searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

リキさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
モーツァルトな走りで
ブログURL
http://rikiyasu.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
50台後半からロードバイクを始め,今や還暦過ぎライダー。森の中を走るのが大好き。
更新頻度(1年)

170回 / 365日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2013/01/31

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、リキさんをフォローしませんか?

ハンドル名
リキさん
ブログタイトル
モーツァルトな走りで
更新頻度
170回 / 365日(平均3.3回/週)
フォロー
モーツァルトな走りで

リキさんの新着記事

1件〜30件

  • ひさしぶりに仲間と山へ (3)

    久しぶりのグループライド。鈴鹿の林道を走る,その3。ただ,林道が続くだけのライド。下りは気持ちがいいが,調子に乗っているとたいへんな目に遭う。ぬれた落ち葉で後輪がスリップすることもあるし,泥にタイヤを取られて転倒することだってある。慎重に楽しむのが一番。何より,無事にもどってくることが長く楽しむために必要なことなのだ。人里近くまで降りてきて,森から抜けたところで休憩することにした。ここでお昼ご飯。...

  • ひさしぶりに仲間と山へ (2)

    久しぶりのグループライド。鈴鹿の林道を走る,その2。特別な絶景があるわけじゃない。特別にステキなカフェがあるわけじゃない。ただ,林道が続くだけ。でも,楽しくてワクワクする。森の植生が変わり,森の明るさが変わる。森が変わると,鳥やセミの鳴き声の響き方も変わる。静けさの色が変わる。標高が上がってくると,季節が先に進んでいる。登って行くことで,時間の流れが変わるように感じるのがおもしろい。ピークからの眺...

  • ひさしぶりに仲間と山へ (1)

    久しぶりにグループライド。時節柄,今回のライドは 「少人数 店には寄らず 山の中」(季語なし)鈴鹿山脈の西側に広がる山の中を走ります。ほぼ林道というコース設定なので,食料を持って走る計画です。すぐにこんな道から始まります。小さな集落を抜けていきます。トタンにおおわれていますが,茅葺き屋根の家がたくさん残っています。山の中へ入ると,場所にもよりますが時間を遡る旅に出たような気分になります。時間の流れ...

  • 森のポリフォニー

    この日もまたソロライド。午前中だけ走ります。この日は久しぶりにいい空が見られました。朝の早い時間は,青い空に秋らしい雲が出ています。それでもまだ夏を思わせる入道雲も出ています。「そろそろゆずれ」「まだまだ」といったせめぎ合いですね。しかし,まだまだ秋には主役はゆずれないと,しばらくしたら秋の雲は消えてしまいました。兒(ちご)の森へ登ると,ヤマボウシの実が赤くなっていました。大きさはビー玉くらい。ト...

  • ソロライドの小さな楽しみ

    愛知県の感染者が一時は2000人を越え,東京を上回る日もあって驚きました。ワクチン接種は済みましたが,ブレイクスルー感染というのも取りざたされていますし,デルタ株に対しては感染防御率が60数%まで下がるという報告もあるそうです。さすがに怖くなって,できるだけ人と会う機会も減らしています。ライドもひとりで走る機会を増やしています。当然,友だちと走る機会を減らすということになっています。「誰とも走らない」 ...

  • 神崎川を走る (3)

    美濃の宝石,神崎川を走る その3神崎川沿いの道,まだ走ったことのない区間を奥へ入ります。行き止まりであることはわかっています。次第に斜度が上がっていき,道と川面との高低差もぐんぐんと大きくなっていき,川は谷底へと消えていきました。やがて,道が平坦になり,道の先が明るくなってきました。道の最後は,体験教室が開かれていたと思われる小さな施設につながっていました。脇には作業用の林道が接続していましたが,...

  • 神崎川へ (2)

    美濃の宝石,神崎川を走る その2支流の円原川はその先に有名な 「伏流水」 という場所があります。川が地面の下を流れる区間があり,そこから忽然と川が姿を現すという場所です。そこは,いろいろなところから水が湧くように出ていて,とてもすばらしい場所なんです。そこへ行く少し手前で土砂崩れがあり,1年以上の間通行止めとなっています。それでも,円原川の水の美しさは変わりません。ここからは,また神崎川まで戻り,先...

カテゴリー一覧
商用