searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ソフィアの母さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
時を束ねて リボンをかけて
ブログURL
https://sofianohaha.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
5匹の猫を連れて、知り合いのいない田舎の町へ引越して、5年目に入りました。 5匹いた猫は、現在3匹になり、ひっそりと質素に猫たちと互いにいたわりあって、老老生活を継続中です。
更新頻度(1年)

185回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2016/07/02

参加カテゴリ

猫ブログ / 猫と一人暮らし

シニア日記ブログ / 女性シニア

ライフスタイルブログ / ささやかな暮らし

※ランキングに参加していません

読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ソフィアの母さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ソフィアの母さん
ブログタイトル
時を束ねて リボンをかけて
更新頻度
185回 / 365日(平均3.5回/週)
読者になる
時を束ねて リボンをかけて

ソフィアの母さんの新着記事

1件〜30件

  • ブログ休止のお知らせ。恒例の冬眠に入ります。(笑)

    今年も残りわずかになってきました。お役に立つことは何も書いてないですし、毒も吐くし、身の回りの小さな出来事をちまちま書いて長文になってしまう、この拙いブログに訪問してくださる皆様。ありがとうございました!!ただ一言、「感謝」のみです。私の恒例になってしまいましたが、今年も猫たちと冬眠するため、ブログはお休みします。コロナ禍とは関係なく、いつも一人で猫たちと静かに過ごしていますが、今年はカンが逝って...

  • 布団乾燥機を買った。

    断捨離、断捨離といって、調子に乗って捨てても、あとで後悔することがよくある。洋服などは、出かけないから後悔はないのだが、あれがあったはずだと思っても、ああ捨ててしまったのだ・・・とか、捨てなきゃよかったとか思うものはある。布団乾燥機が捨てて失敗したもの。実家のものと2台あって、どちらもほとんど使ってなかったから2台とも捨ててしまった。天気のいい日はほとんど布団干しをするが、冬になって日がかげるのが...

  • 「奴隷」になった犬、そして猫

    『「奴隷」になった犬、そして猫』太田匡彦 著2019年11月30日 発行朝日新聞出版図書館から借りた本、 読了。第1章  猫ブームの裏側、猫「増産」が生む悲劇第2章  「家族」はどこから来たのか、巨大化するペットビジネス第3章  「骨抜き」の12年改正、あいまい規制が犬猫たちの「地獄」を生む第4章  環境省は「抵抗勢力」なのか、19年改正をめぐる「攻防」始まる第5章  8週齢規則ついに実現、犠牲になった「天然記念物...

  • 干し柿を食べると贅沢した気分になる。

    感染者の多い市の大病院に行ってから2週間が過ぎた。自己隔離の結果は全くの平熱。ホッとした。干柿が届いた。めっちゃ!うまい!懐かしい味。粉の吹き具合も私好みだった。15個入っていた。500円のクーポンとポイントも使ったので送料込みの1100円。冷凍にしておく分、もう一度落札しようかと思ったら、出品は終わっていた。友達の送る干し芋ができた。干柿も少し入れようと思っていたが、レターパックライトに入らずパス。もった...

  • 私は笑いのツボも老化したのだろうか?

    昔から面白い人と言われてきた。ブログも、これでも私はお笑い系を目指しているのだ。若いときは、黙っていればいい女なのに(これはジョーク)しゃべりだすといきなりお笑い系になると、男からではなく、女友達から言われてきた。(-_-;)昨日のM-1。優勝したマジカルラブリーに1秒も笑えなかった。まったく面白くなかった。そこで思った。私はたぶん、笑いのツボがすでに老化しているのだろう。参加した漫才師の頂点に立ったマジカ...

  • 食い意地をはってしまった。

    昨日の「坂上どうぶつ王国」にサンドウィッチマンが徳島の大家族すーさんの家で、お正月特番の番組を撮影している様子が放映されていた。この家族は私は好きなのだがそのことよりも、私がキャーと思ったのは、縁側にたくさんの柿が干されていたのを一瞬見えたからだ。こういうことには目ざとい。うわ~羨ましい~。と心底思った。私はいろいろな人のブログを読んでいるが、例えば、どこどこに食事に行きましたとか食事の画像付きの...

  • 干し芋作り。

    ずっと外出はしていなかったのだが、昨日サツマイモを買いに地場産のものを置いてある販売所に行ってきた。ちょっと遠いのだが、いろいろな野菜があって、大根は葉が付いているし、自然薯なども置いてある。一袋130円で4袋購入。税込み520円。種類は紅はるか。紅はるかの干し芋が一番おいしいと思っている。今日、天気が良かったので、干し芋作り。だいたい1時間以上は蒸かす。私はいつ倒れるか分からないという気持ちが常にあって...

  • 思ってもみなかったプレゼント。

    プロテスタントの友達からクリスマスカードが届いた。一筆箋も同封されていた。昨年はメモ帳だった。これなら、例年通りで別に驚かない。ところが今年はJCBの3000円分のギフト券が同封されていて、ビックリした。私は無宗教だけど、彼女はクリスチャンだから、同じ教会の人などとクリスマスカードは交換するだろうから、このギフト券は誰かと間違えて入れたのだと思った。おっちょこちょいだなあ・・・と思い、電話を入れた。する...

  • 私にとっては晴天の霹靂。

    庭に落ち葉が散乱している状態だったので、昨日はお昼から庭の整理をした。落ち葉といっても、大きな木があるわけではないので、アジサイの枯れた葉が散らばっているだけだけど。勿論、マスクはしている。隣のご主人が声をかけてきた。奥さんの一周忌だそうだ。あら・・・もう?1月3日だったから、そうか。12月でいいのだ。そして奥さんの甥や姪御さん二人が前日から来ているという。そこまではいいのだが、その人たちが私にお土産...

  • いつもひきこもっているが、さらに頑固にひきこもる。

    本日新型コロナウイルスの国内感染者が、全国で3000人を超えて過去最多を更新した。こういうニュースに驚かなくなっている自分が怖い。昨日、ガス会社の担当者が来た。コロナ前は、いつも家にあがっておしゃべりしていたが、このところ庭での立ち話だった。昨日は、ドアを少し開けて、先日病院に行ったことを話した。何の病気かまだ分からないと話して、これは献血ですか?と聞きたいくらい血を取られたと話した。そして、行列ので...

  • トイレの棚の完成。DIY。

    電動ドライバーのツメが中に入ったままビクともしなくなって、それを直すのにえらく苦労して時間がかかり、棚づくりは中断するしかなかった。もう、新品を買う余裕がないので、何としても直さなければならなかった。前も同じような状態になった時にYouTubeで直し方を見つけて直したが、今回は見つけることができなかった。思い出しながら・・やっと直して棚づくり再開。さて、トイレの棚は完成した。こんな感じ。材料費は厚さ1.9 ...

  • 貧乏人ゆえ予定外過ぎる出費に慌てる。

    3か月ぶりに予約されていた病院へ。車を走らせながら、数えたら3つの市を越えていくのだ。これは遠すぎて、通えなくなる日がくるだろう・・・と思う。機械に診察券を通すと、番号と検査内容の紙がでてきた。余りにも大きな病院過ぎて、よくわからないのだが、これはもしかして診察前にこの番号の部屋で検査を済ませなさいという意味だと理解した。しかし、これをお年寄りが理解できるだろうか?案の定、レントゲン室の受付の人と、...

  • トイレの棚作りに手間取っている。

    トイレに棚を作ることにしたのだが、意外と手間取っている。将来(近い?笑)トイレに手すりはつけなきゃならなくなる。ならば、いかにも!というものではなく、棚をつけてそれを手すりにも代用すると考えたのだ。トイレの奥行170センチの棚をつける。棚受けを壁に打ち付けるのに、だいたいノックする感じで右手の中指で壁を叩くと、重い音と軽い音でビスを打ち付けられる場所がわかるのだが、トイレは狭い。狭いから、コンセント...

  • ミケのためと思えばこそ。

    これは何をしているかというと、フードを一粒一粒カッターで半分にしている。ロイヤルカナンのエイジングケア2プラスが私の食べさせたいフード。高齢猫用なのに、粒が大きいのだ。ミケが食べている時にグアッとのどに詰まらせることがよくあったので、粒を半分にすることにした。左が通常。右が半分にカットしたもの。それでもまだ大きいような気がする。他のフード、例えばビューティープロなども、小粒だと表示されても、やはり...

  • 苦戦しながらの電球交換。

    先日、月に一度通院しているクリニックに行った。いつもながら病院はピリピリしていた。コロナ感染者が増えているから、その話になった。先生が「Go To トラベルは・・・」と言ったので、私が「失敗だよね」と言った。私はもともとおうち大好き人間だから、出かけないことは全く苦ではないけれど、世の中にはこんな時期でも出かけたくて出かけたくてどうしようもないという人もいるんだろうね‥と言った。コロナの医療従事者の...

  • 録画していたNHKスペシャルを観た。

    寒くて寒くて…。ゴミ集積所に行くのでさえ、なまった体には堪える。録画していたNHKスペシャル「ある、ひきこもりの死 扉の向こうの家族」を観た。知らなくていいことなのかもしれないが、私は一度観終わってから、もう一度観てしまった。あまりにも悲しい現実がそこにあった。世間体などという実体のない目に見えないものを気にしなくていいと、負い目やひけめは感じなくてもいいと、私は言いたいけれど・・・・・。そんなこ...

  • 加湿器用の台を作った。

    加湿器を買った。今まで考えたことがなかった。なぜなら、押し入れやクローゼットに除湿剤を置いておくと驚くほど水が溜まるし、この家は湿気が多いと思っていたのだ。確かに湿気は多いはずだが、このところ、夜中に喉がゼイゼイいうようになって目が覚める。これは部屋が乾燥しているからだろうか・・・と考えた。夜中は暖房は電気毛布だけだけれど。取りあえず失敗してもいいように安いものを探した。いろいろ調べたがアイリスオ...

  • 友達から喪中のハガキが届いて思ったこと。

    友達から喪中のハガキが届いた。お姉さんが亡くなっていた。彼女は長い間の夢をかなえて、今年、専門の学校に入学して東京での生活をスタートさせた。しかし授業はリモートになり、結局休学ということにして地元に戻った。電話をかけて事情を聞くと、お姉さんは難病指定の病気で余命は5年と聞かされていたそうだ。それでもそれから6年生きて、71歳で亡くなった。ということは65歳の時に余命宣告を受けたということになる。もっとも...

  • 今日は珍しくよく動いた。

    リタイヤした人で毎日の生活を規則正しく過ごしている人もいるだろうが、私は実にその時その時の感情で動く。今日は、天気が良かった。久しぶりだ。このところ洗濯をしても曇っていたので部屋干しだった。今日はひたすら洗濯機を回していた。やはり、太陽が出てこその洗濯だ。トイレに手すり代わりの棚を作ることを思いついて、ペンキを塗った。思いついて材料も用意していたがやる気が起きなかったから、そのままだった。太陽って...

  • 私のガラケーは寿命なのか。

    昨晩、友達から電話があって、30分くらい話していたらプツンと切れた。私のガラケーはもうバッテリーが弱くなっていて、電話で話すときは充電しながら話すのだ。それを昨晩は忘れていてバカ話で話し込んでいた。慌てて充電の線を探してさした。やっとどうしたの~突然切れて~とかかってきて、事情を話した。それからスマホの話。今から一から覚えるのは面倒だと言えば、私ならできるという。だからと言って、スマホにしたら?とは...

  • 「坂上どうぶつ王国」と「ドキュメント72時間」

    金曜日に放映された「坂上どうぶつ王国」と「ドキュメント72時間」を録画しておいたので、今日観た。坂上どうぶつ王国で、足の悪い猫を愛護団体から坂上さんが引き取ったけれど、モコのことを思い出した。何度もブログに書いていることだけれど、モコの足は伸びきってしまって引きずっていたのだ。捕まえて病院に連れて行ったときは、自転車にひかれたか踏みつぶされたか・・という診断だった。3か月入院させて3度手術をしたが、完...

  • ゴンとチビの争いを避けるために。

    前に、ホームセンターで1匹用のペットベットを、安かったから試しに1個だけ買った。気に入るか気に入らないか分からなかったからだが、1匹用なのに、ゴンとチビがぎゅうぎゅうになって入る。チビの耳をゴンが傷つけたのも、実は2匹で場所の争いをしているからだ。仲良く治まるのに時間がかかる。夜中などにチビとゴンが喧嘩をするのが嫌で買い足すしかないと思った。そこで、昨日は天気がよかったから、買いに行ってきた。一応売っ...

  • 「この街の命に」

    Amazonプライムビデオで見放題が終了間近の映画の中に「この街の命に」があった。2013年に改正された「動物の愛護及び管理に関する法律」施行以前の物語と最初に断りがある。動物愛護センターの殺処分から譲渡へと変わる様子が描かれている。昔読んだ本の中で、やはり保健所の殺処分にかかわった職員の書いたものを読んだことがある。書名は忘れてしまったが、その内容の中のひとつで実話として忘れられないエピソードがある。それ...

  • 食事を作りたくないとき。

    毎日、美味しそうな食事を作ってUPしている人のブログを読むと感心してしまう。私はいかに手を抜くか・・・お腹は空くが・・・という感じだ。かんぴょうを煮た。油揚げも煮た。かんぴょう巻きといなり寿司は、手を抜きたいときの定番なので、多く煮て冷凍しておく。猫の具合が悪くなったときなど、時間をかけて自分の食事は作れない。老猫を飼っていると、なにがあってもあわてないようにと、心構えとしてもってはいるが、なかなか...

  • 「100万分の一回のねこ」

    「100万分の一回のねこ」13人の作家による短編集。図書館から借りた本。読了。目次の後に、絵本『100万回生きたねこ』と佐野洋子さんに愛を込めてとある。で、これで?どこが?と思ったのが読後感。普段小説は読まない。ルポルタージュかノンフィクションかエッセイ類しか手に取らない。「ねこ」がつくタイトルに弱いし、この本は昔よく読んだ作家が多くて、読む気になった。まあ・・・この本を読む時間があったら、映画を1本観れ...

  • 明日は我が身か・・・。

    散歩をしている時に近所の女性に会った。彼女は2年ほど前だろうか・・・やはり一人で引っ越してきた人で、親しく話したことはないけれどなかなかおしゃれで、おそらく同年代の感じのいい年配の女性である。ペット用のカートを押していたので、挨拶した後、「ワンコ用のベビーカーですか?」と聞いた。犬猫用のカートということで、初めて見るが可愛い仕様の商品だ。2段になっていて、下の段に荷物が置けるようになっている。もう年...

  • もっと早く電気毛布を出しておけばよかった。

    日中は何とか暖かいのだが、朝方の寒いこと。今日は私の起きたのが7時半。猫たちは、いつも私より早く起きて私が起きるのを待っているのに、今日は誰も起きていなかった。私が起きても、そのまま寝ている。昨日、電気毛布を出した。私には掛毛布になり、猫たちには敷毛布としての使用になる。カバーをかけずに、昨日の夕方からそのまま出したら、こんな感じ。私の寝る場所を占領していた。炬燵がないから、これが猫たちのあったま...

  • 井戸の話。

    我が家は水道は井戸水で、共同ポンプを使用。現在は脱退して個人でポンプをつけた人も多いので、使用しているのは4世帯だけでで、管理会社もある。その管理会社に水道代として年に3万ほど支払っている。そのポンプが壊れて、管理会社からポンプ代の負担金を請求されたのが7月。国から支給された給付金の10万は、それに使った。4世帯のうち、1世帯が貸家で、大家が払うか家を借りている人が払うかで、かなりもめていた。管理会社の...

  • キャットタワーが邪魔。

    全く使われていないキャットタワー。邪魔でしょうがない。前の家で使っていたものは、高さがなかったがボロボロになったので捨ててきた。ここに引っ越してから高さのあるキャットタワーを設置した。しかし、うちの猫たちには見向きもされない。それでなくても、もはや、私のベットにさえ猫のために階段を作ったくらい、高いところに登れない。それでも一番下の爪とぎのところだけはチビが使用するのでボロボロになる。一度、ホーム...

  • 昨日の続き。

    昨日の続きです。長文です。一昨日、11月3日の火曜日、午後3時ころピンポーン。出ると女性2人が立っている。一人は制服を着ているから、ヘルパーさんだとわかったが、もう一人は上司か?今日が隣の訪問日なのだが、新聞が4日分溜まっている。チャイムを鳴らしても出ないし電気も消えている。何か聞いてないかというのである。その時の気分をどう表現したらいいのだろうか・・・。やってしまったのか・・・。九州に行くとは言ってい...

カテゴリー一覧
商用