searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
京都大神宮のブログ
ブログURL
http://kyotodaijingu.sblo.jp/
ブログ紹介文
京都大神宮の神主が書くブログです。 神道、京都についての情報をメインに掲載いたします。
更新頻度(1年)

1465回 / 365日(平均28.1回/週)

ブログ村参加:2011/04/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、京都大神宮さんをフォローしませんか?

ハンドル名
京都大神宮さん
ブログタイトル
京都大神宮のブログ
更新頻度
1465回 / 365日(平均28.1回/週)
フォロー
京都大神宮のブログ

京都大神宮さんの新着記事

1件〜30件

  • 工事安全祈願祭

    ある建設業の方から伺いました。 これまで、建築物を構築されるときには、まずは、土地を平地にしましてから、土地の清祓い、あるいは、地鎮祭を斎行し、そのあと工事に取り掛かるのが一般的でしたが、最近は、施主さんで地鎮祭などをなさらない方がおられるそうです。 ところが、工事関係者の方は、地鎮祭をいたしませんと、いろいろと問題が起きることを経験からご存知のため、困られるそうです。 そこで、最近、工事…

  • ある神職の方から教えて頂きました。 あたしたちはこの世で生きるために数多くのものを用います。 しかし、それらのものは、単なる目的のための手段ではないそうです。 神道では、全てのものに魂が宿ると考えます。 あたしたちはそれらの存在を意識し、時に感謝の念を示すことが肝要であります。 プライドや虚栄心のためにものを利用しようと致しますと、端的な表現をしますれば、物に執着しますと、物への執着心…

  • 笑っておられますか

    亡くなられた村上和雄先生たちの科学的な調査により、笑いは、あたしたちにとって良い遺伝子をオンにし、免疫力を向上させ、周辺を明るくし、気持ちを前向きにすることが出来、しかも副作用のない万能の妙薬であることが証明されました。 また、心理学者の研究によりますと、毎日声を出して会話をすることが精神衛生上とても有益であることも立証された由です。 しかしながら、新型コロナウィルスの感染拡大による外出自粛…

  • 2021年09月16日のつぶやき

    kyotodaijingu22 / 京都大神宮…

  • 「お月見」と「長月 月の光」特別限定朱印授与のお知らせ

    中秋(ちゅうしゅう)の名月とは、旧暦8月15日の十五夜にお月見をするならわしです。 旧暦では7,8,9月を秋としており、その真ん中の日の8月15日を「中秋」と呼び、その晩に上がる月のことを「中秋の月」と言っていました。 中秋の名月の別称である十五夜(のお月さま)もこの旧暦の頃の名残です。 お月見と言えばススキですが、ススキを飾るのには諸説あるようで、まずは、稲の代わりだそうです。 稲は既に収穫して…

  • 「お月見」と「おつきみ」ミニの特別限定朱印授与のお知らせ

    昨日もたくさんの方にお参り頂き、ありがとうございました。 9月と申しますと、秋の夜空に浮かぶ、美しい月を眺める「お月見(十五夜)」ですが、十五夜は、毎年日にちが異なっており、今年、令和3年の十五夜は、9月21日(火)です。 夏が過ぎ、涼しくなり始めたこの時期に、満月の夜を見て楽しむのは、日本の秋の風物詩ともいえます。 このお月見を記念いたしまして、本日より、「お月見」と「おつきみ」ミニの特別…

  • 空気の研究

    様々な文化論他で深い教養に裏打ちされた独特の視点から文化を語られた山本七平さんは、「空気の研究」という本を上梓されました。 日本人を論じた本として夙に有名ですが、日本人は時として、冷静な判断に立脚するよりもその時の空気(周辺の雰囲気)に左右され、論理的になれないとの趣旨であり、今もう一度読み直す価値のある本かもしれません。 何度かお会いしたこともありますが、とても静かで穏やかで、丁寧な言葉遣…

  • 2021年09月15日のつぶやき

    kyotodaijingu22 / 京都大神宮…

  • 特別限定朱印「重陽の節句」授与最終日のお知らせ

    9月9日が「重陽の節句」でしたので、9月は、毎月の限定の書置きの朱印に加えまして、特別限定朱印「重陽の節句」の書置きの朱印を授与してまいりましたが、本日が授与の最終日となります。 ご希望の方はご注意ください。 なお、9月の書置きの限定印「長寿」と「こすもす」、および同じくミニの書置きの朱印につきましては、現在も授与中です。 また、明日より新しい書置きの朱印の授与を検討中です。 皆様のご参…

