ときめ句ノスタルジッ句昭和親父の温故知新
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ランプ爺さん
ブログタイトル
ときめ句ノスタルジッ句昭和親父の温故知新
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/siroikokoro
ブログ紹介文
俳句を毎日いくつか詠んでいます。昭和の匂いをぷんぷんさせた越中ふんどし親父です。
自由文
-
更新頻度(1年)

272回 / 217日(平均8.8回/週)

ブログ村参加:2019/03/04

ランプ爺さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(IN) 4,435位 4,209位 4,111位 4,342位 4,405位 4,637位 4,432位 974,876サイト
INポイント 60 70 80 90 100 50 60 510/週
OUTポイント 130 180 180 200 170 180 190 1,230/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
シニア日記ブログ 216位 209位 211位 217位 226位 228位 228位 3,431サイト
男性シニア 7位 7位 7位 7位 7位 7位 7位 203サイト
ポエムブログ 12位 10位 10位 11位 12位 14位 12位 5,896サイト
俳句 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 304サイト
写真俳句 6位 6位 5位 6位 6位 6位 6位 102サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 8,886位 8,790位 9,125位 9,092位 9,335位 9,785位 10,137位 974,876サイト
INポイント 60 70 80 90 100 50 60 510/週
OUTポイント 130 180 180 200 170 180 190 1,230/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
シニア日記ブログ 312位 312位 310位 304位 305位 314位 325位 3,431サイト
男性シニア 8位 9位 9位 9位 8位 8位 8位 203サイト
ポエムブログ 4位 4位 4位 4位 6位 6位 6位 5,896サイト
俳句 2位 2位 3位 3位 3位 4位 4位 304サイト
写真俳句 7位 6位 6位 9位 9位 9位 9位 102サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,876サイト
INポイント 60 70 80 90 100 50 60 510/週
OUTポイント 130 180 180 200 170 180 190 1,230/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,431サイト
男性シニア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 203サイト
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,896サイト
俳句 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 304サイト
写真俳句 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 102サイト

ランプ爺さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ランプ爺さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ランプ爺さん
ブログタイトル
ときめ句ノスタルジッ句昭和親父の温故知新
更新頻度
272回 / 217日(平均8.8回/週)
読者になる
ときめ句ノスタルジッ句昭和親父の温故知新
  • 竹の春

    春の「竹の秋」に対して、秋の「竹の春」。竹は秋に葉を茂らせます。こういうことも俳句を始めるまでは気がつきませんでした。ただボーッと見てただけです。竹の春は、ものみなこれから枯れ行く中で活き活きと、そこだけ陽だまりのような、見てるとほっこりさせてくれます。いろんな思いが膨らみます。色はない茶飲み友だち竹の春腰のばす翁うーんと竹の春竹取の翁のにほひ竹の春やはらかく日をそよがせる竹の春訪ねゆく母のふるさと竹の春竹の春

  • 野良猫の小さき陽だまり秋深し

    晩秋の匂ひするやうな野良猫晩秋や野良猫まるく路の端この猫は、いつもこの場所にいました。ここは車は通らないけど駅が近くにあって、歩行者と自転車の通りが絶えません。心の良い人ばかりとは限りません。猫の嫌いな人もいます。それで見かける度に心配でした。カリカリを持って来てくれるお姉さんやおばさんを見かけましたが、今この場所にはもう見かけません。何故こんなとこにずっといたのでしょうか。ここらに捨てられたからでしょうか。それでずっとこの場所にいたのでしょうか。野良猫の小さき陽だまり秋深し

  • もみぢ葉や園児の帽子もみぢ色

    まっかっか紅葉見上ぐる猿の尻芳しき参道の揚げ紅葉かな参りつつパリパリ食ぶる紅葉かな空白の紅葉の隙の紅葉かな文庫本もみぢ一葉や恋の章晩年に火のごと燃ゆるこい紅葉もみぢ葉や園児の帽子もみぢ色

  • かまきりの哀愁のある背中かな

    睨まれし大きな腹の蟷螂におんぶかまきりの背にのせたる結末雌を背に獲物貪る大蟷螂かまきりの傾ぐ三角頭かなかまきりの逆さに見てる世界かなかまきりのチェリスト気取り葉をいだく飛んで来てかまきり歩く畳かなかまきりの尻にはみ出た薄茶翅這のぼる子のかまきりの速さかな葉の裏に隠るる速さ子かまきりかまきりは本当は良いやつなんだかまきりに眼鏡をかけてあげたならかまきりとハイタッチして別れけりかまきりの哀愁のある背中かな

