プロフィールPROFILE

makoさんのプロフィール

住所
世田谷区
出身
盛岡市

自由文未設定

ブログタイトル
ビスケットタイムの雑記帳
ブログURL
http://fabmusicfb.blog95.fc2.com/
ブログ紹介文
ほぼ日常のモロモロと趣味のことやぼやき。
更新頻度(1年)

74回 / 326日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2019/03/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、makoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
makoさん
ブログタイトル
ビスケットタイムの雑記帳
更新頻度
74回 / 326日(平均1.6回/週)
読者になる
ビスケットタイムの雑記帳

makoさんの新着記事

1件〜30件

  • まったく

     ウィルス騒動。患者が出て着岸できないでいる件のクルーズ船は、知人が昨年利用した船だ。時期がずれていてよかったねとは思うがきっと当人も当惑してるだろうな。その人が出かけたのはオフシーズンだけど今回の騒動は春節まっただ中のハイシーズンだった。下世話な話だけど費用もそれなりにしたんじゃなかろうかと想像する。それでこんなことが起きてしまうなんて乗船客の方々もお気の毒だ。もちろん船のクルーの方々も。しかし...

  • ばいばい

    1月の最後の日、旧事務所の鍵を返して移転作業が終了。残していくものはあれどがらんとした事務所。17年と5か月過ごした。数字にするとそんなに?!と驚く。お仕事相手や同僚たちの小さかったお子さんたちが大人になっていくわけだいろんなことがついこの間のことにように思えるのに。ベランダからのドーム。ライブの低周波で揺れるのはご愛敬だけどトイレの窓からブラウンシュガー聞こえてきたりベランダで聴いたポールのライブは...

  • 1月に読んだ本

    1月の読書メーター読んだ本の数:6読んだページ数:1107ナイス数:0バーブシカの宝石読了日:01月31日 著者:入江 麻木黄昏のロンドンから (文春文庫 232-1)読了日:01月25日 著者:木村 治美わたしを空腹にしないほうがいい読了日:01月24日 著者:くどうれいん明治生まれの日本語 (角川ソフィア文庫)読了日:01月21日 著者:飛田 良文ゴッホ 最後の3年読了日:01月15日 著者:バーバラ ストックムッシュー・パン (ボラーニョ・...

  • 自由時間のみなおし

     仕事にいってる時間も世の会社勤めの人々に比べたらほとんど自由時間に近いのだけど、もうちょっと効率よく本を読んだり勉強したりbrush upに充てる時間を作りたい。といったらほんとにSNSなんて見てる時間を減らせばいいだけなんだけど、もうちょっとしっかりインプットにいそしんでアウトプットに活かせることがしたい。幸い通勤の手間が面倒になったので、今のところ自分の中では今までみたいに終電間近や貫徹労働はできるだ...

  • コービーの事故

     朝から衝撃的なニュースで目が覚めた。コービー・ブライアントの乗っていたヘリが墜落したという。彼の13才の娘さんも同乗していたのだと。なんと痛ましいことだろう。 自分が比較的熱心にNBAを見ていたのはジョーダン現役の頃。よってコービーのプレイは第二のジョーダンっていう触れ込みでデビューした当時しかまともに見ていなかったので、デビュー当時のイメージのままで来てたけれど、「親愛なるバスケットボールへ」という...

  • 新生活

     月曜に旧事務所より引っ越し荷物がどさどさ運び込まれ、あーでもないこーでもないと配置を換えながら自分のデスク位置を決めて、そのたトイレやらキッチンの片付けや買い足しをして、よ移転のお知らせメールを仕事相手に送信。室内はまだワサワサしているとはいえようやく通常に近いモードになった。自分のデスク周りのものはほとんど処分してきたので同僚たちのところに比べてかなりスッキリ。ちょこっと必要な買い足しもあるけ...

  • 哀・そうじ 再び

     職場の引っ越し作業が佳境なのであるけれど、週明け月曜には引っ越し業者がやってくるというのに室内ぐっちゃぐちゃ。近所の集積所が回収前夜にはチョーてんこ盛りになるくらい捨てに捨てまくった書類やビデオテープなどがひと段落ついたというのに、まだまだどこから出てくるのかゴミの山。自分ちの引っ越しでももーやだとゲンナリしたのに……… 建物が取り壊しになるから残置ブツとして全部置いてくんだと豪語していた同僚が突...

  • 11さいの日

     1月2日はPちのわが家暦11歳の日だった。そういえばうちに来たその年の夏休みに最初で最後の盛岡へ連れて帰ったとき、新幹線に乗るホームですり寄ってきた知らないおばちゃんに「ねこちゃん、ねこちゃん、11歳ぐらい?」といきなり話しかけられたのだった。話しかけられたときもまさかそこまで?と思ったし、そのような半端な数字が出てくる根拠とは??といぶかったものだけど、やっぱ意外といってたかのかな、とはこのときを...

  • あいだの出来事

     この年末年始にあったことといえば世の中的には逃亡げきやらこうげきやら?どちらもなんだかなな「げき」。前者の「げき」の逃亡した人に関しては何が何だか分からないけども、金持ってればとりあえず結果がどう出るかは分からないしろ何でもできるらしいということか。ああ、つくづく宝くじが当たってほしかった。後者の「げき」に関してはこれまたよくわからないけれど、やっぱ国のトップにまともな人間を置いていないというの...

  • あたらしい年

     そうこうしてる間に新年も3日が過ぎ、もう休みも2日間を残すのみ。休日の間は掃除して、ごはんを作り食べまくり、日中は散歩に出かけ夜はテレビをみるといういたってフツーの休み。こんな風に過ごす休日ってば久しぶりだった。 年があらたまってなにか新しいことを始めてみようとかはないわけではないけれど、とりあえずいま得られていることの現状維持と何かしらプラス小さな上乗せを目指してコツコツしていければいいなとい...

  • 12月に読んだ本

    12月の読書メーター読んだ本の数:5読んだページ数:1309ナイス数:0さあ、熱いうちに食べましょう: 料理エッセイ集読了日:12月30日 著者:入江麻木金田一耕助ファイル12 悪魔の手毬唄 (角川文庫)読了日:12月20日 著者:横溝 正史嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)読了日:12月13日 著者:米原 万里ザ・スパイ (角川文庫)読了日:12月08日 著者:パウロ・コエーリョ,木下 眞穂食いしん坊な台所 (河出文庫)読了日:12月02...

  • センチメンタルなランチ

     先日帰省した際、母の買い物に付き合って何度か食事も一緒にしたけれど、とても懐かしい場所にも出かけた。父母が務めていた県の役所だ。 小学校の頃は学校帰りの習い事のあと、母のいるところに学校の荷物を置いてはぷらぷら建物の中で遊んでいた。一応公的な場所だけど別に怒られもしなかったし。エレベーターに乗って屋上まであがったり、正面入り口にある職員の降板表のランプを勝手にいじって元に戻したり、売店をのぞいて...

  • クリスマス

     気がつけばクリスマスイブ。というかもう1週間もすれば大みそかで今年もおしまい。12月に入るとさすがに毎日があっというまといつも感じるけれど、今年はまあ…もういいや、という気にならないわけじゃない などとぼやいてばかりいるのもなんなのでクリスマスぐらいちょっとは平和な気分でいたいもの そんなわけで仕事の前にぶらぶらと街をさまよい自分へのクリスマスプレゼントを探してみるけど、爆買い衝動がとまらなくな...

  • 休暇

     仕事もひと段落ついたことだし1週間休暇を取って帰省。着いたその日に妹と母とで湯田の温泉へ。秋田との県境に比較的近い湯田のあたりは山間の豪雪地帯。でかける数日前から雪が積もりだしたというので、一時はどうなることかと思ったけれど、無事に到着し雪見風呂の冬景色とおいしいお料理を堪能。といいつつ、夜は母も妹も羽生くんのスケートに夢中だったのだけど(…)。豪雪っぷりをどうぞ 盛岡に戻ってから1日飲み会にで...

  • よわよわ・その2

     12月といえば飲み会シーズン。特に飲んだくれて歩きたいわけでもないのに、気がつけば飲み会でちまちまと予定が埋まっていく。だから余計に12月って慌ただしい気がする。とはいっても飲み会と言ってもいつも気心しれたお仕事相手などごく少人数で食事が多いのでそう職場のそれ以外はそんなに負担でもないのだけど、それはともかくとして昨日1発目の飲み会があった。普段からビヤガーデンに出かけたり仲良くしてもらっている...

  • よわり気味

    こまったなーよわったなーではなく、単純によわよわばなし。この週末は台風以来の休みが取れて、ようやく掃除洗濯調理やら鉢植物の植え替えもできてフツーの休日を送った。うれすぃー。映画にも出かけて土日で1本ずつ『ジョーカー』と『永遠の門 ゴッホ』を観てきた。 『ジョーカー』は評判通りぐいぐい観てしまう内容だったけど、やはりあれこれ考えてしまうことの多い映画だった。得体の知れない怖さでなく、得体の分かってし...

  • 11月に読んだ本

    「村上さんのところ」いつから読んでたかわからないけど、よーやく読了。11月の読書メーター読んだ本の数:3読んだページ数:10251ナイス数:0向田邦子 おしゃれの流儀 (とんぼの本)読了日:11月30日 著者:「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨 (角川新書)読了日:11月29日 著者:大木 毅村上さんのところ コンプリート版読了日:11月17日 著者:村上 春樹読書メーター...

  • 収束

     前回まだ少し残っていた作業もようやく終了し、今年の秋の大波もようやく過ぎ去った、と言ってよさそうな状態になった。今回とにかく自分担当の分が9月からがっつり乗っかっていて、10月末からは前回書いたようにほとんど炎上状態だったので11月のルーティンワークには全く関与できなかった。というか周りも気をつかってくれてこっちにふってくれなかった。なんか本当に申し訳ない。。。 でもまあ… とにかく終わった。これで...

  • やっとひといき

    ようやく仕事の収束がみえてきたので9月以来の更新。今年はつらかった。本当につらかった。 大型台風で釜石でのラグビーの試合も飛んだ10月12日以来休んでないのもあるけれど、職場でも家でも明け方まで仕事してるのにまったく出口が見えなくて。少し寝なきゃと横になっても、どうすりゃいいのかと考えると頭が冴えすぎて眠れなくなったり、職場でも食うものも食わずガシガシ仕事してたらのどばかり渇くわ汗だらだらかくわ、本気...

  • 繁忙期とラグビーW杯の狭間で

     今週水曜日に代休とったとはいえ週末休むのはちょっとだけ久々。半日寝て過ごし、増税前の買い物にでも出かけなくちゃなーと思いつつ、ある程度足りてるし食料もあるしということで、部屋の片付けをしつつラグビーみてたらたら。今のところ仕事道具は開いてない、本日。 ラグビーW杯は盛り上がっているのかいないのか街中の様子からはわからないけれど、日本のチームがとてもいい試合してるのでこれからもっと盛り上がってくる...

  • すずしい朝

     あーー寝た。ずいぶんと寝坊して起きてしまった。台風が去ってからも猛暑なみに蒸した昼夜が続いていたけれど、昨日の夜はようやく涼しいかも?と思えた。持ち帰り仕事のあとエアコンを切って少しだけ窓を開けてあとは熟睡してしまった。過ごしやすい温度で眠るとこれほどまでに違うんだなと起きて身に沁みて感じる。 千葉や神奈川のほうではまだ台風後の電気の復旧が済んでいない地区もたくさんある。寝苦しい夜を送ってきた方...

  • 台風が過ぎて

     いや、昨日というか今朝方の台風はすごかった。それにも輪をかけて交通機関が例によってしんどかった。元々朝はある程度落ち着くまでうちの路線が止まることはアナウンスしてあったしそれ自体はいいけれど、解除と同時に人が押し寄せるものだから、元々間引き運転で動いてる電車は乗りきれないし、駅も人混みで超満員。いくら入場規制したって、もう電車が着く時点で乗車率120%ぐらいで来てるから、うちのあたりからだとひとり...

  • 改革推進のはずが

     世の中に便乗して働き方改革すんぞーと意気込んでみたものの、9月の初っぱなから日曜出勤かつ残業してしまった。だめである。 食生活はそんなに不摂生しているわけでもないし、むしろ去年に比べれば野菜も多めに摂ったり酒量も減少傾向にあるのでわりと身体関係は改善してるほうなんじゃないかしらん、るるるんと思ってたのに、一昨日期待して血圧測ったら全然高くてガッカリ。なんでだろう。まあ、一時期風邪が長引いて減少し...

  • 8月の読書

    今月はあまり読めてない。がしかし、自分にとって苦手としていた塩野七生先生をちゃんと最後まで読み切ったのはネタに興味があったとはいえかなりえらいこと。これでちょっとはローマ人シリーズとかもうちょっと読めるかしら??8月の読書メーター読んだ本の数:2読んだページ数:693ナイス数:0十字軍物語 第四巻: 十字軍の黄昏 (新潮文庫)読了日:08月24日 著者:塩野 七生安楽死を遂げた日本人読了日:08月16日 著者:宮下 洋一...

  • 秋加速

     夏休みが明けて出勤したら秋仕事がおしよせていて浦島太郎状態+てんてこまいに飲み込まれるゆううつの秋、すでに突入。にしても、天候のほうはなかなか涼しくならなくて、いまだにエアコンかけて寝ないと途中で蒸し暑くて目が覚める→二度寝→寝坊。の毎日。どういうことよ…? 使わないようで、ない頭を振り絞って使ってる作業で実は毎日疲れているのか、はたまた単にずぼら現象なのか。とりあえず早く過ごしやすい気温、ていう...

  • 夏休み

     さすがにもう戻って来たけれど、お盆期間をバッチリ夏休みにあてて帰省したなんていつ以来か記憶にない。事前の天気予報では雨の日が多そうな印象だったけれど、後半の台風の影響もなく毎日暑い日の多い帰省だった。我が家は妹の部屋にしかエアコンがついてなくて、親たちはそれぞれ扇風機で過ごしている。山間なので朝晩は多少涼しくなるとはいっても、北海道でも猛暑とかいってるくらいなのだし、昔と暑さの質が違うのだから本...

  • 健康ドリンクのようなもの

     毎日言いたくもないけれどあづい。カゼはようやく咳も下火になって来たけれど、やっぱり冷房で乾燥しているようである。そういえば試してみたハッカアロマのディフューザーはなかなか効果があった気がする。よかった。夏風邪でお困りの方はお勧めです。 カゼ以降落ちた食欲は多少戻ってきたとはいえ、毎年夏太りしてナゼ?!と愕然とする自分にしてはやっぱり控えめ。日射病やら熱中症になるのも困るので出来るだけアイス以外の...

  • 泡盛コーヒー

     何年か前に恒例春先の沖縄出張で同居人が沖縄のファミマ限定販売だという「泡盛コーヒー」を買ってきた。甘みがあるとかではなく、ホントにいわゆる「泡盛のコーヒー版」でそれ以上でもそれ以下でもないのだけど、それ以来泡盛コーヒーは気になる存在だった。 その後、やっぱり毎年沖縄のイベントに参加する友人から泡盛のお土産をもらうことはよくあっても、そんなにガンガン家で飲むわけでもないし調理で使うにも日本酒やワイ...

  • ねこが足りない

    もふもふの匂いを嗅ぐだけで小さな幸せを感じてた去年が小さな幸せじゃなくて大きな幸せだったよなあと思う今日この頃。いやな世の中だよ、Pっちーや。...

  • 政治のひとにのぞむこと

    せめていわゆる「偉人」のレベルの人であってほしい。ここにかんして言うなら政治家などでなくただ、家業でやってる政治屋にしかみえない。「ぶっこわす」を合い言葉にした人もいたけれどあんぽんたんのいいようにぶっこわされるのはご免だ。ここだけでなく米の国もえげれすにもどこにもいえることかもしれないがしつけの悪い失礼な輩をにくむ。...

カテゴリー一覧
商用