chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~ https://nikki-1965nen.com/

夫が発達障害と気づかずに結婚して30年たちました。結婚当時は、発達障害という言葉もあまり一般的ではなかったように思います。 子供が成人した今、残った半分の人生を自分のために使いたいのですが、いろいろ悩みどころが多くて頭を抱えています・・

スズキ
フォロー
住所
関東地方
出身
未設定
ブログ村参加

2021/11/27

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 大人の発達障がい~子供以下とはよく言うけれど

    朝から雨。丸1日続けば、気分もウツウツとします。 夫は、自分ではまったく自覚がないと思いますが、わたしから見たら、間違いなく発達障がいの兆候があります。 大人の発達障がい(ASD)の特性の1つに、「こだわりが強い」「変化を嫌う」という、【同一性の保持】というものがあります。 夫が、仕事を辞めてきて、家に引きこもっていたころの話しです。 当時子供2人は、まだ小学生。 低学年のあたりまでは、水泳、ピアノ、英語といくつか習い事をさせていました。でも、もうこのころは収入の悪化で、いっさい辞めていました。 そのため、帰宅後は、よく家事を手伝ってくれました。 2人とも、なぜか聞き分けが良い子供でしたので、…

  • 一時停止で、心に傷を負ったわたし(財布にも)

    昨日書いた、運転中に違反でパクられた事情を、ご説明いたします。 通勤途中の道路に、一時停止をする交差点があります。ここで「一時停止無視」で、パクられました。 この停止線のところで車を停めても、左右から来る車は、一向に見えません。まったくと言っていいほど、見えません。 停止線から、さらに1m近く前に出ないと、実際は見えないのです。それなのに、ここでは1年に1回あるかないかで、取り締まりがあります。 朝、「やられた!」と、大憤慨して出勤してくる同僚が、たまーにいます。 同僚いわく、「ちゃんと停まったのにさ!」と、言うのです。 これは、経験者なら、わかります。3秒間きっちりと停まらないと、停止したと…

  • 免許証がゴールドからブルーへ格落ち~保険の手続きは

    通勤途中に、本当に運悪く、ポリ公に捕まってしまいました。 スピード違反じゃありません。スピード出す派の割に、これまで違反で捕まったことはありませんw。 免許を取得して37年、無事故無違反の看板はここに幕を下ろしました(その腹立つ話はいずれまた)。 そして、車の保険の更新時期です。 今は1か月前になると、親切に保険会社からお知らせが来ますよね。「ネット割引するから、早く更新してねー」て、やつですね。 ネット割引1万円とか、誰だって適用されるじゃん。原価いくらだよって突っ込みたくなりますが、わたしも割引きが欲しいので、黙って更新の手続きをしますw。 今回、免許証の色が変わった時の、申告のタイミング…

  • こどもの虐待(かもしれない)を目撃した話し②

    以前にも書きましたが、これも、うちのこどもが小さかった時分の出来事です。 nikki-1965nen.com 当時は、お弁当を持って、子供と3人でよく公園で遊びに行きました。お金がかからない遊びの最適解ですね。 その公園は、ちょうど木登りできる小さめの木が、たくさんあるのです。 それを目当てにやってくる親子連れも多く、土日はおおいににぎわいます。子供は、木登り、好きですよね。 木登りとはいえ、玩具ではない天然の木なので、落ちては大変です。親は、下から見ていなければなりません。 わたしも、そこそこ適当な親だったので、(つきあいきれん)と芝生に腰をおろして、ただ眺めていました。 すると、登ったはい…

  • 毒親って、こういう人のことですか

    最近は、毒親という言葉を、メディアでよく見かけます。 どこから、生まれた言葉でしょうか。でもこれを知った時、もしかしたら私の場合も、そうなのではと思いました。 私の母は、自分の意見を押し通さないと、気が済まない性格です。 わたしは、幼い頃から気づいていました。 何か相談事を聞いてもらいたくても、結局自分が、親の話しを聞くだけになってしまうのです。母は、わたしの話しには、全く耳を貸しません。 10代のうちに、母親に悩み事を打ち明けたり、聞いてもらったり、相談するといったことは諦めました。説教で終わるだけで、問題解決には至らないからです。 父親は割と寛大な性格で、何かでこじれてしまっても、父親の方…

  • 本当に消費税15%になっちゃうの!?

    再来年、2024年10月から始まる、らしいとのですが・・・。 大体、妙なものに人の税金を使っているから、腹が立つんです。 マスクだって、結局大量に在庫が残ったっていうじゃないですか。旅行支援だって、旅行に行く人、行ける人ばかりじゃないはずです。 税金は全国民から徴収しているのですから、日本のトップにいる人は、もっと先の見通しを考えてくれよって思います。 年金も、少しづつ少しづつ、受取額が減らされています。 介護保険も、どんどん上がっています。夫の微々たる年金からだって、容赦なく徴収されます。先だって、その額が8000円/月以上と判明しました。そんな額を払ったら、手元にいくらも残らないじゃないで…

  • 夫がバカに早く起きるのですが

    夫は60代半ば、私よりも年上です。 色々不仲な夫婦ですが、同じ部屋で寝ています。お布団で寝ていますし、和室がここだけ、かつ1番広いので、タンスなどを置いてしまったからです。 それに、夏のエアコン問題もあります。 真夏はほとんど、一晩中つけっぱなしですからね。それを×2部屋では、電気代を無駄に食います。 もちろん、布団はなるべく離し、間に背の高いパーテーションを立てています。 私は布団に入ってからも、寝つくまで時間がかかります。仕事に行きたくなくては、グズグズスマホを見てしまうので、遅くまで起きています。1時までには、眠りたいのですが、なかなか難しいです・・。 夫は、10時過ぎには休みま…

  • 独身の叔父叔母の老後~思わぬ負担

    身の回りに、結婚せずに独身のままでいる、叔父さんや叔母さんといった方はいらっしゃるでしょうか。 わたしには、幾人かいます。普段はまったく交流もなし、そして昔の人は、大体兄弟姉妹がいます。 ですので、ほんの露ほども気にかけていませんでした。 しかし今日、職場の独身女性の愚痴を聞かされて、アッと思いました。 彼女のお母さんは、もう亡くなっています。 実家には、お父さんと、離婚して戻ってきた叔父さん、独身の叔母さん。つまり父親が、自分の兄弟と住んでいる形です。 コロナで、数年帰省せず、お盆に久しぶりに帰ってみて、驚いたらしいのです。 まずは、一番年上の叔母さん。スマホを購入したものの、全然使えず、料…

  • 成仏した弁当箱

    昨日の土曜日です。午後から雨も上がり、少し窓を開けていました。 外から、子供の遊ぶスケボーの音が、ガラガラと元気よく聞こえます。 田舎の住宅地の道路です。車の姿が見えてから、道路の端に避けても、十分間に合います。 ところが、そのガラガラ音が、どんどん大きくなるのです。 ガラガラ、ガラガラ、ガラガラ!ガラガラガラ!!ガラガラガラガラガッ!!! なんだか、もの凄いスピードです。 と、思ったら、玄関の鍵が回る音が聞こえました。夫が帰宅したのかと振りかえると、そこに立っていたのは、まさかの下の子。 ガラガラいっていたのは、彼のスーツケースを引きずる音だったのです。 しかも、駅から猛スピードで走…

  • サッカーの話題に入れない、50代後半アウェイ女子です

    ワールドカップ、始まりましたね(白目)。サッカー大好き!という人、意外と多いですよね(白目)。 Jリーグなんて出来たのは、1993年ですよ。わたしにとっては、つい最近とも思える時代です。 ちなみに、サッカーも野球も、一切興味はございません。転がってるボールを追いかけて、喜んでるだけじゃん。ワンワンかよ、てな認識です。 職場でのサッカー話しの盛り上がりに、意図せず背を向けてしまうオババです・・。 サポーターなんて単語も、多分サッカーの普及とともに広がった言葉じゃないですかね。 ファン、は昔から聞きますが、サポーターは昔はありませんでした。サポーターが何を意味するのか、若い頃はまったく認識して…

  • カサンドラ症候群~連れ合いでも職場でも起こるそうです

    ↓11/11に、朝日新聞に掲載された記事について、勝手に思うところを書きましたが・・ nikki-1965nen.com こちらにて紹介されていた、真行結子さんという方が主催されている、カサンドラ症候群カウンセリングルームを見つけました。 同じ悩みを持つ方の、一助となればと思いましたので、ここに貼っておきます。 fleurir-room.com カサンドラ症候群は、病名ではありません。 ASD(自閉症スペクトラム)の当事者の、配偶者に起こると多く報告されています。 しかし、職場、子供、友達との関係でも起こる可能性があるそうです。そして、圧倒的に女性の方が多いそうです。 この真行さんは、最終的に…

  • 仕事をさぼり、サッカーを見ていた夫

    大雨の昨日とは違い、今日は朝からホワホワした暖かい1日でした。 ところが、めったにないことですが、午後から急に具合が悪くなってしまいました。倦怠感、吐き気もあり、寒気も出てきて、これから熱が出るかもしれないと思いました。 そこで、午後から半休を取って、急ぎ帰宅しました。 とにかく、早く横になりたい。早く服を脱いで、お布団に入りたい。その一念で車を走らせ、家に帰りつきました。 ところが玄関に入ると、夫の靴が転がっています。ん?帰ってる? 居間に入ると、夫が座っていました。テーブルには、おつまみ、スナック菓子、アルコール。テレビは、ワールドカップ(多分昨日の録画)。時間はまだ、1時前です。 夫は、…

  • ランチに出かけたまま、二度と戻らなかったママ友

    もう、ずいぶん前の出来事です。 今は、平日にランチといった楽しみには、縁がありません。でもその当時はまだ、声をかけてくれるママ友もいたんです。まぁその後、ことごとく断り続けてしまいましたので、今は誰も誘ってくれなくなりましたが。 声をかけてくれたママ友さんは、わたしがランチのお誘いを断ってしまっても、他のママ達と数名で、ランチに行きました。 そこは、誰でも知っている、個人レストランです。ちょっとおしゃんな建物で、内装もシックな良い感じです。平日は、女性のランチ軍団に占拠されています。 このママ友さん達が、その店でランチをしたのです。そして、一緒に行ったママ友の1人が、食事中に突然倒れたのです。…

  • 夫と食べる食事

    個食、という言葉がありますが・・。 あまり良い意味で使われないようです。でも、今のわたしにとっては、1人で食べるの上等(笑)。夫と差し向かいで食べるより、よっぽど快適です。お1人様、けっこう毛だらけです(死語)。 現実には、長いテーブルの端と端に対面で座り、夕飯を食べています。嫌なのですが、時間的に、そうなってしまうのです。 帰宅して、夕飯の準備を終えて、わたしが食べ始めます。そこからおもむろに、夫は自分の酒やおつまみの用意です。 わたしが食べ終えても、まだ終わりません。いくつもの小皿を用意して、それぞれ並べます。味が混じるのが、嫌なのだそうです。しかも、空になった皿を、もう1度使いまわすこと…

  • 大型家電をネットで初購入

    今年は、半導体不足やコロナのロックダウン、原料費の高騰の影響で、白物家電の品薄や値上がりが続きました。今や、「型落ち品は安くなる」という常識がなくなりつつあるそうです。 こういった生活に必要な、ちょっと値段のはるもの、家電や車などは、すべて私が決断して購入します。普通なら、夫婦で相談して決めるものだと思います。 大昔は、うちもそうやって買い物をしていた時代もありました。しかし夫は、たまたま目先にあるものを選んでしまうだけなので、計画性のある買い物ができないのです。わたしの話しも耳に入らないようです。自分の選んだものを、家族皆が喜んでくれると信じて疑っていない。そう気づいてから、もう夫の意見は求…

  • 学歴があっても、稼げない人間(夫)

    内閣府の男女共同参画調査で、「男性は結婚して、家庭をもって一人前」「デートや食事のお金は、男性が負担するべき」は、若い男性は肯定的な回答が少なかったと、朝日新聞の記事で読みました。それはもう、古い考え方なんでしょうね。わたしが若かったころの常識です。 でも、「職場では、女性は男性のサポートにまわるべき」「男性は出産休暇や育児休業を、取るべきではない」といった職場の役割分担では、若い男性ほど肯定的だそうです。え・・どゆこと?男って、勝手すぎでは?だから、先進7カ国で男女格差が最下位なんですよ。これでは、親の育て方の責任も問われそうです。 でも、PCの広告によく出てくる、女性向けコミック。どっかの…

  • 米配給って、戦後ですかww

    暖かい週末です。この冬も、あんまり寒くなって欲しくないのですが・・。金銭面で心配しながら、暖房をつけるのは、心に負荷がかかります。 東京都のインフレ対策の一環で、米の配給というニュースを見ました。・・・は?今って戦後ですか?配給って言葉が、違和感です。お金ならば「支給」です。 現金支給だと、アホな親がパチンコだの酒だの、使ってしまうからという話しはわかります・・。でも、マスクの二の舞になりそうですよ。どうせなら、米味噌醤油3点セットで支給したらいいんじゃないですか(イライラ)。 この辺は田舎なので(それが原因かどうかは別として)、車に変な金のかけ方をする人を、多く見かけます。車のナンバーを「1…

  • 老後の生き方~もはや多様化

    やっと金曜日です。毎週毎週、何回同じこと言ってんだと思われてますよね。しかしTwitterでも、お昼になると「あと半日」って、出てきます。(ああ!あと半日!どうにか頑張ろう!)日本全国、同じ思いなのが嬉しいです。 みんな大好きTwitterランドが、有料になったら泣きます!わたしには、ディズニーランドより、影響大です。イーロンマスクさん、庶民は無料のままでお願いします。 身の回りに、ボチボチ孫さんが誕生する人が出てきました。派遣で来ている方にも、いらっしゃいます。ひところは、子供が生まれ、妻が再び働き出すとなったら、妻のおばあちゃんが出動!がデフォルトのようでした。しかし、今はそれも形骸化…

  • 退職後に地元に戻る人

    時々、「家で消費しきれないほどナス収穫できちゃって。良かったら、貰ってくれる?」という、神様みたいなお声がけをいただくことがあります。 職場の同僚です。その人自身が、畑で野菜を作っているというわけではなく、ご近所さんだったり、ご実家の親御さんからだったり、あちこちから回って来るようです。そのおすそ分けが、ありがたく頂戴できるというわけです。 取れたての野菜の旨さは、格別です。しかも、貰いモノ。もちろん、そこまで育ててくれた人の、時間や工夫、労力がかかってますから、単純に「ワーイワーイ」と喜べません(少しだけど、ちゃんとお返しもします)。 だけど、田舎のコミュニティは、こんなふうに物々交換があり…

  • 能天気な夫にむしょうに腹が立ちます

    ここには最近グチグチ書いていませんが、仕事の悩み・ストレスは、解消していません。特に先月以降、ずっと悩んでいる状態が続いてしまっています。 やっとの思いで帰宅してくると、夫が先に帰宅していることがほとんどです。すでに入浴を終え、夕飯が出来るのを待っている体制です。テレビに夢中です。無性に腹が立ちます。 この人、これから先、どうしようかとか考えたことがあるんでしょうか。 これまで通り、私が何もかも決めてくれることを、期待しているんでしょうか。全部、わたしが解決してくれると勘違いしているんでしょうか。 結婚してからここに至るまで、わたしの色々な決断(引っ越しとか、家計の取り決めとか、親が学費を…

  • 電気・ガス・恐怖

    今日は、1日冷たい雨が降り続きました。いよいよ冬が、そこまで来ています。 今年は家族が1人減ったせいで、昨年の電気・ガス料金の比較が出来ないでいます。 それまでの2年間、子供は在宅で仕事をしていました。ずっと家にいるならば、それなりに電気も使ったはず。エアコンも稼働したまま仕事していたし、お昼にはガス代もかかったでしょう。1人とはいえ、それまでは日中誰もいなかったわけですから、それなりに料金はアップしました。 でも、そこはさすがに、我が子。文句を言われる前に、家に入れるお金を多めに補給してくれていました。すると、わたしもゲンキンなもので、あまり気にしていなかったのです。 ところが、政府が補助…

  • 体重、もとに戻るの巻(嬉)

    持ち主の許可なく、黙って勝手に増えていたわたしの体重↓。 まさかの体重がV字回復~ウォォォ - 1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~ 気づいた時点で、どうにか何とかしないと、壊滅状態に破綻するわたしの体重です。とにかく、若い頃から新陳代謝が悪いのです(決してわたしの食べすぎではない)。1度は、70kgを超えたこともあるほどです。 朝と昼は、そんなに食べているように思えなかったのですが、夜を我慢することはできません。絶対に、できません。これまでの人生で、無理でした。 そこで、最近流行っている、オートミールなるものに手を出してみました。 オートミール、クソまずい記憶しかありませんでした…

  • 心が不安定なので、今日は読書します・・

    先週、金曜ロードショウでやっていた「そして、バトンは渡された」。もうだいぶ前に本を読みましたが、今回初めて映画を見ました。なかなかよく映像化されていて、良かったです。 読書って、一種現実逃避の面もあります。ただ、なぜだか好きで、読んでいると落ち着くのです。心を平常心に戻せるのです。 下記の本は、もうどのくらい繰り返し読んだかわかりません。平易な文章で書かれているし、頭も目も疲れなしです。 特に、自分の存在意義を見失った時に読む本です。心がすーーと落ち着きます。 そういう時の、わたしの愛読書3選です。 ①パールバック「大地」 名作ですよね。3部作、4巻あります。作者は、アメリカ人の女性ですが、本…

  • こんな大人(年寄り)になりたくない~予約が間違っていた

    久しぶりに、上の子と会って食事することになりました。もはや気持ちとしては、生き別れになった恋人との逢瀬のようです(笑)。 というわけで、ちょっとお高い老舗の料亭を予約しました。以前、「行ってみたいね」と、話していたのです。 じゃ、わたしが予約しておくよ、と、お店のホームページから、日にちと、料理のコースを予約しました。 翌日、返信のメールが返ってきました。 その文章が、なかなか古めかしい感じです。すっごく丁寧な口調を、そのまま文章に起こしたような感じなのです。もしかして、お店の偉い人なのかな?おじいさんなのかも?誤字、脱字こそないものの、ビジネスメールとは真反対の内容です。時候の挨拶から始まっ…

  • 「連れが発達障がい」~そこじゃない感がハンパない(朝日新聞連載)

    朝日新聞の連載で、「連れが発達障がい~ふりまわされる、でも愛してる」が始まりました。 ネットでも少し読めるので、内容云々は避けます。でもやっぱり、いっぱいいるよね、と感じました。 それこそ、十人十色の事情と思います。女性ならば家事育児の滞り、男性ならばやはり仕事関連の話しになってしまうのは、若干不平等だと残念に感じます。一概に言える話しでは、ないと思います。 病院で診療を受け、生活の質を上げるために二人三脚、夫婦で乗り越える。というのが、世間一般の読者が望む形なんでしょうか。今のところ、記事を読んで、そんなふうにひねくれた目線で見ています。 「でも、愛してる」と、言い切れる人はいいでしょう。そ…