  • ミニの書置きの特別限定朱印「重陽の節句」授与最終日のお知らせ

    昨日もたくさんの方にお参り頂き、ありがとうございました。 気温は下がり過ごしやすかったのですが、京都は、一日中雨でした。 台風が接近している由、気を付けたいものです。 さて、9月9日の重陽の節句を記念して授与してまいりました、ミニの書置きの特別限定朱印「重陽の節句」ですが、本日が授与最終日となります。 ご希望の方は、ご注意ください。 なお、本日は、月並祭の日ですが、新型コロナウィルスの…

  • 痛み

    ある霊能者の方から伺いました。 あたしたちは日々活動により、心に善きもの、悪しきものが積み重なってまいります。 善きものは、新たな善きものを引き寄せ、積極的で効果的な御霊磨きを為すことが益々できやすくなります。 しかしながら、人間は、どちらかと申しますと、悪しきことに心を奪われがちとなります。 心に痛みを保存いたしますと、心は、益々痛みを捕食し、痛みのエネルギーを随時補給しようと致します…

  • 2021年09月14日のつぶやき

    kyotodaijingu22 / 京都大神宮…

  • 人間関係と言葉

    ある神職の方から教えて頂きました。 あたしたちがこの世で持つ最も大きな悩みの一つは人間関係であります。 しかし、この人間関係から起こる問題、様々な要因が絡んでいるように見えますが、それを煎じ詰めますと、単なる言葉の交換に起因するものがほとんどです。 つまり、思考の次元で起こっているわけです。 さすれば、善き人間関係を構築するためには、そして、悪しき人間関係から解放されるためには、思考に静…

  • 巫女の柄入りの朱印帳と朱印袋

    巫女の柄入りの朱印帳と朱印袋に付きましてお問い合わせを頂いております。 新型コロナウィルスの感染拡大による緊急事態措置に伴い、京都府外からのお問い合わせもたくさんいただいておりますが、現在も、各種の巫女の柄入りの朱印帳、京都大神宮の社門入りの朱印帳、ミニの朱印帳、そして、朱印袋もすべて授与中ですので、ご希望の方はご参拝の折、社務所でご覧ください。 また、当宮の従来の朱印に加えまして毎月その月…

  • 人間原理

    物理学を極めている方によりますと、この宇宙が今の形を作るため、そして、あたしたちがここに生きているためには、宇宙を構成する様々な変数をとても精妙で微妙な数値に定めねばならず、それは偶然にしては、あまりに出来すぎているそうです。 そのため、実は、あたしたちがここに生きるために様々変数の数値が決められていると考えるいわゆる人間原理を唱える方がおられます。 その一方、いわゆる科学的考察と主張される…

  • 2021年09月13日のつぶやき

    kyotodaijingu22 / 京都大神宮…

  • 秋季祖霊祭

    9月23日、秋季祖霊祭を斎行いたします。 祖霊祭では、あたしたちのご先祖様に想いを致し、今・ここにあたしたちがいるのはご先祖様のお陰ですから、あらためまして、ご先祖様に感謝の祈念を捧げるのが肝要です。 ただ、新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、京都も緊急事態措置が適応されており、また、神社庁からの要請もありますので、ご参拝の方は、マスクを付けて頂き、ソーシャルディスタンスを保ってご着席、ご参…

  • 怖れと不安を払しょくする

    ある神職の方から教えて頂きました。 冷静に自分自身を振り返りますと、あたしたちのほとんどの行動の背後には、「恐れと不安」が佇んでおります。 お金が無くなったら、病気になったら、好きな人がいなくなったら、などなど、様々な恐れと不安があたしたちを怯えさせ、極端な場合には、敵を作ることにもなります。 「恐れと不安」も神様がお創りになられたものですから、勿論意義があります。 それはあたしたちを動…

  • 祈りは真剣に

    ある神職の方から教えて頂きました。 ご神前で、神様に祈られるとき、本当に祈りは叶えられると思って祈っておられますか? あたしたちが真剣に祈りをささげるとき、時期は、それが叶えられることにより最も良い時期に叶えて頂くため、あたしたちたちの希望の時に叶えられないかもしれませんが、それは必ず叶えられるそうです。 さすれば、祈りは怖いとも申せます。 迂闊に祈ることは厳に慎まなくてはなりません。 …

