searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

柿の葉さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
柿の葉日記
ブログURL
https://kakinoha.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
1979年から放送されたテレビドラマあばれはっちゃくシリーズの感想、考察、検証ブログです。一般人のファンの感想、考察、調べたことに基づく推測であり、公式見解のものではありません。
更新頻度(1年)

59回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2020/06/06

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、柿の葉さんをフォローしませんか?

ハンドル名
柿の葉さん
ブログタイトル
柿の葉日記
更新頻度
59回 / 365日(平均1.1回/週)
フォロー
柿の葉日記

柿の葉さんの新着記事

1件〜30件

  • 純烈ラジオ出演

    事後報告 落語神と歌謡神 明治座 事後報告 本当は昨日のうちに書いておきたかったのですが、急遽やらなければいけないことが出来て今日の報告になってしまいました。 タイトルにあるように、5代目あばれはっちゃく酒井一圭さん率いる純烈がラジオ番組に出演しました。 純烈は自分達のラジオ番組もありますし、過去にも様々なラジオ番組に出演されていて、ここで取り扱っていないラジオ番組にも既に数々出ているのですが、今回は私が月曜日から木曜日まで毎朝聞いている(朝に聞けない時はラジコのタイムフリーで聞く)番組『伊集院光とらじおと』の10時台からのゲストコーナーに出演されたので、ここでちょっと取り上げます。 純烈の4…

  • メッセージはあれど

    娯楽作品なのだから スピンオフについて 娯楽作品なのだから 最近、私の悪い癖で『あばれはっちゃく』を道徳的、教育的な作品として評価しようとしているとこが我ながらいやらしいと感じます。 作り手には何かしらのメッセージがあり、また作品の内容から感じ取るもの、共感することなどがありますが、一番は日々の生活に彩を与える、楽しさを提供することが一番にあったのではないかと思うのです。 それをことさら、教育的、道徳的な話として持ち上げるのはどうなんだろうって思うんですよね。 まず、楽しさから入って楽しいから見ていた。 道徳や教育として勉強の一環として『あばれはっちゃく』を見てはいなかった。 面白かったから、…

  • 牛乳もやしスープ?

    意外と美味しい こんにちは。最近、牛乳にうどんスープの素とモヤシを入れて煮立たせ、簡単な牛乳モヤシスープを作って朝食に食べています。 これが意外とクリーミーで、うどんスープの素のお陰で味が良く、適度に煮た(茹でた)モヤシのシャキシャキとした食感がよく、スープになった牛乳を飲むことで腹持ちが良く、満足感の高い一品になっています。 モヤシは一袋で2食分29円、うどんスープの素はイオンのトップバリューなので8食分で98円ほど、牛乳も1000mlで170円前後、乳飲料の牛乳なら145円前後なので、かなりの安さで簡単に満足のいく朝の一品が出来るので、重宝しています。 お金に余裕がある時は、ラーメンの麺1…

  • カラスウリ

    足に塗ると早くなる 『俺はあばれはっちゃく』17話「走れ!初恋」で、校内マラソンのスタート前に公一が長太郎に早く走れるコツを教えてもらい、カラスウリを足に塗ると速く走れると、長太郎からカラスウリをもらって、足に塗る場面があります。 『俺はあばれはっちゃく』17話より 私は子どもの頃に、『俺はあばれはっちゃく』を見て、カラスウリを塗ると足が速くなると 知ったので、そういうもんだと思っていました。 ただ、これは地域によって少し違いがあって、引用画像の公一のように足のふくらはぎに塗る場合と、カラスウリの種を靴の中に入れておく、カラスウリのワタを足に塗るというようにカラスウリの使い方や使う場所が違って…