  • 夫は結婚してから、1度も朝食を食べません

    ちなみに誤解の無いよう言っておきますが、わたしはちゃんと朝食を作っていたんですよ、かつては(笑)。 しかし、夫は朝は珈琲しか飲みません。結婚後30年間ずっとです。夫が朝食を食べるのは、自分の実家に帰省した時と、どこかに泊った時だけです。家で朝何かを食べるということは、1度たりとてありませんでした。もちろん、今でもです。 理由は、「時間がないから」だそうです。 しかし、夫は家を出る1時間前には起きます。そんな入念な身支度でもするのかというと、さにあらず。結局、タバコを吸っているのです。タバコ→珈琲→新聞→テレビ。夫にとっての、この重大任務をこなすべく、アホのように家の中をぐるぐると回っています。…

  • 職場の電話で長話しするやつ

    夕方、関東で地震があったようです。って、おまえも関東民じゃん、ですが、家に入ってテレビを見るまで気づきませんでした(白目)。今日は運よく渋滞もなく、爆音爆走で気持ちよく帰宅している最中でした。 帰ると、子供たちからLineが来ていました(嬉)。上記事情を申し上げると、「そうだと思ったw」「CDの音量、下げて下さいよ」確かに、以前はどんなに爆音で音楽を聴いていても、緊急車両の音は気づいたのですが、最近聞き逃すことがあります。よくないですが、なかなか習慣なので。。。(加齢) 今日は水曜日。隣の同僚に悩まされながら、どうにか生還しました。。。 この人、週に2回くらい、とんでもない長い時間の電話をする…

  • 高齢者の事故、巻き添えをくらわないために

    お外は、皆既月食が進行中です。もはやこの年になって、月食も珍しくなくなりましたが、天体観測用の双眼鏡を持っているので、この後絶賛観測する予定です(笑)。若い頃、天体観測に熱中していました。 ところで、お年寄りの方って、常にお店の入り口に近いところを狙って駐車しませんか。偏見でしょうか。 隣町のスーパーは、なぜか駐車場の接触事故が多いのです。その町から出勤してくる人同僚の間では、「またあったんだってよ」みたいな挨拶が交わされています。駅からも歩いてこれるので、仕事の帰宅途中に寄りやすく、美味しそうなお惣菜も多めの店なのです。 普段はめったに行かないのですが、先週土曜日、時間をもてあまし、行ってみ…

  • まだまだ高くなり続ける物価に、不安をおぼえます

    何だか、まだ物の値段が上がり続けています。 あれっ、これ前まで248円だったのに?298円になってる?とか。肉や野菜などの生鮮食料品は、まだ国内で作っているものだから大丈夫と思っていたのに。サラダ油も以前の値段では売られていません。乳製品もあがりました。バターなどは、さすがに大量には使わなくなりましたが、お子さんのいる家庭は大変そうです。お菓子、グラタン、美味しいものにはカロリーが必要です。 今日のニュースでは、自販機の飲み物が180円になったと言っていました。100円の時代を知っていますからね~。ひょぇーて感じです。自分は買わなくても、やはり子供の分なら、買ってしまうのが親心ですよね。 マッ…

  • ショックです~セリアのフードレンジフィルターがなくなっていた

    週末です。毎週、死ぬほど待ち焦がれています。そう遠くない将来、そんな毎日をおくっていたなぁと、思い出話しになる日も来るのでしょうか。今のところは、絶望的に想像できません。 朝から、ワクチンを打ってきました。こんな朝から買い物をすませ、この後家に引きこもります。もうすでに、打った腕側の首や肩が痛いんです。 引きこもりのお楽しみとして、チョコダイジェスティブビスケット(ブルボン)を、超久しぶりに買ってみました。あまりお菓子などは食べないのですが(その代わり、食事で腹の皮がはちきれんほど食ってるから)、たまにチョコを食べたくなります。 これがまぁ!予想を上回る縮み具合です。間違って、「プチ」シリーズ…

  • 年金だけになったら、暮らしていけるんだろうか。。

    これはもう、心配しだしたら、キリがないんですが・・。それでも、ここのところ不穏なニュースを耳にします。貧乏高齢者には、お先真っ暗です。 ・年金支給料金引き下げ→2022年4月から、前年度比0.4%引き下げ 引き下げは2年連続です。過去10年では2014年に次ぐ引き下げ幅。 ・年金65才まで支払い→2025年に法改正 ・国民健康保険2万円増額→2023年から適用 ・道路使用税、消費税増税の検討 ちゃんとお勤めをして、定年までゴールした人は、それなりに退職金もあるのでしょう。貯金もたまっているだろうし、賢く投資などで増やすといったこともしているのでしょう。今更ながら、ないものねだりです。なんで、こ…

  • 草深い勤務地で、秋の蚊と戦う

    なんで屋内で仕事してるのに、蚊に刺されなくちゃならないんですか(怒)。 秋も深まってきたこの頃、この草深い職場で、虫と対峙することが増えてきました。暑かった夏場より、てきめん多いです。そして、刺されると猛烈に痒いです。足首周りを、2か所も刺されていました。 わたしだけではありません。他の人たちも、同様の被害に遭っています。 まぁ、今に始まったことでもないのです。職場の共用救急箱には、年中ムヒが常備されています。でも、何十人でムヒを共用するのって、なんかキモくないですか。家族や友人ならばまだともかく。なので、自分の虫刺されの薬は、自分のロッカーに入れてあります。 コオロギ、鈴虫は、まだ良い方です…

  • コロナワクチン4回目の予約をしました・・

    私が生息する自治体では、すでに20代まで、4回目のワクチン接種が行われています。 前3回とも、副反応に苦しんだわたくし。もう、4回目なんぞぜったい打つもんかと思っていました。 会社にいると、どうしても同調圧力というのがあります。それに、3回打ったところで、がっつり感染した人も次々と出ました。 重症化しにくいってだけですもんね。感染しにくくなるわけではないです。 それこそ、コロナが始まったころは、治療法もつける薬もない、謎の死病みたいな恐怖がありましたが、最近はぞくぞく感染者が出てきたおかげ(?)で、恐怖心の方はだいぶなくなってきました。 人から聞くところでは、なにやら信念をもって、ワクチンを打…

  • 明日から益子陶器市&笠間陶器市

    明日は祝日。喜ばしいお気持ちでいっぱいのわたしです。 そして、わたしの大好きな、関東2大陶器市。コロナで滞っていましたが、この春のGWから復活しています。この秋の陶器市が、始まります。 益子、笠間の秋の陶器市はの日程は以下のとおりです。 【益子陶器市】 益子陶器市 2022年11月3日(木・祝)~11月7日(月) 益子陶器市 【笠間陶器市】 陶と暮らし2022 2022年11月3日(木・祝)~11月6日(日) 陶と暮らし2022 昔ははりきってあれこれ買ったものです。でも、年のせいか、重い焼き物は食器棚から出し入れするのが、おっくうになってしまいました。家族も減りました。アレな夫が、雑に扱うた…

  • 60才、再雇用扱いになった人が出向になった~まさか次は自分?

    韓国のハロウィンの事件。あんなに多数の人が圧死するなんて、衝撃でした。人の下敷きになったわけでもないようです。こんなに大きな事件とは、思いませんでした。 若い頃、都内に勤務していたので、混んでいる山手線などは経験があります。命の危険を感じたのは、1回。四方八方から押され、体が、足が、少し浮いてしまったのです。その上、イヤホンで聞いていたウォークマンの音量が、変なところを圧迫されたせいか、急に爆音になりました。イヤホンを外そうにも、手が出せません。あの時は、耳が逝ってしまう!と、恐怖感を感じました。もう、今の身体だったら、耐えられないかもしれないです。 *********************…

  • 買っていないものが清算されていた!

    「梨泰院」をイテウォンと読むことを、今回初めて知ったわたしです(人気ドラマの題名というのは知ってた)。 韓国ドラマは夫の大大好物。老後仕事ができなくなったら、それこそお迎えが来るまでずっと見ていると思います。わたしはその反動から、「冬のソナタ」から頭がアップデートしていません。 今回、買い物で初めての経験をしました。ドラッグストアでのことです。 ドラッグストアでは、薬品やシャンプーなどは普段買いません。買うのはもっぱら↓ ・卵(スーパーより安い)・豆腐(同:夜は売り切れていることも多し) ・納豆(同)・牛乳・ハムまたはベーコン などです。だから、合計金額は1000円くらいのものです。 この…

  • 久しぶりに夫とけんかして、家を飛び出した

    ここ数年は、けんかに発展するレベルまで気持ちが上がらなかったのですが、久しぶりにブチ切れてしまいました。きっと、家に子供の目がなくなったというのも大きいです。 いや、ブチ切れることは毎度なんです。ただ、それを口に出して言ってみたところで、何の解決にもならないのは、長年の経験からわかっています。自分自身も、不愉快になるだけ。夫の理解も得られない。わたしのダメージだけが大きいんですよね。 ただ、最近仕事で色々あり、将来的な問題もあるので、ちょっと夫に水を向けてみたんです。そしたら、話しただけ、ぜーんっぜん無駄でした。 俺はお前に言われた通りにしているんだから、お前が決めればいいだろう、的な返事です…

  • 人の口に戸は立てられぬ、は本当だと思う

    今週初めに書いた、クレームの事件。何とか一件落着しました(涙)。 やはり、先様の早とちり的なものでした。だから、わたしは何か言われる筋合いはこれっぽちもないわけです。ふん、やっぱりね(急に気が大きくなる)。だって、ただその仕事の担当だったってだけですから。 しかし、この2日間の、同僚の陰口たるやひどいものでした。 「なにやってんの、(わたし)さんw」「知らなーい(笑)」 聞こえないように言っているのではなく、聞こえるように言っているのが丸わかりです。ちょっと、都会で働く人には信じがたいかもしれないです。でも、ここでは、日常茶飯事のことです。 毎日この底辺職場で、モラルを疑うような同僚とバトルっ…

  • 知らぬうちに彼に見られていた

    お恥ずかしながら、昨日の話しの続きを、もう少しさせて下さい。ずっと忘れていたことを、書いているうちに、ふと思い出しました。もう、人生の1ページになってしまった、過ぎし日の思い出です。 当時の工場では、1年に1回、慰労会のようなものを開催してくれました。工場の敷地内で、食べ物飲み物を振舞ってくれます。ちょっとした催し物などもありました。暮れの忘年会が夜なので、夜に参加できない人向けに、これは日中に行われました。 ある年、T君から、参加しないんですかと聞かれました。わたしはそれまで、参加したことがなかったのです。やはり、夜勤勤めの身としては、日中の行事は身体にこたえます。T君は行ったことあるの?と…

  • コンビニ工場での不倫~そして私の場合

    満を持して、このわたくしの話しです(笑)。とりあえず、期待されるようなオチはないことを、先に白状しておきます。 もうあのパート時代から、15年以上も経ちます。 パートをしていたコンビニ工場は、大学生も多く働いていました。夜勤で来るくらいだから、日中は学校があったり、別のアルバイトをしていたりと、彼らの多くも苦労人でした。その中で、T君という背の高い男子学生がいました。 わたしは、彼と出勤時間が同じでした。この時間帯の人間は少数でしたので、自然と顔見知りになりました。最初に、話したきっかけをまだ覚えています。大雨の夜、原付バイクで来ていた彼は、レインコートを着ていたもののずぶぬれ。駐車場でその濡…

  • 唐揚げ戦国時代~わたしもやろうかな

    帰り道、2件の唐揚げ屋さんの前を通りました。どちらも、中に何人かのお客さんがいるのが見えました。人気なんですね。 雨後の竹の子のように、ちまたに乱立する唐揚げ専門店です。 しばらく通っていない道を車で通ると、いやいや、あっちもこっちも、唐揚げ屋さんだらけです。この前は、ここの店舗って何だったか・・と首をひねって思い出そうとするのですが、わかりません。 ググってみると、唐揚げ屋さんはとても原価が安く抑えられるのだそうです。つまり、利益率が高い。 加えて、原材料が少なくて済む。鳥肉と調味料、油だけですからね。他にも、開店の初期費用が少なくて済む、人手も要らないので、人件費も最低限。店舗も狭くて大丈…

  • 転職サイトの広告が目白押し

    今日も神の審判は降りませんでした・・・(涙)。 昨日の、クレームの返信がまだ来ていません。いや、もしかしたら、わたしが入っていないメール上で、何らかのやり取りがなされているのかもしれません。どっちにしても、わたしの出る幕ではないということですか。別にいいですけど、ふん。 ここのところ、「仕事が辛い」「もうやめたい」「ヤダヤダヤダ、みんな〇んじゃえ」(とは書いてないけど、心の中では思ってる)などと書きまくっていました。帰宅後は、ついつい求人サイトなど漁ってしまいます。 するとですね。PCの広告に、転職サイトが目白押しで現れるようになりました(笑)。AIって、賢いな~なんて眺めていると、つい…

  • 弱り目に祟り目の1日

    重い重い足取りで出勤した、月曜日。気分は地獄の1丁目です。しかし、悪いことってなぜか続くものです。朝から、地獄の窯のふたが開きました。 客から、謎のクレームが入りました。その担当は、こともあろうにわたしです。 朝メールを開いた時、そのクレームの表題がすぐ視界に飛び込んできました。すっと血の気が引いた次の瞬間、すぐカーーっと全身が熱くなりました。 この感覚、わかっていただけるでしょうか・・。 おっちょこちょいなのは自覚があるので、(あああやっちまったか・・)と思いました。とりあえず、すぐ上司の部屋へ報告に出向きました。 上司さんは、さすがに偉いです。わたしが、アセアセして必死に説明するのを聞きな…

  • 深夜の電車に乗って

    メンタルバラバラ炒飯の週末です。昨日は、久しぶりに電車に乗って、友人に会いに行きました。 学生時代からの付き合いですので、もう40年はくだらないでしょう。友人少なめのわたしですが、結婚以降は、ここにあれこれ書き散らかしているような事情で、誰とも疎遠になってしまいました。再就職以降は生活だけで、いっぱいいっぱいでもありました。 昔からの友人の良いところは、何年会ってなくても、あまり時差を感じられないところです。 今の話し、昔の話し、これからの話し。忌憚なく、言いたいことを言い合える関係の友人は、本当に貴重になってしまいました。話しがかみ合わなくても、言葉が止まってしまっても、気まずくなったり…

  • まさかの体重がV字回復~ウォォォ

    メンタルが安定しないと、バカバカ食べてしまう傾向にある私です。 ストレスで食欲がない、とか、痩せてしまった、とか、マジでそういう経験ありません。全然、真逆です。ストレスがたまると、お腹が空いてなくても、食べてしまうのです。非常に悪い習慣です。 昨日の金曜日。やっとやっと、たどりついた金曜日。もう、帰宅途中から、イライラが止まりません。 そして、なんか食べたい。明日は休み。存分に食べ飲みして(アルコールは全然飲めません)、テレビでも見て(普段は全然見ません)、だらけまくりたい(普段はPCの前にいるので、テレビの前で横になるとかありません)・・。その一念だけで、車を走らせました。 この1週間、…

  • 会社の廊下で転倒事件

    ご安心下さいw。意地悪同僚さんに、足をひっかけられたとかじゃありません。自爆です。やはり、高齢者への階段を一歩上っているのかもしれません。 なーーーんにもない、ただの廊下で、なぜかつまづいて倒れこみました。 我ながら、びっくりです。倒れたあげく転がって、廊下の床に顔までなすりつけてしまいました。頭は打ちませんでしたが、外だったら大変でした。 会社の中は、ほとんど人通りはありません。営業の人は、外出していて不在だし、わたしの部署の人間は、トイレくらいしか外に出てきません。誰にも見られずに、済みました。 まったく人の来ない階もあります。そんなところで、血管がピシッと逝ってしまったら、誰にも発見さ…

  • 職場の人間レベルに、問題があるのかもしれない

    しつこく、毎日同じ話しばかりですみません。どうにこうにも、仕事に行くのが辛いです。。。 一体何年、同じこと言ってるんだって話しですが、いつまで経っても卒業できそうにありません。もはや、棺桶の中に入るまで、言っているかもしれません。 仕事自体は、嫌いではないのです。仕事の分野的に、自分に合っているのかという不安は、ありました。完全な事務というわけでもないけど、ブルーワークでもありません。しかし、「いらっしゃいませ」と言う仕事を、1度もしたことがないわたしにとっては、むしろありがたい職種です。 どうも、一緒に働いている同僚の皆さんが、やっぱアレなんじゃないかと思うんです。違いますか。これを言ってし…

  • なんだか退職したくなりました・・

    本日もべそべそしながら、仕事から帰宅してきました。すいません、今日も愚痴です。 何となく前から、感じていたんです。でもやっぱり、嫌な予感通りのルートを、たどっていることに気づきました。薄々、主な仕事から外されていくんだろうなとは思っていました。でもこれは、想定外の早さです。 例えて言うと・・・。 他の人の前には、料理の乗ったお皿が並べられています。今年は、これを食べるように、と。ところが、わたしの前のお皿は下げられてしまったのです。今年は、この料理は、要らないですね。食べなくてかまいません。けっこうです。と。 それでなくても、新しい料理は用意されていません。他の人には、いくつか追加の料理が出さ…

  • これが年齢差別か・・

    仕事の話しです。 ちょっと・・、仕事で色々ありました(いつもある)。どう考えても、わたしが貧乏くじを引いた感じがします。たぶん年齢のせいで。 もしかしたら、そうかなぁ・・。考えすぎかなぁ。わたしが勝手にそう思っているだけ?いや、みんなわかっていたのに、わたしのいるところでは、何も言わなかったよね?それ、わたしに聞かれないようにしたんじゃない?絶対わざとだよね。 どう考えても、おかしいでしょ。元々は、わたしの担当の仕事じゃないの?え、何この人、わたしの仕事を勝手にやる気でいるの?誰の指示?上司さん?わたしは、一言もそんな話聞いてないんだけど。いつ、そんな話しが決まったの?先週?今月は1日も休んで…

  • 運命共同隊だと気づくのが遅かった~結婚の意味

    法改正があって、男性でも産後の休暇が取得できるようになったらしいです。育休とは、また別の次元です。無給扱いのところが多いようですが、取得率はどのくらいになるでしょうか。 だけど、育児って、何か月単位では終わらないです。その先も、ずーーと20年近くあるのです。子供が家を出て行くその日まで、お金はかかります。そのお金を稼いでくるのも、親の役目です。 どっちが稼いでくるとか、仕事が好きだから辞めたくないとか。家の中にずっといるのは苦痛だから、外に出て働きたいとか。育休も給与が出ません。それでは困るから、むしろ休みを取りたくないとか。経済事情は、それこそ夫婦の数だけあると思います。世間一般でよく見聞き…

  • 1人の外食~まずはラーメン屋から練習

    1人暮らし歴の長い、職場の同僚に聞くと、やはり1人での外食は「ヘ」でもないそうです。職場は、独身の人が多めです(女性)。 ぜんぜん1人でも大丈夫。周りの目なんて、誰も自分のことそんなに気にしてないって。連れがいないと、気を使わないから快適!そんなふうに、皆ポジティブです。 ここ数年は、コロナで自粛があったものの、そんな中でもひっそりオープンしているお店がありました。ちょっと、シャレオツなイタリアンのお店です。同僚の家の近くだったので、知ってるかどうかを尋ねたところ、「この前の日曜日、ランチに行ってきた」とのお答え。日曜のランチに、1人態勢で突撃するとは、さすがです。あっぱれです。普通は、家族連…

  • 樹木希林に学ぶ~ダメ夫を伴侶としたら

    樹木希林さんが亡くなったのって、2018年だったんですね。つい、昨年くらいのことかと思いました。享年75歳。 いや、別に大ファンだったとかの、思い入れはありません。本を読んだこともありません。不動産に興味があるわけでもありません。 でも、普通の人なら、思うはず。なんであんなダメ夫と別れなかったんだろう。浮気されたり、多額のお金を使われたり。借金の肩代わりをさせられたり。どこまで胆力のある人なんだろう。どんなに度胸のある人なんだろうって。そう、思わずにいられないじゃないですか。 そして、多くの不動産を持ち、大金持ちでした。そりゃあ、一般庶民と、芸能人で、比べることはできないでしょう。でも、同じ(…

  • 負け組の人生だったんだな、と思う今日この頃です

    今週は1日少なかったとはいえ、金曜日が来るのが待ち遠しかったです。何だか最近、心穏やかに過ごせる日がありません。 それにしても、負け組、嫌な言葉です。 でも、もうここまできては、そういう人生ですね。間違いなく。 人と比較するな、自分の幸福は絶対値、要は自分が幸福を感じられるか。なんてことを世間では言いますが、結局自分自身が、幸福を感じられないのなら、それは負け組なんじゃないですかね。 自分より上がいるとか、下がいるとか、それは嫌でも、世間が見せつけてくるじゃないですか。強い意志を持って、それら全部を無視するなんてとてもできないです。そんなに、自信満々の人間ではありません。でも、いいなぁ、とか、…

  • 同僚に煮え湯を飲まされた(怒)

    今日はお天気が悪く、寒かったです。しかし、太陽の照りつける夏が終わって、ちょっとホッとしています。 そして、毎日のコトながら、仕事が本当に辛いです。ここのところ、毎日辛いです。いっそ、鬱とかになって休職でもしてみたいです(不謹慎)。 ↓こちらで登場した同僚ですが。本日のワルモノです。 そこに愛はなかった・・・ - 1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~ 普段は和やかで穏やか、親切に接してくれるのですが、時々般若の面をちらつかせる人です。きつい口調だったり、そっけない態度だったりは、全然ないのです。だけど、かえってその分かりにくい対応が怖いのです。 午後、急に彼女から声がかかりました。…

  • 2人暮らしになってからの食費(生活用品含む)事情

    夫婦、というのもはばかられるほどの関係ですが、2人暮らしになって、食費はこのくらいになりました。 他のお宅と比べたくなりますよね。わたしも、よそ様の食費事情が知りたいです(笑)。職場では、参考モデルとなりうる年齢のターゲットがいないのです。 子供と3人だった、直近の3か月と比べてみました。 ・アルコール・タバコ代は含みません。 ・生活用品を含みます(洗剤とかシャンプーとゴミ袋とかトレぺとか) ・外食代は含みません。 ・わりと量的には食べる方です。夕飯時で1汁5菜は並べます。果物も毎日食べます。 ・仕事のない土日は、それぞれが勝手に食べています。 ・わたしの弁当分も含みます。 ・近所の人から野菜…

  • 【個人旅行】全国旅行支援が適用されます、とホテルからメールが来た

    支援があろうとなかろうと、わたしは来月、下の子のところを尋ねる予定がありました。一度も、勤務地を訪問したことがなかったので、見ておきたかったのです。 そのため、先月早々と職場で「この日とこの日は、有休取ります!」と宣言しておきました。誰か1人でも被ってしまっては、立ち行かなくなる貧相な職場です。11月は祝日が多いですからね。人間の数に余裕がない、残念な職場です。 連休の谷間を縫って、子供も有休を取ってくれるとのこと。ならば、1泊くらいは温泉に泊まろうかと、ホテルを予約しました。そして、そのホテルから、昨日メールが届きました。 全国旅行支援の割引が適用される、という内容でした。全国旅行支援が決ま…

  • 家族に命を狙われたら、人生即終了

    さすがに、わたしが夫を嫌っているのは、夫もわかっていると思います。わたしも、隠す気などさらさらありません。 わたしとしては、自然な気持ち・行為です。子供をここまで育て上げ、ほぼ何も手を出さなかった夫は、いったいどう思っているのかわかりません。手を出さなかったどころか、ともすると稼ぎのない時期もありました。これで、自分の義務を果たしたとでも、思っているのでしょうか。てんで、お笑いですね。今は、本当に困った時や、用事のある時だけ、話しを交わすといった状況です。 先日、第一三共の新薬開発の研究員の人が、奥さんにメタノールを飲ませて殺害した事件がありました。 ニュースを見てみれば、ご夫妻そろって凄いハ…

  • こどもの虐待(かもしれない)を目撃した話し②

    三連休の中日。もう、何にも予定がないのは当たり前。かといって、家で静かにのんびりというわけでもないのが、辛いところです。夫と2人だと、どうしても心的に負荷がかかります。 以前にも書きましたが、これも、うちのこどもが小さかった時分の出来事です。 平日、家から少し距離のある、大きめの公園に行きました。当時は、お弁当を持って、子供と3人でよく公園で遊びました。お金がかからない遊びの最適解ですね。 その公園は、ちょうど木登りできる小さめの木が、たくさんあるのです。それを目当てにやってくる親子連れも多く、土日はおおいににぎわいます。子供は、木登り、好きですよね。平日なので、存分に楽しめるだろうともくろん…

  • 町に業務スーパーが出来た!

    これまで、隣町にしかなかった、業務スーパー。 その業務スーパーは、かなり昔から存在していました。緑の看板は同じですが、多分20年以上はそこにあるかもしれません。2、3回入りましたが、どうも昔のパチモン屋の雰囲気で、清潔感もなく、本当に昔の店舗でした。 しかしこの度、我が町にも、流行している業スーがとうとうやってきました!というわけで、さっそく偵察に行ってみました。 家族の多いご家庭は、いいかもしれません。大量買いになりますからねぇ。今時は、中国製と言っても、皆そんなに拒否反応はないのでしょう。当たりまえですが、ほとんどが外国産由来の製品です。 とはいえ、見たことのないモノや、調味料は大好きなわ…

  • 陰で誹謗中傷を受けていた、女の職場アルアルです

    大雨の土砂降りの中、へとへとで帰宅した金曜日です。 ところでここのところ、この人(わたし)って同僚の悪口を書いてないな、と思われた方はいるでしょうか。 その通りです。なんだかもう、どうだってよくなってしまって・・。 腹が立っても、不条理な目に遭っても、結局自分ではどうにもしようがありません。今更、真面目に仕事したって、何も報われないし、もう新しいスキルを学ぶこともありません。小さいミスも、自分で上手に隠して処理できる技術も身に着けました。 ところが、そんな風に、自分のセンサーをオフにしていたせいで、気がつくのが遅れました。なんか、変な噂が立っていたようなのです。 これまでだって、陰口悪口なんで…

  • コンビニ工場での不倫~パート2

    いつだったか、同じような話を書きました。でも、実はもう1組見聞しています。色々なパターンがあるものですな。 ↓前回。 コンビニ工場で、本物の不倫を見た話し - 1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~ 今度は妻子持ちの社員さんと、バイトの若いねーちゃんが結婚した話しです。もしかして、こういうのって、別に珍しくないんですかね?? 前回書いたパターンとは違い、こちらは、誰もが気づきませんでした。聞いた時は、皆ひっくり返りました。 それだけ、ひそかに水面下で、進行していたというわけです。 その社員さんが、そのお姉ちゃんを気に入っているというのは、皆薄々感づいていました。高校出たての、どうかす…

  • 新米を存分に楽しむ秋~ダイエットはアトアト

    何もしなくても、なぜか自然発生的に体重が増えてしまうので、体重計には乗るようにしています。別に毎日乗っているわけではないのですが、全然乗らないと、うなぎ上りに増えてしまうので、まったく注意が必要です。 平日は、お昼の弁当でしか白飯は食べないのですが(冷凍庫の凍ったご飯用タッパーごと、持っていくときもある)、それでも、炊き立ての温かいご飯と食べないと、美味しく味わえないおかずってあるじゃないですか。 たとえば、明太子、たらこ、塩鮭、海苔、じゃこやしらす干し・・・。これらは、平日はまったく食べないです。なので、土曜日や日曜日の昼食で食べることにしています。ええ、そりゃもう、存分に気のすむまで(笑)…

  • タイタニックの船底で、エンジンに石炭をくべる仕事です

    今日は、社長ほかお偉い役員の話しがあり、全社員が傾聴すべし、というお触れが出ました。 しかし、皆モクモクと仕事を続けています。上司さんも同様に絶賛仕事です。参加中に、わたしに仕事の指示を飛ばしてきました。いや、わたしは(休憩がてら)参加してるんですが(リモート会議です)。半分寝てはいましたが、真面目そうな雰囲気を醸し出して、画面に向かっていました。時々、白目になりました。頭をガックンとやらないように気をつけていたら、後ろにガックンてなりました。 お偉い人たちは、なんか立派なことをのたまっていましたが、結局のところ自分に直接影響もしないし、還元もされません。 わたしの年齢層の人間は、もはや給…

  • 夫が家の鍵を失くす~結婚後何回目でしょうか

    昨日の日曜日。朝から買い物に行った夫が、「家の鍵を失くした」と言ってきました。 この30年で、何回失くしたでしょうか。もはや、わたしは怒る気も失せました。こういうの繰り返す人って、未来永劫繰り返しますよね。 「ポケットに入れてたら、無くなった」「どこで落としたかわからない」「一応、歩いたところは見たんだけど」「キーホルダーはつけてない」 このセリフ、何回聞いたでしょうか。ちなみに、その後見つかったためしは、1度もありません。 賃貸ですので、大家さんに申告だけして、合鍵を作るだけです。よく、「家の鍵を紛失したら、場合によっては、鍵ごと交換が必要」とか言いますが、それをやってたら、何回やってもきり…

  • 100均~無駄遣いの聖域

    ここのところ、頭から湯気が出そうな勢いで仕事してます。 損な役回りだな、といつも思っています。忙しい、誰かが休んでいる、手が回らない・・・。そうなるとわたしが、「(わたし)さん、ちょっとあちらの仕事の方も見てもらえますか」と、上司から言われます。嫌ですとは言えません。 でも、ヒトの仕事をやっても、私自身の評価にはなりません。〇さんは隙あらばプライベートスマホをいじっているし、△さんは自分の担当じゃない仕事に首を突っ込んで、言いたいことをご披露中です(ただのおしゃべり)。□さんは、仕事と関係なさそうな画面を眺めています。 わたしは、自分の担当外の仕事を片づけて、自分の持ち分の仕事も業務時間内…

  • 子供が出張ついでに家に帰ってきた

    この春、就職した下の子が、東京に出張に来たついでに家に帰ってきました。 これはやっぱり、かなり嬉しかったです。学生時代と違って社会人ともなれば、容易に帰省することはできまい、と覚悟していた部分がありましたから。 東京に出張に来ても、「ついでに」寄れるほど、うちは東京から近くありません。ホテルを取って泊る方が、よほど利便性が良いはずです。学生時代の6年間も、どうかすると帰省するのは年に1回くらいでした。今回のように、前の帰省から半年というのは、初めてかもしれません。 ですので、まだ、「ぉおお~久しぶりだね~」というほどでもありませんでしたが、やっぱり嬉しかったです(しつこいw)。元気そうでしたし…

  • 物価高の世の弁当、さらにエッセンシャルな思考になりましたw

    最近巷で噂の(?)、ホラン千秋の弁当(残飯弁当)。NHKの番組で、見ました。 まぁあの立ち位置の人ですから、「オッ」とは思いましたが、うちの職場の面々の、さして変わらなかったです(笑)。 あれがまた、子供に持たせる弁当だったら、「可哀そう」「こんなみすぼらしい弁当なんて」とか、言われそうです。確かに、日本の教育現場では、横並びが重視されますから、わたしたちもついそう思ってしまうんでしょうね。それでなくても、中学校までは皆そろって同じ給食を食べるのです。 この、習慣や考え方、後々の人生に影響しますよね~(ため息)。 みんな、同じように進学、同じように就職、同じような弁当、同じような結婚。わたしも…

  • 冷えと頻尿のハザマで~中高年女性の悩みは続く

    わたしの職場では、コーヒー(&紅茶、緑茶)は会社支給です。 ネスカフェマシーンが給湯室に置いてあるのです。誰でも、1日2~3杯飲んでOKという、謎の福利厚生があります。夏場は、ペットボトルの珈琲も、気前よく箱買いして廊下に放置してあります。誰でも、勝手に冷やして飲んでいいのです。 こういうところで、変に太っ腹なところを見せて、陰で給与を上げないなど、姑息な操作をする傾向にあるわが社です。すべて、あのウスラハゲ(社長)の鶴の一声なのです。中途採用者が多いのは、辞めていく人もまた多いからなのです。(わたしもそうやってもぐりこんだ1人ですが) 家では飲まない珈琲を、職場で飲むのが習慣になってしまっ…

  • Amazonでバナナを買う人w

    先日、職場の男性が、コロナに感染しました。 療養期間が終わり、今日出勤してきたので、「ずっと家から出られなくて、何食べてたんですか」と聞いてみました。独身の1人暮らしの方です。子供が感染したこともあり、気になります。感染から復活してきた人には、漏れなくインタビューしているわたしです(笑)。 すると、Amazonでバナナを買って、食べていたと言うではありませんか。 これを聞いて、同僚一同たまげました。まず、Amazonでバナナが売っていたことへの驚き。そして、1人暮らしなのに、箱いっぱいのバナナを買ってしまう無謀さへの尊敬(笑)。 みんな大好きAmazonですが、買うモノって本当に人それぞれなん…

  • 虐待(かもしれない)を目撃した話し①

    「児童虐待防止法」というのは、2000年に施行されたそうです。 時々、ニュースなどを見ると、ふと、思い出す出来事があります。まだ、わたしも若かったし、子供も小さかったころの話しです。 ある日、わたしはベランダで洗濯物を干していました。すると泣き声が聞こえてきます。 どこの子が泣いているのかと、前の道路に目をやると、3~4才くらいの男の子が、素足で泣きながら歩いているのです。夏とはいえ、その子は、シャツとパンツという下着姿です。家にいる分にはおかしくないですが、サンダルもなく、1人で外を歩いているのはさすがに変だと思いました。 慌てて下の子を背中におぶい、上の子の手を引いて、外に出ました。男の子…

  • 家庭内別居の食事事情

    子供がいなくなって、いよいよ2人になってしまいました。 2人分の料理って、難しいですね。たいして料理をしていない、と思っていたのですが、よくよく見れば、食べきれないものばかりが残ってしまっています。 わたしは食べることは好きですし、自分が食べたいものを作るので料理も好きです。しかしこれからは、経済的に、健康的にを優先して作らなくては。少なくとも、外での食事は軒並み値上がりしてるので、せめて家で食べるもくのらいはエコにしなくてななりません。 今更ながら、夫のために料理する気は、まったく起きません。 もう、子供がいなくなった今、「たまにはご馳走を」なんて考える必要はなくなりましたから。しかし、料理…

  • 避難所の単位は家族ごと?何を持っていくべきか

    今月は台風続きでした。想定外の被害が続いています。 今やただの大雨といえ、避難することもあるのかな、思います。わたしはこれまで、そういった経験が1度もありません。 地震は東日本大震災を経験しています。でも、避難所などに行ったりしたことはありません。 当時の北関東は、もっぱらインフラが止まったことと、スーパーから品物がなくなったこと、ガソリン問題でした。そのときでも、夫はまったく蚊帳の外でした。割れた茶碗一つ、片づけなどしませんでした。わたしと子供たちで、何とか切り抜けた感じです。 ここも実際は、あまり高い土地ではありません。山はありませんが、ちょっと遠くの川はあります。大雨や洪水警報で、避難所…

  • 昔のママ友~SNSで知れる現在の消息

    わたしが時々、思い出したように昔のママ友さんの話しなどを書くのは、SNSなどで現状を知った人が教えてくれたり、または子供から聞いたりするのがきっかけになっています。 昔は、スマホやLineもありませんでした。しかし、最近になって、思わぬところから消息を聞くことがあります。子供が小学生のころの同級生で、仲良くしてもらっていたママさんの話しです。 この方は、お子さんをサッカー留学に行かせたり、子供を名門私立に通わせたり、おウチもデカく、一目で裕福なご家庭なんだな、と分かる方でした。 土地柄田舎なので、学校の授業参観とかスーパーで会ったりする分には、いつもざっくばらんな身なりでした。人柄も、気さくな…

  • この結婚、どこがターニングポイントだったのか・・・

    結婚を失敗している人なんて、沢山います。やはり、1回目じゃ分からないことが多いじゃないですか。いっしょに数年も生活をして、初めてわかることも多いですよね。少なくとも、わたしはそうでした。 うん、でも、やっぱり。離婚の決断は早い方がいいですねー(笑)。 どこかおかしい、どこかへン、そう思っていても、当時の私は離婚なんて大それたことは、自分には出来ないと思っていました。だって、小さい子供が2人もいる。自分1人で、育てるほどの経済力がない。夫から、扶養費用を受け取るほど、夫にも経済力がない。気がついてみれば、こんな状況でした。 夫が失職する以前に、夫の発達障がい的な違和感は、何度も感じていました。だ…

  • 大家族の石田さんから学ぶ

    先日、久しぶりにテレビで見ました。 大家族スペシャルって、息が長い番組ですよね。ゴールデンタイムに放送するのですから、きっと人気があるのでしょう。 わたしは、20分くらいしか見なかったのですが(全然ちゃんと見てないです。変なこと言ってたら、ご勘弁ください)、ああ、この人ね、とすぐピンときました。たしか、お父さんは美容関係のお仕事をされていて、けっこうなお給料を稼いでいた方でしたよね。今は、退職されているようですが。 わたしが、この家族を覚えていたのは、あんまりビンボウじゃなくて、見ていてもどこか安心感があったからです。 お父さんは、ちゃんと会社員をしていて、安定したお給料をもらっています。…

