四丁目ベース
読者になる
住所
飛騨市
出身
飛騨市
ハンドル名
グルコサミンさん
ブログタイトル
四丁目ベース
ブログURL
http://4-chomebase.main.jp/
ブログ紹介文
雑食おっさんモデラーのプラモデル製作記とギャラリーです。戦闘機、クルマ、ガンプラなど。
自由文
-
更新頻度(1年)

67回 / 225日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2016/11/29

グルコサミンさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(IN) 27,676位 28,521位 28,703位 31,491位 31,534位 31,533位 31,708位 974,862サイト
INポイント 0 10 10 0 10 10 10 50/週
OUTポイント 0 10 20 0 10 20 10 70/週
PVポイント 920 2,300 1,750 1,920 1,150 1,580 1,540 11,160/週
コレクションブログ 172位 184位 181位 208位 213位 213位 212位 7,341サイト
プラモデル 5位 6位 5位 8位 8位 7位 6位 347サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 44,533位 45,866位 45,914位 48,918位 48,645位 46,010位 49,014位 974,862サイト
INポイント 0 10 10 0 10 10 10 50/週
OUTポイント 0 10 20 0 10 20 10 70/週
PVポイント 920 2,300 1,750 1,920 1,150 1,580 1,540 11,160/週
コレクションブログ 303位 312位 309位 338位 338位 325位 343位 7,341サイト
プラモデル 7位 8位 8位 9位 8位 8位 10位 347サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(PV) 2,389位 2,376位 2,487位 2,453位 2,444位 2,389位 2,437位 974,862サイト
INポイント 0 10 10 0 10 10 10 50/週
OUTポイント 0 10 20 0 10 20 10 70/週
PVポイント 920 2,300 1,750 1,920 1,150 1,580 1,540 11,160/週
コレクションブログ 14位 13位 13位 12位 12位 12位 12位 7,341サイト
プラモデル 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 347サイト

グルコサミンさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、グルコサミンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
グルコサミンさん
ブログタイトル
四丁目ベース
更新頻度
67回 / 225日(平均2.1回/週)
読者になる
四丁目ベース
  • 1/5000 スター・デストロイヤー 完成

    ちょっと間が空きました。 スミ入れまで完了し、残るは組み立てかな、なんて思ってたんですが、なんかもう少しって感じで悩んだ挙句、レンジフードのフィルターを使ったフィルタリングをしてみることに。 百均で調達したフィルターをかぶせて、その上からC101スモークグレーを吹き付けます。 ランダムな感じで色がのります。 最後に付属のブロッケードランナーとミレニアムファルコンも仕上げます。 サフ吹いて、取説通り

  • 1/5000 スター・デストロイヤー その4

    細かく入り組んだパーツがあるため、パーツ単位でスミ入れ拭き取りしてから組み立てるようにします。 エナメルXF-1フラットブラックでスミ入れしてみました。 が、完全に濃すぎですね>< なので、今度はXF-24ダークグレイをシャバシャバにして塗りたくります。 スミ入れ用にシャバシャバにするときはいつもジッポーオイルで薄めてます。 乾燥がチョー速く、プラへのダメージが少ないと思って。 まだ拭き取り前です

  • 1/5000 スター・デストロイヤー その3

    すっかり秋めいて、模活の秋ですね^^ スターデストロイヤーをパチ組みして、島風が完成したところで航空祭モードに入り、プラモ中断しておりました。いやあ、ほんっとにいいもんですねー! 航空祭! スターデストロイヤー、塗装のためにバラしました。 デカイけど、パーツはたったのこれだけ。(電飾絡みは別) 黒立ち上げにします。GX2ウィノーブラックベタ塗りです。 やるかわからないけど、電飾した場合の遮光も兼ね

  • 小松基地航空祭2019 Vol.3

    最後はブルーインパルス編です。 小松基地航空祭2019 Vol.1 アメリカ空軍F-16デモチーム編 小松基地航空祭2019 Vol.2 基地所属機編 午前中は最高の天気だったんですが、午後から雲が増えてきました。 会場から見上げる海側は晴れてたんですが、後ろの山側が今にも降りそうな感じに・・・ 雲行きは怪しいですが、ブルーインパルス始まりました!!! 離陸しスモーク出しながら超低空飛行から一気に

  • 小松基地航空祭2019 Vol.2

    天気予報はいい方向に外れ、顔も腕も真っ赤っかになりながらの小松基地航空祭。 Vol.2は、基地所属の303SQ、306SQ、飛行教導群による、オープニングフライトと機動飛行をまとめました。 F-35Aの配備が進んでいますが、現状の主力機はまだまだこのF-15J/DJでしょう! 小松基地航空祭2019 Vol.1 アメリカ空軍F-16デモチーム編 オープニングフライトが始まりました。 F-15がいっ

  • 小松基地航空祭2019 Vol.1

    2019年9月16日(月)「令和元年航空祭inKOMATSU」 今回の(オレ的)目玉展示はふたつ! ・ブルーインパルス「祝!6機完全復活」 ・アメリカ空軍F-16デモチームによるキチガイ(誉め言葉です)フライト! Vol.1は米軍F-16デモチームと地上展示機等でまとめました。 さて、あいかわらず1週間前から天気予報と毎日にらめっこ・・・ 結局当日は降水確率40%の予報・・・ なんてこったいorz

  • タミヤ 1/700 島風 完成

    初挑戦の艦船モデル。 部品が小さいだけで、数はそれほどでもなかったおかげで、サクッと完成しました。 ギャラリーはこちら。 今回は、初の艦船モデルということで、ディテールアップパーツは使用せず、キットのみ使ってストレート組みで完成させました。 グレーはC32軍艦色(2)を使用。 リノリウムはデカールです。 機銃はC78メタルブラック。 エナメルの黒めに調色したダークグレイでウォッシング&スミ入れ。

  • 1/5000 スター・デストロイヤー その2

    パチ組みレビューその2です。 残すは艦橋のみ。 サクッと行きましょう! 艦橋の基部ですね。 前左右の三面組み立てて・・・ 後部を取り付け、屋根を乗せるとこうなります^^ これだけで劇中に登場しそうなメカです^^ いやあ、こういうカタマリ感たまりませんね! 艦橋と首。 パズルのように上手くスライドさせてはめ込みます。おもしろい。 基部とくっつけます。 うん、イイ^^ 乗せます、乗せます。 ちなみに電

  • 1/5000 スター・デストロイヤー その1

    電飾版はやめて、通常版を買っちゃいました^^ さっそく開封、パチ組みレビューしていきたいと思います。 箱絵にはスーパー・スター・デストロイヤーもいますが、もし同スケールで出たらヤヴァイことになりそうですねwww いつもの近所のエディオンで購入。クーポン等を駆使し5千円程のお買い物でした^^ ビークルモデルも凄かったけど、1/5000ともなるとそのディテールはハンパない!!! 組み立ててからだと、ス

  • タミヤ 1/700 島風 その2

    初ジャンルの艦船プラモ。 新鮮で楽しいですね^^ 初挑戦なのでディテールアップは無しでストレート組みです。 裏側にM2のナットが入るようになってます。 今のところベース作って固定するような予定はないですが、せっかくなので仕込みだけしておきます^^ リノリウム部分はデカールです。 ちなみに艦名の「ゼカマシ」は、説明書によると「使用しません」とのこと・・・ 当時、作戦行動中は艦名は表示しなかったらしい

  • アコードワゴン その4

    島風に浮気しつつ、アコードワゴンも進めてまいりますよ^^ 捨てサフから#600でひと皮剥きました。 このリアハッチとルーフのラインにかなりの段差があります。ルーフ側が低いです。 パテで修正していきますが、結局ハッチ側をゴリゴリ削り調整していきました。 もう一度サフ吹いて、#800のスポンジヤスリで軽く撫でてやりました。 使い始めは荒い気がしますが、少し使うと#1500相当な感じなってきて、サフにツ

  • タミヤ 1/700 島風 その1

    つ、ついに船に手を出してしまった・・・ 限りなくコレクションしてしまいそうなジャンルw 実はイッパツ、1/350大和のエッチングパーツ使ったフルディテールをブチかましてやろうかと思ってましたが、なんせ艦船プラモは初挑戦の超ド初心者^^; おとなしく、まずは小さなヤツから経験を積むことにしました。 正直、艦船に関しては情弱なもんで、「艦これ」で得た知識がすべてです(てへぺろ さっそく近所のエディオン

  • アコードワゴン その3

    またまた当時の写真登場。 分かりづらいと思いますが、正真正銘左ハンドルです。 ワイパーの向きでもわかると思います。 で、このキット、もちろん右ハンドルですね。 このままでいいかw とも思いましたが、なんと! 左ハンドル化に挑戦します!!! なんとなくあたりをつけて、まっすぐな部分はエッチングソーで切断、曲線部分はケガキ針を使ってコツコツ掘り進めます。 なんとか切り出して、左右を入れ替えます^^ エ

  • アコードワゴン その2

    ボディー整えていきます。 サンルーフは埋めてしまいましょう。 サンルーフのパーツを貼り付け、パテを盛っていきます。 乾燥を早めるため&ヒケ防止で薄く、数回に分けて盛りました。 #400の耐水ペーパーで整えていきます。 ルーフレールも不要なので、取付穴を埋めます。 細くしたランナーを突っ込んで、流し込み接着剤付けてギュッと押し込みます。 サンルーフをざっくり処理して、全体に捨てサフ吹きます。 サンル

  • アコードワゴン その1

    さあさあ、歴代の我が愛車を作る「愛車遍歴再現プロジェクト」続けてまいりますよ! 先日MR2が完成し、歴代の愛車8台中(嫁車除く)の4台まで揃いました^^ HCR32 GTS-t TYPE-Mがイマイチのデキなので作り直したいのですが、ネットでざっと探したら4ドアばかりで2ドアのキットが無いですね・・・ 再販待ちですかね。 次は、5代目の愛車CE1アコードワゴンいきます! 昔の写真探してみたんですが

  • MR2(SW20) 完成

    最後の製作記事は2018年3月の記事なので、あれか17ヶ月・・・ 先日、アコードワゴンを見かけて購入したら、「愛車遍歴」製作が再燃しました^^ いくつか良さそうなホイールも一緒に買って眺めていたら、MR2を先にやっつけようという気になり再開! というか、さすがにどこまで作業してたか記憶にないので確認から^^; 当時使おうとしていたホイールは、ND1ロードスターに使ってしまったので、今回はこいつに決

  • 1/48 T-2 ブルーインパルス 完成

    完成しました!!! F-86Fブルーインパルスに続き、メインの塗分けはデカールを使わず塗装に挑戦しました。 100点満点とはいかないまでも、結構いいデキになったと思います。 こういうピカピカのショー専用機のスミ入れにはいつも悩みますが、無いと無いで変だし、やっぱり入れてみました。 ギャラリーもご覧ください。 塗装での塗分け、やっぱり大変でした。 特にサイドから下面へのラインのつながりが、平面図では

  • 1/48 T-2 ブルーインパルス その7

    なんかくっそ暑くてモチベだだ下がりで製作が滞っておりました。 なんだかんだである意味休めない(プラモ作る時間がない)お盆休みも終わり、ようやく再開。 お盆休み以降、全国的に暑さがひと段落したみたいですね。 飛騨の朝は寒いくらいです。 お盆休みのある日の午後、夕立にやられました。 最近全然雨が降っていなかったので油断してました。 窓際からは少し離れたところに置いてあったんですが、横殴りの雨で、結構部

  • 1/48 T-2 ブルーインパルス その6

    我が模型作業部屋は、2階寝室と3階屋根裏部屋(物置)の間の2.5階にあります。 この時期、日中部屋の温度は軽く40度超え>< 一応、ウインドウエアコンはありますが、うるさいわりに冷えないのであまり使ってません。 寝室のエアコンで冷えた空気をサーキュレーターで模型部屋に送ってみたらいい感じ。 朝晩なら作業できる状態です。 前回、間違いに気付いたサイドの塗り分け。 何度もマスキングしながら修正しました

  • ヘッドライトのウレタンクリアー塗装

    2014年にヤフ〇クで購入した社外品のヘッドライト。5年ほどの使用ですね。 純正ほどのコーティングはされていないはずなので、すぐ黄ばむかと思ってましたが、結構がんばってくれてます^^ 黄ばみはまだそれほどでもないですが、ちょっと磨いてウレタンクリアー塗装してやりたいと思います。 写真ではわりとキレイ目に見えますが、白く曇って古さが目立つようになってきてます・・・ #600と#800の耐水ペーパーで

  • 1/48 T-2 ブルーインパルス その5

    さあ、マスキング剥がしていきますよ! 手始めに水平尾翼。 うん、イイ感じです。 垂直尾翼はどうでしょう。 うん、まあまあいいんじゃないでしょうか? 尾翼から胴体への白いラインのつながりがちょっとズレてます。 背中の水色の塗り分けもビミョーな感じですね。 まず、第一段階としてはこんな感じです。 機首先端側、機首おなか側、日の丸のまわりの濃い青を追加していきます。 で、現状、こんな感じになってます。

  • 2019伏木富山港「かが」

    富山県高岡市の伏木富山港に「かが」を観に行きました。 「かが」を観るのは2回目になります。 初見の時と比べるとやはりインパクトは薄いですが、その大きさにはあいかわらず圧倒されます。 デカイ!!! 艦これ娘たちはまるで公式キャラのように当たり前に登場しますw さっそく乗艦です! 「加賀」と「かが」 「加賀」の情報は艦これのWikiからって書いてあるwwwww どんだけw 一部のファンの心鷲づかみのア

  • 1/48 T-2 ブルーインパルス その4

    ブルーの塗装開始です! まずはC323ライトブルー塗っていきます。 マスキング面積が大きい&曲面だと、どうしてもテープが浮いたりして境界線がぼけたり滲んだりすることがあります。 その境界線の滲み防止に、まず最初にクリアー吹いてます。 なにもしなければ水色が滲んでいたはずの場所にクリアーを先に滲ませるという作戦です。 FBではクリアーの代わりに「ベースの色を吹いておくといい」という情報もいただきまし

  • 1/48 T-2 ブルーインパルス その3

    胴体の下処理も進み、主翼の取り付けに入ります。 パイロン用の穴を開け、貼り合わせた隙間などを処理し、いよいよ胴体に接着。 合わせ目を処理したらサフ吹いてスポンジヤスリの#1200でサッとひと撫で。 C316を吹きました。 使用するブルーは、過去の経験上、わりと隠ぺい力が強いイメージなので、完全に全体が発色するほどは吹きませんでした。 「白が残る部分」を中心に発色させてます。 そう、F-86Fに続き

  • 1/48 T-2 ブルーインパルス その2

    某SNSで「ミリタリー(戦争の兵器)模型に対するコメントは人命の尊さに配慮しよう」という話題で荒れました。 スレ主さんの書き方が抽象的だったのもあると思いますが、 「人殺しの道具の模型を作る人は人命尊重を心において製作しろ」と極端解釈した人が多かったからでしょうか、 「カーモデルだって自動車事故で・・・」 「ガンダムだって戦争だ・・・」 「そんなこと言ったら何も作れなくなる」と、荒れたわけです。

  • 1/48 T-2 ブルーインパルス その1

    ハセガワの再販1/48 T-2 ブルーインパルスを購入しました。 昨年製作した「1/48 F-86F」と並べたいのです! F-86F 製作記 F-86F ギャラリー もちろん、T-4も買いましたよ^^ 次作ります^^ (予定は未定w) 航空祭に足を運ぶようになって十数年ですが、初めて観たブルーインパルスはすでにT-4でした。 F-86Fはもちろんですが、T-2もナマで飛ぶ姿は観たことはありません。

  • 1/72 F-104J スターファイター 完成

    特に何かするわけでもなく、サクッとストレート組み塗装で完成です。 「栄光」またの名を「三菱鉛筆」 チョーカッコイイ「F-104J」です。 つや消しクリアー後に、いつものようにグランドブラウンでウェザリングして、簡単フィニッシュちっくに。 F-104J、大好きな機体ですが、資料本などは持ってなく、考証はほぼネット情報のみ。 まあ、雰囲気重視です。 ギャラリーはこちら いつかは資料もそろえて1/48で

  • 1/72 F-104J スターファイター その3

    見れば見るほど翼の比率がアレで、不思議なスタイルのヒコーキですよね。 まさに「三菱鉛筆」w でも、大好きなF-4の次くらいに好きな機体なんですよ^^ ということで、順調に作業進めてます。 ツヤありトップコート後、XF-24ダークグレイでスミ入れ。 乾燥したらデカール貼りです。 今回は#635を作っていくので部隊マークの機番部分を入れ替えます。 #539を切り離し#635に。ちょっと「5」が欠けた>

  • F-104J スターファイター その2

    このF-104、実売1,000円以下で買える良キットだと思います。 航空自衛隊とカナダ国防軍のかなりのバリエーションが作れます。 今回選んだのは、空自207SQの#635。 詳しくはわかりませんが、1984年の戦技競技会参加機のようです。 少し放置気味でしたが、"白龍"完成の勢いでサクッと仕上げてしまおうと思います。 おしり周りのリベットのモールドの浅い所はケガキ針でツンツン修

カテゴリー一覧
商用