  • 『痛快あばれはっちゃく』42話「走れ!SL」感想

    『痛快あばれはっちゃく』42話より 1984年1月28日放送・脚本・市川靖さん、監督・松生秀二さん Nゲージに対する関心 長太郎と信彦 無実の証明 信彦はツンデレか 必要な叱りと虐待の境界線 夢を叶えた長太郎と信彦 Nゲージに対する関心 わらさんから教えて頂いたこの話。DVDで見直して、ああ!と思い出せた話でした。 ああ、この話の結末、知っている。本放送時に見ていたわと。確認したい話の順序で見ていたりもして、この話を見返すのが遅れていて、と言い訳。 今、見返して見ると、この時期というか、この話の信彦が滅茶苦茶、長太郎に対して好意的なんだなって、信彦が見せたブルートレインの写真、Nゲージを買いに…

  • 『男!あばれはっちゃく』19話「出て来いカブト虫」感想

    『男!あばれはっちゃく』19話より 1980年7月26日放送・脚本・安藤豊弘さん、監督・松生秀二さん カブト虫が好きな男の子 お寺でキャンプ 事件が起きて 長太郎お兄ちゃんのために! 等身大の同じ子どもが主役だったからこそ 小ネタ 次回予告 カブト虫が好きな男の子 今回はみゆきちゃんのお父さんの友達の子ども、ジュン君が登場します。 最初は愛想の悪いジュン君は、長太郎がカブト虫に詳しいことが分かると長太郎に対して好意を向けていきます。 長太郎も愛想の悪いジュン君に対して、最初は嫌な感情を抱いているようでしたが、みゆきちゃんの知り合いの子であることや、話のきっかけとしてジュン君が熱心に読んでいる絵…

  • 『男!あばれはっちゃく』18話「大当たり!占い」感想

    お久しぶり Nゲージと模型店 人捜し 最終的には ちょいとした小ネタ 『男!あばれはっちゃく』18話より 1980年7月19日放送・脚本・田口成光さん、監督・川島啓志さん お久しぶり 今回は占い師役として、初代『俺はあばれはっちゃく』の正彦の父親・吉井部長役を演じた頭師孝雄さんが登場しました。 前回、17話の「ボタン戦争」の記事でも書きましたが、またまたスピンオフ起用の役者さんの登場です。 父ちゃんが占い師に占ってもらう場面は、初代の関係性を知っていると、よりおかしみを感じますね。 頭師さんが演じる占い師は、大阪弁を使っているのですが、頭師さんは大阪の出身。今回はそれがいかんなく発揮されている…

  • 2代目あばれはっちゃく・長太郎の5年生の同級生(ドラマを見て分かる設定102)

    2代目長太郎の同級生 過去にも教室の黒板や通知表を渡す場面などから、話に絡んでこない、レギュラーではない初代長太郎の同級生達を記事で取り上げたのですが、今回は同じく2代目長太郎の話に絡んでこない同級生達を取り上げたいと思います。 kakinoha.hatenadiary.com 今回は、『男!あばれはっちゃく』18話までを見た段階でのものです。 後々、3代目『熱血あばれはっちゃく』、4代目『痛快あばれはっちゃく』、5代目『逆転あばれはっちゃく』のレギュラーではない、話に絡んでこない同級生達を取り上げて行く予定ですが、今のところは、2代目『男!あばれはっちゃく』18話までを見て分かった同級生の名…

  • おれは男だ(『男!あばれはっちゃく』挿入歌)

    『男!あばれはっちゃく』93話予告 『俺はあばれはっちゃく』の次回予告についての過去記事 カバーしてくれないかなあ 『男!あばれはっちゃく』93話予告 kakinoha.hatenadiary.com 上記の記事のコメントに、こうさんから『おれは男だ』は93話の予告でも聴けるとのコメントを頂いたので、確認して見ました。 こうさん、コメントありがとうございました。 『男!あばれはっちゃく』92話より93話予告 『男!あばれはっちゃく』92話より93話予告 引用した画像よりも前、ドン平が長太郎に向かって駆けていくところから、長太郎の声で『おれは男だ』が歌われていました。 次回予告のタイトルが出たと…

  • 3代目あばれはっちゃく荒木直也さん出演のCM

    あばれはっちゃく以前 さとうさんから教えて頂いた放送ライブラリーで、吉田友紀さん以外の4人の長太郎役の方達のCM出演に関する情報もないか調べてみました。 特に荒木直也さんに関しては、東京電力のCM情報がないかなって思って検索をかけてみました。 すると、放送ライブラリーに荒木直也さんが出演した東京電力のCMに関する情報はなかったのですが、代わりにそれ以外の荒木直也さんの出演していたCMが分かりました。 それは、1978年に放送されていたコダカラーフィルム「ジャンボパトローネ」CM。 荒木直也さんは1970年10月13日生まれなので、CM放送当時は7歳~8歳の頃。 『熱血あばれはっちゃく』(198…

  • 映画『学校』(1993年)

    「オグリキャップ」と書ける喜び 俳優の田中邦衛さんが老衰のため、88歳でお亡くなりになりました。 私の両親の世代ならば、加山雄三さん主演の映画『若大将シリーズ』(1961年~1981年)の青大将としてお馴染みですが、子である私の代になるとやはり、小学生の時から見ていた『北の国から』(1981年~2002年)の印象の強い俳優さんでした。 『北の国から』も好きなドラマではあるのですが、私が田中邦衛さんの作品で思い出すのが、山田洋次監督の映画『学校』(1993年)で演じた生徒役です。 『学校』は夜間中学が舞台の映画で、様々な事情で全日制の高校に進学できなかった老若男女の生徒と先生達の関係を描いた映画…

  • 卑下と同居する傲慢

    私以外誰も読まないブログだった 不思議な事 私以外誰も読まないブログだった 一般人の素人の私のブログなんて誰も読まない。私の好きな事、日常の出来事で感じた事をただ書いているだけの、それだけのブログ。 そんな素人の文章に目を留めて、時間を割いて読む人なんて一人もいない。それが基本。それが当たり前。 なんの反応もなかった頃は、なにかしら反応が欲しい時もあったけど、書いてない事を書いてあると偽って紹介したり、文章が下手で伝え方が悪いせいか、意図した事と違う受け取り方をされたりすることもあって、反応があればあったで自分の思う通りの反応がないとがっかりしたり。 私が好き勝手に受け取ったものに対して、あー…

  • 3代目あばれはっちゃく荒木直也さんのCMソング

    荒木直也さんが出演したCM こうさんから荒木直也さんのCM情報を頂いたので、早速調べてみました。 すると、荒木直也さんがお父さんの荒木とよひささん作詞の東京電力のCMソングのレコードを出されていたことが分かりました。 そのレコードがヤフオク!などに出ています。 そのCMソングのタイトルは 『息子よ/お前と俺と』(東京電力CMソング) レコードのジャケットは、サッカーをしている荒木直也さんの写真なので、まるで3代目あばれはっちゃく長太郎のレコードみたいに感じました。 なんか、お父さん荒木とよひささんとのデュエットソングみたいですね。 こうさんの情報では『あばれはっちゃく』出演前にCMに出ていたそ…

  • 『熱血あばれはっちゃく』時代に発売されていた本

    人気のピーク あばれはっちゃく写真集 東野英心さんの自伝 人気のピーク 『熱血あばれはっちゃく』放送当時に、『あばれはっちゃく』に関連する書籍が私が知る限り2冊発売されました。 初代『俺はあばれはっちゃく』が10話を超えたあたりから視聴率が出始め、20話あたりで20%近くの視聴率を出し、2代目『男!あばれはっちゃく』が2年続き、1時間のスペシャル特番があったり、3代目『熱血あばれはっちゃく』が始まる前にスペシャルが放送された『あばれはっちゃく』シリーズは、この3代目が始まる直前が人気が一番高まり、世間の認知度も高くなっていた頃だったと思います。 このブログでは以前から書いていますが、『あばれは…

  • 懐かしいCM(あばれはっちゃく関連?)

    コメントで『あばれはっちゃく』の出演者の方々のCMの情報を頂いたので、吉田友紀さんが出演したCMを中心に過去記事も合わせて紹介します。 裏付けが取れていないものもあります。 マクドナルド 国際羊毛 三菱テレビたっち・おん・ぱ 花王のザブ 『あばれはっちゃく』出演者が出演しているCM 番外編 マクドナルド 現在、マクドナルド公式YouTubeチャンネルで50年の振り返り動画がUPされており、そこにテレビCMを開始した1973年のCMの動画が使われているのですが、この動画に出演する男の子が吉田さんに似ているとのこと(さとうさん情報)。 日本マクドナルド50周年歴史振り返り動画 私が過去に頂いた吉田…

  • 一番古い時代の夢を見た

    幼い頃の記憶 私が記憶している一番古い記憶は、4歳の頃の記憶です。 その頃の私は神奈川県横浜市磯子区に住んでいました。 その時代の頃の私が夢に出てきて、母がやたらと私を褒めていました。 私の記憶にない2歳か3歳の頃の話も生前に母から聞いていた母が妹を妊娠して病院に入院していた時に母の見舞いに私が祖母と来た時に、母を励ました話が夢に出てきて、なんだかとても懐かしい気分でした。 私にとって横浜に住んでいた頃は、なんのしがらみもなく、嫌なことが1つもなく、人を恨むことも全くない心も穏やかで一番平和な時代だったので、本当に気持ちが安らぎ、ああ、こういう時代がずっと続いていたら良かったなと感じる夢で懐か…

  • ちょっとした小ネタ

    ペア―ルック 多分、探せば他にもあると思うのですが、昨日の記事を書く時に『俺はあばれはっちゃく』18話を見なおしていて気が付いたので、それを紹介します。 長太郎が佐々木先生とぶつかって、恵子ちゃん達を呼んだ時に廊下に出てきた恵子ちゃんと公一の姿を見る事が出来るのですが、この2人服がお揃いというか、とても似ている服を着ています。 さらに2人が並んでいるので、ペア―ルックに見えます。 ペア―ルックといっても深い意味はなく、たまたま同じような服装になっただけですが、お揃いなんだって思いましたね。 『俺はあばれはっちゃく』18話 『あばれはっちゃく』シリーズでは国際放映の衣装部の衣装を使われていたとい…

  • 『男!あばれはっちゃく』17話「ボタン戦争」感想

    『男!あばれはっちゃく』17話より 1980年7月12日放送・脚本・安藤豊弘さん、川島啓志監督 遅刻から始まる初代18話と2代目17話 「くそう、まだ鳴っていてくれよ。間に合えよ。畜生」 『男!あばれはっちゃく』17話より 遅刻しそうな長太郎の場面から始まった今回の話。この場面を見て思い出したのが、この17話の脚本を書いた安藤豊弘さんが、『あばれはっちゃく』シリーズに初参加した初代『俺はあばれはっちゃく』18話「友情と引っ越しソバ」の話の冒頭です。 長太郎が遅刻しそうになったところだけでなく、テストの点数もクラスメイトに知られてしまうところまで似ています。 2代目長太郎が学校の敷地内に入ってい…

  • YouTubeベストフィールドチャンネルの『あばれはっちゃく』2代目から5代目のオープニング動画

    今年からYouTubeのベストフィールドチャンネルで 今年、1月より『あばれはっちゃく』の2代目から5代目のDVDを発売しているベストフィールドの公式YouTubeチャンネルで2代目『男!あばれはっちゃく』からシリーズ最終作5代目『逆転あばれはっちゃく』までのOP動画が無料で視聴できるようになりました。 ただ、残念ながら最後の締めまでは聞けません。 2代目から4代目だと「おいらは華の落ちこぼれ」、5代目は主役長太郎役の酒井さんの「分かるか」の一声がカットされていて、ベストフィールドのロゴが出てきます。 初代『俺はあばれはっちゃく』だけが発売元が違うので動画がUPされていないのは残念ですが、2代…

  • 最近

    いろんなことが面倒くさい 最近、いろんなことが面倒くさく感じています。 生活で必要な最低限のことはしますけど、それ以外、娯楽を楽しむ部分がとても面倒に感じるようになりました。 大好きな本を読む事も、アニメやドラマを見る事も、好きなテレビ番組や動画を見る事も見たいと思いながらも、面倒に感じて途中で疲れてしまうことが多くなってきました。 その中でラジオ番組は比較的、楽に楽しめる、耳だけ貸して他の仕事をしたり、横になって寝て体を休めたり出来ているのですが、自分が楽しみにしていてがっつり楽しんでいた事に対して、それを楽しむことが疲れてしまうというか、楽しむにしても体力と気力が必要なんだなって実感してい…

  • また、いつか。

    吉田友紀さんゲスト出演のラジオトークを聴いて 吉田友紀さんの初ラジオ番組を約1ヵ月聴きました。 久しぶりのメディア出演で声を聴き、話が聞けたことは本当に嬉しかったです。 それでも、さとうさんへのコメントにも返信しましたが、手違いによるミスで同じ内容が放送されたりなど、不満が全くなかったわけではありませんでしたが、それ以上に吉田さんの貴重な話が聞けたことは嬉しかったです。 私の中では、新しく知る事が出来た話、またこのブログで書いてきた事に対しての再確認が出来た話が短い放送時間の中に盛り込まれていて、本当にとても貴重で大事な時間であり、素敵な一ヶ月間でした。 聴きながら、少し心苦しく思ったのが「あ…

  • 吉田友紀さん出演のラジオを聴いて

    吉田友紀さんがゲストのラジオを第1回から聞いています。 3回目の1月2日は聞き逃してしまったので、再放送でついさっき聞きました。 再放送があって良かったと思える内容でした。 今日の19時からの放送はしっかり聞かなければ!と思いました。 3回目では、吉田友紀さんを吉田さんのお母さんが吉田さんを児童劇団に入れた理由や吉田さんが電車の運転手になりたかったこと、ドラマのロケに行く交通手段などの話をされていました。 吉田さんのお母さんが吉田さんが引っ込み思案な性格だったから、児童劇団に入れたという話を聞いて、私は11年前2010年10月29日でこんなことを書いたのを思い出しました。 あの頃の吉田さんは原…

  • 放送ライブラリーで驚きの発見!

    TBSテレビが『あばれはっちゃく』の制作社? 放送ライブラリーのHPで『あばれはっちゃく』を検索してみました。 初代から5代目の1話が視聴可能だという結果が出たのですが、その作品の資料、紹介の所を見て驚いたことがあります。 それは、制作社の項目に国際放映だけでなく、TBSテレビの名前があったことです。 『あばれはっちゃく』シリーズは、テレビ朝日で放送されていた児童ドラマ。 当然、資料の放送局にはテレビ朝日の文字がありました。 それなのに、なぜTBSテレビの名前が制作社としてあるのか? 確か国際放映は元を辿ると、東宝関連の会社で、東宝はTBSと関係のある会社ではあるけれども、初代からTBSテレビ…

  • 激しい頭痛・味覚あり・発熱なし

    健康の有難さ 昨日は、ブログ記事を書いた後で頭痛が酷く、夕食を食べても体が重く、汚い話ですが少し戻してしまって、食事の片づけをした後はぐったりとしてました。 しばらく何もしてなくて様子をみていたものの、頭痛が酷くなるばかりだったので、頭痛薬を飲んで早めに寝ました。 全体的に悪寒もあって、風邪をひいてしまったのかなとか、もしかしてこのご時世だからとうとう新型コロナにでもなってしまったのだろうか、ああ、あんなに手が荒れる程に常に手洗い、うがい、消毒、マスクをして、手袋もしていたのになってしまったのかと思いましたが、薬を飲んで一晩寝てみると、気分爽快。 頭痛も消えて、食欲もあり、朝ごはんを食べるとち…

  • ドンペイはオス(ドラマを見て分かる設定101)

    判明 ドンペイはオス 判明 昨年より、ドンペイはオスかメスかということが私が8年前に書いた記事から、エルビスさんよりドンペイはメスではなくオスではないかと指摘を受け、明確に性別が分かる場面を探してきましたが、今日、下記の8年前の記事のコメント欄でルシアーさんより、ドンペイの性別が分かる話数を教えて頂き、確認をしたところ、エルビスさん、ルシアーさんのご指摘の通りオスだと分かりました。 kakinoha.hatenadiary.com これまで、間違った情報を流してしまいごめんなさい。 また、私の記事の間違いを正すきっかけを作ってくださったエルビスさん、性別が分かる話を教えてくださったルシアーさん…

  • 明けましておめでとうございます

    2021年 新年が明けて三が日が過ぎました。 明けましておめでとうございます。 昨年はいろいろなことが重なり、公言した目標も達成できずごめんなさい。 今年は特に目標は立てず、無理なく自分のペースでブログを更新していきたいと思います。 ちなみにこのブログは、手元にある『あばれはっちゃく』シリーズのDVDを見て、個人が感じたこと、そうかもしれないと妄想、空想したこと、出演者やスタッフについて調べたことを書いているだけの個人のブログに過ぎません。 当然、思い違いや情報の間違い、勘違いなどもあります。 コメント欄でご指摘頂ければ訂正します。 また、趣味の範囲での更新をしていきますので、すぐに対応するこ…

  • 『男!あばれはっちゃく』16話「住めば都さ」感想

    『男!あばれはっちゃく』16話より 1980年7月5日放送・脚本・田口成光さん・松生秀二監督 東京差別 都会だろうと田舎だろうと 住めば都 ゲスト紹介 東京差別 弘子ちゃんの父方のお祖母ちゃんが群馬の田舎から上京してきた話。 人騒がせなおばあさんが騒動を引き起こす話は、初代『俺はあばれはっちゃく』8話を思い出させる話でした。 脚本も初代8話と同じ田口成光さん。田口さんなりの初代の8話のリメイクというか、2代目版の話のように思います。 東京や団地の暮らし、群馬には馴染みのない物に戸惑う弘子ちゃんのお祖母ちゃんの姿が描かれますが、まるで田舎には何にもないような文明から取り残された土地から文明のある…

  • 吉田友紀さんラジオ出演

    嬉しい さとうさんから頂いた情報です。 さとう はじめまして。ご存知かもしれませんが、吉田さんが湾岸スタァというラジオ番組に出演されるそうです。もう過去作でしか声を聴くこともないかもしれないと思っていたのでビックリしたのですが、周囲にこの話題を共有できる方がいなくて、こちらに書かせていただきました。 吉田友紀さんが明日、12月19日放送のラジオ番組『湾岸スタァ』に出演されます。 放送局はマリンFM。 パソコン、スマホにListenRadio(リスラジ)をインストールすることで聞くことが可能です。 パソコン listenradio iPhone ListenRadio(リスラジ) 株式会社ディー…

  • 引っ越し完了

    やっと 住んでいたアパートの取り壊しが夏に決まり、立ち退きを言われ引っ越し先を探して、およそ半年。 ようやく引っ越しが完了しました。 新居はとても狭い物件になりましたが、なんとか立ち退き予定ギリギリで引っ越しが出来て良かったです。 それまでは、取り壊される前に引っ越しできるのか不安でしたが、今はホッとしています。 それから、郵便局への転送届、転居届やら銀行や運転免許の住所更新等の手続きをして、せせこましく飛び回っていました。 他にネットのアマゾン、楽天などの住所変更にも追われていました。 もろもろの事務手続きも終わって、ようやく安心して年越しが出来る状態になってきました。 年越しの前にクリスマ…

  • 赤ひげ3 最終回感想

    赤ひげ 最終回だけ見ました。 部屋探しで忙しく、また、現在はテレビ視聴をする習慣が殆どなく、チェック不足でした。 『赤ひげ2』のおよねの代わりに、つぐみ(優希美青さん)がいて、また、赤ひげは誤解されて憎まれているのが分かると、相手のことを思っていたり、自分の感情や事情を話さない(話せない・相手を思って)赤ひげ先生の不器用さを感じて、見ながら赤ひげの不器用さは相変わらずだなって感じました。 およねがつぐみに変わった以外は前回と見慣れた小石川のメンバーだったので、相変わらずというか、お久しぶりという印象でした。 自己満足 相手を思って身を引いたというのが、今回の話で大きなキーワードのように思いまし…

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー