searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
こまくさ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/04/02

1件〜100件

  • 拓郎さん、最後の『LOVE LOVE あいしてる』

    ネットニュースで拓郎の文字が目に入った。 吉田拓郎さん、7月でテレビ最後に=年内でラジオ番組も そうか………。もうあまり驚かない自分がいる。 7月21日放送の音楽バラエティ『LOVE LOVE あいしてる 最終回・吉田拓郎卒業SP』で テレビ番組への出演を最後にするとのことだった。ラジオのレギュラー番組(『オールナイトニッポンGOLD』)も年内で終了。ライブの予定も無い。 あまり驚かないけど、寂しさで心が萎れた。そういう時が来たのだなと受け入れるしかない。 先月、拓郎の記事を書いた。komakusa22.hatenablog.com 新アルバムでラストアルバムのこと。 6/29リリースで、当然…

  • 1,445段踏破したどーーー!~日光霧降高原キスゲ平園地

    日光へ行って来ました。 日光東照宮に初めて行ったのは中学生の時だったか?高校生だったか? あまり憶えていません。 きっとたいして興味も無く足元の石ころなんかを見ながら クラスメートの後ろをただついて行っていたのだと思います。 中年以降、家族や趣味の仲間と度々行くようになりました。実は日光、意外と近い。 埼玉県南東部の我が家から、栃木県日光まで もちろん高速を使ってですが、2時間ほどで着きます。数えてみたら東照宮へは6回行っていて どれだけ家康さん好きやねんという話ですがまあ、そういうことでもなく^^; 馴染みのリーズナブルな温泉宿でのんびりまったりするのがたまらないんですよねぇ。 日光では東照…

  • 阪神タイガース、3位に浮上!!

    阪神タイガースが3位に浮上!! セ・パ交流戦で、ヤクルトスワローズに次ぐ2位と聞いて 「嘘⁉(⊙o⊙)」 と叫んだのは少し前のこと。 今シーズン開幕早々、いや、ホント早々に 連敗に次ぐ連敗で自力優勝の可能性消滅か?とまで言われてしまった阪神だったので それこそ、すっかり観る気消滅した私だった。 なので、いつからこんなことになっていたのか ちらほらは耳にし、目にしていたけど 交流戦2位、そしてセ・リーグ第3位にまで上がって来てくれたこと よく頑張った! たーだー、 実情をよくよく見れば、1位ヤクルトの一人勝ち。 2位の巨人とは3.5ゲーム差。 3位と言っても勝率は5割を切り、4位以下のチームとほ…

  • さんのーがーはい!

    先日の『秘密のケンミンSHOW極』。 福岡の人は、例えば一緒に力を合わせ物を持ち上げるとか運ぶとかする際 「さんのーがーはい」と言いながらタイミングを合わせると紹介していて そうだったと懐かしく思いました。 遊びの中でも、例えばトランプのカードを同時に出す時などに言うかな。 埼玉あたりでは「いっせーのーせっ!」と言います。 地方によって様々でしょうが、福岡のそれは全国的にも異色ではないかしら。 個性が際立っている。他に似たような言い方を聞いたことありません。 娘たちが小学生の頃、夫の転勤で福岡へ引越しました。 転校して早々、クラスメートたちが至極当たり前に口にする「さんのーがーはい!」に 娘た…

  • あいみょんも宮っ子なん?

    あいみょんを夕方のテレビニュースで観ました。西宮市の甲子園球場でライブをやるらしい。その際、「地元でやりまーす!」みたいなことを言っていて「え⁈あいみょん、西宮なん?」と、早速関西弁でテレビのあいみょんに話しかけるオバサン(私)あり。甲子園のグラウンドをバックに「ここで小学校、中学校と組体操やりました!」と、あいみょん。「そうそう。わたしも中学ん時、やったよ。50年前やけど」と、自らツッコミ。 その名も西宮市中学校連合体育大会今も続いてるんやと思いながら調べると、西宮市のサイトで6年前の記事を見つけました。阪神甲子園球場に市立の20中学校と養護学校中学部の1年から3年までの約1万人が集まり、徒…

  • ミリさんとももこさんとふさこさんとばななさん~本棚の中身

    今週のお題「本棚の中身」ということで、我が家のリビングにある本棚、眺めてみました。 旅行や趣味の本、辞書、家族のアルバムや書類ファイル、トランプやカルタ、クレヨンといった孫の遊び道具なども雑多に詰め込まれています。 あと、カメラも。その中に私の本も並んでいます。 小説、エッセイ、漫画、趣味の本、画集など、これまた雑多。 学生の頃はそれなりに文学少女で、実家のmy本棚にはまあまあの数の本が並んでいましたが それらを残して家を出て以来、一人暮らしの部屋でも結婚してからもほとんど本を買ってこなかったなぁ。仕事や育児に体力奪われて読書量が激減したのもあるし 引越しに備えて無暗に本を増やさないようにした…

  • 母に似た人を見かけて

    先日の事。 信号待ちの車の中から、ホームセンターの駐車場を歩く高齢の女性に目が止まった。 背中を丸め、杖を頼りに一人で歩いておられる。 店の入り口に向かい一歩ずつ歩みを進めている姿に、亡き母を思い出し目が離せない。 じんわりと胸に切なさが沁みた。 両親が生きていた頃からそうだった。 高齢となり、でも私は両親の住む瀬戸内の島から遠く離れていて、簡単には手助けをしてあげられない。 それでも何とか年に二、三度帰省し、あれこれと手伝い暮らしを整えるが 年々進む両親の衰えを目の当たりにし、逆に心配が募る。 毎回、後ろ髪を引かれつつ自分の暮らしに戻った。 だからか、 例えばスーパーで、駅で、道端で、父や母…

  • ドライカレーを食べて

    今日の夕食はドライカレーだった。 初めてドライカレーを作ったのは、社会人になって2年目の一人暮らしのアパートで。泊りがけで遊びに来た友人に教えて貰ったのだった。 二つ年下の彼女とは同期入社。お人形さんのような可愛らしい顔立ちと流行を取り入れたお洒落な装い。それまで自分の回りにはいなかった人種(笑)と思われ、初対面の時、内心戸惑ったものだ。けれど、思いのほかひょうきんで笑える人だった彼女とはすぐに仲良くなった。私たちのやり取りをまるで漫才みたいだと先輩たちは笑い私自身もボケとツッコミの会話を心ゆくまで楽しめる相方だった。 その彼女が初めて私の部屋に遊びに来た時、ドライカレーを一緒に作った。作った…

  • “片付けられない女”1号、2号

    朝から雨。 どんよりと空気が重く、そうでなくても眠たがりの身。瞼も重い…(︾o︾) 先週末、長女と三女が帰って来た。 秋に予定しているリフォーム(クロスの張替、照明器具の交換)に備えて 以前は子ども部屋、今は物置化している部屋の片付けの為 家を出た際に残していった自分たちの荷物を整理し、不要物は断捨離するとの意気込みである。 いや、親に任せてくれるのなら、いくらでも片付けるのだが 母親に任せたら何をされるかわからないとの危惧から 自分でやる!と言う娘たち。 そうは言っても、そもそも“片付けられない女”1号、2号である。 すんなりと片付くとは思えず、少しでも荷物が減ればいいかと、まあそんな感じで…

  • 昭和の『ウルトラマン』世代が観た『シン・ウルトラマン』

    『シン・ウルトラマン』 観ました。 1966年当時、小学生だった自分が観ていたテレビ『ウルトラマン』のロゴと同じことが、まず懐かしい。ポスターのタッチも昭和の雰囲気を醸し出している、気がする。 1966年1月に始まった『ウルトラQ』から続く『ウルトラマン』、そして『ウルトラセブン』へ。円谷プロによる、いわゆる特撮モノ黎明期の熱く瑞々しい息吹を全身に浴びた子ども時代だった。(例によって大袈裟^^;)これは一つ、観に行かなければと。 www.youtube.com 子どもの頃、夢中になって観た『ウルトラマン』それから半世紀を優に超え、新しいウルトラマン、その名も『シン・ウルトラマン』はどのように見…

  • 群馬温泉旅行(万座・草津)②~草津は良いとこだった(^^)

    さて、2日目。 草津白根山を下って草津温泉郷へ向かいます。 その手前で寄ったのは 西の河原公園 「にしのかわら」なのか「さいのかわら」なのか、検索してみましたが両方の読み方がありました。 どっちなんだろう? 草津温泉の西側に位置することでこの名前がついたとかで、なら「にしのかわら」? 河原のあちこちから毎分1,400リットルの温泉が湧き出し、湯の川となって流れ出しているそうで 触ってみたら確かに温かい 皆さん、の~んびりと足湯 ツツジが綺麗でした 紅葉の頃もおそらく綺麗なのではと思います。 夜にはライトアップされるそうです。 また、公園内には露天風呂もありました。(大人600円、小人300円。…

  • 群馬温泉旅行(万座・草津)①~草津白根山の湯釜、観ること叶わず…

    先日、群馬県の万座・草津方面に2泊3日の温泉旅行に行って来ました。愛郷ぐんまプロジェクト「宿泊キャンペーン」を利用しての旅行です。 我が家の場合、1人1泊あたり5000円の割引となり コロナワクチン3回接種済みが割引の要件です。 群馬県内の登録宿泊施設に宿泊した群馬県民と隣接する県民が対象となります。 初日、実家に滞在中だった夫と群馬県高崎駅で待ち合わせ。一般道を走り始めると割とすぐに山道に。 両サイドに緑が広がります。 さすが群馬、ちょっと走れば山なんだなぁと 群馬で生まれ育った夫も驚いた様子。 途中、あの八ッ場ダム近くの道の駅で休憩。 日曜日だったせいか、多くの人で賑わっていました。 満々…

