searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

猫ちゃんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

心理学に基づいた子どもの教材を紹介します。市販品の教材紹介及び創作教材の小さな工夫を紹介します。

ブログタイトル
心理学に基づいた教材の紹介,介護アイディア紹介,7匹の猫生紹介
ブログURL
https://nekochanblog.com/
ブログ紹介文
心理学に基づいた子どもの教材を紹介します。要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも紹介しています。7匹の猫生の記事も笑えます。
更新頻度(1年)

98回 / 120日(平均5.7回/週)

ブログ村参加:2020/04/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、猫ちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
猫ちゃんさん
ブログタイトル
心理学に基づいた教材の紹介,介護アイディア紹介,7匹の猫生紹介
更新頻度
98回 / 120日(平均5.7回/週)
読者になる
心理学に基づいた教材の紹介,介護アイディア紹介,7匹の猫生紹介

猫ちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 心理学から考える子どもの行動と教材

     子どもとかかわる時、理論を持たなくても、先人の教えを知らなくても、子どもの行動を理解できる天性の資質の方がいる。 そうでない私は、どうしたら子どもの行動の意味が分かるか、子どもと楽しい時間を共有できるか 、かかわる時の理論の根幹を知りたい

  • 子どもへの共感とアプローチの方法

    「子どもの世界への入り口」 中野の著書『障碍児心理学ものがたりー小さな秩序系の記録ーⅠ』明石書店 2006年 第1節:心理学について(17頁)によれば、「子どもたちの世界への入り口」が「水道水の泡の話」(16~17頁)のような場面にあると言

  • 子どもが喜ぶ教材の発想方法

    『障碍児心理学ものがたり』 私は教育機関で障害児教育を、病院小児科で臨床発達心理を専門としている。私の仕事の原点になっている話は次のような話だ。出典は中野尚彦『障碍児心理学ものがたりー小さな秩序系の記録ーⅡ』第3節:食卓の系譜「ぺたんこのス

  • 働き盛りの介護者の悩み 親が在宅介護を望む時の解決法

    仕事か 介護か 在宅介護を望む高齢者の親御さんがいたとします。持ち家に住んではいるものの親御さんの経済は国民年金だけです。介護者は、常勤でフルタイム勤務の仕事を持っています。常勤とはいえ、家のローンや子どもの教育費がこの先もかかります。親御

  • 認知症の人と介護する人の二つの世界

    共感一人一人の考え方や生き方が大切にされ、多様性ということが認められるようになった。私もそれに賛成である。私は普段、世界が二つあると思っている。自分の世界と自分以外の他者の世界だ。自分の価値観と自分以外の他者の価値観でもある。認知症の症状の

  • 猫がくれた2倍の幸せ

    猫好きのヤエさん ヤエさんは子どもの頃から猫が好きだった。猫を飼いたくて、ある時は隣の家までもらいに行った。2010/11/18 20:32そうやって子ども時代はいつも猫のいる暮らしをしていた。大人になって街で暮らすようになって猫を飼ったが

  • 介護を楽にする34のワザ 公開

     仕事と介護で忙しく、ゆっくりブログを読む暇のないあなたに、介護ストレス・家事ストレスを減らす、頑張らない介護アイデア34を紹介します。家事は三種の神器を使う①全自動食器洗い機    :食器の数を少なくし、使いまわせる食器を使う②ダイソンコ

  • 高齢者の趣味と幸せ

    ヤエさんは綺麗なものが好き ヤエさんは綺麗なものが好きだ。終戦の時に25歳だったヤエさんが27歳で美容師になったのも、そういう理由からかもしれない。ヤエさんは花の中でも可憐な花が好きだ。庭がある家に住んでいた頃は色々な花を育てた。すみれ草、

  • 猫に楽に薬を飲ませる方法

    蚊に刺されて悪化した猫のアレルギー性皮膚炎8月に入って動物病院で、我が家の猫の花ちゃんの診察と検査をしてもらった。耳の毛がハゲるほど、後ろ足で耳を掻いていたからだ。耳の中や、耳の皮膚を少し取って顕微鏡で見てくれた獣医さんの話によると、元々持

  • 認知の退行で起きる問題の解決方法 その2

    電気は大事 電気代は高い 1920年生まれのヤエさんにとって電気代は高いもの、電気は節電するものという考えが若い時から90歳代まで染み付いていたと思う。90歳で要介護3になったヤエさんに、5年にわたって、節電行動とコード抜き事件が何度か起き

  • 認知症者の記憶の工夫 その1

    忘れるということを理解する 83歳で認知症の診断を受けて、87歳で要支援2の認定が出るまで、ヤエさんの記憶が弱くなっていく症状について、家族はなかなか理解することができなかった。仕事で認知症者にかかわる場合には、客観的に症状を受け入れられる

  • 猫の皮膚炎と肛門嚢炎

    耳がかゆい 元々は野良猫で、5匹の子猫と一緒に素敵な保護主さんに3年間保護された花ちゃんが我が家に来て、2020年8月でちょうど1年が経った。我が家に来た時から、耳の毛が少しまだらに禿げているような症状があった花ちゃんだった。耳がかゆいのか

  • デイサービスの選び方

    医療型デイサービス定員25人 皆さんのご家族が通われているデイサービスはどんな対応だろうか?我が家は11年間で3つのデイサービスを経験した。デイサービスは、リハビリに特化したデイサービスを選択するなど、2か所を同時に使うことも可能だ。89歳

  • 介護保険制度 介護サービスの利用経過

    認知症を本人はどう受け入れるか? 家族の認知症を疑って、病院に連れて行こうと思っているところだったり、介護が始まったばかりで不安に思っているところだったり、様々な介護の岐路に皆さんが立っていることと思う。 ヤエさんが認知症診断を受けたのは、

  • 保護猫が我が家に慣れるまで

    1年で我が家の猫に保護猫の花ちゃんが、去年8月、譲渡会から我が家に来て、丸1年が経った。譲渡会に3年通い、花ちゃんを3年間温かく育ててくれた保護主さんが、花ちゃんを送り出す時にこう言った。「一年くらい経つと花ちゃんの可愛さが出てくると思いま

  • 介護を楽にする衣類の選び方

    おしゃれなヤエさん ヤエさんの衣類は、ヤエさんの好みの定番があって、購入は楽だった。89歳、要介護1まで、ヤエさんが杖で歩けるうちは、デパートや大型スーパーへ一緒に買い物に行った。要介護3になってからは、コンパクト車椅子(キューブさつき)で

  • 介護を楽にする室内冷暖房の方法

    ストーブ・ファンヒーター・温水ルームヒーター ヤエさんも私も昔の人間なので平成になってもなかなかエアコンを使わない暮らしをしていた。1974年、昭和49年のオイルショックのあと、灯油が安かった期間が何年も続いたので我が家は冬場の暖房は灯油に

  • 在宅介護 足のむくみを取る方法と足の保温法

    表在静脈の詰まりによる かかとの紫色 ヤエさんは55年間の美容師の立ち仕事と、80歳の早朝高血圧の小さい脳梗塞で、80歳以降右足を少し引きずるようになった。85歳から、戸外は1点杖(ダイソーのもの)、自宅の室内は手すりを使った。戸外でも自宅

  • 介護を楽にする褥瘡の治療法 要介護5 

    右のかかとの血腫と水泡 2018年の4~5月、要介護4のヤエさんは、グループホームへ20日間お世話になり、病院に28日間入院した。グループホームを退所して、5月末から、自宅で車椅子とベッドの生活を始めた。6月からは、6年通いなれたデイサービ

  • メマリーの傾眠作用と在宅介護の再開(要介護5)