  • 栃の実や老いてあくの抜けたる顔

    殻割って栃の実太郎出て来たる栃の実はあんぽんたんじゃねえっぺよ栃の実の殻の厚さや親心栃の実や老いてあくの抜けたる顔

  • 透けし日の放射状なる秋ダリア

    恋秘めた老いの耀き秋ダリア思い立ったが吉日の秋ダリア秋ダリア歯に衣着せずぽんぽんと秋ダリア迷い込みたる万華鏡昨日は台風の影響で、朝目が覚めたらもうどしゃ降りでした。風はたいして吹かなかったけど雨量はかなりのものだったでしょう。一日籠ってCDを聴いていました。久し振りに股旅ものを。「合羽からげてェ~三度笠ァ~どこを塒ァァァァァァの~渡り鳥ィ~」三波春夫の「雪の渡り鳥」「大利根月夜」から始まり、「旅笠道中」「赤城の子守唄」「旅姿三人男」「勘太郎月夜唄」「忠太郎月夜」「鴛鴦道中」「名月赤城山」「次男坊鴉」「一本刀土俵入り」「お島千太郎旅唄」「浅間の鴉」「赤城しぐれ」「旅鴉」以上16曲入りのCDを繰り返し聴きました。コーヒーの淹れ方がいつもと違うリズムになっていたと思います。肩に布巾からげて粋に湯を注ぎましたから。透けし日の放射状なる秋ダリア

  • 落語一席するやうな秋なすび

    秋茄子や尻を下ろす藁座布団それぞれに身の上ばなし秋なすび秋茄子のひそひそ話聴く畑ぶら下がり生る秋茄子の孤独かな傷の痕これも味はひ秋茄子掴みたる老いのよろけて秋茄子落語一席するやうな秋なすび

  • 住職の和菓子買ひたる菊日和

    杉玉が香り吸ふごと菊日和街道の風の挨拶菊日和縁側で惚けたる母の菊日和菊日和すべすべと伸ぶ老いの肌逞しき老いのパワーや菊日和住職の和菓子買ひたる菊日和

  • 行進も楽し園児の運動会

    運動会や園児の手描き万国旗紅白の空に玉舞ふ運動会玉入れの籠は変はりし運動会先生の園児子守す運動会先生と園児と共の運動会運動会の記憶は、高学年の頃よりも幼い頃の方が記憶に残っています。数少ない母の記憶もあります。それは「宝さがし」と言う競技でした。幼稚園だったか一年生だったかははっきり思い出せないのですが。まず、子供たちが先生の後に付いて、小走りにぐるぐると輪を書くように走ります。数回まわったところで先生が笛を吹きます。そこでぼくらはバラバラになり顔をうつむくようにして、両手で隠してしゃがむのです。そこで「用意、ドン」のピストルが鳴ります。白線に足をかけて我が子を目で追ってた父兄が走って行って、我が子を探すのです。子供たちはじっとしています。親たちは覗き込んで我が子を見つけます。よその子の手をとって走り出すおっち...行進も楽し園児の運動会

  • スパートのびり争ひや運動会

    声援の轟くごとく運動会運動会をみなご凛々し組体操運動会息を一つに組体操澄み切った青空似合ふ運動会万国旗ピーンと張って運動会スパートのびり争ひや運動会

  • 秋日和のらねこ寝てるからそっと

    のら猫の寝てゐる背なや秋日和近寄るなのらねこ寝てる秋日和のら猫の気に入り場所や秋日和この猫は、この公園で時々見かけて、もう数年目です。飼い猫みたいに穏やかな顔をしています。秋の日差しに気持良さそうです。ズームで撮らせてもらいました。秋日和のらねこ寝てるからそっと

  • 芋嵐ベートーヴェンの第5番

    葉は破れ茎は折れたる芋嵐芋嵐過ぎて戦の跡のごとぼろぼろの破れ傘あり芋嵐わが恋も破れ破れた芋嵐ベートーヴェンの「運命」や芋嵐芋嵐ベートーヴェンの第5番

  • 秋の白薔薇

    幼な日の白色や秋の白薔薇戻らぬ日の懐かし秋の白薔薇老い二人睦まじく秋の白薔薇老いの独り暮しや秋の白薔薇秋の白薔薇

  • 上向いて立って熟る山法師の実

    手に摘んだ木の実を君に届けたい君想い丁寧に摘む木の実かな木の実熟れても恋は熟れず落ちゆく上向いて立って熟る山法師の実

  • おしろいやおてんばの下駄つっかけて

    おしろいやおかっぱのさっちゃんが来るおしろいの輪の中ひとりをのこゐて湯帰りのをんなの過ぎて白粉花おしろいの中に絞りの品のありおしろいや夕餉忘れて立ち話おしろいやおてんばの下駄つっかけて

  • かわいい雀も小鳥おいでここへ

    いい声で小鳥は耳そうじ屋さん電線に小鳥来てソロコンサート開ききったる歯ブラシや小鳥来るかわいい雀も小鳥おいでここへ

  • 秋薔薇や魔法の学校あるらし

    秋薔薇や魔法の学校あるらしジョーカーの孤独な顔や秋の薔薇秋薔薇の恥じらひ傾ぐごとくかなやはらかに陽の透きとほる秋の薔薇秋薔薇や胃カメラ呑みて眠りゆくようやっと秋の空気になって来ました。これで金木犀も蕾になって膨らんで来るでしょう。一昨日、見に行ったらまだ蕾も出ていませんでした。今年は暑さのせいでとても遅れています。秋薔薇や魔法の学校あるらし

  • コスモスや「よっ」と寅さん現るやうな

    コスモスや「よっ」と寅さん現れさうなコスモスやカーポの歌の雨上りコスモスやフォトフレームはツーショット鉢植のコスモス招く茶店かなコスモスや「よっ」と寅さん現るやうな

  • パンくださいどんぐり七つお代です

    トンタタタどんぐりマーチころげゆくどんぐりの頭はどっち尻どっちどんぐりの尻に被ったベレー帽どんぐりの雨と土と遊んだ顔木は学校あおどんぐりの生徒たちどんぐりがぼんやりするなとコッツンパンくださいどんぐり七つお代です

  • 教壇の野菊と子らと先生と

    先生に恋した歳や野菊つむ水路へと倒れし野菊の咲いた影倒れても野菊上向く水路かな野菊を踏まぬやうに靴をゆっくり食堂の野菊を活けし牛乳瓶教壇の野菊と子らと先生と

  • コスモスの迎へてくれる野の小道

    コスモスや野にありてコスモスらしくコスモスの倒れて起きるや直角に雲と語るごと仰ぐ白コスモスコスモスの空へ賛歌のそよぎかなコスモスの茎細く根の逞しくコスモスにするりと躱す君の顏コスモスの迎へてくれる野の小道

  • にわとりの往来かっぽ秋日和

    鶏の往来かっぽ秋日和川の石に亀の集ふ秋日和路に猫のごろんごろん秋日和死んでいるのではありません。ごろんごろんしてるとこです。にわとりの往来かっぽ秋日和

  • 日に透けて空と一つの秋の薔薇

    日に透けし透明感や秋の薔薇ナチュラルに生きたきものよ秋の薔薇美しく老いゆく人や秋の薔薇秋薔薇の花びらの端巻きて錆ぶ日に透けて空と一つの秋の薔薇

  • 捨て猫の暮るるベンチや秋あはれ

    捨てられしベンチの猫の秋思かな日時計で主待つ猫の秋思かな僕が見たのは、この公園に捨てられてまだ数日だったと思います。この場所は公園に来た人が大勢通る場所です。のら猫になってしまった猫なら避ける場所です。警戒心を身につけて隠れた場所にいます。なのに、何故こんな場所にいるのか。それはここが、そんな他ののら猫に追われて見つけた安全な場所だったのかもしれません。人には全く警戒しませんでした。それだけ日が浅いということです。これからどうしたらいいんだろうみたいな、不安気な顔です。とても力なく淋し気です。お腹を空かしてるはずなのに鳴くことをしません。そりゃ、飼い主から捨てられたのだもの。相当なショックだったのでしょう。気になったところで僕にはどうしてやることもできません。それでも気になり、帰る前にもう一度ここへ戻って来まし...捨て猫の暮るるベンチや秋あはれ

  • 時代なる赤ちゃんポスト彼岸花

    時代なる赤ちゃんポストや彼岸花中八で字余りになるけど「や」を入れた方がいいのかな?彼岸花の別名に、ズバリの名があるけど抑えました。白秋の幼き恋や彼岸花森繫久彌の、「北原白秋」のレコードを思い出して詠んでみました。時代なる赤ちゃんポスト彼岸花

  • 老いし手の触れて零すや小紫

    老いし手や触れて零せし小紫小紫ゆれて艶めく枝垂かな小紫艶めきそよぐ日和かな葉に虫食ひの似合ひたる白式部なすがままいつしか老いて白式部老いし手の触れて零すや小紫

  • 珈琲はブルマン八月大名

    朝から八月大名酒盛す上げ膳据え膳の八月大名朝湯朝酒八月大名なり八月大名緩んで来たるふどしかなくたびれて八月大名マッサージ厳かに八月大名放尿す珈琲はブルマン八月大名

  • 鶏頭の歩きさうなる日暮かな

    鶏頭よ何をそんなに考える鶏頭の雨に倒れて泥を浴ぶ鶏頭の倒れて土の乾く雨後火星にも咲いてるやうな鶏頭花鶏頭の頭でっかち火星人鶏頭のアモーレアモーレアモーレ鶏頭の歩きさうなる日暮かな

  • 白髪の翁が杖つきゃ桃吹く

    桃吹くや白髪翁さんぽ道桃吹いて薄藍色の葛城山忘れられ桃吹くままに路地の鉢鉢植の綿吹くままに忘れられ白髪の翁が杖つきゃ桃吹く

  • 連れもって和服の媼秋日傘

    召し物の媼二人や秋日傘横断のお召し大また秋日傘ベビーカーの子をあやしたる秋日傘秋日傘さしかけ休むベビーカー連れもって和服の媼秋日傘

カテゴリー一覧
商用