searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ヤスさんのプロフィール

住所
石垣市
出身
東京都

自由文未設定

ブログタイトル
リフトアップ石垣島エコツアーOpen Place 2
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/lift-up001
ブログ紹介文
沖縄県石垣島のブログ!元雑誌カメラマンで現在エコツアーガイド・ヤスのサイト。ウミガメもあります。
更新頻度(1年)

153回 / 365日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2007/07/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ヤスさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ヤスさん
ブログタイトル
リフトアップ石垣島エコツアーOpen Place 2
更新頻度
153回 / 365日(平均2.9回/週)
読者になる
リフトアップ石垣島エコツアーOpen Place 2

ヤスさんの新着記事

1件〜30件

  • ヤエヤマヤマガニ、サソリモドキを食す。

    先日内地からのお客様(ツアーじゃなく)が来ていて、何人かで食事(交互に座った)のあと夜の観察に行って来ました。台風の影響で雨がそこそこ降っていたんですが、おかげでカエルやカニは沢山見れました。なかでもこのヤエヤマヤマガニ(サワガニ科)は何かお食事中で、逃げるのも忘れ一所懸命食べています。目の前まで近付いても逃げないので良く見ると、おそらくサソリモドキを食べているようです。サワガニは雑食だから何でも食べるんですが、サソリモドキが攻撃用に出す酸っぱい液は平気なのかな?それも食べちゃうんでしょうか?その液体(酢酸とカプリル酸)の袋をかじった途端「すっぱ!」ってなるのかな?(笑)#リフトアップ石垣島エコツアーヤエヤマヤマガニ、サソリモドキを食す。

  • セマル君、水遊び

    めずらしくセマル君が水の中にいました。暑い日だったので水浴びでしょうか?(笑)このセマル君やイシガメ君、もの凄く危機に瀕しています。島の人に聞いて見ても「最近見なくなったさ~」と殆どの人が言うようになりました。それは国内だけでなく外国に密輸され違法で販売されたり、個人のマニアに持ち出しされているのです。なかには「子供がどうしても持って帰りたいと言ったので」と、子供のせいにする酷い親もいます。「何々持ってきたら買い取ってあげるよ」と言われたという話も聞くので完全に犯罪組織がらみですね。ですが行政も黙ってはいません。各航空会社に違法持ち出しの講習会を開き、セマルだけでなく昆虫でも植物でも職員が即対応出来るように勉強会を開いています。他にも国会で取り上げて貰ったり、警察でも専門部署が出来たり、沖縄や奄美などでパトロー...セマル君、水遊び

  • 週末荒れる前の、良い天気でした。

    石垣島の回りは熱低やら台風やらでコロコロ天気が変わってる状態です。明日までの石垣島は天気が良いようですが、明後日からは荒れてくる予報です。フィリピンの東にある明日には台風になる熱低のせいで既に今日、風が強いです。ただ風が強いと面白い空模様が見られるので、写真を撮ったり夕景を見るには良いかも知れません。#リフトアップ石垣島エコツアー週末荒れる前の、良い天気でした。

  • ベッコウトンボ

    おそらくアカスジベッコウトンボ(トンボ科)のオスとメスだと思いますが、違ってたらゴメンなさい内地のベッコウトンボは絶滅危惧種になっていますが、それとは模様が全然違います。画像のような翅が殆ど赤い?ベッコウトンボの仲間は3種類います。どれもここ数年で日本と言うか八重山に定着したと言われています。オイラが石垣島に住むようになって20年以上になりますが、いつの間に普通に見るようになりました。温暖化のせいであらゆる動植物の分布域が変わって来ています。#リフトアップ石垣島エコツアーベッコウトンボ

