マーライオン・チャンネル
読者になる
住所
シンガポール
出身
ハンドル名
Merlion Channelさん
ブログタイトル
マーライオン・チャンネル
ブログURL
https://merlion-channel.com
ブログ紹介文
現地在住者がおすすめするグルメ・観光などシンガポールの最新情報
自由文
-
更新頻度(1年)

39回 / 186日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2017/06/21

Merlion Channelさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(IN) 31,214位 32,711位 36,306位 36,295位 32,566位 36,437位 36,378位 975,709サイト
INポイント 0 0 10 10 10 0 0 30/週
OUTポイント 10 120 160 470 430 80 70 1,340/週
PVポイント 1,140 14,350 15,900 18,850 17,140 13,610 10,820 91,810/週
旅行ブログ 2,123位 2,236位 2,438位 2,434位 2,248位 2,414位 2,436位 43,103サイト
シンガポール旅行 4位 5位 5位 5位 6位 6位 7位 119サイト
海外生活ブログ 1,303位 1,361位 1,545位 1,537位 1,356位 1,517位 1,522位 35,168サイト
シンガポール情報 23位 25位 31位 28位 25位 27位 28位 763サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 7,681位 8,062位 8,001位 7,517位 8,075位 9,801位 9,544位 975,709サイト
INポイント 0 0 10 10 10 0 0 30/週
OUTポイント 10 120 160 470 430 80 70 1,340/週
PVポイント 1,140 14,350 15,900 18,850 17,140 13,610 10,820 91,810/週
旅行ブログ 620位 644位 638位 608位 645位 781位 765位 43,103サイト
シンガポール旅行 3位 3位 3位 3位 4位 4位 4位 119サイト
海外生活ブログ 411位 431位 428位 389位 426位 520位 510位 35,168サイト
シンガポール情報 23位 26位 23位 20位 22位 24位 23位 763サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(PV) 338位 344位 347位 352位 358位 379位 381位 975,709サイト
INポイント 0 0 10 10 10 0 0 30/週
OUTポイント 10 120 160 470 430 80 70 1,340/週
PVポイント 1,140 14,350 15,900 18,850 17,140 13,610 10,820 91,810/週
旅行ブログ 56位 58位 57位 59位 61位 61位 62位 43,103サイト
シンガポール旅行 1位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 119サイト
海外生活ブログ 10位 10位 11位 11位 10位 11位 11位 35,168サイト
シンガポール情報 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 763サイト

Merlion Channelさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Merlion Channelさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Merlion Channelさん
ブログタイトル
マーライオン・チャンネル
更新頻度
39回 / 186日(平均1.5回/週)
読者になる
マーライオン・チャンネル
  • リッツカールトン「サマーパビリオン」ミシュラン1つ星の飲茶ランチ

    マリーナ湾のほとりに建つラグジュアリーホテル「ザ・リッツカールトン・ミレニア・シンガポール」。今回は、このリッツを代表するメインダイニングの一つ「サマーパビリオン」を訪問。高級中華レストランでも、お得にいただけるランチで、貴重な食材を取り入れた絶品飲茶を余すところなく堪能します。

  • ヒンドゥー教のお正月!光の祭典「ディパバリ」をシンガポールで体験

    ヒンドゥー教において、一年で最も重要な行事「ディパバリ」。月のない新月の夜、「ディヤ」と呼ばれるオイルランプで闇夜を照らし、光(善)が闇(悪)に打ち勝つことを祝います。今年2019年のディパバリは、10月27日。美しくライトアップされたシンガポールの「リトルインディア」で、光の祭典を体験しよう!

  • マリーナ湾を周遊「シンガポール・リバークルーズ」きらめく夜景を満喫

    都心部を東南に貫くシンガポール川。 シンガポールのナイトスポット「クラークキー」から、飲食店が立ち並ぶ「ボートキー」、そしてマーライオンやマリーナベイサンズが位置する「マリーナベイ」を、レトロな木造船で遊覧する「リバークルーズ」。今回は、この人気アトラクションの見所、コース、料金、乗り場などの詳細をお届けします。

  • 「カトン」シンガポール女子旅におすすめ!プラナカン建築と雑貨の町

    [更新] マップ追加・改稿 「プラナカン(Peranakan)」とは、「現地で生まれた」を意味するマレー語。19世紀に貿易商人としてやってきた外国人と現地女性との間に生まれた子孫の総称として使われています。 中国・マレー・ヨーロッパの伝統をミックスさせた独特のプラナカン文化が色濃く残るのが「カトン」地区。 フォトジェニックな建物や、色とりどりの雑貨など、キュートなものに溢れていて、特に女子旅に人気

  • シンガポールの歴史を刻む!憧れのコロニアル・ホテルに泊まりたい

    そこ此処に残るコロニアル建築が、植民地時代の面影を留めているシンガポール。 歴史と逸話に彩られたクラシックなホテルに宿泊して、優雅な休日を過ごしてみませんか? シンガポールの至宝「ラッフルズホテル」 ■ 別格!シンガポールの名門ホテル 1887年に開業した名門ホテル「ラッフルズ」。いくら近代的な最新ホテルができようとも、伝統と格式でラッフルズの右に出るものはありません。 19世紀『東洋一のホテル』

  • インパクト大!ヤシの実に入ったココナッツ海老カレー「マスタード」

    リトルインディア駅のE出口から徒歩2分、レースコース・ロード沿いにあるインド料理レストラン「マスタード」。 インドカレーのおすすめレストランとして、以前ご紹介した「ムトゥース・カリー」や「バナナリーフアポロ」は、お皿の代わりにバナナの葉っぱに料理を盛るのが特徴。どちらかというと南インド地方で主流のスタイル。 対して、今回の「マスタード」は、インド北西部のパンジャーブ州と、インド北東部のベンガル地方

  • 香港から到来したサードウェーブ・カフェ「コーヒーアカデミックス」

    オーチャードから徒歩5分、スコッツスクエア2階にある「コーヒーアカデミックス」。香港で大人気のサードウェーブ・カフェがシンガポールに進出した旗艦店。こだわりのコーヒーはもちろん、フォトジェニックなフード&デザートなど、話題性は十分。シンガポールのコーヒー党を虜にする仕掛けに迫ります!

  • ジュエルに誕生!プライオリティパス対応の「チャンギ・ラウンジ」

    チャンギ空港にオープンした「ジュエル」。 単なる空港の付属施設を越えて、すっかりシンガポールの新しい観光名所となった巨大複合施設に、プライオリティパス対応のラウンジが誕生!どのターミナルからもアクセス可能、しかも数少ない制限区域外ラウンジということで、期待の高い「チャンギ・ラウンジ」を徹底紹介いたします!

  • ミシュラン1つ星レストラン「アルマ 」創作系キュイジーヌのディナー

    オーチャード駅の交差点から、スコッツロード沿いを10分ほど歩いた場所にある「グッドウッドパーク・ホテル」。 とんがり屋根にヨーロッパの古城のような外観が素敵なコロニアル・ホテルです。 このホテルは、北京ダックで有名なレストラン「ミンジャン」や、ハイティービュッフェで人気のラウンジ「レスプレッソ」など、レベルの高いダイニング揃い。 今回は、ホテル1階(入口は駐車場側)にあるレストラン「アルマ・バイ・

  • 名門ホテル厳選!シンガポールのお土産「ラッフルズ・ブティック」

    シンガポールの歴史と伝統を誇る名門ホテル「ラッフルズ」。 1年以上にわたる改装工事を経て、ようやく待ちにまった営業が再開されたばかり。 今回は、ホテルの改装に合わせて、同じくリニューアルされたギフトショップ「ラッフルズ・ブティック」を訪問。最高級ホテルならではの厳選されたお土産をチェックします!

  • ランタンと月餅で祝う「中秋節」シンガポールの秋を感じる風物詩

    [更新] 2019年の情報をアップデート 常夏の暑さで、四季がないと言われるシンガポールですが、お祭りやイベントなどで季節の移り変わりを感じることは少なくありません。 旧暦の8月15日(十五夜)に、月を祭りながら豊作を願う「中秋節」もその一つ。 もともとは、中国に起源をもつ風習ですが、70%以上を中華系が占めるシンガポールでも欠かすことのできない秋の風物詩。 今年2019年の中秋の名月は、9月13

  • 朝食レストラン対決!スパゴvsクラブ55「マリーナベイサンズ」宿泊記④

    シンガポール海峡に昇る太陽。 ガーデンビューの部屋から見える、気持ちの良いサンセットとともに目覚めた朝。 早速、楽しみにしていたマリーナベイサンズの朝食に行ってみたいと思います! マリーナベイサンズの朝食レストラン ■ クラブルーム以上は朝食付 通常、マリーナベイサンズでは、 デラックスルームやプレミアムルームは朝食なし クラブルーム以上は朝食付き という宿泊プランが基本です。 当日料金を払えば、

  • シンガポール金融街の胃袋を支えるホーカーズ「ラオパサ」ホーカーズ

    約60の屋台と、約2500の座席数を誇る「ラオパサ・フェスティバル・マーケット」は、シンガポールの金融街のど真ん中にある巨大なホーカーセンター。日が暮れると、道端にサテー屋台が並ぶ「サテーストリート」が出現。観光スポットにも近く、旅行者も入りやすい「ラオパサ」でシンガポールのホーカー文化を体験しよう!

  • 高島屋からラッフルズまで!シンガポール・月餅(ムーンケーキ)狂騒曲

    [更新] 2019年の情報をアップデート 今年2019年の中秋節は、9月13日。 1ヶ月前くらいから、ホテルやデパート、レストランなどの店頭には、色とりどりの月餅が並び始めます。 今回は、「月餅フェア」に初潜入。イマドキの月餅事情と合わせて、お伝えします。 シンガポール最大級!高島屋の月餅フェア ■ 毎年恒例!シンガポール高島屋の「月餅フェア」 オーチャードの高島屋で毎年開催される「ミッドオータム

  • シンガポールに上陸「串カツ田中」日本人サラリーマンのオアシスに

    飲み会文化のないといわれるシンガポール。しかし日本のサラリーマンたるもの、『仕事帰りのちょっと一杯』は嗜みの一つ。シンガポールに初上陸した「串カツ田中」は、大阪伝統の串カツとハイボールが揃う、日本式飲みニケーションに最適の場所。今度の花金に、久しぶりに気の置けない仲間たちと一杯いきませんか?

  • ベトナム料理の人気店「ミセス・フォー」あっさりフォーでデトックス

    油っこいシンガポールのローカルフードばかりで、胃が重い? そう感じたらベトナム料理の出番です。「ミセス・フォー」は、アラブストリートとリトルインディアに2店舗を構える人気のベトナム料理店。クリアなスープに素材の味が染みた絶品フォーで、身体の中からデトックス!

  • 圧巻!シンガポールのゴッサムシティに現れた異次元バー「アトラス」

    シンガポールに、映画『バットマン』に登場する架空の都市「ゴッサム・シティ」と呼ばれている建物があるのを知っていますか?アラブストリート周辺で異質な雰囲気を放つ、この謎めいたビルに夜な夜な集まる人々の目的は?内部には、想像を超える異次元な世界が隠されていました。

  • 絶景!天空のインフィニティプール「マリーナベイサンズ」宿泊記③

    インフィニティプール・ブームの火付け役となったマリーナベイサンズのプール。57階に作られた世界で一番有名なインフィニティプールは、ホテル最大のアトラクションといっても過言ではありません。マリーナベイサンズに宿泊するからには、ゲストだけが入れる天空プールを朝から夜まで100%満喫しちゃいます!

  • アート散歩「Yip Yew Chong」壁画で巡るシンガポール原風景への追憶

    最近シンガポールの街角でよく見かける「壁画アート」。なかでも、シンガポール草創期の原風景を温かみのあるタッチで生き生きと描く「Yip Yew Chong」さんは、最も人気のあるアーティスト。在住者はもちろん、2回目以降のシンガポール旅行に、壁画を巡るアートな街歩きはいかが?

  • シンガポール限定!ファストフードで食べる「ご当地メニュー」大辞典

    シンガポールの建国記念日「ナショナルデー」を控えた7月・8月は、ご当地メニューのシーズン。2019年も多くのファストフード店やチェーン店が、ローカルフードに着想を得た期間限定フレーバーを発表。シンガポールの名物料理が、どのように変貌を遂げたか、日々出会ったご当地メニューを食べては記録していくという自己満足な企画です…。

  • シンガポールの眠らない街ゲイラン !24時間営業の飲茶「旺角点心」

    シンガポールの中心地から少し東に位置する街「ゲイラン」。政府公認の風俗街ということで有名なエリアですが、実は隠れたフードスポット。今回、ゲイラン散策の途中で訪れたのは、24時間営業の「モンコック・ディムサム」。眠らない街に集う人々の胃袋を支える点心専門店で、リーズナブルで美味しい飲茶を満喫します。

  • シンガポール建国54周年!今さら聞けない「ナショナルデー」基本のキ

    8月9日というと、シンガポールでは独立記念日。 初代首相となるリー・クアンユー氏が、マレーシア連邦から正式に分離・独立を宣言したのが、1965年の8月9日。今さら聞けない歴史的背景を織り交ぜながら、「ナショナルデー」2019年の見所・楽しみ方を紹介します。

  • クラブ55のカクテルタイムに潜入「マリーナベイサンズ」ホテル宿泊記②

    マリーナベイサンズの「クラブルーム」以上の宿泊者のみが利用できるラウンジ「クラブ55」。1日3回、朝食、アフタヌーンティー、イブニングカクテルと、時間帯によってラウンジサービスがあるということで、早速潜入。ラウンジの営業時間、室内の様子、食事などの詳細をレポートします!

  • キラキラ!宝石箱に並んだ人気アフタヌーンティー「アンティドート」

    新旧、群雄割拠するシンガポールの「アフタヌーンティー」。中でも、フェアモント1Fにあるラウンジバー「アンティドート」は、予約必須のアフタヌーンティーとして有名。伝統的な3段トレイに代わり、色とりどりのお菓子・軽食を詰め込んだのは、なんと宝石箱!? 女性を虜にする甘いジュエリーボックスを召し上がれ!

  • シンガポールで一度は泊まりたい「マリーナベイサンズ」ホテル宿泊記①

    シンガポールにきたら、『やっぱり一度は泊まりたい』と不動の人気を誇る「マリーナベイサンズ」! マリーナベイの正面にそびえる3棟の柱と、頂上にのった船のような姿が威容を誇る、5つ星の高級ホテルです。 ホテルだけでなく、施設内にはショッピングモール、カジノ、シアターなども併設した複合エンターテインメントスポットとして、毎日たくさんの観光客で賑わっているのは周知のとおり。 2011年の開業以来、もはや単

  • 数量限定「ポッキー × ヤクン・カヤトースト」シンガポール味のコラボ

    緊急速報‼︎ カヤトーストの有名店「ヤクン ・カヤトースト」と、日本のロングセラー菓子がコラボ。シンガポール限定、「カヤトースト」と「コピ・オー」という2つのポッキーが誕生がしました。シンガポールと日本の味が生み出した幻のフレーバーを堪能します。

  • 「リトルインディア」色彩×香り×熱気で感じるシンガポールの異空間

    [更新] マップ追加・改稿 多民族国家シンガポールで、中華系の74%・マレー系の13%につぎ、9%の割合を占めるインド系の人々。 そんな人たちが集まる「リトルインディア」は、シンガポールの中でもひときわ異彩を放つエリア。極彩色の街並みに、サリーやパンジャビ・ドレスで行き交う女性たち、そして、スパイスやジャスミンの香りが、一気にインドへと誘います。 今回、リトルインディア駅から隣のファラーパーク駅ま

  • チャンギ空港ターミナル4プライオリティパス「ブロッサム・ラウンジ」

    現在、シンガポール「チャンギ国際空港」のターミナル4にあるラウンジは2つ。 キャセイパシフィック航空ラウンジ ブロッサム - SATS & プラザプレミアム・ラウンジ 今回は、後者「ブロッサム・ラウンジ」を利用したときのレポートを、お届けします! 利用条件:プライオリティパス対応 ■ プラザプレミアム・ラウンジとは 「ブロッサム・ラウンジ」は、空港ラウンジやホテルなどをチェーン展開している

  • 不思議の国でお茶会を!緑の中の教会レストラン「ホワイト・ラビット」

    オーチャードからタクシーで、10〜15分ほど。デンプシーヒルの森に隠れるように佇む白亜の館。その名も「ホワイト・ラビット」という、ヨーロッパ・キュイジーンのレストラン。白ウサギを追って、不思議の国に迷いこんだアリスのように、「ホワイト・ラビット」に誘われ、中に入ります。

  • 「シンガポール動物園」でするべき5つのコト!半日満喫モデルプラン

    年間190万人が訪れるシンガポールの人気スポット「シンガポール動物園」。 「ナイトサファリ」「リバーサファリ」と並び、シンガポール3大動物園と称される野生動物保護区の一つです。 日没後にオープンする夜の「ナイトサファリ」に対して、昼の「シンガポール動物園」などと紹介されることも多いのですが、ここを普通の動物園だと思ったら大間違い! 今回、朝から、帰りのシャトルバスが出る14時半までを想定した半日モ

カテゴリー一覧
商用