    初めての脱水、尿路感染症、発熱 2018年4月からヤエさんはグループホームに入所した。97歳、要介護4、車椅子のヤエさんは嚥下機能も退行し、ムース食の飲み込みにも時間がかかり、とろみ水分も飲み込みにくくなっていた。グループホーム入所の3週間

  • 認知症診断の受け方と薬の飲ませ方

    内科に通っていると認知症診断も受けやすい ヤエさんは80歳の時、早朝高血圧で2度目が回り、その度にホームドクターに往診してもらい、点滴してもらって落ち着いた。その時軽い脳梗塞があったのか、右足の表在静脈が詰まったのか、少し右足が不自由になっ

  • 介護を楽にするムース食の作り方 要介護5

    飲み込む力が落ちた 2017年、97歳、要介護4、認知機能、歩行機能、手の機能、飲み込む力が退行した。2018/2/11 飲み込みに時間がかかる食事に時間がかかる。飲み込みにくい様子だった。薬も白湯だけ飲んで、粒が残るということが増えた。2

  • 介護を楽にする食品の調理法と入れ歯

    食品の調理法 ヤエさんは何でも食べてくれる人だ。好き嫌いは聞いたことがない。うなぎやお刺身も食べたし、チーズやステーキも食べた。農家で育ったので、野菜ももちろん嫌いなものはない。果物で酸っぱいものが少し苦手なくらいだ。甘い温州みかんは喜んで

  • 手の機能の退行にどう対応したらいいか? 要介護4

    手の機能の退行 ヤエさんも、要介護4では、手の運動機能も、足の運動機能と同様に退行した。足の運動機能の退行は、転倒が増えたり、歩行車や車椅子が必要になったりすることで、我々にもわかりやすい。手の機能の退行はそれに比べると分かりにくかった。ヤ

  • 介護に役立つ車関連・灯り・消臭剤・テープ等のグッズ

    車関連グッズ ヤエさんの通院や移動のときに車関連で役に立つものがいくつかあった。我が家のパッソに乗降するときは要らなかったが、デイサービスのハイルーフタイプの助手席に乗降するときは、カインズの980円の足置き台が必要だった。すのこ状の木製の

  • 在宅介護 排便の工夫 足置き台

    便秘とは? 3日間排便がないまでは便秘とは言わないらしい。4日目に出ないと便秘というのだそうだ。私は毎日1回の排便が普通で、2日出ないと便秘だと思っていた。そういう誤解の下でヤエさんを介護していた。93歳の便秘ではヤエさんはゴールデンキウイ

  • 在宅介護 オムツ交換のコツ 要介護5

    病院の看護師さんに学んだ介護97歳要介護4 脱水と尿路感染症で入院 2018年春、97歳、要介護4のヤエさんの在宅介護の継続が、私には無理に思えた。車椅子のヤエさん、オムツのヤエさんを私は自宅では看られないと思った。しかし、5月の入院で、ペ

  • 在宅介護 リハビリパンツからオムツへの移行

    昼間はパッド 夜間はリハビリパンツ(要介護4)要介護3~4 尿2回分・3回分・4回分などのパッド 2017年、97歳、要介護4、ヤエさんの認知機能・運動機能が落ちて、つかまって立つこと、歩行器や車椅子を押して移動することが次第に難しくなった

  • 老健・サ高住・グループホーム・入院を経て、在宅介護へ

    ことばの機能の退行2017年97歳要介護4指さしで「猫だ」 2016年1月から2018年1月までの2年間、昼間はアテント尿2~4回分パッドで、夜間はライフリー尿7回分リハビリパンツで、やえさんの排泄はうまくいった。2017年、97歳、要介護

  • 在宅介護 パッドからリハビリパンツへの移行 要介護3~4

    まずは昼間のパッドが1年間93歳 要介護3 93歳、要介護3、2014年1月から、グンゼの綿パンツを尿失禁用パンツにした。同時にポイズパッドのような長さ24cmくらいのパッドを日中の少量の便失禁に使用し始めた。「これを使うと安心だよ」が私の

カテゴリー一覧
商用