searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

にわかさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
にわかお城ファンの旅行記
ブログURL
https://tmtmz.hatenablog.com/
ブログ紹介文
スタンプラリー感覚で百名城をのんびりと回ってます。たまには旅行記も。
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/niwacasle
ブログ村参加
2020/03/08
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、にわかさんをフォローしませんか?

ハンドル名
にわかさん
ブログタイトル
にわかお城ファンの旅行記
フォロー
にわかお城ファンの旅行記

にわかさんの新着記事

1件〜30件

  • 諏訪大社下社秋宮・下諏訪宿散策- 木曽路と諏訪の旅 2021春⑤

    下社春宮に続いて秋宮へ。 その道中には下諏訪宿の宿場町が広がります。街中ですが、名残は残っていて宿場町巡りをしてきた身としては見逃せません。 あわせて散策して下社秋宮へ。良い散策コースでした。 下諏訪宿 慈雲寺・矢除石 下諏訪宿本陣 諏訪大社下社秋宮 下諏訪宿 春宮参拝の後から散策スタートです。まずはこちらの看板に沿って秋宮を目指します。右下に向かう紫線に沿って秋宮方面へ向かいます。秋宮までの1kmちょいの道のりには既にいくつか見どころが書いてあって楽しみ。 というわけで最初の見どころと書かれていた諏訪湖ビューポイントへ諏訪湖は見える、、、かな。かなり際どい。看板には絶景ポイントって書いてあっ…

  • 諏訪大社下社春宮・万治の石仏- 木曽路と諏訪の旅 2021春④

    木曽路の宿場町巡りから一気に飛んで諏訪観光へ。まずは定番、諏訪大社四社詣りです。 この旅まで諏訪大社が二社四宮からなることすら知らなかった若輩者ですが、下社春宮からきちんと全部回ってきました。 それぞれ特色があって面白い。 春宮は幣拝殿の細かな彫刻と近くの万治の石仏が印象的でした。 諏訪大社下社春宮 周辺散策- 万治の石仏 諏訪大社下社春宮 前回の奈良井宿から伊那のかんてんパパガーデンに寄り道しつつ、諏訪大社の下社春宮へ。 かんてんパパガーデンもお土産を買うには良いところですが、さすがにお土産を買うところだけ載せてもアレなので。観光の立ちよりスポットとしてはおススメです。 www.kanten…

  • 奈良井宿 日本一の宿場町- 木曽路と諏訪の旅 2021春②

    旅2日目も中山道の宿場町巡りからスタートです。 やってきたのは木曽十一宿で江戸から二つ目の奈良井宿。ちょうど中山道の宿場町ではど真ん中に当たります。 今は人も少なく落ち着いた雰囲気の宿場町ですが、看板には日本一の宿場町の文字。当時はかなりの規模の宿場町だったようです。 そう言われると確かに、妻籠や馬籠と比べても大きな宿場町でした。 奈良井宿散策 鎮神社 上町散策・中村邸 中山道の杉並木 木曽の大橋 カフェ深山 100年前のカレー 奈良井宿散策 この日は伊那市のお宿からスタート。山を越える必要はありますが、トンネル一つで40分ほど。意外と近いものです。 南北に広がる奈良井宿のほぼ南端の奈良井権兵…

  • 妻籠宿- 木曽路と諏訪の旅 2021春②

    木曽路の旅2回目は馬籠峠を越えて妻籠宿へ。 街並み保存事業の先駆けとなった妻籠宿は、まさに古くから残る街並みという雰囲気。 馬籠宿から馬籠峠を越えて歩いて回ると一層当時に想いを馳せられそうです。歩かなかったけど。 妻籠宿 脇本陣奥谷 妻籠宿本陣 寺下の街並み 栗きんとんソフト おまけ-駒ヶ根ソースカツ丼 妻籠宿 馬籠宿から馬籠峠を越えた先にある妻籠宿。歩いて中山道を満喫するコースも紹介されていますが、今回は車で移動。 こちらの駐車場は道沿いに見つけたところにさっさと停めました。結果的に最寄りでしたが、昼過ぎでも空いていたのでハイシーズンじゃなければ大丈夫じゃないかな。 妻籠宿は全国に先駆けて街…

  • 馬籠宿・馬籠城- 木曽路と諏訪の旅 2021春 ①

    2021年春先に長野県は木曽路、中山道の宿場町巡りからの諏訪湖観光に行ってきました。 まずは木曽路から振り返ります。 木曽谷沿いには木曽11宿と呼ばれる中山道の宿場町が残っていますが、その中でも馬籠、妻籠、奈良井などはかつての街並みを残すことで有名です。 第1回は馬籠宿木曽11宿で最南端の馬籠宿。坂道の宿場町は古くとも新しい雰囲気を残していました。 馬籠宿 馬籠宿本陣跡/島崎藤村記念館 陣場上展望台 馬籠城 馬籠宿 木曽谷最南端の馬籠宿。現在の住所では岐阜県中津川市になります。 木曽谷の宿場町というと山深そうに聞こえますが、中央道中津川ICから20分ほど。案外アクセスの良い宿場町です。 そのぶ…

  • 小島陣屋 (静岡市清水区) -立派に残る石垣はさながら城跡

    今回取り上げるのは静岡市清水区にある小島陣屋。 名前からも分かる通り、お城ではなく陣屋です。小藩だったので城として作ることを許されなかった、、、はずなんですが、立派な防御機構が備えられていて、外見はさながら城跡の様相でした。 現存の御殿書院まであって、これは穴場ですね。 城館:小島陣屋 静岡市清水区HP: 国指定史跡 小島陣屋跡:静岡市訪問日:2021年6月 概要 訪問記 書院建物 感想 アクセス 概要 駿河中東部に1万石の所領を持った譜代大名、小島藩の陣屋として、松平信治が1704年に築きました。その後、明治までの164年間、藩政を執り行いました。 東海道から甲府に至る甲州往還にほど近い場所…

  • 勝間田城 (静岡県牧之原市) -五重の堀切が立派な中世山城

    静岡県中部、お茶畑で有名な牧之原台地にある勝間田城の訪問記です。 続百名城でもないですが、続百名城公式ガイドブックに土居の例として載っています。それくらい遺構、見どころ多めの城跡でした。 でも土居より五重堀切の方が印象的だったけど、そっちでは載ってなかったなぁ。 お城:勝間田城 静岡県牧之原市HP: 勝間田城跡 - 牧之原市ホームページ訪問日:2021年5月 概要 訪問記 三の曲輪・二の曲輪 本曲輪、五重の堀切 感想 アクセス 概要 平安時代末期から鎌倉時代にかけて牧之原市勝間田川流域を治めた勝間田氏が、15世紀半ばに勝間田川最上流部、牧之原台地の尾根上に築城したと考えられています。 勝間田氏…

  • 夏のビーナスラインをドライブ② - 霧ヶ峰高原のニッコウキスゲ

    ビーナスラインドライブの2日目は霧ヶ峰高原へ。 エアコンの名前でよく聞くので、行ったことないのに馴染みがある不思議な感覚です。口に出すときについリズムをとってしまうのは関西人だけでしょうか。 今日のお目当てはニッコウキスゲ。一面の黄色い花畑に出会えるかな。 霧ヶ峰高原 ニッコウキスゲ群生地へ ソフトクリームタイム@ドライブイン霧ヶ峰 橙1.霧ヶ峰高原 橙2.ニッコウキスゲ群生地 橙3.霧ヶ峰高原自然探求路 霧ヶ峰高原 まずは2日目も素晴らしい天気と景色の中をドライブです。気温も含めてすべてが快適。晴れていて良かったー なんだか車のCMが撮れそうな良い道じゃありませんか。 霧ヶ峰高原に到着中心部…

  • 夏のビーナスラインをドライブ① -美ヶ原高原美術館・八島ヶ原湿原

    7月中旬の週末、愛車乗り換え前の思い出作りとニッコウキスゲを目当てに長野県はビーナスラインにドライブに行ってきました。思えばあのころはコロナの感染者数も少なかったなぁ まずは北端の美ヶ原高原からドライブ開始。 まさに高原という素晴らしい景色。しかも涼しい。ツーリングの方がたくさんいらっしゃるのもよく分かります。 これは毎年避暑に行きたくなりますね。 美ヶ原高原美術館 八島ヶ原湿原 青1.美ヶ原高原美術館 青2.八島ヶ原湿原 美ヶ原高原美術館 ビーナスラインは諏訪湖近くの長野県茅野市から、長野県上田市の美ヶ原高原美術館までをつなぐ高原道路です。高原の景色の良いワインディングロードは素晴らしいドラ…

  • 百名城 水戸城(14・茨城県水戸市)2/2-弘道館を散策

    引き続き水戸城を散策。続いてはスタンプも設置されている弘道館から三ノ丸を回ります。1回目の記事はこちら tmtmz.hatenablog.com お城:水戸城 茨城県水戸市HP:水戸城跡 « 水戸市の観光情報サイト「水戸旅」【公式】水戸観光コンベンション協会訪問日:2018年10月、2021年4月 訪問記 弘道館 鹿島神社 三ノ丸周囲を散策 感想 基本情報 訪問記 弘道館 本丸の薬医門から戻って弘道館を見学です。 弘道館は9代藩主の徳川斉昭の藩政改革の一環として1841年に創設されました。藩校としては当時最大級の規模を誇りました。 藩内抗争や戦災でたくさんの建物を焼失しますが、正庁と至善堂は焼…

  • 百名城 水戸城(14・茨城県水戸市)1/2-復元された大手門から今も残る薬医門へ

    土浦城に続いて、茨城の百名城は水戸城です。 1回目に来たときは大手門の復元工事真っ最中で、二の丸は完全に工事現場でしたが、復元工事が終わってから再訪すると全く印象は変わりました。 跡地はほとんど学校になっていますが、それでも徳川御三家の城ですから、隠し切れない格式が感じられますよ。 お城:水戸城 茨城県水戸市HP:水戸城跡 « 水戸市の観光情報サイト「水戸旅」【公式】水戸観光コンベンション協会訪問日:2018年10月、2021年4月 概要 訪問記 水戸駅~大手門 二の丸~薬医門 本丸・薬医門 概要 1193年、馬場資幹が源頼朝から大掾に任命され、居館を築いたのが始まりです。 1427年に馬場大…

  • 続百名城 土浦城 (113・茨城県土浦市) -番外編 土浦城下町を歩く 

    土浦城を回った後、散策前に見つけた気になる看板をもとに街歩きをしてきました。土浦城の痕跡を回る街歩きです。 中城町の蔵が立ち並ぶ街並みは雰囲気もよく、お店が開いている時間に歩きたかったところ。城の痕跡としては僅かですが、門跡の位置関係を知るだけでも当時の大きな城域を感じることができますね。 訪問記 大手門~南門 南門~中城町 訪問記 冒頭に触れた気になる看板がこちら。大手門跡、などの配置を書いてくれています。これを参考に、大手門跡→南門跡→中城通り→搦手門跡へと回っていきます。 大手門~南門 旧前川門から歩いて5分ほどで最初の目的地大手門跡へ。正直、ここにたどり着くまでは遺構のようなものもある…

  • 続百名城 土浦城 (113・茨城県土浦市) -亀城公園は地域住民の憩いの場

    このブログ初めての関東地方のお城の訪問記 土浦城から開始です。 ブログを始めてすぐにコロナ禍になって、宣言やらで訪問できなかったんですよね。ようやく隙間をついて北関東を回れました。 まずは亀城。街中で当時の名残を感じるのは厳しいですが、現存建築は立派でした。 お城:土浦城 茨城県土浦市HP:名所・史跡の紹介 | 土浦市公式ホームページ訪問日:2019年9月、2021年3月 概要 訪問記 土浦市立博物館 亀城公園 本丸・百名城スタンプ 感想 基本情報 概要 室町時代に小田氏の家臣、若泉三郎が築いたのが始まりとされます。 戦国期には、小田氏家臣の菅谷氏の居城となります。このころ小田氏の勢力は衰え、…

