住所
-
出身
-
ハンドル名
服部さん
ブログタイトル
北大阪発!服部の駅巡り日記 二代目
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/niaszs2007-hatst_r/
ブログ紹介文
北大阪の地から駅を追い求めてます。基本遅筆です
自由文
更新頻度(1年)

108回 / 2345日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2012/09/16

服部さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 全参加数
総合ランキング(IN) 26701 27308 27529 27529 27515 27527 27466 949074サイト
INポイント 0 10 0 0 10 30 10 60/週
OUTポイント 10 30 20 20 40 60 40 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
鉄道ブログ 190 202 209 216 214 214 211 6140サイト
鉄道旅行 24 27 24 25 30 31 32 367サイト
駅・駅舎 8 8 7 8 8 8 8 99サイト
今日 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 28692 28158 28819 30285 31057 32937 31982 949074サイト
INポイント 0 10 0 0 10 30 10 60/週
OUTポイント 10 30 20 20 40 60 40 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
鉄道ブログ 188 182 192 216 226 247 233 6140サイト
鉄道旅行 23 22 23 28 28 30 27 367サイト
駅・駅舎 5 4 4 4 5 6 5 99サイト
今日 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949074サイト
INポイント 0 10 0 0 10 30 10 60/週
OUTポイント 10 30 20 20 40 60 40 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
鉄道ブログ 0 0 0 0 0 0 0 6140サイト
鉄道旅行 0 0 0 0 0 0 0 367サイト
駅・駅舎 0 0 0 0 0 0 0 99サイト

服部さんのブログ記事

?
  • 服部の駅紹介 JR函館本線 幌向駅

    岩見沢市南西部に位置する駅で、駅周辺の住宅地は札幌近郊へのベッドタウンとして開発が進んでいます。特急等は停車しませんが、みどりの窓口も設置してある大きい駅で列車発着時は利用者で賑わっています。駅舎1998年に完成した橋上駅舎となっています。駅名標ホームには横

  • 服部の駅紹介 JR函館本線 豊幌駅

    江別市東部の集落の中に駅がありますが、集落の規模も小さく少し離れるとただtだ畑が広がる風景を見ることができます。本数は一応30分に1本は確保されていますが、利用者数は本数以上にかなり少なくなっています。駅舎三角屋根のおしゃれな駅舎です。駅名表記が英語表記な所

  • 服部の駅紹介 JR函館本線 江別駅

    一応は江別市の中心駅で、かつては急行列車も停車する大きい駅でしたが、周辺は古くからの住宅地が広がるのみで、現在は利用者数的にも2つ隣の野幌駅がメインとなっています。札幌から来た普通列車の一部はこの駅止まりとなっており、この先列車の本数が半分程度に減ります。

  • 服部の駅紹介 JR函館本線 高砂駅

    国鉄末期に臨時乗降場として開業した駅で、江別市役所の最寄駅にもなっています。両隣を野幌や江別などの主要駅に挟まれている事や、一部快速列車は通過してしまうこともあって利用者は少なめです。駅舎メイン側の南口駅舎。窓口と改札が入っただけの小さい駅舎と、南北を繋

  • 服部の駅紹介 JR函館本線 野幌駅

    この駅から江別駅辺りまで広がる江別市街地の中に駅があり、1975年まではこの駅から栗山を経由して夕張まで向かう夕張鉄道が分岐していました。実質この駅が江別市の中心駅となっているらしく、江別市内では一番利用者数が多い駅となっています。駅舎2011年に完成した高架駅

  • 服部の駅紹介 JR函館本線 大麻駅

    江別市西部の新興住宅地の中に駅があり、快速列車も停車する大きい駅となっています。字面だけみると縁起でもない駅名ですが、駅名の読みは「おおあさ」でかつて存在した大曲と麻畑という地名を掛け合わせた地名が由来となっています。駅舎メイン側の北口駅舎。開業から50年

  • 服部の駅紹介 JR函館本線 森林公園駅

    札幌市内の駅としては一番東側にある駅で、駅名の元になった野幌森林公園は駅の東へ1㎞ほど行ったところにあります。駅周辺は新興住宅地が広がっており、利用者も増加傾向となっています。駅舎白色基調の特徴的なデザインの駅舎となっています。駅名標駅ホーム相対式2面2線ホ

  • 服部の駅紹介 JR函館本線 厚別駅

    札幌市東部のにある厚別区の名前を銘打っていますが、区の中心部は新札幌駅周辺となっており、この駅周辺は普通の住宅地が広がっています。列車も一部快速は停車してしまい、区の中心駅間は全くありません。駅舎やや古さを感じさせる平屋駅舎となっています。駅を跨ぐ歩道橋

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 福山駅

    広島県福山市の中心駅で、山陽本線の他にも新幹線や府中方面に向かう福塩線も分岐しています。駅前はデパートや商業施設が多く立ち並び、備後地方の中心として終日賑わっていますが、近年は衰退も激しいようです。駅舎市街地中心部側の南口駅舎、最近駅前広場が整備され綺麗

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 備後赤坂駅

    福山市の東部に広がる中心部と市西部の松永エリアのちょうど中間にあり、駅周辺は住宅地や田園地帯が広がっています。福山駅の隣の駅ですが利用者も少なく列車到着時以外は閑散としています。駅舎なかなか古めの平屋駅舎です。列車到着時は送迎の車も多くなっています。駅名

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 松永駅

    福山市西部に位置する旧松永市の中心部に駅があります。駅周辺は古くからの住宅地や商店街が広がっており、利用者はそれなりに多くなっています。駅舎メイン側の北口駅舎。国鉄時代のものと思われる鉄筋コンクリートの駅舎です。駅舎反対側の南口駅舎。雰囲気を見るに国鉄時

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 東尾道駅

    尾道市東部の住宅地の中にあり、1996年に開業した比較的新しい駅となっています。駅周辺は近年も住宅開発が進んでいるようで、利用者は今なお増加傾向です。駅舎小綺麗な橋上駅となっています。しかしながら、エレベーターのような類のものは設置されていません。駅名標駅ホ

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 尾道駅

    尾道市の中心駅であり、近年は周辺地域の観光拠点としても賑わっています。現在は仮設駅舎となっていますが、2019年3月には新駅舎がオープン予定です。駅の裏山には尾道城があり、何とも観光地らしい雰囲気です。駅舎旧駅舎のあった位置から福山寄りに行ったところにプレハブ

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 糸崎駅

    三原市東部の沿岸部に駅があり、広島方面から来た列車の大半はこの駅で折り返します。新幹線開業前は多くの特急や急行が発着し賑わっていましたが、優等列車がほとんど走らなくなった今、広い駅構内が当時のようすを物語っています。駅舎昔の雰囲気が色濃く残る駅舎です。 

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 三原駅

    三原市の中心駅で、周辺は規模も小さいながらも繁華街や住宅地も広がっている大きな駅となっています。新幹線や呉線との乗換駅となっているほか、この駅がJR西日本岡山支社と広島支社との境界駅となっており、路線的にも交通の要所となっています。駅舎メイン側の南口。立

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 本郷駅

    現在は三原市になりますが、旧本郷町の中心部に駅があり駅前には結構住宅があります。かつては古い木造駅舎がありましたが、2009年に新しい駅舎に改築されています。駅舎かつての駅舎からは想像できないような巨大な橋上駅舎になりました。駅名標駅ホームかつては2面3線ホー

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 河内駅

    東広島市の東端にある旧河内町の中心駅となっています。列車発着時を除いて閑散としていますが、タクシー乗り場も設置されており町の中心駅らしさは残っています。駅舎古い木造駅舎がまだまだ現役で頑張っています。駅名標駅ホーム2面3線ホームになっています。跨線橋にはこ

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 入野駅

    住宅地を抜けた山の中に駅があり、山陽本線では数少ない常時無人駅となっています。シティネットワークから抜けた事もあって、この区間の列車の本数も日中30分おきとなっており、列車到着時以外は閑散としています。駅舎駅舎の正面が崖となっているため、こんなアングルでし

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 白市駅

    もはや路線図でしか存在を確認できない「広島シティネットワーク」の東端の駅で、この駅始発の列車も多く設定されています。利用実態は定かではありませんが広島空港へのアクセス駅となっており、広島空港へ向かうバスがこの駅から発着しています。駅舎広島空港開港時に若干

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 西高屋駅

    東広島市郊外の少しひらけた住宅地に駅があります。駅周辺は新興住宅地の他、大学や高校もいくつかあり、学生の利用者も結構います。駅舎やや古めの木造駅舎となっています。駅舎の隣には売店のセブンイレブンもあります。駅名標駅ホーム相対式2面2線ホームになっています西

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 西条駅

    東広島市の中心駅で、広島市内方面への通勤通学需要も大きく駅周辺も結構な賑わいを見せています。長らく地元名産の酒蔵をイメージした駅舎でしたが、2014年に新しく橋上駅舎に立て替えられました。駅舎2014年冬に完成した橋上駅舎です。白い壁のなかなかお洒落なデザインで

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 寺家駅

    東広島市街地端に位置する新興住宅地の中に駅があり、地元請願駅として2017年3月に開業しました。駅前はまだ発展途上ですが国道沿いの好立地なこともあり、今後の発展に期待です。駅舎メイン側の南口、バリアフリー完備の綺麗な橋上駅舎です。反対側の北口いずれの駅前も建設

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 八本松駅

    東広島市西部に駅があり、山陽本線の難所である峠越えであるセノハチ区間の西側に立地しています。近年は駅周辺の住宅開発や周辺に点在する工場へのアクセス需要もあってか、利用者数は隣の瀬野駅よりも多かったりします。駅入口そろそろ築50年くらいが経過しつつある古い橋

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 瀬野駅

    「セノハチ」の西側に駅があり、広島市内の山陽本線駅ではいちばん東端にある駅となります。駅北側には山沿いの新興住宅地へ向かう新交通システムのスカイレールの駅があり、山越えの拠点であった駅も現在は住宅地の玄関口として発展しています。駅舎スカイレール開業時に完

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 中野東駅

    平成元年に開業した広島近郊で民営化後鬼のように増えた駅の一つです。駅周辺は新興住宅地となっている他、近くにある大学のアクセス駅となっており利用者はそこそこいます。駅舎新規駅らしい小さい橋上駅舎です。最近エレベーターが設置され、面構えが新しくなりました。駅

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 安芸中野駅

    広島市安芸区西側の瀬野川と山に挟まれた住宅地に駅があります。古くからの住宅地が広がる駅前に比べて、近年は川の対岸の方が店舗やマンションも多く賑わいがありますが、この駅自体も利用者はそこそこいます。駅舎レンガ調の少ししゃれた感じの駅舎です。駅名標駅ホーム2面

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 海田市駅

    安芸郡海田町の中心駅で、このあたりが広島の市街地の端っこになります。呉線との分岐駅ですが、当駅止まりの列車は無く、全列車山陽本線に乗り入れて広島方面に乗り入れていきます。駅舎国鉄末期に完成した少し古めの橋上駅舎です。こちらはメイン側の北口駅舎反対側の南口

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 向洋駅

    広島市に周りを完全に囲まれた安芸郡府中町にある唯一の駅で、町の一番南端に立地してます。駅周辺は自動車会社マツダ本社や工場などが多く立地するお膝元となっており、ラッシュ時には多くの人で賑わいます。駅舎古い駅舎ですが三角屋根のなかなか立派な駅舎となっています

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 天神川駅

    駅前にオープンしたイオンモール(当時はダイヤモンドシティでしたが)のアクセス駅として2004年に開業した新しい駅となっています。貨物ターミナルを挟む形での上下線の乗り場があるため、各乗り場は結構離れています。駅舎西条方面の北口駅舎。最近の駅にしては結構立派な駅

  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 広島駅

    広島県の中心駅となっており、新幹線や呉線、可部線、芸備線などが発着する主要駅です。しかしながら広島市中心部は少し離れた紙屋町や八丁堀近辺となっており、駅前は県の中心駅にしては少し寂しい印象を受けます。駅の裏には広島カープの本拠地であるマツダスタジアムがあ