searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ishigeさんのプロフィール

住所
葛飾区
出身
千葉県

週末は東京都内、近郊を散歩、散策。

ブログタイトル
てこてこペンギン散歩
ブログURL
https://tekopen.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
東京近郊を散歩中、たまに出かける旅行先などでみつけた風景や動物、植物たちの記録写真
更新頻度(1年)

366回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2008/05/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ishigeさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ishigeさん
ブログタイトル
てこてこペンギン散歩
更新頻度
366回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
てこてこペンギン散歩

ishigeさんの新着記事

1件〜30件

  • ユリ、ツボミから花へ

    毎日通る公園の花壇にツボミ状態のユリの花が(完全なツボミ状態は撮影し忘れ翌日通ると少し開き、2日ほどたつと満開状態になりました当たり前なことかもしれませんが、異常とも思える暑さや雷雨があったとしても、毎日がなんだかんだあっても大きな目で見れば平和だから見ることのできる風景...

  • 二重の虹とその終焉

    日時を示すものはありませんが8月13日の夕方に都内に出現した二重の虹撮影したのは台東区の上野公園、撮影する少し前に都心はドシャ降りの雨その後、夕日が見えたので「これは虹が見えるのでは?」と思い当地に案の定、園内の開けた場所から虹の全容が。さらに撮影しているときは気づきませんでしたがちょうど中央に東京スカイツリーが写っていました さらに一時間ほどたって自宅近くに戻ると、うっすらと虹の端っこが残っていま...

  • 木陰のキツネノカミソリ

    都内の公園、何か被写体になるものはないかと園内を散策し『収穫がないな』と思い立ち去る際に入り口付近の木陰にひょっこり咲いていた細長い赤い花 ヒガンバナ?....にしてはまだ撮影したのは8月なので早すぎます後日確認してみると「キツネノカミソリ」という花でしょうかね(間違っていたらゴメンナサイ)存在は知っていたのですが実際に見たのは初めて...

  • サクラの木の灰色の虫

    この記事にはムシ、昆虫の写真が掲載されています。苦手な方ご了承くださいアブラゼミをみかけた桜の木のすぐ下にいた白い(灰色かな)甲虫みたいな虫詳しい種類はわかりかねますが、カメムシかな?となると大きな意味でセミの仲間か一緒に撮影してもよかったのですがセミよりもこっちのほうが苦手。な人もいるかと思い、別々の記事にしてみました(どちらもダメって人もいるかとは思いますが...

  • アブラゼミさん活動中

    この記事にはセミ、虫の写真が掲載されています。苦手な方ご了承ください梅雨が開けたら一気に真夏日、猛暑日の続く東京都内、サクラ並木からも蝉の声近寄ってみるとアブラゼミがそのかまびすしい声で鳴いていましたつい一ヶ月前(といっても2、3週前)の梅雨の時期はセミの鳴声も聞こえず「夏はどうなるのかな?」とか思っていたのがウソのよう...

  • 山の日2020

    2020年の「山の日」は8月10日なので過去に行った奥多摩の風景山・・・というか森と川?山に行ってしまうと山らしい雰囲気って伝えづらい?新型コロナ流行最中でも、人によってはこういう場所なら平気だろうと行く人もいますが、誰もが安心していける時代が来ることを願いたいものです...

  • 張り込み中ニャ

    都内の新築住宅が建てられる住宅街、前方の十字路にネコが一匹まるで往年の刑事ドラマの張り込みシーンのように角辻で何かを見張ってる模様あんまり近寄るって撮影すると逃げちゃうかな?と思い撮影したので顔が確認できずちなみに首輪をつけていたので野良猫ではなく近所の飼い猫と思われます。それにしてもネコが見ていた先にはニンゲン目線では何もなく、何をそんなに注視していたんでしょうかね...

  • 水流れ落ちる滝

    緑生い茂る木々の間、岩をつたって水が流れ落ちる滝・・・どこか自然の名瀑? 見る人が見ればわかるとは思いますが、渋谷や恵比寿に近い西郷山公園(なので人工の瀧かな瀑布というには規模は小さいですけど激しく流れる水には清涼感があります 偶然ですがピンクのカノコユリがアクセントになっていたり、マイナスイオンもあり癒されるかな遠出はできなくても都内の公園にもこういう場所があったります...

  • 水面に立つ緑色の....

    川の水面に何か緑色の生き物らしきモノがいると思いカメラを向けて撮影でもよく見てみると単なる葉っぱ。なんて、大したこともない何気ない写真...