  • 人見知りの食いしん坊

    次女が三人息子を連れて遊びに来ました。 前回が3月の中頃だったので、2ヶ月以上ぶり。同じ市内に住み、以前は最低でも1ヶ月に一度は来ていたので ずい分と久しぶりな感じです。新型コロナウイルスが蔓延してからは 感染のリスクを考え、娘も気を遣ったでしょうし また、私たちも何となく用心をして声をかける機会が減りました。 実は今回、延び延びになっていた三男孫の初節句のお祝いを渡したいのもあり 我が家で一緒にお昼を食べようと誘ったのです。ところが今朝になり 次男孫が咳が出るので少しだけ顔を見せたらご飯は食べずにすぐ帰ります、と連絡がありました。体調の思わしくない息子をじいじとばあばに会わせることに気が引け…

  • 男運は悪くなかった~「涙-Made in tears-」

    旅の疲れをカラオケで癒した昨日のこと。どんだけ歌うの好き?って話ですが(笑) まあ、発散するんですよね。 いろいろと。あと、カラオケとかスポーツとか 楽しいことは一緒にやってもあまり揉めないので。 夫と。( ̄_, ̄ ) レパートリーとしては、中島みゆきさんの歌が圧倒的に多いです。 世代というやつでしょうか。 少し前から歌うようになったのが「涙-Made in tears-」 中島みゆきさん23作目のシングルとして1988年にリリース 演歌歌手前川清さんに提供され、後にみゆきさんもセルフカバーということも、この歌そのものも 実は、ずっと知らなくて。 1988年と言えば、育児真っ只中。 それまで大…

  • 朝起きたらイタタタ…(>_<。)

    二泊三日の旅から昨日帰って来ました。 お昼を少し回った時刻に帰宅。 帰ったらビールを飲みたいという夫の希望で 近所のスーパーでお寿司を買い 無事帰宅良かったねと運転お疲れ様の乾杯。 合わせて、お土産の花豆と温泉饅頭、それに柿の種もつまみにして2缶空けました。 二人で350mlを2缶ですから(夫が多め) 酒豪の方からすれば大したことないのでしょうが 旅の疲れもあり、けっこう回りました。 当然の様に、その後は昼寝。 起きたら夕方6時を過ぎていました。 夕食には肉を焼こうと買っていたのですが 全く食欲がわきません。 温泉饅頭が胃の上の方にまだ残っている… ご飯だけは炊いたものの、夕食を作る気分になれ…

  • 映画『オードリー・ヘプバーン』~愛を求め、愛を与えた

    映画『オードリー・ヘプバーン』観ました。 強い目力と真紅のルージュに射抜かれます。街中の雑踏に負けない息を吞む美しさです。 お顔の造作がパーフェクトで美しいのはもちろんだけど 何故、こんなにも魅了されるんだろうと思うんですよね。 真っ直ぐに見つめる意思のこもった眼差しも 愁いを含んだ儚げな眼差しも一分の隙もない端正な表情も 一転、少女のような愛くるしい笑顔もすべて彼女を表している。 凛とした立ち姿 妖精のようにしなやかな身のこなし華奢な体に纏うドレス姿の圧巻ぶり かと思うと、 ショートヘアにブラウスとスカートの瑞々しい溌溂さ サブリナパンツのカッコ良さたるやそれらのすべてが私たちを釘付けにし、…

  • 妻の地雷を踏む夫たち

    半年に一度のレンジフードの清掃、完了しました。夫はただ今実家。なんかねー、ちょっと大がかりな家事は夫がいない方がやる気出るんですよねーー( ̄▽ ̄)どうしてだろ?自分一人のペースで動けるからかな。夫の食事の支度とかも気にしないで、自分のタイミングでガーーッと没頭出来るし。 「手伝おうか?」 「何かやることある?」と気遣いの夫は多分言ってくれるけどもちろん手伝って貰えば助かる部分もあるんだろうけどそれで手伝って貰って「あ、そうじゃなくてこうしてくれる?」 「これはこうね」と言うと、夫は機嫌が悪くなるのをわかっているので夫のいない時にちゃちゃっとやろうと考えるようになりました。余計な揉め事を減らす為…

  • 思いが溢れてしまうのだよ( ̄▽ ̄;)

    前回の拓郎さんの記事。 いつものことだが、長々と暑苦しく語ってしまった。しかも、 記事にいただいたコメントにも 恐ろしく長い文面で返信してしまった。拓郎のことを少し褒めていただいたのが嬉しく そこで又、拓郎への思いが大爆発したわけだが 自分でも流石にこれはどうなんだと思った。いったい何……?と驚かれたことだろう。 そもそも記事が長文である。(と、他人事みたいに言う) 以前、簡潔に書くことを心がけるとブログの中で宣言したことがあったが いつの間にか又、ダラダラと長くなった。 思いが溢れて……などと言うとちょっとカッコイイが まとまりなく垂れ流ししているとも言える。 同じようなことを何度も畳み掛け…

  • 拓郎さん新アルバム~ああ、面白かったと言いながら旅立ちたい

    久しぶりの『吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』 (月に一度なもので、いつもつい忘れてしまう(^^;) 全編、6/29リリースの新アルバムについてだった。 日本の音楽業界を牽引、様々な革新的なスタイルで時代のカリスマとなった吉田拓郎が1970年デビュー以来52年のアーティスト活動にピリオドをうつ、最新にして最後のアルバム『ah-面白かった』(全9曲収録) をリリース! コロナの影響でラスト・ツアーを断念した76歳の今、吉田拓郎らしく最後を迎えるために、現在出来ることすべてに...ベストを尽くして制作されたラストメッセージ。(公式サイトより) 最新にして最後のアルバム…… 吉田拓郎らしく最後…

  • お月さまと、夫婦生活の漢字一文字

    昨日の深夜、珍しく寝付かれずスマホを見ていたら その向こうに何やら明るい光 うん?と画面越しに目をやると ブラインドの隙間にそれは見え隠れして あ!(⊙ˍ⊙) お月さま?? 急いで駆け寄りブラインドを開けると お月さまでした 満月ではないけれど、ずい分明るい 深夜ですけどベランダに出てお月見しました 0:03 西の空 …………… 昨夜のテレビ、クイズ番組でのこと。 20代~70代の既婚男女に尋ねた「現在の夫婦生活を漢字一文字で表すと何か?」 という問題。 提示された漢字の中から1位、2位、3位と順位を当てていくわけですが 「愛」「楽」「幸」「和」「忍」「無」「平」「穏」「安」「耐」「共」 すか…

  • 女三人、タコパと麻雀を堪能した夜

    GWも終盤となり、長女と三女が仕事終わりに帰って来ました。 夕食はタコパこと、久しぶりのたこ焼きパーティー。 先ずは、本物ビール(つまり発泡酒でも第三のビールでもない)で乾杯し 「やっぱりホンモノは違うねえ(*´з`)」 主役のタコの他、脇役はチーズ、ネギ、キムチ、紅ショウガ、揚げ玉など。 様々にカスタマイズしたたこ焼きをハフハフと頬張る。 紅ショウガが効いて、今回も安定の美味しさでした(*´ω`*) 満腹になった後は、誰ともなくそそくさと片づけ。 既に時間は遅い。 正味、メインイベントとも言える麻雀大会に突入です。 こちらも久しぶりで、ネットゲームの麻雀で腕を上げたらしい三女はやる気満々。 …

  • いつもなら………

    昨日、夫は実家へ。定例の別居生活(笑)。今回は6日間。 夫婦そろってプータローの年金生活者ゆえ、いつも朝はゆっくり。 夜、早く眠くなる夫は小学生並みの早寝なので、本当は朝の目覚めも早い。 起きて動き出したいところだろうけど、眠たがりの妻が寝ている間は気を遣ってか鳴りを潜めている(^^; 朝ドラの始まる(7時半NHKBS、又は8時NHK総合)時間までには起き、朝食の準備を済ませ、食べながら朝ドラを観る、という妻のルーティンに従ってくれているm(__)m 夫のいない今朝。 ブラインドの隙間からの光で目が覚めると、5時半。 いつもならそのままぐずぐずと布団の中で微睡むのだけど、なーんか目が冴えちゃっ…

  • 明菜ちゃんのライブ、そして聖子ちゃん

    中森明菜さんのライブ映像を観た。 1989年4月、デビュー8周年を記念した野外ライブ。 風の中、髪が乱れ、衣装のスカートがめくり上がりそうになりながらも 本当にライブの音源?と思ってしまうほどの安定した歌声。寸分の狂いも無い。 当時から歌唱力バツグンと言われていた彼女だったが いやぁ、上手だわ……と改めて深く感じ入った。 30年以上前のライブ。 1965年7月生まれの明菜ちゃんはこの時23歳だったのか。 歌いながら苦し気な表情を浮かべて涙ぐんだり。 かと思うと、無邪気な笑顔でファンに口パクで話しかけたり。 そうそう、そんなだったな。 安定した歌唱力の反面、彼女の心と表情はいつも不安定に揺れて見…

  • 「ときめき」を感じますか…?(*^^*)

    昨夜のテレビに“こんまり”さんこと、近藤麻理恵さんが出演されていた。 幼な子の様な可愛らしいお顔立ちとお名前は以前から存じ上げている。 確か、お昼のワイドショー的な番組で何度か、片付けられないお宅を魔法の様に片づけてみせてくれた。 今や世界的にも有名だそうで、彼女のファンも世界中にいるらしい。 ※Wikipediaから引用 2010年に出版した『人生がときめく片づけの魔法』は世界40ヵ国以上で翻訳され、シリーズ累計1,300万部を超える世界的大ベストセラーに。 2015年に米『TIME』誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出。 2019年よるNetflixにて公開された『KonMari~…

  • 「耳鳴り」がして「断捨離」を始めたけれど

    昨夜、さぁ寝ようと部屋の電気を消し、襖を閉めながら耳がキーンとした。 耳鳴りだ。 掛け布団をめくりながら、 ああ、もういつどうなるかわからないのだから好きなように生きよう あと、20年? 30年は無理だろう、下手したら10年かもしれないし このところの時の速さを考えれば10年なんてあっという間だよ 20年だって、多分あっという間 と80歳を超えた自分を想像しながら思った。(それまで生きてるか?) 我ながら唐突。 つまり、 最近、耳鳴りが多くなった気がしていて。 それもちょっと激しめの。 それはおそらく加齢によるもの。 そんなことが頭の隅っこにあり、不意に自分の命の限りを思い浮かべたのだろう。 …

  • もうランドセル?⊙.☉

    次女のところの長男孫は来年小学生になる。 好奇心の塊で目につくもの全てに関わらずにはいられず チョロQのような予測不能の素早い動きで周囲を振り回してきた。 そんな彼が小学生になるのかと思うと 来年の話だというのに、感慨深さが押し寄せて来る。 今朝も小学生たちの集団登校を窓から眺めながら ひときわ小さい新一年生がランドセルを揺らしながら歩く背中に ふと孫のことが浮かび目頭が熱くなった。 ちゃんと行けるかな? 仲良し、出来るかな? 先生はボクの良いところ、わかってくれるかな? ばあばの余計なお世話だね みんなと同じでなくていい ボクがボクのままでいられるといいな そんなことを考えて。 何度も言うが…

  • ひとりが好きなわけじゃない……わけじゃないのよ

    先日カラオケに行った際、かなり久しぶりに中島みゆきさんの「ひとり上手」を歌った。1980年にリリースされた曲。みゆきさんファンなら当然、そうでなくても当時ヒットしたのでご存じの人も多いのでは。みゆきさん真骨頂の男女の別れ歌である。 久しぶりに歌いながら、歌詞のとあるフレーズにグッときた。 手紙なんてよしてね なんどもくり返し泣くから 電話だけで捨ててね 僕もひとりだよとだましてね 屈折した女心。だけど、そんな女心の悲しくも純な核心を確かに突いていて、切なく沁みる。哀愁を帯びた、けれどポップな曲調が逆に切なさを増幅させる。 そういえば自分もそんなだったなと、微かに思い出しながら歌った。強がって突…

  • 「継続は力なりって言うもんね。アハハ( ̄▽ ̄;)」

    先日の父の三回忌法要で久しぶりに兄に会い30代からの草野球と40代で始めたバドミントンを60代後半になった今でもコンスタンスに続けていると聞いて身内ながらそれは偉いなあと思った私。兄が高校生の時に、父の転勤で兄だけ別れて一人暮らしをすることになり、それ以来一緒に暮らしたことが無いので子どもの時のちょっといいかげんな兄のイメージが残っていて、正直意外でもあります。でも、兄はそういうタイプなんだな。きちんと続ける。続けられる人。兄に「継続は力なりって言うもんね」と如何にも自分もそうであるかのように言いながら実は私は継続が非常に苦手な人間です。振り返れば、きちんと続けられる人間であるべく、その度足掻…

  • やっと…。父の一周忌と三回忌

    一昨年の5月末に亡くなった父の一周忌及び三回忌法要に参列してきました。 本来なら昨年行うはずだった一周忌がコロナ禍で一旦延期。 秋ごろにと話していたところ、その後さらに感染者数が増加し、多くの県で緊急事態宣言が発令。 それで、この際一周忌と三回忌を一緒にやろうと施主の兄が決めたのでした。 感染者数の多い県に住む私たち夫婦が県をまたいで行くことも少々憚られる思いがあり そう決めた兄の考えに異論はありませんでした。 ただ、 致し方ないとは言え、一周忌が出来ないまま父をほったらかしにしている感が心の隅っこにあったのも正直なところ。 なので、今回無事法要を済ませることが出来、ホッとしています。 遺影の…

  • 『カムカム』から、ちむちむ……?いえ、『ちむどんどん』

    最終回は絵に描いたような大団円だった『カムカムエヴリバディ』。 大変よろしゅうございました👏 正直言えば、 次々と回収される伏線や登場人物のその後に 「はいはい、もうこれでお終いですよ」と追い立てられるようで 物語の終わりをゆっくり味わえなかった気がしないでもないけど まあそれも、この物語をもっと観ていたかったゆえの感傷でしょう。 ところで、ひなたは最後、何歳だったのかな?アラ還ぐらい? だとしたら、あんなに瑞々しいアラ還、違和感あり過ぎだわ~。 (って、決してドラマにケチつけているわけではありませんので^^;) ひなたは最後まで溌溂と可愛らしい女性でしたね。 翌週、つまり今週から『ちむどんど…

  • 「丁寧な暮らし」はハードル高い

    通っている美容院ではたいてい鏡前にいくつかの雑誌が置いてあります。 週刊誌や月刊誌を自分で買って読むことはほとんど無いので、ちょっとした情報収集の機会でもあります。 芸能人ネタ満載の週刊誌も置いてありますが 担当してくれる店長さんが必ず取り揃えてくれるのは 「丁寧な暮らし」や「きめ細やかな手作りの食事」、「お洒落な雑貨」に「センスの良いファッション」などが紹介されている、いわゆる意識高い系のもの。 読者の年齢層はやや高めかな。 店長さんの意図は不明ですが、「丁寧」とか「きめ細やか」とか「お洒落」とか「センス良い」とか、残念ながら程遠い暮らしをしている身。 それでも素敵な写真や感心させられる内容…

  • 「わたしの部屋」~初めての一人暮らしは

    今週のお題「わたしの部屋」 40年前のこと。社会人になって1年が経ち、一人暮らしを始めた私。実家からだと通勤が大変だったのと 当時、父親と喧嘩ばかりで、これ以上一緒にいると父を心底嫌ってしまいそうで ある日唐突に、もう家を出ようと考えたのでした。 親に対する当てつけの様な一人暮らし宣言は、我ながらとても子供じみていて 計画性も無けりゃ、貯金も無い。雀の涙程度の資金での無謀な旅立ちでした。なので、アパート物件選びの条件に賃貸料が安いことは必須。且つ、通勤に便利な都内。 そうして見つけたのは、築30年以上経過した木造アパートでした。住所は目黒区柿の木坂。東横線学芸大学駅から徒歩15分の環七通り沿い…

  • おばさんは絵文字を使いがち📱

    テレビのバラエティ番組での路上インタビュー。 「“おばさん”はどういう人?」との質問に若い女性たちが答えていた。 ・大きな声でよく喋る ・自分のことを自虐的におばさんと言う人 ・ちょっと意地悪 などなど ちょっと意地悪というのがどういうことか詳しい説明が無かったのが 勝手にケチをつけられているようで少々納得がいかなかったけど 若い娘さん方にしたら、おばさんたちは存在だけで圧を感じるのかもしれないな(苦笑) スマホや絵文字の使い方についても、これぞおばさんというのを言っていて ・歯を出して笑っている絵文字を使う→😁 ・赤のビックリマークを使う。しかも2本立て→❗❗ ・スマホを片手でなく、両手で操…

  • 椿って春の花だったの…⊙.☉?

    住んでいる集合住宅の敷地内にある椿建物の陰のあまり日の当たらない場所に立っていて 人目にもつかないその木に 数日前、花が開いていることに目が止まりました。 ぷっくらとした蕾もたくさん。 これからたくさん花が咲くんだなぁと思って、ふと あれ?椿って冬の花じゃなかったっけ?? これからが本番なの???寒い頃に咲いてるイメージがある 雪を少し被った椿の花を見た気がするし雪椿、寒椿という言葉も聞いたことあるよあ、でも木へんに春と書くから春の花なのか…⊙.☉? それで調べてみました。花期は冬から春(2月~4月)で、早咲きのものは冬さなかに咲く(Wikipediaより)ふむふむ。そういうことか。 ……………

  • 夫、実家へ。妻、眠りこける/『カムカムエヴリバディ』いよいよ最終回

    今日から夫は隣県の実家へ。 60歳で完全リタイアして以来、一週間程度の間隔で自宅と実家を行き来しています。 今回は実家の方でゴルフの予定が2件あり、少し長めの別居生活となります。 いつもそうですが、夫が実家に向かった後、ついつい眠りこけてしまいます。 ふっと体が緩むというか。 気持ちも緩むんでしょうねぇ。 と言うほどの体力と気力を夫の為に費やしているとも思えませんが(^▽^;) そんなわけで、しばらくはとことんマイペースの暮らしとなります。 誰にも気兼ねなく、おのれの欲望の赴くまま、好き放題にやっちゃえ、ワタシ! などと威勢よく言ってはいますが、つまりはひたすら怠惰な暮らしとなるのがオチ。 朝…

  • 逃げて、押し黙って、誤魔化して

    いつもお邪魔している同世代の方のブログ。ブログ主さんの率直な言葉に、なるほどと納得することが多く 時には、胸が締め付けられるような切なさをいただくこともある。 今日はタイトルを見た途端、ドキンとした。「逃げてばかりの人生、だから今まで生きてこれた」 「辛いことも悲しいこともひょいひょいかわしながら逃げてきた」とあった。そして 「真正面から向き合っても答えが出ないことを子供の頃から知っていたのだろう」とも。 こんなふうに言っては申し訳ないが まるで自分のことだと思った。 自分自身のコンプレックスのこと。 考えても仕方ないから現実から逃げる。「ひょいひょいかわしながら逃げてきた」まさに自分もそうし…

  • 『カムカムエヴリバディ』残り一週間~「アルデバラン」♪

    NHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』も、残すところあと一週間。約半年間、一言一句聞き漏らすまいと字幕まで表示し観てきました。アニーが安子なのか?という疑問で、最終週が待ち遠しくてたまりません。安子とるいとひなた。いったいどのようなラストシーンが用意されているのでしょうか( *´艸`) …………… 今日の『あさイチ』は、ひなた役の川栄李奈さんがゲストでした。実は川栄ちゃん、まだ“AKB48”に所属していた頃に出演したバラエティ番組で、なかなかのおバカぶりを発揮し それ以降、世間ではおバカキャラと認知されていた部分もあったような。(失礼!^^;) それがそれが、 今回、『あさイチ』内のやり取りを観…

