ホワイトホークブログ
住所
愛媛県
出身
愛媛県
ハンドル名
ほわいとほーくさん
ブログタイトル
ホワイトホークブログ
ブログURL
https://whitehawk2007.at.webry.info/
ブログ紹介文
宇和海を中心に活動するヨット「ホワイトホーク」(YAMAHA31S)。宇和島ヨットクラブ所属。
自由文
-
更新頻度(1年)

68回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2009/06/25

ほわいとほーくさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(IN) 8,801位 8,208位 8,420位 8,627位 8,978位 9,356位 9,450位 969,252サイト
INポイント 0 30 40 40 40 30 30 210/週
OUTポイント 10 110 90 140 290 120 100 860/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
マリンスポーツブログ 6位 6位 6位 7位 7位 9位 11位 2,958サイト
ヨット 2位 2位 2位 2位 2位 2位 3位 233サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 10,747位 10,598位 10,722位 10,954位 11,704位 13,783位 14,516位 969,252サイト
INポイント 0 30 40 40 40 30 30 210/週
OUTポイント 10 110 90 140 290 120 100 860/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
マリンスポーツブログ 6位 6位 6位 6位 8位 10位 12位 2,958サイト
ヨット 5位 5位 5位 5位 6位 7位 9位 233サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,252サイト
INポイント 0 30 40 40 40 30 30 210/週
OUTポイント 10 110 90 140 290 120 100 860/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
マリンスポーツブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,958サイト
ヨット 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 233サイト

ほわいとほーくさんのブログ記事

  • 荒天時作業

    先日の台風10号は無事に通り過ぎてくれたからよかったも…

  • 台風直撃か・・・

    大型の台風10…

  • レース前のルーティン

    来週末はヨットレース。ということで、先週からボツボツ遠征準備を進めて…

  • 酷暑

    梅雨が明け…

  • 救命胴衣と演歌歌手

    救命胴衣と演歌歌手,宇和海で活動するヨット「ホワイトホーク」のブログです。

  • バッテリー配線の問題

    YAMAHA31Sには2個のバ…

  • 海の日

    三連休の土日…

  • 夏の魚

    造船…

  • ポータブル電源

    地震、津波、大雨、台風・・…

  • たまには出港

    日曜日は久しぶりにセイリングを楽しもうと、土曜日の夜からヨットに泊まりこんでいました。夜中に少し雨が降り、明け方波でフェンダーがこすれる音で目を覚ましました。「ちょっと吹いてる?」朝ご飯を食べてから、船を出してみることにします。クルーは居候のフナムシ君。風は6〜7m/sであまり強くないものの、北西からのいやらしい波が入っていてよくありません。このままセイリングをしても潮をかぶるし、セイルも濡れるので「止〜めたぁ」。しばらく機走で湾内をクルージングして帰港しま...

  • 電動工具メーカーの扇風機

    エアコン付きのヨットなら暑い季節の船中泊も快適に過ごせるのでしょうが、残念ながらそんな設備はありませんし設置しようとも思いません。ホームポートでは家庭用の扇風機が使えますが、わざわざ運ぶのも面倒くさい。かと言って小型のポータブルファンでは風量がなさすぎ。最近では工具用のリチウムイオンバッテリーで駆動する家電が増えてきて重宝します。今回購入したコードレスファンはバッテリーでもAC電源でも駆動します。風速切り換え、首振り、タイマー機能まで搭載。しかも先日の父の日に買...

  • 電動工具メーカーの掃除機

    今までヨットの中で掃除機を使うには結構面倒くさい準備が必要でした。陸上からコードリールを浮き桟橋まで引っ張り、さらに延長コードを船内に引き込んでやっと100V電源を確保。船内で使用中もコードが邪魔になり使い勝手がよくありませんでした。コンパクトなコードレスクリーナーが欲しいと思っていたところ、主婦の間で「マキタ」の掃除機が話題になっていました。電動工具のバッテリーを装着して使用できるコードレスクリーナーで価格もお手頃。吸引力も抜群で使用場所を選ばず、とても便利だそう...

  • ストローハット

    6月に入り真夏のような気候になってきました。これからの季節はツバが広くて通気性の良い「麦わら帽子」が必需品になります。どうせワンシーズンの使い捨てなので、作業用品量販店で500円程度で販売しているもので十分。強い日差しを遮ってくれる麦わら帽子はありがたいのだけど、ヨットの上では風で飛んでいきそうになりちょっと心配です。今まではゴム紐なんかを縫い付けてあご紐代わりにしていたけど、なんかカッコ悪い。そこで、アウトドアハットみたいにハットストラップを付けることにしました。...

  • 大きいのと小さいの

    最近海の中を眺めてもイカの気配がない。5月中旬は産卵を控えたアオリイカのペアがたくさん接岸していたのに、さっぱり姿が見えなくなった。昼間に見えてるイカはなかなか釣れないもの。秋の子イカなら居さえすれば釣れるが、この時期の親イカをエギで釣るのは難しい。もう今シーズンのイカは終わってしまったのかなぁ?まあ釣れなくてもともと、ヒョイとエギを投げて2,3回しゃくると乗った!!「あっ、まだ居たんだ。」それにしても強い引き・・・「もしかして大物?」久しぶりの強烈...

  • 高所作業

    鳥さんの繁殖シーズンなのでしょうか、気が付けばいつもマストに鳥が止まっています。たぶんヒヨドリかな・・・?地上に比べて海の上は天敵がいなくて安全な場所なのかもしれません。おかげでデッキの上は糞だらけ。マストトップに止まった鳥を追っ払おうと、バックステーをブルブルっと揺すったら、バックステーを伝ってステンレスの金具が落ちてきました。フリッカの先端でバックステーを釣り上げているリングが外れて、上空でフリッカバテンだけが跳ね上がっています。鳥さんの安らぎタイムを妨害し...

  • セイルバッグのリメイク ②

    役目を終えたセイルバッグは遠征用のセイル置き場に改造しました。レースで遠征するときは長いソーセージバッグを最低3本積んで行きます。これにスピンバッグや個人用の荷物となると船内で人が休めるスペースがなくなるし、必要なものが取り出せなくて機能性が悪い。セイル様には一段上に上がっていただき、下で人間が横になれるスペースを確保しました。セイルハンモックはフルバテン仕様のなので型崩れせず、使用しないときはジブファーラーのようにクルクルっと丸めてコンパクトに収納できます。脱着や...

  • セイルバッグのリメイク ①

    不用品の整理をしていたら、使わなくなったヘッドセイルのソーセージバッグが出てきました。少し汚れているけど、捨ててしまうのはもったいない。何か活用する方法はないかと考えていると、いいことを思い付きました。自宅に持ち帰り、不要なパーツを取り外して必要な大きさにカット。押し入れからミシンを出してきてガタガタガタガタ・・・・。毎晩仕事から帰って、慣れない裁縫作業を3日間楽しみました。週末には船に持って行って微調整です。

  • GWクルージング(ホエールウォッチングだぁ!!)

    GWの日帰りファミリークルージングは蒋渕(こもぶち)の「こもてらす」が定番になっています。「今年も行きますよ〜」と電話を入れておいたら、連休中で大忙しにもかかわらず歓迎していただきました。生簀から揚げたばかりのサバを刺身でいただく贅沢。サバ好きにはたまりませんが、サバアレルギーの人が数名います。(かわいそう〜)蒋渕名物の岩ガキは、これまた贅沢に特大のカキフライ!!不味いはずがありません。最高のロケーションで家族で遊び、美味しいものを頂いて贅沢な時間を過ごしました...

  • GWクルージング(子供と一緒に楽しもう!!)

    「うわじまパールカップ」が終わって一段落。レース終了後はしばらく天気が悪かったものの、スペシャルゴールデンウイーク後半戦は心地よい晴天になりました。レースの準備や運営などでGW中の家族サービスなどまったく計画していませんでしたが、急きょ家族ぐるみの日帰りクルージングを思い付きました。参加したのは3家族。オヤジと子供達はヨット。ご婦人方は車で移動します。ヨットの上では中学生のお姉ちゃん達が小さい子供の面倒をよく見てくれて安心です。中には連休中遊び過ぎて宿題をま...

  • うわじまパールカップ2019

    平成最後のパールカップに今年も西日本各地から多くのヨットが集まって来てくれました。前日まではNWの強い風が吹き荒れましたが、当日は穏やかな晴天に恵まれ、平成の最後を締めくくるのにふさわしいメモリアルなヨットレースになりそうです。開会式と艇長会議を終え50隻のヨットが宇和島港を出港します。沖から見ると新緑の宇和島城をバックに多数のマストが揺れる素晴らしい光景です。

  • 内装完成!!

    週末3週間かけて、仮の内装がやっと仕上がりました。フィルム貼りはどうしても一人の手ではうまくいかず、奥様に作業を手伝ってもらいました。結局はマットの作成や縫い物など、ほとんど女性陣の労力により仕上がったようなものです。とりあえず、ゴールデンウイーク前に作業を終えることができてよかった。カジュアルでいい感じの雰囲気になったんじゃないかな?

  • シーズンイン直前

    来週はいよいよ「うわじまパールカップ」今まで内装の整備ばかりしていましたが、レースの支度もしておかなければなりません。レース用のヘッドセイルの具合が心配だったので、ちょっとだけ船を出してテストしてみることにしました。出航前にヨットの船底を覗くと、アオリイカの一群が・・・一匹だけ頂戴しました。今日は初夏のような陽気で、油断していたらひどい日焼けになってしまいました。ヘッドセイルの具合もいいみたいだし、来週は良いレースができることを期待しています。

  • 仮の内装作成中

    先日、セティバースのソファーを全部取っ払いメインキャビンの内装を丸裸にしました。白いインナーモールドにこびり付いた鉄粉の汚れを5時間かけて除去し、船内をきれいに磨き上げました。取り外したソファーのファブリックを全部貼り直して復旧するには、週末のDIY作業で数カ月はかかると思います。せっかくきれいに磨き上げたキャビンに修理前のソファーを戻すことはできません。かといって、このまま内装のないキャビンは堪え難いものがあります。そこで、ソファーの修理にかかる前に、まずは仮の内...

  • 内装撤去

    ドックをして船底はきれいになりました。船を下ろして、デッキも船内もきれいに掃除してピカピカにしました。でも一つだけ気になるところが・・・見えないところが、じつは手の付けようもないぐらい汚れているんです。YAMAHA31Sのセティ—バースのソファーはとても立派で、高級家具のような作りになっています。ところがそれを外すと錆がボロボロ落ちてきます。背もたれと座面は取り外せて物入れになりますが、取る外すと鉄粉が落ちて船内が汚れしゅうりするとなるとるのであまり触りたくあり...

  • さくら吹雪

    日曜日、ヨットの中で作業をしていると妻と子供達がお花見に行こうと誘ってきました。実家の母が作ってくれたお花見弁を持って裏山に登り、桜の木の下でお弁当を広げました。桜の花は満開を過ぎ、もう散り始めています。風が吹くと桜吹雪になって花びらがお弁当の中に飛んでくるのも乙なもの。帰りは野山を歩き山菜を摘みながら下山しました。週末はずいぶん気温も上がり春本番といった感じでした。花々は咲き誇り、アオリイカも産卵のために着岸し始めています。うららかな春の季節をもう少し楽し...

  • まもなくシーズンイン

    ドックで上架し船底塗料の塗り替えも終わりました。ハルは時間に追われながらもなんとか水垢を落とすことができましたが、デッキの上やキャビンの中は汚れまくっています。きれいな状態でヨットのシーズンを迎えたいので、頑張ってお掃除をしました。船内の埃はダスター刷毛で集めて掃除機で吸うのが効果的。デッキは水洗いして、コクピットやハウス周りはボートクリーナーで艶が出るまで磨きました。これで、気持ちよくヨットに乗ることができます。シーズン初戦に向けて自艇の準備はできました。...

  • 今年のさくら

    宇和島の桜は日本で一番早く咲いたのに、その後は満開の手前で足踏みをしています。昨日は平成最後の桜を見に、高知県の四万十川沿いをドライブしてきました。強い風がビュービュー吹いていて、のどかな春のお花見とはいきませんでしたが、所によっては零れ落ちんばかりに満開の花を咲かせた木もあり、それはそれで楽しませていただきました。今日から新年度ですが、宇和島市の背後にそびえる鬼ヶ城の山頂は白くなっていました。新しい元号も決まったことですし、これからは急加速で季節が変わっていきそうです...

  • 春です。ドックです。

    今年もドックの季節になりました。毎度のことながら、ドック整備にはエネルギーを使います。ただ船底塗料を塗り替えるだけなら半日もあれば終わりますが、予定された時間内にできる限りのことをやりたいのでつい頑張っちゃう。この週末は少し肌寒かったものの天気が良くて作業が捗りました。ヒヤッとするようなアクシデントもありましたが、なんとか作業も終わって一安心。しばらくの間はきれいな船底で気持ちよくセイリングできそうです。

  • クジラが泳ぐ海

    春はドックの時期です。船内に大量の資材を積み込んで雨の中出港。発達中の低気圧が通過中で強い南風が吹いています。春の嵐ですが、ドックまでは追風で走れるので楽勝です。プレーニングを楽しみながら鼻歌まじりで機走していると、近くで「ザッパーーン!!」見ると左舷側正横約50mぐらいのところにクジラの背中。正確な大きさは分かりませんが、31フィートの「ホワイトホーク」ぐらいはあったと思います。これだけ間近に大型クジラが現れると、さすがに恐怖を感じました。しばらく心臓...