searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

awanohibiさんのプロフィール

住所
北海道
出身
北海道

自由文未設定

ブログタイトル
三角山の頂から2,530メートル
ブログURL
https://awanohibi.fc2.net
ブログ紹介文
飲む 食う 読む 聴く たまに魚と遊ぶ 札幌・三角山の近くで暮らす白髪男子の日々のあしあとです
更新頻度(1年)

199回 / 365日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2020/03/31

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、awanohibiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
awanohibiさん
ブログタイトル
三角山の頂から2,530メートル
更新頻度
199回 / 365日(平均3.8回/週)
フォロー
三角山の頂から2,530メートル

awanohibiさんの新着記事

1件〜30件

  • 菜園の珍客たち

    市民農園の自分の区画には、基本的には自分が種をまいたり、苗を植えたりしたもの以外は育たないものと思いますが、ほぼ必ずという頻度で「雑草系」と一括りにされる植物たちが出現します。去年はなぜかコスモスがいたるところに姿を現しました。上の写真は去年の9月20日の野菜畑のコスモスです。去年はこのほかに土壌酸性度のせいかスギナが次々と生えてきて苦労しました。今年は、スギナはまったく見ないのですが、おそらくアカ...

  • せめて、、水分?補給しましょう

    「ハルマゲドンでも起きなければ、、、」といったIOC委員がいたそうですが、ほぼほぼハルマゲドンといってもいい「愚かな夏」がついに始まりますね。ハルマゲドンを推進する組織委員会や政府関係者は、かってに滅んでいただければいいのですが、安全安心な暮らしを願うまともな日本国民にとっては迷惑至極です。ほんとうに長らく、この半月ほども雨が降らないもので、公園の芝生が枯れ始めています。大きな木の枝先も一部枯れてい...

  • 食べてみました

    猛暑のおかげなのか、畑でオクラの花がひとつ咲きました。ということは、数日後にはオクラの実がひとつ収穫ができるということですね。やった〜〜  うれしい前置きはここまでで、本題です。くだんの「多様性ズッキーニ!」というか「おもしろ?ズッキーニ」を食べてみました。まな板の上に置くとこんな感じですが、カットする前に記念に重量を測ってみました。わが家のキッチンスケールでは1000グラムまでしか測れないので、...

  • 乾坤一 特別純米辛口

    昨日18日は北海道の足寄町が日本でいちばん気温が高かったそうです。足寄は鈴木宗男さんと松山千春さんの出身地ですね。だからどうしたというはなしですが、、、札幌も連日、猛暑続きで雨が全く降りませんので、公園の芝生も枯れ始めています。こんな時期は、日陰に隠れて過ごしたいものだと考えがちですが、さらによく考えると、一年通じて、あるいは生涯通じて、陽のあたるところは不得意だったことも思い出しました。とはいえ、...

  • 猛暑の畑でヴァリエテ‥‥

    札幌は30度超の猛暑です。暑さを警戒して早朝4時に畑へ行き、水やり&雑草とり&収穫作業をしました‥‥という、はなしですが、、こんなことは、もしかしたら珍しいことではないのかもしれませんが、ズッキーニの苗のひとつで、ほかとは違う形状の実ができました。右がフツーのズッキーニ ですが、主役は左のほうです。直径13センチで長さは25センチ。「カワイイ」という表現は賛否あるかと思いますが、少なくとも「おもしろい...

  • 忘却と怠慢の秘技、、、

    いよいよ30度近くまで気温があがった札幌の夏の空にもよく映えるみごとな黄色の花です。わたしがよく「やってしまう」シュンギクの満開です。実際は、花のついた先端部分だけを10センチほどカットしてロックグラスに差し込んだ、というか詰め込んだものです。きれいな花を咲かせるために、春から丹精込めてきたわけではありませんが、「不可抗力」や「計算ミス」や「人生の無常」により、シュンギクが食用植物から観賞用植物に...

  • 少年易老学難成

    7月11日で「蔓延防止ナンダラカンダラ」が終了することになっていましたが、札幌では12日以降も、営業時間を1時間伸ばしただけで飲食店の締めつけは25日まで続けるそうです。「理由」や「説明」や「背景」をでっち上げるのは簡単ですが、体力勝負で弱いものが次々と淘汰されてしまうことは明らか。飲食店を締めあげるだけで、飲食店とつながる酒蔵、問屋、食品製造流通、農業、水産業などの業界が連鎖的に悲鳴を上げています。税...