  • 桜満開、長女も帰って来た

    前回、三女が帰って来たことを書きましたが 昨日は長女が帰って来ました。彼女も3ヶ月ぶり。 一昨年の秋に退職して以来、1年半余りプータローをしてきた長女。 この4月からまた働くという報告と、あとビール券を持って(笑) どなたからか頂戴したビール券を、自分はほとんど飲まないからと譲ってくれたのですが けっこうな金額だったので、代わりにギフト券を渡そうと考えていて。 なのに、すっかり忘れてしまったおバカな母です。 長女は気遣い無用と言いましたが、次回会った時に渡そうと思います。 医療従事者で、その気になれば(選ばなければ)すぐ就職出来ることをいいことに 働く→プータロー→働く→プータロー、を繰り返す…

  • 桜が咲いて、末娘が帰って来た

    ヨガのレッスンに出かけた体育館のしだれ桜。 満開まではあと少し。例年よりやや遅めかな。 立派なカメラを構えたシニアの方が熱心に撮っておられました。 私はスマホでカシャ🤳 🌸🌸🌸 今年はいつまでも寒くて、桜は遅いかなと思っていましたが 昨夕のニュースで、東京の桜が満開と伝えていました。 我が家の目の前の公園の桜もいつの間にか開花が進んで 穏やかな日差しの中、小さい人たちがその下で遊んでいる光景は平和そのもの。 と同時に、遠く離れた彼の地の、小さい人たちの今を思わずにはいられませんでした。 こんなふうに桜を愛でる幸せを当たり前のように享受出来るこの国の私たち。 片や同じ地球上であまりにもかけ離れた…

  • 10年ぶりにバドミントンをしたら…

    10年ぶりにバドミントンをしました。 正確には、その間30分程度のお遊びを何度かしたことがありますが いわゆるスポーツとしての(?)バドミントンをしたのはまさに10年ぶり。 疲れましたーーー( ̄▽ ̄;) (あれ?このフレーズ前回も…(^^;) 40代、バドミントンにガッツリはまり、家庭婦人のチームにも所属。 全国大会を目指し、あたかも仕事の様に練習、練習、練習……。 当時、パート勤めもしていて、スケジュール帳は練習か仕事かで埋まっていましたっけ。 時間に追われ、体を休める隙間も無く、そのせいかどうか、強い貧血を患い やがて、膝を痛めるに至り、バドミントンから離れることとなりました。 しばらくは…

  • 2ヶ月ぶりに孫たちに会ったら…

    2ヶ月ぶりに孫たちに会いました。 その2ヶ月前というのがスーパーで少しの時間会っただけなので じっくりと一緒に過ごしたのは3ヶ月ぶり。 疲れましたーーー( ̄▽ ̄;) 5歳の長男孫、3歳の次男孫はますますヤンチャに。 会わないうちに9ヶ月になろうとしている三男孫は丸々と肉感的で 体重もお兄ちゃんたちの同時期を軽く超えているそう。 どおりで重い。そして活発。 後ろから支えてやると立とうとして足でピョンピョン跳ねます。 延々と繰り返すのでこちらの腕がもちません(;´Д`) お兄ちゃんたちはヤンチャ度が高まった上にお口も達者になり 反抗的な物言いや大人びた言い逃れをしてママやじいじに叱られます。 それ…

  • 映画『チョコレートドーナツ』~Any Day Now(いつの日か)

    観たい新作映画があり、本当は映画館に行こうと考えていたのだけど その作品が何と朝の8時25分からの1回だけ、ということを当日の朝になり知り 全然間に合わなくて諦めました。そこで、録画していた映画があるのを思い出したのです。それは少し前にNHKで放送されたもので 予備知識の全く無い作品でしたがメルヘンチックで簡潔、でありながら 簡潔過ぎて逆に内容を想像しにくいタイトルに何となく惹かれ 録画したのでした。 観終えて、 この作品を録画した自分に グッジョブ👍「良かった」の一言。プロフィールに記す好きな映画が一つ増えました。…………… 『チョコレートドーナツ』(アメリカ、2012年 ※日本公開は201…

  • シクラメン植え替えの、その後

    昨年9月、「シクラメンの植え替え」の記事を書きました。komakusa22.hatenablog.com 2018年に友人から贈られたシクラメン。3シーズン、可憐な姿で楽しませてくれましたが 昨年の夏、大きくなった株がそれまでの鉢ではいよいよ窮屈になったようで 葉が小さいままくるりと丸まるようになりました。それで植え替えをしたのでした。 2021年9月に植え替え。元気のない葉っぱを整理したら、いささかみすぼらしい姿に(;´Д`) それでも、水をやり、たまに液肥もやっていたら 新しい葉も次々と育ちちょうど半年経ち、今の姿です。葉の勢いがスゴイです。 が、今シーズンは全く花をつけずでした…╯︿╰ …

  • 北京パラリンピックが終わっても

    北京パラリンピックが終わった。 3月4日の開会式をどうしたって晴れ晴れとした気持ちで観ることは出来なかった。ロシアがウクライナに侵攻したのは2月24日。 ウクライナが爆撃を受け、街が破壊されるニュースを毎日見ていた。 戦闘員でもない民間人が、傷つけられ、命が奪われている。 愛する土地と切り裂かれるようにして避難をするウクライナの人たち。 開会式に参加したウクライナの選手が 固く引き締まった表情で拳を突き上げていたのが心に刺さった。 ロシアとベラルーシの選手の出場が許されなかったこと。もちろん選手たちに罪は無い。また、オリンピック・パラリンピックに政治を持ち込むべきではないとはよく言われることだ…

  • 「フクロウ」と「マニキュア」

    今週のお題「わたしのコレクション」 流行りのミニマリストの域には全然届かないけど モノが雑多にあるのはちょっと落ち着かない性質(たち)。 (ここでも、雑多にモノがある環境で逆に落ち着くという夫との違いが歴然。前々記事からの続きですが(*´з`))なので、これまた流行りの断捨離はけっこう得意かと。 年に何度か思いつくと整理し、スッキリ!また、 親や夫の転勤が多かったので 引越しの際の荷造りの大変さを恐れ 自ずと物を増やさないように考えてきたところもあります。 そんな私ですがこんなに数要らないでしょとわかっていても こんなに集めていずれどうするの?と不安になっても ふと足が止まり、つい手に取り、買…

  • 今日と、明日という日に、ウクライナの地に、鎮魂を祈って

    77年前の今日、3月10日は東京大空襲があった日 10万人が犠牲となったというニュース画面にハッとした。もちろん東京大空襲のことは知っていた。でも、忘れていたのだ。 ロシアのウクライナ侵攻のニュースを目にしては 絶望的な無力感に打ちのめされる毎日。それでも、正直言えば頭の何処かでは 遠い所の現実に この国とはかけ離れた この国には起こらない そんな感覚でいたのかもしれない。 だけど、 77年前の今日 今まさにウクライナの街や人々に降り注ぐ爆弾の嵐と同じ現実が 東京の街に起こっていた。 決して遠くの国の出来事ではない。何処にでも起こり得る現実。人間が人間である限り 起こり得る現実。そのことにハッ…

  • 炬燵布団でひと悶着、からの家庭内別居⁉

    見覚えのない数式を解きなさいというテスト 何がなんだか、どのように解いたらいいのか途方に暮れる小学生の自分 周りの同級生は一人、また一人と「出来た!」と声を上げる なのに私はまだ一問も解けていない このままでは0点だ「あと5分ですよ」 先生の言葉にじりじりと焦りを募らせる私…………… という夢で目が覚めた。 朝からグッタリである。 こんなに疲れる夢をみたのは 多分あの事が心に引っ掛かっているのだろうと 妙に腑に落ちた。…………… 夫とまた、もめた。 もめた直接の原因は実に些細なこと。炬燵に二人で入りながらテレビを観ていた。 夫が何度か座り直す際に、炬燵布団に隙間が出来る。 そこから冷たい空気が…

  • コロナワクチン第3回目、ファイザー、ファイザーときて、今回はモデルナ

    一昨日、3回目のコロナワクチン接種をしました。 2回目から7ヶ月後です。 1回目2回目はファイザーで、今回はモデルナでした。交互接種を不安に思う声とか 逆に交互接種の方が効果的とか 様々な意見があるようですが 今回、居住する市において私が接種するタイミングではモデルナしか無かった(?)です。今後、ファイザーも再び登場するようですし それまで待つという知り合いもいますが 自分としては別にどちらでも良く それよりも早く打ってしまいたかったので 接種券が届いて即予約したのでした。 前回、前々回は少し遠くの大規模接種会場へ車で行きました。今回は歩いて行ける近くのスーパーで接種出来るというのでそちらで。…

  • 高梨沙羅選手、おめでとう!

    朝からテレビは、ロシアのウクライナ侵攻。今、この時間にも起こっているだろう信じ難い現実に 胸が潰れて苦しくなる。 ウクライナの人たちに降りかかる理不尽な悲痛に思いを馳せ 我が身が無力であることがもどかしい。 それが終わると、新型コロナウイルス。いつになれば終息するのか、ここに来ても先が見えない。 政府は18都道府県でまん延防止等重点措置を延長する方針を固めたとか。 (沖縄県では第7波の懸念があると昨夜のニュースが伝えていて、愕然とした。) たとえ治ったとしても深刻な後遺症で苦しむ人も少なくないそうだ。 現実から目を逸らしてはいけないと思いながら 朝から気分が沈むのも正直なところだった。 このと…

  • スピルバーグ監督の『ウエスト・サイド・ストーリー』~「分断」の果ての愚かさと虚しさ

    映画『ウエスト・サイド・ストーリー』 監督はスティーブン・スピルバーグ。彼の作品の『E.T.』(1982年)は、今まで観た全ての映画の中で一番好きと断言できるほど好き。 他にも『ジョーズ』『未知との遭遇』『インディ・ジョーズ』シリーズ、『オールウェイズ』『シンドラーのリスト』『戦火の馬』などを観て、どれも面白かった。 先日テレビでたまたま観た『A.I.』も良かったなぁ。 主人公のロボットの悲しみが切なかった。つまり、スピルバーグ監督のファンです。 その彼が『ウエスト・サイド・ストーリー』を撮る⁉一瞬驚いたけど、予告編を映画館で観てからずーーっと楽しみにしていました。 劇場公開は2月11日。 直…

  • 名前が書けませーーーん(#°Д°)

    今週のお題「試験の思い出」 学生時代、定期試験の前になると先ず取り組むのは試験勉強の計画表作成だった。 中学、高校と運動部に所属していて、試験一週間前になると練習が休みになった。 いつもは練習に明け暮れ、勉強する時間などほとんど無かった。 否、正確に言えば、勉強する時間は十分にあったが 練習で疲れ果てた体ではとても机の前に座っておれず 夕食後、入浴したらベッドに直行だった。 試験前の一週間はハードな練習を堂々と休める、実はちょっとホッとする日々でもあった。 まだ明るいうちに帰宅でき、夕方のテレビなどを観ながらおやつを食べる。 身も心ものんびりと、好き勝手を味わえた。 さて、試験前一週間の初日は…

  • 脂肪肝…?(⊙_⊙;)

    人間ドックは3年前に受けたのが最後。その際、結果は21項目中、B判定が二つで、残りは全てA判定。 至って健康と言ってよいものでした。なので、その後、年金暮らしになってからは 特にこれといった問題も無いことだし、経費節約の意図もあり 人間ドックではなく、年に一度の市の健診と各種がん検診を組み合わせてきました。……………昨年夏、唐突に体調を崩しました。 思い当たる節があり、その科を受診しましたが 該当する項目の検査結果に異常はなく ストレスによる自律神経の乱れだったようです。 ストレスが無くなると体の不調も消えましたので。ただ、尿検査で少しばかり異常値が出て 医師から腎臓の精密検査を受けるのなら紹…

  • 成し遂げることは出来なかったけど

    毎日、我が家に興奮と歓喜を運んでくれた北京オリンピックが終わりました。 勝者がいれば敗者がいるのが勝負の世界の定め。 選手の方々にとっては、時に、思うような結果が得られないこともあったでしょう。 それでも、私は おそらく緊張の中、戦いの場に立ち向かわんとする若い人たちの姿に この歳になってもまだ自分にも何か出来るのかもしれないと 震わされるような勇気をいただきました。 そして、 力の限りを尽くし戦い抜く姿に ただただ感動をいただきました。 勝負に勝った人、負けた人報われた人、報われなかった人勝負の世界では2種類に分かれるかのように見えるけれど(或いは、私たちが暮らす社会もそのように二分されるか…

  • 美帆選手、おめでとう!菜那選手、次ガンバレ!

    スピードスケートチームパシュート(団体追い抜き)髙木菜那選手が泣きじゃくる場面を思い出すと今でも胸が詰まります。 あの時、散々もらい泣きしたというのに、まだちょっと泣きそうになる。菜那さんの涙は悔しさでしょう。菜那さんの涙を見て泣く私の涙は、ただただ可哀想で…。もう完璧に親目線です。 一番を目指して何年も努力してきたのだから それを達成できなくてどんなに悔しかったことかそれで泣けてしまうのは当たり前悔しい涙は堂々と思い切り流していい 私なんかが可哀想って泣くのは全然違うとよくわかっているんだけど 涙が溢れてしまうのでした。 菜那さんも「努力って報われないなぁ…」と思ったのでしょうか。 思ったっ…

  • 『カムカムエヴリバディ』お父ちゃんはジョン・レノン?そして、あみんの「待つわ」

    朝ドラ『カムカムエヴリバディ』毎朝楽しく観ています。 加齢と共に、耳の感度が衰えてきた私たち夫婦。 最近は台詞を聞き漏らしたくなくて 字幕を表示しながら観ているのですが これがなかなか良くてですね。 俳優さんの早口が聴き取れなかったり朝食を食べながらだと自分の咀嚼音や食器の音で台詞がかき消されたりちょうどイイとこで夫が(私も?)声を発し 「今聞こえなかったじゃん」みたいなこともありモヤッとしたりイラっとしたりだったのですが (時に夫と険悪になることも^^;)字幕を表示するようになってから 耳だけじゃなく目からも台詞を100パーセント把握出来るので 余裕を持って落ち着いて観ていられます。 (夫と…

  • コロナ禍で戦々恐々…疑心暗鬼…

    そういうわけでkomakusa22.hatenablog.com 先週、亡くなった叔父に会いに行ってから 実は喉が痛い。咳も出る。 こんな状況なので もしや………?( ゚Д゚) と、どうしたって考えてしまう。 そう言えば 叔父に対面するべく通された10畳ほどの部屋には 別の(亡くなられた方の)関係者が10人ぐらいいらっしゃったのだが ほとんどマスクをしていなかった。涙を流した際にマスクを外されたのだろうか。 鼻水をかみ、咳き込んでおられる人もいた。 そのままマスクをつけるのを忘れてしまったのだろうか。 行きは車だったが、帰りは電車で帰って来た私。電車はそれほど混んでいなかったのだけど 隣に座っ…

  • 叔父ちゃんの「家族葬」

    義母の弟、夫にとっては叔父が先日亡くなりました。享年86歳。 その日の夜に叔父の長男(夫にとっては従兄弟)から連絡があり 本来、義母が元気に実家で暮らせていれば義母に連絡が行ったのでしょうが 施設に入所して連絡がつかないので、県外に住む夫に。 今は斎場に安置されていること。 通夜は行わず、三日後に告別式。 「家族葬」で子ども、孫、その配偶者だけで送るので 申し訳ないけれど皆さんの参列はご遠慮願うこと。 ただ告別式までの間、来てもらえればお参りは出来ること。叔父には姉が二人、妹が一人存命で 同じように連絡させて頂いたとのことでした。 それがその斎場の家族葬の形なのかわかりませんが 叔父は告別式ま…

  • 「努力って報われないな」

    「そうですね…もうなんか努力って報われないなって思いました。」(デイリースポーツより) 北京オリンピック、フィギュアスケート男子フリー。 世界初のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑戦し 転倒したものの公式に認定。結果は4位。戦いを終えスポーツキャスターの松岡修造氏にインタビューされた際 テレビの前で泣くのは嫌だと言いながら 「悔しい」とつぶやいて、泣き続けた羽生結弦選手。「苦しさの中にこのオリンピックで何を見たんですか?」と松岡氏に問われ 答えた羽生選手の言葉です。 その後、「僕はオリンピックで金メダルをとるために、そして4回転半を決めきるための正しい努力をしてこれたと思ってます。自分の…

  • 北京オリンピックが始まった!~大空へ飛び出すスノボー

    北京オリンピックが始まりましたね。いつものオリンピック同様、オリンピック三昧の日々が続きそうです。 新聞が届かない我が家なので 朝一番、先ずはスマホで今日の競技日程を検索。 テレビ放映されるものをピックアップし タイムスケジュールを手作り。出来れば全部観たい。 無駄なく隙なく可能な限り観戦出来るよう 普段使わない頭をフル稼働させています(^▽^;)…………… 昨日、今日とスノーボード女子スロープスタイルの予選、決勝が行われました。北京の(想像するに)身を切るような冷たい空気の中 研ぎ澄まされた真っ青な空へと飛び出していくスノーボード。本当にカッコイイ! そして心が熱くなるほど美しい。あんなふう…

  • 91歳!クリント・イーストウッド監督・主演~『クライ・マッチョ』

    クリント・イーストウッド 監督・主演『クライ・マッチョ』 www.youtube.com 半世紀以上にわたり一線で活躍を続ける名優にして、『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』で監督として2度のアカデミー賞に輝いたクリント・イーストウッド。 監督デビューから50年、40作目となるアニバーサリー作品『クライ・マッチョ』は、彼が監督・主演を務める新たなマスターピースだ。 落ちぶれた元カウボーイと少年の旅を通して語られる人生とは――。 喜びや悲しみを背負い、なお人生を歩み続ける。 生きる上で必要な[強さ]とは何かを温かく、時にユーモラスに時に切なく語りかける。(公式サイト「INTRODUCTI…

  • 荒波に架かる橋のように~「明日に架ける橋」

    今朝、テレビからふと聴こえてきたのは「明日に架ける橋」ご存じ、サイモン&ガーファンクルの名曲である。体を突き抜ける懐かしさと、今もなお心震わされる旋律に テレビの前で固まってしまった。 それはNHKBSプレミアムの番組。 2006年に放送されたものの再放送だった。「世紀を刻んだ歌 明日に架ける橋~讃美歌になった愛の歌~」 サイモンとガーファンクルが歌った名曲「明日に架ける橋」。ベトナム戦争当時、反戦運動の中で歌われた。そして、2001年同時多発テロの時、この曲を放送でかけることが自粛された。発表当初から世界の人々を魅了し、激動の時代を牽引したこの曲。「明日に架ける橋」が時代と共に歩みながら時代…

  • 「鬼はーーーそと!!」

    今週のお題「鬼」時節柄、「豆まき」に因んでの「鬼」でしょうか(*´з`)ということで、「豆まき」の想い出。 👹 節分の夜の豆まき。 生まれ育った実家でのそれは いつも父の「やるぞ!」で始まった。夕食後、やおら立ち上がり窓を開け放つ父。 左手には豆が入った升。「鬼はーーーそと!!」右手で豆を鷲掴みし大声と共に外に向けて、まく、まく、まく……………。毎年、決まった流れでわかっていても 常軌を逸したかのような突然の大声にいつもドキッとさせられた。 まるで野生の雄叫びが如く。 住宅街の真ん中で大声なんて 令和の今なら近所迷惑と言われるかもしれなかったけど 時は昭和。 我が家だけでなく近所の家々からも「…

  • 「手帳」に残る思い

    今週のお題「手帳」 最近は同年代(アラ還世代)でもスマホでスケジュール管理する人がいます。 打合せをしながら予定をサクサクと打ち込む様子に ちょっと驚きながら感心しきりの私は、今もアナログ派。 学生時代や結婚前の会社員時代にも手帳を使っていましたが 結婚と同時にあっさり処分。 今、手元に結婚してからの手帳が残っています。 意識的に残そうとしたわけではないけど とりあえず収納ケースに入れ、押し入れの奥に。 今回のお題を見て引っ張り出してみたら、30冊ありました。 第1冊目は、初めての子どもを妊娠した時にワクワクした思いで購入した手帳。 転勤で移り住んだ慣れない土地。 身内や友だちもいない環境で …

  • 夫に「手伝うこと、ある?」と言われカチンときたこと、ありますか?

    新しく始まったテレビドラマ『ミステリと言う勿れ』菅田将暉さん主演に惹かれて初回を観た。 菅田さん演じる主人公・久能整(くのう・ととのう) 淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく新感覚ミステリー社会で「当たり前のこと」として流されていることに常に疑問を持ち とことん考え抜く性格で、膨大な知識と独自の価値観による持論を鮮やかに展開見どころは整の言葉の数々 当人は言いたいことを言っているだけで それは単なる屁理屈のようにも聞こえるが 既成概念に縛られて苦しんでいる人にとっては勇気を与えてくれる救いの言葉となると、番組の公式サイトより。 主人公の名前の久能整。 なるほど。 久…

  • 「告白」湊かなえさん~“イヤミスの女王”

    昨年末だったか、とあるテレビ番組に小説家湊かなえさんが出演されていました。ミステリー作家 その作品の数々は多くの賞を受賞、或いはノミネートされ ミステリー界屈指のヒットメーカー 映画やドラマなどで映像化される作品も多いというようなことは既に皆さんご存知でしょうか(;^ω^)インタビューでは最新刊「残照の頂 続・山女日記」を取り上げていました。 ベストセラーとなった「山女日記」の続編で NHKで放送された『山女日記3』の原作とのこと。 確か工藤夕貴さんが主演されていたかと。 「残照の頂 続・山女日記」について少し紹介すると ここは、再生の場所。 「通過したつらい日々は、つらかったと認めればいい。…

  • 「わたしの推し」は拓郎さん

    特別お題「わたしの推し」プロフィールにあるように吉田拓郎さんのファン。 大好きである。実は「わたしの推し」という言い様には違和感がある。 彼はもはや、誰かに推されるとか、みんなで推そうとか、まして自分ごときが推すとか そういったステージにはいない気がするが まあこの際、「わたしの推し」は拓郎さん、と言ってみる。…………… 高校生の頃からなので45年?46年?47年?? いやはや半世紀近くにもなろうとしている。 レコードを毎日のように聴き 彼がパーソナリティの深夜ラジオを毎週聴き コンサートにも行った若かりし頃。 結婚し育児に奮闘していた頃は 彼の音楽やラジオ番組をゆっくり聴く余裕が無かった。 …

  • 新年早々、寝込む…(~_~;)

    新しい年の幕開け。さて今年はどんな一年になるかしら……と 多少なりともココロオドルわけですが 片や、再びじわじわと広がりつつある新型コロナウイルス。 オミクロン株とやらの動向にも注視せねばなりません。正しく怖がり、感染対策をしっかりと行う。 この一年も心に留めていきたいと思います。 とか何とか言いながら、新年早々、体調を崩しました…(~_~;) 昨日からぼちぼちと体を動かし、今日はようやく日常に戻りました。 思い返すと40代。家事、子どもの事、仕事、趣味にフル活動していた頃。 何故か年末年始になると具合が悪くなり寝込んだものです。 そして仕事が始まる前日には元気になるという。 こんな自分でも、…

  • 今年最後のおっちょこちょい?

    居住する市が発行する期間限定のプレミアム付商品券に応募することにした。10,000円で13,000円分のお買い物が出来る。コロナ禍により低迷する地域の消費喚起を促し、 消費者の購買意欲を拡大させ、 地域経済と商店街等の活性化を図るため、だそう。紙商品券と電子商品券があり とりあえず、募集の冊子に付いていた専用ハガキで応募することに。 応募多数の場合は抽選となる。 さて、 専用応募ハガキに記入し、明日出かけたついでに投函しようと目につく場所に置いた。この、目につく場所というのが非常に大事。 出かける際のおのれの動きを想定し、その動線上に置かねばならない。 でないと忘れる。出かける時の必需品を入れ…

  • 野に育つ花ならば~「大空と大地の中で」松山千春

    昨夜、NHKBSで『伝説のコンサート“松山千春”リマスター版』を観た。今年の3月に放送されたものの再放送らしい。 1998年横浜アリーナと1999年恵比寿ガーデンホールでのコンサートで構成されている。 今から20年以上前の、つまり40代前半の彼は 御髪は既に今の“松山千春”であるが シャープな顎の線やくるくると表情を変える瞳は アイドル並みに人気絶頂だった頃の面影を残しているように思えた。 彼のトレードマークとでも言うべき艶やかで伸びのある歌声も若々しい。 そう言えばと思い出した。 今年の5月、彼のコンサートに行くはずだった。 しかし、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発令により中止…

  • 『カムカムエヴリバディ』怒涛の展開に釈然としない思い

    NHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』開始から2ヶ月が経ち、安子から娘るいの物語へ。 もともと、ストーリー展開が速かった。和菓子屋の家に生まれた安子が成長し、恋をし、結婚。 愛する夫を戦地に送り、娘るいを出産。 空襲で家族を失い、夫も戦死する。 大きな悲しみの中、るいと共に新しい場所で生きて行くことを決意。 るいと二人の暮らしは貧しいながらも安子には幸せだったが 不慮の事故で怪我をしたるいを抱え、安子は婚家に戻るしかなかった。 しかし義理の弟勇の求婚。 家を出るならるいを置いていくようにという義父の言葉。 復員した兄算太が安子との開店資金を持って失踪。 大阪で算太を探し回り、過労で倒れた安子を助…

  • 年の瀬は忙しい。運転免許更新に行って

    仕事もせず、親の介護も終わり、子育てなんてのはとうの昔に手が離れた自分でも 年の瀬は毎年何かと忙しい。 今年の師走は、特に体のメンテナンスに費やす時間が多かったなぁ。 市の健診及びがん検診、その結果を聞く為の通院と新たな検査が毎週のようにあった。 あと一つの結果を残し、今のところ異常無し。 車の点検もいつもこの時期。 誕生月(12月)の15パーセント引きでカット&カラーも毎年のこと。 コロナ禍で今までの様に忘年会は出来ないが、友人二人と2年ぶりのランチ会をした。 独身の娘二人とのクリスマス会&麻雀大会。 500円引きチケットの期限が迫った為、夫とカラオケ2回。 年末の混雑を避けるべく早めの銀行…

  • 主語が無いとか、話が飛ぶとか、人の話を聞かないとか

    ウチの夫の話には主語が無い。ことが多い。 加えて、自分の方から話題を振っておいて それに返答する相手の言葉は聞いていない。ことが多い。 そして自分の気ままに話を変える。 普通の会話のあり方を想定して向き合う私は置いてきぼりになる。 先日の朝もそうだった。この時期、窓の結露を朝一番に拭いてくれるのは夫で、それはとても有難い。 北側の窓を拭きながら「今朝はいつもより結露無いなあ」と夫が言う。 「あら、そう。けっこう冷え込んだ気がするけどねぇ」と朝食の準備をしながら私。 「どうしてだろう?」と言いながら西側の窓に移り結露を拭く夫。 どうしてだろう?と訊かれたから、自分の中でまあまあ真面目に考えを巡ら…

  • 今や逆転⁉お世話になっています(;´Д`)

    次女の子ども達へのクリスマスプレゼントを買う為に出かけた時のこと。 プレゼントの内容は次女からリクエストがあり、それを探すだけ。 選ぶ楽しみがないじゃないと言われたりもしますが 孫たちの今本当に欲しい物をプレゼント出来るので、ばあばとしては有難いのです。 その日は少し早めのXmasパーティーをするつもりで長女と三女が一緒でした。 次男孫へのプレゼントはすぐ見つかったのですが、長男孫のが見当たらない。 前日、次女からはその店で撮った写真を添付して「これで」と連絡があったので 無いはずないと店員さんに尋ねると「朝一番で最後の一つが売れちゃいました」。 別の店舗の在庫も調べてくれたのですが、申し訳な…

  • 少し早めのXmasパーティー、お楽しみは…^m^

    昨日は昼間から、独り身の長女と三女と少し早いクリスマスパーティー このケーキ、イオンの売り場でいつもつい目で追いながら 食べてみたいなぁと思っていたんですよね。 ちょっとお高い。 でも昨日は思い切って買いました。 こういう事がないといつまでたっても買わないから、とか何とか言いながら。 上に載っているフルーツもタルトも期待通り美味しかったです。 同じイオンの無印良品でそれぞれが食べたいレトルトカレーも買い 長女がナンを焼いてくれると言うので、カレーとナンでランチ。 無印のレトルトカレーは美味しいと聞いていて なるほど評判通り美味しかった。 いつも安いレトルトカレーを食べている身には 一つ350円…

  • 2年ぶり?に友人と会う/目の下のタルミ、気にならへん?

    コロナ禍で会うのを控えていた友人と久しぶりに会いました。 少しばかり年上の先輩二人。 タメ口も許してくれる懐の大きい人たちです。(本当はイラついてるかも^^;) コロナは未だ終息しているとは言えず、ここに来てオミクロン株も出現。 コロナ以前は夕方から居酒屋が私たちのパターンでしたが 今回は短時間で軽くデパートランチにしました。 もちろんマスク会食。感染症対策も怠らずで。(何気に言い訳がましい?^^;) 今、テレビで「コロナ禍のモヤモヤ」ということで、コロナ禍の行動に関してそれぞれの立場からの考えが紹介されていました。未だに厳しい行動制限を課しておられる医療従事者の方の言葉もあり、責められるよう…

  • 「ばあば」でお願いしたい(*´ω`*)

    今日は乳がん検診と愛車の半年点検がありました。 一日に複数の用事が重なると 何だかちょっと大変に思えてしまうのは歳を取ったせいかしらん? (半年点検と言ったって当然自分が点検するわけじゃなく、ただ持ち込むだけ^^;) 若い頃はあれやこれやあっても特別大変とも思わずこなしていたのにな。 いや、同年代であっても一日に幾つもの用事をサクサクとこなしていらっしゃる方、ブログなどでも拝見するから 自分が怠け者のせいか……(;^ω^) 車の点検の間、時間潰しに入った店で、同年代と思われる女性二人の話し声。 (と書きながら、少し前までは感染が恐くて時間潰しにお店になど入らなかったなあと) 孫が自分のことを「…

  • 「What a Wonderful World」この素晴らしき世界♪

    前記事に引き続きの、朝ドラ『カムカムエヴリバディ』。ヒロイン安子は夫の稔亡き後、娘るいと引き離されそうになり婚家を出ます。 大阪へ向かう汽車の窓に朝陽が当たる中、稔との思い出の歌を口ずさむ安子。 ルイ・アームストロング 「On the Sunny Side of the Street」稔が「ひなたの道を」と訳したその歌が安子を励まします。 コートをつかんで、帽子を取って 心配事は玄関に置いて、ひなたの道へと歩き出そう 安子の娘の名が“るい”、その娘(安子の孫)の名は“ひなた”だそうですから 物語の中でこの歌が大きな意味を持っているのは間違いないのでしょう。 …………… 少し話は逸れますが、 恥…

  • 「待っちょったんじゃ」~甲本雅裕さん『カムカムエヴリバディ』

    NHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』 今週はあまりにも悲痛なシーンの連続に何度もテレビの前で泣きました。 ヒロイン安子の大切な人たちが次々と亡くなってしまう……。 戦争が無ければそんな理不尽な悲しみを味わうこともなかったはず。 分かっていたはずの戦争の罪深さを、改めて突き付けられました。 安子の父、金太役の甲本雅裕さんが本当に素晴らしかった。 妻と母を自分のせいで死なせてしまったと慟哭する金太。 金太の悲しみが突き刺さり涙が止まらなかった。 最後、夢の中?と思わせるような息子算太とのシーンも 親が子を想う愛しさと温もりと泣きたいような切なさが甲本さんの台詞や瞳から溢れて やっぱり泣けて仕方あり…

  • 「じぶんが大事にされるために」やってること?

    唐突ですが、 “他人(ひと)の話を取る”人っていませんか?(;´Д`) 実は学生時代からの知人にそういった人がいます。皆で集まった時、顔見知りという気安さからかもしれませんが 他のメンバーが話し出した話題にすかさず 「そうそう!私も○○だよ~」と自分の話にすり替えて話し始めるのです。 そして「△△でね、※※なの。それでね……………」と延々と続けるので 最初に話し出した人は結局あまり話せないまま尻切れトンボで終わる。 毎度のことなので、一度思い切って 「待って。彼女の話を先ず聞こうよ」と言ったことがあります。 他人の話を取ってばかりのその人は一瞬ポカンとして「あ、うん」。 悪気は無いのでしょうね…

  • 信州諏訪への旅②~原田泰治美術館、諏訪湖を眺む

    信州諏訪への旅、その②です( ̄▽ ̄) 若い頃から大好きな信州。 夫や友人たちと何度も訪れてきましたが 実は、諏訪地方をじっくり旅するのは初めて。諏訪大社四社巡りは夫の希望。 今回夫は初めて御朱印帳を購入し、四社の御朱印を頂戴し大満足でした。 私ももちろん諏訪大社には興味はありましたが この旅で是非行ってみたかったのが原田泰治美術館。40年近く前でしょうか。 朝日新聞日曜版に毎週掲載されていた原田さんの絵に心癒されたものです。 諏訪湖畔に建っています 観覧料 おとな 個人840円 団体(20人以上)730円 中・高校生 個人410円 団体300円 小学生 個人200円 団体100円 身障者 個人…

  • 信州諏訪への旅①~諏訪大社四社巡り・御柱祭を学ぶ

    先日、愛知県の両親のお墓に1年2ヶ月ぶりにお参りがてら 足を延ばし長野県諏訪地方へ出かけて来ました。主たる目的は諏訪大社と諏訪湖、そして温泉です( ̄▽ ̄) さて、 少々長くなりますが、先ずは説明させてください( ̄▽ ̄;) 諏訪大社は、長野県の諏訪湖周辺に4箇所(上社本宮、上社前宮、下社秋宮、下社春宮)の境内地を持つ神社です。 全国各地にある諏訪神社総本社であり、国内にある最も古い神社の一つとされています。 そして、諏訪大社と言えば御柱祭(おんばしらさい) 諏訪大社では、七年に一度の寅と申の年に宝殿を造営し、社殿の四隅にあるモミの大木を建て替える祭りを行います。 この祭りを「式年造営御柱大祭」、…

  • 「秋の歌」二つ

    今週のお題「秋の歌」「自分にとって秋の歌は?」と考えた時 忘れっぽくなっているせいもありすぐには浮かばなくて 歳だなあと我ながらちょっとガッカリそれでも、うーーん( ̄、 ̄)と考えて そうそう!と出てきた答え 「秋の気配」1977年8月にリリースされたオフコースのシングル オフコースの音楽を知ったのはそれより前の高校生の時 メンバーは小田和正さんと鈴木康博さんの二人で ラジオから聴こえてきた「眠れぬ夜」だった 拓郎や陽水やかぐや姫とは違う都会的な空気感を漂わせる旋律に引き込まれ 小田さんの透明感ある歌声と鈴木さんとの洗練されたハーモニーに心を奪われた あれがあなたの好きな場所 港が見下ろせるこだ…

  • 「当選のご案内」が届いて

    所有するクレジットカードの会社から 「当選のご案内」と金文字で表書きされた封書が届いたのが先月中頃だったか。 その日、ヨガ教室から帰宅すると 夫が少々浮かれた声で「おかーさんになんか当たったみたいよ」と指差しながら言う。「え?」とその先を見ると、ミッキーとミニーちゃんとシンデレラ城が描かれた封書。 「なになに??」と既に心躍らせながら中を確認すると 当選のご案内 いつも○○○カードをご愛用いただきありがとうございます。 このたび、厳正なる抽選の結果、「○○○マジカル2021クリスマス時期の東京ディズニーランド夢の完全貸切キャンペーン」の「貸切2名コース(2等)」のお客様が当選されました。 おめ…

  • 「胃カメラ」再チャレンジ!

    一年に一度の市のがん検診と健康診査を受けました。 夫が現役だった時は、会社の福利厚生で配偶者も人間ドックが無料で受けられました。 子宮がん検診などはオプションだったものの、その料金のみで人間ドックを毎年受けることが出来て有難かった。 夫が定年退職し、国民健康保険の加入者になってからは市のがん検診と健康診査を受けています。 もちろんそれ相応のお金を払えば今まで通り人間ドックが受けられますが、何しろお高い。 年金暮らしには痛い出費です。 その点、在住する市のがん検診はお安い。 胃がん検診(40歳以上)……1,000円(X線検査または内視鏡検査) 肺がん・結核検診(40歳以上)……600円(X線検査…

  • 成田山にお参り、そして鰻

    秋晴れの日、成田山新勝寺へお参りに出かけて来ました。 成田山は両親がまだ埼玉県に住んでいた頃 何度も一緒に行った思い出深い場所です。 私が結婚する前、両親が大阪に転勤で引越してからは一度も行っていないので 少なくとも40年ぶりです。結婚し今の住まいになってから一度、車で成田山に行こうとしたのですが 休日だった為か、成田山までの道が大渋滞。 辛抱できない夫が三分の一ほどの行程を残し 「今日は止めよう!」と引き返したのでした。それ以来の再チャレンジ(笑) 休日は避け平日に。 しかも、通勤や仕事の車が多い時間帯は避けようということで朝の5時出発。 さいたま市から成田山まで、90㎞ほどの道のりを2時間…

  • 細々とやっていきます(*´ω`*)

    2年ほど前、ヤフーブログが終了となり あちこち彷徨いながらはてなブログに落ち着いてからは 怠け者の自分にしてはマメに更新してきました。 初めて日本ブログ村にも入村し、更に拍車がかかったかな^m^ と言っても、毎日更新されている方々に比べたらポツポツといったレベル。 週3~4回といったところ。 それでもヤフーの頃は週1~2回更新すれば多い方で、月1~2回の時もあったので それに比べればずいぶん熱心に書いてきたなあと。 ちょうど親の生活支援や介護の負担が軽くなり 自分の心身に余裕が出てきたからかもしれません。 はてなブログやブログ村の皆さまの記事を拝読するのは楽しく それに触発され、自分も書きたい…

  • 目玉焼き食べる時、何かける?

    世の中は衆院選で盛り上がった(?)週末。 政治や社会問題について各政党・各候補者は語り それを聴く私たちも考えなければいけないことはいくらでもあるわけですが。 「目玉焼き食べる時、何かける?」 テレビで見かけたテーマにクイッと興味が引っ張られました。 こういうの、好きなんですよねぇ。 家族や友人とそれぞれの嗜好について述べあう。 自分の思いを語り、相手の思いを聴く。 ある意味、どうでもいいことで真剣に語り合うことの楽しさ♪ 「目玉焼き食べる時、何かける?」って おそらく多くの人が話題にしたことあるのでは? 番組では、とんかつソース、塩、醤油の意見が出ていました。 それで、 (途中から観たので正…

  • 「好きな邦画の定番10選」

    またまた、はてなブログ10周年特別お題「好きな◯◯10選」 (スイマセン^^;こういうの楽しくて♪) 映画鑑賞が趣味。前回、「好きな洋画の定番10選」をしたので今回は「好きな邦画の定番10選」(*´ω`*)洋画10選の時同様、いろいろ考えだすとあれもこれもと絞り切れないので とりあえず、自分にとって好きな邦画と言えば、で パッと浮かんだものを並べてみます。(公開年順に整理しました) ①『東京物語』(1953年) 名匠・小津安二郎の代表作で、東京で暮らす子どもたちを訪ねた老夫婦の姿を通し、戦後日本における家族関係の変化を描いた不朽の名作。 ローポジションやカメラの固定といった“小津調”と形容され…

  • 「好きなスピッツの曲10選」と「カラオケで歌う中島みゆきさんの曲11選」

    昨夜、とあるテレビ番組で目にした 「プロが選ぶスピッツ最強ベスト10曲」 1位、ロビンソン(1995) 2位、チェリー(1996) 3位、楓(1998) 4位、君が思い出になる前に(1993) 5位、渚(1996) 6位、空も飛べるはず(1994) 7位、春の歌(2005) 8位、青い車(1994) 9位、ハチミツ(1995) 10位、スターゲイザー(2004) うんうん、なるほど。 でしょうねえ、というような楽曲が選ばれていた。そこでハッと気づく。はてなブログ10周年記念のお題「好きな○○10選」、いけるんじゃない? 「好きなスピッツの曲10選」( ̄︶ ̄)↗ 好きな曲がたくさんで、正直、10…

  • 期日前投票やってみた

    先日、衆議院選挙の期日前投票をしてきました。 初めての体験です。 いい歳して大きな声で堂々と言うことではないですが 国会、県議会、市議会などの議員選挙 これまで、「あれ⁉今日投票行かなかったーー💦」ことの多い私でした。 うっかりと言うか、ついと言うか 投票締め切りの午後8時近くに気づいて、もういいかあ……となる。 投票しないことに大した意図は無いのです(;^ω^) まあ、有ると言えば有る。 誰に入れたら社会が少しでも良くなるのか全くわからない なので投票することに積極的な気持ちにならない というのはありますが それでも選挙権という権利をどぶに捨てるのは褒められたことじゃない ということも思って…

  • 義母のこと

    義母は今年で88歳になる。 若い頃の写真を見るとほっそりとスマートだが 夫と結婚前に挨拶に行った時には 既にふくよかな義母だった。モリモリ食べガシガシ動く様は生命力の旺盛さを物語り 体調が悪いことなど無いように見えたが 家系的に腎臓が弱いことは義母本人から度々聞かされた。 義母70歳の時に義父が亡くなった。 夫に尽くした義母だったので、一人になりしばらくは寂しかったと思うが 逆に言えば、常に気遣い、重しとなっていた存在が失われ やがて義母は気軽になり身軽になったのかもしれない。好きな物を好きなだけ食べる。 欲しい物を次々と買う。 誰に文句を言われることもない。 義母にすれば生まれて初めての自由…

  • 「10年で変わったこと、変わらなかったこと」

    さて、もう一つ はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと」 10年で変わったこと ・実の両親が故郷の島を出て兄の近くに移住。3年前に母が、昨年に父が亡くなる ・義母が家の中で転倒し骨折。手術とリハビリを繰り返し、9ヶ月間の入院生活を経て車椅子で退院。在宅介護の後、施設入所、で今に至る ・三女が就職し家を出ると同時に、夫婦二人の暮らしになる ・二女が結婚。義理の息子と三人の孫ができる ・夫、60歳ですっぱりリタイア。ただ今、夫婦共にプータロー ・20年近く続けたバドミントンから足を洗い、ヨガを始める。今も継続中 ・体力、筋力、視力(老眼)、記憶力等々の衰え こうして…

  • 「好きな洋画の定番10選」

    はてなブログ10周年特別お題「好きな◯◯10選」 映画鑑賞が趣味の一つです。 なので、「好きな映画10選」。 それを考えることはとても楽しいことですが 考えれば考えるほど次から次へと候補が浮かび ネットなどでちょっと調べてみたりなんかすると そうそう、あれも良かったと 忘れていたものまで思い出し、絞り切れません。 ならば、先ずは洋画に絞り、とりあえずどんな時でもパッと浮かぶ 「好きな洋画の定番10選」にします。何度観てもストーリーや結末がわかっていても飽きるということがなく 毎回同じ幸せや感動を味わうことが出来る 微かなマンネリ感ですら発酵し幸福感に昇華しているかのような 自分の映画好きの原点…

  • 産毛の処理とクサギカメムシ/「はてなブロガーに10の質問」

    このところ新型コロナの感染者数が減少していて あまりにも急速になので「?」と思わなくもないけど やっぱりワクチンの効果、なのかな? コロナ禍で自粛生活が長引き 家に籠ることが多くなりました。 当然スッピン。 たまの外出時もマスクをつけるので 目の周りのコンシーラー(シミ隠し)に軽くファンデーションで済ませています。 唯一、眉毛だけはきちんと描きます。 でなければ人の顔として認識されないので(;´Д`) そんなわけで化粧をする回数が減り おのれの顔をまじまじと見ることが少なくなりましたが 今朝も眉毛だけはきちんと描こうと。と、眉毛の下、瞼にちょろちょろと毛が生えている。 どうせなら薄くなった眉毛…

  • 映画『鉄道員(ぽっぽや)』健さんがカッコ良すぎる~~

    NHKプレミアムで『鉄道員(ぽっぽや)』を観た。 2回目である。(1回目は今年の1月だからリピート率高い⁉)前回観た時、泣けて仕方なかった。 胸が痛くなる悲しみや切なさを味わうだろうことが辛くて観ることが躊躇われたが 結局、観て やっぱり今回も泣けて泣けて仕方なかった。 『鉄道員(ぽっぽや)』(1999年公開)高倉健さんが主演となれば話題にもなり 当時、多くの人がご覧になったことだろう。(あらすじを少々……) 廃線間近となった北海道のローカル線・幌舞線の終着駅で駅長を務める佐藤乙松。 今年で定年を迎える彼は、不器用なほどまっすぐに鉄道員(ぽっぽや)一筋だった自身の人生を振り返る。 幼い一人娘を…

  • お仕置きするからね!

    今日の11日は祝日だと思っていた。 昨日、次女宅で「明日は祝日じゃないよ。平日だよ」と教えてもらい えっ、そうなの⁉と夫共々驚いた次第。東京オリンピック開催に伴い今年は祝日が移動したんだった。 完全年金生活者の私たち夫婦。 職に就かず、毎日が休日なので 平日と休祝日との区別をあまり考えない。 呑気にいられて有難いと言えば有難い。それでも、 休みを楽しみに平日を一生懸命働いた日々も 振り返ればそれもまた有難いことだったなと思ったりもする。…………… 昨日、次女宅へ行ったのは次男孫の誕生日会に招待されたからだった。3歳になった。 「何歳になったの?」と尋ねられ「4歳!」と大きな声で答えていたけど(…

  • 昨夜の地震/カラオケとヨガと秋の雲

    昨夜、突然の警報音と、ほとんど同時の揺れ 椅子に座ったまま揺れの度合いを確かめる けっこう大きいけど机の下に隠れるほどではなさそう ゆらゆらと揺れる中、まず窓を開け避難路確保 そのままテレビの所に行き、倒れないよう押さえる (東北大震災でテレビが危うく倒れそうになってから、地震が起こるとついテレビを守る行動を優先している^^;) 眠っていた夫が慌ててリビングに 次第に揺れが収まり、何事もなく終わった それでも埼玉県南部は震度5強というので驚いた そうかあ、やっぱりけっこう大きかったんだ ちなみに我が家の辺りは震度4だった 東北大震災の時は震度5弱だったので、それよりは揺れが小さいのか そう言え…

  • きれいごときれいごとって、うるさいんじゃい!

    昨日のNHK朝ドラ「どうして気象予報士になろうと思ったんですか?」と中学3年生の少女に訊かれたモネちゃん。 少しためらいながら 「うーん、誰かの役の立ちたいと思ったから……」それを聞いて微妙な表情をする彼女に 「面白くない答えだったかな」と苦笑いのモネちゃんですが「面白くないっていうか、なんかきれいごとっぽい」と言われてしまいます。少し前に幼なじみのりょーちんにも同じような状況で 「きれいごとにしか聞こえないわ」と言われたんですよね。 「きれいごとだと思われても仕方ない」とモネちゃん、返すのだけど。そんなことを思い出しながら 「あなたの言ってることは正しいんだと思います」と少女に言うモネちゃん…

  • 映画『MINAMATAーミナマター』

    映画『MINAMATAーミナマター』を観た。 www.youtube.com ジョニー・デップが、全世界に関わるある重大なメッセージをハリウッドから発信する。 伝説の写真家ユージン・スミスと当時の妻が、1975年に発表した写真集「MINAMATA」の映画化だ。 ユージン・スミスは、今尚注目される史上最も偉大なフォトジャーナリストの一人、そんな彼が日本の公害病“水俣病”を取材した写真集である。 ジョニーは今もまだ続く水俣の危機に当てたスポットライトで、各国で同じ環境被害に苦しむ多くの人々をも照らし出そうと、主演し自らプロデューサーにも名乗り出た。 共演は英国の名優ビル・ナイに、日本からは真田広之…

  • クジャクは飛べる?

    テレビのクイズ番組次の鳥のうち、飛べる鳥はどれ?フラミンゴ、ダチョウ、クジャク、カルガモ、シチメンチョウ、キーウィ おわかりになりますか?(*^▽^*) 答えはフラミンゴ、クジャク、カルガモ、シチメンチョウダチョウとキーウィは飛べません。 シチメンチョウが飛べるかどうか、ちょっと迷いました。 危険を感じた時など短距離であれば飛べるそうです。クジャクが飛べるかどうかは自信を持って答えられました。 何度か見ましたので。 クジャクは飛べるんです。 ……………今は亡き両親の故郷、小豆島にはクジャクを主とした鳥類園がありました。 正式名称は「小豆島大孔雀園」子どもの頃、島の祖母の家に帰省した折に一度か二…

ブログリーダー」を活用して、こまくささんをフォローしませんか?

ハンドル名
こまくささん
ブログタイトル
すっとんきょうでゴメンナサイ~風の吹くまま気の向くまま
フォロー
すっとんきょうでゴメンナサイ~風の吹くまま気の向くまま

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー