chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
自転車とランニングとトレーニング https://sakaname.hateblo.jp/entry/2021/03/21/%E6%AB%BB%E4%BA%95_%E8%A6%81_%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB

日頃のランニングやサイクリング、トレーニングを中心に、今読んでいる本のことなど綴ります。独自の視点でウルトラマラソンや長距離サイクリングを考察・思考。エンデューロ競技をライフワークに、田舎移住計画中!

20代前半からトライアスロンを始め、ハワイアイアンマンには7回続けて出場。1995年頃からロングライドの自転車をメインにアメリカ大陸横断自転車レース(RAAM)に4回出場。100マイルのトレイルランニング、24時間走、オーストラリア横断マラソンなど、エンデューロ競技をずっと続けています。これからは大会運営に力を入れて行きます。設楽町にサイクル&ランニングステーションを計画中。

sakaname
フォロー
住所
天白区
出身
渋谷区
ブログ村参加

2021/03/24

1件〜100件

  • #197 ララムリ

    タラウマラ族(ララムリ)のことを知ったのは、1998年のAngels Crest100(100マイルのトレイルランニングの大会)に出た時のこと。 エンジェルスクレスト100(1998) 前年1997年3回目のレースアクロスアメリカ(アメリカ大陸横断自転車レース)を5位でフィニッシュ、自転車のレースは一区切りをつけた。1998年はウルトラマラソンを中心に活動していた。そんな中、100マイルのトレランがカリフォルニア州であることを探し出し、エントリーしたのが、Angels Crest100。Pacific Crest Trailの一部を走るルート。本格的なトレイルランニングの大会は初めてで、100…

  • #196 クロストレーニング

    私が「クロストレーニング」という言葉を定義すると、「いろいろやってみること」になる。試行錯誤しながら、他の分野にも手を出す。思わぬ発見があったり、打開策につながったりする。discover。 この言葉を初めて聞いてから、既に35年近くが経つ。当時はトレーニング=身体トレーニングと思っていたし、トライアスロンをやり始めた時期と重なることから、トライアスロンのトレーニングのためにも、このクロストレーニングの概念を知りたくて、本を探した。買って来て読んだのがこれ↓↓ クロストレーニング 購入先は、初めてアメリカに遠征した時のボストンの本屋さん。 トライアスロン自体が新しいスポーツカテゴリーで、これに…

  • #195 トランスオーストラリアフットレース:Day66

    【オーストラリア横断日記】 2001年 3月12日(月)晴れ Canberra Day66 荷物整理。だいぶ物を捨てた。Aki・井上を空港まで送る。 レースを終えて-1 レースを終えて-2 レース後の荷物整理-1 レース後の荷物整理-2 レース後の荷物整理中、集まってきた仲間たちと レース後の荷物整理中、集まってきた仲間たちと-2 朝、Kruglikovが走っていた。彼に休みはない。 Davidたちと朝ごはん、とても美味しいパンケーキのお店。 このお店が地下にあり、階段を下りている時にバランスを崩して尻もちついた。 (松葉杖使っていたので) その時、左手をついてかばったためか、左手に力が入らな…

  • #194 トランスオーストラリアフットレース:Day65

    【オーストラリア横断日記】 2001年 3月11日(日)晴れ Michelogo~Canberra Day65 45km 最終日、今日もBig Georgeのサポート。 コンペティションは45km。 1位のKruglikovは、最後までスピード衰えず。 井上さんは自転車で全体のサポートに。 最終日のスタート前、新聞掲載の記事を見ている 最後の最後で走れなくなったけれど、みんなの応援は、ありがたかったです レースが全て終わり、表彰式へと向かう。 完走した各ランナーの紹介と、順位の発表。 名前を呼ばれたランナーが、設置された檀上に上がって行く。 檀上に促されて。 檀上で主催者のBurneyに励まさ…

  • #193 トランスオーストラリアフットレース:Day64

    【オーストラリア横断日記】 2001年 3月10日(土)曇り・晴れ Cooma~Michelogo Day64 レースは、今日を入れて残り2日間になった。 終日、Big Georgeのサポートクルー、といっても松葉杖がないと歩けないから、 サポートクルーというより応援。 Georgeのサポート?応援 Georgeのサポート この大会を紹介してくれて、主催者側との様々な交渉にあたってくれた、Aki・井上さんと合流。 大会のゴールに合わせて日本から来てくれたのですが、まさかのリタイアで「ごめんなさい」 井上さん(純日本人です)が、サポートクルーの由紀さんとの仲介に入ってくれたおかげで、このレースに…

  • #192 トランスオーストラリアフットレース:Day63

    【オーストラリア横断日記】 2001年 3月9日(金)小雨・曇り・晴れ Candelo~Cooma Day63 自分が走らないと、ステージの距離、ルート、ゴール地点など、どうでも良くなっている。やっぱ自分勝手だということに、今さら気づいた。 朝は、ステファニーと同じ4時に起きて、ボーっとしていた。 脚の痛みは、ずーっと続いていて、脛のところが腫れて、熱っぽい。 朝食に、パンを焼いて食べた。ゆっくりと、トーストを食べるのは久しぶり。 伸びていた髭を剃り落とす。 由紀さんが起きてきてから、荷物整理。 不破さん、市川さんも一緒になり、10時頃Coomaへ向けて出発。 Nimmitabelの町で、ミー…

  • #191 トランスオーストラリアフットレース:Day62

    【オーストラリア横断日記】 2001年 3月8日(木)小雨・曇り・晴れ Wolumla~Candelo Day62 ステージ距離:16.6km/総距離:4104.0km タイム4:21:51 15位(タイムオーバー) カットオフタイムに届かず失格になった。 1時間に5.6km進むのが各ステージのカットオフタイムのルール。今日だとおよそ3時間以内、それを大幅に越えてしまった。 予定が大きく変わり、スタート時刻6時が12時に、距離は16,6kmになった。 Jessie達が、今日のコースの下見をしていた時に、地元のポリスから警告されたらしい。狭い道が曲がりくねっていて、暗い時間帯にそこを走るのは危険…

  • #190 トランスオーストラリアフットレース:Day61

    【オーストラリア横断日記】 2001年 3月7日(水)曇り・晴れ Cann Riverから15km~Edenまで15kmくらい Day61 ステージ距離:80.0km?/総距離:4087.4km タイム13:40:?(誤って消去) 15位 記録を取るどころではなく、距離も?(80kmより長い)タイムも?消去してしまう。 スタートから45kmくらいまでは、昨日より良い感じで進む。歩くよりも、ジョグ中心で行けた。 朝起きた時は、右脚を床に着くのすら苦しかったのに。 1時間に7km弱、5kmを43分くらいかけて順調に進む。 森の中の静かな道、ジョージア州を思い出した。レース終盤というロケーションも同…

  • #189 トランスオーストラリアフットレース:Day60

    【オーストラリア横断日記】 2001年 3月6日(火)曇り・晴れ Orbostから10km~Cann Riverから15km Day60 ステージ距離:78.9km/総距離:4007.4km タイム12:31:25 15位 この大会を通じて初の最下位(今走っている15人のランナー中、15位) カットオフタイム(制限時間)との戦いになった。 昨日総合3位をかけて勝負し、60km以降歩かざるを得なくなったつけが出た。 朝起きた時から、右脚を付いて立ち上がるのが困難な状況。 どうにかして一度立ち上がっても、歩くのがやっとこさ。 昨日、勝負した結果なので悔いはないが、苦しい一日になった。 一帯は森の中…

  • #188 トランスオーストラリアフットレース:Day59

    【オーストラリア横断日記】 2001年 3月5日(月)曇り・晴れ Bruthen~Orbostから10km Day59 ステージ距離:75.0km/総距離:3928.5km タイム7:37:29 9位 腰の痛みがかなり軽くなり、バレオベルトせずに走り出した。 Big Georgeの気持ちのこもったマッサージが効いたみたい。 昨晩は蚊が多くてよく眠れなかった。 朝方かなり冷え込み、長袖トレーナーを着込むほど。 今日のステージが勝負どころと思い、気合を入れて走る。 10kmを1時間以内に通過。昨日より格段調子良く、徐々にペースを上げて行く。 1時間に11kmのペースまで上がり、このまま行けば6時間…

  • #187 トランスオーストラリアフットレース:Day58

    【オーストラリア横断日記】 2001年 3月4日(日)曇り・晴れ Perry Bridge~Bairnsdale~Bruthen Day58 ステージ距離:69.8km/総距離:3853.5km タイム7:26:25 11位 スタート時、靄の中、ロングスリーブシャツで走る。 走り始めると案外暖かく、汗でべたべたになり、すぐに着替え。 終日調子に乗れないまま、我慢の走り。 腰痛と右脚のシンスプリント、それに体調自体が下降しているのが重なった。 今日のステージだけで、Dusanと約1時間半差がついた。 残りの1週間で3時間52分のアドバンテージを守れるか? 久々にフリーのアコモデーションに泊まるこ…

  • #186 トランスオーストラリアフットレース:Day57

    【オーストラリア横断日記】 2001年 3月3日(土)曇り・霧・晴れ Rosedale(まで14kmの地点)~Sale~Perry Bridge Day57 ステージ距離:75.2km/総距離:3783.7km タイム6:54:44 5位 昨日までのトータル・リザルトをもらった。現在3位、4位のDusanとは5時間52分の差。 本日のステージで20分詰め寄られて、約5時間30分差。今日くらいの走りができれば十分守れる。 今朝も靄の中のスタート。ロングスリーブにバレオベルト着けて、昨日と同じスタイルで走り出す。 腰をかばいつつ、短いストライドで慎重に進む。そんなでも、さらに後方を走るランナーがい…

  • #185 トランスオーストラリアフットレース:Day56

    【オーストラリア横断日記】 2001年 3月2日(金)曇り・霧・晴れ Warragul~Moe~Rosedale(まで14kmの地点) Day56 ステージ距離:76.6km/総距離:3708.5km タイム6:47:11 5位 今日から、腰痛防止ベルト(バレオベルト)着用。 オーストラリア横断マラソン、腰痛ベルト着用 Day-56 霧の中、一帯は牧場。時に砂利道あり、鉄道線路沿いの田舎道を走る。原子力発電所(Yallourn)のすぐ横を通った。 入りは最下位、ラストでMick抜いて5位。 霧が深く立ち込め、肌寒い。フランクショーターの長袖シャツを着てスタート。バレオベルト締めて。 昨日手に入…

  • #184 トランスオーストラリアフットレース:Day55

    【オーストラリア横断日記】 2001年 3月1日(木) 晴れ Dandenong~Warragul Day55 ステージ距離:66.8km/総距離:3631.9km タイム7:24:19 9位 左足の着地・接地で脚の付け根から腰まで激痛が走る。ずっとドベ(最下位)で進む。 1km/8分ペース、半べそかいて。 まだうす暗い日の出前、明け方にかけては全く走れなかった。 普通に犬の散歩をしている人を抜くのも一苦労。 カットオフタイムを気にするような状態、半泣き(痛いのと、悔しさで)しながら、それでも走る。 こんな状態で、あと10日間も耐える自信がなく、リタイアすることを考えたが、とりあえず今日のステ…

  • #183 トランスオーストラリアフットレース:Day54

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月28日(水) 晴れ Melton~Keilor(Melbourneは車で通過) Day54 ステージ距離:Competition区間 25.0km/総距離:3563.1km タイム 2:18:16 10位 Competition区間25km、No Competition28km、それに地元ランナー達とのファンラン40kmという変則ステージ。走る前、Melbourneが地元のBryan Smithの奥さん、Janeと再会し抱擁。言葉はなかったが、それで良いと思う。Bryan Smithを思い出すと泣きそう。 3回の大きなターン(曲がり角)には矢印がつけ…

  • #182 トランスオーストラリアフットレース:Day53

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月27日(火) 晴れ Ballarat~Melton Day53 総距離:82.0km/総距離:3538.1km タイム7:21:26 4位 なんとイギリスのBobby Brownが3位、1位はAndreiがとった! Mihalyとラストまで並走、ゴール地点がわからずスプリントにならなかった。 山あり、谷あり、湖あり、未舗装砂利道あり、そして最後は町の中。 昨日、ポリスの先導でゴールしたアーケードの中心から、やや離れたアーケードの端がスタート地点。 このレースが始まって53日目、初めてターンシートが配られた。 今日のコースは、曲がるところが多いためか、…

  • #181 トランスオーストラリアフットレース:Day52

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月26日(月) 晴れ Buangor~Beaufort~Ballarat Day52 ステージ距離:62.9km(Competition)+4.3km(No Competition)/ 総距離:3456.1km タイム5:34:59 6位 腰痛に左脚アキレス腱痛、思い通りに走れなかった。が、ラスト3kmから追い上げ、Mickとスプリントに!(負けた) 朝は涼しく虫の音が響き渡り、すっかり秋の気配に。空が晴れ渡り満天の星。 Beaufortの手前に、一つ大きな丘があり、それを越えて行く。 ひと頃の軽快な走りが出来ず、集中力も続かない。 速いペースで走れな…

  • #180 トランスオーストラリアフットレース:Day51

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月25日(日) 雨・曇り・晴れ Halls Gap~111号~Stawell~A8号~Ararat~Buangor Day51 ステージ距離:79.0km/総距離:3388.9km タイム6:47:43 3位 朝スタートの前、ガソリンスタンドのところからカンガルーが飛び出てきた。 スタート時の告知は74km、実際は79kmだった。 Halls Gapは小雨、この大会で初めてロングスリーブTシャツで走りだす(途中で半袖シャツに着替えた)。 みんな(Kruglikovを除く)疲れているのか、見た感じ走りに精彩がない。 昨晩、BraianがBarに1人飲みに…

  • #179 トランスオーストラリアフットレース:Day50

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月24日(土) 晴れ Horsham~Halls Gap Day50 ステージ距離:77.2km/総距離:3309.9km タイム7:05:45 5位 昨日の疲れ残り、5位に沈む。 15kmの上り坂と10kmの下り坂:Grampian-National-Park 背中・腰の左側に痛み有り。椅子からの立ち上がりや、歩き出しの一歩目にちょっと痛む。 昨日のゴールのガソリンスタンドがスタート地点。その横で、昨日4WDの運転でサポートしてくれた人たちが、朝からBBQやっていた。週末だからなのか、ランナー以外のそういった人たちがいっぱいいた。 スタートは、事情説…

  • #178 トランスオーストラリアフットレース:Day49

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月23日(金) 晴れ Little Desert~Horsham Day49 ステージ距離:65.9km/総距離:3232.7km タイム6:20:44 4位 全体の6割が砂の上を走るハードな一日。腰が疲れた。ラストはA8 HWY。 朝5時から、ロッジのブレックファーストが用意されていて、シリアル1ボール、トースト2枚、コーヒーとオレンジジュースを摂る。 今日のステージは大半が砂漠地帯(砂の道とブッシュの生い茂る地帯)、そのため特別に地元のボランティアが4WDでサポートしてくれる。僕たちのサポートは、マーク・スミスさんと息子のアラン君。トヨタのランドク…

  • #177 トランスオーストラリアフットレース:Day48

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月22日(木) 晴れ VIC・SA Border~Little Desert Lodge Day48 ステージ距離:76.7km/総距離:3166.8km タイム6:08:34 3位 VIC・SA Border~Nhill~Little Desert Lodge ヴィクトリア州に入り、同じ8号線だけどDukes-HWYからWestern-HWYに呼び名が変わった。路肩の幅が広くなり走りやすい。アメリカでもそうであったが、各々州ごとに財政状況が違うのか、道路の状態がガラリと変わった。 昨日同様、道路工事区間が何カ所もあったが、ずっと右側通行で進めた。この…

  • #176 トランスオーストラリアフットレース:Day47

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月21日(水) 晴れ Keith~VIC・SA Border Day47 ステージ距離:65.0km/総距離:3090.1km タイム5:00:25 4位 Keith~Bordertown~VIC・SA Border 夜中の2時半頃、由紀さんが戻ってきた。新しく借りたバンに乗って。 彼女は常々「ランナーズ・ファースト!」(ランナーを一番に)と言っているだけあって、こんな夜中まで動いてくれている。 が、さすがに今日のサポートはお休み、主催者の使っているモーターホームの中で半日寝ていた。代わってKawikaがサポートしてくれる。 主催者提供のモーターホーム…

  • #175 トランスオーストラリアフットレース:Day46

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月20日(火) 晴れ Coonalpyn~Keith Day46 ステージ距離:65.0km/総距離:3025.1km タイム4:58:50 3位 Coonalpyn~Tintinara~Keith スタートから積極的に前に出る。Kruglikov、Dusan、Andreiに次いで4番手追走。 明るくなる頃には、Dusan、Andreiのすぐ背後に迫る。 ここ数日違和感のあった左膝の具合が、少し良くなったみたい。 Dusanをかわし3番手に上がり、Andreiの直後を走る。10km辺りまでAndreiに付けたが、徐々に離される。ほんの僅かなペースの違い…

  • #174 トランスオーストラリアフットレース:Day45

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月19日(月) 晴れ Tailem Bend~Coonalpyn Day45 ステージ距離:66.0km/総距離:2960.1km タイム5:14:10 3位 Tailem Bend~Cooke Plains~Coomandook~Yumati~Kiki~Coonalpyn ヴィクトリア州までもう少し 今朝は由紀さんが寝ぼけて、いつもより1時間早くに起き出した。が、僕は時計を見て時刻確認、そのまま寝ていた。 片側2車線の大通りを走る。今日は右側通行で。ロードトレインが多く、薄暗いうちはリフレクター(反射)ベルトを左手首に巻き付けて走る。こんなふうに安全…

  • #173 トランスオーストラリアフットレース:Day44

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月18日(日) 晴れ Nairne~Tailem Bend Day44 ステージ距離:66.0km/総距離:2894.1km タイム5:20:36 3位 Nairne~Murray Bridge~Tailem Bend 4時半起きの予定で目覚ましセットしていたはずなのに、由紀さんが3時半頃から明かりをつけてバタバタしだし、目が覚めた。何かと思ったら、水道が壊れていて水が出ないと。水が使えないと困る。 隣にあるホテルの建物に、たまたま来ていた掃除の人に、ホテルの中に入れてもらい、トイレとか借りられた。 朝からトラブルがあったものの、2日ぶりに「普通に」ス…

  • #172 トランスオーストラリアフットレース:Day43

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月17日(土) 晴れ Adelaide~Nairne Day43 ステージ距離:40.0km/総距離:2828.1km No Competition30km+10km タイム41:36 4位 Adelaid~Eagle on the Hill~Bridgewater~Hahndorf~Nairne 5時半スタートということで、昨日のゴール地点Elder Parkに行った。 レーススタッフのJessieが、本日のターンシート(ルート地図)を配っていて、それを見ながら走るんだと思っているところへ、大会主催者のBernieが遅れて登場。いきなりターンシートを…

  • #171 トランスオーストラリアフットレース:Day42

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月16日(金) 晴れ Tarlee+12km〜Adelaide Day42 ステージ距離:67.0km/総距離:2788.1km タイム No Competition Tarlee+12km〜Gawler〜Adelaide 今朝も肌寒い。スタート直前にNo Competitionと聞かされた。 ロングスリーブ着ようか迷ったが、いつも通り半袖シャツで行く。 タイム関係ないので、みんなゆっくり一列に進む。 が、あんまり遅いため体が温まらなくて、少しペースを上げた。 ゆっくり走るのは楽なようで、かえって疲れる。 走りのペースはそこそこ上げて、3kmごとのエイ…

  • #170 トランスオーストラリアフットレース:Day41

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月15日(木) 曇り Clare〜Tarlee+12km Day41 ステージ距離:66.8km/総距離:2721.1km タイム5:43:00 [3位] Clare〜Auburn〜Rhynie〜Tarlee アップダウンの続く丘陵地帯 朝6時、肌寒く、なかなか車から出られない。まるで冬のよう。 ランナーほぼ全員がロングスリーブシャツを着ている中、 自分だけが半袖シャツ・短パンという、いつも通りの恰好。 Clareの町中、向い風が吹く。 丘陵の連なり、勾配のきつい坂も多い。 スタートしてすぐに1人になった。 ちょっと前にAndreiがいて、目標に走って…

  • #169 トランスオーストラリアフットレース:Day40

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月14日(水) 曇り George Town〜Clare Day40 ステージ距離:62.5km/総距離:2654.3km タイム5:28:50 [5位] George Twon〜Gulnare〜Yacka〜Rochester〜Clare 今朝も涼しい曇り空、そして向い風の中、6時スタート。 スタート前のひと時 Big George、Mihalyの2人が背後に付き、気になって走りづらい。 最初の丘の上りで、一度ペースを上げると、背後はMihaly1人だけになった。 その後、彼が前に出たため、少し間を開けつつ追走する。 13〜17km辺りで、調子出てきて…

  • #168 トランスオーストラリアフットレース:Day39

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月13日(火) 曇り Melrose〜George Town Day39 ステージ距離:66.9km/総距離:2592.8km タイム5:39:11 [3位] Melrose〜MurrayTown〜Wirrabara〜Laura〜Gladstone〜GeorgeTown 本日のルート。 夜中に雷轟く土砂降りの雨。それも明け方には上がり、星が見えてきた。 スタート6時、少し肌寒さを感じるが、走るのには丁度良い。 スタート前、まだ薄暗い 小さな町をいくつか通り抜けて行く67kmのルート。 メインルートは何号線だかわからないが、大型の長距離輸送のロードトレイ…

  • #167 トランスオーストラリアフットレース:Day38

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月12日(月) 曇り・晴れ Port Augusta〜Melrose Day38 ステージ距離:63.0km/総距離:2525.9km タイム5:25:45 [3位] Port Augustaの町を6時にスタート。 地元ポリスのエスコートが、しばらく付いた。 朝のドライブ移動無しだと、とても楽。 今日も走り始めは、脚が重い。 片側2車線、中央分離帯の有る大きな通り。 右側が海、港が広がり、潮風が強く吹いている。 Mick、Wolfgangの2人が少し先を走っている。 昨日パスタディナーを催してくれたランナーズクラブの人たちの誘導で、 左折、右折、Pt.…

  • #166 トランスオーストラリアフットレース:Day37

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月11日(日) 曇り・晴れ Iron Knob〜Port Augusta Day37 ステージ距離:67.0km/総距離:2462.9km タイム5:15:46 [3位] 日本から持ってきた大学ノート、昨日で最終ページが終わり、今日から新しいノート。 Iron KnobからPt.Augustaまで、EYRE HWY1号線(A1-HWY)を進む。 スタート時、雲が多く涼しかったが、日が昇るに連れて暑くなる。 左膝の調子が良くなくて、始めはゆっくりしか走れない。 ロシアのAndreiも、最近走り出しがゆっくりのため、すぐ前を走っている。 ちょっと調子が上が…

  • #165 トランスオーストラリアフットレース:Day36

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月10日(土) 曇り HWY Stop〜Iron Knob Day36 ステージ距離:66.6km/総距離:2395.9km タイム5:25:32 [3位] シューズを新しいのに換えた。ブルックス・クルシエイトII。 曇天、日が昇るまで涼しいくらい。 3〜4日間の周期で、天気がガラっと変わる。 昨日お昼に水分多く、嵩のあるもの(メロン半分・トマト、オニオン、ピーマンのサラダ)を食べすぎたためか、お腹がゆるく、走り始めてすぐトイレに行きたくなった。 まず6kmでトイレストップ、MIckに抜かれた。 その後調子良く走っていて、前を行くWolfgangがすぐ…

  • #164 トランスオーストラリアフットレース:Day35

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月9日(金) 曇り HWY Stop〜(via Kimba) HWY Stop Day35 ステージ距離:41.5km/総距離:2329.3km タイム3:19:02 [3位] 今日も距離変更、41.5kmのショートステージ。 走り始めから、自分なりにハイペースのつもりでいったが、 ロシアの2人とDusanには置いていかれた。 10kmを52分、入りとしては良いペース。 曇り空、昨日まで続いていた暑さはない。 Kimbaの町で約半分の20km。 鉄道の踏切を越えると、「Across Australia Half-Way」の看板、その前を通過。 Kimb…

  • #163 レースアクロスアメリカ:Outside Watch

    RAAMロゴマーク レースアクロスアメリカ(Race Across America)RAAM:アメリカ横断自転車レース Outside TVの映像です。 www.outsidetv.com Outside Watch リレーチーム部門が中心の映像になりますが、コースはソロ部門と同じです。 今後出場を考えているライダーの参考になります。 下の写真は、僕自身の最初のRAAM・1995年のもの。この当時は、スマホもタブレット端末もなかった。一般人には、まだアナログ中心な時代でした。 1995年最初のレースアクロスアメリカ

  • #162 トランスオーストラリアフットレース:Day34

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月8日(木) 晴れ・曇り Kyancutta〜HWY Stop Day34 ステージ距離:68.0km/総距離:2287.8km タイム6:08:16 [4位] ハワイアンのカビーカ(向かって右)と彼のサポートクルーのビル(左) Kyancuttaまで13kmの車移動、暑くなりそう。 スタート地点に一番乗り。 ローカルテレビ局の人が来ていて、VTR撮影していた(1人だけで)。 スタート前、オーガナイザーのBernieが今日のステージに関して、 「今日は予定より20km短く、これからも80kmを越えるステージはつくらない」 と言っていたように聞こえたが、…

  • #161 トランスオーストラリアフットレース:Day33

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月7日(水) 晴れ Poochera〜Kyancutta Day33 ステージ距離:83.7km/総距離:2219.8km タイム7:29:50 [4位] Poocheraロードハウス前を6時スタート。 この時間は、まだ薄暗く星がきれい。ということで今日も快晴。 暑くなること確実。 昨日、一昨日とラストがフラフラだったので、少し不安があり、 特に意識してゆっくりペースで走りだす。 スタート前、梅干しを一つ口に入れる。水も沢山飲んでおいた。 日が昇る前とはいえ、すぐに汗が噴き出した。 ちょっと前をWolfgangが走っているが、今日は他のランナーを意識せ…