  • ヒメアマ探してたら、アイフィンガー

    続いてヒメアマの画像を探していたんですが、なかなか出て来なくてアイフィンガーが出て来たのでせっかくだからご覧ください(笑)。ヒメアマよりはるかに見るのが難しい、ほぼ一生樹上で過ごすと言うカエルです。アイフィンガーガエル(アオガエル科)。なんとこの子もアオガエル科です。虫とか鳥のような声で「ピッピッ、ピピピピピピ」と鳴きます。樹洞など水が溜まっている所に卵を産み、時々帰って来ては無精卵の卵(エッグフード)を置いて(産んで)行きます。どういう事かというと、カエルにしては非常に珍しい、子供にご飯を与える=子育てするカエルなんです!画像のはチャンとこの後オタマになる、受精卵です。良く見ると卵の中ん黒い点が見えるのがあるでしょ?眼点と言う目になる部分です。こんな早くから出来るんですね。形は卵のままですが、実は既に回りを見...ヒメアマ探してたら、アイフィンガー

  • そろそろヤエヤマアオガエルが活発になって来ました。

    前回、ヤエヤマアオガエル(アオガエル科)の卵塊を見て頂きましたが、どんなカエル?と思った方の為に親の画像です。実際オイラの観察ではほぼ1年中、交接・産卵はしているんですが、やはり涼しくなって来た方が活発に繁殖活動をするようです。画僧の子はオスで喉元が少し膨らんでいますね。鳴いている途中、ストロボでビックリさせちゃったかな?今シーズンも「コロロ、コロロ」と、可愛い声が楽しみですね。#リフトアップ石垣島エコツアーそろそろヤエヤマアオガエルが活発になって来ました。

  • 「ヤエヤマアオガエル」と「ヒメアマガエル」、卵ですが (笑)。

    ヤエヤマアオガエルの卵塊泡が大雨のせいでオタマになる前に解けちゃっていました。その向こうにはヒメアマの卵塊が見えますね。石垣島に限らず山中の水場では色んな生き物が集まって来るから注視して見て下さい。ただ出来れば生き物を連れ去らないで、自分がそこに通って自然のままの姿を観察して楽しんで下さい。#リフトアップ石垣島エコツアー「ヤエヤマアオガエル」と「ヒメアマガエル」、卵ですが(笑)。

  • もっとも美しい蛾の一つ

    サツマニシキ(マダラガ科)と言う蛾ですが内地にもいるので見た事がある方も多いでしょう。この蛾は「もっとも美しい蛾の一つ」と言われて、知らないと蝶だと思う人が多いようです。マダラガ科の仲間はこんなのが多く、家の裏で大発生するクロツバメも艶あり真っ黒なんですが、まぁまぁキレイと言って良いんじゃないでしょうか。ただ家の中に入ったのを捕まえて外に出そうとすると黄色い臭い液を出すので、それがイヤです(+_+)。#リフトアップ石垣島エコツアーもっとも美しい蛾の一つ

  • ミナミコメツキガニのトンネル採餌

    これ何だか分かりますか?石垣島でマングローブ干潟に行った事がある人なら見覚えがあるんじゃないでしょうか。実はこれ、ミナミコメツキガニ(ミナミコメツキガニ科)のトンネル型(式)採餌(または採食、摂食、摂餌、と言う)の様子です。カニさん達はこのトンネルの中で砂の中に混じった小さな小さな栄養分を漉し取って食べています。何でトンネルの中かと言うと、トンネルの中なら鳥さんなどの敵達に食べられずに済むからです。ですが天気が良い日に水際に行って見ると、沢山の仲間たちと一緒に外に出てご飯を食べている姿を見る事もできます。鳥さん達に食べられちゃう危険を冒してまで外に出てご飯を食べるのは何故なんでしょう?実は砂の中の小さな小さな食べ物は、海や川の水に混じって運ばれて来ます。だから水際の方がカニさん達のご飯が沢山あるんです。それで危...ミナミコメツキガニのトンネル採餌

  • 石垣島も日差しは秋です。

    朝晩ひんやりしてきて、朝方掛け布団に手足を引っ込めるくらい肌寒くなって来ました。数値的には日中28~9度あるんですが、バイクや自転車に乗ると半袖ではちょいと寒いですし、夕方以降は長袖が良いかも。まぁこれも地元の感覚でしょうけど。そろそろ山歩きの良い季節になって来ました。まだまだ毒虫も沢山いるけど、先日久々に歩いたら楽しかったなぁ。#リフトアップ石垣島エコツアー石垣島も日差しは秋です。

  • 定期、水質調査

    先日は「八重山陸水研究会」での定期水質調査でした。一日で約10ヶ所を年に数回やっています。オイラ達は島中のアチコチで水質調査を行っていますが、こんな自然いっぱいの島でも場所にってはとんでもない悪い数値が出る場所もあります。そんな場所ではその水質を改善するべく市役所他に働きかけたり、キレイな水が流れている場所ではそれを維持出来るように見守って行ます。まぁ別な言い方をすると、(モニター)監視している訳です(笑)。亜熱帯・石垣島らしい自然満載のこんなジャングル内でも調査していますが、この場所はこのまま行くと無くなってしまう危機にさらされています。調査中も削岩機やユンボの物凄い騒音が鳴り響いていました。画像からは想像もつかないでしょ?世界的に有名な白保のサンゴも、ミシュランで星を取った美しい川平湾も、もうチョットで巨大...定期、水質調査

  • おめでたです!

    何の変哲もないサキシマヌマガエル(ヌマガエル科)なんですが、どうやらお産間近の若い新ママのようです。お腹が横に張り出すくらいパンパンで、中に卵が沢山詰まっているんでしょう。サキシマヌマガエルはいっぺんに産まず数か所に分けて少しずつ計3500個くらいの卵を産みます。内地のヌマガエルとは違うようで、別種として「先島」の名前が付きました。元気なお子さんを産んでくださいね。あっ、卵か(笑)。#リフトアップ石垣島エコツアーおめでたです!

  • タイワンヤツボシハンミョウ

    最近、調査の仕事に時に凄く歩くので休日は比較的のんびりモードだったんですが、これじゃぁいけないと思い今日は山歩き。時々行っておかないと今のネタをお客様に紹介出来ません。そこで出会ったのがこのタイワンヤツボシハンミョウ(ハンミョウ科)でした。沢沿いの砂地に沢山いて、歩きながら獲物を探していたんでしょうか?オイラはムチャクチャ昆虫が好きと言う訳ではなく、普通に男の子が虫が好きという程度の虫好きですが、中でもハンミョウにはそそられます。オイラがたまたま見て来た種がそうだったのかも知れませんが、どれも羽の色が物凄くキレイで顔はキバがあって目つき鋭く強格好良い!撮影しているとハンミョウ以外に何だか小さい物が沢山飛んでいました。後から画像を見て分かったんですが、小さいコバエ?コバチ?見たいのがハンミョウに沢山たかっていまし...タイワンヤツボシハンミョウ

  • 良い川が沢山あります。

    石垣島には於茂登岳と言う沖縄県で一番高い山があり、そこから連なる於茂登連山と言われるような山々が島の中央部、北から西まで広範囲に広がっています。そのおかげで山に降り注いだ雨は島民の命の水として天からの恵みを与えてくれています。今から約2万7千年前、今のフィリピン辺り(諸説あります)から来た海洋民族がこんな小さい島に住み着いたのも納得がいくでしょう。山があって水が豊富と言う事は当然川も沢山あって、オイラが行った事もない、ちゃんと調査した事がない川はまだまだ沢山あります。今回の川も遠目から見ていいただけで近くまで行った事がなく、今回初めて川面に下りて見ました。チョッと探せば画像のようにサガリバナなんかもあり、昔々この辺りまでが海の側だったんだなと言う事が分かます。他にも色々面白い物があるんでしょうが、今回はここまで...良い川が沢山あります。

  • 1500万年前、日本列島が出来始めた頃。

    今から約2~3000万年前、地殻変動によって現在のユーラシア大陸の端が少しずつ剥がれて来ました。北海道側は反時計回りに、九州側は時計回りに回転しながら大陸から剥がれて来たのが日本列島の始まりと言われています。その後約1500万年前にはその溝がかなり広く深まり日本海が出来、ほぼ完全に大陸から独立したと言われています(諸説あり)。その頃の日本は北海道の南側辺りまで温暖な、現在の琉球列島のような亜熱帯地方だったそうです。ですから今では考えられない東北地方の日本海側からも、マングローブ植物であるヒルギの花粉の化石が見つかったり、我が家の近所の「名蔵アンパル」と言うマングローブ林にも沢山いる「キバウミニナ」のご先祖様の化石も沢山出て来ます。画像は今年の1月に帰省した時に上野の国立科学博物館に行った時に撮影したものです。当...1500万年前、日本列島が出来始めた頃。

  • 面倒臭がらずに家を出たら、絶景!

    毎日のように夕方になると西の空がキレイなのは見てはいるんですが、家からだとココ数年で建造物が増えたりして良い画像は撮れません。バイクで5分も行けば海なんですが、それが面倒くさくって・・・、でも今日は頑張って?家を出ました。そしたらこんな絶景に合う事が出来たんです。石垣島に住んでいればこんなのはしょっちゅう見られる筈なのに、長年住んでると面倒臭がってお尻が重くなります。でもちゃんと出向けば、お天道様は裏切りません。「神様、ありがとう!」#リフトアップ石垣島エコツアー面倒臭がらずに家を出たら、絶景!

  • スマホ変えたら

    最近スマホが壊れたので買い換えたら、何だか画像の色が変なんです。この場所はいつも石垣島の中心、於茂登岳が良く見ええるので好きなんですが、新しいスマホで撮るといつもなんか変な色になってしまいます。オイラのモニターが変なだけなんでしょうか?#リフトアップ石垣島エコツアースマホ変えたら

  • 地元・小学生達とアンパル遊び

    火曜日の午後、干潮に合わせ名蔵アンパルで「アンパルを守る会」とオイラ達「石エコ会」が毎年恒例のマングローブ野外学習をしました。生徒は地元・T小学校の3年生、約110人と先生です。島ナイチャーの子もいますが、殆ど地元の子供です。ですがアンパルに来るのは初めてという子が物凄く多くてビックリしました。小学3年生に細かい説明なんかしても仕方がありません。シオマネキをみんなで捕まえて、右利きと左利き(爪の大きい方)どっちが多いか数えて見たり、クラス対抗・キバウミニナ大きさ対決!をしたりしました。そして余った時間は着替え持参と言う事で、お待ちかねの水遊び!みんな物凄く楽しかったようで帰る時間には「もっと遊びたい!」と渋る子が沢山いて嬉しかったです。今年は新コロの影響でやらない学校があったり、開催日が遅れたりしましたが、1校...地元・小学生達とアンパル遊び

  • 台風が来る度に秋になって行きます。

    今回の台風は本当に範囲が広いですね。内地ではまだ雨雲を引っ張って雨を降らしているようです。石垣島はというと、土曜日には雨は落ち着き良い天気でしたが、風が強く冷たく夜には肌寒かったです。今日の夕空はすっかり秋冬の色でした。湿度が少なく風もまだ強かったので物凄く快適。バイクに乗ると昼間でも半袖じゃチョッと寒いくらいでした。毎年そうなんですが台風が来るたびに秋が忍び込んで来て、何時の間にか長袖を来てたりします。今夜も涼しいから良く眠れそうです。といってもまだ9月の上旬、直に夏に逆戻りでしょう(笑)。#リフトアップ石垣島エコツアー台風が来る度に秋になって行きます。

  • 月が昇る

    金曜日の調査の時に撮影した、海から昇って来た月です。この日は16夜でほぼ満月。スマホで撮影した物ですが、画質が荒いのは仕方ないにしても、手振れしないものですね。おそらくオイラの腕じゃなくて最近のスマホが凄いんですね(笑)。#リフトアップ石垣島エコツアー月が昇る

  • キモい同士仲良し(笑)

    アフリカマイマイとゴキブリ、どちらもキモい同士。ゴキブリも外来種のアフリカマイマイもあんまりUPで見たくないのですが、このようす、何だか滑稽で面白い。#リフトアップ石垣島エコツアーキモい同士仲良し(笑)

