searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Kiethさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
キース・アウト
ブログURL
https://kieth-out.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
主として教育に関するニュース記事について書いています。
更新頻度(1年)

14回 / 190日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2020/03/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Kiethさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Kiethさん
ブログタイトル
キース・アウト
更新頻度
14回 / 190日(平均0.5回/週)
読者になる
キース・アウト

Kiethさんの新着記事

1件〜30件

  • 中教審が中間のまとめで、また新たな教育をめざそうとするらしい。せっかくすばらしい教育システムを持っているというのに、城の上に城を継ぎ足す。

    中央教育審議会が近く中間のまとめを行うようだ。 その中で従来の「日本型学校教育」を高く持ち上げながら、さらに高みを目指してSociety5.0(狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く新たな社会)にふさわしい教育を開拓していくらしい。 誇るべき「日本型学校教育」の、足元は崩れつつあるというのに。という話。 (写真:フォトAC) 記事 「令和の日本型学校教育」とは? 中央教育審議会の中間まとめ案より(2020.09.16 ベネッセ) benesse.jp 幼稚園から高校までの「初等中等教育」の新しい在り方を検討している中央教育審議会が、2021年1月にも予定する答申に向けて、近く中間まとめを…

  • 神戸市は校長・教頭への昇任試験をやめてしまうらしい。やめて管理職候補を一本釣りするらしいが、何か根本的な勘違いをしていないか?

    神戸市は、校長・教頭のなり手がいないので昇任試験をやめてしまうという。なりたい人がいないので、なってほしい人を管理職にするつもりらしい。しかしそれでうまくやって行けるのだろうか。神戸市教委には根本的な勘違いがあるらしい。という話。 (「勉強中 受験 本とノート イメージ素材」 フォトACより) 記事 全国初、校長と教頭の昇任試験廃止 年齢引き下げ「30代教頭」も 神戸市教委 (2020.09.10 神戸新聞NEXT) www.kobe-np.co.jp 神戸市教育委員会は来春の人事異動に向け、本年度から市立学校の校長、教頭の昇任試験を全て取りやめる方針を固めた。阪神・淡路大震災後、教員採用を絞…

  • 日本の子どもは世界で最も不幸だと言われて違和感を持たないとしたら、それはやはり異常だ

    ユニセフによる子どもの幸福度調査で、日本の子どもは体の健康の分野では1位となったものの、精神的な幸福度は37位だという。 だが、こと子どもや教育について「日本はダメだ」とか「最低レベル」と言った話が出てきたら眉に唾をつけて身構えなくてはならない。 そこには必ず虚偽か、過ちか、悪意があるからだ。 という話。 (「秋の公園で遊ぶ3人の子供たち」フォトACより) 記事 子どもの幸福度 日本は先進国など38か国中20位 ユニセフ調査 (2020.09.03 NHK) www3.nhk.or.jp 子どもの幸福度をはかるユニセフ=国連児童基金の調査で、日本は先進国や新興国など38か国中、20位でした。体…

  • 学校がうまくいっているとき、その手柄をひとりの人間に帰して報道するのはやめてもらいたい。それが金八先生でもヤンキー先生でも、泣き虫先生でもエリート校長であったにしても。

    新聞に大阪市の小学校の優れた実践が紹介されていた。校内暴力に荒れていた小学校を、わずか7年で立て直し、学力も大いに上げた校長がいるという。ホンマかいな?手柄を独り占めにしたような報道に、校長自身、戸惑いはしなかったろうか?という話。 (「桜の木の下で手をつないで登校する小学校高学年生と小学1年生」フォトACより) 記事 小学校から暴力消え、学力上がった「生きる教育」の二本柱(2020.08.25 産経新聞) www.sankei.com かつて教員の指導に児童が反抗し、暴力行為が多発していた大阪市の小学校で作成された、独自の教育プログラム「生きる教育」に注目が集まっている。自分の思いを言葉にし…

  • 小学校5,6年生が教科担任制になるかもしれないといっても、教師にとって何もいいことはないのかもしれない

    中央教育審議会が小学校5,6年生を教科担任制にしようと言い出した。 悪いことではない。 しかし新たに専門の先生が来てくれるなどと、ゆめゆめ期待してはいけない。 文科省が正規に教員を増やすなんて、今まで一度もしたことがないのだから。という話。 記事 小学5、6年に教科担任制案 22年度から 授業の質向上など狙う 中教審(2020.08.20 毎日新聞) mainichi.jp 小中学校や高校の教育のあり方を検討している中央教育審議会の特別部会は20日、2022年度から小学5、6年生で「教科担任制」を導入する案を示した。専門性の高い教員が教えることで授業の質を高めることに加え、教員の負担軽減につな…

  • 校則でツーブロックがダメな理由は何かという質問が東京都議会で出されたらしい――しかし、そんなの簡単だろ?

    東京都議会で「都立高校の校則で、ツーブロック(段差ができるような髪型)が禁止されているのはなぜか」という質問が出たという。それに教育長がうまく答えられなかったとかでSNS上は大笑い。私もそう思う。ツーブロックがダメなのはそんな理由からではない。 ダメなものはダメだからだ。 (ラファエロ「アテナイの学堂」) 記事 事件に遭うからツーブロック禁止? 都立高校の校則に「意味不明」「データはあるのか」と批判殺到 (2020.07.14 BazzFeed) 「都立高校の校則、なぜツーブロックはダメなのか」 共産党・池川友一都議会議員がTwitterに投稿した動画が230万回以上再生され、話題になっている…

  • オンライン学習が児童生徒の学力差を広げるなんて百も承知で、何が何でもやれと言い続けている人たち――彼らはエリートの卵が学習できない状況に我慢ができないのだ。

    日本のメディアから「オンライン学習先進国」ともてはやされた韓国からの報告。オンラインでも成績上位者は「自己主導学習」で成績を維持できるが、中位の者は大きく落とす。塾に行っている者、家庭に教育力があって支援を受けられる者は受ける影響が少ないが、多文化家庭や祖父母と孫だけの家庭の子、障害のある子は苦しい等々。――これが一部の人たちが熱望した「オンライン学習」の実態だ。 しかしその人たちは知らなかったわけではない。知っていて切望した。彼らがオンライン学習をさせたかったのは成績上位者だけなのだから。 (「タブレット学習する小学生」フォトACより) 記事 [ニュース分析]遠隔授業で中位圏の成績下落…ます…

  • 大災害などの万が一の危機に備えて、日常の危機を甘受できる大人たちがいる~文科省は「学校に携帯を持ってくるように」と子どもたちに言った

    大昔のファミコンに始まって、ポケベル、ゲーム&ウオッチ、ゲームボーイ、ポケットステーション、たまごっち、ニンテンドーDS、ニンテンドースウィッチ、ニンテンドー3DS・・・これまで幾千万の親たちが子どもの電子機器と戦い、敗れてきたことか――。それにもかかわらず、今はスマホを持たせたい親たちがいて、それを文科省があと押しする。 (「スマホを触る女の子」フォトACより) 記事 中学校へのスマホ持込、3条件のもと容認へ…文科省案(2020.06.25 リセマム) resemom.jp 文部科学省は2020年6月24日、学校における携帯電話の取扱い等に関する有識者会議を開催し、まとめ案を示した。小中学校…

  • 学校がいまだに同級生を介した連絡帳で欠席連絡を求めるのは、そうしないと担任か教頭(副校長)が死んでしまうからだ

    欠席連絡ひとつを取っても、 いまだに子どもの友だちを介した連絡帳の提出で求める日本の学校。 そんな昭和から時間が止まったようなことはやめて、 ICTを充実させ、保護者がいつでも気楽にメールで連絡できるようにすることで、 先生の業務をこれ以上増やすことなく、 保護者との信頼関係を強化していけるのではないか、――って、それをやったら先生たち、死ぬぞ。という話。 (「電話をする女性」 フォトACより) 記事 意見する親・クレームする親・沈黙する親…ICT教育阻むモンペの境界線 (2020.06.19 現代ビジネス) 保護者丸投げ型「無理ゲー」 GW明けに始まった『保護者へ丸投げ型・時間割ベースド家庭…

  • 4月~8月生まれの子は、9月入学で生涯賃金1千万円を損する~どうやら先送りになりそうでよかったが。

    自民・公明両党の検討委員会が9月入学を見送る方針を決め、どうやらこの件は先送りになる模様。めでたいことである。思えば今年3月以来、9月入学については良いことばかりがマスメディで取り上げられ、問題点は経費や社会との整合性についてのみ語られてきた。置き去りにされたのは将来に渡っての子どもの成長だ。今、目の前にいる子どもの学力を守るために、来年度以降の子どもの成長を犠牲にしてはいけない。という(当たり前の)話。 (「入学式」フォトACより) 記事 9月入学、文科相「直ちに導入を結論づけることない」 (2020.05.29 朝日新聞) 新型コロナウイルスの影響による長期休校を受け、政府が検討する「9月…

  • 目の前の子どもの学力が心配だといって9月入学を認めてしまうと、10年後、お宅の子どもは東大に入れないかもしれない

    学校が休校中、金持ちの子どもは塾やオンラインで高い学力をつけているのに、 お宅の子どもは置いて行かれるばかり――。 そんな脅迫に屈して9月入学に賛成したら、 10年ののち、もしかしたら東大に入れたかもしれないあなたの息子は二流大学に甘んじ、 せめて三流には入ってほしいいと願った子どもも、 四流・五流に居場所を探さなくてはならないかもしれない。という話。 (「東京大学の安田講堂」パブリック・ドメインQより) 記事 9月入学、具体化作業入り 来秋想定、6月にも方向性 政府 (2020.05.01 時事通信) 政府は30日、新型コロナウイルス感染拡大による休校長期化を受け、「9月入学」の実現に向け具…

  • いつに再開されるかわからない学校教育を待ってイライラするより、子の技術家庭科能力を高めて、近い将来、自分が楽をできる道を探る方がいい

    いっそのこと9月まで待って新学期を始めようという話が出ているが、冗談じゃない。 この先4カ月も待っていられるか。 そのうえで10月以降に新型コロナ感染、第3波、第4波となったらどうするんだ。 ――と、いろいろツッコミどころのある今の事態だが、 先が見えないことにイライラするより、 この際“ウチの子”を優秀な家庭人に育て上げ、調理・裁縫・家庭衛生の肩代わりをさせられるようにしておいたら、きっと未来は楽になる、親にとって。という話。 (「 餃子を作る女の子達6 料理 お手伝い」フォトACより) 記事 日本人の「手作り布マスク」を見て、中国人が「この発想はなかった」と感動するワケ 中国は果物の皮で代…

  • 休校が続くからといって慌てて政府や学校をせっついて、オンライン授業なんか始めさせたら大変なことになるぞ。

    新年度が始まったとたんに再び休校になり、 「子ども在宅ストレス障害」に陥った保護者から、 オンライン授業への要求が高まっている。 けれどあんなもの、 うっかり導入すると大変なことになるぞ。という話。 (「パソコンで学習する子ども」 フォトACより ) 記事 日本のコロナ「学力格差」を止めるための方策 オンライン授業「後進国」日本は何をすべきか 親野 智可等 : 教育評論家 (2020.04.09 東洋経済オンライン) 新型コロナウイルス感染症の終わりが見えない。学校がいつ再開するかわからない地域も多い。再開したところでいつ休校になるかもわからない。先の見えない不安定な状態が続いていて、いつ安定…

  • 卒業式の保護者謝辞をなくせというのは、子どもに「感謝の気持ちなど持たなくていい、自分はひとりで育ってきたのだと教えろ」と言うに等しい

    卒業式の次第に「保護者謝辞」があるのはおかしいという意見がある。 学校が自ら、「自分たちに感謝しろ」というのはおこがましいというのだ。 そうではない。 学校を通して、子どもを支えてくれた社会に感謝の気持ちを伝える、 親のその姿を見て、子どもも社会に対する感謝の気持ちを育む、 それが「謝辞」だ。 という話。 記事 【卒業式】学校に「いらない」と言われても“謝辞”を続ける保護者の不思議(2020.03.14 Yahooニュース) 引き受け手がいないのならと、学校側が謝辞をなくす提案をしても… 全国で一斉休校の措置がとられるなか、卒業式も縮小、短縮されています。 「来賓を呼ばない」「在校生は参加しな…

  • 粉飾された「釜石の奇跡」を、丁寧に洗い落として正す若者がいるという奇跡

    悪意ある粉飾「釜石の奇跡」を丁寧に解きほぐし、 粉飾を削ぎ落そうとする若者がいる。 偽物の美談のために将来の子どもたちが道を誤らないように。 美談より事実の方が美しい場合がある。という話。 (「東日本大震災 岩手県 釜石市」 フォトACより) 記事 本当は違う「釜石の奇跡」 24歳語り部が伝えたい真実(2020.03.11 朝日新聞デジタル) 小中学生3千人のほとんどが助かり、「釜石の奇跡」と呼ばれた。鵜住居地区では中学生が小学生の手を取って避難したと称賛された。でも「全てが本当のことだったわけではない」。あの時の中学生の一人、菊池のどかさん(24)は振り返る。この地区にできた津波伝承館で働き…

  • ひっそりと、神戸・教員いじめ事件の処分が下りた。

    新型コロナウイルス騒動の陰で、 ひっそりと、神戸・教員いじめ事件の加害教員の処分が下った。 懲戒免職2名、他に3カ月の停職、減給。 教員としては決して軽い罰ではない。 しかし私にはひとつの心残りがある。という話。 (「神戸市役所からの風景」フォトACより) 記事 激辛カレーなど教員間暴行の加害教員4人処分 神戸市教委(2020.02.28 神戸新聞) 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、市教育委員会は28日、加害教員4人のうち、外部の調査委員会から悪質なハラスメント行為を多数認定された30代男性2人を懲戒免職とし、40代女性を停職3カ月、別の30代男性を減給10分の1(…

  • 全国の公立小中学校・高校が休校になり、しかし、もしかしたらそれでも子どもを預かってもらえるのかもしれない。

    北海道で道内の小中学校が休校になるというので大騒ぎをしていたら、 政府が全国の公立小中学校・高校を春休みまで休校にすることに決めてしまった。 大阪市はそれでも休みの取れない家庭のために、子どもを預かってくれるという。 授業も特別活動もないのに子どもが集まってくる学校! カオスだ!という話。 記事 一斉休校 拡大防ぐ妙薬 「でも…子の面倒誰が」 新型肺炎(2020.02.27北海道新聞) 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、道内の小中学校に休校が呼び掛けられ、全市町村教委が感染症対策のために前例のない一斉の臨時休校を決めた。各教委は感染拡大を断ち切るために必要として多くの学校が27日からの休校に…

  • 子どもが持ち込んだスマホで盗撮したら、学校が謝れ!

    スマホを容認すればさまざまに大変なこともあるが、なんとか頑張ってくれ。ただし教員の働き方改革。勤務時間は増やしちゃだめだよ。と文科省は言った――のかもしれない。 記事 複数の男子生徒 中学校内で盗撮 生徒間で画像売買も 奈良 生駒 (2020.02.11 NHK) 2020年2月11日 2時15分 奈良県生駒市の中学校で複数の男子生徒が女子生徒のスカートの中などを盗撮し、一部の動画や画像を生徒間で売買していたことが学校などの調査でわかりました。 生駒市教育委員会によりますと、生駒市立の中学校で5人から6人ほどの2年生の男子生徒が、去年11月以降、ペン型の小型カメラやスマホを使って、校内で女子生…

  • 京都市もまた、教員の働き方改革に真剣に取り組み始めた。ただし仕事を増やすことも忘れていないらしい。

    教員の働き方改革に京都市もまた真剣に取り組み、 夜は7時に電話を切り、教師の意識改革も強く訴えている。 ただし同時に、京都市は授業日数を増やし、 小学1年からの英語活動や小学4年からの長期宿泊学習など、 独自のカリキュラムにも熱心に取り組ませている。 アクセルをガンガン踏みながら、ブレーキを強く踏む矛盾。 しかしそこはとにかく、教師の“自覚”で乗り越えてもらうしかない。という話。 記事 教員「ブラック職場」改革進まず 保護者対応や授業準備…新たな負担も(2020.01.27 京都新聞) 午後7時、教員が職員室の電話のボタンを押すと、自動音声の対応に切り替わった。「本日の対応は終了しました」。京…

  • 神戸市教委が「学校業務見直しの指針」を発表したが、必要なものを減らし、どうでもいいものを残すという錯誤は、どうして起こるのだろう。

    授業時数の確保と教職員の負担軽減のために、 神戸市教委が業務見直しの指針を出した。 しかしよくもまあここまで、 やめてはいけないものをやめ、 やめた方がいいものを残す計画が立てられたものだ。という話。 記事 神戸市、教員の業務軽減 動物飼育を縮小、通知表の所見欄廃止…(2020/1/17 神戸新聞NEXT) 新学習指導要領による授業時間数の確保と教職員の負担軽減のため、神戸市教育委員会は市立小中学校の業務見直し方針を策定し、16日までに各校に通知した。例として運動会を午前中だけの開催にするなど原則、学校行事を簡素化。ウサギや鳥といった動物飼育(小学校)は全校で段階的に縮小、成績通知表の「所見欄…

  • 時間割に入るはずのない英語やプログラミングを入れると、学校がガタガタになる様子が目で見えるようになってきた

    もう満杯の小学校のカリキュラムに、 さらに新しい内容を盛り込む。 そうなると、何かをつぶすか、何かをいい加減にするか、 あるいはあれもこれもグチャグチャにするしかない。という話。 記事 15分×3日=授業1コマ 新年度から授業数増 時間確保に「モジュール学習」(2020.01.14 丹波新聞) 2020年度から始まる新学習指導要領に基づく「外国語」などの導入に伴い、小学校では3―6年生の授業時数が週1時間拡充される。すでに各校では、必要な課外活動などとの兼ね合いで授業時間の確保に苦慮する中、兵庫県丹波篠山市の多紀小学校は今年度から、始業前の朝の15分間を正式な「授業」として位置付け、週3日計4…

  • 元文科官僚が「不登校は学校に責任がある」と言っているけど、この人、在職中は何をしていたのだろう?

    文科省の元官僚が、不登校の原因は現在の政権が右傾化して、上から抑えつけるような“押し付け道徳”を復活させたために、学校が居心地の悪い場所になっているからだ、と言っている。百万歩譲ってそうだとしても、それは学校の責任ではないだろう。という話。(「文部科学省・文化庁・スポーツ庁」phtoACより) 記事 「不登校は学校に責任がある」前川喜平が桐野夏生と考える教育問題(2020.01.10 AERA.com ) (以下、抜粋)桐野:学校に行きたくても行けなかった人がいる一方で、不登校も増えている。前川:不登校に関しては、私は学校のほうに責任があると思うんです。今、学校がものすごく居心地の悪い場所にな…

  • 小学校英語やプログラミング学習のために、今から学習塾に入れる親や祖父母がいるらしいけど、馬鹿らしいからやめなさい。

    小学校英語とプログラミング学習のために今から塾に行く、そのための教育費がかさんで大変だという記事。 しかし爺ちゃん・婆ちゃん、孫に”転ばぬ先の杖”を渡してはいけない。 あんなもの、大して役にも立たなければ大変でもない。 それにしても政府・文科省は、本気で国民にあれをやらせようというのか?という話。 記事 小学校の英語、プロミング教育導入 増える教育費に祖父母の負担増も(2020.01.06 マネーポストWeb) 2020年、子や孫の教育に関わる費用負担が大きくなるかもしれない。2020年度から新学習指導要領が実施され、4月から小学校でプログラミング教育が必修化される。合わせて、小学校5~6年生…

  • 2020年

    あけまして おめでとうございます 本年も、よろしくお願いいたします。

  • 先生たち! 教育委員会が「『小児性愛』の傾向が自分にあるのか自覚してもらう」とか言ってるよ。

    教師はロリ(ロリコン男性)の就く仕事、 教師は変態ばかり――。 ネット上のガヤが言うならまだしも、 地方公共団体・教育委員会に言われるようになったら終わりだ。 ところで、 果たして教員のわいせつ事件は有意に多いのか、 多いとしたらその原因は何なのか、 ――政府・地方自治体・マスメディアは、 本気で調べ、考えたことがあるのか?。 記事 2019.12.22 生徒のわいせつ被害、大阪府が調査へ 学校通さずに回収 [朝日新聞デジタル 12月21日] 教師による生徒へのわいせつ行為やセクハラが絶えない。大阪府教育庁は来年度から、府立の中高や特別支援学校の生徒計約13万人を対象に被害の有無をアンケートで…

  • 教員免許更新制、「10年もやったのに教師の資質はさっぱり上がっていないじゃないか」と言われている件について

    教員免許更新制。 メディアはさっぱり効果がないじゃないかとご不満。 教員は高い金を払って大した講習ではないとご不満。 それなのに、 10年に一度の講習が全員にいきわたってもやめられない。 そこには浅~いワケがある。 記事 2019.12.09 教員免許更新制10年 資質の向上、乏しい効果 [神戸新聞NEXT 12月 7日] かつては一度取得すれば終身有効だった教員免許に、10年に1度の「更新制」が導入されてから10年が過ぎた。目的は教員としての資質を高めることにあったが、導入以降も体罰やわいせつ行為などで懲戒処分を受ける教員数は高止まりし、大きな変化は見られない。神戸市立東須磨小学校の教員間暴…

  • 日本人の英語力が延びないのは教育のせいではない

    日本人の英語力は世界で53位 低い方だそうだが 実は20歳まではほぼ平均なのだという 大人になってからの英語力が延びていかない 果たしてそれは教育のせいなのだろうか 記事 2019.12.03 日本人の英語力、世界で53位は低いのか? 9年連続下落中のランキングを止めるには。 [シェアーズカフェオンライン 12月 3日] 2019年11月11日に、英語能力のベンチマークのひとつである「EF EPI英語能力指数2019年版(※注)」が発表されました。日本の順位は100か国中53位。前年の49位からランキングを落とし、9年連続の下落という結果です。 アジアの25地域においては11位。6位の韓国、7…

  • 理想の学校はだれもが目標としていいものではない

    理想の学校、理想の管理職、理想の教師を語るとき それが真面目に努力すれば、だれでも達成できるものかどうかは決定的だ 凡人が下手に手を出すと大やけどをする しかもその被害の大部分は児童生徒が背負うことになる ゆめゆめ安易に真似することのなきよう 記事 2019.11.16 校則撤廃中学校の校長 「教員らしく振る舞う必要ない」 [Newsポスト セブン 11月15日] 東京都世田谷区立桜丘中学校では、校則の全廃による服装や髪形の自由化のほか、チャイムは鳴らず、何時に登校してもいい。今年度から定期テストも廃止され、代わりに10点ないし20点の小テストを積み重ねる形式に切り替えられた。スマートフォン(…

  • 教員採用試験:どうやら他県の教員志望を奪い合う時代が来たらしい

    教員不足もいよいよ極まって、他県の教員志望を奪い合う時代が来たようだ。 全体の均衡を考えずに自分の県だけを大事にする――日本でも教育のトランプ現象が起こり始めたのかもしれない。 ほんとうは魅力ある職場づくりで志願者を増やすべきないのに。 記事 2019.11.12 大学推薦新卒者の1次試験を免除 小学校教員不足解消へ 宮崎県方針、21年度採用から [西日本新聞 11月10日] 宮崎県教育庁(県教育委員会)が2021年度の小学校教員採用試験から、大学の推薦がある新卒予定の受験者を対象に、1次試験を免除する方針を固めたことが分かった。全国的に教員不足が深刻化する中、大学側の「お墨付き」を得た学生を…

  • 「何をやっても学校はダメ、教師はバカ」という話

    第4の権力「マスコミ」も、第5の権力「ネット社会」も、こぞって「いじめ教諭」の有給休暇をなじり「組体操」を責めたのに、 いざ給与の支給を差し止め、組体操を中止にすると、それはそれで「教師の思考停止」と今度は馬鹿にする。 いったいどうすればいいのか? こうして教師は「自分でものを考えたり判断することもできない、バカで融通が利かないブラック業界の担い手」という評価が高まっていく。 これでは教師のなり手がいなくなるわけだ。 記事 2019.11.10 神戸「イジメ教諭問題」「組体操中止論」に見る「教師の思考停止」 [デイリー新潮 11月10日] 組体操は悪か? 今、「ピラミッド」が消えようとしている…

カテゴリー一覧
商用