  • ことしも作りましたジューンベリーのジャム

    特にご好評をいただいているわけではありませんが、ことしもジューンベリーのジャムを作りました。先月から、こだわりの?手摘み作業にいそしみ、収穫量は、6月26日1006月27日1506月28日1506月29日2006月30日2007月  1日2007月  2日2007月  3日2007月  4日100最終的には、目標収穫量1000粒を大きく超えて1500粒です。人間は単純なもので、競争の中に投げ込まれると思いが...

  • 旭山動物園の旭子と凪子

    旭川市の旭山動物園に行ってきました。ここには、百吉(ももきち)9歳、旭子(あさこ)8歳、そしてそのあいだに生まれた凪子(なぎこ)1歳の3頭のカバがいます。 カバをまじかでみていて、すごく癒されましたので報告です。(といっても写真を並べている見ているだけですが。)これは、メスの旭子(あさこ)です。少しだけ解説しますと、右の女性は動物園の関係者ではないかと思います。一般客の柵より内側に入って、旭子の口の...

  • 蜜の味は、、

    ひとつの植物に関してなんとも「しつこい」ことでありますが、庭の鉢の「パセリ」のその後を追ったドキュメント?です。「パセリ」の存在の「本体」と世間から目されている「葉」の部分は、ほぼ刈り取られ食べ尽くされ、わずかに残った一部は冷凍保存されました。長く伸びきった茎にわずかに残った葉、少し「あはれ」な感もいたします。しかし、パセリの変化、成長はまだまだ続いていました。「葉」や「茎」の色と同系なので気づか...

  • 使わないけど、いつまでもある

    熱海の伊豆山で土石流災害が起きてしまいました。熱海の温泉街からはちょっと離れた古い温泉、早朝ニホンザルが庭を横切ったりしていた宿になんどかいったことがあります。風光明媚の一方で、たしかにかなりの急傾斜地でした。被災された方たちに心から、お見舞い申し上げます。========================わたしの机の引き出しのなかに、かなりの昔からいつづけ、そして、これから先もずーっといつづけそう...

  • デルタでも、アルファでもなく‥‥

    テレビ番組の録画にテープを使う時代は、はるか大昔のことなのですが、うちにはいまだに相当な量のビデオテープが存在しております。VHSのビデオデッキ(ビデオテープレコーダー)は、1台納戸の奥に隠してあるので、その気になれば再生ができるはずなのですが、奥様が持っているビデオの中には、「VHS」ではない規格「β(ベータ)」(Betamaxともいわれる)のテープが数本あります。βのビデオデッキは、今どきダビング業者しか持...

  • 6月のいろいろリサーチ結果

    調査テーマ1 「市民農園に夫婦でやって来ている夫と妻の会話量の割合」 ※調査範囲はわたしの区画周辺(ほぼ上の写真の範囲内)東隣のご夫婦 夫1: 妻10北隣のご夫婦 夫1: 妻10東角のご夫婦 夫1: 妻 8南向のご夫婦 夫1: 妻 7東隣のご夫婦の場合、たまに、妻さんが作業しながら野菜の様子を実況している。しかし、ときどき夫さんの姿が畑の中に見えない(他の人の畑を視察に出向いていたりする)こともあって...

  • 「不倫」小説というくくり方なのか?

    漱石はさほど好きな作家ではないのですが、ちょうど1年前に「三四郎」を読んでいたことが手帳に書いてあって、そんなことから「三四郎」の続編ともいわれる「それから」を先週から読んでいました。事業家の父親の庇護のもとで、悠々自適の生活をしていた主人公のインテリ青年代助が、友人の妻三千代への想いを募らせ、やがて全てを投げうっても三千代を友人から奪う決心をします。その結果、その友人との関係は絶交、さらには経済...

  • カラー図鑑百科 4 鳥類

    マイブーム?ではありませんが、カラー図鑑百科 第4巻 鳥類 です。鳥については、実は不勉強で魚や昆虫に比較したらあまり詳しくないのですが、図鑑のページをめくりながら、わたしに関わりのある(あった)鳥たちを中心に、紹介いたします。まずは北海道ですからなんといっても「シマフクロウ」です。鳥の王者、猛禽類で憧れの存在であり、信仰の対象でもあります。北海道の開発とともに生息環境が破壊され、野生生息数は20...

  • 食うか、食われるか、、、

    わが家で唯一の果樹「ジューンベリー」は、ようやく実が熟し、収穫が始められそうです。しかし実が熟すのを心待ちにしていたのは、わたしだけではなくて冬から春先までうちの小さな庭をフルーツパーラー&社交場として利用していたヒヨドリたちも同様でした。金曜日の夕刻、実の成熟具合を確かめようと木に近づいたら、ヒヨドリ(おそらく、4月までうちの庭にきていた「ヒヨ」ちゃん)が木のてっぺんあたりで、わたしより先に味見...

  • ゴーヤとヘチマをめぐって

    去年、思いがけず収穫したゴーヤ(下の写真です)の種から苗を作ろうとしていましたが、なかなか発芽しないのであきらめ、農園で1本200円で販売していた苗を4本買って定植したのが、ちょうど1ヶ月前でした。ところが、6月に入って暖かくなると、放置していた8つのゴーヤのポットのうち3つから発芽して、定植できるほどまでに成長しました。菜園にはもう購入した苗4本が育っていて、追加で植えられるスペースはないのですが、せ...

  • 酔鯨 純米大吟醸酒 五百万石 生酒

    鯨の尾鰭はラベルに見えませんが、まちがいなく「酔鯨」の純米大吟醸です。これは、、、と期待しておりましたが残念ながら、眼を見張るほどのことはありませんでした。ところが、この酔鯨のラベルは、眼を凝らすと面白いデザインでした。遠目では、海の波を描いたように見えますが、じつは化学の構造式になっています。ラベルの右上には、C7H14O2という分子式、、、その正体とか日本酒との関係はわかりませんが、そこから「酔鯨の...

  • 家呑み、部屋呑み、、いいもんです

    まだ札幌では「酒類の提供」ができないものですから、時間はあっても会う場所が設定できず、やむなく友人の家に参集しました。この友人の家、、というかオーディオルームでジャズを聴きながら酒を飲むのは、もしかしたら40年ぶりくらいでしょうか。そのころは、ブラックニッカとかサントリー角瓶を誰かがどこかから調達し、これに麦チョコかカッパえびせんをスーパーで買ってきて、それだけで朝まで平気でした。というような昔話で...

  • 200万都市のアニマルたち、、

    明け方に札幌市東区の住宅街でヒグマの目撃情報がありました。北海道テレビのカメラが午前5時ころに生活道路を元気に走りまわるヒグマの姿を捉えていました。(HTB北海道テレビ放送のニュースより)東区内でのヒグマの目撃情報をほぼ同スケールで東京の中心部に置き換えると、こんな感じです。①3時28分 銀座②6時    新橋③7時    日比谷④8時    大手町⑤11時   日本橋永井荷風の日記などなら、夕刻に銀座の...

  • ことしの初収穫‥‥

    朝早く、菜園に行ってきました。5月24日に定植して不織布トンネルの中で育っていた葉物野菜をそろそろ初収穫しようと思い、トンネルをめくってみたら、コマツナとチンゲンサイが残念なことになっていました。いわゆる「とう立ち」であります。タキイ種苗のコマツナ栽培マニュアルには、コマツナの花芽分化種子が吸水し、発芽したころから低温感応しますが、日長にはあまり関係なく、発芽直後からの13°C以下の低温にある一定期間程...

  • 舞茸の天ぷらで、、

    G7サミットで各国首脳に自国でのオリンピック開催について「支持」を乞いに行った恥知らずなのがいるみたいですね。そこまでして、オリンピックを汚したいのですかね。G7の「支持」を得られなければ、今度は中国や北朝鮮あたりにまでも土下座しにいきそうですね。IOCもオリンピックを国際政治のおもちゃ扱いされても、とくに何も言わないことからすると、オリンピックはもはや「祭典」ではなくて、ただのビジネスツールに堕して...

  • 暑さに負けて逃げ帰る‥‥

    イトウを求めて水曜日から道北の猿払に行っていました。氷雨に打たれ強風に泣かされながら、ひたすらロッドを振り続ける。これが、猿払のイトウ釣りの基本スタイルと考えていました。ところが、このたびの猿払は午前3時半の明け方こそ気温7度(それでも高い)でしたが、午前9時には強い日射しに風もなく20度を超える暑さです。もちろん直射日光が当たると、こんなものではありません。胸ポケットに入れていた水温計の表示を見...

  • 世界と日本のまちがい  松岡正剛

    世間的に見れば受験生だった私を、受験勉強から大いに遠ざけた一群の人たちがいて、それはほとんどが外国人だったのですが、数少ない日本人の中でも重要人物ともいえるのが松岡正剛さん、です。工作舎から出ていた「遊」という雑誌(?)の企画、編集人でした。(上の写真は1978年7月発行の遊1002号)博覧強記の異人、松岡正剛さんについては「遊」に翻弄された致命的な経験はあるものの、それ以外の著作については、ほとんど読ん...

  • まつぼっくりが‥‥

    きのうは、北海道での新型コロナ感染による死者判明数が1桁(7人)となりました。5月25日以来のことです。とはいえ直近2週間で185人も亡くなっていますし、自宅療養中での死者もでていますから、医療の提供体制含めて安心できる状況ではまったくありません。しかも、まもなく新型コロナウィルスとの必死の戦いを嘲笑うために、東京でバカ騒ぎを始めようとしています。まっとうな日本人の皆様は、騒ぎに集まる連中が持ち込み拡...

  • 純米生酒 おりがらみ ヒトツメ 2020

    私がいつも酒を買いに行く、銘酒の裕多加さんがプロデュースしている「顔が見えるお酒プロジェクト」による一本です。(顔が見えるお酒プロジェクトについては、この記事をご参照ください。)新十津川の新井隆之さん栽培の吟風を札幌の日本製酒、市澤智子杜氏が仕込んだものです。店頭には2019年ものも、まだ並んでいましたが、発売されたばかりの純米生酒おりがらみを選びました。開栓直後は、かなり尖った印象で2杯目に進む...

  • ヤナギの下で

    朝5時、エアコンのスイッチを入れました。暖房モードで、です。部屋の温度が21度、外気温はなんと9度でした。6月というのにこれはいかがなものでしょうか。ほんとうに調子狂いますね。まあ昨今「新型コロナ変異株蔓延策」とか「呪われたオリンピック強行開催症候群」など天候不順よりおぞましい人災系事象が跋扈していますので、お天道さまの気まぐれなど甘受いたします。で、朝食後ポロシャツの上にトレーナーを重ね、さらに...

  • パセリの進化形?

    ようやく雨があがり、風もやんだので、朝の日課の散歩に行くことができました。散歩から戻り、家のまわりを見ていたら、2つの鉢に植えたパセリが「急成長」していました。まったくパセリ感がありません。もしかしたらと調べてみたら、これはパセリの「とう立ち」というものでした。冬の間は玄関フードの中の簡易温室で冬ごししましたが、雪が解けてからは野菜育苗で場所を奪われ、簡易温室から屋外に追い出されました(追い出した...

  • 300メートルもつづく藤棚

    雨の合間に、前田森林公園の藤棚を見てきました。前田森林公園は、札幌の北西側、石狩市に近い広大な平地に造成された公園です。その藤棚は大掛かりな造園工事で作られたもので、コンクリートの柱の高さは4m以上あり、この柱で棚を支えています。そんな藤棚が展望台をはさんで全長320mも続く回廊になっています。今年は桜同様、開花が十日以上早めのようで、6月前なのにすでにピークはすぎたタイミングです。そのせいか、藤の...

  • 心が「ひからびる」前に、

    飲食店への酒類提供の中止要請から早くも半月が過ぎましたが、直近7日間での人口10万人あたり新規感染者数100人超の状況が続いている札幌では、キンキュージタイナンダカの継続必至の状況です。うまい酒を出してくれる私の愛する店たちも、ほぼみな休業しております。好きな店で酒を飲めない日々=友人たちとも会えない時間‥‥こちらの心までひからびてしまいそうなので、「家呑み」の環境を整備することにしました。そこで、ま...

カテゴリー一覧
商用