searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ishigeさんのプロフィール

住所
葛飾区
出身
千葉県

週末は東京都内、近郊を散歩、散策。

ブログタイトル
てこてこペンギン散歩
ブログURL
https://tekopen.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
東京近郊を散歩中、たまに出かける旅行先などでみつけた風景や動物、植物たちの記録写真
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2008/05/29

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ishigeさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ishigeさん
ブログタイトル
てこてこペンギン散歩
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
てこてこペンギン散歩

ishigeさんの新着記事

1件〜30件

  • 木陰の白いキノコ

    真夏の日差しを避けて木陰を歩いていると木の根元に白いキノコを発見キノコの種類は大変多く細かい種類までは不明ですが白い品種はとくに目に付きます 傘の上に土がついているところをみると急にニョキニョキ伸びてきたのでしょうか?tほかに同じような仲間もおらず、ぽつんと生えた姿もかわいらしくも感じます...

  • 夏空にヒマワリ

    撮影したのは7月ですが8月、夏本番のイメージとしてヒマワリの花すでに7月上旬くらいから都内の公園、花壇などでも咲いているのはみかけたひまわりむしろ8月になったら枯れて種ができている光景もあるくらいです(今年は特に?やっぱり夏のギラギラした日差しに黄色く大輪の花がさいていると季節を感じます...

  • 見上げた足長カリオン

    日比谷公園の近く、オフィスなどが立ち並ぶ日比谷シティの一角にたつ「足長カリオン」以前から存在していることは知っていましたが街角のオブジェとして気にも留めず素通り この日なんとなく下から見上げながらカメラを向けてみるとなかなか興味深くたまに視点を変えてみるといままで見えなかった風景ってのが見えてくるものです...

  • ブレブレのヒョウモンチョウ

    この記事にはチョウチョ、虫の写真が掲載されています。苦手な方ご了承ください草むら、ドクダミの葉っぱかな?に羽の模様が特徴的な一匹の蝶々器用、奇妙な恰好でとまっていたのでカメラをむけて撮影しばらくすると飛び立ち、それを追うようにシャッターを切ったらブレブレの写真に 自然の生き物なので仕方ないですが、どうにか翅を広げ収まりの良い構図ヒョウ柄一辺倒ではなく、翅の先が黒や白(のグラデーション?)で彩られた...

  • 日陰にぽつんとハト

    真夏の日差し降り注ぐ公園の一角、木陰に野鳥・ハトが一羽ポツンと座っています 何度も見かけている構図ですがその何とも言えない佇まいに思わずカメラを向けたくなります夏場はとくに暑さをしのぐため避暑ですかね?ちなみに置物のようにしていましたが途中動き出そうとしたのですがちょっとだけ向きを変えただけ、そんな所作も微笑ましく...

  • ユリ畑のセミの抜け殻

    この記事にはセミの抜け殻、昆虫関連の写真が掲載されています。苦手な方ご了承くださいすっかり花が散ったユリ畑。そんな「何もない」花壇をみていたら葉っぱにセミの抜け殻わかりづらいですが上の写真の中央から上のあたりに黒い点のように写った抜け殻大きさ的には1~2メートル足らずですがセミにしてみたら自分の背丈の数百倍もの高さまで上って羽化したのかと思うと興味深く(もっと高い場所に上っていることもありますけど...

  • 夏空とピンクのサルスベリ

    雲一つない真夏の青空、見上げる高さの枝先にピンク色のサルスベリの花を見かけました 季節の花なので何度も撮影している花ですが、やっぱり見るとカメラを向けたくなりますただ、クシャクシャとした特徴的な花びらは角度によって見え方が毎回違うかなとか...

  • 金色の魚

    公園の池を眺めていると一匹の黄色・・・金色かな?の魚がゆらりと出現水中なので詳しくはわかりませんが黄金色のニシキゴイ、コイの仲間でしょうか? 池のヘリまでやっていくると写真ではわかりづらいですが他にも似たようなサカナたち品種改良で生まれる模様ですけど見かけるとなんだか縁起が良く感じてしまいます...

  • こしかけのスズメ

    日陰に置かれたベンチというよりも石の腰掛(こしかけ)で休憩していると一羽のスズメが飛来こちらに人間がいるのに気づいているのか気にしていないのかヘリのあたりをちょこちょこカメラを構えていても逃げる素振りもなかったのでこんなに近くで撮影ができたりこの後どこかに飛んで行ってしまいましたけど野鳥の無邪気な姿に心が和み...

  • 東京上空のブルーインパルス

    2021年7月23日開幕した東京オリンピック2020 すでにSNSやメディアに数多く取り上げられていますが開会当日の昼間、東京都内の上空に航空自衛隊のブルーインパルスが飛ぶデモンストレーションほんの一瞬だったので残せたのは上の一枚だけ(スマホでは間に合わずせめて拡大したものをみるとちゃんと5色のカラースモークがでています多くの人が東京の空を見上げた瞬間に立ち会えただけでも良かったかな...

  • 東京タワーと万国旗

    7月中旬に東京タワー近くを通ると入り口付近に万国旗が飾られていました多くの国々が参加する東京オリンピック2020にむけてのイベントでしょうか 以前ならちゃんと調べて見に行くのですがこの日は偶然横切っただけだったので夏の日差しの厳しい日中ということもあり観光地といえ人はまばらコロナ流行がなければもっと盛り上がった演出などもされて多くの人がいたのかな?...

  • 海辺の風景

    2021年は7月22日が「海の日」。以前訪れた海辺の風景、なお撮影したのは真冬の時期観光地で特徴的な山並みなどで見る人が見ればどこかってわかるかもしませんこのころはコロナ感染の脅威もなかったので今見るととても懐かしく感じてしまいます。たとえ人がいない場所でもここまでの道中を考えると、安心して気負いせず行ける時代がまた来るとよいですね...

  • 芝生のアオスジアゲハ

    この記事にはチョウチョ、虫の写真が掲載されています。苦手な方ご了承ください真夏の日差し降り注ぐ公園の芝生、なにやら黒いものがチラチラ動いているので撮影 左上の写真ではわかりづらいですが、少し角度をかえてみると一匹の蝶々がいます羽根の模様からアオスジアゲハでしょうかね?翅のひろげ方が少し妙な感じもしますが、暑さの中休んでいたのか、ただ動きが鈍かったので暑さで弱っていたのかな...

  • 滝の流れ

    昨年も同じ場所で撮影していますが、とある公園の人口の滝特に珍しいことがおきているわけではなくただただ流れる水を撮影 静止画では伝わりづらいですが、ほとばしるしる水しぶき、水の音暑さ厳しいなかで眺めているだけで涼を感じればよいかなと...

  • 木陰で日差し避けるカー

    木々の生い茂る公園の緑道誰もいない?と思いきや肉眼でみると前方に何やら動く気配がカメラでズームしてみるとカラスが一羽。日差しをさけて木陰で涼んでいたのかな?...

  • 側溝のセミの抜け殻

    この記事にはセミ、昆虫の写真が掲載されています。苦手な方ご了承ください草むらと道路の間、コンクリートの側溝にセミの抜け殻さすがにコンクリートをぶち抜いて這い出てきたとは思えませんが土のある地面から這い出てきてわざわざこんな場所で脱皮したのかな? 無機質な人工物に生き物の痕跡があるというのにちょっと面白味を感じ撮影セミの声もそうですが抜け殻が目に付き始めると本格的な夏と感じます...

  • 梅雨明けて夏空

    7月16日に梅雨明け宣伝のでた関東地方、都内も時間帯によってはすっきりした夏空に連日広がっていた梅雨の厚い雲がなくなっただけでもなんとなく気持ちが変わったように感じますすでにこの日も夏の暑さを感じる気温で写真で伝えられないのがある意味残念...

  • 梅雨明け前の朝焼け

    時期を示すものはありませんが梅雨明け間近の7月中旬の都内の河川敷日の出が近いせいか東の空が、幻想的な濃い赤色をした朝焼けが広がっていましたただ数分してしばらくしてから同じ場所を通ってみるとあの赤色が消滅ほんの刹那な時間で空の色は変わってしまうのですね。自然の妙といったところでしょうか...

  • ヤブミョウガの花

    初夏の季節に公園などでみかけるヤブミョウガの花、何度も撮影している草花真ん丸なツボミから白くて小さな花が咲いていて豪華でキレイとはいいがたいですが毎年、日陰で静かに咲いている姿をみると「夏が近いのかな」と感じます...

  • 下草の小さな花たち

    とある公園の花壇・・というほどでもないような下草の生えた場所小さな薄紫色の花たちが群生している光景をみかけました 雑草?にしてはきれいな花が咲いている。と思い撮影。後日確認しイワダレソウという草花かなただ「イワダレソウ」とそれを改良した「クラピア」や「​ヒメイワダレソウ(リッピア)」という植物もあるそうで自分が撮影したのはどれだったのか?何気なく咲いている花も意外と奥深かったり...

  • トチノキの実かな

    場所を示すものはありませんが東京都心の街路樹に生っていた茶色の真ん丸な木の実 大きな葉っぱが特徴的な樹木からトチノキの実、トチノミでしょうか。間違っていたらスミマセン栃の実なら食用になりますが路上の木々のものを採って食べることはないでしょうけど、撮影した日、そこかしこに結構な数をみかけたので少しもったいとか思ったり...

  • ハトたちの休憩所

    周りの雑居ビルから見る人がみればわかる都心のど真ん中、新橋駅ちかくのタクシー待合所ある日、近くを通ると屋根にたくさんのハトたち休んでいる光景を見かけました 都内ならどこにでもいる野鳥のハトであり別に珍しい鳥でもありませんがこんな、不安定な場所で集まって休憩しているなんて・・もうちょっと平べったい所にでも良いのにただ道路だとニンゲンや車の通りがあるから休むに休めないのかな?それにしてものどかな風景...

  • ソコダケ赤イ

    小雨降る都内の公園(特徴的な風景なのでわかる人はわかるかもしれませんが)時期を示すものはありませんが7月上旬、新緑のイロハモミジの木の一部だけが紅葉してました まるで写真を加工したかのように(してはいませんが)、そこだけ赤く染まっています。理由は・・おそらく....と、思いつくのですがあえて言わなくても良いですかね。ちょっと不思議っぽい風景ってことで...

  • 雨とヒオウギスイセン

    公園の花壇にいかにも人の手で植えられたのがわかるヒオウギスイセンの花たちどんよりとしとしと降り続く雨模様の暗い天気のもとオレンジ色の花はとても目に付きます 近寄って撮影してみると独特の形状をした花びらに大粒のしずくがしたたり落ちていましたそういえば以前見かけて撮影したときも雨の降っている日だったような。雨も静かに降っているとこういう植物たちとの情景を作ってくれるんですけどね......

  • 緑の中の黄色い果実

    別記事で紹介した菜園のある公園、プラムの木の近くを歩いていると木々の間に黄色い実を発見写真だとわかりづらいですけど街頭の上あたりに柑橘類らしき果実撮影したのは7月上旬だったので時期的にはナツミカン(夏みかん)かな?地域の人が手入れをいれているというより自然に育っている感じ、野鳥たちのエサでしょうかね...

  • 菜園の薄紫の花

    都内のとある公園、園内の一角に地域住民の方々が手入れする菜園がありました 7月上旬、梅雨の時期に立ち寄ると薄紫の小さな花を咲かせた植物を確認初見「ジャガイモ」の花?と思いましたけど考えてみると『「ナス」も同じ仲間なので似たような花が咲いたような・・』(でも葉っぱ、茎がちがうかな?)少なくとも外来種のワルナスビではないですよね...

  • 七夕飾り2021

    平日は多くの人がいきかう品川駅ちかくの建物(ホテルかな?)でみかけた七夕飾り休みの日だったので人が少なく撮影、風鈴や笹の葉が涼やか(そもそも七夕かざり?)昨年(2020年)は新型コロナで不安な時期だったせいか各地で七夕まつり、イベントが中止、今年は感染防止をしたうえで願いをこめた短冊を飾る風景も別の施設でもみかけました。そういうのを気にせず楽しめる時間が早くくるといいですね...

  • プラムの木かな

    市民農園のある公園近くを歩いていると路上になにやら果物の皮が落ちていました 野鳥?誰かの食べ残し?あたりを見回してみると雑木林の間に濃い赤紫色の果実を確認スモモやアンズなどかなり幅広い品種を指す言葉でもある「プラム」の木でしょうかね?自然に自生とも、農園の近くで育てているというほど手入れがされている場所でもなさそうなのでどのような経緯で成長したのかちょっと不思議...

  • 番犬ならぬ番鳩

    状況が伝わりづらいかもしれませんが、民家の入り口にでんと立つ野鳥のハト一羽まるで番犬(って言葉も死語?)ように家を守る立ち姿でしたけど、まさか飼っているいるわけではなさそうですし偶然ここにいただけかな(他人のウチなので一枚だけ)...

カテゴリー一覧
商用