住所
一宮市
出身
一宮市
ハンドル名
シュウさん
ブログタイトル
洋画家三輪 修 甦る記憶との間で・・・
ブログURL
https://ameblo.jp/miwa-art/
ブログ紹介文
絵画制作・日々の日記や絵画教室・個展・展覧会などの紹介です。
自由文
更新頻度(1年)

10回 / 3671日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2009/01/05

シュウさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 10308 10419 9580 10413 12002 12001 11197 946482サイト
INポイント 10 20 40 40 20 20 40 190/週
OUTポイント 0 20 30 30 10 20 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 57 57 47 53 71 71 61 8217サイト
絵画 34 35 31 33 36 36 36 812サイト
油彩画 2 2 2 2 2 2 2 259サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 37216 37735 36997 39688 42588 42703 45030 946482サイト
INポイント 10 20 40 40 20 20 40 190/週
OUTポイント 0 20 30 30 10 20 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 151 150 147 161 183 187 204 8217サイト
絵画 40 41 40 41 43 41 47 812サイト
油彩画 5 5 4 5 6 6 8 259サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946482サイト
INポイント 10 20 40 40 20 20 40 190/週
OUTポイント 0 20 30 30 10 20 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 0 0 0 0 0 0 0 8217サイト
絵画 0 0 0 0 0 0 0 812サイト
油彩画 0 0 0 0 0 0 0 259サイト

シュウさんのブログ記事

?
  • 白日会中部支部会員展 

    白日会中部支部会員展 会期:2019年1月16日(水)~22日(水)   午前10時~午後7時30分    最終日は午後5時終了会場:名古屋栄三越 7階 特選…

  • テディ ベア

    世界に1915体しかないシュタイフ社のテディベアを迎え入れた。 体形が現代のテディベアとはちょっと違う。 流行のようなものがあるのかもしれない。 長旅だったの…

  • あけましておめでとうございます

    あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。   クリックして頂ければ幸いです  ↓にほんブログ村↓人気ブログランキング 

  • クリスマス・イヴ礼拝

    クリスマスイヴ礼拝で家内が聖書朗読をすることになっていたので早めに教会に出向いた。 イヴ礼拝は、ろうそくの炎だけで行われる。厳粛な雰囲気で聖歌を歌いながらキリ…

  • 白日会中部支部 第8回小品展

     白日会中部支部 第8回 小品展 開催中です。 入場無料    クリックして頂ければ幸いです  ↓にほんブログ村↓人気ブログランキング 

  • 運動不足解消

    日頃の運動不足を解消する為に、毎朝30分程度歩いている。 時々、速歩きを混ぜながら歩くようにしている。 多少のストレス解消にはなると思う・・・ それにしても、…

  • 折原一 驚異のヴァニタス・コレクション

    ミステリー作家 折原一さんの骸骨絵コレクション展と石田黙展が東京銀座のヴァニラ画廊で同時開催されます。 私の作品も展示されるので是非ご覧ください。詳細は以下に…

  • 第44回公募中部白日会展

    【展覧会のお知らせ】 第44回  公募中部白日会展  会期 : 9月19日(水)~24日(月) 会場 : 電気文化会館 5F 西ギャラリー  ※ 30号 一点…

  • 2018一宮市作家協会展

    以下のように展覧会が開催されています。 出品作品 『ささげもの』 1223x752 油彩 1点 最終日16日(日) 15時から会場のどこかにいます。ご都合よろ…

  • 長谷川利行展&中山忠彦展

    碧南市藤井達吉現代美術館で開催されているい長谷川利行展に出かけた。独特な色彩感覚で自由奔放な筆触は抽象絵画を見ているようで楽しかった。是非、作品と対面し作者の…