  • 歩いて海からの眺め

    石垣島の海は遠浅の場所が多いので、干潮になればかなり陸から離れた場所まで歩いて行けます。普段では目にする事のない海からの眺めを、誰にでも気軽に楽しめるんです。今夜は秋の台風ですが、沖縄や久米島の方は大丈夫でしょうか?最大瞬間風速70mの予想ですが、オイラはそれを知っています。5年前に石垣島で最大瞬間風速71mを記録した時、手抜き鉄鋼作りの我家はグラグラ揺れ、壁も屋根も吹っ飛びそうな状態。真夜中すでに停電で真っ暗な中、ラジオとロウソクの灯が頼り。不安な気持ちのまま何があるか分からないので起きていました。突然「グォ~!」と言う物凄い暴風と共に「ボンッ!」と言う爆音。家の外も中も真っ白!朝になって外へ出て見ると、家の前の道路の電柱が端から端まで全て折れていました。すぐに「折れた時に電線が触れてスパークしたんだな」と分...歩いて海からの眺め

  • ポールのお手入れ

    最近は山でも公園などでも木の杖じゃなく、格好良い軽量ポールを持った方を多く見かけます。高齢者や病み上がり、リハビリやひざ痛持ちなどはもちろん、体のバランスを整えたりするのにもポールは役に立ちます。そんなポール愛好者の皆さん、山(トレッキング)用でもウォーキング(ノルディック)用でも、お年寄り用でも何でも良いんですが、ポールを使われてる方、定期的なメンテナンスをしていますか?特に伸縮出来るタイプや折りたたみ式は構造上中に水や土砂が入りやすいのでマメにやってやらないとすぐにダメになります。山だったら毎回。分解出来るのであればバラしてタオルやブラシで完全に水気と汚れを取り除き、最低でも一晩くらいは乾燥させましょう。中まで汚れが酷い時は水洗いし、もちろん完全に乾くまで放っておきます。もし部品を無くさない自信がある方なら...ポールのお手入れ

  • イワカワシジミ

    イワカワシジミ(シジミチョウ科)だと思いますが、、準絶滅危惧種でこれを見に石垣島に来る人も結構多いとか。クチナシの実に卵を産み付け、幼虫は実の中を食べ、実の中でサナギになります。チョウはどうやって出て来るの?と思いますが、幼虫の頃から実に穴が開いていて、家(実)からうんこを出したりするキレイ好きだったりします(笑)。クチナシはこの幼虫以外にも鳥が「盗蜜」という行為をしたり、他の昆虫も食べたりするので穴の開いた実や蕾は良く見かけます。小さい穴ですがマメに覗いていると、たまに何かいるのが見える時がありますよ。ぜひやって見て下さい。★注!)覗く時は実や蕾を取らないように気を付けてね!翅の後ろにあるヒョロっと伸びた部分を「尾状突起」と言うらしいですが、翅の先なのにちゃんと動かせて?、種類により「何でそんな変な動きをして...イワカワシジミ

  • 今年の夏は

    今年の夏はとにかくツルランの花が多く、あちこちで咲いていました。ランは花が咲くのが難しく、株があっても咲いてない事が結構あります。ですが今年は本当に良く花を見る事が出来ました。ありゃ?これ葉にピントが合ってて花に合ってない?今年良く花が咲く理由としては閏月(うるうづき)がある年だからじゃないでしょうか?うるう月のある年はサンゴの産卵がズレたり自然の色んな事が普段と違います。それともう一つ、去年の石垣島に来た台風が適度に強いのも来て、夏の間に丁度良い自然へのダメージと言うか掻き回しがあったからじゃないでしょうか?以前の石垣島のように適度に雨が降り、適度に色んな物が死に、適度に自然を潤す。このような絶妙な自然のバランスが大事なんだと思います。#リフトアップ石垣島エコツアー#FreeAgnes今年の夏は

  • 今なら良く見える水路橋

    以前にも紹介した事がある幾つかの水路橋ですが、そのうちの一つがどう言う物かだんだんわかって来ました。今回の画像は1964年1月18日、バラビドゥダムから新川にある平田原の水田まで自然流下方式で水を引いていた農業用の水路橋の跡です。バラビドゥダムは現在のバンナ公園に隣接している石垣ダムの元で、宮良湾に注ぐ磯部川の上流部(バンナ岳)を堰き止め作ったダムです。自然流下方式と言うのは字の如く、ポンプなど何も動力を使わず勾配を利用し水を流して行くやり方です。自然の川が低い所(海)へ流れて行くのと同じです。いまなら丁度工事をしているので道路わきの草木がキレイに除去され、その姿をハッキリ見る事が出来ます。川幅はそれ程でもないけど深い谷なので結構な高さの橋桁が付き、かな格好良い姿です!バンナ(画像左側がダム側)からこのさき道路...今なら良く見える水路橋

  • くだらなくてゴメンなさい

    ひじ掛けの下にムカデ?!、と思ったら・・・、なんだ、バナナの筋でした(笑)。今日ちょうど「秘密のケンミンSHOW」で果物特集をやっていたんですが「各ゲストが地元では買った事がない」と言う感じで地元特産の果物を紹介していました。オイラも内地の家族などに大量に送ったりする時以外は、パイン、マンゴー、バナナ、シークァーサー、パパイヤ、ゴーヤ、トウガン、オクラ、エンサイ(空芯菜)猪肉、魚など、今思いついただけでもこれくらいは頂いています。いつもありがとうございますm(__)mオイラの家の庭でも色々植えていますが、土壌が良くないのでなかなか人にあげるくらいの収穫が得られません。もっともっと土を良くしていかないといけないようです。#リフトアップ石垣島エコツアー#FreeAgnesくだらなくてゴメンなさい

  • 石垣島は虹の遭遇率高いです。

    石垣島はここのところ熱低が絶えず近くにいるような状態が続いています。そのせいか急に雨が降って来ては止むの繰り返し。止むとあっと言う間に「てぃだ(太陽)カンカン!」。南の島の太陽がガツンと照り付け、虹が現れる確率も高くなるという訳です。この日の虹は翌日の新聞にも載っていて「キレイなW虹!」的な記事だったと思います。ですが実はこのあと、この青空とは裏腹に真夜中に凄い雷が鳴ったと思ったら停電!数十分で復旧しましたが、停電が多いのも石垣島の特徴です。今日も激しい雨が降ったりやんだり。台湾の左下にある熱低のせいで安定していませんが、明日は回復する見込み。内地では40度越えの地域が出てますが、夏の石垣島は最高気温せいぜい34~5℃、最低気温は28℃くらいです。さらにオイラの住む場所は山が近く、最近では朝方寒くて布団を掛けな...石垣島は虹の遭遇率高いです。

  • 手のこで

    庭のヤシの木がおそらく成長点をサイカブトか何かにやられて枯れてしまいました。仕方ないので切る事にしたんですが、チェーンソーは持っていないので手鋸で切りました。切り方はチェーンソーの講習会を森林組合でやった時に参加させて貰った事があるので、大体わかっていました。汗だくになってかなりしんどかったけど、思い通りの方角に「ズドンッ!」と倒れた時は感激しました。かなり狭い範囲に倒さなければいけなかったので緊張しましたが、上手くいって一安心です。あとは切り株から下、根っ子を掘り出すのが一苦労だなぁ。#リフトアップ石垣島エコツアー#FreeAgnes手のこで

  • 石垣島 サザンゲートブリッジ

    最近調査の仕事で帰るのが夜中になってしまい、水曜日分の掲載を今しています。画像は仕事中にポケデジで撮った、ライトアップが終わった後の「サザンゲートブリッジ」です。サザンゲートのライトアップは21時25分くらいに始まる「音楽と光のショー」で消灯。そのあとは通常の街灯だけになります。ショーを見に来てる人が時々いますが、昨夜は「ペルセウス座流星群」の極大日だったのでいつもより少しだけ人が多かったようです。オイラはこっちのサザンゲートの方が好きです。#リフトアップ石垣島エコツアー#FreeAgnes石垣島サザンゲートブリッジ

カテゴリー一覧
商用