searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

エピメテウスさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
CHILDREN'S WORLD 2nd
ブログURL
https://ameblo.jp/epimetheus21/
ブログ紹介文
・植物(サボテン、コーデックス、多肉植物) ・読書 ・浦和レッズ ・Mr.Children が好物です。
ブログ村参加
2021/04/01
本日のランキング(IN)
フォロー

エピメテウスさんの新着記事

1件〜100件

  • あんまり覚えてないや(HOME)

    あけましておめでとうございます。(遅!)今年もよろしくお願いします。 今日(正確には昨日か?)初詣に近所の神社に行ってきました。今日までいかなかったのはやはり…

  • ψの悲劇

    八田家の執事・鈴木の一人称でストーリーが展開します。 島田文子が亡くなってから約10年後の世界。そこではAIの実用化が進んでいて、人型ロボットも普及しています…

  • 短編ホテル

    ホテルに関わる5編の物語からなるアンソロジー。  ・青い絵本(桜木柴乃)・錦上ホテル(大沢在昌)・聖夜に(下村敦史)・ドン・ロドリゴと首なしお化け(東山彰良)…

  • 未来

    希望を持たせるような20年後の未来からの手紙を受け取った章子。しかしいくら年月がすぎてもその明るい未来がやってこない。厳しい現実が続きます。  貧困、いじめ、…

  • 11月に読んだ本のまとめ

    最近話題になっている鬼束ちひろさん。20年前の曲「月光」に脚光が当たっているようです。ちょっとエキセントリックな人ですが、「月光」は好きです。 曲を聴くとその…

  • 魔女の0.5撃

    久々にひどい腰痛(ギックリ腰?)に襲われています。 ギックリ腰って何かのキッカケで突然痛みが襲ってくるじゃないですか。ところが今回は、午前中はちょっと腰の調子…

  • 愚者のエンドロール

    米澤穂信さんの古典部シリーズ第二弾!  神山高校祭で上映予定のミステリードラマの撮影途中、劇中で一人死者が出たところで脚本を担当していた本郷さんが倒れた!?さ…

  • 身近な紅葉

    なかなか遠くの紅葉を見に出かける勇気がないので、徒歩圏内で紅葉を満喫しています。 その① パキプス様 もう一月前くらいに載せた画像です。良い感じに色づいてまし…

  • χの悲劇

    島田文子の晩年の世界の物語。  島田が働いている香港のトラム内での殺人事件から端を発して、データの世界での攻防から現実世界での逃避行。 正直言ってデータ世界で…

  • むかしむかしあるところに、死体がありました。

    本のタイトルを見たときから気になっていた本でした。タイトルと表紙が、まず面白い。  昔話はぼんやりとしか覚えていないけれど、全編それぞれが面白かったです。 全…

  • 密やかな結晶

    先日近所を歩いていたら、クロネコの人が乗った自転車がパンクする場面に遭遇しました。「ぷしゅ~」「うわ!」うしろの台車にはまだまだ荷物があった様子です。あの後彼…

  • 朽ちないサクラ

    「月下のサクラ」を本屋で見かけ、「朽ちないサクラ」の続編だと知りこちらを再読しました。読書メーターの記録によると以前読んだのは3年半前。”サクラ”とあるので公…

  • キウイγは時計仕掛け

    日本建築学会が開かれる日本科学大学を舞台に、学長と副学長が立て続けに射殺体で発見されます。意味ありげにプルトップ付きで表面にγの文字が書かれているキウイが残さ…

  • 10月に読んだ本のまとめ

    先月は11冊読みました。読書の秋とあってか、読書習慣ができてから自己最高冊数です! ・罪の余白・凍える島・ηなのに夢のよう・殺戮にいたる病・ビブリア古書堂の事…

  • ミカエルの鼓動

    久しぶりに柚月裕子さんの本を読みました。柚月裕子さんは友人から「検事の本懐」を紹介されて以来好きな作家さんで、女性作家とは思えない(そんなことを言ったら今の時…

  • 氷菓

    米澤穂信さんの古典部シリーズの1作目、「氷菓」。日常ミステリーでした。  海外を放浪する姉・供恵からの手紙からの指示により、高校で廃部寸前の古典部に入部した折…

  • ジグβは神ですか

    インスタグラムでフォローさせてもらっている方の投稿に「ブリリアントグリーン」が出てきたので、懐かしくなってYoutubeで検索して聴いてからここ数日「Ther…

  • medium 霊媒探偵城塚翡翠

    ミステリランキング五冠!と帯に記されていたので読んでみました。五冠は以下の五冠だそうです。 ★第20回本格ミステリ大賞受賞★このミステリーがすごい! 1位★本…

  • パキパキプスプスパキプスプス

    今年の2月に塊根植物の王様と言われるオペルクリカリア・パキプスの実生1年苗を購入しました。 その当時の画像がこちら。  今見るとひょろっひょろです。現在の様子…

  • 目薬αで殺菌します

    萌絵が東京の大学に就職したり、加部谷と海月の関係が進展したり、探偵赤柳が襲われたりと、盛りだくさんなGシリーズ7作目でした。  あまりレギュラーメンバーによる…

  • フーガはユーガ

    主人公に少し特別な能力を与えて物語を進めるいつもの伊坂さんらしい本でした。今回は双子の兄弟(優我と風我)が、誕生日の日に2時間おきに居場所が入れ替わると言う特…

  • ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~

    古書をめぐる短編ミステリー。いわゆる安楽椅子探偵ものでした。  目次を見て夏目漱石や太宰治の古書が出てたので文学的素養のない僕としたら読み終えられるのかと思い…

  • 殺戮にいたる病

    題名に惹かれて読んでみました。  女性ばかりを襲う連続猟奇殺人。加害者の蒲生稔、加害者家族の蒲生雅子、刑事を定年退職した樋口武雄の3人の視点で書かれたそれぞれ…

  • サボテンの植替え

    昨日はお天気も良く、うろこ雲が秋だな~って感じさせてくれました。  サボテンの親子が斜めになってしまっていたので、涼しくなってきたこのタイミングで植替えを行い…

  • ηなのに夢のよう

    Gシリーズ6作目です。  「ηなのに夢のよう」と象徴的な書置きのある首つり死体が5件発生します。それぞれ10m近い高い木の上、池の中にある島、全くの他人の家の…

  • 凍える島

    1999年の作品とは知らずに本屋さんで推されてたので読んでみました。新しい帯には「間違いなく面白い!!」「クチコミで急上昇の傑作!」「突然爆売れの本格ミステリ…

  • 罪の余白

    最近お気に入りの作家さん、芦沢さんの作品。読み終わってから知ったのですが、この本が芦沢さんのデビュー作だったとか。心理描写がとても精緻に描かれていて物語に引き…

  • 9月に読んだ本のまとめ

    先月は7冊読みました。 ・嗤う淑女(中山七里)・θは遊んでくれたよ(森博嗣)・τになるまで待って(森博嗣)・青空と逃げる(辻村深月)・εに誓って(森博嗣)・ふ…

  • λに歯がない

    Gシリーズ5作目です。 四人の銃殺された死体がT建設技研の実験室で発見され、その四人の死体の歯がすべて抜かれていた。。。・・・あ、これもなんだか読んだことがあ…

  • ふたたび嗤う淑女

    秋分の日が過ぎて暑さもひと段落したところでエアコンが壊れました。姉曰く、空気が読める賢いエアコンだそうです。姉に座布団あげましょう! さて、「ふたたび嗤う淑女…

  • εに誓って

    相当以前に読んだ本の再読です。Gシリーズで読んだことがあるかも?と「φは壊れたね」を記事にした際に言っていたのはこの本でした。「東京から那古野へと向かうバス」…

  • 青空と逃げる

    父・拳の不倫疑惑の為に高知、兵庫、大分、仙台と逃避行を続ける母親・早苗とその息子・力。 母子の成長に心を打たれました。  --引用-- どの仕事も誰だって最初…

  • vaccine fever

    月曜日の夕方に二回目の新型コロナワクチンを接種してきました。接種したのはファイザーです。 疲れて免疫力が落ちた状態で摂取すると副反応が酷くなると聞いたことがあ…

  • τになるまで待って

    陸の孤島のような建物、伽羅離館(がらりかん)内で起こる密室殺人。前作θではプロローグで3人も死んだのに、今回は殺人事件が起こるのは本の半分辺りからでした。待ち…

  • θは遊んでくれたよ

    「φは壊れたね」に続いてGシリーズ二作目の「θは遊んでくれたよ」を読みました。  本書は前作とは異なって珍しく密室殺人ではありませんでした。作中で西之園萌絵(…

  • 嗤う淑女

    この本の著者・中山七里さんの初読みは「連続殺人鬼 カエル男」でした。あまりに惨い表現が多く、顔をしかめながら読んだ記憶があって、避けていた作家さんでした。少し…

  • 8月に読んだ本のまとめ

    先月は8冊読みました。自分としては多く読め、先月の倍です。なんでしょうね、読書スイッチが入ったらしいです。 ・灰の劇場(恩田陸)・φは壊れたね(森博嗣)・本と…

  • 花井おばあさんが解決! ワケあり荘の事件簿

    全4編の連作短編集でした.。  65歳以上の独居老人専用アパートの住人を中心に起こる事件の数々。その事件をアパートの住人・花井おばあさんが鋭い観察眼で次々に解…

  • 三角なデザートローズ

    数年前からまったく水遣りすることなく、雨水のみの状態だったデザートローズ錦(唐印錦)。ベランダが狭いので枯れたら枯れたでしかたない。むしろ鉢を減らしたいので枯…

  • 負けるな、届け!

    健康維持のために数年前からジョギングペース(より遅いかも?)で走っていまして、そのころに一度読んだ本で、再読です。コロナ前には10キロの大会は出られるようにな…

  • 儚い羊たちの祝宴

    アンソロジー「神様の罠」で米澤穂信さんの短編を読んで以来、米澤さんがマイブームになっています。 今回読んだのは「儚い羊たちの祝宴」。  5編からなる短編小説で…

  • PK

    8月の半ばだというのに朝方はひんやりとしています。タオルケットだけでは肌寒いので薄手の掛け布団を出してきました。 さて『PK』。久しぶりの伊坂さん作品です。伊…

  • 夜空に泳ぐチョコレートグラミー

    「52ヘルツのクジラたち」で本屋大賞を受賞された町田そのこさんのデビュー作「夜空に泳ぐチョコレートグラミー」を読みました。  表題作を含む全5編からなる連作短…

  • 本と鍵の季節

    米澤穂信さんの作品で初めて読んだのが「満願」でした。「満願」を読んだ印象がとても暗く、それ以来米澤さん作品は敬遠していたのですが、先日「神様の罠」に収録されて…

  • φは壊れたね

    オリンピックの開会式を録画しておいたのですが、全部見終わる前に閉会式になりそうです。 森博嗣さんの作品は学生時代に「すべてがFになる」で有名なS&Mシリーズを…

  • 灰の劇場

    ブログのフォロワーさんが読まれていて興味を持ち、恩田陸さんの「灰の劇場」を読みました。 1994年に起こった女性二人の心中事件の小さな新聞記事が題材です。心中…

  • 播種から4ヶ月

    すっかり植物たちの記事を書くことをさぼってました。実生している植物については前回(→★)から3か月ぶりの更新になります。 結局デカリーは発芽しませんでした。残…

  • 7月に読んだ本のまとめ

    サッカーオリンピック代表がニュージーランドにPK戦で勝って準決勝に進出しました!PK戦と言えば2007年ACL準決勝の浦和対城南。当時前場に参戦していましたが…

  • 神様の罠

    乾くるみ、米澤穂信、芦沢央、大山誠一郎、有栖川有栖、辻村深月の6名による短編集です。  初読み作家さんの有栖川有栖の「推理研vsパズル研」が面白かったです。 …

  • 火のないところに煙は

    心霊現象とか超常現象って、小さいころから好きだったんです。論理で説明できない現象って興味深いじゃないですか。怖いもの見たさってあるじゃないですか。 なので心霊…

  • 甘美なる誘拐

    最近は資格取得の勉強にどっぷり浸かっていて読書を後回しにしていました。以前の記事にも書いていたように、MOS(Microsoft Office Special…

  • 大分 vs 浦和(J1-22節)

    さきほどPCを立ち上げたら、入れた記憶のないbitLockerが起動して驚きました。どういうことなんだろう?bitLockerは暗号化ツールなので問題はないん…

  • 仙台 vs 浦和(J1-21節)

    どうしても仙台には良いイメージがない。直輝に大怪我を負わせたチームだからなのかな?観ていて熱くなります。 今日の試合ではその思いが乗り移ったのか、珍しく小泉が…

  • 麦の海に沈む果実

    恩田陸さんの作品はいくつか読んでいますが、僕にとって読みやすい作品と読みにくい作品があります。前者は例えば「ドミノ」、「蜜蜂と遠雷」、「夜のピクニック」。後者…

  • 浦和 vs 福岡(J1-20節)

    今読んでいる小説の世界では曇りや雨が多く、現実の世界も梅雨空。なんだか陰鬱な気分になりがちです。 が、今節も浦和が勝って(2-0)気分を上げてくれました。そん…

  • 柏 対 浦和

    最近MOS(Microsoft Office Specialist)の試験を受けています。バージョンは365&2019です。 先月はExcelを受けて合格でき…

  • 元彼の遺言状

    設定が面白かったです。 資産家の元彼(栄治)が自分を殺した犯人に全財産を譲るという遺言状を残し、元カノの敏腕弁護士・剣持麗子が奔走すします。 拝金主義の麗子で…

  • 道化師の蝶

    読了できませんでした。 「道化師の蝶」、「松ノ枝の記」の二編からなる作品です。  「道化師の蝶」を読み終えたところで、もうわけわかめ「松ノ枝の記」は読む気にな…

  • 5月に読んだ本のまとめ

    今月はどたばたとして気ぜわしくてなかなか読書ができませんでした。そうでなくても読むのが遅いのに・・・。 5月に読んだのは3冊。中でも『苦役列車』は面白かったで…

  • 火車

    とても緻密に書かれた作品で面白かったです。600ページを超える長編でしたが、飽きることなく読み終えました。次から次へと明らかになっていく彰子及び「彰子」の事実…

  • 天文ショー

    小学生のころに黄色い望遠鏡を買ってもらって近所の田んぼに出て夏の大三角形を観たりしていましたが、最近はめっきり天文方面への好奇心が薄れていまいた。それが昨日、…

  • 苦役列車

    『苦役列車』と『落ちぶれて袖に涙のふりかかる』の2遍からなる第144回芥川賞作品。 《苦役列車》10代の北町貫多はプライドが高いくせに小心者で怠惰で自分を大き…

  • 今年も咲いた、サボテンの花

    昨年大輪の花を咲かせてくれたサボテンが、今年も咲いてくれました。    これから毎年5月に咲いてくれるのかな? ↓去年の記事↓『サボテンの花』「ひとつ屋根の下…

  • 新世界より(下)

    公園のベンチで読了しました。目の前には多くの親子連れが遊んでいて、「アンパンマンいなくなっちゃったねー。探しに行こう!」と言っているような長閑な光景。一方で本…

  • 4月に読んだ本のまとめ

    最近は近所の公園に行って読書をすることが増えました。木陰のベンチに腰を下ろしてそよ風に吹かれながらの読書です。気持ちいい。 人に慣れてしまった鳩が時々足元をう…

  • 播種から1ヶ月(恵比寿笑い・ランポー玉・デカリー)

    4月1日に種をまき、今日でちょうど1ヶ月が過ぎました。  今日までの発芽率は・・・ 四角ランポー玉:9/14恵比寿笑い:1/14デカリー:0/6 となっていま…

  • ニュージーランドから 羊の国のラブラドール絵日記シニア

    10年以上前から楽しませてもらっているブログが本になりました。ニュージーランドでファームをやってるゆうさんが飼っている2頭のラブラドールの姉弟のブログ本です。…

  • 新世界より(中)

    家の近所で体長20cmくらい(尻尾を入れると30cmくらい?)のネズミ(たぶんドブネズミ)を見かけて、埼玉南部の住宅街にもまだネズミっているんだなと思いました…

  • 小泉佳穂の存在感ましまし

    大分戦、まさにシーソーゲームの上で3-2のスコアで浦和が勝ちました!浦和が勝つこと前提ですが、シーソーゲームは見ていて楽しい! 若干槙野にツキがなくて2失点に…

  • 新世界より(上)

    昨年の2月に昨年度の健康を祈願して都内の神社に参拝に行きました。無事(?)1年間が過ごせたので感謝の意味を込めて再度参拝したいのですけれど、新型コロナの影響で…

  • 腹筋やったら肩がつったでござる

    去年在宅勤務が始まった去年の今頃に腹筋をつけようと思って筋トレやってましたが、すっかり怠けてしまってました。で、最近再開したのですが、なぜか肩がつります。 や…

  • 播種から2週間(恵比寿笑い・ランポー玉・デカリー)

    前回種まきから1週間の様子を紹介してから、さらに1週間がたちました。 ↓前回の紹介記事『播種から1週間(恵比寿笑い・ランポー玉・デカリー)』2月中旬に春めいて…

  • 播種から1週間(恵比寿笑い・ランポー玉・デカリー)

    2月中旬に春めいてきて植欲が増してきた時にseed stockさんより2種類の種を購入しました。 ・パキポディウム レウコキサンツム 恵比寿笑  Pachyp…

  • 木曜日にはココアを

    ★★★★★本の紹介[Amazonより] 著者:青山 美智子 わたしたちは、知らないうちに誰かを救っている――。川沿いを散歩する、卵焼きを作る、ココアを頼む、ネ…

  • 死者の奢り・飼育

    ◆◆◆◆◆本の紹介[Amazonより] 屍体処理室の水槽に浮き沈みする死骸群に託した屈折ある抒情「死者の奢り」、療養所の厚い壁に閉じこめられた脊椎カリエスの少…

  • アメブロからアメブロへの引っ越し作業

    以前は別のアカウントで13年ほどブログをやっていました。が、諸事情によりブログを移転しました。13年やってたのでそれなりに愛着があります。できるなら全記事を新…

  • 3月に読んだ本のまとめ

    旧ブログから引っ越してきた際にamebaPickを使っていた記事がまるっと移行漏れしてしまって、こちらに反映されておらず悔しいです。僕の場合は儲けようと思った…

  • まだ一次元にもなっていない。

    この宇宙は11次元から成っていると聞いたことがあります。縦×横×高さで三次元。これに時間が加わって四次元。残りの7つの次元は「強い力」の中に折り畳まれていると…

  • 小泉佳穂と伊藤敦樹と阿部勇樹

    浦和レッズ、横浜FCに2-0で勝ちました!今季初勝利です。 【公式】浦和vs横浜FCの試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2021年3月10日):Jリー…

  • 13年前と同じ香り

    まずはこの記事。 浦和ユース黄金世代の同期ふたりが7年ぶりにピッチ上で再会!74分間の邂逅…会見で語り合った想いとは?(SOCCER DIGEST Web) …

  • カシミアバイオレットの株分け

    伸び放題になっている我が家のカシミアバイオレット。以前は黒法師だと思っていたのですが、色々と調べるとカシミアバイオレットの方がしっくりくるようになりました。 …

  • 12月に読んだ本のまとめ

    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 さて、年初めは先月読んだ本のまとめです。本の記事を書くのは一昨年の4月以来なんですね。記事にはし…

  • 馬子にも衣装

    サボテン達を植え替えました! 前回植え替えたのが2017年5月だった様で、ちょっとブログをサボってた時期でした。でも写真は撮ってありましたよ。当時の写真がこち…

  • 少しずつで良いんです。

    キンモクセイの香りが漂い始め、過ごしやすい季節になってきました。 6月に購入してから4ヶ月。梅雨の間は日照不足でイノピの葉がグッタリしてました。  一方でグラ…

  • ALIVE

    最近、片道の通勤時間でアルバム1つ聞けることに気がついて、ミスチルのアルバムを改めて色々と聞いています。あ、でも「REFLECTION」は流石に長すぎて往復で…

  • 出逢ってしまった塊根植物

    前回の記事でサボテンの花が咲きまして、植欲(植物への欲求)がマシマシになりました。そこでネットで色々と植物を見ていたら、塊根植物と言う物に出逢ってしまいました…

ブログリーダー」を活用して、エピメテウスさんをフォローしませんか?

ハンドル名
エピメテウスさん
ブログタイトル
CHILDREN'S WORLD 2nd
フォロー
CHILDREN'S WORLD 2nd
カテゴリー一覧
商用