  • バカ過ぎて、国葬の意味を知らなかった

    快適な涼しさです。嬉しいです。身体がホッとしているのが、わかります。 エリザベス女王の国葬、NHKで見ました。わたしは、イギリス国歌が好きです(音楽の旋律が)。歌詞の意味は、君が代みたいな感じですけど、音調がいいんですよね~。 日本も来週ありますよね。安部元総理の国葬が9/27にあるそうです。 わたしのとこに、案内状まだ来てないんですけど・・と思ったら、一般ピープルは参列できないっていうじゃありませんか。知りませんでした。別に、参列したいわけじゃありませんが。 なぜ普通のお葬式じゃ、駄目なんでしょう?つい最近までは、コロナの関係で、ちゃんとしたお葬式をするのも困難だったというのに。 国葬と、普…

  • 65歳から先、どこで働けばいいのか悩みます・・

    昨夜は、外で何かが飛ばされる物音で目が覚めました。 朝、特に何か変わった様子もなく、ホッとしています。土曜日に出勤したので、今日は代休を取っているわたしです。 そして、昨日は敬老の日だったんですね。今日が祝日かと勘違いしてました。 新聞で、65~70歳の2人に1人が仕事をしていると就労していると読みました。わたしは、逆にそれだけしか仕事してないの!?という感想です。あと半分の人は、年金だけで生活していける金額を貰っているということなんでしょうか?わたしの親世代は、ばっちり貰ってますもんね。ウラヤマシカ。 先日、夫の年金額が判明してから、不安しかありません。 夫と、将来の年金について、話してもい…

  • 物価高でも栄養はケチらない~丈夫な身体は財産だから

    台風が近づいています。まだ関東のウチのほうは、大雨だけで済んでいますが・・。断水や停電といったことがないよう、祈るばかりです。水が流せないと、トイレすらも困ります。 トイレといえば、最近、変な時間帯にウンピをする習慣がついてしまいました。 以前は出勤する前に、朝ちゃんと家でしていたんです(1日1回コース)。ところが、子供がいなくなり、これまでのように夕飯(しか作らない)を作っていたら、大量に残りおかずが出るようになりました。 残りおかずのタッパーと、冷凍庫から凍った白米のタッパーを、直接弁当バッグに突っ込んで、会社で食べます。前にも書きましたが、うちの会社の面々は、皆そんな感じの荒々しい昼食…

  • 離婚した友人に警察から連絡~考えさせられた

    ようやく連休に突入しました。 しかし、夫も連休の模様です。気持ちが萎えます。かといって、わざわざ出かけていく場所も用事もありません。 わたしがコンビニ工場で働いていたころ、時給の上がる休日に予定が入ってなければ、わざわざ出勤したものですが。 今、日本で離婚する夫婦は35%だそうです。もう離婚することは、珍しくも、恥ずかしいことでも、隠すようなことでもなくなりました。 一番、離婚率が高いのは、高知県の46%。続いて、沖縄45%、和歌山44%。半数近いってすごいです。意外にも、一番低いのは東京都の27%。なぜなんでしょうか。それでも、結婚した夫婦のうち、4組に1組は離婚するわけです。 わたしの友人…

  • あの辛かった日々、宗教に頼らなかった自分を褒めたい

    今日は仕事でした。ヴェー、疲労困憊で帰宅です。週6日出勤は身体に応えます。若い頃は、土曜日も普通に出勤していたのに。常識って時代が代われば、こんなふうに自然消滅するものも多いんですね。 ところで最近、何かと巷で話題になっている、統〇協会。 わたしは、宗教には、そこまで反対でも賛成でもありません。どうしてキリスト教が可で、統〇教会が不可なのか、よくわかりません。面倒なので、理解したいとも思いません。 ですが、ここに至るまでの結婚生活で、一番辛かった時期。それは夫が、仕事を辞めたにもかかわらず、就職活動もしないで、パチンコに行っていたあの時期。再就職したものの、1年足らずでまた辞め、またパチンコに…

  • もしかすると、少し鬱っぽいかもしれないです

    やっと金曜日ですが、明日は休日出勤です。 世間は連休だというのに、どんなデリカシーのない職場でしょうか。でも、家で夫と顔を突き合わせているより、いいかもしれません(良くはないw)。 金もないのに仕事も行かず、朝から飲んでいる夫を見るのは、かなりストレスです。人並みに稼いでいるなら、どうぞゆっくりしてください、という気持ちも出てきます。しかし、全然そうでないわけです。おそらく、最低賃金の時給しかもらっていないはずです。何を一人前ヅラして、休日家にいるんだ、と思ってしまいます。 最近は、少し立ち直れたような気がしていました。でも、もう大丈夫、と思っても、まだ時々涙が出てしまうのです。 これって…

  • 滞納のツケ~少なすぎる夫の年金

    時々、悪魔からの手紙のように、ひっそりやってくる「年金定期便」。 わたしはもちろん、自分のおおよその年金額を知っています。いわずもがな、かなり低いです。こんな額で、人1人が、1か月を生活していけるはずはありません。 夫が辛うじて正社員をやっていたころ、わたしはパート勤務で130マンエンを超えないように、夫の扶養に入っていました。でも夫が失職してから後、もう130マンエンとか言ってられなくなりました。すぐに、それまでのコンビニ工場や、塾のパートを辞め、派遣社員として今の職場に入りました。 ↓この頃ですか。 再就職の話し~パートから派遣へ - 1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~ わた…

  • 買わなくては、という思い込みと先入観を捨てる

    毎日のニュース、さらなる円安と、さらなる物価高騰の話しばかりが目につきます。しかし、何がどう高くなっても、何かを買ってきて、毎日食べなければなりません。 でも買い物って、なんとなく買うモノが、決まっていませんか。 パン?ハム?お菓子?サラダ油?冷凍食品?買わなくても、わたしなら全然大丈夫。 もともと、加工品、工場製造品は割高なものです。という思考から、あまり普段から買わないからです。 肉、魚、野菜、何でも素材を購入した方が、安く上がります。手間を省いて便利になっているものほど、高いのは当たり前です。栄養面は言うに及びません。 人によっては、便利さや時短の方を優先する人もいますから、一概にどうと…

  • 秋の夕暮れに、わびしさがいっそう募ります・・

    日が落ちるのが、早くなってきました。 まだ、火曜日。仕事を終え、やっとの思いで家路につきます。でも、家に帰りついても侘しさばかりが募ります。 仕事に行くのは、習慣化しているので、何も考えずに出勤します。わたしには、洗濯するのも、仕事に行くのも、もはや同じことです。仕事中は、毎日徒競走でもやっているのかというレベルで、興奮しています。自分が寂しい最中なことに、全然気がつきません。 これが、子供がいないことに、慣れてきたということなんでしょう。下の子が進学で、家を出て行った時も、半年くらいは景色が暗かったです。片目に眼帯をしているように、周囲が暗かったです。 思い返せば、いつだってわたしのモチベー…

  • 家を買わない選択をした件について

    50代に入って、友人知人の離婚が相次いでいます。 離婚するとなった時、人それぞれでしょうが、揉める原因の最たるものが家のようです(あと、子供の親権ですか)。 結婚して30年。ここまできて、わたしはやはり家を購入しなくて良かったと思っています。 そりゃ、夫の手取りが50万円とかで、私自身にも十分な収入があり、夫婦仲が良く、なんて場合でしたら、また違ってたと思います。わたしも、人並みに家が欲しい時期はありました。でも、気づいた時はもう手遅れで、家の購入を検討する余裕はありませんでした。むしろ、いったん購入した家から、家族で出ていくような経験を、子供にさせなくて良かったです。 新築で買っても、中古で…

  • 男女同室の子供部屋について思うこと(賃貸)

    昨夜は月が綺麗でしたね。 今日は朝から、涼しい北風が入ってきます。エアコンではない、自然の風は、体がホッとします。電気代の面でも、ホッとしたいところですが、もう今(朝10時)の時点で、夫はエアコンをガンガンにつけて飲酒中です。私の心は、疲れるばかりです。 昨日書きましたが、うちは子供が小さい頃(といっても、小学校~高校まで)、子供用に1部屋しか用意してあげられませんでした。 男女の子供は、1人1部屋が良いようです。世間一般的には。 今より狭い賃貸住宅でした。子供が小学校の頃から、2人の机を1部屋に並べました。中学生になったころ、少しだけ悩みました。別々の部屋にしようか、と。 しかし、夫はそのこ…

  • 夫と2人、この家にいたくない

    お天気の良い週末。なのに、家の中に、夫と2人です。 今に始まったことでもありませんが、夫が在宅しているだけで、疲れが取れれません。仕事は休み、天気は良しとくれば、やはり布団を干したり、掃除機をかけたりしたいわけです。その横で、大音量でテレビを見ながら、酒を飲んでいます。休みなのだから、当然といった顔です。もはや、殺意すらわきます。 我が家は賃貸ですが、小さい戸建てです。 1階に広めのリビングと台所、2階に3部屋。その1室に、夫と布団を敷いて寝ています。部屋の真ん中に、大きいパーテーションを立てて、個室のように使っています。本当は空いている子供の部屋で寝てもいいのですが、暖房や冷房の費用を考える…

  • なんと子供がコロナに感染

    完全に事後報告でした。。。 帰宅後、メソメソしていたところに、びっくりするようなLineが届きました。下の子からです。 「コロナにかかっちゃってさ、でももう治ったから、心配しないで」。 ゲゲー('Д')。もっと早く言えって。〇んじゃったら、連絡も出来ないんだから。 以下、新社会人1人暮らし、感染生活の顛末です。 【初日】 仕事から帰宅後、ちょっとだけだるかった。疲れたのかもと思って、早めに寝た。 →(早く寝れば治るという、特異体質がそろっている我が家。発熱ごときで、病院に行ったためしがありません。子供2人も、インフルなど貰ってきたことがありません。新型の時だけですかね) 【次の日の朝】 が…

  • 所属部署で最年長ですが、気をつけていること

    当年とって、立派なアラカンのわたくし。 今風にアラカンなどと言ってみましたが、はっきり言うと初老です。ひと昔前は、60歳で定年だったのです。国の政策がアレで、年金もろくに支払われなくなり、「今の人は、昔より10歳若い!」「生きがいと収入を目指して、もっと仕事をしよう!」などと、一方的にあおられているのです。貧乏老人がこれ以上増えては、国として面倒見きれませんからね。 職場では、わたしより年上の、偉い役職の男性が数名いますが、仕事ではほとんどかかわりありません。普段の職場で、1番の年長者はわたしというわけです。 50歳代は他にもいますが、50後半に所属しているのは、わたしだけ。 このまえ、みんな…

  • この喪失感は、いったい何なんでしょうか・・

    これまで、家の中に確かに存在していた、子供の気配。 部屋で、友人や彼氏さんと電話で談笑する、笑い声。家族で一番遅く、深夜近くにお風呂に入る物音。寝る前に下に降りてきて、玄関の鍵をチェックする音。夫がたびたび施錠し忘れるので、最後にチェックするのは、長年上の子の役目でした。中学生の頃からです。わたしだと、布団に入って、うっかりそのまま寝てしまうことも多いからでした。 もう、今は何も感じられません。確かに、子供はいなくなってしまったようです。そこのところの、認識が追いつきません。 下の子が生まれたときは、もう経済的に暗雲が立ち込めていたので、1歳過ぎで早々にパートに出ました。不安ながらも、夫に面倒…

  • 勧誘商法のカモ、それは夫のような人です

    玄関やインターホンをピンポンしてくる、訪問勧誘。先日、この話を書きました。 これ、夫が応対していたら、最悪なのです。 一昔前は、「不要な貴金属を高値で買取します」「無料で布団のクリーニングをサービスしています」なんてのも、多かったです。 わたしが仕事から帰ってみたら、布団セールスの業者が家に上がり込んでて、びっくりしたことがあります。夫が家に上げたのです。「いや~、無料でクリーニングしてくれるって言うからさぁ」とか、真顔で言うのですから、驚いてしまいます。 わたしが「じゃあ、その人はボランティアなの?こんな夕飯時に、人の家に上がって、その人の目的は何か考えてみた?もう7時になるんだよ?」と…

  • 家に帰るのが辛い

    仕事が終わって、家に帰りついて、ご飯を食べて、お風呂に入って、あとは寝るだけ。毎日、この繰り返しです。 上の子がいなくなって、火が消えたかのように寂しいです。 我ながら、しょうもないことを言ってるなとは思います。手元に子供がずっといることが、良いとも思いません。誰だって、巣から飛び出して、羽ばたいて出て行くのは、自然なことです。 でも、羽ばたいていく後ろ姿を見送る気持ちは、初めて分かったような気がします。世の親は、みんなこんな思いをするんですね。 これまでだって、何週間というレベルで不在だったこともあるし、毎日通勤していたころは、お互い疲れて、ろくに会話しなかったこともあります。でも、やはりこ…

  • 自分の髪をセルフカットしてみた

    先だってこんな話しを書いたばかりですが・・。 美容代ってどのくらい使いますか~髪を切りました - 1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~ わたしの頭はショートカットです。セミロングの時代もありましたが、45歳くらいからはショートにしています。でも、ショートあるあるで、伸びてくると、気になっちゃうんですよね。束ねられるくらいの長さがあれば、後ろでくくってしまうことも出来ますが、ショートはそれが出来ません。切ってそろそろ2か月。わたしの場合は、長くなってうっとおしいというより、髪が暴発してくるのです。くせっ毛なんです。 1回2000円と、お安いところでまめにカットした方が、一応勤めに行く…

  • さらなる値上がり~とっくに覚悟はできてます

    ニュースや新聞で、大いに盛り上がって(?)いるこの話題。この秋からさらに色々なものが値上がりするようです。 今年初めから、社内外を不穏な情報が飛びかっていたので、今更驚きません。来るべきものが来た、という気持ちです。 ↓春からビビっていた。 恐ろしいくらいの物価高~これ大丈夫? - 1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~ 原材料が、資材が、燃料が、人手不足が、円安が、って、そもそも外国からモノを買って成り立っているニッポンです。もういっそ、わたしの幼児時代のように、鍋を持って豆腐を買いに行けばいいんじゃないの?と思います。 電気・ガス・水道は、どんなに節約したって限界があります。エネ…

  • 「俺通信」だったかも~子供にLineどのくらいしますか

    「俺通信」て言葉を知ってますか。 用事もないのに、彼女に「俺さぁ」ってLineを頻繁に送ってくる男のことだそうです。まるで、無料のメールマガジンのように、頼んでもいないのに、何回もしつこく送られてくる、アレです。 これが親からだと、過干渉という側面だけではないようです。特に母親から、ストーカーまがいのぶっ続けのLineが送られてくるといった、社会問題があるのだそうです。 母親自身が、返事が来るまでLineを送り続けるような強迫性障害、子供のことが心配で不安障害を発症しているか、または自己中心的な人。子供は自分の付属物だと思っているパーソナリティ障害の人もいるとのことです。 つまり、子供に依存し…

  • どうしてこんな気持ちなのかわかりません

    仕事の忙しさが、ようやく一段落です。 やはり、忙しさでバタバタしてると、気が紛れていいですね。先週は、帰宅してからも緊張が取れず、何も考えられませんでした。何も考えられないくらいの忙しさ、もっとウエルカムですが、コロナ感染者がぞくぞく職場に戻ってきています。皆、ケロッとした顔で、普通に仕事をしています。後遺症もなさそうで、結構なことです。 夕方、あと1時間で退勤。この時間になると、夕飯のメニューを考える習慣が抜けません。もう、長年の習慣なのです。帰ってから段取りを考えるのでは、遅いからです。 ここ十数年、仕事から早く帰ろう、早く帰ってご飯を作ろう、という時間が長すぎました。わたしの生活は、…

  • もう夫に我慢ならない

    わたしはこれまで、夫に対して言いたいことがあっても、とりあえず逆上はしないよう心掛けていました。 子供の目があったからです。逆上って、見苦しいじゃないですか。 たとえ怒るにしても、そこにちゃんとした理論がないとおかしい、子供がどんなふうに見るだろう、子供にわたしの態度はいつも見られている、と思ってきました。 でも、夫はちょっと普通と違うところがあるのです。そんな人間に、普通のロジックが通じることは、ほぼありません。 なんでわからないの?お金もないのに、仕事も探さないで、なんで毎日家にいるの?学校って、すごくお金がかかるんだよ?大声で思い切り叫びたい。罵りたい。泣きわめきたい。 ばかじゃないの!…

  • 昨年、ツバメの雛ちゃんを育てた話し

    我が家の玄関には、毎年ツバメの巣が出来ます。 昨年のことです。大雨が続いたある日、親ツバメが帰って来なくなりました。 いつも親が帰ってくると、雛たちがシャンシャン大騒ぎです。それがぱたりと聞こえなくなったので、あれ?と思いました。次の朝。出勤するとき、巣を見上げてみると、雛たちが全員死んでいました。しおれた花のように、首をガクンと下げて、巣の縁から身体が落ちそうになっていました。 仕事から帰宅して、再び上を見ると、朝のままです。このままでは可哀そうだし、虫などがたかっても嫌です。まだ日のある明るいうちに、脚立を持ってきて、ビニル手袋をはめ、雛たちの亡骸を取ることにしました。 ところが、そっと…

  • 1人暮らしの経験がないまま結婚

    いつまでも実家暮らしの人のことを、「子供部屋おばさん」「子供部屋おばさん」とかいう言葉があるらしいです。よく考えたネーミングですねぇ(笑)。 上の子も、この言葉には敏感に反応していました。大学も、職場も、何とか実家から通える範囲でしたので、結局1回も家から出ることなく終わりました。 何といっても、都内で1人暮らしは、お金がかかります。 いくら家賃補助が会社から出ても、確実に貯金する額は減ります。奨学金の返済もないし、まとまった貯金を作ってから独立したら?引っ越しも、何十万円とかかるんだよ。家電とか買ったら、もっとだよ。と言ったのは、本当の話しだからです。 けれど、やはり1度も1人暮らしの経験な…

  • 最後はみんな1人になると悟った

    今日は朝から、信じられないくらい涼しいです。空き部屋になった、子供の部屋の寝具を片づけて、掃除をし、エアコンのフィルターを洗い、棚に覆いをかけました。正直、しみじみとさみしいです。 とっくに籍は入れてたんです。でも、いつまでも家で仕事をしているので、ちょっと勘違いしてしまった自分がマヌケでした。この2年あまり、コロナの影響で思ってもみなかった在宅勤務が始まり、家での楽しい時間を持つことが出来ました。しかし、子供は子供なりに、自分の人生の地図を描いていました。いえ、それで正しかったのです。 わたしは、自覚がないまま、子供依存症を発症していたのかもしれません。 なんとなく自分だけが取り残されてしま…

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、スズキさんをフォローしませんか?

ハンドル名
スズキさん
ブログタイトル
1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~
フォロー
1965年生まれの日記~離婚しようかやめとくか~

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー