searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

マハロパパさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
マハロ船長の航海日誌2
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/captain_mahalo
ブログ紹介文
マハロ船長は ミニチュア・シュナウザー の船乗り犬です。 毎日たべものの匂いをたよりに 大海原を航海しています。
更新頻度(1年)

24回 / 134日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2020/03/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、マハロパパさんの読者になりませんか?

ハンドル名
マハロパパさん
ブログタイトル
マハロ船長の航海日誌2
更新頻度
24回 / 134日(平均1.3回/週)
読者になる
マハロ船長の航海日誌2

マハロパパさんの新着記事

1件〜30件

  • 回航事前準備のために清水に

    本日、電車を乗り継いでやってきたのはちびまる子ちゃん(とエスパルス⚽️)で有名な清水(静岡市清水区)です。ところで、3本マストのヨット(帆船)のイラストに気づいたでしょうか?その3本マストのヨット(帆船)は、このドーン・トレッダー(夜明けを征く者の意)で、清水港に係留されているのです。1982年スペインで南極探検を目的に建造され、その後海洋調査に活躍し、現在は鈴与グループの所有で、社員研修なんかもやったりするそうです。(131総トン/全長32.5m)エスパルス・ドリームプラザ前にある“清水マリンパークヨット係留所”です。約104隻のクルーザーが海上係留されているそうです。そのなかの一隻がこのリベッチオです。白いハルに赤のライン。リベッチオらしいリベッチオと言って良いでしょう。写真では良く分かりませんが、アクリル...回航事前準備のために清水に

  • エクメドメールからリベッチオまで〜名艇の系譜〜

    私がヨットに興味を持ち始めた頃、エクメドメール(Ecumedemer海の泡)というヨットがQトン(クォータートン:25〜6フィート前後のヨット)クラスで大活躍していました。1970年代初めの頃の話です。レース艇であるにもかかわらず、外観は丸っとした可愛い印象。ジャン・マリー・フィノ(JeanMarieFinot)というフランス人新進気鋭のヨットデザイナーによる設計でした。私は、舵誌に掲載されていたエクメドメールの写真を切り抜き、自分の部屋の壁に貼っていたことを今でもはっきりと憶えています。このエクメドメールを日本で取り扱っていたのが、ニュージャパンヨットという会社。その後フィノ(グループ・フィノ)の設計によるヨットを次々に出すことになるのですが、1983年、フィノ設計のリベッチオが発売されました。サイズはエクメ...エクメドメールからリベッチオまで〜名艇の系譜〜

  • 懺悔 ~彼女らの名はYachtなり~

    (お借り画像)懺悔します!私はどうしようもない浮気性です。今までどれだけの彼女らをとっかえひっかえしてきたことか・・・。思えば私が社会人初めてのボーナスは白くて華奢な1枚帆の彼女(シーマーチン)につぎ込んでしまいました。(お借り画像)でも、安月給ながら少し余裕が出てくると寝泊りできる彼女がどうしても欲しくなり、あばたもえくぼだったのでしょうねぇ、次なる彼女はボロボロの木造船で、ある日あえなく運河の底に沈んでしまいました。(号泣)次の彼女はぴかぴかのプラスチックのセブンティーン(Y-17)でしたが、台風で大破。(茫然)次の彼女はエンジン不調。次の彼女は雨漏りがひどく・・・・・このあたりから私の浮気性は「病膏肓に入る」状態になってきたようです。浮気を繰り返すのには理由があるそうで(1)背徳感が癖になるから(2)欲求...懺悔~彼女らの名はYachtなり~

  • 継続は力なり! とは言うものの・・・

    ある老ヨット乗りが、老々ヨット乗りに聞いたそうです。『どうすればそのお歳でヨットを続けられるのですか?』その答えは『ずっと乗ってりゃナントカなるもんだよ!』だったそうです。とはいえ、足腰が衰え、目がかすみ、疲れやすくなった老体で、自然を相手にするヨットを続けていくには何の努力もせずに済むわけはありませんよね。でも、先日“目からウロコ”のような言葉に出会ったのです。それは『・・・しかし、面倒な努力を続けるには、どうしたら良いのですか「やさしく」することでしょう「むずかしく」すると、三日坊主になります目標を「易しく」し、自分に「優しく」し、とにかく続けるのです。』(「幻のショート・スピーチ集」とのうちえいじ著発行所デザインエッグ株式会社より)そういうことなんですね。「続けること」が最大の目的であるなら、なにもストイ...継続は力なり!とは言うものの・・・

  • 「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」9/23開業だそうですよ

    例年この時期にハワイ旅行をしていましたが、今年(来年も?)は行けないので、ハワイのホテルに関連する話題をひとつ。ハワイの「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」は、2014年に会員制リゾートホテルを運営する日本企業リゾートトラストが経営権を取得していましたが、リゾートトラストは、アジア太平洋エリアにおける「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」ブランドホテルの世界展開を計画しており、その第一弾として日本の横浜みなとみらい地区にて「ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜」を今年9月23日に開業するそうです。場所はパシフィコ横浜の隣接地にあり「国内外の富裕層や政府要人の利用を見込む。」とのことで、私のような庶民には高嶺の花子さんで、一生ご縁はなさそうですが、ご興味のある富裕層または政府要人の方々は一度ご利用なさってみてはいかがですか?と...「ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜」9/23開業だそうですよ

  • 『田舎っていいな!』=地方へ人口分散が起こり、出生率が持ち直して格差が縮小し、個人の健康寿命や幸福感も増大する。

    AIが未来を予測する!なんて聞くと『そんなものが信じられるものか!』と思ってしまいがちですが、これはかなり的を得た予測のような気がします。→http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2017/09/0905.html京都大学(こころの未来研究センター広井教授ら)と日立製作所が共同研究し、「持続可能な日本の未来」に向けた政策提言を2017年9月にしています。もう3年前の提言になるのですが、今回のコロナ禍を経験し「都市に人が密集して生きていくことってどうなんだろう?」と、ふと思って調べていたら偶然見つけたものなので、むしろ今だからこそストンと腑に落ちるデータであるように私は感じます。興味のある人はじっくり読んでいただくとして・・・・・ともかくAIが分析した未来シナリオは、「都...『田舎っていいな!』=地方へ人口分散が起こり、出生率が持ち直して格差が縮小し、個人の健康寿命や幸福感も増大する。

  • 「黒崎の鼻」で清浄な空気を胸一杯吸ってきた

    「エステーの消臭力」のこんなCMを覚えている人はいますでしょうか?西川貴教さんが全力で歌って、走って、叫ぶCMです。都心を歩いていたと思ったら、いきなりこんな畑の一本道を走り、草木のトンネルを通り抜け、海に突き出した岬にたどりつくCMです。このCMを夫婦で観ながら『ここどこかな?』『たぶん三浦半島のどこかだよね。』なんて話をしていたのですが、ようやく分りました。京急三崎口駅と荒崎の中間あたりに位置する「黒崎の鼻」というところなんだそうです。実は、映画やドラマのロケ地としてお馴染の場所で『テルマエ・ロマエII』『るろうに剣心』「龍馬伝」などでも使われたのだそうです。今日、ちょっと行ってみました。GoogleMapsで車で行ける所まで行き、その先は徒歩になります。この季節は草木が育ち、かなり道が細くなっていました。...「黒崎の鼻」で清浄な空気を胸一杯吸ってきた

  • その後のまはろ庵 〜新型コロナに負けないぞ〜

    もう去年の12月の記事になってしまいましたが→ココをクリックわが家が細々と続けているパン屋「まはろ庵」が、横須賀市佐島にトレーラーハウス型の店舗を開くべく準備を進めている記事をアップしました。でも・・・・・>明日から水道工事が始まります。>開店まで忙しくなりそうです。(>でも、急いではいなくて、グランドオープンの予定もまだ決めてないんです。>のんびりやるのがマハロ家流!)なんて書いていて、その後の様子の記事はアップしていませんでした。今日は、その後の経過を紹介させていただきます。このトレーラーハウスは、SpartanAircraftというオクラホマ州にある会社によって製造されたもので、なんと1946年(昭和46年)製の御歳74のビンテージカーなんです。「オクラホマ」といえば、1955年のアメリカ合衆国のミュージ...その後のまはろ庵〜新型コロナに負けないぞ〜

  • 本格的な布マスクを手作りしてみました

    ベトナムなどの東南アジアではバイクなどの排気ガス対策なのでしょうか、マスクを装着してバイクを運転している人を、非常に良く見かけます。そのマスクは日本で見かけるようなタイプではなく、立体的な布製のマスクです。これを実際に使ってみると、とても具合が良い。顔にフィットするし、口元に空間があって息苦しくない。布製なので洗って繰り返し使える。以前、ベトナム旅行に行ったときに多めに買ってきて、欲しい人に頒布していたのですが、なかなか良さを分かってくれる人がいなかったのが正直なところでした。ところが、このところのコロナ禍で大変需要があります。しかも、以前なら無地に近い地味なデザインが好まれたのが、今はマスクをしている時間が長いので、むしろ明るく派手なデザインが好まれるように変わりつつある気がします。(でも、都知事や沖縄県知事...本格的な布マスクを手作りしてみました

  • バリトンウクレレを買ってみました

    バリトンウクレレというのは、でかいだけでなく、他のソプラノ~テナーウクレレのチューニング「A-E-C-G」と異なり、ギターの1~4弦と同じ「E-B-G-D」であり、コードの押さえ方が他のウクレレとは違う!・・・と聞いていました。ギターやってた人にはかえって都合がよろしいかと思いますが、ウクレレのコードさえ満足に覚えていないワタクシには、バリトンウクレレなど『百年早~い!』と思っていたのですが、先日たまたま知った情報では【バリトン用「A-E-C-G」チューニング対応弦】というのがあるらしいという情報を得たのです。ということで、今回バリトンウクレレなるものを買ってしまったのです。あくまで“お試し”という感じなので、Amazon最安値のバリトンウクレレで、ケースとストラップが初めから付いていて、なんと6千円台。中国製...バリトンウクレレを買ってみました

  • レイト・チェックアウト~帰国へ(ベトナム2019〜2020)

    2020/1/3帰国へのフライトは深夜になりますので、夜までゆっくりしています。日中にかいた汗を流さぬまま飛行機に乗るのは気持悪いので、直前までホテルの部屋で過ごせるレイトチェックアウトは有料にはなりますが、蒸し暑いベトナムではとても快適ですよ。さて、ホテルから空港まではGRABを使いましたが、空港までもうすぐの場所で追突事故に遭ってしまいました。前の車が急ブレーキをかけたので、こちらも急ブレーキをかけて停止。『おっと、危なかったなぁ!』と思った次の瞬間、後ろからガチャン!びっくりしました。幸運なことに、荷物が多いので大きめなワゴン車を予約していたので、追突の衝撃は多少和らげられたのでしょう。体は大丈夫でした。(首はちょっと寝違えた程度の痛みが残りました。)ドライバーは、別の車に我々を乗せかえてくれたので、時間...レイト・チェックアウト~帰国へ(ベトナム2019〜2020)

  • 最終日はのんびりと。そして炭焼きつくねバインミーをゲット!(ベトナム2019〜2020)

    2020/1/3最終日の朝食もホテルのレストランで。ホーチミンは高層化がすすんでいますが、この方向は高い建物がなくていい眺めですねぇ。今日のフォーにはトマトが載っています!トマトの酸味がフォーに合っていると思いました。色々な料理を一口ずつ。これがビュッフェスタイルの醍醐味ですね。デザート類。白い果肉にプチプチの種のドラゴンフルーツは、美容に良いらしいですよ。昨日買ったプラ籠。でも、良くチェックしてみたら不良品があったので、この後マハロママは交換にチー・ツーに再訪することに・・・。私は部屋でゴロゴロすることにしたので、マハロママはバイク・タクシーでチョロンまで。慣れればバイク・タクシーは安くて便利なのです。夕方4時から開店する炭焼きつくねのバインミー屋さんに来ました。4時まではまだ10分ほどあるので、今は黙々とつ...最終日はのんびりと。そして炭焼きつくねバインミーをゲット!(ベトナム2019〜2020)

  • バイクで巡るストリート・フード(ベトナム2019〜2020)

    2020/1/2夜からは「サイゴンで最高の屋台を食べ歩くランチ体験」(Airbnb体験にて予約)というツアーに参加(ふたりだけですが)しました。これは、現地の人のようにバイクの二人乗りで、なかなか行けないような場所で食事をさせてくれるツアーです。最初に来たのは、この建物の中にまでバイクが入ってきてしまう店です。今回案内してくれたのはこの二人の大学生(アルバイト?)です。男の子のほうは英語ができるので、色々説明をしてくれました。女の子のほうはあまり英語がしゃべれなくて、少し固い表情なのですが、カメラを向けると、二人とも満面の笑顔でピースサイン!食べたのはこの料理なんですが、これはなんていうんだろう?汁なしフォー?具材もたっぷりトッピングされています。名前は覚えられませんでしたが、おいしかったです。バイクに乗せても...バイクで巡るストリート・フード(ベトナム2019〜2020)

  • ホーチミンのベトナム式焼肉、そして有名フォーの店に入ります(ベトナム2019〜2020)

    2020/1/1夕食は「焼肉」です。ここロン・ソン・クァン(『LuongSonQuan』(31LyTuTrong,District1)は韓国焼肉ではなく、ベトナム式焼肉の店ということで、珍味(定番のヤギはもちろんダチョウ、カエル、ワニやサソリなんてのもあるそうです)なんかもあるようです。店内はそこそこ広く、写真では分りづらいけど、屋根が開閉式で、においがこもらない工夫もされているんです。今日のビールはシンハー(SINGHA)。タイのビールです。日本でいえば、エビスビール的な位置付けのビールかな。7884今日は、暑いホーチミン(今は乾季)の町を歩き回りましたので、まずは喉を潤しましょう。ホルモン的な珍味もあるようですが、今日は王道の牛肉で。炭火で焼きました。ウメ〜ィ!!!帰り道。相変わらずのバイクの多さ。このバイ...ホーチミンのベトナム式焼肉、そして有名フォーの店に入ります(ベトナム2019〜2020)

  • チョロンで“ベトナム・プラ籠”の買出しをする(ベトナム2019〜2020)

    2020/1/2ホーチミン市人民委員会庁舎に朝日があたりはじめる頃、オスカー・ホテル・サイゴンでの朝食をとることにします。(ホーチミンでは、街角の食堂で朝食をとる風景をあちこちで見かけます。一度はそんな場所で現地の人に混じって朝食を、とも思うのですが、免疫力の下がった朝にそんな食事は「体が負けてしまうかもしれない。」という不安を拭いきれず、(安心できる)ホテルでの朝食で一日の体調を整えることにするのです。)レストランに来ました。ベトナムの朝にフォーは欠かせません。(夜も食べるけど。)作り立てのオムレツはそれほどフワフワ感ある出来あがりではありませんが、やはり温かい卵料理は食べたいですよね。さて、今日の予定は“ベトナム・プラ籠”の買出し!いつも来るベトナム中華街の町チョロン(Cholon)のCHITUに。ちなみに...チョロンで“ベトナム・プラ籠”の買出しをする(ベトナム2019〜2020)

  • ホーチミンのユニクロでTシャツを作る(ベトナム2019〜2020)

    2020/1/1さて、ホーチミンの町に出てみます。勝手知ったる裏通りです。歩道にびっしりと駐車しているバイク。店番のしっかり者のおばあさん。怠惰に寝そべる犬。ホーチミンでどこでも見かける風景です。このこんがらがった電線をみるとアジアに来たんだなあと実感します。怪しげなビルの奥に?どこに行くのでしょう?「ゴック・フェンの店」とは何でしょう?(日本語で書いてあるので、危ない店ではなさそうです。)この店で、マハロママ、プラ籠の選別中。(これらのプラ籠は「まはろ庵」でお譲りすることができます。)お昼ごはんはTAYHOのバイン・クォン(BanhCuon)を食べることにします。蒸し春巻きということですが、生春巻きとも揚げ春巻きとも、かなり見た目が異なりますね。むしろ「汁なしワンタン」とでも説明したほうが分かりやすいかも。こ...ホーチミンのユニクロでTシャツを作る(ベトナム2019〜2020)

  • ホーチミンで泊まったホテルは、ビジネスホテル系?(ベトナム2019〜2020)

    2020/1/1フーコック島から本土のホーチミンへは飛行機で約1時間。国内線なので、手続もさしたる問題もなく、きわめてスムーズにホーチミン「タンソンニャット国際空港(TanSonNhatInternationalAirport)」に到着。タンソンニャット国際空港はホーチミン市の北部に位置し、市内中心地までタクシーで約30分といったところに位置します。さすがにタンソンニャット国際空港は人も車も大混雑です。ここでGRABで車を呼び、ホテルまで。車内での、ドライバーとの会話。『どこから来ました?』『日本です。直前はフーコック島から戻ってきた。』『プーケット?タイのプーケット?』『いや、フーコック島というカンボジアに近い島です。』『へえ~・・・』日本の島でいうと、淡路島くらいの離島について、ベトナム人でも知らない人がい...ホーチミンで泊まったホテルは、ビジネスホテル系?(ベトナム2019〜2020)

  • フーコック島の元旦に作るバナナパンケーキは・・・(ベトナム2019〜2020)

    2020/1/12020年の元旦はベトナム・フーコック島で迎えました。とはいえ、フーコック島、ロングビーチ・サイドの風景は昨日と何も変わっていません。ただ、レストランは昨日の大騒ぎの残滓が残ったままでした。そして、いつものしわくちゃのメニュー表を持って来たウェイトレスさんは、これ以上ないほどの不機嫌な顔!というか、徹夜で騒いで、二日酔い!!といった体で、チョーだるそうにメニュー表を持ってきました。こういう日は、面倒なメニューを頼んでも絶対間違えそうなので、2人とも同じメニューを頼んだのでした。そして、普通は店員さんが注文を繰り返すのですが、今日はお客が注文を繰り返して念押ししたのでした(笑)料理は(間違えずに)ちゃんと出てきましたが・・・・・バナナパンケーキのバナナが二日酔いでよれよれになってました(笑)まあ、...フーコック島の元旦に作るバナナパンケーキは・・・(ベトナム2019〜2020)

  • フーコック島で迎える大晦日の「火祭り?」(ベトナム2019〜2020)

    2019/12/31「ヒトデ海岸」からの帰り、夜市のところで車を降ろしてもらい、食事をしていくことにしました。27日に来たとき美味しくてもう一度食べたかったフォーの店を再訪しました。「Fish&Pork」というところが美味しい秘密なのでしょうかね?これが絶品フォー!優しい味のスープと柔らかい平麺です。フォーは、ベトナムの庶民の味。私は日本のラーメンよりもベトナムのフォーのほうが、はっきり言って好みです。あっ、でも、日本のうどん(関西風のダシ)と比べたら、甲乙つけがたいかな?フォーを食べた後は、「ココナッツ・アイスクリーム」を食べます。ココナッツアイスは、どこで食べても美味しいか?・・・というとそうでもなくて、「ココナッツ風味のアイスクリーム」的なものであることも少なくなくて、今回は厳選のうえにも厳選して店を選び...フーコック島で迎える大晦日の「火祭り?」(ベトナム2019〜2020)

  • フーコック島の北部には「ヒトデ海岸」があった(ベトナム2019〜2020)

    2019/12/31次の目的地は無舗装の悪路を往きます。舗装道路の迂回路もありますが、タムさんこちらの道を行くようです。なお、車の天井がつるつるしているように見えるかと思いますが、これはむこうの車は汚れを防ぐために丈夫なビニールシートをピシッと張ってあるためです。ベトナムの多くの車はこうしたビニールカバーをしていました。車が壊れちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしながらも、やっと到着したビーチです。ここはStarfishBeach(ヒトデ海岸)という名前の、ヒトデがたくさんいる所なのです。こんな風にヒトデがいるのですが、ヒトデがかたまっている場所は限られていて、『これは,こっそり人の手で撒いているのではないか?』という疑問が湧いてきましたが、まあ、深くは追求しないこととしましょう。なんだかちょっと固そうなヒトデですね...フーコック島の北部には「ヒトデ海岸」があった(ベトナム2019〜2020)

  • 意外なほど近くに見える隣国カンボジア(ベトナム2019〜2020)

    2019/12/31現在地です。すぐ上の小島はカンボジア領なんです。国境近くなどと聞くと、なんだかものものしい場所を想像してしまいますが、ここは至って静かなところでした。むこうに見えるのがカンボジア。とっても近くに見えます。引いて撮った写真ですが、うっすらとカンボジア本土も見えていました。「カンボジア・ベトナム戦争」という戦争が、1975年5月から1989年9月まであり、開戦時に真っ先に戦場となったのはフーコック島だったそうです。たしかにこんなに近くては、あっというまに攻め込まれてしまうでしょう。岩場の海岸に沿って通路が設けられていたので渡ってみることにしました。カンボジアを眺めながらブランコ!この島の人たちはよほどブランコが好きなのでしょうか、あちこちでブランコを見かけました。日本では、黒澤明『生きる』の有名...意外なほど近くに見える隣国カンボジア(ベトナム2019〜2020)

  • フーコック島の北部からはカンボジアが見えるらしい(ベトナム2019〜2020)

    2019/12/31今日もホテルのレストランで食事。しかし「ホテルのレストラン」とは程遠い建物ですね!でも、この掘立て小屋のような建物が日ごとに好きになってきました。(慣れて来ただけかな?笑)今日は大晦日です。夜はこの裸電球が活躍することでしょう。朝食はこれだけ。量は少ないですが、ビーチでいただく食事はのんびりしていて、ゆっくり味わうから、少ないと感じたことはありません。マンゴーは毎日食べていて、お腹の調子がすこぶる良好です。コーヒーは朝はホットでいただきますが、ベトナムコーヒーは、アイスでもホットでもグラスに入れるのがベトナム流。はい、フーコック島式バナナ・パンケーキです。(クレープみたいな感じ?との質問があったので、アップの写真を載せます。クレープではないことが分かると思います。普通のパンケーキのようにフワ...フーコック島の北部からはカンボジアが見えるらしい(ベトナム2019〜2020)

  • ベトナム旅行(2019/12/26〜12/30)

    ベトナム旅行記途中での引っ越しとなりましたので、とりあえずいままでの旅行記へのリンク先を貼っておきたいと思います。「明日からベトナムに行きます」→http://mahalo415.blog22.fc2.com/blog-entry-1288.html「ベトナム2019〜2020(リゾートの島フーコックへ)」→http://mahalo415.blog22.fc2.com/blog-entry-1289.html「ベトナム2019〜2020(フーコック島)朝食の風景」→http://mahalo415.blog22.fc2.com/blog-entry-1291.html「ベトナム2019〜2020(フーコック島)南島ツアー(前半)」→http://mahalo415.blog22.fc2.com/blog-en...ベトナム旅行(2019/12/26〜12/30)

  • gooblogに引っ越しました

    永らくFC2ブログにお世話になってきましたが、このたびgooblogに引っ越して「マハロ船長の航海日誌2」(2を追加しただけなんですけどね😅)として再出発することとしました。どうぞよろしくお願いいたします。以前のブログ→http://mahalo415.blog22.fc2.comgooblogに引っ越しました

カテゴリー一覧
商用