chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
take
フォロー
住所
左京区
出身
未設定
ブログ村参加

2012/09/02

1件〜100件

  • 濃厚接触

    2022年8月7日(日)白馬岳登山から帰って2日は出勤。3日早朝連れ合いが熱があると言い出した。体温は37.7度でそんな高熱でもないが、放っておく訳にもいかない。私も出勤を控えて近所の発熱外来を予約し車で連れて行く。駐車場で1時間ほど待ち戻ってきた連れ合いから結果を聞くと抗原検査で陽性判定とのこと。今は何時誰が感染しても不思議ではないので小言を言っても仕方がない。幸いにも連れ合いの発熱は受診時には平熱に戻りちょっと咳が出る程度のようだ。連れ合いは13日まで自宅療養、私は濃厚接触者で8日まで自宅待機となった。私はその後も毎朝の検温で平熱が続いており、体調も良好なので検査も受けていない。待機期間も明日までなので何事もなく9日を迎えたいものだ。ただ、3日から一応家事全般をこなしているが、連れ合いは糖尿病で糖質制...濃厚接触

  • 白馬岳登山二日目

    2022年8月1日(月)YAMAPにリンク昨夜は大分雨が降ったようだがその雨も未明には上がり、登山二日目も朝からいい天気となった。小屋の朝食は5時からだがその前に日の出を見に外に出る。サンダル履きで小屋の東側まで登るとちょうど日の出の時間となった。日の出前の杓子岳と鑓ヶ岳真ん中に小さく富士山白馬岳と日の出白馬山荘と旭岳、その先に富山湾や能登半島も見える白馬山荘の朝食小屋に戻って朝食をしっかりといただき荷物をまとめて白馬山荘を後にする。先ずは白馬岳に再登頂。無線は昨日終わっているので少し写真を撮って先に進む。今日は白馬大池から栂池に下り、途中4つの山ランポイントで無線をする予定だ。賑わう白馬岳山頂からの景色、剱岳や立山など特徴のある山は分かるが・・・太陽出てるし東側でしょう富山平野と能登半島?鹿島槍ヶ岳と右...白馬岳登山二日目

  • 白馬岳登山一日目

    2022年7月31日(日)YAMAPにリンク前日午後京都を出発して一路白馬村へ。道の駅で仮眠し翌朝八方バスターミナルから猿倉行きの始発バスに乗る。猿倉荘で登山準備猿倉登山口からゆるゆると登り始める。少し行くと林道に出てしばらく林道を歩く。林道終点から少し登ると白馬尻小屋に到着。といってもこの小屋は毎年シーズンになると組み立てるようで、今期は営業していないので建物は建っていなかった。小休止していよいよ大雪渓に取りかかる。初めての大雪渓は慣れないアイゼンとヘルメットを付けての登りとなる。さすがに雪渓を渡る風はひんやりとしていた。途中で安定していそうな落石に腰を下ろして休みながら登った。雪渓の登りが終わるとだんだんとお花畑が見られるようになる。最初のうちは写真を撮りながら登ったが、次第にバテてきて花どころではな...白馬岳登山一日目

  • 白馬きました

    白馬にきました。天気は良さそうです。白馬きました

  • 能郷白山

    2022年7月24日(日)YAMAPにリンク福井県と岐阜県の境界にある能郷白山は以前から登りたいと思っていた山の一つだ。記録を遡ると2018年10月に能郷白山登山を計画して岐阜県側からアプローチしたが、国道157号の通行止めで引き返した記憶がある。今回は事前にネットで岐阜県の道路規制情報をみて通れることを確認したのでやってきた。国道157号の温見峠ルートはしょっちゅう通行止めになることもあり酷道とも呼ばれているようだ。初めて行くときは、道路でも山でもいろいろと心配が先に立つ性格なので、いったいどんな道なのかと不安に思いながら峠を目指す。根尾能郷から前半は狭い道幅に切れ落ちた谷で緊張したが、中盤以降は2車線の所もありそれほどのこともなかった。ただ帰りには「酷道ファン」と思われる車の通行もあり、離合できずに道...能郷白山

  • 十二坊

    2022年7月18日(月)地図はYAMAPで確認阿星山下山後はこれまた簡単に登れる湖南市の十二坊(405m)へ。十二坊温泉の駐車場に車をおいて歩き始める。前回この山に来たのは2010年9月でもう12年も前のことになる。そのときは往復とも舗装林道を使ったように思うが、現在の十二坊にはトレイルラン&ウオーキングのためのいろんなルートが整備されていた。駐車場に登山口の表示駐車場から早速案内に従い山道へ。途中舗装路を横切って更に未知のルートを進む。分岐などの要所には案内板が設置されていてスムーズに山頂まで登っていく。山頂は真砂土の禿げ山で東方向の展望が広がっている。日差しを遮るものがないので山頂下の東屋へ待避。430MHz・FMと50MHz・CWで滋賀コンテスト参加の県内局や三重県の青山高原移動局などと交信した。...十二坊

  • 栗東市の阿星山へ

    2022年7月18日(月)YAMAPにリンク戻り梅雨なのかそもそも梅雨明け宣言が勇み足だったのか、このところぱっとしない天気が続き山行きもままならない。今日は何とか日中の天気が持ちそうだったので、近場の滋賀県へ山歩きに出かけた。最初は阿星山(693m)。山頂は栗東市と湖南市の境界になる。この山は2012年2月に一度登って山ランも報告済みだ。今日はSOTA目的で行くことにした。10年前と同じく道の駅こんぜの里りっとうの南から舗装林道を入り登山口へ。ゲートの横からアンテナ施設の管理道へ入り舗装路を登っていく。最初のアンテナは南峰。その先に2基目のアンテナがありここまで舗装路が続く。その先は低い笹原の中の踏み跡を登っていく。ゲートの左から入らせてもらう舗装路は2基目のアンテナまで阿星山山頂、子狸の前に三角点が埋...栗東市の阿星山へ

  • 木更津市の太田山

    2022年7月2日(土)地図はYAMAPで初めての千葉移動最後は木更津市の太田山(44m)。JR木更津駅の東にあり公園になっている。麓の駐車場に車をおいてちょっとだけ山頂への舗装路を歩く。上にも駐車場があり結構次々と人が来ていた。山頂にはきみさらずタワーがあり展望台にもなっていた。展望台からは市街や東京湾が見えた。430MHz・FMでCQを出し印西市のJJ1SWV局と交信することが出来た。麓の駐車場に太田山公園の案内図郷土博物館、金のすず、きみさらずタワーへの道を歩く山頂下にも駐車場あり太田山山頂きみさらずタワー・展望台2本の塔には日本武尊と弟橘媛の銅像が向かい合って立つらしい展望台からアクアライン方向北側東側、高い山は見当たらないネコがのんびり上の駐車場からタワーを見上げる帰路はアクアラインを通って東京...木更津市の太田山

  • 君津市の鹿野山

    2022年7月2日(土)YAMAPにリンク君津市の鹿野山(379m)は千葉県では2番目に標高の高い山になるようだが、山頂の近くを県道が通っており簡単に登れそうなので予定に入れていた。山の南に九十九谷公園の駐車場があるのでここに車を駐めた。白鳥神社への短い石段を登る。神社の左手から踏み跡が見えたので入るが、夏草が茂っていて蜘蛛の巣も張っている。お世辞にも歩きやすいとは言えない道だが山頂まではわずかなので我慢するしかない。鹿野山周辺はハイキングコースがあるらしい駐車場とトイレ県道を渡って白鳥神社へ左の踏み跡を入るとすぐにこんな道になったすぐに到着した山頂は石をコンクリートで固めたような上に日本武尊の碑が建っていた。周りの林は何年か前の台風のためか荒れており、狭い山頂も草がいっぱいで腰を下ろすような所もない。仕...君津市の鹿野山

  • 鋸南町の鋸山

    2022年7月2日(土)歩いたルートはYAMAPで所要があって久しぶりの東京行き。折角なので今まで登山では訪れたことのなかった千葉の山に行ってみようと計画した。東京駅でレンタカーを借りて千葉へ向かう。アクアラインで事故があったようで渋滞しており予定よりだいぶ遅くなった。浜金谷駅前の海浜公園駐車場からスタートする予定だったが、行き過ぎてしまいそのまま住宅地へ入って登山口方向へ向かってみる。事前にストリートビューで見ていた一番登山口に近い駐車場まで行くと1台分のスペースがあったのでここに車を止めた。登山口に一番近くて安い駐車場にとめることができた登山準備をして車力道コースから登る。猛暑の中だが人気の山とあって登山者も多い。車力道は昔鋸山から切り出した石材を荷車に乗せて運び出すための道で、石畳の道には轍が残って...鋸南町の鋸山

  • 暁晴山

    2022年6月19日(日)歩いたルートはYAMAPで御祓山を下山後70km以上移動して峰山高原にある暁晴山に立ち寄る。神河町の峰山高原はスキー場やホテルがあり、夏場にはキャンプ場としても人気があるようだ。暁晴山(1077m)は多くのアンテナがあって遠くからもよく目立つ山だが、山頂は宍粟市との境界にあって宍粟50名山にも数えられている。ホテルの駐車場が標高約920mなので、そこから150m程をスキー場やアンテナの管理道を歩いてのんびりと登った。山頂は展望が良く四方の山並が広がっていた。430MHz・FMで堺市のJA3WPN局を始め南あわじ市、津市青山高原、大台ヶ原移動の各局と交信できた。ホテルの駐車場からスタート山頂まで2.2kmですリフトは動いていない途中にゲートがあったがここまでも一般車は入れない途中か...暁晴山

  • 養父市の御祓山

    2022年6月19日(日)歩いたルートはYAMAPで今週の山行きも先週に続いて兵庫県へ。一座目は養父市の御祓山(みはらいさん、773m)へ行く。ネットで検索するとほとんどが西側の大屋町糸原から登っている。こちらのルートは「みづめ桜」という見所もあるようだが、いつものことながらより安直なルートを探して北側の「口大屋の大アベマキ」近くから登ってみようと舗装路を登っていく。舗装路終点に広い駐車スペースがありここに車をおく。舗装路終点に車をおいて歩く駐車場の標高が約500mあり、その先は地道の農道や林道を歩いて行く。ビニールハウスではトマトを栽培されているようだった。しばらくはほぼフラットな地道の林道を歩いて途中から尾根筋に取り付く。尾根筋の道は踏み跡があり標識や目印は無いが問題なく歩けた。途中で作業道に飛び出す...養父市の御祓山

  • 養父市の大徳山

    2022年6月12日(日)YAMAPにリンク西床尾山を下山後時間があったので養父市の大徳山へ行ってみた。北近畿豊岡自動車道の八鹿氷ノ山ICの南にあり、地理院地図では山頂周辺まで道が描かれている。簡単に登れるのではないかと考えて時間が余ったときの候補としていた。八鹿町米里から舗装路を車で進む。集落を過ぎると道幅は狭くなり町営霊園の標示と防獣ゲートがあるので開けて更に車で進む。周辺は「米里・大徳の森」となっている。ネット情報によればこの森は平成20年に行政によって整備されたようだ。だが今では訪れる人もほぼ無いような荒れ方であった。余り広くない駐車場を過ぎて少し行くと舗装路終点に車1台が駐められる駐車スペースがあったのでここに車をおいた。舗装路終点に駐車その先は関係車両以外通行禁止と書かれた地道の林道となるが路...養父市の大徳山

  • 西床尾山

    2022年6月12日(日)歩いたルートはYAMAPで兵庫県朝来市と豊岡市の境界にある床尾山系。西床尾山(843m)と東床尾山(839m)が連なり京都府との境界には鉄鈷山(755m)がある。東床尾山と鉄鈷山は以前縦走していたので、今回は未踏の西床尾山をピストンで登る。登山口の駐車スペースは余り広くない登山口は「らかん口」と名前が付いていてそこから沢沿いの道を登っていく。歩きやすい道だがよく見ると沢側には石積みがされている。何でかなと思いながら進むと「精錬所跡」の標示があった。この辺りの山塊に昔金山があったそうで、昭和初期までここに精錬所があったと書かれていた。下山時に沢の向側をよく見ると人工の工作物跡も残っていた。西床尾山登山口、観光協会のMAPもあった沢沿いの道を進む精錬所跡地の表示沢の向側には工作物の跡...西床尾山

  • 日計山

    2022年6月4日(土)歩いたルートはYAMAPで6月に入ってそろそろ梅雨入りが気になる時期となった。6月の一座を簡単にやっておこうと、前から湖北の山とセットで計画しながら未踏となっていた長浜市西浅井町の日計山(ひばかりやま、411m)に向かう。登山口と考えていた西側の県道に行くと、関電の巡視路標識とともに「日計山1.5km」の真新しい表示もあった。道は良く踏まれた歩きやすい道だが、第一鉄塔に出てからしばらくはちょっとだけ藪っぽいところもあった。日計山から南北に延びる尾根に乗り南に方向を変える。尾根筋の鉄塔敷は広く樹木が刈り払われていて、東西両方向の眺望が良い。その先は巡視路を離れるが、ピンクテープの目印も多く迷うような所はない。県道脇の登山口表示関電の巡視路を入る歩きやすい道尾根筋の鉄塔の右に山頂西側は...日計山

  • 野迫川村の荒神岳

    2022年5月29日(日)歩いたルートはYAMAPで今回の野迫川村移動の締めは荒神岳(1260m)に登る。地図を見ていると北側に荒神社がありここから簡単に登れそうだ。帰ってから調べて知ったのだが、野迫川村の荒神社は空海が高野山を開山する際に修業したと伝わる神社で、日本三大荒神のひとつと言われているようだ。どうりで車で神社に向かうとき何十人かの僧が隊列をなして下りてくるのとすれ違った。たぶん高野山の修行僧なのだろう。神社の駐車場に車をおいて参拝者に交じって参道を登っていく。中には登山支度の人もいるがほとんどは家族連れの参拝者だ。とりあえずは北側のピークにある本殿まで行き折角なので一応参拝もしておく。登山道はよく分からないので、本殿下の五社神社からフェンスを越えて尾根筋の踏み跡へ取り付いた。駐車場から参道へ入...野迫川村の荒神岳

  • 野迫川村の六本松

    2022年5月29日(日)歩いたルートはYAMAPで奈良県野迫川村にある六本松(1020m)。地図に名前はなく地理院地図で見るとP1020.3の三角点が表示されている。そんな何でもなさそうな山だが日本山名事典に掲載されているので山ランに有効なポイントだ。地図を見ると登山ルートはいろいろ考えられるが、最も安直なのは西側の県道から実線で描かれた道を往復するルートか。これだと登山口と山頂の標高差はごくわずかだ。登山口の県道まで行くと舗装された林道が見える。先が分からないのとウオーキングを兼ねてここから歩くことにする。車は林道取り付きに駐めた。林道は裏面状態がよく軽四駆ならどこまでも進めそうな感じだ。道の両側は樹木が生えていて展望は全くない。ただこの日は全国的に真夏日続出の暑い日で、展望はなくても涼しく歩くことが出来た...野迫川村の六本松

  • 陣ヶ峰

    2022年5月29日(日)YAMAPにリンク奈良県野迫川村と和歌山県高野町の境界にある陣ヶ峰(1106m)に登る。登るといっても登山口の天狗木峠からの標高差は120m余りしかない。峠の駐車スペースに車をおいて野迫川方向に数十メートル進むと登山口がある。登山道は部分的にコンクリート舗装された急坂だが、山頂手前の金刀比羅宮までは急傾斜だが四駆軽トラなら上れそうな道が続いていた。その先少しだけ山道を進むと一等三角点のある陣ヶ峰に到着、ここまで展望は全くない。山頂の少し先に明るいところが見えたので行ってみると和歌山方向の眺望が少しだけあった。最近SOTAも始めたので7MHzから始める。DPアンテナを張ってCWでCQを出している局を呼びに回る。東京都檜原村移動のJJ1DQR局ほか4局と交信し山ランとSOTAを達成すること...陣ヶ峰

  • 甲賀市のサクラグチ(北岳)

    2022年5月22日(日)歩いたルートはYAMAPで久しぶりの登山は滋賀県甲賀市へ。鈴鹿山脈から派生するサクラグチ(919m)に登ることにした。この山はマイナーな山で地図に名前は載っていない。別名を北岳というようで山ラン的にはこちらで登録することになる。車は鮎河のうぐい川公園に駐める。前にサクラグチの南側にある能登ヶ峰に登ったときもここに駐車させてもらったが、その時も地域の皆さんが公園の清掃活動をされていた。今日も早朝から草刈りや公園の環境整備活動をやっておられて頭が下がる。公園から県道を通って登山口に向かう。途中にある農協や郵便局、小学校などどれも今は廃止されているようだ。過疎化の影響なのだろうが、どこに行っても地方の現状を見ると集落の限界がひたひたと迫っているようだ。防獣ゲートを開けて林道を少し進む。山に入...甲賀市のサクラグチ(北岳)

  • 宍粟市の一山

    2022年5月4日(水)歩いたルートはYAMAPで藤無山を下山後まだ時間が早いのでもう一座予定していた一山(ひとつやま、1064m)に登る。この山も宍粟50名山に数えられる山だ。登山口は山の南側を通る国道429号の高野峠。登山口の反対側に広い駐車スペースがあったのどここに車をおいた。高野峠は旧波賀町と一宮町の間の峠で、国道と言っても峠辺りは幅員が狭く大型車は通れない。しかし、他府県ナンバーを含めて交通量はそこそこあるようだ。国道高野峠の登山口峠のお地蔵さんの横に登山口の標識があり、その先も分岐点などにはわかりやすい標識が設置されている。杉の植林地を少し登って尾根筋に着くと松林と低い雑木林を分ける防獣ネット沿いのみちとなった。P895.5の三角点を過ぎると作業道が登山道のすぐ近くを通るところが何カ所かあるが、登山...宍粟市の一山

  • 次男夫婦と夕食会

    2022年5月7日(土)大阪南部で暮らしている次男夫婦は3月に晴れて入籍、コロナ禍とあって結婚式は9月に親族のみで行うことになっている。私たち夫婦もお嫁さんと会うのは2回目なのだが、昨日は義母も一緒にお食事会。次男夫婦はそれぞれが仕事を持ち、聞けば二人そろっての休日は久しぶりとのこと。次男が子どもの頃はおばあちゃん子だったので、義母とお嫁さんとの初顔合わせも出来て楽しい時間となった。お店は北新地のチャイニーズレストラン。小さなお店でお料理はコースもあるが今回はアラカルトで注文。美味しくいただきました。次男夫婦と夕食会

  • 藤無山

    2022年5月4日(水)歩いたルートはYAMAPで前夜は養父市の温泉に入り道の駅で車中泊した。連休とあって風呂も道の駅も混んでいた。移動二日目は宍粟50名山の藤無山(1139m)に登る。登山口は養父市側の大屋スキー場から登ることにした。このスキー場は初めて来たが、グリーンシーズンはキャンプ場営業をしており早朝からゲレンデで遊ぶこども達で賑わっていた。ゲレンデ下はオートキャンプ場になっていた駐車場に車をおいてキャンプする人を横目に林道を上がる。ゲレンデトップから先も林道が続き市境界まで林道歩きだった。そこからは市境界の尾根筋を登っていく。登山道の踏み跡ははっきりしているが、養父市側の桧の枝などが時々被さってくるのを避けながら登った。林道沿いにはグランピング施設が点在キャンプ場辺りを俯瞰ゲレンデトップのリフト降場を...藤無山

  • 須留ヶ峰

    2022年5月3日(火)歩いたルートはYAMAPでGW後半は全国的に好天の予報。高速道路の渋滞や人の多そうなところを避けて、またまた兵庫県北部に向かう。3日に登ったのは養父市の須留ヶ峰。登山口となる養父市餅耕地の集落を抜けて細い林道を車で進み、林道の駐車余地に車を停めた。先行者と思われる車が二台ありわずかなスペースに何とか駐車することができた。この先も進んでみたが倒木がありバックでここまで引き返したまずは舗装された林道を終点まで歩く。すぐ横を流れる沢は水量も多く流れも早い。周りの新緑と一体となりとても雰囲気が良く癒される。林道終点からは沢の渡渉や丸木橋で沢を何度も渡りながら高度を上げて行く。標識は多いが時間と距離はあまり当てにならない沢の流れは見飽きることがない1時間ほど登ると今では使われなくなった地道の林道に...須留ヶ峰

  • 丹波市の天狗山と高山

    2022年4月30日(土)歩いたルートはYAMAPでGW前半中日、今日は天気が回復しそうなので先週に続いて丹波市方面へ向かう。予定では、丹波市谷川にある首切地蔵尊から高山林道を進み、ケヤキ峠から天狗山(558m)と高山(660m)をそれぞれピストンで登るつもりだった。首切地蔵の手前に生活環境保全林の標識があり、ここが高山林道の起点になっている。広い駐車場があったのでここに車を駐める。高山林道を入る高山林道は9割ほどがコンクリート舗装された良い道で、途中には森林整備作業中でチェーンソーの音が響いていた。林道終点まで行くと車が駐まっている。ハッチバックのドアは開いたままだが人は見当たらない。花木の採取か何かの許可証がフロントガラスに見えた。ここからケヤキ峠まで予定では10分となっていたが、車に気をとられたか登山口を...丹波市の天狗山と高山

  • 丹波市の明治山

    2022年4月23日(土)歩いたルートはYAMAPでマゴ谷に登った後は南東にある芦谷(679m)に登ることも考えていたが、疲労度や残り時間などいろいろ考えて今日はパス。まあ、毎度のことながら一座目の山頂に着く前にそんな気持ちが半分以上になっているのだが・・😅このまま帰ると早すぎるので途中にある低山の中から明治山(154m)に立ち寄る。明治山は丹波市氷上町にあって、市役所の隣にある甲賀山と並ぶ標高100m余りの超低山だ。甲賀山には快適な遊歩道があるのに比べて、明治山は薮山との情報もあって今まで未踏であった。南東にある寺院マークが普門禅寺でここから道があるらしい。寺院の駐車場があったので車をおかせてもらう。お寺の人がおられれば挨拶をしようと思ったがどうも留守のようだ。建物の前を通って右手の傾斜地に進む。そのまま傾斜...丹波市の明治山

  • 丹波市のマゴ谷

    2022年4月23日(土)歩いたルートはYAMAPで丹波市青垣町にあるマゴ谷(524m)に登った。この山は地理院地図に名前はなくネットで検索しても登頂記はほぼ見当たらないマイナーな山だ。丹波市周辺には、地図には載っていなくても日本山名事典に掲載されている山ラン有効のピークが多くあるので、まだまだ通いがいがある。登山口は青垣町大名草(おなざ)にある鹿野馬神社。地図を見ていてこの神社の上から山頂まで尾根筋を歩いてみようと計画した。神社前の加古川右岸には広い駐車場や近畿自然歩道のトイレがあった。駐車場の横でゲートボールをしている地元の方に挨拶してから赤いゲートを開けて橋を渡る。駐車場、愛菜館おなざの向こうに大箕山が見えるゲートを開けて神社へ鹿野馬神社へは苔むした階段を登っていく。神社の本殿裏に小さな社が二つあり、左側...丹波市のマゴ谷

  • 尾張富士

    2022年4月10日(日)歩いたルートはYAMAPでだいぶ報告を引っ張ってしまったが、今回の静岡・愛知移動の最後は犬山市の尾張富士(275m)に登る。明治村の西にある低山で登山ルートは幾つかあるようだが、今回は山の西麓にある尾張富士大宮浅間神社から山頂の奥宮への参道を登ることにした。神社には参拝者用の広い無料駐車場があるのでここに車をおく。本殿の前を通って奥宮への参道に入る。この神社(山)は毎年8月に行われる石上げ祭が売りのようで、参道には数多くの献石の碑が立ち並び綺麗な色に塗られた栗石がおかれていた。参拝者駐車場、本殿の近くにも駐車場があった天下の奇祭、石上げ祭の看板神社の本殿前を通過参道を登っていく途中から犬山市街方向がちょっと見えた山頂直下はこんな道山頂には奥宮の建物があるが眺望はよくない。かろうじて東側...尾張富士

  • 弥勒山と道樹山

    2022年4月10日(日)YAMAPにリンク三国山で山ランを一座追加した後は弥勒山と道樹山に向かう。この山は二つとも愛知と岐阜の県境にあり山頂を繋ぐ縦走路は東海自然歩道となっている。春日井市の都市緑化植物園から周回ルートを登る予定だ。植物園に着くと広い駐車場はほぼ満車状態で非常に賑わっている。何とか空きスペースを見付けて車を駐めることが出来た。先ずは弥勒山に登る。初めは林道を進み途中から山道に入る。YAMAPで見てもルートはいろいろあるようだが、標識で弥勒山山頂方向を確認しながら登っていく。植物園も人がいっぱい出ていたが登山コースも出会う人が多い。県境尾根に乗り弥勒山(437m)までやや急な道を登って行く。山頂には展望台もありランチを食べたりして寛ぐ登山者が多かった。山頂の隅っこで無線機を出し、430MHz・F...弥勒山と道樹山

  • 三国山

    2022年4月10日三国山という名前の山は日本中に数多くあり、大抵は旧国でいう3つの国の境界にある山がそう名付けられているようだ。今回の三国山(701m)は尾張・三河・美濃の三国の境界にあり、今では愛知県瀬戸市と豊田市、岐阜県土岐市の境界となっている。山頂にはキャンプ場や電波塔群があり車でアプローチできる。駐車場に車をおく、ここにも無線運用する局がいたが後で挨拶しようと思ったが下山時には撤退されていた隣の駐車場、奥がキャンプ場かな先ほど登っていた猿投山で無線をしたとき、三国山からCQを出している無線局が聞こえた。本日の二座目として予定していたのでそのときは声を掛けず現地に向かった。山頂直下の駐車場に車をおいて山頂までちょっとだけ歩く。山頂には展望台がありその上から無線運用するJN2TZB局の声が聞こえる。挨拶す...三国山

  • 猿投山

    2022年4月10日(日)歩いたルートはYAMAPで移動二日目は猿投山(629m)から始める。この山は愛知県でも人気の山のようで、YAMAPでも多くの登山記録がアップされている。登山ルートもいくつもあるようだが、最短と思われる西側からのルートを選んで登山口の瀬戸市東山路町に向かう。舗装路終点辺りに車を置けないかと考えていたが、現地に行くと地道の林道を先に入って行く車があったので付いていく。少し先に県有林のゲートがあるが、手前に駐車スペースがあって既に何台か車も駐まっていた。ここに駐車ゲートの右側から入りますここから登山スタート。ゲート脇を抜けて地道の林道を歩く。県有林にはいろいろと散策のコースがあるようで標識が出ている。山に登らなくても楽しめそうだ。正面の階段から登りが始まる東海自然歩道に合流しここから本格的な...猿投山

  • 高天神山

    2022年4月9日(土)歩いたルートはYAMAPで移動初日の最後は掛川市の高天神山(132m)。先ほど登った小笠山の南にある。室町時代から戦国時代にかけて高天神城があり、駿河の今川氏や甲斐の武田氏、そして徳川氏などによる戦いが繰り広げられたようだ。今では城跡一帯が県立自然公園の一部となっており北側には広い駐車場が何カ所も設けられていた。整備された登城路を入っていくと史跡散策の人もそこそこいてそれなりに人気のようだ。広い駐車場が何カ所もある高天神城想像図、このほかにも案内が多い遊歩道は整備が行き届いている石段は現代風山頂は本丸跡の辺りで小さな祠がある。展望は余りよくなく樹間に北方向がわずかに望める程度だった。430MHz・FMで焼津市のJS2HCM局と交信し2エリア移動初日の4座での山ランを予定どおり終えた。明日...高天神山

  • うなぎを食べて小笠山

    2022年4月9日(土)歩いたルートはYAMAPで八高山を下山後次の予定は掛川市南部にある小笠山。先ほど交信したBWP局から、掛川駅前にも美味しいうなぎ屋さんがあるのでぜひ味わってとお勧めされた。ちょうどお昼時になるので久しぶりにうなぎでも食べようと掛川駅方向に向かい駅近くに看板が出ていた店に立ち寄る。すぐ近くには行列の出来ている店もあったが、余り時間は使いたくないので空いていたここで昼食。うな重でランチ小笠山(265m)は掛川駅の南で袋井市との境界にある。東側に小笠神社がありここから登るのが主流のようだが、いつものとおり少しでも時間を短縮しようと南西の県道から両市の境界を歩くことにした。目指した県道登山口には十分な駐車スペースもあった。登山口からほとんど高低差のない道を歩いて小笠山に向かう。途中で県道から取り...うなぎを食べて小笠山

  • 八高山

    2022年4月9日(土)歩いたルートはYAMAPで八高山(832m)山頂は掛川市と島田市の境界にある。登山のルートは多いようだが最も短時間で登れそうなルートとして、北西のカザンタオから両市の境界を歩くルートを選択した。カザンタオへは掛川市黒俣から舗装林道を進む。黒俣は八高山登山の起点にもなるようで、車で通過するときに登山者用の駐車場や案内板、登山口を表す標識などが目に付いた。黒俣で見た八高山登山コースの案内カザンタオへの林道は舗装はされているものの中間辺りから先は落石や崩土などが気になる道だった。カザンタオに着くと広いスペースに他に車はない。尾根筋に踏み跡を見付け取り付くが、すぐに予定したルートではないことに気付いてスタート地点へ引き返す(後で分かったがそのまま尾根筋を行ってもよかったようだ)。YAMAPのルー...八高山

  • 静岡の本宮山

    2022年4月9日(土)歩いたルートはYAMAPで静岡移動の一座目は磐田市と周智郡森町の境界にある本宮山(511m)へ登る。森町薄場から茶園の中の舗装林道を上がって行く。事前の調査では林道本宮山線の終点辺りに車を置く予定だったが、現地は舗装路がさらに伸びているようで磐田市の境界まで行くと舗装が終わった。初めてのところはいつもそうだが、その先へ進んで身動き取れなくなっても困るので、少し引き返して路肩の広くなったところに車を置いた。林道路肩に駐車して林道を歩くそこから舗装林道を緩やかに登って行く。磐田市に入って舗装が終わったがさらに進むとまた舗装路となった。地道の路面状態も良く、結果的には本宮山林道起点から1kmの登山口まで車で行ける。登山口の前には広い駐車スペースもあった。林道から森町側の眺望磐田市との境界でいっ...静岡の本宮山

  • 山ラン移動します

    明日からの土日は天気が良さそうなので山ラン移動することにしました。静岡西部と愛知の辺りをウロウロする予定です。今夜はここで仮眠します。山ラン移動します

  • 久しぶりのお食事会

    2022年4月2日(土)4月は近所に住む長男と私の誕生月なので連れあいがお食事会をセットしてくれた。連れあいはなんだかんだと出かけて外食もしているようだが、私はコロナ禍以降家族以外との外食は極力控えている。そんなわけで久しぶりの外食となった。行ったお店は長男のリクエストで中京区のオイスターバー「ラ・プラージュ・ドール」。何度か来ているお気に入りのお店の一つだ。生ガキ、蒸しガキ、牡蠣フライなど美味しい牡蠣料理とワインを堪能することが出来た。お店の入口先ずは白ワインから前菜盛り合わせ日本各地の生ガキ盛り合わせ蒸しガキ2本目は赤ワインで、生ガキもおかわり牡蠣フライ3本目は白ワインとムール貝の酒蒸し久しぶりのお食事会

  • 散歩を兼ねて期日前投票

    2022年4月2日(土)昨日からの花冷えで今朝も寒い日となったが天気は快晴の予報。今日は山行きは休んで朝からボランティアの一仕事を済ませ、そのついでに散歩を兼ねて区役所まで知事選の期日前投票に行ってきた。高野川沿いや松ヶ崎疎水などの桜は満開。桜見物の人出も多くコロナの感染者数増加も気になるところではある。高野川左岸の桜シートを広げる家族連れなどもいる松ヶ崎疎水散歩を兼ねて期日前投票

  • 長坂山

    2022年3月27日(日)歩いたルートはYAMAPで秋葉山と城山で山ランを楽しんだ後は予定していた長坂山(585m)に向かう。この山は名張市と宇陀市の境界にあり東側には赤目四十八滝がある。ネットで検索すると赤目の滝を散策しながら時計回りに周回するコースが紹介されている。これだとコースタイムは3時間余りかかるし、駐車料や入山料などが必要になる。赤目の滝は見たことがないのでこれもいいかなと思ったが、やはりこの時節観光客がいるところは避けたいところだ。そんなわけで北西の登山口からピストンで登ることにした。登山口の市道脇には広い駐車スペースがあるが私有地のようなので路肩に駐めた。登山道はよく整備された道でポイント毎に標識も設置されている。ただ標識の矢印は一方通行を意識して描かれているが、反対に歩いたからと入って注意され...長坂山

  • 名張で秋葉山と城山ハイク

    2022年3月27日(日)歩いたルートはYAMAPで三重県名張市と奈良県宇陀市の境界辺りにある秋葉山と城山に山ランに行った。登山口は名張市南西にある竜口地区。白山神社近くの路肩に車をおいた。神社の西側に秋葉山への標識がある。民家の間の舗装路を登って行くと地元の方が声を掛けていただき、途中まで一緒に登りながら山の様子を教えていただいた。北側の上三谷地区へ抜ける峠から秋葉山山頂に向かう。秋葉山ハイキングコースの標識少し掘れた道を登る峠のお地蔵さん峠から右に折れて山頂へ向かう秋葉山山頂(433m)には巻物を模した案内板があり、イラストに描かれた伊賀忍者が昔山頂にあった秋葉神社の歴史を説明していた。430MHzでCQを出して伊賀市をツーリング中というJM2NSG局と交信できた。下山は来た道を戻る。山頂に向かう道秋葉山山...名張で秋葉山と城山ハイク

  • 京都鴨東の桜

    2022年3月26日(土)今日は昼前から雨の予報。その前にと思い朝から散歩に行ってきた。京都地方気象台が24日に京都の桜開花宣言を行い、近所の桜もチラホラと咲き始めている。鴨川や夷川疎水辺りの桜も大きな木はまだ開花が始まったところといった感じだが、小さな若木は幾分開花が早いようだ。今日も何とか一万歩達成、雨も降り出してきたので後はのんびりとしよう。鴨川沿いで開花の早い木荒神橋から上流、遠目には開花は感じられない京大医学部構内夷川疎水辺りも成木はこれから熊野神社交差点京都鴨東の桜

  • 神戸市北区の金毘羅山

    2022年3月20日(日)歩いたルートはYAMAPで大蔵山と梶岡山で山ランをやった後は時間があったので西隣の金毘羅山(404m)へ行く。登山口とした北側の車道は広くほとんど車も通らない。溜め池の横に路駐させてもらい登山口の林道を入る。林道入口にはカラーコーンが置かれ、バイクや四駆車の進入で道路や水路が壊れて迷惑しているので入るなと注意書きもある。先ほどの山でもそうだったが、この辺りの山はモトクロスバイクや四駆車で遊ぶ者が多いようだ。登山者にも迷惑だが地元の人は困っているようで何とかならないものか。林道入口には注意書きがあるが中に入るとタイヤ痕が見られた林道は前半は簡易舗装された道が続く。途中からは地道となるが路面状態はいいようだ。山頂の手前に石の鳥居がありそこからわずかで金毘羅山の山頂に着いた。山頂にはそんなに...神戸市北区の金毘羅山

  • 大蔵山と梶岡山でピークハント

    2022年3月20日(日)歩いたルートはYAMAPで神戸市北区にある大蔵山(453m)と梶岡山(459m)に山ラン稼ぎに行ってきた。登山口に選んだのは北区八多町の八多霊園付近。霊園方向へ狭い道を進むが駐車場所が見付からない。ダメ元で霊園に入っていくと今日はお彼岸で墓参の人が多い。駐車場係の方に山登りだが駐車して良いか聞くとOKの返事。感謝して登山口に向かう。ここから登山スタート霊園入り口から南に延びる道には「太陽と緑の道」の道標がある。この近辺でよく見かける標識だが、帰ってから調べると神戸市が設定した自然歩道のようだ。道は幅の広い林道の様相で車やバイクのタイヤ痕がついている。何のためにこんな広い道にしたのかなどと考えながら登っていく。堰堤の端を無残に破壊して道は行く小さな溜め池ビクニ池というらしい途中から谷筋の...大蔵山と梶岡山でピークハント

  • 丹波篠山市の寺山

    2022年3月12日(土)YAMAPにリンクこのブログのほとんどは山に登ってその山頂からアマチュア無線で交信した報告となっている。12年ほど前に山行き記録として残しておこうと思って始めたものだ。この趣味は「山ラン」といって、「山岳移動ランキング通信」という報告誌の名前を略したものだ。山行きの記録を事務局に報告すると、実にいろんなランキングを記載した会報が年4回発行される。山ランの対象となる山は全国に2万余り存在するが、基本は国土地理院の地理院地図(電子国土Web)に山名が書かれている山と地図に名前はないが「日本山名事典」(三省堂)に掲載されている山となる。(それ以外にも対象山が少しあるが基準はよく知らない😅)登っていると「どうしてこの山が」と思うことも時々はあるが、その多くは古くからその地域に生きる人々の信仰や...丹波篠山市の寺山

  • 丹波篠山市の弥十郎ヶ嶽と火ともし山

    2022年3月12日(土)歩いたルートはYAMAPで丹波篠山市に弥十郎ヶ嶽(715m)という山がある。この山は2014年6月に辻の四本杉から登ったことがある(当時のルート)。その時は知らなかったが、弥十郎ヶ嶽山頂の北西方向にあるP621が火ともし山といい山ランに有効となっていた。今回は畑市集落から火ともし山に登り、折角なので弥十郎ヶ嶽にも再度登頂をすることにした。畑市集落の先にある墓地の横に車を駐めた。しかしここはスペースが狭く墓参の人でも来ると邪魔になってしまう。もっと手前で駐車した方がよさそうだ。防獣ゲートを開けて林道を進む。道は次第に狭くなるが歩きやすい。登山道には標識や目印のテープが多くあってわかりやすかった。弥十郎ヶ嶽の北側鞍部に乗り先ずは弥十郎ヶ嶽山頂に向かう。山頂からは北西方向に少しだけ眺望があっ...丹波篠山市の弥十郎ヶ嶽と火ともし山

  • 和歌山市の四国山と高森山

    2022年2月27日(日)歩いたルートはYAMAPで和歌山市と大阪府岬町の府県境にある二つの山に登る。和歌山市森林公園市民の森の南東に広い駐車場があり、その向かいに太陽のモニュメントがあるのでここから登った。滑りやすいやや急な道を登っていくとすぐに四国山(241m)に到着。山頂は道のすぐ横で山名プレートがあるが、展望はなくややひっそりとした感じだ。430MHZでCQを出すと和泉市のJL3CEQ局から応答があった。公園の南東端からスタートこれがなければ通り過ぎるところだった四国山山頂四国山での山ランを終了し先に進むと展望台があり、ここに大きく四国山と書かれていた。ピークハントでなければここが山頂でもいいように思う。展望台からは霞んではいるが友ヶ島や淡路島は確認できた。さらに県境尾根の道を先に進むと山頂広場がある。...和歌山市の四国山と高森山

  • 加太の鉢巻山

    2022年2月27日(日)歩いたルートはYAMAPで和歌山市加太にある鉢巻山に山ランに行く。登山口となるのは和歌山市立青少年国際交流センターで、センターの無料駐車場に車をおいた。センターの建物はコロナ対策で休館になっているが、野外施設は開放されていた。受付で利用の申込を行い建物の裏手から管理道を登る。駐車場は門の手前と中にもあった綺麗なセンター建物で利用を申し込むこの一帯は明治時代の加太砲台跡で、登っていくと砲台や弾薬庫の跡が残っている。途中には見晴らしの丘や遊具なども設置されているが、その多くがこれらの遺構を利用したものになっているようだ。管理道を登っていく弾薬庫跡の階段を登ると見晴らしの丘友ヶ島の先に淡路島が見える遊具広場では子どもたちが遊んでいた加太港が少しだけ見えた管理道を終点まで進むと和歌山市消防の中...加太の鉢巻山

  • 和歌山市の名草山

    2022年2月27日(日)歩いたルートはYAMAPで移動の二日目は名草山から始める。名草山は紀三井寺の東にある標高229mの山で登山道は何本もあるようだ。今回は紀三井寺からの直登ルートを選んだ。お寺の周辺には駐車場が何カ所もあるが、最も料金の安そうな参拝者専用駐車場に車を駐めた。朝8時から開いていて、3時間以内で300円だった。料金所で参拝料の200円と合わせて支払いお寺の案内をもらう。紀三井寺に来るのは初めてだが、寺院巡りが目的ではないので境内をゆっくり参拝することもなく登山口に向かう。一日の始まりはホテルでしっかり朝食駐車料と参拝料を払って紀三井寺へ本堂前の広場から正面の石段の先が登山口の模様紀三井寺本堂登山口には特に名草山への案内もなく古い石段の道を登っていく。その先も深い笹藪の中に切り開かれた急な道を登...和歌山市の名草山

  • 岬町の高野山

    2022年2月26日(土)歩いたルートはYAMAPで稲荷山で山ランをした後は時間が早いので予備に考えていた高野山(たかのやま、285m)に行ってみる。この山は先ほど登った飯盛山まで登山道が繋がっており歩いて巡ることも出来るが、それだと相当時間がかかるので切り離していた。登山口は岬町孝子にある高仙寺。このお寺は孝子観音としても知られているようだ。第二阪和道の高架沿いに広い駐車スペースがあるのでここに車をおいて集落内の狭い道を歩く。高仙寺の山門は仁王像がある立派な作りだが、像の腕が無かったりして荒廃が進んでいるようだ。無住と思われる本堂の右手が登山口となっていた。登山道は良く踏まれて歩きやすい道だった。山門の仁王像この中に観音像があるのかな本堂裏の登山口歩きやすい道が続くこのルートで一番の眺望高野山山頂は展望はない...岬町の高野山

  • 岬町の稲荷山で山ラン

    2022年2月26日(土)YAMAPにリンク紀泉アルプスで三座に登った後は時間を考えながら付近で未踏の山に登る。岬町の稲荷山(60m)は道の駅みさきのすぐ横にある超低山だ。以前2014年1月にチャレンジしたことがあるが、当時は第二阪和国道26号の工事中で、取り付きがよく分からずリタイアした覚えがある。当時は道の駅もまだなかった。道の駅の駐車場に車をおいて売店には寄らずに山へ向かう。地図では山の北側から道が描かれているのでとりあえずはそちらへ向かう。階段の登り口に稲荷山は高架の方から登るように書かれているが先ずは階段を登ってみる。池の端を回った道の先は深いシダの藪に塞がれて進むことは出来なかった。道の駅駐車場は賑わっていた初めは標識の意味が良く理解できず階段を登ってみた道はこの先進む気になれないここは素直に案内に...岬町の稲荷山で山ラン

  • 紀泉アルプスで三座周回しました

    2022年2月26日(土)YAMAPにリンクこの土日は天気がよさそうで、長かった冬もようやく終わりを迎えそうだ。そんなわけで大阪南部と和歌山市の山に行くことにした。まずは岬町から紀泉アルプスの三座を歩く。岬町淡輪の西谷寺付近に車を置いて岬町青少年の森まで林道を歩く。この道はかなり悪路と聞いていたが、歩いたところはそんなでもない。地道と舗装路が交互になっているが多少車の底を擦ることがあるかもしれないが普通車でも十分走れる。ここに車を止めて歩く青少年の森から巡視路にもなっている道を登っていく。尾根に乗るとそこは近畿自然歩道となっていた。南に行く道を歩いて一座目の札立山(349m)に向かう。道は整備されていて歩きやすい。岬町青少年の森が登山口尾根筋の近畿自然歩道に出た札立山山頂は南側の眺望が開けていて紀ノ川方面が見え...紀泉アルプスで三座周回しました

  • 寒風の中でも散歩

    2022年2月20日(日)昨夜寝る前は天気予報を見ながら近場の山歩きも考えていたが、起きたときにはその考えも飛んでいた。洗濯機をかけてからチーズトーストと野菜スープで朝食を済ます。毎日の薬が朝食後となっているので、簡単にでも朝食は摂るようにしている。今日はカーリング女子の決勝だなと思い時間を確認すると午前中らしい。テレビでロコ・ソラーレの試合を楽しませてもらう。結果は敗れたが選手達の頑張りやポジティブなかけ声に見ている方も明るくなれた。午後からはまたまた散歩へ。風が強く寒い。途中には霧雨に降られることもあったが何とか1万歩はクリアすることができた。穏やかなお顔の石仏黒谷さんにて真如堂の本堂寒風の中でも散歩

  • 近所を散歩

    2022年2月19日(土)今日は午後から雨が降る予報。山は行かずに家で過ごすことにした。コロナ以降は休日に家にいるとほとんど出歩かず、一日の歩数が千歩そこそこにしかならないことも多かったが、これではいけないと先週から山行きのない休日も散歩に出かけることにした。しかし行く当てもないのでひたすら近所をウロウロ・・・徘徊状態に近い😆今朝も吉田山から真如堂、黒谷さんを通って南禅寺へ。観光客は少なく閉まっているお店も多いようだ。哲学の道辺りをうろついて自宅へ戻った。吉田山から吉田神社へ下る真如堂の前を通って黒谷には京都守護職の陣が置かれた黒谷の墓地上からは展望がいい南禅寺山門今週は平均が1万歩を超えた、平日は通勤時に歩いている近所を散歩

  • ついでに向山

    2022年2月12日(土)YAMAPにリンク布見ヶ岳を下山後、県道沿いにあった食堂でランチ。午後は千刈水源地のダム湖を挟んだ西にある向山(339m)に登る。この日のランチ、大好きな糖質ばかり😋ダム湖の北を通る県道から車一台がようやく通れる狭い橋を渡る。車を途中の路肩におき普明寺の墓地に続く急な舗装路を登り墓地の終点から山に入る。踏み跡は薄く灌木の枝がやや藪っぽい尾根筋だ。時々冬枯れの樹間に先ほど登った布見ヶ岳や羽束山がのぞくが展望はほとんどない。登頂前にダム湖を眺めるこのルートで一番の眺望は大船山山頂には小さな三角点があり山ラン先輩局のプレートも残っていた。430MhzのハンディトランシーバーでCQを出すが中々応答がなく、50Mhzのアンテナに変えようかと思った頃ようやく岡山市南区移動のJM4QYD局から声がか...ついでに向山

  • 宝塚西谷の森公園と布見ヶ岳

    2022年2月12日(土)YAMAPにリンク宝塚市の布見ヶ岳(366m)は神戸市の水源地千刈ダム湖の東にある低山だ。布見ヶ岳の東側には兵庫県立宝塚西谷の森公園があり、遊歩道が整備されて展望の良いハイキングが出来そうだ。普段は山ランのピークハントが中心で観光や余分な歩きはしない質だが、今日はウオーキングの歩数を稼ぐために山ラン登山と組み合わせて公園内の散策も予定に入れた。公園の駐車場に車をおき東の谷管理棟へ向かう。ネットの検索でここから反時計回りに歩くルートを見付けて辿ることにした。保与谷池から真ん中の尾根筋ルートを進む。遊歩道は最近リニューアル整備がされているようでとても歩きやすい。冬枯れの里山と登るに従い周辺の展望も現れてウキウキするような道だ。東屋や馬の瀬の尾根、展望台など見所満載といった感じだ。展望台の北...宝塚西谷の森公園と布見ヶ岳

  • 三角点という山を知っていますか

    2022年2月5日(土)YAMAPにリンク三角点は正確な位置を求める測量をおこなうために、国土地理院が作った位置の基準となる点のこと。一等から四等まであり地図記号は◬となる。山ランでピークハントをしていると多くの山の山頂に三角点があるが、必ず山頂にあるわけでなくまた街中にもある。地理院の地図を見ると、西脇市のJR黒田庄駅の東に標高456.7の三角点が標示されている。これが山名「三角点」である。三省堂の「日本山名事典」にも記載され山ランに有効なピークとなっている。山の西麓に福谷池という溜め池があり一体が公園として整備されている。公園の中に適当に車をおき岡稲荷神社の横手から登山道に入った。登山道は適当に整備もされていてやや急なところもあるが歩きやすい。ちょうど中間点辺りのP323には愛宕神社を祀った小さな祠もあった...三角点という山を知っていますか

  • 丹波篠山市の西寺山

    2022年2月5日(土)YAMAPにリンク節分が過ぎたが今週末も寒波がやってきて寒い日が続く。1月の山ラン広島・岡山移動以降ぐだぐだと過ごす土日が続いていたが、月も変わったので山に行くことにした。目指すは丹波篠山市の西寺山(646m)。ネットで検索すると、今田町四斗谷から西寺山とトンガリ山を縦走する周回ルートを歩いている人が多いが、トンガリ山は山ラン無効なので西寺山をピストンで登ることにした。登山口のお地蔵様登山口の墓地付近に車をおいて谷筋のやや荒れた道を登る。砂岩?のような平べったい石がゴロゴロとした道だが歩くに支障はない。途中からは山腹の薄い踏み跡を目印のテープを探しながら登った。ごく一部に林道のような道もあったここから尾根筋を歩く尾根筋に乗ると歩きやすさがアップする。ところどころ樹間に眺望も現れてなかなか...丹波篠山市の西寺山

  • 遙照山

    2022年1月10日(月)YAMAPにリンク今回の広島・岡山移動の最後は遙照山に行く。この山も最初の予定にはなかったが丁山から東にアンテナの立つ山頂がよく見え、地図を見ると山頂まで道路があったので行ってみることにした。遙照山は山頂付近に運動公園やホテル・温泉などもあり、山頂は浅口市と小田郡矢掛町の境界になる。山頂まで車道があったが神社前の駐車場に車をおいて少しだけ歩いた。山頂は広く、アンテナ施設や両面薬師如来を祀るお堂などがあった。VHFやUHFでのCQには応答がなかったので、7Mhz・CWで奈良県五條市移動のJA3MQY局と交信した。変わった名前の神社、新興宗教の関係らしい舗装路を少し歩いて山頂へ山頂のアンテナ施設両面薬師如来堂三角点あります山ランなどの山名プレートこれで3日間の山ラン移動を終了し鴨方ICから...遙照山

  • 浅口市の丁山と鴨山

    2022年1月10日(月)丁山(78m)YAMAPにリンク山の名前はようろ山と読む。地理院地図には山の南面に丁(ようろ)と書かれていて、浅口市鴨方町六条院中の字名になるようだ。ネットで調べるとその起源は律令時代に遡るようなことも書かれていた。それはさておき、山の北側にある運動公園の駐車場に車をおいて田んぼの中の道を歩いて山に向かう。道は歩きやすく登山というより散歩が適している感じだ。途中に墓地がありその最上部から山道に入る。すぐに禿げた尾根筋に出て山頂に着く。丁山の山頂は浅口市と浅口郡里庄町の境界となる。ベンチがあったり、句碑が点在したりしており眺望も良い。思った以上によい山だ。VUでのCQに応答がなかったので7Mhzのアンテナを張る。ちょうど埼玉コンテストをやっていて賑やかだ。スマホでコンテストのルールを調べ...浅口市の丁山と鴨山

  • 笠岡市の古城山と竜王山

    2022年1月10日(月)古城山(68m)YAMAPにリンク井原市の経ヶ丸山で山ランをやった後は笠岡市に向かう。一座目は当初から計画していた古城山だ。山頂は公園になっており車で登ることができる。広い駐車場?があり忠魂碑やニホンザルの檻、展望台などがあった。先ずは山頂に登る。低山ながら展望が良い。430Mhz・FMでのCQに福山市のJA4MFQ局から応答があった。古城山の駐車場?グランドのようだ山頂に向かう古城山の山頂山頂から展望台方向山頂からの眺望公園は綺麗に整備されていたなぜかサルの檻、ちょっと密すぎる正面に見えるのは国による干拓地のようだ竜王山(175m)YAMAPにリンク笠岡市での二座目は竜王山。古城山の北にJR笠岡駅を挟んだ所にある。地図を見ると墓地から道が描かれており簡単に登れそうなので候補に入れてい...笠岡市の古城山と竜王山

  • 井原市の経ヶ丸山

    2022年1月10日(月)YAMAPにリンク移動最終日もここからは岡山県に入る。井原市の経ヶ丸山(281m)は当初の予定にはなかったが、最終日の予定が早く終わりそうだったので前夜のホテルで地図を見て行くことにした。井原市では初の一座であり楽に山頂に立てるのが選んだ理由だ。経ヶ丸山の山頂付近は経ヶ丸グリーンパークとして、キャンプ場やいろんな遊戯施設が整備されていることは現地に行ってから知った。山頂直下の路肩に車をおいて山頂に登る。山頂も公園の一部になっているが展望は余り良くなかった。430Mhz・FMのCQに小田郡のJH4GXE局から応答があった。すぐそこに山頂が見えるグリーンパーク場内マップ山頂の様子三角点山頂からの眺望はこの程度井原市の経ヶ丸山

  • 福山市の竜王山

    2022年1月10日(月)YAMAPにリンク福山市の竜王山(221m)は福山市西部でJR松永駅の東側にある。山頂まで車道があるので簡単に福山市の一座を稼ごうと選んだ。山頂のちょっとだけ手前に車をおいて歩く。山頂には神社や展望台があり、地元の人が清掃活動などをされていた。展望台に上がるが木の枝が伸びて展望は良くなかった。430Mhz・FMで東広島市のJH4WAZ局他と交信できた。駐車場所に戻る途中の眺望が良かったので少し歩いて正解だった。駐車場所から参道を登る竜王山山頂展望台ありますが・・展望はほぼありません三角点も見付けられません下山時の眺望が一番福山市の竜王山

  • 尾道市の岩屋山

    2022年1月10日(月)YAMAPにリンク広島移動の最終日は尾道市の岩屋山(102m)から始める。岩屋山は向島にあり尾道大橋を渡ってすぐだが、事前にストリートビューで見ていた登山口が国道沿いにあるものとの思い込みからなかなか見付けられず国道を行ったり来たりした。脇道に入ってようやく登山口と駐車場所を見付けることができた。コンクリートの急坂を登ると大元神社に到着。神社裏手の山頂辺りから144Mhz・FMで地元のJO4JBQ局と交信することが出来た。ところで岩屋山は巨石群で有名なようだが、結局巨石群がどこにあるのか分からないまま同じルートを下った。登山口といい遠征先での山数が多くなるとどうしても準備不足になったり、失念したりでこういうことが多くなる。ここから登った途中に車が来ているところもあったしまなみ海道はまだ...尾道市の岩屋山

  • 三原市の筆影山と竜王山

    2022年1月9日(日)筆影山(311m)YAMAPにリンク国道185号の和田交差点を東に向かうと「国立公園筆影山」の標識がかかっている。ナビはだいぶ遠回りの道を指示しているようだが標識に従って民家の中の道を入った。筆影山の山頂下駐車場に車をとめて舗装路を上がる。山頂はすぐで展望台から瀬戸内の島々を眺めた。144Mhz・FMでCQを出すと新居浜市からJA5KCY局の応答があった。駐車場に戻り車で竜王山に向かう。駐車場から右側の舗装路を行く筆影山展望台眺望説明図この後向かう竜王山竜王山(445m)YAMAPにリンク竜王山は山頂にアンテナや展望台があり新しく整備されたような広い駐車場がある。駐車場までは南側の集落から二車線の道が通じているようで、ナビが案内する道はこちらのようだ。舗装路を山頂に向かう。山頂広場の端に...三原市の筆影山と竜王山

  • 宇根山

    2022年1月9日(日)YAMAPにリンク宇根山(699m)の山頂は三原市と世羅郡世羅町の境界にあり、山頂まで車道が通じていて簡単にピークを踏むことが出来る。西と東に二つのピークがあり山頂は東側になる。最初西側のピークに向かうとこちらには三原市の天文台があった。しかし広島県ではこの日からまん延防止等重点措置が始まり、天文台入り口には閉館の札がかかっていた。わずかな距離だが東側のピークに向けて車を走らす。こちらには再興中の寺院があり広い駐車場もあった。山門を入り寺院の中を歩いて山頂部に向かう。アンテナの立つ山頂には三角点があり、三原10名山の標示も書かれていた。144Mhzで福山市のJK4QDB局と交信することが出来た。宇根山天文台は臨時休館中天文台前から山頂方向寺院前の駐車場から南側の眺望宇根山至幸院山門を入る...宇根山

  • 洞山

    2022年1月9日(日)YAMAPにリンク洞山(545m)は東広島市と竹原市の境界に山頂がある。事前のネット検索で山の西側にある広島大学の東広島天文台から登頂している記録を見付けたので行ってみた。天文台には広い駐車場があるのでここに車をおいた。天文台を訪ねてくる人もいるが一般公開はされていないようだ。天文台の東から地図にある道に取り付くと入口に立入禁止の看板がかかっていた。「あちゃー」と思いながら近づくが特に理由は書かれていない。獣除けと思われる簡易なゲートはカラビナで閉じられているだけだった。自己責任で入らせてもらう。その先の道は一部重機も使ったと思われる良い道が続いている。分岐には洞山への標識もかかっていた。駐車場から天文台東屋の横から山の方へ山道への入口道の右側にはフェンス標識ありこの標識から踏み跡に入る...洞山

  • 呉市の大空山

    2022年1月9日(日)YAMAPにリンク呉市の大空山(205m)は山頂が公園として整備されていて車で登ることができる。戦前には旧海軍の砲台があったところで、今も戦争遺跡としてその跡が残されている。山頂駐車場に車をおいて先ずは公園内を散策する。砲台跡には砲座と弾薬庫の跡が残されている。日本遺産の説明では「明治36年に竣工した大空山砲台は、上陸して背後から攻めてくる敵から呉を護るために建設された・・・近代土木建築の技や設計力、デザイン力の高さが感じられる」などと記されていた。本土決戦を想定したり戦争遺跡を技術やデザインでしか語れないのは余り感心しない。大空山公園駐車場砲台跡これは弾薬庫の跡か山頂はこんな感じ山頂には大きな展望台があり呉市東部が一望できた。7MHzで愛知県清須市のJI2PNG局と交信した。山頂展望台...呉市の大空山

  • 江田島市の陀峯山

    2022年1月9日(日)YAMAPにリンク移動二日目は江田島市の陀峯山(438m)から始める。広島県でも呉や江田島の島しょ部には今まで足を踏み入れたことがなく、江田島が早瀬大橋一本で呉市側とつながっていることも今回初めて知った。陀峯山も山頂まで車道が通っており、山頂には展望台が整備されている。途中の道は決して快適とは言えない道だが、麓の集落からは展望台への案内が掲げられていた。島の観光スポットの一つにもなっているようだ。駐車場に着くと山頂は目の前で、東屋とアンテナ施設があった。展望台はアンテナのフェンスを回りながらという感じで、どうも脇役のようではあった。誰も来ない駐車場にアンテナを張り、7MHzで大阪府松原市のJA3QNI局のCQに応答した。駐車場から朝日を見る駐車場と山頂山頂の様子山頂展望台から江田島市の陀峯山

  • 広島市の二葉山と黄金山

    2022年1月8日(土)移動の初日は広島市内の低山でサクッと山ランをして締める。二葉山(139m)YAMAPにリンク広島駅のすぐ北にあり、山頂には仏舎利塔が立っている。またその南面には墓地が広がっていた。山頂まで車道があって車で上れるが、道路の状況が分からないので墓地の駐車場から歩いて上がった。(この駐車場は墓参以外は駐車禁止と書かれていた。すみません😓)山頂の西側のピークまで足を伸ばすと、戦争遺跡「高射機銃陣地跡」も見ることが出来た。無線は、市内在住の山ランメンバーJJ4MEA局とつながり新年の挨拶を交わした。山頂の仏舎利塔、すぐ横に駐車スペースがあった二葉山平和塔の説明山頂からの眺望高射機銃陣地跡の説明黄金山(222m)YAMAPにリンク広島市南区にある黄金山も山頂まで車で上れる。山頂には大きな展望台があり...広島市の二葉山と黄金山

  • 茶臼山

    2022年1月8日(土)YAMAPにリンク三次市、安芸高田市と山ランを達成してその後は今夜の宿泊地である広島市の低山を予定していたが、時間が早いので明日に予定していた茶臼山に行くことにした。今回の移動は山ランのピークを稼ぐことはもちろんだが、広島県や岡山県でまだ無線運用したことのない市や郡での運用も考えて計画していた。茶臼山(271m)は、広島市安芸区と安芸郡府中町との境界にあるので安芸郡狙いで計画した。山の南側にある県道の甲越峠付近の路肩に車をおいて登り始める。この登山道は中国自然歩道にもなっているようで、登山口には大きな案内板も設置されていた。登山口の案内図、文字も薄くなって余り役に立たない登山道を入ると道ははっきりしているが、いたるところがイノシシに掘り返されて畑の中を歩くような感じになっていた。茶臼山の...茶臼山

  • 安芸高田市の郡山

    2021年1月8日(土)YAMAPにリンク安芸高田市の郡山(402m)は毛利元就の城があった山で、今では墓所を含めて国の史跡に指定されている。麓の駐車場に車を置いて周回コースを山頂まで登った。駐車場にはガイドマップも置かれ観光に力を入れている様子が見て取れる。地元のナンバーが多いが車も何台も停まっていた。先ずは石の鳥居をくぐって元就の墓所に向かう。縁のない人なのでお墓のお参りはパスして左手から山頂への道に入った。墓所を過ぎると山道となるがよく整備された道が続く。駐車場前にはガイドマップもあり幟もたって観光気分を盛り上げているここからまずは墓所へ向かうここから左手に山頂への道がある墓所の先に登山口遊歩道のような道山頂は本丸の跡で展望こそないがくつろげるところであった。7MHzのアンテナを張りCWを聞くと韓国の局が...安芸高田市の郡山

  • 三次市の高谷山

    2022年1月8日(土)YAMAPにリンクこの3連休は広島方面の移動にやってきた。新型コロナの感染が急拡大し、広島県も明日から蔓延防止措置が適用されることになった。移動するかどうかだいぶ迷ったが、ホテルも予約しており一人山に登っている分には大丈夫だろうと決行することにした。朝京都を発って一路西へ。中国道を三次ICで降りて一座目は高谷山(491m)に向かった。霧の海展望台として観光スポットにもなっているようだ。山頂直下の駐車場に車を置いてまずは山頂へ。付近にはアンテナ施設が林立している。三角点はフェンスに挟まれた狭いところにあった。VUでは入感なく7MHz・CWで三重県菰野町移動のJK3IJQ局と交信した。帰りに展望台に立ち寄り霧のない眺望を楽しんだ。駐車場の観光案内展望台と山頂の鞍部標識も設置されているが三角点...三次市の高谷山

  • 川西市で2022年の初山ラン

    2022年1月2日(日)YAMAPにリンク一昨年までは正月と言えば、山ランの低山稼ぎに遠征するのが恒例となっていた。2日からアマチュア無線のQSOパーティが行われ、一年で一番お空が賑わう時だ。しかし昨年はコロナ禍で自粛が呼びかけられていたので日帰り登山に変更した。今年も天気予報を見ながらどうしようかと考えていたが、毎日家でブラブラしていても仕方がないので山に行くことにした。行き先は、比較的近場の川西市方面。宝塚市との境界にある愛宕山(335m)とその北にある大平山(257m)を選んだ。山の南側にある満願寺からスタートする。愛宕原ゴルフクラブの前を通過して舗装路を進む。この道もゴルフ場の所有地のようで途中には整備のための施設なども点在する。舗装路の終点では、コース横のカートが通る道を歩くことになる。途中で見た表示...川西市で2022年の初山ラン

  • 2022年の元日

    2022年1月1日(土)朝ゆっくりと起きて雨戸を開けると雪が降っています。お隣の屋根にはうっすらと雪が積もり、大文字山と太陽も雪のカーテンの先に霞んで見えました。ブランチにお雑煮やおせちをいただき、午後からは高槻市の義母宅に挨拶に出かけてきました。その後近くの安満遺跡公園で散歩。昨年3月にオープンしたてで私は初めて訪れるのですが、広々としていい公園が出来たものです。自宅から大文字山今年もおせちは「割烹竹うち」さんのもの木屋町御池にあり連れ合いの知人と言うことでお願いしました安満遺跡公園でちょっと散歩弥生時代の安満遺跡が公園になっています元は京大の農場があったところですJR高槻駅からもすぐ近くで、JRと阪急の線路に挟まれています2022年の元日

  • 大晦日

    2021年12月31日(金)コロナ禍2年目も今日で終わりです。第3波の最中に年が明け第5波では医療崩壊で、入院できずに自宅で亡くなる方が相次ぎました。今またオミクロン株の流行で第6波が懸念されています。来年は穏やかな一年となるよう願うばかりです。今年の山ランは12の府県に移動し92座に登りました。年々登頂数は少なくなっていますが、来年も安全登山で山ランを楽しみたいものです。大晦日の京都市は午前中に少し雪が降りましたが積もるまでにはなりませんでした。自宅の窓から見る大文字山も積雪はないようです。では皆様も良いお年をお迎えください。御池大橋の手前からみる東山は雪で霞んで見えないお昼にはスーパーで買ってきた蕎麦をいただきました大晦日

  • 師走の大寒波

    2021年12月27日(月)彦根市内の積雪の様子(京都新聞HPからお借りしました)昨日からの寒波でニュースでは西日本各地で大雪が降ったと報道されている。滋賀県彦根市の国道8号では今朝の未明からトラックが立ち往生し、2km以上にわたって何時間も動けない車があったようだ。自宅のある京都市では思ったほど雪は降らず、中心部では積雪は見られなかった。ネットで各地の積雪を見ていると今回はいつもと違うところで大雪となったような気がする。京都で一番の豪雪地といえば丹後半島の宮津市上世屋と思っていたが、今回は舞鶴市内などの方が多く降ったように思う。また滋賀県の豪雪地と言えば長浜市余呉町の柳ヶ瀬辺りだが今回は彦根市などの方が多かったようだ。昨日の日曜もちょっと雪でも見に行きたいなと思いながら、不要不急の外出をして交通に迷惑を掛けて...師走の大寒波

  • 丹波篠山市の八百里山

    2021年12月19日(日)YAMAPにリンクこの日の二座目は八百里山(442m)。午前中に登った行者山の西にある。登山口の瀬利集落に行くと道路沿いに八百里城跡の真新しい案内板が設置されていた。NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」にちなんで丹波篠山市が昨年設置したようだ。標識に従って少し進むと赤い鳥居がありここから山道に入る。獣除けのネット沿いの道は歩きやすい。ゲートを開けて入った山道も尾根の手前ではちょっと急登となるが基本は歩きやすい道である。尾根に乗ってからも良く整備された道が続く。山頂手前の広くなったところは樹木が伐採されて南側の眺望が広がっていた。山頂は狭く眺望もないが山名プレートがかかっていた。展望所まで戻って無線機を取り出す。430MHzや50MHzは入感なし。7MHzのワイヤーアンテナを張ってCWで愛...丹波篠山市の八百里山

  • 丹波篠山市の行者山

    2021年12月19日(日)YAMAPにリンク昨日はこの冬一番の冷え込みで京都市内でも初雪が見られた。今日も気温は低いが天候は安定しているようなので、比較的近場の丹波篠山へ向かう。一座目は行者山。地図で見ると469.9mの標高で三角点のマークがある。以前に車で登った衣笠山(484m)の真西にあり、当時は知らなかったが衣笠山から尾根筋を歩くルートがあるのはその後に知った。今回は春日江の集落から行者山の南側の尾根を歩くルートを登ることにした。駐車場所を探して車でウロウロするが見付けられず、神社への細い道を入って途中の急カーブで先に進めずバックで引き返す。そのまま市道?を先に進んだ路肩に駐車スペースがあった。路肩に駐車スペースがあった登山準備をして歩いて先ほど引き返した神社に向かう。名前は熊按神社(くまあん)と言うそ...丹波篠山市の行者山

  • 天野山

    2021年12月11日(土)YAMAPにリンク和泉市の三座で山ランをやった後、お隣河内長野市の天野山に立ち寄った。金剛寺の駐車場に車をおいて天野山の北側から山へ入る。コンクリート舗装された道は車も通れる広さだが入口に車止がしてあるので歩くしかない。天野山は府立の公園になっていて南側にはキャンプ場が整備されているが、今はコロナの影響で閉鎖されているようだ。天野山(231m)の山頂は道路が合流するところにあり、字の消えかけた標識が立っていた。無線は430MHz・FMで西成区のJP3EPM局と交信することが出来た。下山は道なりに歩き展望台に立ち寄ってから公園の南側に下りた。天野山への入口天野山山頂の標識、右手奥の辺りが少し高い木製のゲートを開けて展望休憩所の表示展望台と右手の下山路きれいな展望台眺望はこの程度金剛寺の...天野山

  • 和泉市の三座で山ラン

    2021年12月11日(土)YAMAPにリンク今週は大阪府和泉市の山へ。施福寺から槇尾山方面は以前に登っていたが、その北側に山ラン有効の山があることが分かり計画した。グリーンランド駐車場からスタート。槇尾山観光センターの土産物を見て施福寺の参道へ。参拝や観光、登山者など行き交う人は多い。施福寺境内に着いて一休みし北側の道に入る。この先はほとんど人に会うこともなく静かな山歩きとなった。倒木を越えて良く踏まれた道を行く。分岐には道標が設置され、火の用心を呼びかける消防の標柱も多い。施福寺の山門を入る本堂下の石段施福寺本堂分岐の標識はわかりやすい本日の一座目は卒都婆峰(512m)。地図に名前はないが日本山名事典掲載で山ランに有効となっている。山頂からの展望はないが多くの山名プレートがかかっていた。430MHz・FMで...和泉市の三座で山ラン

  • 丹波市の大谷山と古天神山

    2021年12月5日(日)YAMAPにリンク丹波市山南町にある大谷山(395m)と古天神山(460m)は地理院地図に名前はないが山ランに有効の山である。ネット検索で見付けた登頂記を参考に、山南町坂尻集落から登ることにした。坂尻の公民館に着くと地元の方が年末の掃除に精を出されていた。声を掛けて駐車の許可をもらい登山口に向かう。丹波市のこの辺りは若松の栽培が盛んなようで、正月に向けての出荷準備がされていた。坂尻公民館前に車をおかせてもらう若松の出荷準備途中の道は草が生えていて、先ほどまで降っていた雨でズボンの裾を濡らす。牧山トンネル西口にある記念碑から取り付いた方が良かったようだ。坊獣ゲートを開けて進むと幅の広い道がつづら折りに続いている。P232は峠でお地蔵さんや南無阿弥陀仏の石碑が建っていた。トンネルが出来るま...丹波市の大谷山と古天神山

  • 散歩

    2021年12月4日(土)今日は出かける予定なし。郵便物を出しに行くついでに近くの真如堂へ行ってみた。紅葉は盛りを過ぎていたが見物客もそこそこ来ている。明日は山に行こう。散歩

  • 白屋岳と焼山

    2021年11月28日(日)YAMAPにリンク今週の山は奈良県川上村の白屋岳(1177m)と焼山(1080m)。1千m超の山だが登山口の標高が970mになるので楽に登ろうと考えて選んだ。東吉野村の丹生川上神社辺りは綺麗な紅葉があり、車窓からでも十分に楽しめた。登山口の足ノ郷越まで舗装された林道を行く。足ノ郷峠は幕末に天誅組が行軍しその後も東吉野と川上を結ぶ重要な街道だったようだ。足ノ郷越の地蔵堂付近に車をとめてゲートから登山道へ入る。昨日はとて寒い一日だったが、峠付近にもうっすらと雪が残っていた。今シーズン見る初めての雪に気分も高まってくる。白屋岳への登山道は8~9割方が林道歩きとなる。白屋岳につながる鞍部が見えた辺りで林道横に小さな標識が見えた。ここから谷筋の踏み跡を登り尾根に着くと山頂への標識があった。足ノ...白屋岳と焼山

  • 冬支度

    2021年11月23日(火)今日は勤労感謝の日で休日。朝から天気はいいが昨日の雨で季節がまた一つ進んだようで寒い日となった。車のタイヤ交換をディーラーに予約していて昼前に出かけた。今のスタッドレスタイヤは新車から使っていて5シーズン経過したので、今回は新しいタイヤに交換した。街の街路樹もイチョウは黄色が目立ってきたが、ケヤキは紅葉よりも落葉が多くなったようだ。ディーラーで1時間余り待つ夏タイヤは17インチだがスタッドレスは15インチで少し節約冬支度

  • 鈴鹿の藤原岳

    2021年11月20日(土)YAMAPにリンク先週計画していて行きそびれた鈴鹿の藤原岳に向かう。鈴鹿山脈の山も大分登ったが、有名どころでは藤原岳は未踏であった。新名神に乗って三重県へ入る。事前の調べでは亀山西JCから新名神を進むつもりだったが、ナビの指示するままについうっかりと分岐を行き過ぎてしまった。仕方がないので東名阪を使う。5年前の古いナビには亀山西から四日市間の新名神が表示されないことを、何度か通っているにもかかわらず失念していた。東海環状自動車道に入り東員IC(大安ICが正解だったようだ)で下りて登山口のある三岐鉄道西藤原駅に向かう。登山口は藤原町大貝戸。ここから表登山道を登る予定だが、県道沿いに登山口駐車場は満車のためこの先の観光駐車場へ行くように看板が出ていた。午前8時半過ぎの時点で広い藤原岳観光...鈴鹿の藤原岳

  • 宇治市高峰山の先まで

    2021年11月13日(土)YAMAPにリンク今日は鈴鹿の山でも行こうかと考えていたが、朝起きられずに計画は中止。いつも出たとこ勝負の山行きが多いので特に気にもならない。ゆっくりと新聞を読んだりネットで地理院の地図を見たりして時間を過ごすが、10時頃になって急に思い立ち宇治まで出かけることにした。行き先は宇治市五ヶ庄にある高峰山(298m)。というか本当の目的は、高峰山の南東にあるゴルフ場敷地内の五雲峰(343m)という山の近くで無線をすること。山岳移動ランキング通信(通称:山ラン)は、日本山名事典などに記載されている対象の山のピークからアマチュア無線で交信し、様々なランキングを楽しむ趣味の会だ。しかし、中には自然保護や神域、自衛隊基地やゴルフ場の中など一般にはピークに立つことが禁止されている山もある。そんな時...宇治市高峰山の先まで

  • 福井・滋賀県境の池内山と擂鉢山

    2021年11月7日(日)YAMAPにリンク今回の山は福井県敦賀市と滋賀県長浜市の境界にある池内山(655m)と擂鉢山(628m)。いずれも地理院地図に記載はなく、ネットで検索しても同名の記録はあまり見当たらない。ただ、どちらも日本山名事典(三省堂)に記載のある山で当然山ランに有効となっている。登山口は敦賀市の池河内側と長浜市余呉町中河内側からが考えられるが、事前のネット調査で池河内湿原の駐車場から関電巡視路を登った記録があったのでこちらを選択する。湿原の駐車場に車をおいて舗装路を高圧線下まで進むと山に入る道があり、その先にはお馴染みの巡視路標識が見えた。幅の広い道をジグザグに登って行くと最初の鉄塔が現れる。行く手には4本ほどの鉄塔が続いている。登るにしたがって南西側の展望が開け、野坂山地や敦賀の市街地も少し見...福井・滋賀県境の池内山と擂鉢山

  • 泉佐野市の雨山

    2021年11月3日(水)YAMAPにリンク小富士山を下山後となりの雨山(312m)に向かう。登山ルートは幾つかあるようだが、時間的に最短と思われた西側からのルートを選んだ。登山口は阪和道の土丸橋の下。付近を車で流すが駐車できそうな場所がなく結局水呑地蔵尊の駐車場まで戻って再度おかせてもらうことにした。交通量のそこそこ多い府道を歩いて登山口に向かう。高速の道を入ると関電の巡視路標識があり、ここから急なプラ階段を使って山に入る。高圧線の鉄塔が見えてくると傾斜は緩やかになり、その先は見晴らしの良い尾根筋の道となった。雨山の山頂近くまで来ると古い井戸の跡があり他の登山道が合流する。雨山山頂には神社や休憩所の建物があり、大阪府の天然記念物に指定された樹齢200年を超えるヤマモモの木があった。430MHz・FMで奈良市移...泉佐野市の雨山

  • 泉佐野市の小富士山

    2021年11月3日(水)YAMAPにリンク11月最初の山行きは大阪府泉佐野市の山へ。最初は敦賀市方面を予定していたが、どうも天気が安定しない予報だったので急遽変更した。一座目は小富士山(259m)。泉佐野市土丸の水呑地蔵尊が登山口となるので駐車場に車をおかせてもらう。コンクリート階段の道を登っていくと幾つかのお堂があり参道にはお地蔵さんが点在している。階段が終わると地道の登山道となるが、途中にはもろく崩れやすい所もあった。駐車場横から階段へお堂も綺麗にされているコンクリート階段とお地蔵さんコンクリート階段の先から山道へこの辺りは歩きやすかったが、その先は写真を撮る余裕なし尾根筋まで登ると一気に展望が広がった。小富士山山頂も展望が良い。430MHz・FMでのCQに和泉市のJL3CEQ局他からお声がけがあった。復...泉佐野市の小富士山

  • 経ヶ峰と稲子山

    2021年10月23日(土)YAMAPにリンク三重県津市の経ヶ峰(819m)は山頂からの展望が良く、また山頂下には小屋やテント場などの休養施設があって、グループで楽しむ様子などをネットにアップされているのをよく見ていた。国有林内で登山道も整備されており人気の山のようだ。登山口の駐車場に着いたのは午前10時頃。既に10台程の車が駐まっていた。林道を登り終点から山道へ入る。鹿除けネットの扉を開けて先に進むと背の高い樹木が途切れて一面のススキが広がる。登ってきた方を振り返ると亀山市や鈴鹿市方面の眺望も広がっていた。駐車スペース横の林道を登る林道終点標識には現在地の緯度経度も書かれている展望が開けてきたススキ原の先に鈴鹿方向の眺望笹子山のピークに立ち寄り少し戻って経ヶ峰への道を行く。この先は緩やかな登りの道だ。途中で稲...経ヶ峰と稲子山

  • 尾瀬 至仏山

    2021年10月5日(火)YAMAPにリンク今回の北関東移動最終日は尾瀬の至仏山に登る。前夜は宿が取れず片品村の道の駅で仮眠した(車中泊は一応禁止されているので😁)。5時に起きてゆっくりと身支度や登山準備を行う。鳩待峠行きのバスが出る戸倉から6時30分のバスに乗ろうと思い戸倉に向かう。バスの出る戸倉第一駐車場へ着くと、8人乗りの乗り合いタクシーが何台も駐まっていて着いた人から順番に満車になり次第出発していく。おかげで待ち時間なしで出発することが出来た。鳩待峠から至仏山に登るには山ノ鼻から至仏山へのルートが登り専用となっているので、小至仏山経由でピストンするか山ノ鼻経由で反時計回りに周回することになる。今回は周回コースを選択し山ノ鼻まで約200mの標高差を一旦下る。木道が整備された道を雰囲気の良い森や紅葉、朝日や...尾瀬至仏山

  • 白根山から4座周回

    2021年10月4日(月)YAMAPにリンク白根山(2578m)は栃木県日光市と群馬県片品村の境界にあり両県の最高峰になる。というか関東以北では最も標高が高い山となるようだ。群馬県側に丸沼高原スキー場があり、ロープウエイを使うと標高1990mの山頂駅まで一気に上がることができるので、標高の割には楽に登頂できる山だ。昨夜は丸沼のペンションに宿泊したがそこでロープウエイの割引券をもらった。本来往復2千円だが2割引で乗ることができた。ゴンドラは定員8人だがコロナ対策でグループ毎の乗車となっていて、単独者は一人で乗るようになっている。ロープウエイセンターステーション、8時の始発前から人が多い山頂駅を出て最初は樹林帯の中の広い道を進む。途中からは本格的な登山道となるが、紅葉や時々のぞく樹間の展望に癒やされながら気持ちよく...白根山から4座周回

  • 半月山(北関東移動の続き)

    2021年10月3日(日)YAMAPにリンク半月山(1753m)は中禅寺湖の南にあって中禅寺湖と男体山を望むことのできる山だ。男体山を下山したのが午後3時、車に戻って少し休憩したら気力が復活したので行ってみることにした。中禅寺湖の東を通る県道に入ると午後5時にゲート閉鎖の注意書きが見えた。登山は往復1時間と考えているので大丈夫だろう。道路の終点に広い無料駐車場がありここが登山口となっている。駐まっている車は少ない。途中で路線バスをみたが駐車場にバス停があるのでここまできているようだ。駐車場から沼田市側登山口から歩きやすい道を登っていく。途中で展望台まで行ったであろうカップルやグループの登山者とすれ違う。稜線に出ると展望台があり半月峠への分岐だ。中禅寺湖の先に先ほど登った男体山が見える。観光パンフレットの写真など...半月山(北関東移動の続き)

  • KCJコンテストの結果

    2021年10月7日(木)8月に参加した第42回KCJコンテストの結果が先日メールで届いていました。(参加時のブログはこちら)このコンテストは、参加局が提出したログを相互にチェックして内容が一致している場合のみ得点として認められるという厳しい規定があります。つまり、参加した以上はログを提出しないと相手局に迷惑を掛けてしまいます。私が提出したログは、252局と交信し、マルチは50で総得点13,000点というものでした。今回届いた結果では、11,850点に減点されていました。減点の内容としては、①相手局のミスコピーが3、②バンド不一致が1、相手局のログ提出がなかったものが18となっていました。いずれもこちら側のミスではなかったので安心しました。参加した部門は「シングルオペ・7MHz・シングルバンド」で、参加局150...KCJコンテストの結果

  • 日光の男体山に登る

    2021年10月3日(日)YAMAPにリンク今回の北関東移動は日本百名山を三つ登る計画だ。一つ目は日光の男体山(2486m)。南麓にある二荒山神社が登山口で、標高差は1200mある。ここのところ3時間ほどの登山でバテていたので、この標高差に所要時間が6~7時間もかかるとあって登れるかなと心配しながらの計画だった。神社入口の国道沿いに無料の駐車スペースがあり、何とか車を駐めることが出来た。鳥居を通って境内に入っていくと、登山者必読と書かれた注意事項が掲示されその先に登山者受付があった。申込書に必要事項を記入し隣の受付で千円の登拝料を納めて御守りをいただく。いわば登山手形のようなものだ。登拝口から一合目までは石段や整備された道が続いている。国道沿いの神社入り口、すぐ側に駐車することが出来た登山者受付所登拝口から登山...日光の男体山に登る

  • 鹿沼市の茂呂山

    2021年10月2日(土)YAMAPにリンク今回の移動初日の最後に鹿沼市の茂呂山(193m)に向かう。南側に広い無料駐車場があり、ここに車を置いて生活環境保全林の遊歩道を歩く。途中で遊歩道は分からなくなったが山頂方向に細い山道があったのでそれを登った。山頂には東屋や三角点の他に、鉄塔を撤去した跡のようなものがあり立入禁止の措置がとられていた。標高が低いのでダメ元で430MhzでCQを出してみると、地元のJJ1XWS局から応答があり、初日は三座での山ランとなった。広い駐車場茂呂山生活環境保全林駐車場の横から遊歩道を行く茂呂山山頂三角点も立入禁止の中山頂の先からちょっとだけ眺望があった鹿沼市の茂呂山

  • 多気山

    2021年10月2日(土)YAMAPにリンク天狗鳥屋を下山後近くの多気山(たけざん、377m)に向かう。この山は麓に多気不動尊がありそこの駐車場を借りて往復1時間程度で登れそうだったので行ってみた。多気不動尊は立派な構えの境内で本堂の他多くの建物があった。本殿の左手から多気山への階段道が伸びており、「多気山頂・御殿平徒歩30分」の標識がかかっていた。先ほどの天狗鳥屋では誰にも会わなかったが、ここは下山してくる何人もの人に出会う。小さな子どもを連れたお母さんもいて、手軽に来られる場所として地元では有名なのかも知れない。赤い幟の中綺麗な石段を登る多気山本堂多気城跡への案内多気城跡は標高760mほどだが、広い城跡に飛び出すと一気に南側の展望が広がった。少し南側の別ルートから登ってくる人が多くとても賑わっている。なにわ...多気山

  • 宇都宮市の天狗鳥屋

    2021年10月2日(土)YAMAPにリンク昨年計画しながら諸般の事情で断念した北関東方面への山ラン移動を決行する。初日は早朝に京都を出発し今夜の宿泊地である栃木県宇都宮まで移動し、着いた時間によって付近の低山に登る計画だ。まず予定していたのは宇都宮市森林公園内にある山。当初は古賀志山と御岳山を考えていたが、森林公園内の最短登山口への道は途中から自転車と管理用車両以外通行禁止となっていた。YAMAPのルートタイムでいろいろ計算したが、歩いてアプローチすると時間オーバーになりそうだったので断念し、赤川ダム駐車場から最寄りの天狗鳥屋(てんぐとや、365m)に登ることにした。駐車場内の公園マップ赤川ダムキャンプ場の向かいにあるトリムコース内の遊歩道を登ると途中に小さなアスレチック施設が点在している。それが終わると細い...宇都宮市の天狗鳥屋

  • 五條市の乗鞍岳と天誅組本陣跡

    2021年9月23日(木)YAMAPにリンク大日山を下山後天辻峠から舗装林道を少し先に進むと乗鞍岳への登山口がある。その前の林道は幅員が広くなっていて駐車も出来た。路駐して正面の登山口へ登山口の標識登山口からこれも「KoboTrail」の道を登って行く。このコースも眺望には恵まれないが歩きやすい尾根筋の道が続いていた。標高994mの乗鞍岳山頂は五條市と吉野郡天川村の境界となる。430MhzでCQを出すと伯母子岳に登っているJP3OSW局や芦屋市移動のJS3NBS局が呼んでくれた。これで秋分の日の登山を終える。乗鞍岳山頂、金峯山寺蔵王堂から33.7km、金剛峯寺根本大塔まで22.0kmとある乗鞍岳山頂帰り道に天誅組本陣跡にも立ち寄ってみた。幕末に討幕運動を起こした天誅組だが、幕府軍によって壊滅させられている。今は...五條市の乗鞍岳と天誅組本陣跡

  • 大日山

    2021年9月23日(木)YAMAPにリンク白石岳の次は大日山(897m)に登る。この山は出屋敷峠から県境を反対(北東)側に行った先にあるが、これだと往復で2時間くらいはかかりそうだ。ここはいつものことながら安直登山で近くの天辻峠から取り付くこととし車で天辻峠へと移動する。道の駅の向かいから「天誅組本陣遺跡」の案内に従って舗装路を入る。そのまま先に進むと天辻峠に到着。広い路肩に車をおいて登山口へ行くとここにもトレラン実行委員会の止山の表示があった。合わせて地元の地図付きの看板も設置されている。古くて文字や地図はやや不鮮明だが、登るルートは止山区域を通ることはなさそうだ。その確認が出来たので気持ち穏やかに登っていくことが出来た。林道は路面状態が良い、この左に車を駐めた天辻峠は右上の黒いマーク、左に行って止山の北端...大日山

  • 奈良・和歌山県境の白石岳

    2021年9月23日YAMAPにリンク先日自重した奈良県五條市の山へ行ってきた。今日は現地泊はせず日帰りで登山口から短時間で登れる山をいくつか選んだ。一座目は白石岳(903m)。奈良県五條市と和歌山県高野町の境界にある。この道は「弘法大師の道トレイルランニング」のルートとなっているようで、吉野から高野山まで続いているようだ。いつもの事ながら出来るだけ安直な登山ルートを選択し県道の出屋敷峠からピストンする計画だ。国道168号から県道に入って少し進むと山側には白いビニール紐が延々と張られ「止山」の札がぶら下がっているのが見えた。この季節は彼方こちらの里山でマツタケ山の入山禁止となっていることは何度も経験している。あちゃー😨と思ったがどうにもならない。とりあえずで屋敷峠まで行ってみる。ビニール紐は途中で途切れていたが...奈良・和歌山県境の白石岳

ブログリーダー」を活用して、takeさんをフォローしませんか?

ハンドル名
takeさん
ブログタイトル
JM3AVI 山と無線大好き
フォロー
JM3AVI 山と無線大好き

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用