  • #160 トランスオーストラリアフットレース:Day32

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月6日(火) 晴れ HWY Stop〜Poochera Day32 ステージ距離:65.1km/総距離:2136.1km タイム5:47:54 [3位] Wirrullaのモーテルから約20kmを車移動、今日走るコースの逆走。 7時スタート。 スタート前、地元ポリスが 「車にはくれぐれも注意して走るように」と、わざわざ来て話す。 「車が来たら、路肩に寄るよう」要請(?)された。 実際、ラトビア人Georgeは、車が来ても避けない事が多々有り、個別に注意を受けていた。 7時だと、すっかり明るくなっていて、走り始めからサングラス着用。 雲一つない快晴、風は…

  • #159 トランスオーストラリアフットレース:Day31

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月5日(月) 晴れ Ceduna〜HWY Stop Day31 ステージ距離:74.8km/総距離:2071.0km タイム6:41:19 [4位] Cedunaの近辺の地図 昨日の夜は9時に寝て、8時間以上眠れた。スタートは7時。 走り始め少し涼しく感じたが、だんだん気温が上がり、ゴールする頃には暑かった。 レース終盤暑さにやられ、きつかった。 軽い脱水症状、ゴール後しばらく椅子に座って休む。 いつもは自分で車から椅子を出して座るのに、フラフラでできず、 由紀さんにお願いして出してもらった。 めまいがして、よろよろと座り込み、水(氷水)飲んでようやく…

  • #158 トランスオーストラリアフットレース:Day30

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月4日(日) 曇り Penong〜Ceduna Day30 No competition 69km/1996.2km(2月2日の分 3km含む) バーニータイムから現地時間へ、時計を1時間進める。 Penongから3km、Bryan Smithが倒れたところから、再スタート。 道路脇に十字架供え、スタート前に黙祷。 思い出すと、悲しみが込み上げてくる。 特に、Bernie始めとするオーストラリア勢は辛そう。 レース再開・スタート前に黙祷 僕は、もう泣くことはない。 Bryanの肉体は消えても魂は消えたわけじゃない。 心の中に生き続けている。 当然、寂し…

  • #157 トランスオーストラリアフットレース:Day29

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月3日(土) 晴れ Ceduna Day29 レース中断の日 レースがお休みになり、朝ゆっくりできた。 キャビンには嬉しいことにトースターが有り、パンを焼いてトーストに。それにバターとベジマイト(ビール酵母のペースト)を塗ったものを食べる。さらにミューズリー(シリアル)にピーチとヨーグルト混ぜたのと、コーヒーを3杯、いつもの数倍の量の朝食メニューになった。 昨日の夜のアンチョビピザが塩辛く、喉の渇きで夜中に2、3回水飲みに起きた。 時間に余裕があり、髪の毛切りに床屋へ行ったが、2軒とも予約がいっぱいで断念。 お昼のBBQ用に食材を買いに行く。 だいたい…

  • #156 トランスオーストラリアフットレース:Day28

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月2日(金) 晴れ Penong〜Ceduna Day28 3km No competition 長らく続いたNullarbor平原の最終ステージ、Penong〜Ceduna75km区間スタート。 昨日からの熱波が続き、朝から暑い。スタート直前に水を飲む。 ちょっと脚がだるいため、ゆっくりペースで走り始める。 Mick、Wolfgangと3人前後しながら、最初のエイド3km過ぎて、 そろそろ次のエイドかなってところで、大会スタッフのJhonが車でやって来た。 「Bryan Smithが倒れたから、今日のステージは中止」 と言って、先行するランナーに伝え…

  • #155 トランスオーストラリアフットレース:Day27

    【オーストラリア横断日記】 2001年 2月1日(木) 晴れ Nundroo〜Penong Day27 ステージ距離:77.6km/総距離:1924.2km タイム6:58:48 [3位] NundrooロードハウスからPenongまで、キロポスト標示だと79kmのステージ。 スタート時オフィシャル発表は75km。 ゴール後の発表は77.6kmだった。こんな大雑把さにも慣れてしまった。 昨日より速い段階から、走りのリズムに乗れた。 が、強烈な風が、横から前から吹き荒れて、ペースは落とさざるを得ない。 ずっと一人で走る。 小高い丘を何度も越える。 その丘の坂自体は大したことなかったが、絶え間ない…

  • #154 トランスオーストラリアフットレース:Day26

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月31日(水) 晴れ HWY Stop〜Nundroo Day26 ステージ距離:73.5km/総距離:1846.6km タイム6:27:09 [4位] 「How do you say in English?」 Davidに教わった英語、今日のフレーズ。中学生レベル。 朝70kmのドライブ中、カンガルーを撥ねた。 居眠りしていたら、突然ガツンとなんか車にぶつかって、脇に転がっていった。 寝ぼけていたので、「ディンゴ?」って由紀さんに聞いたら「カンガルーみたい」と。 車にカンガルーバー(撥ねた時のダメージ軽減のプロテクター)は付いていたが、バンパーが少し…

  • #153 トランスオーストラリアフットレース:Day25

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月30日(火) 晴れ Nullarbor Roadhouse〜HWY Stop Day25 ステージ距離:70.3km/総距離:1773.1km タイム5:51:52 [3位] Nullarbor Roadhouseロードハウス前からのスタート。 車移動が無く、4時まで寝ていた。 強い風が吹き続く中、昨日と同じ5人の集団で進む。 先頭を引くのはBig George、ペースはゆっくり目。 日が昇り辺りが明るくなってからも、5人のパックは続く。 エイドでは、常に歩きながら補給するDusanが、遅れ始めた。 強風のため一度集団から離れると、そこへまた戻るのは…

  • #152 トランスオーストラリアフットレース:Day24

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月29日(月) 晴れ HWY Stop〜Nullarbor Roadhouse Day24 ステージ距離:52.2km/総距離:1702.8km タイム4:17:01 [3位] 今日もショートステージ。 約50kmの朝ドライブ、その同じ道・行程を今日走って戻ることになる。 星がきれい。南十字星確認、Davidに教えてもらった。 そして、流れ星も。 スタート前の点呼 向い風の中、5時スタート。 肌寒いが、半袖・ランパンはいつも通り。 Big Gorge、ロシアの2人、Dusan、と僕で5人の集団。 とても強い向い風で、みんな前に出たくないから、しばらくパ…

  • #151 トランスオーストラリアフットレース:Day23

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月28日(日) 晴れ HWY Stop〜HWY Stop Day23 ステージ距離:62.4km/総距離:1650.6km タイム5:06:00 [3位] 昨晩11時半頃、David到着。 夜中、寝ている時(爆睡中)に、いきなりドアのノック。てっきり、寝坊して誰か起こしに来たのかと思った。 Adelade〜Ceduna経由のバスで来てくれた。 細かい話は、またにしてとりあえず眠りに戻る。 蚊が昨日程いなくて、良かった。 約70kmのドライブ、昨日の朝ほど寒くない。 5時スタート。 ジェシーの話では、「ステージ距離50km」 ショートステージになったため…

  • #150 トランスオーストラリアフットレース:Day22

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月27日(土) 晴れ Bunda Cliffs,SA〜HWY Stop Day22 ステージ距離:52.8km/総距離:1588.2km タイム4:22:07 [4位] 平原の中を走る 朝起きたら、辺り一面蚊がぶんぶん飛んでいた。部屋の中で。 夜中に眠りを妨げられた原因を、直に目にする。 コーヒー、ウィートビスケット2個+蜂蜜+バター+ミルクのいつもの朝食。 朝食後、15kmのドライブ。 スタート地点はとても寒く、車から外へなかなか出る気になれない。 ほとんどのランナーがロングスリーブシャツを着ていた。 中にはタイツ着用の人も。 そんな中、僕は半袖Tシ…

  • #149 トランスオーストラリアフットレース:Day21

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月26日(金) 曇り Mundrabilla〜Bunda Cliffs,SA Day21 ステージ距離:93.8km/総距離:1535.4km タイム8:28:01 [4位] 今朝からバーニータイムが採用され、その時刻の5時スタート(昨日までの3時半)。 空には満天の星。 久々に車移動無しのスタートは、とても楽ちん。 100kmステージが93.8kmになり、気持ちも楽に。 ここまで使っていたオークリーのサングラスが壊れかけ、予備のブリコのサングラスに変えた。 夜明け前は肌寒く、暗い中をゆっくりしたペースで進む。 日が昇ってからも、南(海側)から涼しい風…

  • #148 トランスオーストラリアフットレース:Day20

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月25日(木) 曇り HWY Stop〜Mundrabilla Day20 ステージ距離:68.2km/総距離1441.2km タイム6:03:35 [4位] スタート前にストレッチ EYRE HWYを東に48km移動してスタート地点へ。 3時15分にモーテルを出た。今日も涼しい。 4時のスタートだが時差補正をしていなくて(実際には1時間半進んでいる)、時刻の割に、すぐに明るくなった。 スタートから速いペースの展開。 ロシアのAndreiと一緒に走るが、ちょっと速すぎ、一旦下がる。 Dusanは今日も飛ばして行く。 単にここ数日調子が良いだけなのか、本…

  • #147 トランスオーストラリアフットレース:Day19

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月24日(水) 曇りと晴れ HWY Stop〜HWY Stop Day19 ステージ距離:71.4km/総距離:1373.4km タイム6:32:12 [5位] Madura Passの下り坂・正面から Madura Passの下り坂・後ろ姿 Madura Passの下り坂・後ろ姿-2 スタート直後を除き、ほとんど1人で走った。 Mihalyとの差はおよそ5分。(総合タイム) 始まりは雲の多い空、だんだん晴れ間がのぞき、ステージ終盤は久々に暑さが戻る。 向い風の時間帯が多く、ちょっと苦労。 Madura Passを下りきると、視界が開け、また直線路が続…

  • #146 トランスオーストラリアフットレース:Day18

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月23日(火) 曇りと晴れ HWY Stop〜HWY Stop Day18 ステージ距離:79.0km/総距離:1302.0km タイム7:14:07 [4位] 動物注意の看板 曇り空の下、4時スタート。 出足は、ゆっくり入る。 すぐにトイレに行きたくなり、10km過ぎて丁度Cocklebiddyロードハウスに着き、そこでトイレストップ。 道端で用足しするより落ち着くけれど、その分タイムロスは大きい。 コースに戻ると、Mickが前を走っていた。 すぐに追いついて並走。 Mickの走りは極端なピッチ走法で、せわしない。 一緒に走るとリズムが乱れる。 それ…

  • #145 トランスオーストラリアフットレース:Day17

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月22日(月) 曇り一時雨 HWY Stop〜HWY Stop Day17 ステージ距離:85.0km/総距離:1223.0km タイム7:41:41 [4位] 3回目の100kmステージの予定が、後続ランナーの睡眠時間確保(?)のため 90kmに変更。 これも“約90km”で、実際は87kmくらいというのが、スタート時の情報であった。 Caigunaから30kmのドライブ、4時スタート。 連日80km以上走っているからか、みんな自重気味で入りはゆっくり。 Dusan1人が飛び出して行った。 一日中、曇天、昨日のような向い風は無い。 Eyre HWY向…

  • #144 トランスオーストラリアフットレース:Day16

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月21日(日) 曇り HWY Stop〜HWY Stop Day16 ステージ距離:81.2km/総距離:1138.0km タイム7:36:19 [5位] ステージゴール、Jessieがタイム計測しています。 朝4時スタートが続く。 Balladoniaから70kmのドライブ 3時ちょい過ぎにモーテルを出て、3時50分頃スタート地点着。 途中リタイアしたランナーや、そのサポートクルーが大会スタッフに加わり、人的配置が整った。やっと大会運営が円滑進み、まともになってきた。なんという皮肉。それを(途中で止めるランナー達を)見越していたわけではないだろうけれ…

  • #143 トランスオーストラリアフットレース:Day15

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月20日(土) 雨と曇り HWY Stop〜HWY Stop Day15 ステージ距離:82.0km/総距離:1056.8km タイム7:37:17 [5位] 昨晩から空は曇り、だいぶ涼しい。 スタート時は雨が降っていた。 シャワー状の雨降りがしばらく続く。 ランニングには、丁度良い気温。 夜明け前の暗いうちは、轍の水たまりに気を使う。 昨日、はりきり過ぎたためか、調子いまいち。 1km6分を僅かに切るくらいのペース。 それよりペース落ちしないように、ねばる。 終日の曇り空で、補給は最後までずっと3.5km毎に。 スタートしてから52kmくらいのところ…

  • #142 トランスオーストラリアフットレース:Day14

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月19日(金) 雨と晴れ HWY Stop〜HWY Stop Day14 ステージ距離:81.0km/総距離:974.8km タイム6:59:44 [1位] 初のステージ1位・ゴール後のひと時 昨日の夕方から雨になり、夜中に一時止んだものの、朝スタート地点へ向かう途中から、再びポツリポツリと降り出した。 2時半にロードハウスを出て、91kmのドライブ中に仮眠。 1時間ちょっとで到着。 まだ大会スタッフは来ていなくて、はっきりしたスタート地点がわからず、一度通り過ぎてしまった。 昨日キャンプサイトに泊まった人達は、氷切れと暑さとで、今日のステージにかなり…

  • #141 トランスオーストラリアフットレース:Day13

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月18日(木) 晴れ Norseman〜HWY Stop Day13 ステージ距離:100.0km/総距離:893.8km タイム8:17:59 [3位] オーストラリア横断マラソン、ゴール後に水分補給 朝4時、2回目の100kmステージのスタート。 まだ暗い中、BP GSからナラーバー平原に向けて出発。 全体に入りはゆっくり、ハンガリーのMihalyだけ飛び出して行った。 しばらくして、僕とDusanとロシアの2人の4人のパックに。 1km5分ほどのペースで進むうち、Dusanは下がって行った。 3人のパックになり、1km4分台にペースアップ。 45…

  • #140 トランスオーストラリアフットレース:Day12

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月17日(水) 晴れ HWY Stop〜Norseman Day12 ステージ距離:70.0km/総距離:793.8km タイム6:04:55 [5位] ゴール後のひと時・地元のランナーと子供たち 「Norsemanまで70km」のkmポスト地点(N70という表示)に、車移動。 5時スタートだが、ぴったりに始まったことはこれまでに無く、今日も10分遅れ。 今朝は、オートミール(お湯かけてすぐできる)1口サイズを15個に、はちみつ・バター・ミルクを加えたものと、コーヒーのみ。 朝食は、軽目にする。 走っててトイレに行きたくなることが多いため、フルーツは止…

  • #139 トランスオーストラリアフットレース:Day11

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月16日(火) 晴れ Kambalda〜HWY Stop Day11 ステージ距離:62.8km/総距離:723.8km タイム5:25:38 [4位] Daveとサポートクルーの由紀さんと 本日、新たに2人リタイアした。 最年少22歳のDaveと、タスマニアから来てたAndrew、2人共地元オーストラリアのランナー。Andrewは足の裏全体が血豆になっているのを、数日前に見ていたので、それがリタイアの原因なのかな。 連鎖的に辞める選手が続くかもしれない。 定時の5時スタート。 みんな自重気味に走っているのか、しばらくしてMihalyに続いて2位になっ…

  • #138 トランスオーストラリアフットレース:Day10

    【オーストラリア横断日記】 スロベニアのDusenと並走、長い直線道路 2001年 1月15日(月) 晴れ Kalgoorlie〜Kambalda Day10 ステージ距離:58km/総距離:661.0km タイム5:07:05 [4位] 6時スタートなので、朝ゆっくりできた。 距離も58kmと短く、精神的に楽。 Kambaldaまで、けっこう丘の多いコースであった。 風が強く、距離の割にはハードに感じた。 10kmくらいから、ずっとDusanと一緒に走り、最後も同時にフィニッシュ。 コース上に真新しいカンガルーの死体があった。 Dusenと並走、ゴール 実は、ステージの始まる直前に、Dusa…

  • #137 トランスオーストラリアフットレース:Day9

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月14日(日) 晴れ HWY Stop〜Kalgoorlie Day9 ステージ距離:78.4km/総距離:603.0km タイム6:58:24 [4位] ハンガリーのIstvan(上)とサポートクルーの彼の奥さん、Malth(下)とディナー 昨日のフィニッシュ地点まで、車を飛ばす。 今日も4時スタート。 スタート地点と宿泊所の距離遠すぎ。2時半起き。 朝食は軽めにして、走りながらドリンク補給。 いつも通り3.5kmごとに補給。 Dusanから、昨日同様いっしょに行こうと誘われたが、今日は自分のペースで行くことにした。と言いつつも、Coolgardie…

  • #136 トランスオーストラリアフットレース:Day8

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月13日(土) 晴れ HWY Stop〜HWY Stop Day8 ステージ距離:100km/総距離:524.6km タイム9:10:41 朝から車移動、昨日ポリスに止められた丘の上まで行ってスタートを待つ。いるのは、僕とDusenの2人だけ。他のランナーが誰も来ない。昨日の続きからのリスタートだと思い、2人して待ち続ける。 しばらく待っていると、Southern Crossから48km地点、丘の上より少し戻ったところ(昨日のステージの暫定ゴール地点)に他のみんなが集まっていて、そこからのスタートだと大会スタッフが知らせに来てくれた。 僕とDusanは…

  • #135 トランスオーストラリアフットレース:Day7

    【オーストラリア横断日記】 オーストラリア横断マラソン:ある一日の夕食風景 2001年 1月12日(金) 晴れ Southern Cross〜HWY Stop Day7 ステージ距離:48km/総距離:424.6km タイム4:45 今日は初の100kmのステージ、いつもより1時間早い4時スタート。 まだ真っ暗な中、妙に暖かい。 スタート前に、ガソリンスタンドへ氷を買いに行った由紀さんの情報によると、Southern Crossの町から60kmくらい先で山火事が発生し、まだ燃えているらしいとのこと。 しかし、大会主催のBernieからは何の説明も無く、いつも通りにスタートの合図がなされた。 周…

  • #134 トランスオーストラリアフットレース:Day6

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月11日(木) 晴れ Highway Stop〜Southern Cross Day6 ステージ距離:67km/総距離:376.6km タイム5:54:36 Westniaの集落からHWY94まで9kmのドライブ、BPガス(ガソリンスタンド)の前からスタートする。 Southern Crossまでの67km区間。 ずっと直線、ストレートロードが続く。 1km6分のペースをコントロールするつもりで走った。 だから、無理に前のランナーを追うことはせず、ひたすら同じペースを維持することだけ考えた。 風は今日も向い風。 2時間くらい走ったとこで、脇にそれて、う…

  • # 133 トランスオーストラリアフットレース:Day5

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月10日(水) 晴れ Merredin〜Highway Stop Day5 ステージ距離:42km/総距離309.6km タイム3:07:41 朝けっこう涼しく、長袖着て待機するランナーがいた。 突然の距離変更、65km→42kmに。 みんな「今日はスプリントだ!」と笑っていた。 だいたい5時にスタートできた。 5日目にして、ようやく主催者側の態勢も整ってきたみたい。 42kmということで、最初から飛ばして行くランナーもいたが、いつも通り入りはゆっくり自重する。 といいつつも、1km過ぎからペースを上げてしまった。 3km15:10くらい。 そのあと1…

  • # 132 トランスオーストラリアフットレース:Day4

    【オーストラリア横断日記】 2001年 1月9日(火) 晴れ Cunderdin〜Merredin Day4 ステージ距離:59.9km/総距離267.6km タイム4:44:53 今日も、少しスタート時間遅れる。 Great Eastern HWY 94を、ひたすら東へ向かう、Merredinまでの約60km。 入りは、いつも通りゆっくりと。 4日目ともなると、1km6分くらいのペースでも集団はすぐにばらけてしまう。 昨日モーテル泊で、しっかり休めたため、調子良く走る。 しばらくしてチェコのランナーと並走、すぐに振り切り、その前のDusan(スロベニア)を視界に入れる。 Dusanには一度く…

  • # 131 トランスオーストラリアフットレース:Day3

    【オーストラリア横断日記】 オーストラリア横断マラソン、始まる前のミーティングでもらった出走者リスト Day-3 2001年 1月8日(月) 晴れ Northam〜Cunderdin Day3 ステージ距離:70km/総距離:207.7km タイム6:23:06 早朝5時スタートということで3時半に起きる。 暗い中、お湯を沸かしてコーヒーを入れ、昨日の残りのアボガドサラダとフルーツケーキの朝食をとった。 星がメチャきれい。 昨日のゴール地点が、そのまま今日のスタート地点。そこまで移動して待機。 「今日のステージは、約70km」 と、主催者のBernie Farmerからアナウンス。事前にもらっ…

  • #130 トランスオーストラリアフットレース Day2

    【オーストラリア横断日記】 オーストラリア横断マラソン2日目のスタート前 2001年 1月7日(日) 晴れ Mundaring〜Northam Day2 73.5km/137.7km 7:25:52 5時には目が覚めて、 トイレ(一か所しかないため早めに済ます)に行き、温水シャワーを浴びてリラックス。 昨晩あまり食欲がなく、沢山食べられなかったためか、朝はかなりお腹が空いていて、 一口サイズのオートミール14個、ピーナツバター&ジャムのパン2枚、トマト、オレンジそれにコーヒーと、結構食べた。 日中は暑いが、朝晩は涼しく、日本の夏(特に名古屋)に比べたら格段に過ごし易い。 今日からが、本格的なレ…

  • #129 トランスオーストラリアフットレース:Day1

    2001年 1月6日(土) 晴れ Perth〜Mundaring Day1 64.2km 約7時間 朝6時半に起きた。朝食後、荷物の積み込み。マツダの真っ赤なライトバン、2シートで後部は荷台の日本でいう商用車。荷台がフラットなので荷物を沢山積み込めるが、荷物の固定ができないため、実際に車が動き出した時どうなるか、ちょっと心配。 今日は一段と暑く30℃超えは確実。氷を4袋買ってきた。(13Aussie$) *当時のレート1Aussie$≒58円* 午前11時にスタート地点「ベルタワー」へ向かう。そこへ行くための脚(移動手段)の無い、ドイツチームの6人を乗せ、ハンガリーの選手の荷物も載せて、ベルタ…

  • #128 お店リニューアル

    整体院の模様替え 雑念としていた櫻整体院の中を整理整頓して、すっきりしました。 外出自粛の影響もあり、来院数が減少してしまいましたが、そんな中でも来てもらえることに感謝しつつ、今まで以上に落ち着いて居られる空間作りを心掛けています。 体の不調等で辛い思いをされている多くの方々のお役に立てるよう、「自転車うさぎ」と一緒に、ご来院をお待ちしております。 自転車うさぎ

  • #127 トンボ

    片品村のトンボ 群馬県片品村で8月8日に撮影。 このところ雨続き、お盆には珍しい天気です。先週末は、台風の影響で雨風強く、でもその合間に時々青空がのぞいたり、おかしな天気が続いています。 そんな中、虫たちは秋が近づいたことを知らせてくれます。こういった昆虫や鳥や草花を見ていると、毎年同じように繰り返しているのが良くわかります。その年によって多少のずれはあるものの、秋になれば虫の音が聞こえてくる。日本には、四季があって本当に良かった、感謝しかない。四季があるからこそ、繊細な自然観察ができるのだと、改めて思いました。日本に生まれて良かったとつくづく思う「終戦の日」でした。

  • #126 道の駅したら

    6月のランニング&ビーフフェスタ㏌段戸山、参加賞のTシャツが大変好評でした。木戸口加代子さんの木版画をプリントしたものです。奥三河の風景をモノトーンで表現された作品です。 そのTシャツ、「道の駅したら」で販売中! 販売コーナーのディスプレイ 大会のPRに役立てようと思っています。値段は、五平餅Tシャツが¥2,400だったので、それより上を行く¥2,800に設定。 五平餅Tシャツの横に掛けてもらいました。 店舗入ってすぐのところで販売中 「道の駅したら」まで足を延ばすことがあったら、是非ご覧ください。 五平餅だけではなく、定食も有る食堂メニューは、ボリューム感があり、美味しいです。店舗2階では、…

  • #125 スイカ

    夏はスイカ。無性に食べたくなる時があり、今日はそんな一日でした。 朝ランで大量の汗を流し、水分補給が必要だったのも要因です。(ちなみに走行距離は16.2km) 100 gあたりの栄養価 エネルギー 155 kJ (37 kcal) 炭水化物 9.5 g デンプン 正確性注意 (7.6) g 食物繊維 0.3 g 脂肪 0.1 g 飽和脂肪酸 (0.01) g 一価不飽和 (0.02) g 多価不飽和 (0.03) g タンパク質 0.6 g ビタミン ビタミンA相当量 β-カロテン (9%) 69 µg (8%) 830 µg チアミン (B1) (3%) 0.03 mg リボフラビン (B2…

  • #124 般若心経-3

    一旦、やり直しがあった般若心経、ようやく1000回目! 最近は、諳んじて唱えられるようになりました。次の1000回に向かいます。 生きることは、食べること。人は、他の命を「いただいて」生き続けています。食べる前に「いただきます」を欠かさないように、般若心経を唱える。そんな感覚で続けて行こうと思います。 人は、水と鉱物と光では、生きていけない。水と鉱物と光で生育できる植物が介在して、人の食べ物になり、人の生育に役立ちます。もう1ステップ間に挟むと、植物を食べる動物がいて、その動物を食べる人という流れになります。いずれにしても他の命を「いただくこと」で生き続けます。その循環の輪の中にいることが、生…

  • #123 梅干し

    今年の梅干しが出来上がり! 梅干し-1 梅干し-2 梅雨明けを待って、漬け込んでいた梅を数日間干しました。そして本日、お昼ご飯に食べました。 うちの梅干しは「酸っぱい」「果肉が柔らかい」「梅の香りが食欲をそそる」「天然色が艶やか」などなど、売っている梅干しとは一線を画す出来栄えです。99%は、うちの嫁さんの労力の賜物で、僅かに赤紫蘇を塩もみするところ(1%)だけ、僕も手伝いました。 今年の梅は、やや皮が硬いものの、例年通り「うちの梅干し」の味に出来上がっています。熱々のご飯に、この梅干しがあれば、幸せな食卓が囲めます。 おにぎりにも最高! 以前は、種を嚙み砕いて中の「仁」を食べるのが楽しみの一…

  • #122 蝙蝠(コウモリ)

    月曜日の昼、うちに帰ると玄関前にキクラゲみたいなのが落ちている。よく見ると、短い毛むくじゃらのネズミ? アブラコウモリ コウモリでした。500円玉2つ分くらいの大きさだったので、コウモリの赤ちゃんが落ちてきたのかと思っていましたが、この大きさで成獣(コウモリは哺乳類です)でした。この炎天下にコンクリート上で日射しに当たり、だいぶ弱っていたので、とりあえず段ボールの陰に避難させておきました。いろいろ調べてみると、コウモリはウイルスや細菌の中間宿主になっているようで、素手で触らないようにと注意が出ています。 夜になってうちに戻ってみたら、段ボールの陰にまだいました。スポイトでミルクを上げてみました…

  • #121 健康運動指導士

    たまたま偶然に、いなべ市で継続単位取得の講習会が開催されたので、参加して来ました。健康運動指導士の資格継続のためには、5年間で20単位必要です。今回は実技を含み、6単位取れます。 大安町公民館の駐車場から見上げた空、いろんな雲が混じっている 場所が街中ではないから、少人数の参加だろうと想像していた通り、10人に満たない参加者でした。 講師は、現・筑波大学(元・東京教育大学)出身の羽間先生という方でした。箱根駅伝の4区を走った経験を持つ方です。80歳近い年齢を感じさせないパワフルな先生でした。内容が濃く、もっと多くの人が参加すれば良いのに「勿体ない」、というのが素直な感想。「見えない力」→心のこ…

  • #120 夏のランニング

    今日はショートインターバル 400m(200)✕6 暑い最中は、短時間で切り上げるか、ペースを落として長くやるか、どっちか。今日は短時間で切り上げ。久しぶりのショートインターバルを天白川河川敷でやりました。 1km4分を目標に、5kmを20分以内で走れるように考えて、まずは距離400mから。100mを24秒で走ればいいので、易しいはずなのに、最近はそれが難しい。走力の衰えが著しいけれど、めげずに繰り返す。400mを6本、200mのジョグでつないで。1:35~1:33辺りで走れた。暑い中でも、このくらいのことは十分できるので、タイムを気にし過ぎず、やれることをやります。 大汗かいて、体のリフレッ…

  • #119 蝉時雨

    今週、月曜日くらいから蝉が鳴き始め、今日はかなり沢山鳴いていました。この辺りはクマゼミが多いのか、うるさいくらいに鳴いています。夏の到来を実感、これから暑くなり、大好きな夏です。モワッとした湿気と暑さの組み合わせが、日本の夏。特に名古屋はそれが顕著で、まさに日本の真ん中を感じさせます。 子供の頃は、よく虫取りに行きましたが、近頃の子供達は、どうなんでしょう?文房具屋さんで「昆虫採集セット」を売っていました。2種類の薬品と、注射針、標本を刺す針なんかが入ったキットです。2種類の薬品は、それぞれ虫を殺すのと、保存するのとだったと思います。今思うと、残酷なことをしていました。 どちらかと言うと、そう…

  • #118 腸内細菌叢

    糞便のうち、約半分が腸内細菌またはその死骸であると言われています。宿主であるヒトや動物が摂取した栄養分の一部を利用して活動し、他の種類の腸内細菌との間で数のバランスを保ちながら、一種の生態系(腸内細菌叢、腸内常在微生物叢、腸内フローラ)を形成しています。体の中に一つの”小宇宙”を形成していると言っても良いかと思います。腸内細菌類が「縄張り」を主張し、侵入してきた新しい菌に対しては腸内フローラを形成している細菌類が攻撃を加える。このため病原菌などは通常駆逐され、病気や老化から「宿主」を守る役割を、結果的に果たしているというのが通説です。 これは、自己免疫とは別の形ですが、自身の健康を考える上で大…

  • #117 サイクルステーション

    ばんじゃーる駒ヶ原の前で、自転車に乗って <サイクルステーションの設置>?サイクルステーションとは?自転車を楽しむサイクリストの方々に向けて、休憩スペースや飲み水・サイクリング情報などを提供する、サイクリストにフレンドリーな施設です。休憩・給水・空気入れ・情報の4つを柱にしています。①休憩・・・サイクルステーション内に休憩できるベンチ等を設置します。②給水・・・ボトルへの給水ができます。③空気入れ・・・スポーツサイクル用の空気入れを常備します。④情報・・・サイクリングマップや地域情報のパンフレットを設置します。 そのサイクルステーションの「核」となる施設を運営する企画を進めています。上記4つの…

  • #116 御蔵島-1

    小学4年の夏休みに、伊豆七島の八丈島に行きました。母の大学時代の仲の良かった同級生と、毎年夏休みに家族絡みで旅行に出かけるのが、恒例となっていて、常に4家族が行動を共にしていました。その年は、八丈島に赴任していた1家族を訪ねるかたちで、旅行が組まれたのです。生まれて初めて飛行機に乗ったのがこの時。全日空のプロペラ機(YS9?)です。行きは飛行機、帰りは船で、結構長い時間乗船していました。 八丈島では、牛の乳搾りやら、採りたてのウニを殻を割って食べるやら、パッションフルーツのジュースを飲むやら、初めての体験が沢山有り、楽しめました。海の透明度が高いのにも、びっくりです。それまで、砂浜のビーチでの…

  • #115 1999年レースアクロスアメリカ(RAAM)

    アメリカ大陸横断自転車レース(レースアクロスアメリカ)の掲載記事コピーを紹介します。これの出元は、季刊誌 Ultramarathon-Cycling Association(UMCA)です。このメンバー限定の冊子からの抜粋を↓↓ 1999年RAAM(レースアクロスアメリカ)の記事-1 1999年RAAM(レースアクロスアメリカ)の記事-2・写真は私 前半は、レースをしている感がありました。4回目にして、ようやくウルトラマラソンサイクリングのことがわかってきました。トレーニング、睡眠、補給食、ペース配分、サポートクルーのやり方などなど、経験値は大切です。 1999年RAAM(レースアクロスアメリ…

  • #114 Ride-Around青森 2021

    今年の夏もやります。青森1周のロングライド、「Ride-Around青森」。 8月に650km、9月に1000km、それぞれレースアクロスアメリカの予選会部門と、セルフサポートの走行会部門、リレー部門の3カテゴリーで開催します。 そのチラシ↓↓ 2021Ride-Around青森チラシ 今年はリレー部門の募集に力を入れています。「1人で650kmを自転車に乗るのはちょっと」という方は、リレーで青森県を1周にチャレンジ!1チーム4人のリレーチームが、現在3チームほぼ出場確定しています。年齢、性別ごちゃまぜでOK。 ボランティアスタッフも同時募集中です。

  • #112 般若心経-2

    般若心経を毎日唱えることが日課になってから、殺生を考えるようになったのか、蚊が「ぶーん」と飛んできてても、反射的にパチッとたたかなくなりました。 その般若心経は、一日も欠かさずに千回唱えなくてはなりません。が、ランニングイベントの日に忘れてしまい、再スタートになりました。600回くらいまで続いていたのに、最初からやり直し。アルベール・カミュの「シーシュポスの神話」のようです。 やり直す分、沢山やれるから良いことなのかもしれません。 そんなわけで、無益な殺生をしないようになりました。昔は、テント泊している時に、夜中にテントに進入しようとしたネズミを素手で殺したり、酷いことをしていました。その反省…

  • #112 試練

    どうにもキツイ状況に追い打ちを掛けるように、さらにキツイことを被せることを「試練」と呼んでいます。「傷口に塩」とかそういったことです。 1995年、アメリカ大陸横断自転車レースに初出場した時は、「試練」続きでした。 これからロッキー山脈越え、ルート上の最高標高3500mのウルフクリークパスに登ろうかというタイミングで、雷雨。それまで40℃越えてた暑さから、いきなり8℃。一桁の気温に下がり、尚且つ冷たい雨と雷。峠からの下りは、雨の中の夜間走行。これでもかっていうくらい追い込んできます。 後半は、カリブ海に発生したハリケーンの影響で、一日中向い風。それに睡魔の嵐。 「試練」は文字通り試されているわ…

  • #111 チョコレートウェーブ

    レッドロブスターで晩ごはん、多分初めて。ロブスターを1尾注文すると、もう1尾付いてくるキャンペーン中でした。1尾の値段で2尾食べれるので、当然のようにそれを注文。あとはオイスターのオイル焼き、シーフードパエリヤ、オニオンフライタワー。車の運転があったので、ノンアルコールビール。シーフードレストランは、ほとんど行かないから、味はこんなもんかなってところで、特にコメント無し。一つだけ、パエリヤが塩辛いと感じました。日本でシーフードなら、和食の刺身とか寿司で良いし、洋食でもエビフライやカキフライが美味しいから、わざわざロブスターを食べることは、今後ないかもしれません。 そんな中、デザートの「チョコレ…

  • #110 オラクルカード

    現状打破の背中押しにオラクルカード。「やっぱりそうか」と自己肯定するための切り札に使います。これを引くときは、ちょっと弱っている時なので、調子の良い時はカードを引く頻度は低い。「困った時の神頼み」という都合の良い切り札です。 今日のカードがこれ↓↓ strength:強さ、オラクルカード いろんなことが、必然として身の回りに起こりますが、流れに逆らうことなく、自然に任せることにしています。 思い通りにことが運ばなくても、そのメッセージを素直に受け止めて、次にどう動くかを考えれば良いだけ。夏至から満月へと向かう最中の、ここ数日間でした。

  • #109 第2回私的黙示録講座

    入間カイさんの講座、2回目。 先回が第1回、5月23日の聖霊降臨祭・ペンテコステに合わせて、開講されました。毎月1回の講座です。受講されている方々は、医療関係の方(お医者さん、看護師さんなど)や、大学の先生などなど、ハードル高いです。知らないことが沢山有りつつも、知らないから知るために受講しています。とりあえず、質問ができるレベルを目指します。

  • #108 秋のイベント

    10月に収穫感謝祭を兼ねて、ランニングイベントを考えています。まだ、構想の段階ですが、内容は「食と運動」をメインテーマにします。 「食」は、今回の「ランニング&ビーフフェスタ㏌段戸山」のBBQ部分をハンバーグにして、ダッチオーブンを使った焼き芋と、トマト、玉ねぎ、レタスなどの野菜の付け合わせ、あとは新米を食べる。 「運動」は、黒田湖を1周回る【ファンラン&ウォーキングの部】【5周46kmソロの部】は今回と同じ、新たに【タイヤ引き1周の部】を考えています。古タイヤをハーネス付けて引き摺りながら走る?歩く?部門です。これを思いついたのは、冬のアラスカで行われるウルトラマラソンに出場した知人が、橇に…

  • #107 サーロインステーキL

    ランニングイベントから一週間、次回イベントの相談兼ねて、ばんじゃーるに行って来ました。大雨、日程が今日だったら雨の中いろいろ大変でした。先週で良かった。 お昼ご飯は、サーロインステーキLサイズ、牛脂が美味しい! 次は、音楽イベントとかも考えています。あと、タイヤ引きレースを是非やりたいので、自分で一度試してみます。 #サーロインステーキ #設楽町

  • #106 オーストラリア横断マラソン日記

    オーストラリア横断マラソンの日記、Day 66が終わりました。とりあえず、大会が始まってから、終わるまでの記述は完了です。良かったら、購読下さい↓↓↓ https://sakura-kana.net/p/r/3y8n1dn2 そのレース前後の諸々は、このブログで思い立った時に記述して行きます。 次の連載物は、レースアクロスアメリカ・アメリカ大陸横断自転車レースの1回目から4回目までをまとめて行きます。かなり、大変… オーストラリア横断マラソンの時は、その日その日に日記を付けていたので、後からそれを見直して記述するのが、簡単?でした。自分で書いた日記だから、読んでいるうちに記憶が呼び起こされて、…

  • #105 耐暑トレーニング

    梅雨の合間の晴れ間、日中は気温が上がり、走るには暑い日でした。 暑い夏のレースは、熱中症対策をしないと危険です。元々トライアスロンを中心にレースに出ていたので、オンシーズンは夏。水泳が最初に来るから、泳ぐのに適した水温となると、沖縄を含む国内のオンシーズンは3月~10月でした。メインは6月~9月です。当然のように暑い中で、泳いで、自転車漕いで、最後に走る。今、オリンピックで実施されている距離、スイム1.5km・バイク40km・ラン10kmだと、だいたい2時間くらいかかるので、その間、炎天下にさらされることになります。と言っても、実際に暑さの影響を受けるのは、最後のランくらいでした。それに、ちゃ…

  • #104 情報

    走りながら考えてたことを、思い出して記述しています。備忘録です。 「情報」がフェイクかファクトか、どう判断してますか?という問題です。ファクトチェックのシステムもあるようですが、どうなんでしょうか? 情報は、ほとんど外部(外)からやって来るので、出所が信頼できるのか?を考えます。主に「誰が」と「どこが」の部分です。「誰が」は、権威のある人だったり、その筋の専門家だったりします。「どこが」は、メディアとか国とかです。 ところが、最近この辺りがとても怪しい。専門家は平気で嘘をつくし、メディア(NHK始めとするテレビ、新聞)は、みんな同じ論調で、これまた平気で噓をつく。となると、信頼できる出所はどこ…

  • #103 お礼ハガキ

    ランニング&ビーフフェスタ㏌段戸山に参加したランナーに向けて、お礼ハガキを作成しました。第1回の大会ということで、告知が十分に行き渡らない中、来てもらえたことに感謝しています。 また、愛知県の緊急事態宣言が延長されて、県外からの移動を断念した方もいたのではないか、と思います。 お礼ハガキ↓↓は、明日から順次投函して行きます。 ランニング&ビーフフェスタ㏌段戸山・参加者に向けて、お礼ハガキ 自転車に乗ってコース巡回(上の写真)しましたが、何故か右の回旋腱板(ローテーターカフ)を痛めました。右腕挙上がやりにくい。昨年のRideAround青森での650kmバイクライド後、同じような症状がでました。…

  • #102 第1回ランニング&ビーフフェスタ㏌段戸山

    開会式-1 分校跡地での開会式、3部門合計49人のランナーが集まりました。大会を開催するにあたって、何故ここで、今やるのかを訴えかけています。拡声器を持っているのは、主催者の僕です。ウルウルして泣きそうでした。(元原稿は泣けてきて話せなくなりそうだったので、だいぶ割愛しました。スタート前で、長引かせたくなかった事情もありますが) ともかく、この日を迎えられて感無量・・・ 受付風景 受付は、分校跡地のキャンプスペースの炊事場。娘が検温を手伝ってくれました。参加者全員に声をかけるよう、気にしていましたが、僕がたまたま席を外していた時に、受付された方には声かけできず、すみませんでした。 レース中は、…

  • #101 サボテンの花

    今年も、花が咲きました。 名古屋に来てすぐに、近くのガーデンショップで買ったサボテン🌵。株分けしたり、移植したりして、形が崩れてしまいましたが、大元の株です。上の写真↑ この32年間一緒にいるサボテンは、毎年、梅雨時に花を咲かせます。夜中に咲いて、昼には萎んでしまうので、年によっては、咲いた時に気付かずに、枯れて萎んだ花しか見られないこともあります。 白い大きな花、花びらが鳥の羽のようです。ちょうどネイティブ・アメリカンの羽飾り🪶のよう。(本来のネイティブ・アメリカンが羽飾りをしていたかは確証もてませんが、映画に出てくる酋長は、羽飾りしていたので) 今年も咲いていました!↓ 亀とサボテンは、3…

  • #100 ログキャビン

    昨日のうちに、ランニングイベントのコース上に、矢印とkm表示の設置が終わり、↓↓ 駒ヶ原分校跡地のログキャビンに泊まりました。 昨晩は、稲武の岡田屋さんで入浴。檜風呂がとても良い感じで、疲れを癒し、今朝は元気いっぱい。 これからランニング&ビーフフェスタin段戸山の準備、最終段階に入ります。 ↑ログキャビン↑

  • #99 Tシャツ完成

    明後日のランニング&ビーフフェスタ㏌段戸山、参加賞Tシャツが出来上がりました。ギリギリ間に合った・・・ RIFプロジェクトのロゴ入りTシャツ 写真だとわかりにくいですが、生地はライトブルー。スタッフ用はライトブルーにしました。同じデザインの白生地が、参加される方へ渡す分になります。 木版画からデザインを起こしたので、白生地に黒の絵柄がとても良く合います。 素材は木綿、普段着られるように考えました。 このTシャツ、参加者数より若干多く作ったので、追加で欲しい方には、当日販売します。 デザインは木版画から 奥の山が段戸山(鷹ノ巣山)、手前の建物は初期のたけうち牧場のものらしいです。

  • #98 キャロットケーキ

    サランラップに包まれて売られていた、キャロットケーキ。 アメリカへトレーニングに行ってた時の、定番補給食です。バイクライドの補給食にしていました。田舎の町の雑貨屋さんや、路面沿いのお店、「大草原の小さな家」のオルソンさんのお店みたいな所で、自家製っぽいキャロットケーキが売られてて、それと並べてチョコファッジが置いてあって、どっちにするか迷いますが、たいていは両方とも買っていました。 そのキャロットケーキ、コーティングに砂糖クリームが塗られています。シナモンロールの上に塗られているのは、白い砂糖クリームですが、キャロットケーキのコーティングは、何故かアイボリー色。時に、砂糖が濃すぎてジャリジャリ…

ブログリーダー」を活用して、sakanameさんをフォローしませんか?

ハンドル名
sakanameさん
ブログタイトル
自転車とランニングとトレーニング
フォロー
自転車とランニングとトレーニング

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用