住所
京都府
出身
福井県
ハンドル名
八田真田八さん
ブログタイトル
八田真田八わーるど
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/hattamatahati/
ブログ紹介文
作者「八田真田八(はったまたはち)」が創作したフォト俳句や回文川柳などを載せます。
自由文
 「八田真田八わーるど」へようこそ。このブログは八田真田八が綴りますが、実は八田真田八は多重人格演者という設定です。「フォト俳句」や「力写この一枚」では八尾良蕉(やおりょうしょう)人格に変化します。二人は仲が悪くはないのですが、そんなに協力的ではありません。 二人が織りなす「わーるど」を楽しんで下さい。
更新頻度(1年)

67回 / 1119日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2015/12/31

八田真田八さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 8350 8164 8506 7919 7627 7614 8368 946456サイト
INポイント 10 50 30 30 30 50 30 230/週
OUTポイント 40 60 70 60 50 70 60 410/週
PVポイント 70 260 290 200 180 220 230 1450/週
ポエムブログ 23 23 23 21 21 19 20 5858サイト
写真俳句 4 4 4 4 4 4 4 99サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 19448 19675 19531 19625 18749 18758 19124 946456サイト
INポイント 10 50 30 30 30 50 30 230/週
OUTポイント 40 60 70 60 50 70 60 410/週
PVポイント 70 260 290 200 180 220 230 1450/週
ポエムブログ 17 14 13 12 10 9 12 5858サイト
写真俳句 2 2 2 2 2 2 3 99サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 9156 9154 9192 9106 8732 8410 8255 946456サイト
INポイント 10 50 30 30 30 50 30 230/週
OUTポイント 40 60 70 60 50 70 60 410/週
PVポイント 70 260 290 200 180 220 230 1450/週
ポエムブログ 11 11 11 11 9 7 8 5858サイト
写真俳句 4 4 4 4 4 4 4 99サイト

八田真田八さんのブログ記事

?
  • フォト575 No.6

    余生緩まぬやうにねぢ巻き直す   良蕉 よせいゆるまぬように ねじ まきなおす選:入選(2011.04.25)被写体:カエデの種子良蕉: この作品は、定年退職後の生き方について考えていた時に詠んだものです。 カエデの種子はネジのつまみに似ているところから

  • でまかせ人名入り回文川柳 No.63

    日本で多い名字ランキング63位:工藤 夜(よる)イチも 工藤(くどう)朗読(ろうどく) 用(もち)いるよ解説 : 工藤氏はラジオの番組プロデューサーである。 工藤氏は「朗読」が好きで、NHDの「朝イチ」、や「昼イチ」に「朗読」を15分番組として組み込んできて

  • フォト575 No.5

    安らぎを奪ひて魔女の去りにけり   良蕉 やすらぎを うばいてまじょの さりにけり選:入選(2011.02.14)被写体:樹木と夕焼け良蕉: この作品は、「魔女の去った後」という恐怖の後の虚脱感めいたものを詠んだものです。 入選に選ばれて、番組内で作品が

  • でまかせ人名入り回文川柳 No.62

    日本で多い名字ランキング62位:原 「抱(だ)かないよ」 原(はら)と仔(こ)虎(とら)は 良(よ)い仲(なか)だ解説 : 新米の動物飼育員のD氏が仔虎の飼育担当に充てがわれたが、仔虎とどんな風に関係を築いていったら良いか分からないので、ベテランの原氏に聞きに行っ

  • 即き過ぎ俳句フォト No.237

    川へ喋り続ける不審者冬温し    真田八 かわへ しゃべるつづけるふしんしゃ ふゆぬくし季語:冬温し(冬)被写体:水の無い川底に映る自分の影真田八: やった!! 久し振りに私が「即き過ぎ俳句フォト」を出せた! 実に去年の11月26日以来である。 本日はま

  • 昨日の散歩 S川周辺 No.22

    (先日1月13日の事である。)今年もS川の「停水後」の様子を、川上から川下に川沿いの道を愛車ママチャリで進んで見てみる事にした。やっぱり予定通り、7日から「停水」なったようで、川に水が無い。あの洲の周囲辺りは…水位10cm位か…!おや!洲の上に何か鳥が居る

  • フォト俳句 No.200

    辺野古海の埋立反対寒に入る   良蕉 へのこうみの うめたてはんたい かんにいる季語:寒に入る(冬)被写体:キンクロハジロ(オス)良蕉: 「寒に入る」どころか、もうすぐ「大寒」ですね。 辺野古の海の埋め立てには絶対反対です。 政府は正に「民意を埋め立てて

  • 昨日の散歩 S川周辺 No.21

    (1月5日の続きである。)S川(疎水)沿いの道をさらにママチャリで下った。最終のK地点が見えて来た。あっ!やはり鳥が見えて来た。去年はここに「停水前」にはオオバン・キンクロハジロに加えて、ホシハジロのメスが来ていたが、今年は一体どうなっているのか…!?K

  • フォト俳句 No.199

    ウケ狙い丸刈りで行く新年会   良蕉 うけねらい まるがりでいく しんねんかい季語:新年会(新年)被写体:交雑種のマガモ(後ろ)とマガモのオス良蕉: 私の高校時代は、別に丸刈りでなくてはいけないという規制は無かったのですが、私は丸刈りで通っていました。 

  • 昨日の散歩 S川周辺 No.20

    (先日1月5日の事である。)S川の事をすっかり忘れていた。確か今年も、「停水」が間もなく実施される筈なのである。S川は疎水で、毎年「停水」(水の流れを停める)にして水量を大幅に減らし、川底の掃除等が行われるのである。そのS川に去年も、キンクロハジロ、ホシ

  • フォト俳句 No.198

    滑り込みのみ覚へゐる吾が受験   良蕉 すべりこみのみおぼえいる わがじゅけん季語:受験(春)被写体:水面に降りるヒドリガモの群れ良蕉: 私の大学受験は、高校三年生時現役で三校受けました。 一校目…落ちて当然の所を受けて、当然落ちました。 二校目…滑り込

  • 昨日の散歩 鴨川周辺 No.352

    (1月1日の続きである。)相当体が冷え込んでしまった。尿意が半端無い。これは何故なのか…??① 前立腺肥大の状況悪化② 過活動膀胱の状況悪化③ 老齢化④ 寒さ⑤ ①②③④の合併による状態うーむ…??いずれにせよ…早く家に帰って用を足し、炬燵に潜り込むのが

  • フォト俳句 No.197

    正月の馳走に勝る常の食   良蕉 しょうがつの ちそうにまさる つねのしょく季語:正月(新年)被写体:柿の実をつっつくムクドリ良蕉: やはり、納豆・味噌汁・漬物・目玉焼き(半熟)に勝るものは無いですね。

  • 昨日の散歩 鴨川周辺 No.351

    (1月1日の続きである。)さらに河川敷の道を川上方向に歩いた。いまさら気が付いたが、本日は半端無く寒い。襟巻をして毛糸の帽子を被って来るべきだったが、上は3枚しか着てないし野球帽である。おー… ここにも柿の木があった。あっ!あそこに、何か居るようだな。今

  • フォト俳句 No.196

    声高く読まれ照れるや初御籤   良蕉 こえたかく よまれてれるや はつみくじ季語:初御籤(新年)被写体:「謎鴨」の混じったヒドリガモの群れ良蕉: 仲間同士で初詣に…。 そしてみんなで御神籤を引く…。 そして、それぞれの内容を読み合う。 いい光景ですねー。

  • 昨日の散歩 鴨川周辺 No.350

    (1月1日の続きである。)さらに河川敷の道を川上方向に歩いた。やはり本日は相当寒い。おや…私が今、歩いて進んでいる河川敷の道の前方60m位の横の草原に何か居る!!ゴソゴソと灰茶色っぽい色の鳥のようだ。ドバトではないな…。あの色合いはどうやら、ヒドリガモだ

  • フォト俳句 No.195

    初舞の意識頭蓋を吊るやうに   良蕉 はつまいの いしきずがいを つるように季語:初舞(新年)被写体:カワアイサのメス良蕉: 「舞い」は、特に何も習った事はないのですが… 何か…そんな風に意識して舞ったらカッコイーかなと思いました。

  • 昨日の散歩 鴨川周辺 No.349

    (1月1日の続きである。)河川敷の道に入った。さむ~っ…!本日はかなり寒い。今年初の鴨川の川面を眺めてみた。あっ!4羽の鴨が並んでいる!あっ! あれは…!!頭が、茶色っぽい毛ボサボサ! 体がグレーと白!カワアイサのメス4羽だ!!この前11月に、一羽のカワ

  • フォト俳句 No.194

    正月の顔して猫が今を問ふ   良蕉 しょうがつの かおしてねこが いまをとう季語:正月(新年)被写体:ツグミ良蕉: 年が明けると、嫌でも正月がやって来ます。 正月は皆さん、普段と違って…何処となく「正月然」とした顔をしておられます。 わくわくした感じ… 

  • 昨日の散歩 鴨川周辺 No.348

    (先日1月1日の事である。)ついに今年も始まった。平成がもうすぐ終わるらしい。次はどんな元号が来るのであろうか…?本日はそこそこ晴れた良い天気だが、むっちゃ寒い!取り敢えず、鴨川に向かって歩き、堤防に着いた。おーっ!柿の実が熟している!これはもう鳥がつつ

  • フォト俳句 No.193

    裏表地獄天国去年今年   良蕉 うらおもて じごくてんごく こぞことし季語:去年今年(新年)被写体:アオサギ良蕉: 年が明けて、今年も「去年今年」の感慨を持ちました。 よくよく考えれば、「去年今年」とは、単なる「過去・未来」或いは「前・後」というだけの事

  • 昨日の散歩 鴨川周辺 No.347

    (12月23日の続きである。)しかし、腹が減った…!トイレにも行きたくなって来た…。本日は何かと…話題が多かったようだ。年末一杯まで、私の本ブログは、本日の散歩の記事で埋まるんじゃないだろうか…?いや…ひょっとしたら、年を越してもまだ本日の事を載せてたり

  • 年賀状

    作者「八田真田八(はったまたはち)」が創作した回文川柳やフォト俳句を中心に、写真・絵画・文章を載せます。

  • フォト俳句 No.192

    大晦日話題の尽きぬ湯屋の友   良蕉 おおみそか わだいのつきぬ ゆやのとも季語:大晦日(冬)被写体:ヒドリガモの群れ良蕉: 今年も色々な事があり、一年を振り返ると話は尽きません。 銭湯は若い頃は通った事がありました。 「銭湯友達」というのは特にいません

  • 昨日の散歩 鴨川周辺 No.346

    (12月23日の続きである。)えーと… ヒドリガモの群れ… ヒドリガモの群れ…どこだったかな…??確か、さっきあの橋を越した辺りだった筈だ…。まだ居るのかな…??他の所に飛んで行ってしまったという事の可能性の方が高いんじゃないだろうか…。あっ!!鳥の群れ

  • またパズルが載った!

    やったまた パズルが載ったぞ 嬉しいな!また、コスミック出版の作者用パズル誌が自宅に送り届けられてきた。おっと! 年末の慌ただしい中! 今度は一体何の作品が採用されたのだ!?さっそく封を開け、本を取り出した。あっ!! 「漢字難問太郎」だ!!今度は1月2日

  • フォト俳句 No.191

    一陽来復空の果から果までも   良蕉 いちようらいふく そらのはてから はてまでも季語:一陽来復(冬)被写体:コサギ良蕉: 私はパズル作りをしていますが、「一陽来復」という四文字熟語はしょっちゅう使うお馴染みの語です。 しかしこの語は、季語にもなっている

  • 昨日の散歩 鴨川周辺 No.345

    (12月23日の続きである。)さらに川下に向かって、河川敷の道を歩いた。おや、鴨の群れが見えて来た。あ、対岸の洲の近くにヒドリガモの群れだ!距離30m…。 遠いな…。まだ、雄はエクリプスの気が残っている個体も居るようだ。ヒドリガモは、繁殖羽になり切る時期

  • フォト俳句 No.190

    平成の締めの第九で有りにけり   良蕉 へいせいの しめのだいくで ありにけり季語:第九(?)(冬)被写体:アオサギ良蕉: 「水位標の上に立って眠るアオサギ」が、「演奏後、長い白髪を垂らし深々と礼をする指揮者」に見えました。 私は第九交響曲を聞いて年越し

  • 昨日の散歩 鴨川周辺 No.344

    (先日12月23日の事である。)段々忙しくなって来て、土日位しか散歩に出掛けられなくなって来た。本日はやや曇りであるが、贅沢は言っていられない。取り敢えず外に出て写真を撮っておかないと、記事ができないのである。本日は歩きで、近所の鴨川に行ってみた。おー…