試す

    速く動くことを意識する人は多いと思いますが、ゆっくり動くことを意識したことはあるでしょうか。速さを追求するなら遅さも試すといいです。特にキックの場合は足を速く振るだけでなく、ゆっくり振ることも試してください。

  • インサイドとアウトサイドの回転

    インサイドキックとアウトサイドキックで蹴ると回転がかかりませんか。横回転では正確な情報が伝わりません。インサイドで蹴ったときの回転と、アウトサイドで蹴ったときの回転。

  • ボールをスネで転がす

    ボールをスネで転がす。転がすことで芯の位置が分かります。初心者でも反応が分かりやすいのでおすすめ。

  • 足を加速させ始める位置を考える

    ボールを蹴るときに足を加速させ始める位置を考えたことはありますか。強いシュートを撃つために早めに加速させる人もいると思います。ただ強く蹴るなら加速させ始める位置を意識する必要はありませんが、キックフェイントを使うなら話は別です。

  • 右足と左足を使って動く

    右足で右に曲がる、左足で左に曲がる。身体の使い方を気にしている人は右足と左足での移動を意識したことがあるでしょうか。既に意識している人や、まだ意識していない人も足に注目してください。

  • おすすめのサッカー動画

    おすすめのサッカー動画を紹介。サッカー上達のために必要な考え方を扱ったものが中心。(最近サイトとブログの表示速度が遅いためYouTubeの動画を紹介)まずは、ボールの芯を撃ち抜くと芯をはずすが分かりやすい下の動画。

  • いつもの練習でも発想を変えると楽しさが見つかる

    似たような練習ばかりだと作業をするだけになります。単純作業の繰り返しだと楽しさが見つからない。そんなときは発想を変えるといいです。

  • 表示速度が改善しただろうか

    何かの更新を行ったらサッカーおでんの表示速度が改善したような気がする。これで少しは快適になったはず。少し前に更新を行って改善したはずが再び遅くなった。

  • 裸足で触るボールと靴下で触るボール

    寒い時期は靴下を履くのでボールとの距離が遠くなります。裸足だとボールと一番近くなる。同じ靴下でも重ねて履くと感覚が違いますよね。感覚の違いを使ってボールを楽しむのもいいでしょう。

  • 何度か試すとボールの動きを予測出来る

    つま先に当たったボールの動きを予測出来ますか。ボールの未来を予測出来たら、次に何をすべきか判断出来ます。何も知らない状態から何度も繰り返して感覚を掴むよりも、一度反応を確認してからボールで試した方が成長が早いです。

  • アジア最終予選、ベトナム戦を見逃す

    2022年3月29日。ベトナム戦がありました。見逃した。前回の試合で最後と勘違いしていた。

  • トラップを練習する前に意識したいこと

    トラップ練習をする前にシュートを意識していますか。点を取るための時間が、ボールを止めるための時間になっていませんか。ボールを自由に扱うために工夫するのは正しいのですが、そのやり方に気を付けないといけません。

  • 足の甲を見る意味と表示が早くなったこと

    今日は足の甲を見る意味と、表示が早くなった話。足の甲を見ると面白い形をしている。この形を理解してボールを扱うと良いシュートが撃てるでしょう。

  • シュートを速く撃つためにボールとの距離を考える

    シュートを撃つまでが遅い人は、ボールとの距離を見直してください。同じ足の速さでもボールとの距離が遠くなるほど蹴るまで時間がかかります。走る距離が長くなるとゴールするまでの時間が伸びるのと同じですね。

  • ボールの飛ぶ方向を鉛筆と消しゴムで予測する

    シュートが変な方向に飛ぶ人は、ボールの動きを予測するといいです。鉛筆と消しゴムがあれば出来るので、時間があるときに試してください。指だけでもボールの飛ぶ方向を予測出来ますよ。

  • アジア最終予選、オーストラリア戦、日本が勝つ

    2022年3月24日。オーストラリア戦がありました。地上波での放送は無し。数字を見ると2対0で日本の勝ち。数字を見ると2対0で日本の勝ち。

  • 指導者が禁止する理由から良いものを生み出す

    これは駄目、あれも駄目、お前も駄目では何も進歩しない。現在の能力で問題無いなら駄目だとは言われない。指導者が何かを禁止するなら、その理由から新しいものを生み出すと良い。

  • 答えが分かる伝え方をしよう

    伝え方を変えることで選手とボールの反応が早くなります。試験問題が分かりやすいです。正解を1つに絞れる問題が普通です。(ただし、複数回答等は除く)正解が複数あるような問題は出題者側の失敗となり、受験生全員が正解扱いになるでしょう。

  • 身体の使い方だけだと自分の能力を制限してしまう

    試合中の動作に問題があるか確認したことはありますか。滑らかな動きが出来ないなら、一度動作確認をするといいでしょう。特に、千鳥足が出来るか確認してください。

  • 正常な指導者はゴールをずらさない

    「先生が何を言っているのか分からない」こう思う人は少なくないのでは?指導者の発言内容がコロコロ変わると混乱します。

  • ボールが怖いのは自然な反応、怖さを強さに変えよう

    飛んでくるボールが怖い、相手のシュートが怖い。こう考えるのは正常です。ボールは怖いものです。自分に向かってくるボールが怖いのは誰だって同じです。

  • 出来ない原因を探るにも能力が必要

    サッカーで思うようなプレーが出来ないとき、何が原因なのか考えたことがありますか。考えたことが無い人は良い機会なので考えてください。過去に考えたことがあるなら、それが正しいか確認しましたか。

  • 意味のある練習か確認する

    貴重な時間を意味のある練習に使いたい。サッカー上達法が分からない人でも、意味の無い練習は分かるでしょう。意味の無い練習を探し選択肢からはずすことで、意味のある練習が見つかります。

  • 周りを見て安全を確認しよう

    サッカーで行うことは日常生活でしていることと同じです。安全を確保することが最優先。試合でも日常生活でも怪我をしないことが大事です。

  • 質と量、指導者で変わる練習内容と成長速度

    サッカー上達のために質と量を意識していますか。練習の質と量を考えたとき、どちらを優先するか。いやいや、両方大事でしょうと思いますか。

  • どこを蹴れば良いボールが飛ぶか

    ボールの反応が分かれば理想的なシュートに近付けます。シュートやドリブル、トラップ等に適したボールを選択出来るでしょう。一度理解すれば大丈夫なので早めに確認するといいです。

  • 指導者の上手な使い方を覚えよう

    指導者を上手に使っていますか?指導者の使い方が分からないと成長速度が遅くなりますよ。私は先生の使い方が良くなく、優秀ではなかった。

  • 机の上で出来るシュート練習で得点力アップ

    空き時間でもサッカー練習をしたいなら、机の上で出来る遊びがおすすめ。必要なものはペットボトルのフタとボールペン。簡単にシュート練習が出来るのでおすすめです。

  • 8方向への移動を意識する

    身体を動かせる方向が少ないと、ボールの急な動きに対応出来ないかもしれません。一度8方向への移動を確認していると、その後のプレーに良い影響を与えます。まだ確認していない人や、確認の仕方が分からない人は下の3つの動画がおすすめです。

  • アウトサイドキックを覚えよう。正しい蹴り方とは?

    アウトサイドキックを覚えると出来ることが増えます。正確に表現するなら、アウトサイドキックを使えない選手は能力が制限されます。指導者にアウトサイドキックを禁止された世代もいると思いますが、サッカーを楽しみたいなら是非覚えましょう。

  • サッカーが上手くなるリズム。意外なものが役立つ

    サッカーが上手くなるリズムがあるとしたら知りたいですか?仮にあったとしても特別な人しか利用出来ないなら意味がありませんよね。安心してください、身近なものが役立ちますよ。おそらく、日本人全員が知っているものがサッカーを上手くする。

  • 上達を実感する瞬間。身体能力検査で能力を確認

    サッカー練習で上達しているのか。上達を実感出来る瞬間があるとサッカーが楽しくなる。周りと比べると自分の成長が分かりにくい。また、確認する基準が明確でないと変化が分からない。成長していても自分では分からないことがある。

  • サッカーを神聖視すると見えないものが増える

    サッカーを特別だと考えると世界が黒く塗り潰される。目の前の上達法を見落としてしまうため、神聖視しない方が良い。指導者の発言を聞いたとき、それが正しいのか確認して欲しい。

  • 指導者とのサッカー練習とボールとの自由時間

    自由にボールと遊べる時間は一瞬に感じる。好きなことをしていると精神的にも良い影響を与えるのだろう。指導者を見ていると好きなことしかしないのが正解のように思える。

  • 指導者の落とし物、選手は届けるのか

    目の前で指導者が何かを落としたとき、選手は届けるのか。人として届ける選手はいるかもしれないが、選手と指導者の関係として考えたら届けない方が良いと思うのではないか。

  • 力を無駄にしないシュート、力を温存するシュート

    力を無駄にしないシュート、力を温存するシュートについての動画を投稿しました。全身で蹴るときに、力を無駄にしていないか。身体の使い方が素晴らしくても、力をこぼしているなら威力が出ません。

  • 強烈なシュートを撃つ秘訣は力を無駄にしないこと

    強烈なシュートを撃つには、力を無駄にしないことが大事です。ボールの芯から力がこぼれてしまうと、全身の勢いを活かすことが出来ません。下の動画で芯を撃ち抜く意味を確認してください。

  • 指導者が押し付ける100回のパスより1回の得点を

    得点は相手チームに打撃を与え、味方に勢いを与えます。シュートを撃つことが大事ですが、シュートを撃つ形を持っているでしょうか。指導者が初心者に押し付けることは、負け続けることでしょう。

  • 1日1分、毎日出来るボール遊び

    ボールを蹴る時間が取れない人でも毎日出来る遊びを紹介。下の図のようにボールを3方向に転がします。自分が好きな蹴り方を選択してください。ボールを3方向に動かすだけでなく、蹴り足を3方向に振ることも試します。空き時間に出来る遊びなので、おすすめです。

  • 勝ちを禁止する指導者、負けを強制する教育

    正常な人なら試合では勝つために戦うでしょう。異常な人は試合で負けるために全力を出す。日本人の不幸を望む指導者は日本チームが敗北するように強制します。それが、サッカー指導にも影響を与えている。

  • 立方体が飛んでいく動画

    ネタ動画を投稿した。今のところ特別な意味はありませんが、今後、特別な意味を持つかもしれません。

  • 部屋を明るく出来るならサッカーが上手くなる

    室内を明るくするために明かりをつけることがある。もし、部屋を明るく出来るなら、サッカーが上手くなる素質があります。明かりのスイッチを押すときに身体の使い方を意識する人はいないと思います。使い方が身体に染み付いているから、適当な動作でも明るく出来る。これは、サッカーも同じです。

  • 子供に良い影響を与える人とは

    子供に良い影響を与える人とは。相手を褒める人は正解を周りに示すため良い。日本国や日本人を褒める人は、サッカーが上手くなる情報を発信する。褒める行為は正解を教えることでもあるため、相手の幸せを望むのと同じ。

  • 選手を勇敢にする指導者、臆病にする指導者

    サッカー選手を勇敢にする指導者に出会えると順調に成長出来ます。しかし、選手を臆病にする指導者と付き合わないといけないなら、サッカー選手としての幸せを得られないでしょう。自分のサッカー人生を指導者の質に左右されないためにも、自己防衛を考えるといいです。

  • 選手を潰す指導者と伸ばす人

    選手を潰す人と伸ばす人の違いが分かれば、指導者探しで役に立ちます。(人間関係でも役立つ)既にチームに所属している人は、自分の指導者がどのような人間か確認するといいでしょう。選手が持っているものを増やす人が伸ばす指導者。

  • 上手くなるために必要な知識と潰れないための知恵

    サッカーが上手くなるために必要な知識を得ると、成長速度が早くなります。一度上手くなれば問題無いと思うかもしれませんが、意外とそうではありません。上手くなってからの問題も出てきます。上手くなる前の問題と、上手くなってからの問題は別です。

  • サッカーで落ち込んだときに元気をくれるものを見つけよう

    サッカーをしていると好ましくないことも起こります。特に指導者からの言葉で自信を失うこともあるでしょう。周りからの言葉等で落ち込んだときのために、事前に回復方法を探すといいでしょう。好きなサッカー選手や好きなチームの応援に行くのもいいでしょうね。

  • キックと歩く動作の違いを探す意味

    サッカーで使用するキックと歩く動作の違いを探すには共通点を知る必要があります。共通する場所を除いていくと違いが見つかります。違いについては「歩くこととキックの違い。間違った蹴り方とは」がおすすめ。なぜ、違いを見つける必要があるのか。それは、新しく覚えることを知るため。

  • 日本サッカーの底上げは日本国を豊かにする

    日本サッカーの底上げをすることで日本国が豊かになる。選手を上手くすることがチームの強化に繋がる。チームとは日本国のこと。サッカーチームとはポジション別の集まり。日本人選手に周りのために戦うことを求めるならば、指導者にも日本国のために戦うことを求めたい。

  • 止まることを確認しよう。身体の使い方を学ぶ前に意識したいこと

    身体の使い方を意識する前に、止まることを考えたことがあるでしょうか。歩く動作と走る動作は似ています。その始まりになる止まった状態を確認してください。止まっている状態から動き出す、動いている状態から止まる。両方を確認してサッカーに繋げてください。

  • ドリブルは触るタイミングを意識すると、ボールの通学路が見えてくる

    ドリブルをするときは何を考えますか。何も考えない人や相手の動きを見ることで精一杯の人もいるでしょうか。ドリブルでは触るタイミングを考えてください。いつボールを触るのかを意識することでドリブルの質が変わります。

  • 試合開始前がピークではなく後半でも戦えるシュート体力をつけよう

    サッカーでは点を多く取った方が勝ちになります。試合開始前はお互い元気ですが、試合が進むにつれて疲れが出てくるでしょう。同じサッカー選手でも、能力が一番高い瞬間が異なることがあります。

  • サッカーが上手くなりたいなら、サッカーボール語を理解しよう

    サッカーが上手になりたいなら、サッカーボール語を学ぶといいです。サッカーボール語という言葉を初めて聞いた人は多いでしょう。人間がボールと意見交換をするときに使われるのがサッカーボール語です。指導者は教えられないと思うので、周りに内緒でサッカーボール語を学ぶといいでしょう。

  • サッカーを楽しむ人は満腹で苦しいが嬉しい

    サッカーを味わう時間が長くなると、苦手なことと出会うことがあるかもしれません。今は苦手でも明日は得意になるかもしれない。自分が成長することを知っている人は、サッカーを楽しめる人かもしれませんね。

  • 地面とボールの間を切るように蹴るキックの弱点

    ボールを蹴るときに、地面とボールの間を切るように蹴ると言われたことはありませんか。地面とボールの間を蹴ることで高さは出ますが、勢いが出ません。(特に芝では)この蹴り方はボールの芯をはずすため、シュートには向かない。シュートが入らない選手や勝ちが少ないチームは、ボールの扱い方を確認するといいでしょう。

  • サッカーボールを上手に扱うために意識したいこと

    サッカーボールを扱うときは、ボールの芯を意識するといいです。ボールを意識すると言われても難しいので、27個に分けるといいでしょう。27個に分ける理由はボールの芯を意識しやすい数字だから。一番おすすめな分け方が上にある27個に分ける方法。

  • キックの基本はインステップキック?それともインサイドキック?

    最初に習うキックは何でしょうか。キックの基本をインステップキックと考える指導者もいれば、インサイドキックこそ基本であると主張する指導者もいる。私は何が基本となるかは選手自身が決めるものだと考えています。もし、何が基本かと質問されたら、歩く動作に近いインステップキックと答えるでしょうか。

  • インステップキックはどこで蹴るか?

    インステップキックはどこで蹴りますか?人によって違うかな。好きな場所を選ぶといいのですが、上の図(い)だと、苦戦するかもしれませんね。サッカーおでんでは選手の考えを優先しますが、おすすめは上の図(う)も使える足首とスネ。

  • 歩く動作とキックの共通点を探す

    歩く動作とキックの共通点を探すと、キック習得が早くなります。何も無い状態からキックを覚えるよりも、既に習得していることに付け加える方が良い。特に歩く動作に味付けしてキックにすることで、走りながらでも問題無くプレー出来ます。身体の使い方を気にする人は多い印象ですが、歩く動作とキックの相性を考える人は少ない気がします。

  • 自分の勝ち点3を考える。才能を守る方法

    何か試すときは自分の勝ち点3も考えましょう。サッカー以外でも日本人の勝ち点3を排除する内容が多い。勝負したときの結果は3つある。勝ち、引き分け、負け。必ず自分の勝ち点3も考えるようにしましょう。日本人の勝ち点3を意図的に排除する内容が多い気がします。

  • YouTubeの登録者が増えた!

    「サッカーおでんの秘密基地」の登録者が増えた!今までは壁当てだったのが、対人戦が出来る人数。一対一やパス交換、練習前に行う基本と呼ばれるメニューも出来る。

ブログリーダー」を活用して、サッカーおでんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
サッカーおでんさん
ブログタイトル
サッカーおでんのブログ
フォロー
サッカーおでんのブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用