KITAHOのデジカメ散歩
住所
青葉区
出身
ハンドル名
KITAHOさん
ブログタイトル
KITAHOのデジカメ散歩
ブログURL
http://kitaho321.blog25.fc2.com/
ブログ紹介文
山野草 原種バラ 山里生活 甲斐駒ヶ岳 ガーデニング 八ヶ岳南麓 秘密基地 一眼レフ
自由文
横浜と八ヶ岳南麓での2地域居住をしています。好奇心を誘うものや山野草、ガーデニングが大好きで、デジカメ片手に歩き回っています。
更新頻度(1年)

605回 / 270日(平均15.7回/週)

ブログ村参加:2015/04/01

KITAHOさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(IN) 46,075位 45,827位 45,340位 45,096位 38,023位 37,708位 37,632位 969,402サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 1,524位 1,536位 1,550位 1,525位 1,270位 1,275位 1,270位 32,828サイト
植物・花写真 87位 86位 90位 87位 73位 74位 75位 1,523サイト
自転車ブログ 597位 601位 598位 592位 555位 551位 547位 9,568サイト
ロードバイク 255位 258位 252位 252位 229位 221位 220位 3,842サイト
ライフスタイルブログ 3,834位 3,857位 3,842位 3,834位 3,486位 3,477位 3,488位 65,676サイト
スローライフ 34位 35位 36位 37位 33位 34位 35位 1,381サイト
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 61,323位 53,666位 54,077位 53,838位 46,933位 42,090位 34,230位 969,402サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 1,686位 1,408位 1,452位 1,435位 1,218位 1,080位 794位 32,828サイト
植物・花写真 71位 58位 58位 55位 45位 43位 22位 1,523サイト
自転車ブログ 1,111位 977位 1,035位 1,041位 947位 894位 765位 9,568サイト
ロードバイク 439位 390位 409位 421位 378位 353位 313位 3,842サイト
ライフスタイルブログ 5,679位 5,013位 5,129位 5,267位 4,627位 4,306位 3,745位 65,676サイト
スローライフ 55位 48位 50位 52位 45位 43位 30位 1,381サイト
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,402サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,828サイト
植物・花写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,523サイト
自転車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,568サイト
ロードバイク 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,842サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65,676サイト
スローライフ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,381サイト

KITAHOさんのブログ記事

  • シュウメイギクのダイアナの開花。

     植物は本当に季節の移り変わりをよく知っています。赤とんぼなど秋の気配がうっすらとし出している秘密基地の庭。 シュウメイギクも開花し出しました。季節は紛れもなく秋へと移り出しましたね。キンポウゲ科のシュウメイギク ダイアナ(Anemone hupehensis 'Diana')の不揃いな花弁の形と、不揃いの花弁の彩りが、アバウトすぎて好きです。 几帳面なような5弁花と違って、余りにも不揃いな5弁花。不思議な魅力があります・・...

  • トンボの姿が、急に増えてきましたね。

     異常とも思える高温が続きます。しかし、朝夕の気温に秋の気配が漂ってきているのがわかります。 日中は、耐えられないような暑さと、肌に食い込むような紫外線。 そんな中に、トンボの姿を目にするようになりました。秋風吹く中の、トンボの姿は秋の実感が出来るようです。 秘密基地の庭に、赤とんぼの姿が。じ~っと、ホトトギスの葉に止まっているのを見つけました。■赤とんぼ( Sympetrum sanguineum)の姿に、秋の気配が...

  • 萩の江戸絞りが可愛くて・・・・。

     江戸絞りという萩の選別個体。たくさん開花していきますと、煩く感じてしまいますが、個々の小さな花弁を見ていますと、とても美しく、秘密基地では小さめに栽培しています。 毎年、花の終わる晩秋には根元からバッサリです。それでも、翌年には1m位の枝を伸ばしてきますので、とても良い感じに、落ち着いています。■萩・・・江戸絞り...

  • Cardinal Flower の鮮やかな赤に惹かれます。

     Cardinal Flower・・・キキョウ科のベニバナサワギキョウです。 4年ほど前に、知り合いからアメリカのお土産として、種を頂き、種からの栽培に着手しました。発芽までに2年・・そして翌年に開花、株分けも出来、今年の開花は見事となりました。 株分けしたものからも花穂が上がり、朱色の花弁はとても目を惹く存在となりました。■キキョウ科のベニバナサワギキョウです。...

  • センニンソウが可愛く、開花しています。

     横浜から持ち込んだ『キンポウゲ科のセンニンソウ』がたくさんの花を付けています。秘密基地の庭の溶け込むように、自然体の格好です。 前回はボタンヅルの画像のアップをしましたが、センニンソウとの違いが葉の形。どうぞ、見比べてください。 両方とも、クレマチスの原種なのですが、終盤の種飛ばしの格好・・・・・、センニンソウの、仙人の髭のような格好が好きですね。両者とも、これから秋にかけての姿が待ち遠しいもの...

  • カラス葉ミセバヤの開花。

     今日から秘密基地。八ヶ岳南麓のお盆休みは、いつも大変な混み方。 もう食事をしようとするなら、長い行列を覚悟しなければいけません。そんな喧騒を避け、いつもながらお盆後に秘密基地滞在をもくろんでいます。 高速も比較的、順調に流れ、午前9時半には甲府の32℃に驚きながら、秘密基地に入りました。秘密基地は26℃、それでも日差しの強さから、汗の出る暑さです。 庭を見て回りますと、カラス葉ミセバヤの開花を確認。ボ...

  • KINZLEの振り子時計、ちゃんと動いています。

     キンツレ(KINZLE)の振り子時計、二度の修理に出して、まだまだ健在。 この振り子時計、友人たちにプレゼントして頂いたもので、もう30年以上も動いています。さすがのドイツのキンツレ(KINZLE)ですが、完全な機械式時計ではなく、クオーツのムーブメントを使ったものです。 二度の接触不良(経年劣化)による不調も、基板のメンテによって、生き返っています。この振り子時計、友人たちの思いも含め、どうしても廃棄処分...

  • うかつに手を出せないアメリカオニアザミ。

     するどいトゲを持った植物・・アメリカオニアザミ(Cirsium vulgare)。うかつに手を出すことが出来ません。 繁殖力が旺盛で、環境省から『要注意外来生物』に指定されているものの退治しようという気にさせません。トゲの鋭さで、気が引けてしまいます。 しかし、その花の彩りが美しく、シャッターを切りたくもなります。 いつもの散歩道・歩道の脇に大きく育ったアメリカオニアザミがありますが、誰一人立ち向かおうという...

  • Cranberry の収穫間近。

     今年のCranberryは、たくさんの果実を付けています。今まで、雨の多かったこともあり、水不足とはならず、順調な生育をしています。 気になっていた、高温時のCranberryの生育も、なんとか行きそうな感じとなってきています。。。ね。先日までのグリーンの果実から、ほんのりと、赤く色づいて来ました。 来月早々には、収穫できそうです。 早速、ウチの奥さんから、今年のCranberry Jamのリクエストが来ました。 はい・はい...

  • Paph 原種一代交配のピンクが美しく。Paphiopedilum Magic Lantern  マジックランタン

     Paphiopedilum Magic Lantern  パフィオペディラム マジックランタンの美しいピンクが健在。 ウチの温室で、実生栽培です。もう何年も、VIP席にいます。 毎年、7月から8月にかけ開花してくれ、そのクマガイソウに似たリップの彩りは素敵そのものです。■Paphiopedilum Magic Lantern  マジックランタン 美しいピンク 雲南省で発見されたPaph micranthumとベトナムの高地で発見されたPaph delenatiiとの交配...

  • コピシング(coppicing)のチャレンジ・・・アカネ科のLuculia 。

      アカネ科のLuculia ・・・アッサムニオイサクラの小さな挿し木苗を清里の友人から頂きました。無事に冬を越え、2枚だった葉も10枚ほどに増えました。 そこで、一つのチャレンジに手を出しました。イギリスで、結構盛んなガーデニングの手法・・・コピシング(coppicing)というテクニックです。木を地面の近くまで、切り戻すこと・・・切る位置は、伸ばしたい枝の芽を2~3個残した上の辺りです。  アッサムニオイサクラは20c...

  • チビちゃんの消しゴムの匂い。。。Asparagus densiflorus 'Sprengeri'。

     チビちゃんの消しゴムの匂いがするアスパラガスの花が開花です。匂いはココナツの甘い香りそのものです。 アスパラガスというと、新芽を食べる野菜ですが、このアスパラガスは、ユーラシア大陸やアフリカ大陸と周辺の島々に約120種が自生しているキジカクシ科のAsparagus densiflorus 'Sprengeri' アスパラガス スプレンゲリーです。 別名がスギノハカズラと言って、葉が杉の木のものとそっくり。葉が堅く、とげとげしい感じ...

  • オクラの花の魅力・・・

     今、オクラの花が美しい彩りを見せています。特に、花心部に彩られるベルベット状にみえる濃茶色、ベージュの色合いとのコントラストがお気に入り。■オクラの花の魅力...

  • 甘く、どこか山百合に似た香りが漂います・・・クサギの花。

     甘く、どこか山百合に似た香りが漂います。スイカズラのようでもあります・・・ね。爽やかと言うよりは、どことなく、妖艶な感じ。 しかし、私にとって嫌な香りではありません。シソ科のクサギ(臭木、Clerodendrum trichotomum)です。 暑さの身にしみる昼下がりでのこの香りは、むっとするようで、頂けません。早朝の爽やかな風の中では、好感が持てます。 小さな白花が、しべをピンと跳ね上げた格好が好きで、ついつい魅入...

  • パンパスグラスに花穂が上がってきました。

     家の近くのパンパスグラス(Cortaderia selloana)、だいぶ大型になり、ダイナミックな姿を見せています。 遠く離れた秘密基地のパンパスグラスにも思いを馳せてしまいます。 このパンパスグラスに負けないくらいのダイナミックな姿を見せるはずです。お盆明けに、秘密基地に入る予定ですので、これも一つに楽しみです。 秘密基地のパンパスグラスは一番、目に出来る法面上部に植え込まれ、シンボルグラスとなってきています...

  • 古代蓮の花は・・・終盤でしょうか?

     古代蓮(大賀ハス)の透明感のあるピンク色は素敵で、毎年、7月の下旬頃には、早起きし、見に行っていましたが、今年はその機会を失っていました。 今朝、家から30分の所に、古代蓮の田圃がありますので、ピンクの花弁に会いに行ってきました。 花数も少なく、もう終盤のような雰囲気です。それでも美しいピンク色は、素敵な佇まいを見せています。 水平光線のような朝陽に照らし出されたピンクの花弁は、透明感がさらに増し...

  • 明日も暑い日になるのでしょうね。(>_

     日の落ちる頃合いを見計らって、ウチの奥さんと散歩してきました。意外に・・・吹く風が爽やかで、気持ちの良い散歩となりました。 しかし、やはり気温が高め、家に帰る頃には、二人とも大汗状態です。 こんな中、西の空には夕焼けが、明日の暑さを物語っているようでした。■明日の暑さを物語るような夕焼け    明日も暑い日になりそうですね。  暑さにめげず・・・・・頑張りたいです。...

  • 暑いけど・・・ヒマワリが良いです。

     暑さを代表するようなヒマワリ。見ているだけで、暑さが倍増するような感じですが、不思議と好感が持てます。 暑いけど・・・ヒマワリが良いんです。■ヒマワリの美しさ。...

  • スマホのカメラにびっくり・・・Galaxy S10。

     スマホの進化には驚きを隠し得ません。昨日、スマホをGalaxy S10 SC-03L Prism Blueにしました。 画面の美しさ・・・6.1インチ Dynamic AMOLED(有機EL)には惹きつけられ、有機ELのすごさに圧倒されました。有機ELのお陰で、スマホの薄さ、凄すぎです。そして・・・スマホのカメラです。3台編成です。【紹介文より・・・】-------------------------------------------------------------------------------------------望遠カ...

  • たった一輪だけの開花・・・Indonesiaの原種ラン(Sp)

     たった一輪だけの原種ランの開花がありました。 数年前に、Indonesia から入ってきた名無しのDendrobium原種ランです。未だに、ランの世界に限らず、名無しのものというのは、たくさんあります。それだけ未知のものが世界の彼方此方に存在していると言うことで、好奇心が駆り立てられるものです。 このDendrobium原種ラン(Indonesia Sp)は気まぐれのように開花していますが、今回はたった一輪だけの開花です。それでも、こ...

  • 東南アジアのランとニューギニアのランの交配。Den.miyakei×Den.smiliae

     ピンクと白・・・そしてグリーンの彩りが美しい東南アジアのランとニューギニアのランの一代交配です。この暑い最中、よくぞ開花してくれました。 Dendrobium smiliaeが大型タイプなので、これも1m位の大きなものです。■Den.miyakei×Den.smiliae(Den. goldschumidtianum(=miyakei) × smilliae ) この暑い盛りの中、よくも開花してくれました。さすがユーギニアの低地産 Dendrobium smiliaeの交配です。■ニューギニアのも...

  • 暑苦しい夜半に・・・・妖艶(ようえん)な姿・カラスウリ。

     今日も暑苦しい気温の中、何とか生きています。   八ヶ岳南麓から横浜に戻りました。余りの暑さに、もう既に敗北宣言。ウチの奥さんから馬鹿にされています。八ヶ岳南麓で、平々凡々に暮らしていたから、横浜の暑さに耐えられないんだぁ・・・と。 こんな暑さ、どこに居ても、閉口するに決まっていますよね。 ちょっと気分転換に、少し涼しくなった夜半、妖艶なカラスウリの姿を見ようと、出かけてみました。あのレース模様...

  • Bergamot は、赤色が似合います。

     北アメリカ原産のシソ科の多年草、Bergamot は松明花(たいまつばな)と言われだけあって、赤色が似合います。この暑い盛り、赤色の花は、ちょっとという気分にもなりますが・・・・、やはり、松明花は赤色が良いです。■松明花(たいまつばな)・・・Bergamot モナルダは赤色が似合います。...

  • いよいよヤマジノホトトギスの出番です。

     秘密基地の庭のホトトギス、いよいよ顔を出してきました。その一番手が『ヤマジノホトトギス』です。 地味な花なんですが、その造型と、なんとも、その白と濃紫色の模様が面白く、見飽きさせません。 真夏の暑い中、どこか遠くに秋の気配を感じさせてもらえます・・・ね。■ヤマジノホトトギスの出番...

  • 暑い日には・・・すだち蕎麦で、爽やかに。

     秘密基地近くに『すだち蕎麦』を食べさせて頂けるところがあります。 ここ最近の暴力的な暑さには閉口しています。 甲府などでは37℃を・・・・もういけませんよね。露出部分はぴりぴりとします。冷房の効いたところに、逃げ込みたくなります。 秘密基地でも、温度計は30℃を示しています。そんな時のお昼には、すだち蕎麦でさっぱり、爽やかに。。。。。 お店で順番に並ぶのには、閉口です。一番乗りを目指し、11時に・・・・...

  • 繊細な花・・・シデシャジン。

     キキョウ科のシデシャジン(四手沙参)が美しい彩りで、姿を見せています。花弁が細く、繊細そのものです。 しかし、いっぱいの花を付けますと、煩く感じ、どうもいけません。数輪の花を見るなら、素敵と思えるのですが・・・・・ねぇ。 シデ・・・四手・・・注連(しめ)縄などに付ける半紙で作った白い短冊のようなもの。シャジン・・・沙参・・・ツリガネニンジンの根っこ。 これらに似ていることからのネーミングとか? ...

  • ホスタ・長大銀葉に花が・・・・。

     ギボウシ(ホスタ)に花が付くようになりました。名無しの自生種のギボウシ、藤色の爽やかな花を付け始めました。 秘密基地自慢のホスタ・長大銀葉、超巨大なホスタも元気です。今となっては古典的なホスタで、目にすることも少なくなりました。 この長銀葉は、秘密基地近くの園芸店からのプレゼント(おまけ)のものです。裸根で、4本ぐらいの株でした。 無造作に山野草エリアに植え込み、年々、大きくなっていく姿にびっく...

  • クレマチスの原種・ボタンヅルの開花。

     秘密基地周辺は、ちょうどキンポウゲ科のボタンヅルとセンニンソウの自生が見られるところです。ボタンヅルは標高の高いところに自生が確認できます。 特に清里周辺から野辺山辺り1200mラインまで確認できます。センニンソウは横浜辺りの低地の雑木林の縁によく見られます。 ボタンヅルの開花が早く、ちょっとびっくり。■キンポウゲ科 ボタンヅルの開花(葉がボタンにそっくりです・・・・そんなところからのネーミング。)...

  • クサボタン可愛い姿が・・・・。

     キンポウゲ科のクサボタン(Clematis stans Siebold et Zucc)、1mほどにもなる草丈の中に、ちょこんとブルーの小花をいくつも付けます。 そのちょこんと先端部分がカールした、ブルーの花の可愛いこと。しかしそのカールした花弁の様なものは、萼片というので、さらに驚きます。 このクサボタン、やはり・・・・話の種にもってこいのものですね。■可愛いクサボタン(草牡丹)...

  • 豪華なベニスジヤマユリ。

     ヤマユリの変種と言われている『ベニスジヤマユリ』。一輪だけの開花でも豪華そのもの。 それが何輪もの開花になれば、その付近が華やかで、豪華そのもの。■ベニスジヤマユリの開花。...