chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
モーツァルトな走りで http://rikiyasu.blog.fc2.com/

50台後半からロードバイクを始め,今や還暦過ぎライダー。森の中を走るのが大好き。

リキ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2013/01/31

1件〜100件

  • 五僧峠を走る (1)

    9月24日,五僧峠を走ってきました。知る人ぞ知る,秘境,悪路の峠です。岐阜県の上石津町から滋賀県の多賀へ抜ける道にあります。普通のロードバイクで行くのはちょっとためらう道ですが,いちおうタイヤはグラベルキングをはいているので,何とかなります。みっちゃん・トモちゃん夫妻が計画,林道好きのダーシオ,A立さんとぼくの5人です。集合・出発は水嶺湖。上石津町の集落を抜けて山道へ。秋らしい風景の細道を走ります。...

  • 新城の彼岸花 2022 (3)

    美味しいお肉をいただき,心地よい満腹感とともに走り出します。店の外へ出ると小さな川が流れていて,ヒガンバナがまあまあ咲いていました。まだまだツボミが多いですが,土手の草がきれいに刈られていてとてもきれいです。緑と赤は補色関係で,その対比がとても鮮やかです。「向こう側に行ってみようか」と,対岸の未舗装路へ。よさそうなところを見つけてはあちこちへ入りこめる自転車の機動力と趣味の合う仲間がうれしいです。...

  • 新城の彼岸花 2022 (2)

    9月21日。新城の彼岸花を見に行くサイクリングのつづき。寒狭川から支流の巴川沿いへ入ります。昨年ひとりで走ったときには,いろんなところに彼岸花が咲き乱れ,いくつも見事なポイントがありました。そこへ案内しようというわけです。ああ,でも…,今年は全然咲いていませんでした。咲いているのはちらほら程度で,あとはツボミです。昨年よりも開花が遅れているようです。そこで,気分を変えて,栗拾い。この近くには,川の土...

  • 新城の彼岸花 2022 (1)

    9月21日。新城の彼岸花を見に行くサイクリング。本当は一週間前に行く予定だったけれど,いろんな都合でこの日に。昨年は,この時期すでに終わりかけでしたが,今回は事前情報からしてもけっこうよさそうな気がしていました。半年ぶりの楓さんとの二人ライド。気の合う仲間なので,とっても気楽です。といっても,昨年ヒガンバナが見事だったポイントをつないでコースを考えました。せっかくだから楽しんでもらわないとね。出発し...

  • ヒガンバナ探し (2)

    9月18日。この日のは本来ならば Women's 100 本番の日。台風襲来のため延期となりました。予報では岡崎方面は一日雨のようですが,うちの近所は曇り予報。空を見上げると,ところどころ青空も見えていて,なんだか走れそうです。ということで,早朝から走りに出ました。向かったのは定光寺方面。定光寺公園近くに光芒がきれいに見える場所があります。雨上がりだと霧が出ることもあり,今日はチャンスだなと思いました。加えて,...

  • ヒガンバナ探し (1)

    9月16日。この日の午後,いつも走る小牧から犬山にかけての田園地帯へ彼岸花探しに出かけました。慣れ親しんだ地域の風景,そこにとけこんだヒガンバナが見つけられたらいいなと思ったのです。残念なことに,このあたりの田んぼの畦にはほとんどヒガンバナがありませんでした。うすうす感じてはいましたが,ああやっぱりという感じです。このあたりでヒガンバナが見られるのは廃屋の周辺や,草むらの中。忘れられた場所です。おそ...

  • 哲学するサイクリング (下)

    稗田川へ彼岸花を見に行ったサイクリングの続き。色とりどりの彼岸花を楽しんだあとは,どこへ行くのか知らされていないぼくたちは,ハマさんの後を着いていきます。すると,細い道に入り,ついたところは和風の広い庭園のある場所でした。ここでお抹茶とお菓子がいただけるとのこと。平日だからなのか,ほかのお客さんはいません。部屋から見える緑の庭がすてきです。お菓子を選んでお代を支払うのですが,その値段にびっくり。こ...

  • 哲学するサイクリング (上)

    9月14日。以前から見たかった稗田川 (ひえだがわ) の彼岸花を見に行きました。知多半島の付け根近くにある高浜市です。ここは赤以外の彼岸花が植えられているちょっと変わったところです。黄色やピンクなど,彼岸花のイメージにはない色合いが珍しいので,一度見に行ってみたかったのです。ところが,ここは早咲きで,「そろそろ彼岸花の季節だな」 というころには終わってしまうので,毎年行きそびれてしまうということが続い...

  • 秋を探しに

    9月10日。秋晴れのような,まだまだ夏空のような青空。空だけ見ていると爽やかだけれど,まだまだ暑い。たまらず,森の中の道を選ぶ。木陰に入れば秋だ。そして,足下にも秋。犬山の桃畑の中を走ると,今年初の彼岸花と出会った。咲いていたのは一本だけ。たまたま背景に秋らしい雲を入れることができたけれど,まだまだ入道雲もそこここに見える。彼岸花は,日向でもきれいに見えるし,日陰でもまたべつの魅力を見せてくれる。Sp...

  • いなべの赤米

    9月4日のことを書いた記事です。三重県にある 「いなべ市」 はよく走る地域の一つです。それで Facebook にはよく いなべ観光協会の情報がよく入ってきます。先日,その中に興味深い情報がありました。「赤米」 を植えた田んぼが赤く染まっていて見頃だというのです。「赤米」 はイネの古い品種で,たんぼアートに使われることもありますが,ここではその品種だけを植えた田んぼがきれいだということでした。たまたま翌日は仕事...

  • 笑顔を味わうカフェ

    9月に入ってもお天気が不安定で,それでいて暑い日が続いていますね。9月からまた仕事に出ることになりました。走りに出られる日が減った上に天気が不安ですから,すきまをねらってサッと走りに出て早々に帰ってくるという走り方です。この日は,午前中の雲のすきまをついて,いつも走りに出る小牧から犬山への地域へ。もちろん市街地は走らず田舎道を走ります。小牧と犬山の間に広がる田園地帯はよく走るお気に入りの地域。別に...

  • 70歳 お祝いライド 後編

    カフェでモーニングをいただいたあと,近くにある滝を見に行きました。地元に人には比較的よく知られた滝のようです。牛の滝。水量も多く,りっぱな滝ですが,こんな滝があるとは思われないような場所にあるのがおもしろいです。ここからは,長篠合戦城跡が広がる地域の細い道をつないで走りました。用水路沿いや,集落の中を抜ける細い道。運動公園の近くまで来て,3人とも行ったことがないという猿橋にご案内。こんなところに橋...

  • 70歳 お祝いライド 前編

    ロードバイクに乗り始めたころからのお付き合いである先輩サイクリスト,チャップリンさんがこの夏,70歳を迎えられました。そのお祝いライド。チャップリンさんのホームコースである新城を走ります。いつもチャップリンさんと走っているS上さんとボスさんもいっしょに走ってくれることになりました。ライド前に,三人からキャップをプレゼントしました。キャップと言えば,縁 - enishi - Hand Made CycleCap。お友だちでもある縁...

  • 仕事と遊びと夢と

    自転車仲間の楓さんがカフェを始めました。岡崎の 「27cafe」(ニナカフェ) というお店です。近くで開かれている 「二七市」(ふないち) にちなんで,2と7のつく日だけの営業です。ご近所の人(おもにご高齢の方)の居場所として,自転車仲間のよりどころとして,もうひとつは,自分の夢の場所として,カフェを始めることにしたそうです。楓さんは公園でのラジオ体操を主宰していますが,底に集まってくる高齢者の方が気楽に立...

  • どんな道を選ぶか

    前回の Women's 100 の試走の十日後,3回目の試走に行きした。(ぼくは2回目の試走には参加できませんでした)今回は岡崎を出発。前回とはまったくちがったコースです。今回の試走コースは,ほぼ本番コースになりそうなので,くわしくは書けません。岡崎市内から郊外ののんびりした道へと入ります。コースを引いたマミちゃんの好みがはっきり出ている道です。林道風の道が多く,暑い季節にもありがたいです。森の中の細い道は楽...

  • 奥矢作から小渡へ

    旧伊世賀美隧道がピークと思いこんでいましたが,奥矢作に抜けるためにはさらに登る必要がありました。でも不思議なもので,少し休んだせいか,車が来ない雰囲気のいい林道であるせいか,楽しく登れました。ここから奥矢作までの下りが最高でした。路面はときおり危ないところもありましたが,しっとりぬれた杉林の中を下っていくのは爽快。路面の苔もふくめて,視界の多くを緑色が占める道は本当に気持ちがいいです。空が明るくな...

  • 今年もこのイベントのお手伝い

    今年も Rapha のイベント,Women's 100 の季節がやってきました。女性メンバーを募って 100km を楽しく走破するというイベントです。今年は三河の山間部を走る予定で,若いマミちゃんがライドリーダーです。一人で10人ほどの参加者をリードするのはたいへんですから,サポートライダーやサポートカーの支援を受けます。RCC (Rapha Cycling Club) のメンバーがそれらのサポートに入ります。ぼくは女性ではありませんが,撮影班と...

  • 晴れよりも曇り?

    おかしな天気が続いています。夏らしい日は続かず,自転車乗りにとっては 「降るのか降らないのかはっきりしろ」 と叫びたくなるようなお天気ばかり。天気予報も難しいのでしょう,まるっきり当てになりません。予報には出てこない,小さいくせにけっこう激しい雨雲にも困ります。そんなこともあって,この夏は早朝に少しだけ走るパターンが定着してきました。曇り空はこの後のお天気が心配だけれど,朝焼けの色が雲に広がってきれ...

  • 次につながるもの

    長々と阿蘇・九重サイクリングのことを書いてきました。2泊3日の楽しい旅は,いまだにその余韻に浸れるほどです。写真を整理して,地図を見ながら文章を書き,ブログ記事にする,Facebook やインスタグラムに投稿するということはふだんからやっていますが,こういう作業で旅の記憶はより鮮明になっていきます。ぼくが写真を撮ったり,文章を書いたりするのが好きなのは,楽しさをもう一度味わい,人や自然への愛を深められるか...

  • 阿蘇・九重の旅 3日目 (2)

    阿蘇・九重ツーリング 最終日この日はもともと博多での観光にあてる計画でしたが,ペダルさんが「阿蘇成分が足りない」と判断して,急遽,阿蘇山の中心部,中岳火口周辺を走る計画を立ててくれました。道の駅阿蘇には,この周辺のサイクリングに精通する 「コルナゴ部長」 という方がいらっしゃるので,そこへ相談。草千里駐車場まで車で移動して山上サイクリングを楽しむことになりました。車での移動もいい道でした。牧野に放た...

  • 阿蘇・九重の旅 3日目 (1)

    阿蘇・九重ツーリング 3日目 朝2日目が終わり,かなり疲れて宿へ移動しましたが,途中で思わずみんなから 「おお~!」 という声の上がった景色がありました。それは,小国 (おぐに) にある小さな里でした。「北里」 という北里柴三郎記念館のある里から,次の里に入ったところ。小さな棚田があり,周囲の山と山を結ぶように美しいアーチ橋があったのです。これは,ぜひあとで見に来たいと思いました。この日の宿 「しらはな...

  • 阿蘇・九重の旅 2日目

    阿蘇・九重ツーリング 2日目2日目の朝はあんころ餅から始まりました。実はこれ,1日目,宿に入ったときに,ウェルカム菓子として部屋に置かれていたんです。でも,すぐに夕食ということで食べずにいました。あとで食べるつもりだったんですが,夕食後は満腹すぎてとても食べられませんでした。翌朝,同室のツッチーが,「せっかくだから,いただきますか」というので,二人して食べました。これが美味かったんです。三つ食べて...

  • 阿蘇・九重の旅 1日目 (2)

    阿蘇・九重ツーリング 1日目のつづき。ぼくらが登った外輪山をうねうねと登って行くコースは,「小嵐山(しょうらんざん)」 と呼ばれているそうです。京都の嵐山に似ているということですが,嵐山を知らないのでなんともいえませんが…。きつい勾配の森を抜けると牧野の広がるすばらしいところへ出ました。こういう山道は初めてです。ピーク近くからの眺望も見事でした。周囲にあるものはほぼ草だけ。若草色だけに囲まれるという...

  • 阿蘇・九重の旅 1日目 (1)

    今回の旅は,ペダルさんが企画立案から,ルート作成,レンタカーや宿の手配,会計などのすべてをしてくださいました。おんぶにだっことはまさにこのことで,本当にお世話になりました。と,記事に最後に書くはずのことですが,記事が長くなりそうなので最初に記して,感謝を伝えたいと思います。さて,集合場所の博多駅からはレンタカー(ハイエース)2台に分乗して阿蘇へ向かいました。1日目は道の駅阿蘇の近くにある宿 「宿坊あ...

  • 初めての飛行機輪行

    「輪行 (りんこう 」 というのは,自転車を交通機関に載せて運び,行った先で自転車に乗るという旅の方法を言います。列車での輪行は,車輪を外した自転車を 「輪行バッグ」 とよばれるナイロンの大きな袋に入れて担ぎ,列車に乗り込みます。カーボン製のロードバイクは軽く,分解も簡単なので便利です。列車での輪行が普通ですが,今回は初めて飛行機輪行をしました。阿蘇山周辺のサイクリングに参加することにしたのですが,集...

  • 板取川同窓会ライド

    神崎川沿いを走った翌日は,板取川。こちらも美濃を代表する美しい川です。この日は,恒例になりつつあるバーベキューライドです。今年は懐かしいメンバーがそろうとのことで,楽しみにしていました。十年前,走り始めたころによくいっしょに走っていた仲間ですから,同窓会のようなものです。美濃市の観光駐車場集合ですが,少し早く着いてしまったため,卯建の上がる町並みを散歩しました。7時になって駐車場へ行くと,懐かしい...

  • ラムネ瓶の色に会いに行く (下)

    7月23日。武儀川水系を走る。つづき。川岸に降りて写真を撮ってばかりで,なかなか進みません。早めの時間に出発してよかった。トモちゃんは生きものが気になるようで,しゃがみ込んで川の中をのぞき込んでいます。そのあと,葉っぱの上にあったヤゴの抜け殻も見つけました。「ほら,そこ」 と言われてもぼくにはしばらくの間,見つかりませんでした。やはり,関心の高いものはスッと目に入るものですね。同じ道を走っていても,そ...

  • ラムネ瓶の色に会いに行く (上)

    7月23日。武儀川水系を走る。昨年計画するも流れてしまった,みっちゃん,ともちゃんとのライドです。夏は涼しいところを走りたいということで,大好きな武儀川,神崎川,円原川沿いを案内します。青空が見えつつも,雲も少し出ていて,この季節にはちょうどいいお天気。武儀川沿いを走り出します。国道の対岸は,ほとんどクルマと出会わない快走路。途中で,苔のきれいな白鳥神社へ案内したのですが,車止めにちょこんと乗ってい...

  • 恐竜に会いに行く朝

    暑い日が続いている。気温が40度近い数値になっている天気予報を見るだけでも気分が暑くなる。朝,窓を開け放つとセミの大合唱が飛び込んでくるし,電車の通過する音がふだんよりもうるさく感じる。おまけに,ニュースまで暑苦しいものがたくさん。やれ戦争だの,国葬だの,統一教会と政治家との関わりだの。国葬なんて議論するまでもないだろう。あんなにりっぱな政治家だった安倍元首相。森と友だちで,桜を愛し,加計,かけそば...

  • 碧南のヒマワリ畑へ (2)

    7月17日。碧南の干拓地へ入るために,矢作川堤防を走る。干拓地周辺には高い建物がほとんどなく,空が広い。走り始めは曇っていたのに青い空が広がってきて,ヒマワリを見に行くにはピッタリのお天気だ。干拓地の中はほとんどが農地。ハマさんがいくつかの角を曲がると,突然ヒマワリ畑が現れた。のぼりが立っているわけでもなく,人がたくさん集まっているわけでもないヒマワリ畑。トウモロコシ畑と同じように,「ここに植えられ...

  • 碧南のヒマワリ畑へ (1)

    7月17日。自転車と人生の先輩,ハマさんにお願いしてヒマワリ畑を案内してもらった。年に数回,ハマさんと走るのが楽しみだ。年上のサイクリストはほとんどいない。ぼくの先を行く人たちといっしょに走ることは,いろいろな意味で勉強になり,刺激的だ。今回は,知多半島の付け根にある高浜から碧南へ向かう。走ったことのない地域は,どんな道を走るかも楽しみだ。選ばれたのは車通りの多い国道247の脇道。曇り空だけれど,木陰を...

  • 夏の朝にこそ

    早朝に走る楽しみ。涼しくて気持ちがいいのはもちろんだけれど,早朝でないと見られないものもある。その1つ目はカラスウリの花。ウリ科の花だから,キュウリ,スイカ,カボチャ,ヘチマ,ゴーヤなどと同じ仲間。そのほとんどが黄色の花だけれど,この花の白で,形がかなり妖しい。夜に咲く花というところがまた妖しい。ガなど夜に飛ぶ昆虫が受粉を請け負っている。夜が明けるとしぼんでいくけれど,早朝ならまだ開いている花が見...

  • 暑い日は早朝に限る

    今年は6月下旬に暑い日が続いて,27日に梅雨明け宣言となった。それなのに,その後雨が降り続いた。なかなか走りに出られなかった。そんなときは,ローラー台 (自転車の後輪を固定して室内で漕ぐ機械) でトレーニングするという手もある。以前はよくやっていたけれど,最近はなかなかする気にならない。風景も変わらないし,風も吹かない。できれば,外で走りたい。天気予報とにらめっこ。早朝は暑くもないし,雨が降り出さない...

  • 天竜川沿いを走る (2)

    6月26日。 天竜川沿いライドの続き。雨のせいでルートを短縮。ランチを済ませて早々にもどることにしました。雨にぬれた森の中がきれいです。森の中って,ぬれていると雰囲気がぐっとよくなるんです。もちろん,苔の緑も輝きます。雨が降ることで植物が生き生きして見えますね。トンネルがおもしろいことになっていました。中にもやがたまっているんです。中を走るとかなりひんやりしました。水蒸気たっぷりの空気が温度の低いト...

  • 天竜川沿いを走る (1)

    6月26日。みっちゃんに誘われて,天竜川沿いを走りました。静岡は愛知のとなりですが,今までほとんど走ってこなかった地域です。岐阜,三重にくらべると,愛知県西部に住んでいるぼくにはどうしてもちょっと遠いという感覚があります。それでも,天竜方面にはおもしろい道がたくさんあるという情報も得ているので,楽しみにしていました。今回は天竜川沿いを登ったり下ったり60kmくらいを走る予定です。集合は,船明ダムのとなり...

  • 美濃のアジサイ

    6月23日。瀧神社へのライド,続き。瀧神社から板取川沿いに戻り,こんどはひと山越えて武儀川沿いへ出ます。山越えの途中に道の駅があるので,そこで何か食べようと考えていましたが,山へ登る前に 「古民家喫茶」 の看板を見つけました。こんなところにという小さな田舎の集落。これはおもしろそう!なるほど,「古民家カフェ」 ではなく 「古民家喫茶」 ね。気さくなおじいちゃんとおばあちゃんが迎えてくれました。モーニングが...

  • 苔輝く,瀧神社

    6月23日。梅雨の期間を利用して行って見たいところがあった。美濃の山奥にある瀧神社。コケに覆われた神社で,靄(もや)が漂う幻想的な写真を見たことがあり,ぜひそんな風景を見たいと思っていた。それには,雨上がりの早朝がいいだろうと思い,機会をうかがっていた。本当は夜明け前に家を出て,日が昇って間もない時間帯に走り出せればと思っていたけれど,少し遅れてしまった。美濃の駐車場からスタートし,走り慣れた板取川...

  • 寛容ラップ

    最近テレビを見ていると,ACジャパンの広告がよく流れている。真偽のほどは知らないが,元総理大臣の悲報が流れている中,その事件にふさわしくない雰囲気の CM は企業イメージのマイナスになるので,広告主が放映を中止しているとの話もある。もしぼくが大切な人を失ったとして,その日にテレビから浮かれた調子の CM が流れたとしても,その会社に苦情を言うつもりはないけどね。しかし,いかにも日本的なことのような気がする。...

  • アジサイと孫と珈琲

    6月21日。アジサイで有名な場所はいくつもあるけれど,行ったことのないところも多く,一つ一つたずねてみようと思っている。ただ,車通りの多い道を走る場所は気分的に敬遠したくなる。できれば,山の中や田舎にある方がいい。とはいっても,期待どおりの場所がいくつもあるわけでもなく,今回は街中を走る場所を選択。そこで,早朝出発に決めた。まずは稲沢にある性海寺 (しょうかいじ) へ。家からは名古屋北部を東西に突っ切...

  • 本光寺のアジサイとワフールート

    政治的な考え方がちがえど,相手を力で押さえつけるのは許されない。ましてや,ましてや,命を奪うなどあってはならない。ニュースでたびたび流れる殺人事件,ウクライナで起きている戦争,アメリカの銃乱射事件,ロシアの権力者の政敵暗殺…,書き出していけば切りがないほどだが,どれも何かを暴力で解決しようとする点で同じだ。報道番組では 「民主主義の根幹を揺るがす問題だ」 とみんなが言う。「民主主義の根幹」 とはなんだ...

  • 音楽を聴きながら? 走る

    6月17日。切越の夫婦檜を見に行くライドのつづきです。夫婦檜を見に行ったあとは,いったん岡崎市内へもどり,ランチです。マチコさんが切望し,楓さんが熱烈に押す,というトンカツ屋さん 「浜名」。ちなみに,マチコさんがこの日走ったのはこのトンカツ屋さんのためだそうです。楓さんのイチオシは味噌ヒレカツ。他の人からの情報でもすごく美味しいという話を聞いていました。しかし,正直なところ,そこまで美味しいのかという...

  • 切越の夫婦檜

    6月17日。切越の夫婦檜を見に行くライド。くらがり渓谷へ向かう県道37号線から北へ向かう道に入ります。車通りの多い道から急に細く静かな道になり,ふわっと気持ちがゆるみます。いい道です。このあたりは桜井寺町というところで,この道の奥に桜井寺というお寺があります。坂を登って行くと,とつぜん山の中に朱塗りのお堂や山門が現れます。これが桜井寺。たぶん,朱色は魔除けの色なのでしょう。この先は目指す夫婦檜で行き止...

  • 輪行からラジオ体操でライド出発

    6月17日。豊田,岡崎,蒲郡方面には巨樹がたくさんあります。いろいろ見てきましたがまだ見ていない木もまだまだあって,一つ一つ見ていくのが楽しみです。今回は,切越の夫婦檜 (めおとひのき) と呼ばれる巨樹を見に行きます。案内してくれるのは楓さんです。この日は車が使えないので,選択肢は自走か輪行。自走だと片道 40km ありますから,この日のコースと合わせて 140km を走ることになるので,行きだけ輪行することにしま...

  • 頭ではわかっているけれど

    毎年,家の脇に生えているクスノキにアオスジアゲハの幼虫が着きます。今年はとくにたくさん着きました。幼虫が大きくなってくると,アシナガバチが来て狩られていきます。そこで,家内が 「肉団子にされるのはかわいそう」 と保護するのです。家に中に連れてきて,サナギになるまで世話をします。ところが今年はちょっとした異変が起きました。幼虫の半分以上が寄生バエにやられていて,サナギになった後,身体の一部が黒く変色し...

  • RCC 名古屋シティライド (2)

    RCC(ラファ・サイクリングクラブ)名古屋シティライドの続きです。納屋橋から名古屋駅方面へ向かう,広小路通りには彫刻作品がいくつもあります。現代彫刻ですが,おもしろいものがいくつもあるのでいずれゆっくり見て回りたいと思っています。名古屋駅前でひときわ目を引くスパイラルタワー。駅前を走り抜けて,(名古屋駅前のロータリーを自転車で走るなんて,ちょっとドキドキします)古い味わいを残す円頓寺 (えんどうじ) ...

  • RCC 名古屋シティライド (1)

    6月12日。RCC(ラファ・サイクリングクラブ)名古屋シティライド。ぼくたちが自転車で走るところは,ほとんどが自然豊かな地域です。市街地を走るのは,出発地や帰着地,通過地点などで,それ自体が目的地になることは少ないです。そこをあえて 「シティライド」 と銘打って計画するときには,街中にも走ってみるとおもしろいものがたくさんあるよという,意外な楽しさを味わうねらいがあります。今回もミッサさんの計画です。建築...

  • 高徳院のアジサイ

    高徳院のアジサイを見に行くライド,その2。有松宿を抜けて高徳院に到着。車通りの多い道からビルの横を通って入る。竹林へ生きたかったので係の人に聞いてみると,「本堂の横から入ってください。自転車を持ったままでもいいですよ」と教えてくれた。あったあった。竹林の入り口。階段があったが,そんなに長くないので自転車を抱えて登った。おお,いい感じ。とてもきれいに手入れされている。見に来ている人は誰もいない。いる...

  • Wahoo の提案するルートは

    6月10日。各方面から,アジサイライドの情報が入り始めた。そう言えば今年はまだアジサイを見に行ってないということで,急遽行き先を調べはじめた。ノートにいくつか行き先の候補があるのだが,なかなか 「よし,ここだ」 という候補が見つからない。遠かったり,市街地のまん中だったり,人がいっぱい来ていそうだったりするところは行く気がしない。ということで絞り込んでいくと,ひとつも残らなかった…(笑)結局,名古屋の市...

  • 遊びを作り出す創造力

    菰野ライド その3。きらら湖の斜面で遊びました。チガヤの穂が一面に出ていてきれいです。チガヤというのは,雑草としてはかなりやっかいです。フワフワと飛ぶたねで増えますが,いったん根付くと四方に根を広げてどんどん広がり,いったん広がると根を全部取り去るのは困難です。実家の畑でチガヤと格闘している家内に言わせれば,「一番嫌いな雑草」。一面に広がって穂が銀色に光る姿はきれいなんですけどね。並んで走ったり,...

  • チガヤの草原で遊ぶ

    菰野ライド その2。滝の周辺でヒルにやられてしまったぼくですが,2度目ともなると大体こんなものだとわかっていますので,あまり大きなショックもありませんが,血が止まらないのだけはイヤです。ここからさらに登ります。もともとの行き先はダイナミックな風景の見られる,小岐須の屏風岩。楽しみです。屏風岩への道も湿った薄暗い道を川沿いへと降りていきます。もちろん,蛭への警戒は怠りません。が,とつぜんの悲鳴!何が...

  • 菰野 「蛭」クライム

    6月8日。RCC (ラファサイクリングクラブ) の菰野 (こもの) ライドに参加してきました。ミッサさんがマミちゃんから 「グラベルを走りたい」 と依頼を受けて企画したライドです。グラベルというのは,砂利道のことです。グラベルは好きとは言えないのですが,「グラベル初心者歓迎」 と書いてあったので,まあなんとかなるかと参加しました。出発前,ライドリーダーのミッサさんが九州ライドのお土産をくれました。5人という...

  • 梅花藻,トンボ,カエル,イモリ

    6月4日。日々,いなべ探索に余念がないお友だち KOU さんが,「いなべに梅花藻が咲いてますよ」と教えてくれたので,「連れてって」とお願いしました。あわせて,ほかにも見たいものをいくつかリクエスト。まるはさんも誘っていなべライドです。いつものコースで出発して,カエルポイント (交通安全の「無事カエル」が置いてある場所)まで来ると,お蕎麦屋さんが営業活動中でした。このすぐ近くに,なんと 「自転車乗り専用」 ...

  • ササユリを見に

    6月1日。各方面からササユリの情報が届きはじめた。毎年見に行くのだが,うっかりしているとほんの少しの間に見頃を過ぎてしまうことが何度もあった。だから,思い立ったらすぐに行く。それがササユリライドの鉄則。この日は家から走りに出た。最近,短い距離のライドが続いていたのでのんびり長く走ろうと思った。と言っても,100km にちょっと届かないくらい。久しぶりの戸越峠。この峠は緑がきれい。藤岡を抜けて,ササユリの...

  • 幸せライド四つ葉

    5月の終わり,そろそろ田んぼに水が入るというころ,近所の野山を見に走りに出ました。緑がきれい。空もきれい。桃畑の桃は袋がけされて,摘果も進んでいます。いつ見ても,この青い実がもったいないという気がしてしまうのです。桃ヶ丘の坂を登っていると,ふわりといい香り。とても大きな木に見たことのない花が咲いていました。花の下に入るとさらにいい香りが降りてきます。何の花だろうと思って,後で調べてみたらセンダンの...

  • 霧の乗鞍スカイライン (2)

    乗鞍スカイラインを上った話の続き。この雪壁でとまらない人はほとんどいないでしょうね。見事です。ところどころにハンドルやペダルの跡がついています。みんなここに自転車を置いて写真を撮るからです。このあたりから先は,道が大きくうねり,それを眺められる場所ですが,やっぱり濃い霧の中。この先は空へダイブするかのようなヘアピンですが,残念!このヘアピンを曲がって少し登ると,急に青空が見えはじめました。おお! ...

  • 霧の乗鞍スカイライン (1)

    乗鞍に行ってきました。乗鞍と言えば,自転車で登れる最高到達地点,標高 2700m の畳平までのライドです。岐阜県側から登るスカイラインは,毎年5月に開通しますが,雪の壁が高く残っているところがあって,自転車乗りたちが集まります。走ることができるのは,バス・タクシー以外には自転車だけというのも,なんだかうれしいところです。今年もまるはさんが計画して誘ってくれました。朝早くに出発するので,高山で前泊です。三...

  • おさらいライド

    5月8日に辻善光さんの講習会を受けてからは,走る機会があれば,「おさらいライド」 のつもりで,走っています。5月11日。この日は,近場のホームコース。田植え前の苗がふかふかのじゅうたんのようです。五月雨の そそぐ山田に早乙女が 裳裾ぬらして玉苗植うる 夏は来ぬ♪( 唱歌 『夏は来ぬ』 より )5月の風が爽やかです。日射しがそれほどきつくないので,やわらかな空気感を楽しめます。まずは,ハンドルの持ち方。これ...

  • ステップアップ講習会 (4) 実走編

    講習会後の実走は,どこを走ったかというと,よくわかりません…(笑)まったく知らない地域です。宝塚から北の方へぐんぐん登って行きます。驚いたのは,ヒトミさんの走りです。ヒトミさんとはほぼ同年代で,土建屋ナオさんとのつながりで知り合いました。初めて走ったのが白馬。当時はロードバイクを始めたばかりだったので,かなり苦労して白沢洞門までの坂を登っていたのを覚えています。そのヒトミさんが,最近ぐんぐんと走力...

  • ステップアップ講習会 (3) 角のないペダリング

    ステップアップ講習会の続き。今回も理屈っぽい話が続きますが,ご勘弁のほどを。辻さんは言います。「楽に走るためには,無駄をなくすことです」「そのためには角のないペダリングが大切です」「クランクは円運動しかしないので,ケイデンス(クランクの回転数)が高すぎると丸く回しにくくなって,カクカクと角のあるペダリングになってしまいます」これは,「踏む方向」 に関する指摘です。自転車を前に進めるのはペダルを踏む...

  • ステップアップ講習会 (2) ぬるぬるペダリング

    ステップアップ講習会の続き。講師の辻さんからは,参加者全員のバイクを何らかの形で調整してもらうことになりました。一人一人を見てくれるというのは,とてもうれしいことです。ぼくの尊敬する高知の大﨑博澄さんは,ある意味異色の (正しくは正統派の) 教育長でしたが,ときどき学校を訪れたときのことをこう語っています。「ぼくが期待していることはただ一つ。先生が30人の子ども全員をしっかり見てくれているかどうか。教...

  • ステップアップ講習会 (1)

    4月の終わり頃にとつぜんふらつきに見舞われて困りましたが,一週間おとなしくしていたら,まったく症状が出なくなりました。実は,どうしても参加したいイベントがあってドキドキしていたんです。それは,ペダルさんが主宰する 「ロードバイクステップアップ講習会」。お誘いを受けて二つ返事で 「行きます!」 と答えたのは,「これは絶対おもしろい!」 という予感があったからです。というわけで,無事,宝塚まで遠征すること...

  • 石のせいか?

    3月からずっと桜巡りをしていたので,白馬の桜を最後に桜ライドが終わってしまうと,なんだか気がぬけたようになってしまいました。久しぶりに近所の山を走ってこようと思った4月最後の日,ちょっとした事件が起きました。コースは三国山への道を選びました。自動車と出会うことがほとんどない道です。雨沢峠への道から右にそれて,三国山へ登る通称 「裏三国」 を登り始めましたが,驚きました。桜ばかり見ていたので,新緑の季...

  • 白馬の桜 2022 最終回

    4月24日。桜の旅,白馬,第2日その3。最終回です。野平の一本桜を見に行き,今回の旅も終わりです。大出公園方面へもどります。来るときはなかなかの登りなので,周りの風景を見る余裕がありませんでしたが,下りのときには周りが見えてきます。いいところを登ってきたんだなあと思います。下ってきて,姫川沿いに走ると,脇道が魅力的でした。ふとその先を見ると,ケンさんも同じように脇道を走っていました。でも,ケンさんは...

  • 白馬の桜 2022 第2日 その2

    4月24日。桜の旅,白馬,第2日その2。白沢洞門から大出公園まで,7km以上にもおよぶ長いダウンヒルを経て,白馬駅方面でお昼ご飯の場所を探します。ところがなかなか入れる店がなく,探している途中にいい風景を見つけたので,みんなはごはん屋さんを探しに行きましたが,ナオさんと二人で撮影会。小さな川にかかる小さな橋からの風景です。白い桜が咲いていました。本当に橋からの風景はどこでもすてきです。先に行ったメンバ...

  • 白馬の桜 2022 第2日 その1

    4月24日。桜の旅,白馬,第2日その1。土曜日の夜,ケンさん,ヨリコさんと合流して美味しい夕食,一部のメンバーはお酒もいただき,夜は更けていきました。ぼくは早々にダウン。その後も楽しい語らいが続いたようです。翌朝は5時半起床,6時に出発です。といっても朝食前なので,車で出かけます。目的地は中綱湖。青木湖のすぐ南にある小さな湖です。ここも桜の名所です。湖畔に咲くオオヤマザクラ。肌に感じるのは,標高の高...

  • 白馬の桜 2022 (4)

    4月23日。白馬の桜,第4回目です。大出公園からはもう少し北へ向かい,伝行山の徹然桜を見に行きました。「伝行山(でんぎょうさん)」 はお寺の名前,「徹然(てつねん)」 はお坊さんの名前だそうです。左側の桜がそれです。エドヒガンザクラですから,少し早咲き。ここも去年は終わっていたので,今年は見ることができてうれしかったです。そろそろ宿の方へ引き返します。すぐ近くにあるヤマザクラの並木道を通ります。傍らに...

  • 白馬の桜 2022 (3)

    4月23日。白馬の桜,第3回目です。桜の名所,大出公園へ向かいます。ほとんど車の通らない姫川沿いの道がものすごく気持ちいい!まだ若い木ばかりですが,ここはオオヤマザクラの並木道として将来有名になるでしょう。途中で,KTM さんが 「いい脇道がある」 というので,入ってみました。確かにこういう道,好きです。雄大な山があるだけで,どんな道もすてきなものにみえてしまうのはちょっとズルイと思うほどです。こちらは,...

  • 白馬の桜 2022 (2)

    4月23日。白馬の桜,続きです。長谷寺から南へ移動して,こんどは貞驎寺へ。ここもりっぱなしだれ桜があります。エドヒガンなので少し終わりに近づいていますが,まだまだきれいです。木の近くには集められた雪が山になっていました。その雪の上に誰かが置いたであろう桜の花びら。濃いピンクのオオヤマザクラと,淡い色のエドヒガン。こうして並べると色のちがいがはっきりしますね。貞驎寺の庭はたくさんの桜が植えられていて,...

  • 白馬の桜 2022 (1)

    4月23日。今年も白馬の桜を見ようと,まるはさんが計画をしてくれました。例年は連休の時期ですが,今年は全国的に桜の開花が早かったため,1か月以上前からこの日に決めていました。あとは運任せです。いつものように まるはさんが車を出してくれました。いつもありがとう!今年は,KTM さんが名古屋からいっしょです。ヒトミさん,ナオさん,ケンさん,よりこさんとは現地で合流です。朝の4時半に出発。安曇野でインターを下り...

  • 売木村の桜 (2)

    4月20日。売木村の桜,続きです。売木村の桜はだいたい見たので,山を一つ越えた東側にある阿南町方面へ行くことにしました。以前通ったときに,こちらも桜がきれいだったような,おぼろげな記憶があるからです。阿南町へは,新野峠を越えます。売木村から南へ登って行きます。また,濃い色のヤマザクラが並んでいたので立ち止まって振り返りました。少し高いところから売木村の様子がよく見えました。いい山里です。見てきた桜た...

  • 売木村の桜 (1)

    4月20日。桜の旅も最終盤。愛知県内ではもう見られるところはなく,岐阜県へ行ったりしてきましたが,今回は長野県へ。といっても日帰りで行ける範囲ですから,それほど遠くまで行くわけでもなく,愛知県の一番東の山から少し長野県に入ったあたり,南信と言われる地方です。売木 (うるぎ) 村という小さな山あいの村にたくさんのいい桜があります。2018年に訪れていますから,4年ぶり。車で2時間半ほどかかります。足助,稲武...

  • いなべのコノハナザクラ

    4月17日。いつもいっしょに走ってくれる まるはさんから連絡がありました。「いなべ市で 〈コノハナザクラ〉 が咲いているそうですよ」もちろん,二つ返事で 「行きましょ!」コノハナザクラはいなべ市の天然記念物に指定されている桜で,以前探索に行ったことがあるんですが,咲いていなかったため場所を特定できずに帰ってきたことがありました。最近,いなべは Facebook で地域情報をどんどん発信していて,そこで開花が紹介さ...

  • 萩原町の桜巡り (2)

    4月11日。萩原の桜,続きです。森山神社を後にして,次の桜へは飛騨川を渡ります。道端のカタクリを見ながら,田園地帯の坂を登って行くと 「小林のしだれ桜」 があります。4年前に走ったときに偶然見つけたのですが,そのころはまだグーグルマップにも載っておらず,名前を着いていませんでした。でも,濃い桃色で田んぼの中に一本だけすっくと立つ姿が見事でした。( 4年前の写真 )この写真を撮っていると,急に雪が降ってき...

  • 萩原町の桜巡り (1)

    4月11日。だんだんと平地の桜が終わり,桜を見るためには北へと向かわなければなりません。こういう移動が好きです。本当はできないはずの 「季節の巻き戻し」 が楽しめるからです。北へ行く,山へ向かうというのは時間旅行の一つですね。自分が暮らしているところとは時間の流れがちがうのです。今回は3年前に訪れた萩原町の桜を見に行きます。自転車を車に積んで国道41号線をひたすら北へ。2時間半ほどかかります。萩原町は有名...

  • 花桃ライド

    4月10日。RCC のライドで花桃を見に行きました。ライドリーダーの ITO さんが企画してくれたライドです。コースの相談を受けたので,楽に上れるルートにしてもらいました。目的地は,豊田にある上中(かみなか)の花桃と,恵那にある串原の花桃です。このあたりはどう走っても坂ばかり。平地はほぼゼロです。どんなコースを引いても獲得標高は軽く 1000m を越えてしまうので,せめて斜度の低い方から回ってもらおうとお願いしまし...

  • Wahoo のアップデート

    今回は機材のお話です。自転車乗りではない読者のみなさん,スミマセン。サイコン(サイクルコンピューター)を,Garmin(ガーミン) から Wahoo(ワフー) に乗り換えて2年たちました。ガーミンについては,新世代のものを知らないのですが,ぼくが使っていた世代のものとくらべると,ワフーの方がナビの使い勝手がいいので,かえてよかったと思っています。リルートが素早いこと,行き帰りのルートが重なっていても表示がわかり...

  • 八百津の桜ライド (2)

    蘇水峡の橋を渡るとすぐにトンネル。トンネルを抜けたところから坂が始まります。今は通行止め区間があるので,少し大回りします。向かうのは,人道の丘。このあたりの自転車乗りには 「非人道的な坂」 として有名です。このヘアピン,内側を通りたくありません。サクラの季節だけは,このヘアピンが美しいと思うけれど,ふだんはね…。少し登ると道が花びらでいっぱいでした。八百津は山なので,まだ桜もいいだろうと思ったのです...

  • 八百津の桜ライド (1)

    今年の桜を巡る旅は,まったく計画的ではありません。思いつきで決めています。例年は入念に計画を立てて回るのですが,今年の4月から決まった時間に行かなければならない仕事はないのに無計画。気楽といえば気楽ですが,なんだかゆるみすぎているようにも思えます。ということで,4月7日,思いついて八百津方面の桜を見に行きました。Facebook 上の 「やおつさいくりずむ」 というグループに招待を受けて入っているのですが,...

  • 大垣 桜ライド (2)

    大垣桜ライドの続き。天王川,犀川沿いの桜並木を楽しみ,揖斐川河川敷の菜の花群落に入って遊んで,揖斐川を渡り,瑞穂市から大垣市にもりどます。ここで大好きな煉瓦のトンネルを発見。右は人が通るトンネル,左は水路です。写真を撮っていると,「うれしそうな顔しますね」 と まるはさんに笑われてしまいました。道が東に向かうと,伊吹山。この日,桜と主役を競い合いました。ここからは,平野井川沿いの桜並木を走ります。こ...

  • 大垣 桜ライド (1)

    4月5日。ここ3年ばかり,毎年恒例になっている大垣お花見ライドへ まるはさん と二人で出かけました。ルートは まるはさん にお任せです。多度駅から西大垣までサイクルトレインで移動し,西大垣スタートです。水門川周辺の桜は少しずつ散り始めていましたが,まだまだ満開。舟下りの様子も絵になります。ここからはちょっと走りにくい太い道路を走って墨俣一夜城方面へ。長良川に沿って流れている天王川の桜並木が毎年見事です...

  • 犬山の桜ライド (2)

    五条川の桜並木で遊んだあとは,すぐ近くにある田園地帯の桜並木へ。ここは,3月の中旬に河津桜を見に来たところです。用水沿いに桜が植えられていて,河津桜が3分の1,残りが八重ベニシダレです。最近,いろんなところによく植えられている豪華な濃い桃色の桜です。こんなに豪華で見事な場所なのに,誰もいません。それがまたちょっとした快感。「独り占め」 というのは浅ましい根性かもしれませんが,ナイショとか,秘密の場...

  • 犬山の桜ライド

    3月末までで,お給料のもらえる仕事が終わりました。4月からは,基本的には決まった時間に勤務する仕事はありません。ただ,自分がやりたい仕事はあるので,それをしています。ということで,新しい年度の第一日目,4月1日。「平日だけど時間あるでしょ」と楓さんからライドのお誘いがかかりました。急なお誘いもOKです。「桜が見たい」 とのリクエストにお応えして,よく走っている犬山周辺の桜をご案内ライド。裏道で小牧...

  • 岡崎~豊川の桜

    3月30日。ソメイヨシノが満開に近づくころ,水曜ライドのメンバーと走ってきました。岡崎を出発して東へ向かい,豊橋の少し手前にある豊川という町の周辺にある桜を見に行くライドです。岡崎を出てしばらくして,なんと国道1号線の車道を数km,自転車で走りました。初めてのことでしたが,以外に交通量が少なめで,怖い思いもせず走れました。この区間は迂回ルートがかなり大回りで山の中に入るので,しかたがないのです。最初は...

  • 犬山の古い桜たち

    3月28日。マゴへのお届け物があったので,ついでにいろいろと桜を見てきました。まずは犬山へ。桃畑の広がる地区は,山にたくさんの桜が自生しています。ヤマザクラだったり,エドヒガンだったりするのですが,山の中に桜色が見えるのはいいものです。五条川沿いの桜並木の咲き具合を確かめて,羽黒駅の近くを通るといい桜がありました。遠目に見てエドヒガンだとわかりました。隣の建物がちょっと明治村にあるような雰囲気。看板...

  • 桜と平和

    サクラの季節が始まっています。もうそろそろソメイヨシノが終わりに近づきましたね。ブログ記事の方は,3月25日,早咲きのサクラを見に行った記録です。仕事があって西尾まで行きました。ついでに自転車を積んでいって,仕事が始まる前に少し桜を見て回りました。ふれあいの道はすっかり河津桜が終わっていました。今は,タンポポとユキヤナギ。ここから少し走ると源空院です。小さなお寺ですが,ここの枝垂れ桜が咲くとたくさん...

  • ミツマタ群生地へ

    前回の記事の続きです。コヒガンザクラが咲く布里(ふり)までは北上する道ですが,ここで大きく折り返し,南下します。そこからの道中も楽しい道です。山の中あり,小さな集落あり。少し昔の日本の風景を見るような美しい道。何も標識がない道を折れて登って行くと,ミツマタ群生地に着きます。あまりにも大規模な群落なので,ミッサさんは「想像と全然ちがう!」と興奮気味。辺り一面に濃厚な香りがただよいます。よく 「甘い香...

  • コヒガンザクラの街道 (2)

    前回の記事の続きです。いきなり 「進まないライド」 になっていますが,それでもライドは続きます。寒狭川沿いを走りますが,大きく蛇行するところにすてきな一本桜。(本当は2本ですが)。この先に小さな町があります。その町の堤防に,コヒガンザクラの並木があります。舗装していない道ですが,きれいに草刈りが行われていていい場所です。こんなによく咲いているのに,国道から離れているせいか,動物よけの柵があるせいか,...

  • コヒガンザクラの街道 (1)

    前回の新城ライドから,たったの三日しかたっていないのに,またまた新城ライド。ミッサさんから 「新城走りましょう」 と声がかかり,「コースもお願い」 とのこと!メンバーは,楓さんとおきょうちゃんとの4人。前回のライドで咲いているのを確認していたコヒガンザクラがきれいだろうと,コヒガンザクラコースを引きました。桜ライドを渇望している様子の楓さん,お花大好きのおきょうちゃんが喜んでくれるだろうと,とってお...

  • 新城の花ライド ウメと菜の花 (2)

    今年初めての新城ライド。川売 (かおれ) の梅林を訪れたあとは,往路にも使った旧豊橋鉄道田口線跡の道にもどります。海老川対岸の県道から川を渡って廃線跡の道にもどります。「双瀬 (ならぜ) の川渡り」つわものの まるはさんは乗車のまま渡ります。ぼくは怖いので,押し歩き。こんなところで転んだら大惨事です。廃線跡の道を気持ちよく走って,ランチを予定していた蕎麦屋さんへ。店の前まで来ると,車で駐車場がいっぱい...

  • 新城の花ライド ウメと菜の花 (1)

    今年初めての新城ライド。仲良しの まるは さんと走ることになりました。豊川にお住まいの大先輩,チャップリンさんも参加されるとのことで,新城三人ライド。勝手知ったるお気楽仲間です。駐車場がものすごくきれいになった(トイレもきれい!)桜淵公園をスタート。すぐにカフェでモーニングです。前から行ってみたかった,豊川沿いにある保木平珈琲 (Murmure)。murmure はフランス語で,英語だと murmur。ワーグナーの楽劇 『...

  • 近所の早咲きのサクラを見に

    近所の早咲きのサクラを見に行きました。3月14日,名古屋,オオカンザクラの並木道。毎年見に行きますが,今年は遅いです。これは文化のみち,二葉館。ひときわ濃い桃色の桜はオカメザクラ。少し花びらが暴れますが,華やかでいい桜です。ここは 「オオカンザクラの並木道」 という名前ですが,南側は 「オオカンザクラ」 ではなく,「カンザクラ」 です。少しうつむき加減で,密集して咲きます。金城学院から信号を渡って北側へ...

  • 河津桜ライド (3)

    西幡豆の安泰寺でやっと河津桜と出会えました。小さなお寺ですが,いろいろな花が植えられています。おきょうちゃんがマンサクを見つけました。ここでも,「あ,マンサク!」 で終わるのではなく,近寄ってみるとおもしろいという発見がありました。ぼくはメガネを外さないと見えなかったのですが,若い二人はそんなこともなく…(笑)マンサクの花はただ錦糸玉子のような筋が垂れているだけと思っていたのですが,これがちがう!近...

  • 河津桜ライド (2)

    岡崎から西尾への河津桜ライドのつづきです。西尾ふれあいの道まで来ましたが,残念ながらここも河津桜はほんの数輪が咲いている程度。ウメはきれいに咲いていました。遠目には河津桜と同じような色に見えます。さてさて,ここまで見事に振られると,もう少しよく咲いた木を見たくなります。喫茶店に入って作戦会議。ボリュームのあるモーニングをいただき (ランチ並み!),決まったのは,おきょうちゃん心当たりのお寺。蒲郡方...

  • 河津桜ライド (1)

    3月9日のライドです。花好きのお友だち,おきょうちゃんから「河津桜見に行きませんか」とお誘い。しかも,岡崎の葵桜 (河津桜を岡崎ではこう呼ぶ) からスタート。一度見に行きたかったので,喜び勇んで出かけていきました。岡崎ということで楓さんも参加予定でしたが,副反応がひどくて起き上がれないらしく,残念でした。おきょうちゃんと mazda さんの三人でライドです。mazda さんも自然が好きで写真が好きな好青年。さて...

  • ま,そんなこともあるさ

    自転車でのライドはさまざまな出来事が起きます。しかし,グループライドだといろいろなトラブルやたいへんな出来事があとあと楽しい思い出になることが多いです。「あのときはたいへんだったよね」 と語りぐさになるライドがいくつもあります。美濃の奥まで走ったとき,帰り道ひどい大雨になり,ずぶ濡れになりながら 「もう笑うしかない」 と走り続けたことがありました。小豆島の寒霞渓では,山頂付近はかなりの雪で,登っては...

  • いなべの春の空

    いなべでのランチは,農業喫茶「マロン」へ。前回も同じメンバー,まるはさん,KOU さんと入りましたが,とても美味しかったんです。農業喫茶というだけあって,ごはんは美味しいし,地元の新鮮野菜も美味しい。今回はガパオライス。色とりどりの野菜が盛り盛りで見た目にも鮮やか。外観は昭和の喫茶店風で,おしゃれなカフェではありませんが,料理も対応も実に健康的。こういうお店,好きです。ランチのあとは阿下喜 (あげき) ...

  • 澄んだ空気のいなべ

    久しぶりに三重県の 「いなべ(員弁)」 を走ってきました。まるはさん,KOU さんとは,よく 「いなべ」 を走りますが,今年の冬は雪が多かったので久しぶりとなりました。だいぶ春めいてきたものの,まだまだ空気はきりっと澄んだ感じがしていて,この冷たさが爽快です。といっても,それはこの日のように風が弱いおだやかな日のこと。風が強ければ,「澄んだ空気が気持ちいい」 なんて言ってられませんね (笑)こういう日は,雪...

  • 高台を走る道 (2)

    蒲郡へのライド,続きです。竹島が見えてきました。島へ渡る橋が架かっていますが,この橋の入り口付近に何かの記念碑のようなものがあります。最近有名になっているのは,この記念碑の台座。これが磨かれた大理石でできているため,周りの風景が映り込むのです。これが,一部の人に 「ガマニ塩湖」 と称されています。水面に反射する風景で有名なウユニ塩湖を模した名前です。水の反射ではないんですけどね。雲がたくさん出ている...

  • 高台を走る道 (1)

    寒い時期は,少しでも暖かなところへ。ということで,岡崎から蒲郡へ。水曜ライドの仲間と走りました。岡崎を出発。今回もルートを引いたのはミッサさん。すてきな道がつなげられています。岡崎から海辺の町である蒲郡までは,山越えがあります。どの道で山を越えるかが重要。今回は,細い林道で。いい道です。下ってきて,蒲郡の町が見えてきます。蒲郡の町が見えてからもゆっくりと,少しずつ下っていきます。この下りが絶妙な具...

  • 三色旗にこめた願い

    戦争は本当にひどい。平気でウソをつき,平気でささやかな幸せや日常をこわし,平気で人の財産と命を奪。それでいて,その行為を正当化する。これはロシアの国旗。( ロシア連邦 )ヨーロッパには三色旗が多い。そのうち,もっとも古い三色旗はオランダのもの。( オランダ王国 )オランダは,16世紀末,スペインの圧政をはねのけて独立宣言をした自由な国として周辺国からのあこがれだった。それゆえフランスは,大革命の後,その...

ブログリーダー」を活用して、リキさんをフォローしませんか?

ハンドル名
リキさん
ブログタイトル
モーツァルトな走りで
フォロー
モーツァルトな走りで

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用