  • 池のほとりのハマユウ

    場所を示すものはありませんが都内のよく立ち寄っていた公園この日はいつもと違うルートを通ると池のほとりに白い細長い花びらをした植物を発見 ハマユウ(浜木綿)の花でしょうかね?自然界では浜辺に生えている草花人の手の入った公園などの花壇などでは植えられて育てられていることもありますちょうどバックの黒い小屋が白い花を引き立てているようでなんだか幻想的でした...

  • 湿地のスズメさん

    梅雨があけて一気に夏本番の東京都内 公演の池近くの岩場、湿った地面の上にスズメがちょこちょこ野鳥にしても暑さこたえる季節、湿地の近くにいると涼しいのかな...

  • ぼんやりスタージェンムーン

    河川敷近くを歩いていると川向うにぼんやり赤い月が上っていましたスマホで撮影したのであまりうまく撮影はできてないので雰囲気だけでも伝われば実際肉眼で見ても雲がでていたせいかぼやっとした感じの満月 8月の満月は「スタージェンムーン」(チョウザメ月)というそうで生で見ると神秘的...

  • セミばくだん

    この記事にはセミ、虫の写真が掲載されています。苦手な方ご了承ください歩道に仰向けになったセミ(ミンミンゼミかな)。「死んでいるのかな?」と思い近くによるとジジジ・・・と鳴いて器用に起き上がり、体勢を整えてそのままどこかに飛んで行ってしまいました死んだふりしたのか?突然動き出す蝉の習性、セミ爆弾、セミ地雷なんて言われますけどこういう光景に遭遇するのも夏が来た証拠なんだなって感じたり...

  • 暑いときニャ避暑ニャ

    8月になってやっと梅雨があけた2020年の関東地方、さっそく真夏の暑さを感じる天気そんな日に路地裏をみるとネコが一匹、道路の日影で涼んでいる模様 まるで梅雨空から一転して真夏日になってアタフタしているニンゲンを諭すかのような余裕のある表情。ちなみに首輪があるので野良猫ではなく飼い猫かな...

  • 夏恋しいヒマワリ

    曇り空の自宅近くの小さな公園、少し小ぶりなヒマワリが咲いていました今年は7月中に梅雨明けがされなかった東京でしたが夏の花をみると時間は過ぎていると感じますすでに7月半ばに別の公園でもヒマワリは見ていますが、季節の植物は何度見てもよいものです...

  • ニチニチソウの花壇

    白く小さな花たちが咲いた公園の花壇、立て札が建っていたので珍しい花かな? と思って撮影してみたのですが花とは関係のないことが書かれたモノでしたたしかによく見てみれば園芸用でも一般的に育てれているニチtニチソウでしょうかね?平凡なら見向きもせず、珍しければ被写体というのもなんだか寂しいのでカメラを向けたのも何かの縁と...

  • 沈んでません?アオサギさん

    都内のとある庭園、離れたところの池にアオサギを確認ただ遠い場所だったので姿も小さく、自然の生き物なのでだんだんと移動 逃げてしまうかもと思いつつも池の方に近寄ってみると意外と逃げずいてくれました 都心だからニンゲンになれているのかなかなか逃げないでいてくれるのはうれしい限り池を回るように撮影してると・・あれ?足がすっぽり埋もれるくらいまで水の中に入っている姿を目撃。サギの仲間ってこんなに深くまで沈...

  • 高層ビルとノウゼンカズラ

    場所を示すものはありませんが山野線沿線、フェンスにツタ植物が繁茂した光景を目撃そこに赤いラッパ上の花が最低のを確認、雨の日でしたがとても目を引きます 撮影したのは7月下旬、時期や花びらの形からノウゼンカズラでしょうかね奥に高層ビルがそびえたち、こんもりと育った緑色の植物、さらに鮮やかな赤い花というのはなんだか不思議な光景に見えたのでカメラに収めておきました...

  • アリッサムの花かな

    公演の生垣のような場所の鉢に植えられていた小さな小さな白い花を咲かせた植物自分のカメラではこれが精いっぱい、ちゃんと植えられているところを見ると有名な花かな?後日調べてみるとアリッサムという花でしょうか?実は写真を確認していたら、小さい花びらにさらに小さな赤いアリがいるのですが・・虫が苦手な方にはこれでも駄目でしょうかね...

  • 途切れた虹

    7月最後の日曜日、都内は雨が降ったり止んだりの一日。夕方に空を見上げると虹の姿ただ空一面にかかる虹ではな、写真に写っているだけの途中で途切れた状態(自然現象だし 公演や駅近くだったので人も多かったのですが、誰も気づいていなさそう。興味ないのかな...

  • 黄色のヘメロカリス

    公演の花壇でみかけた黄色いユリのような花、撮影したのは7月中旬名札はきちんと確認していなかったのですがヘメロカリスで間違いないかな ユリのような花びらなのでユリ科として分類する場合もあるそうですが、ニッコウキスゲやノカンゾウ、ヤブカンゾウなどと同じワスレグサ科の植物花は8月ぐらいまで咲いているそうですが、7月下旬に同じ公園に立ち寄るとしぼんだり散っていました。自然の草花なので文面通りにはいかないよ...

  • 格子状なブロック塀

    都内の遊歩道を散策していると立方体の真ん中がくりぬかれたようなブロック塀を発見全体的にみると格子状になってデザイン的にも目を引く様相(強度的にはどうなのかな撮影したときはかろうじて人はいなかったのですが、すぐに人が行きかうほどの通り、歩道だったので知っている人にはどこだかすぐわかるかな?...

  • 雨上がりの池のアメンボたち

    この記事にはアメンボ、虫の写真が掲載されています。苦手な方ご了承くださいシトシト雨が降る梅雨らしい天気、雨が止んだ合間の池をみると小さな虫がいっぱい 水面をスイスイ泳ぐ?移動?歩くアメンボたち。小さくて写真では非常にわかりづらいです一匹に焦点をあてズームして撮影してみましたけど、やっぱり見づらいですかね・・・雨上がりに集まってきたアメンボたちの雰囲気だけも伝われば幸いです...

  • 黄色いトウワタ

    都内の住宅街を歩いているとマンションの植込みの花壇にキレイな黄色い花を発見普段はこういう場所に咲いている花は控えるのですが周りに人気(ひとけ)もなかったので撮影独特の花びらの咲き方、形からトウワタの一種かな?詳しい品種まではわかりませんけど...

  • 川泳ぐ魚たち

    場所を示すものはありませんが都内の河川、一見何も見えない写真ですが・肉眼では何かが動いている気配がしていたので撮影してみました写真の明るさを調整してみると、水の中にサカナたちが泳いでいます画像は鮮明とは言いがたく、種類まではわかりませんが大きさからコイでしょうかね?よもや魚たちもこんな風に姿を見つけられるとは思わなかったかも...

  • 草むらのゼフィランサス

    草むら忽然と咲くピンクの花、たまに見かけるゼフィランサスの花かな 一輪だけ最初にみかけたら近くの草の間にも数輪咲いていました珍しいかな?とか思ったのにちょっとね・・でも偶然の出会いに感謝...

  • 梅雨の晴れ間

    場所も日時も示すものはありませんが梅雨の晴れ間が広がった東京都内連日曇り空で雨が降り続いていた都内で抜けるような青空 時間によってはペイントツールで塗ったかのような雲の無い快晴も日が沈むまでほぼ晴れてくれてなんだか気持ちもすこしスッキリ...

  • 梅雨空のヒマワリと蜂

    この記事にはハチ、虫の写真が掲載されています。苦手な方ご了承ください 7月半ばの日比谷公園、夏を象徴するヒマワリの花が満開・・なのですが、都心は連日の雨模様(撮影したときはかろうじて雨はやんでいました)ヒマワリもなんだか太陽がなくてつまらなそう。で、中央にわかりづらいですがミツバチらしき蜂が止まっているのです。言わなきゃ気が付かれなかったかも...

  • アガパンサス【水車】

    7月の日比谷公園、中央広場の花壇を訪れるとなにやら人だかり人がいなくなったのを見計らって近寄ってみると細長い茎の先に花火ような青い花 アガパンサスに見えますが・・名札を見るとアガパンサスでも「水車」(みずぐるま)という品種「水車」(スイシャ)といも読まず”ミズグルマ”とかいうとなんだか趣(おもむき)が よくみると枯れている部分もありますが、青い花びらに薄いスジがなんとも清涼感があります...

  • マンリョウのツボミ

    緑が多くてわかりづらくて申し訳ありませんが都内のとある庭園。撮影は7月中旬葉っぱはマンリョウのようですが枝の先には白い袋のようなもの、いわゆるツボミ以前マンリョウの花を見かけたときは8月ごろだったので7月の今頃はツボミなのか?はたまた全く違う植物なのかな不明ですがピンク色の茎もちょっとかわいらしく...

カテゴリー一覧
商用