プロフィールPROFILE

ブログタイトル
まぁ〜くんの乗り物情報日記
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/markun_exp1026/
ブログ紹介文
近畿地方の鉄道とバスに関する情報をメインに扱ってまいります。
更新頻度(1年)

312回 / 365日(平均6.0回/週)

ブログ村参加:2009/08/09

読者になる

まぁ〜くんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,258サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 50 40 50 70 50 0 40 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,019サイト
バス(車) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 209サイト
鉄道ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,266サイト
関西の鉄道 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 299サイト
今日 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 全参加数
総合ランキング(OUT) 21,312位 21,535位 20,856位 20,585位 21,230位 21,210位 20,186位 980,258サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 50 40 50 70 50 0 40 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 305位 305位 292位 278位 293位 301位 275位 17,019サイト
バス(車) 2位 2位 2位 3位 2位 3位 2位 209サイト
鉄道ブログ 233位 233位 230位 236位 231位 228位 222位 6,266サイト
関西の鉄道 5位 6位 4位 4位 4位 5位 5位 299サイト
今日 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,258サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 50 40 50 70 50 0 40 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,019サイト
バス(車) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 209サイト
鉄道ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,266サイト
関西の鉄道 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 299サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、まぁ〜くんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
まぁ〜くんさん
ブログタイトル
まぁ〜くんの乗り物情報日記
更新頻度
312回 / 365日(平均6.0回/週)
読者になる
まぁ〜くんの乗り物情報日記

まぁ〜くんさんの新着記事

1件〜30件

  • 東武アーバンパークライン白紙改正の詳細発表

    2020年3月14日に実施される、東武アーバンパークライン(野田線)の白紙ダイヤ改正の詳細が発表されました。今回の白紙改正は複線化の進捗に伴う全線での急行運転開始がメインとなっていますが、大宮~柏~船橋間直通急行は大宮~柏間の区間列車も含め日中時間帯に30分ヘッド

  • 2300系の特別車が新造車両に置き換えへ

    2300系に連結されている特別席車が新造車両に置き換えられることとなりました。2300系は新造の一般席車両と1600系を活用した特別席車とを組み合わせたスタイルを取った一方、登場以来2200系との共通運用が組まれていましたが、今回2200系の特別席車と同一仕様の車両を新造し

  • 25年の節目を迎えた6000系列の地下鉄乗り入れ運用

    6000系列が東京メトロの路線に乗り入れるようになってから25年の節目を迎えました。1994年12月に西武有楽町線が練馬駅まで達したことを機に、暫定的な形ながらも東京メトロ有楽町線との直通運転を開始したのを機に、6000系が本来の目的である地下鉄乗り入れ用としての運転を

  • 221系リニューアル未施工編成が全て消滅

    221系からリニューアル工事未施工編成が全て消滅しました。2018年末までに奈良・京都所属の全編成と網干所属のB・C編成のリニューアルが全て完了していた一方、網干所属で8両編成を組むA編成にはリニューアル未施工編成が残存していましたが、2018年秋以降A16編成→A15編成→

  • 3社共同運行による都心循環線2020年1月新設

    広電バスなど3社共同運行による「都心循環線」が2020年1月下旬に新設されることが発表されました。「都心循環線」の新設は現在広電バスと広島バスの共同運行で広島駅~八丁堀・紙屋町周辺を結ぶ「エキまちループ」に続く取り組みの一環として行われるもので、広島駅新幹線口

  • 新宿~小田原間快速急行の15年間を振り返る

    小田急電鉄に「快速急行」という種別が新設されてから今年12月で15年の節目を迎えました。小田急の快速急行は2002年3月改正から運行されていた「湘南急行」を格上げする形だったこともあり、複々線での運行が本格化した2004年12月改正での新設以来、江ノ島線に直通する新宿~

  • 全編成が相鉄乗り入れ対応となったE233系7000番台

    川越車両センター所属のE233系7000番台のすべての編成が相模鉄道乗り入れ対応となりました。E233系7000番台は205系置き換え用として製造された31編成と、今回の相鉄直通に備えて2019年に製造された7編成とに大別されますが、JR~相鉄相互直通運転は新宿~海老名間での運行を

  • キハ75系200番台の関西本線での20年間を振り返る

    キハ75系200番台が関西本線で活躍を始めてから20年の節目を迎えました。200番台グループは当時名古屋~奈良間を結んだ急行「かすが」や武豊線列車で活躍した国鉄形気動車を置き換え、キハ58系列の淘汰を推し進めるために導入されましたが、2015年3月の武豊線電化を機に大半の

  • 京王各線の年越し終夜運転の内容が今年から変更

    京王電鉄各線の年越し終夜運転の内容が2019年度から変更されました。2019年度から京王線系統では高尾山口行きの優等列車を中心に運行内容が大幅に変更され、2018年度に初めて「京王ライナー」の終夜運行が行われながらも、長らく急行主体だった新宿~高尾山口間の優等列車が

  • 2019年の1000系列ラッピング列車を振り返る

    2019年に行われた1000系・1300系におけるラッピング列車の動きを振り返ります。5月からは「SDGsトレイン」、7月からは「ジャッキー号」がそれぞれ運行開始され、SDGsトレイン・ジャッキー号ともに神宝京3線に1編成ずつ配置されていましたが、ジャッキー号が登場した時点では

  • E257系両タイプが「踊り子」系統に転用決定

    E257系の東海道線「踊り子」系統への転用計画が発表されました。3月16日改正前まで「あずさ」・「かいじ」で活躍していた0番台に加え、房総特急などで活躍する500番台も東海道線系統へと転用されることとなっており、最終的には0番台→2000番台が9両×13編成、500番台→2500

  • 2019年度の半蔵門線年越し終夜運転の変化

    2019年度の東京メトロ各線の年越し終夜運転の概要が発表されました。今年度は銀座線において渋谷駅での最終の線路切り替え工事に伴う一部区間の終日運休及び臨時ダイヤでの運転が12月28日~1月2日にかけて行われることから、銀座線の終日運休となる区間と並行する半蔵門線で

  • 10系のVVVF化改造編成にも初の廃車発生

    10系でリニューアル+VVVF化改造を行った編成にも初めての廃車が発生しました。御堂筋線への30000系導入に伴う10系の廃車は、これまでチョッパ制御車のグループを優先的に行う形となっていましたが、11月の31613Fの営業運転投入と入れ替わる形で廃車となったのがリニューアル

  • 6000系のリニューアル済み編成が半数を突破

    6000系でリニューアル工事を実施した編成が半数を突破しました。2018年度末時点で6006F~6011Fの計6編成のリニューアルが完了していましたが、2019年に入ると6001Fが4月にリニューアルを終えて出場、さらに2019年の2本目の施工編成として6003Fのリニューアルが先日完了、これ

  • 787系による「D&S列車」2020年秋導入

    南福岡車両区所属の787系を使用した「D&S列車」が2020年秋に導入されることが発表されました。列車名は「36ぷらす3」と命名され、木曜日に博多駅を発ち、途中肥薩おれんじ鉄道線や宮崎空港駅・門司港駅も経由しながら、九州7県を5日間かけて一周する運行計画が立てられている

  • 三田線の6300形への統一から20年経過

    都営地下鉄三田線の車両が6300形に統一されてから20年の歳月が経過しました。6300形がデビューした1993年当時は6000形と6300形との共通運用という時代でしたが、2000年に東京メトロ南北線を介して東急目黒線へと相互直通することが決まり、相互直通の準備の一環としてホーム

  • 残り少なくなったE2系の全車指定席列車での運用

    E2系の東北新幹線の全車指定席列車への充当も残り少なくなってきました。E5系の増備が始まった2011年11月以降順次置き換えが進められた一方、北海道新幹線開業時点でさえも東京~盛岡間でE2系による定期「はやて」が残存する状況でしたが、全車指定席列車のE5系への置き換え

  • 高雄方面の臨時バスに先代エルガ進出

    京都駅~高雄間を結ぶ臨時バスに先代のエルガノンステップ車の運用が始まりました。2015年に京都営業所にエルガノンステップの配置が始まってからも、紅葉シーズンに走る臨時バスではツーステップ車の使用が多く見られましたが、毎年のようにエルガの増備が進むにつれてツー

  • 7324Fがリニューアルを機に8両固定編成化

    7324Fがリニューアル工事施工を機に8両固定編成化されました。7300系の2+6両編成で8両編成を組むスタイルの各編成でもリニューアル工事が開始され、リニューアル第1号となったのが阪急初のVVVF制御車として登場した7310Fを京都河原町方に組成している7324Fで、リニューアル

  • 香椎線で使用されたキハ47の廃車がいよいよ本格化

    香椎線で活躍してきたキハ47形の廃車が本格的に開始されました。香椎線へのBEC819系導入に伴い、筑豊所属で香椎線での運用から外れたキハ47形のうち、エンジン換装等を受けて改番された車両については3月16日改正前から鹿児島・熊本・唐津へと順次転属が進められた一方、エン

  • 東京~金沢間の運行本数が台風前と同数に復帰

    東京~金沢間を走る北陸新幹線の本数が、11月30日から台風19号被災前の水準に戻ることが発表されました。今回の台風19号ではE7系・W7系合わせて10編成が水没し全車廃車となったことを受け、10月25日からの全線再開時には暫定ダイヤを組んで運行してきましたが、上越新幹線用

  • 大阪メトロ全駅のホームドア設置完了時期が明らかに

    大阪メトロ全駅でのホームドア設置完了時期が明らかになりました。2017年1月に設置計画が公表されて、谷町線・東梅田駅と堺筋線・堺筋本町両駅へのホームドア導入時期が2019年度内に行われることが発表されましたが、全駅にホームドアが設置されていない5線区の導入完了時期

  • 一時的に伊予鉄バスの単独運行となった京都松山線

    京都~松山間を結ぶ高速バスが一時的に「伊予鉄バスによる単独運行」を実施しています。2002年10月の開設以来2便体制が続く中、京都発2便と松山発1便を京阪バス、京都発1便と松山発2便を伊予鉄バスが分け合って運行する形での共同運行が続けられてきましたが、2019年11月~20

  • 3300系の編成単位での廃車が2年半ぶり再開

    3300系の編成単位での廃車が2年半ぶりに再開されました。2017年3月に3315Fが編成ごと廃車されて100両の大台を割った後は目立った動きが少なく、5300系に初めての廃車が発生したと同時に編成から外され予備車的な扱いを受けていた2両が同時に廃車されていましたが、1300系の20

  • 17000系導入に伴い7000系の置き換え決定

    有楽町線・副都心線に新型車両「17000系」が導入されることが発表されました。17000系は2020年度下半期に10両×1編成がデビューし、その後2022年度までに180両を導入する計画となっていますが、180両の内訳は10両編成が6編成・8両編成が15編成と、現存する7000系の数と同一と

  • 湯の山線でも元旦未明に臨時列車運行

    近鉄各線の2019年度年末年始の終夜運転・臨時列車の概要が発表されました。2019年の大晦日~元日にかけても、線路がつながっていない独立線区とされている田原本線を除く全路線において終夜運転が実施されることとなっていますが、2019年度は長年にわたり大晦日でも通常の土

  • 京阪神地区の年越し終夜運転2年連続で縮小

    アーバンネットワークエリアにおける2019~2020年の年越し終夜運転の概要が発表されました。今年度から琵琶湖線・阪和線・JR宝塚線の全線と万葉まほろば線の一部区間で終夜運転及び終電繰り下げそのものが取りやめとなり、奈良線や大和路線など4線区でも3~5時台の運転がなく

  • 深夜バスの試験運行12月から実施決定

    大阪シティバス発足後初めてとなる「深夜バスの試験運行」が12月にスタートすることとなりました。今回の試験運行は大阪駅前~守口車庫前を結ぶ34系統と同一のルートを使用し、12月6日~2月28日までの1月3日を除く金曜日深夜にて実施、乗車取り扱いは大阪駅前・地下鉄中津の2

  • 681系試作車引退で量産車のみの存在に

    681系で1992年に導入された試作車編成が全車廃車となりました。試作車編成は1995年に量産化改造されて1000番台となり、2001年3月改正時に分割編成化されるなど2度の改造を経ながら「サンダーバード」主体で運用されてきましたが、「サンダーバード」で使用される683系全編成

  • E7系の上越・北陸両新幹線での共通運用スタート

    E7系の上越・北陸両新幹線での共通運用がスタートしました。2019年3月16日改正から上越新幹線での運用がスタートした一方、新潟所属編成と長野所属編成とでは運用が明確に分けられていましたが、10月に長野新幹線車両センターが台風19号の影響で水没し、W7系2本を含む10編成

カテゴリー一覧
商用