  • 続百名城 小牧山城(149・愛知県小牧市)-信長と家康の痕跡が残る平山城跡

    緊急事態宣言の狭間に訪問した小牧山城の訪問記です。 普通に登ったらなんてことのない山かもしれませんが、麓で勉強するだけで興味深い山城と感じるんだから面白い。 実は昨年末に訪問したのですが、そのあとずっと宣言が出ていたので寝かせた結果、季節が正反対の訪問記になってしまいました。まぁ涼を感じるということで。 お城:小牧山城(149) 愛知県小牧市HP: れきしるこまき(小牧山城史跡情報館)訪問日:2020年12月 概要 訪問記 山麓〜れきしるこまき 大手道から主郭・スタンプへ 感想 基本情報 概要 1563年、織田信長が美濃攻略の拠点として築き、清州城から移り住んだのが始まりです。城とともに南側に…

  • 大鐘家 (静岡県牧之原市) -重文の庄屋屋敷のあじさい祭

    梅雨時の花、アジサイを見に、静岡県中部の牧之原市にある大鐘家のアジサイ祭りに行ってきました。 名前の付いた家からお察しかもしれませんが、こちらは国の重要文化財のお家。由緒正しき旗本の家系の庄屋屋敷です。ただ現役。 お屋敷自体もお庭のアジサイ祭りもどちらも大満足のスポットでした。 大鐘家HP: 大鐘家訪問日:2021年6月 概要 訪問記 長屋門・主屋 アジサイ見学 相良城の石垣 アジサイ・酔芙蓉庭園 感想 アクセス 概要 江戸時代中期の大庄屋大鐘家の屋敷です。 大鐘家7代貞綱のころ、柴田勝家の家臣となり、丸岡城主柴田勝豊の家老として仕えました。丸岡城の訪問記はこちら その後、勝豊とともに豊臣方に…

  • 顔戸城 (岐阜県御嵩町) -堀と土塁の中の住宅地は中世平城跡 名鉄広見線末端区間に乗って

    可児市の城めぐり、最後は可児市をちょっと外れて御嵩町の顔戸城(ごうどじょう)。顔戸は明智八郷と呼ばれた明智荘の一集落です。 明智駅から顔戸駅までの名鉄広見線末端区間の乗車記とともにご紹介。 顔戸城に残る遺構は少ないですが、その少ない遺構からも伝わる特徴的な居館の構造は少し足を延ばす価値ありです。できれば上から見てみたかったなあ。 お城:顔戸城 静岡県御嵩町HP:顔戸城址|観光スポット|ぎふの旅ガイド訪問日:2021年3月 概要 訪問記 名鉄広見線末端区間に乗車 顔戸城訪問 感想 アクセス 概要 顔戸城は、室町時代の初期のころ斎藤妙椿が築きました。 南に可児川、東北南は深い空堀と土塁を設けた平城…

  • 明智城 (岐阜県可児市) -明智光秀出生の地?を巡る

    引き続き岐阜県可児市の城巡り、続いては明智城です。 明智光秀ゆかりの地ということで、名前だけで訪問を決めました。大河が終わったところのタイミングでしたし。 ですが、古い城跡でも一部に遺構も残っていて見どころありますね。整備状態から代々の地元の方の明智家への気持ちがもよく伝わってきました。 お城:明智城 岐阜県可児市HP:明智城跡|観光スポット|ぎふの旅ガイド訪問日:2021年3月 概要 訪問記 伝光秀産湯の井戸 明智城大手口 搦手口へ 天龍寺-明智氏歴代の墓 感想 アクセス 概要 1342年、美濃の守護であった土岐頼兼が明智氏と改名して築城し、約200年に渡り、明智氏代々の居城となったとされま…

  • 続百名城 美濃金山城(143・岐阜県可児市) -破却された石垣が残る戦国山城

    春先に回った岐阜県可児市の城巡りの記憶を振り返ります。 まずは美濃金山城。 犬山城に天守が移されたという説は否定されていますが、破却された石垣や曲輪に数多く残された礎石を見ると当時の天守、建物が知りたくなる気持ちはよくわかります。 あの山の中にどんな立派な建物があったんでしょうか。 お城:美濃金山城 岐阜県可児市HP:美濃金山城跡 | 戦国城跡巡り事業-可児市の乱-|可児市PRサイト訪問日:2021年3月 概要 訪問記 百名城スタンプ 登城口 出丸 登城口 三ノ丸 二ノ丸 大手枡形虎口 本丸 感想 アクセス 概要 1537年、斎藤正義が築城した烏峰城が興りです。 1565年に織田信長配下の森可…

  • 可睡ゆりの園(静岡県袋井市)-一面満開のゆりの花畑

    5月末に訪問した静岡県袋井市にある可睡ゆりの園の訪問記です。 その名もずばりゆり園。いわゆるゆり園を訪れたのも初めてでしたが、ユリってこんなに一面の畑になるんだな、と驚きました。 青空ときれいな色のユリのコントラスト。北海道にありそうな一面に広がる色とりどりなユリ畑。一見の価値あるゆり園でした。 可睡ゆりの園 ユリ園入場 一面のゆり畑 5色のゆり畑 アクセス 可睡ゆりの園 可睡ゆりの園は、名前の通り可睡斎の近くにあるゆり園です。と言っても可睡斎も静岡県の人にしか馴染みはないかもしれませんね。 静岡県西部の袋井市にある遠州三山の一つが可睡斎、その隣にあるのが可睡ゆりの園です。 yurien.jp…

  • 勝沼氏館跡 (山梨県甲州市) -たくさんの平面復原が見ていて楽しい武田家臣の館跡

    武田氏館跡に続いて、もう一つ山梨の史跡を巡ってきました。勝沼氏館跡。こちらは武田氏の親族衆勝沼氏の居館跡です。 もちろん武田氏館跡ほどの広さはありませんが、きちんと整備された郭群が印象的な良い城館跡でした。 お城:勝沼氏館跡 山梨県甲州市HP:勝沼氏館跡 - 山梨県甲州市観光協会 ぐるり甲州市訪問日:2021年3月 概要 訪問記 内郭 内郭内部へ 館外家臣屋敷跡 東郭 おまけ 感想 アクセス 概要 勝沼氏館跡は、武田信虎の弟信友に始まる武田親族衆、勝沼氏の拠点だったと考えられる、15~16世紀の居館跡です。 信友が1535年に北条氏綱との戦い(山中の戦い)で敗死したのち、子の信元が跡を継ぐも1…

  • 百名城 武田氏館(24) 3/3 -味噌曲輪から大手へ

    武田氏館の訪問記も最終回。神社から土の城跡と来ましたが、緑の曲輪と整備された綺麗な曲輪を回ります。 お屋形様の散歩道ももちろん気持ちよかったですが、大手周辺の整備された地区は見ていてとても楽しかった。 武田神社の訪問記はこちらから。 tmtmz.hatenablog.com お城:武田氏館(24) 山梨県甲府市HP:信玄公のまち 古府を歩く|躑躅ヶ崎の館訪問日:2017年7月、2021年3月 訪問記 味噌曲輪・稲荷曲輪 お屋形様の散歩道 大手 感想 アクセス 訪問記 味噌曲輪・稲荷曲輪 もう一度全体図を確認。今回は西曲輪から味噌曲輪へ出たところからスタート。時計回りに大手へと回ります。 正面は…

  • 百名城 武田氏館(24) 2/3 -梅翁曲輪・西曲輪の虎口を回る

    引き続き武田氏館の訪問記。ここから館跡の遺構が色濃く残るゾーンへ。 1回目の訪問時はこのあたりを見忘れていたので、何で百名城なんだろうと失礼なことを思っていましたが、見てみると虎口に土塁に遺構が大変立派。ちゃんと調べてから見て回らないとですね。 武田神社の訪問記はこちらから。 tmtmz.hatenablog.com お城:武田氏館(24) 山梨県甲府市HP:信玄公のまち 古府を歩く|躑躅ヶ崎の館訪問日:2017年7月、2021年3月 訪問記 梅翁曲輪 西曲輪 訪問記 現地の図をお借りして現在地とこれから進む方向を改めて整理します。前回は武田神社の境内となっている主郭を見学し、西曲輪につながる…

  • 百名城 武田氏館(24) 1/3 -武田神社で百名城スタンプを。

    甲州は武田家の本拠地、武田氏館の訪問記です。どちらかというと躑躅ヶ崎館の名の方が有名かな。 今は主郭跡地に作られた武田神社の印象が強いでしょうか。でも脇を進むと立派な居館跡が残っていますよ。 まずは初回、王道武田神社を回ります。 お城:武田氏館(24) 山梨県甲府市HP:信玄公のまち 古府を歩く|躑躅ヶ崎の館訪問日:2017年7月、2021年3月 概要 訪問記 境内内部へ スタンプ 概要 1519年、武田信虎がそれまでの本拠地であった石和から居館を移したことに伴い、建設されました。その後、信玄・勝頼に至る3代62年の本拠地として使用されました。 勝頼の代、長篠の戦いから続く動乱期に新府城(訪問…

  • 大井川鉄道井川線⑤ 長島ダム駅 -ミステリートンネルを通ってアプト式の急勾配を見に行く

    大井川鉄道井川線の旅、最後はだいぶ戻って長島ダム付近を散策。 大井川鉄道公式の沿線ガイドマップでも紹介されている旧井川線トンネルミステリーウォーキングをしに行きます。長島ダム建設に伴って付け替えられた旧線を利用したハイキングコースで、対岸の現役線も良く見えます。 http://oigawa-railway.co.jp/pdf/ensen_guide.pdf 奥大井湖上駅~接岨峡温泉駅のハイキングコースはアドベンチャーウォークなのに、こちらはミステリーと、ちょっとかわいそうな気もしましたが、かわいい仕掛けがあって確かにミステリーウォークでした。 長島ダム見学 ミステリートンネルを抜けて現役線を眺…

  • 大井川鉄道井川線④ 井川の夢のつり橋・井川大仏

    前回にひきつづき、大井川鉄道の終点、井川駅前を散策します。 相変わらず山中のハイキングですが、これでも県庁所在地、静岡市葵区なんですしつこい 今回は大井川の支流にかかる夢のつり橋に山中にある井川の大仏を巡ります。前回にもまして秘境感マシマシの散策です。 緑1. 夢のつり橋 緑2. 井川大仏 緑3. アルプスの里 夢のつり橋(井川版) 井川大仏 アルプスの里 夢のつり橋(井川版) 大井川・夢のつり橋と普通に検索すると、先に出てくるのは絶景寸又峡にかかる夢のつり橋でしょう。青く輝くダム湖にかかるつり橋はしょっちゅうテレビや雑誌に取り上げられています。 oi-river.com ですが、今日は大井川…

  • 大井川鉄道井川線③ 井川駅前散策 廃線小路

    大井川鉄道井川線の旅、第3弾は終着駅の井川駅前散策。 静岡駅前の繁華街と同じ静岡市葵区に属するんですが、まるっきり違う街です。さらに井川駅は井川地区の中心部からも離れていて、相変わらずのなんでこんなところに駅が感がすごい。 明らかな非日常、秘境にお手軽に訪れることができました。でも、もうちょっと頑張って井川本村まで行きたかったなぁ 赤1. 井川駅 赤2. 井川ダム 赤3. 廃線小路 赤4. 堂平駅跡 奥大井湖上駅~井川駅 尾盛駅 閑蔵駅 井川駅 廃線小路 井川ダム 廃線小路 奥大井湖上駅~井川駅 井川駅までは4駅。相変わらず個性的な駅が揃います。 接岨峡温泉駅 奥大井湖上駅から5分ほどで到着。…

  • 大井川鉄道井川線② 奥大井湖上駅で絶景写真を狙う

    前回に引き続き、大井川鉄道井川線 南アルプスあぷとライン。 今回は雑誌やネットでよく紹介される絶景が見られる奥大井湖上駅を散策します。 タイトルでハードルを上げすぎですかね。でも、スマホでもそこそこきれいな写真が撮れることを思うと、やっぱり貴重なスポットでしょう。 奥大井湖上駅 撮影スポットへ 写真撮影 奥大井湖上駅 さて、前回千頭駅から乗ってきた列車で奥大井湖上駅に到着です。 tmtmz.hatenablog.com 改めて紹介するまでもないですが、奥大井湖上駅はその名の通り、湖の上にある駅。接岨湖に突き出た半島から湖にかかる奥大井レインボーブリッジにかけてプラットホームが置かれています。 …

  • 大井川鉄道井川線① 日本唯一のアプト式鉄道に乗る

    静岡中部のローカル路線、大井川鉄道の南アルプスあぷとラインこと井川線へ。SLが有名な大井川鉄道ですが、今回はもう一つの井川線に乗車するプチ旅です。 井川線も南アルプスの山中に分け入るために急勾配を登る日本唯一のアプト式区間を持つ、日本一高い橋がある、などたくさんの特徴を持つ面白路線です。 まずは1回目、起点の千頭駅から乗ってみるところ。アプト式区間はもちろん、そこまでの断崖絶壁にへばりつく路線はさながらアトラクションのようでした。 大井川鐡道井川線(南アルプスあぷとライン) 千頭駅 千頭~アプトいちしろ駅 アプト式鉄道: アプトいちしろ駅〜長島ダム駅 大井川鐡道井川線(南アルプスあぷとライン)…

  • 久野城 (静岡県袋井市) -沢山の曲輪がそのまま残る平山城

    引き続き静岡のお城を巡ります。 こちらは昨年訪問した袋井市の久野城。HPの量からするとおそらくマイナーといってよいところですが、遺構の残りもアクセスも地元の後押しも良いところでした。 地元に愛されるお城は良いところです。 お城:久野城 静岡県袋井市HP: 久野城見学案内パンフレット/袋井市ホームページ訪問日:2021年3月 概要 訪問記 本丸へ 感想 アクセス 概要 久野城は、今川氏の遠江侵攻の拠点として、明応年間(1492-1501)に配下の地元の戦国武将、久野宗隆が築きました。 宗隆の孫、宗能の代で久野氏は徳川家康に属し、1590年の徳川家康の関東移封に伴い、下総に移封されます。代わって豊…

  • 百名城 山中城(40) 3/3 -本丸へ

    3回に分けてお届けしてきた山中城の訪問記もようやく最終回。本丸に向かいます。 前回はこちら tmtmz.hatenablog.com 本丸がメインというお城も多い中、山中城はほかの見どころが多くて影が薄い気がしないでもない本丸。ですが、やはりお城は縄張り全体を見て当時の考えを推し量りたいところ。本丸、二ノ丸を見てようやく山中城の全体が見えた気がしました。 お城:山中城 静岡県三島市HP:山中城跡公園 | 三島市観光Web訪問日:2016年10月、2021年3月 訪問記 北ノ丸 天守櫓 兵糧庫 本丸 二ノ丸 三ノ丸(宗閑寺 北条・豊臣武将の墓) 感想 アクセス 訪問記 岱崎出丸、西ノ丸・障子堀と…

カテゴリー一覧
商用