  • 2021年09月12日のつぶやき

    kyotodaijingu22 / 京都大神宮…

  • 神様のことを学ぶ

    最近は、ご自宅に神棚を設ける人が増えてきているようです。 神様と常に在るということは素晴らしいことです。 そして常に神様のことを想うことが間違った道を歩まぬ要諦だそうです。 ところで、ご自宅の神棚にお祀りなさっている神様については、ご存知ですか? 明治神宮をご参拝なさっている方に明治神宮の御祭神について質問されたところ、全く知らないといった方も多くおられ、明治天皇さまのお名前を答えられる…

  • 勝手に自分に枠をはめない

    あたしたちは、得てして勝手に自分に枠をはめがちです。 例えば、毎日8時間の睡眠時間を取らなければならないとの情報に翻弄されて、少しでも睡眠時間が足らないと、健康を害するのではないかと心配し、果ては、眠くなくても寝なくてはとの執着に捉われます。 寒いところにいると風邪をひく、等々、あたしたちは勝手に自分に限界を作り、枠をはめがちです。 しかし、神様の子供であるあたしたちは実は万能であり、そん…

  • 神様の良き気を受ける

    ある神職の方から教えて頂きました。 新型コロナウィルスの感染拡大がなかなか収まらず、人との関係が疎となり、外出もままならず、精神的に疲れておられる方も多いようです。 こういった時には、いつもにも増しまして体調管理に留意するとともに、神様に心をケアして頂くことが肝要です。 毎日神棚やご神前で手を合わせて、ご祈念なさるとともに、神様の良き気を取り込まれて、身体自ら神様の良き気に満たされて新型コ…

  • 2021年09月11日のつぶやき

    kyotodaijingu22 / 京都大神宮…

  • 9月11日からの社務所の受付時間

    昨日は、祭事の準備他のために終日社務所の受付を休止いたしましたが、本日からは、通常通り、午前9時から午後4時迄受付をいたします。 限定の書置きの朱印に付きましてご質問を頂いております。 9月の限定の書置きの朱印は、「長寿」と「こすもす」の2種類、同じくミニの書置きの朱印は、「敬老の日」と「お月見」で、現在も授与しております。 また、現在「重陽の節句」を記念しまして、「重陽の節句」の書置きの…

  • 空の足跡

    京都大神宮の七色鱗型のお守り袋、巫女の柄入りの朱印帳や巫女のキーホルダーのお守りなどを様々なメディアで取り上げて頂いておりますが、今回スカイマークの機内誌で取り上げて頂きました。 空の旅をなさる時、ご覧ください。 なお、掲載されております朱印は、令和元年12月のものですが、その月に因んだ季節印は毎月変わります。 また、このほかにも、毎月その月に因んだ限定の書置きの朱印なども授与しております…

  • 周りの自然を観察する

    ある神職の方から教えて頂きました。 あたしたちの周辺の動物、草花、木々を始めてみるが如く観察されるのが肝要です。 当然と思っている、動物、草花、木々の何と素晴らしいことか。 見事な造形美、奇跡の集積の数々です。 そしてそれらが、いかに大いなる存在である神様の中で安らいでいるかを感じるのが肝要だそうです。 あたしたちは、善きことは傍らに置き、悪しきことにばかり振り回され、ますます悪しきこ…

  • 2021年09月10日のつぶやき

    kyotodaijingu22 / 京都大神宮…

  • 9月10日、社務所の受付休止のお知らせ

    昨日もたくさんの方にお参り頂き、ありがとうございました。 昨日は、急な祭事の準備などがあり、午後から社務所の受付を休止いたしましたが、本日、10日も、祭事の準備他のために終日社務所の受付を休止いたします。 社務所に御用の方は、ご注意ください。 昨日、京都は、雨も降らず、またまだまだ暑いものの、時々吹く風に秋を感じました。 新型コロナウィルスの感染拡大の収束がまだまだおぼつかないようです。…

  • 神社の杜に親しむ

    ほとんどの神社の境内には木々が植わっております。 伊勢神宮に行かれますと、長い時間静かに人間の歴史を眺めてきた多くの木々に出会うことが出来ます。 そして、多くの神社のいわゆるパワースポットは、それら境内に植わっている木々に関係する場所が多いようです。 「気は木に宿る」の諺の通り、木々には、霊が宿るようです。 そのため、伊勢神宮の遷宮の時、社殿を立て直すに際しまして、社殿にも増して、社殿の…

カテゴリー一覧
商用