chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
との、ごRUN心でござる http://t-tono.seesaa.net/

町の駅伝からフル、ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。

との
フォロー
住所
大山町
出身
大山町
ブログ村参加

2013/04/06

1件〜100件

  • 広島湾岸TRAILRUN 2022(その3)

    エイドを出るときに、福井の走友Kazuoさんとその連れの方と一緒になりました。2キロあまり続くロードは3人ともずっと歩きでしたが、私はその歩きのスピードに着いていけずに離されてしまうので、時々走ってこれに追いつくという体たらくです。 そして、2キロあまりで500mも標高を上げる北阿武山への急登にかかったところで、軽々とした足取りの2人の背中は、すぐに見えなくなりました。
 標高534mの北阿武山の山頂は、はっきりとわからないまま通り過ぎてしまい、いつの間にか下りに入っていました。
次の阿武山の標高は586m。少し下ってから登り返すのですが、大した標高差はではありません。しか..

  • 広島湾岸TRAILRUN 2022(その2)

    第3エイドを出てからは、登りがきついと聞いていた標高737mの鬼ヶ城山を目指します。登山口から山頂までの2キロあまりで標高を600m上げなければならず、ここが前半最大の山場。はじめは階段が整備されていた部分もありましたが、そのうちに岩場が出てきます。 さらに、上に行くほど斜度が急になり、確かに手強い山です。また、この日は晴れ曇りでしたが湿度はやや高く、午後は気温が30度近くまで上がったようです。樹々が途切れるところでは、強い日射しに当てられました。
 ようやく到達した鬼ヶ城山の山頂は、薄暗い森の中。さりげなく掛けられたプレートがなければ、山頂とは気づかなかったこ..

  • 広島湾岸TRAILRUN 2022(その1)

    7月24日(土)から25日(日)にかけて開催された、『広島湾岸TRAILRUN 2022』へ参加しました。
プロトレイルランナーの奥宮俊祐さんプロデュースによるこの大会は6年前に構想されたそうですが、2018年の豪雨災害や2020年から感染拡大がはじまった新型コロナの影響で、延期が繰り返されます。私は47キロのコースで開催されるはずだった2020年のプレ大会へエントリーしていましたが、これもコロナのため2か月前に中止のアナウンス。今回もコロナの第7波が終息しておらず、また直前には台風14号の襲来もあったことから心配しましたが、予定どおり開催されました。関係者の皆さんの熱意とご尽力には、心か..

  • 大山のご来光は見えなかったけど…


    岡山のありささんから、「9月10日(土)と11日(日)にトレイルの女王 貝畑和子さんを迎えてのイベントを開催します。当日の練習コースなどはこれから企画します」というメッセが、我ら鳥取県在住のメンバーに届きました。 貝畑さんの御高名はたびたび聞いていましたが、どんな方なのか実はよく知りませんでした。ということで調べてみたら、アメリカ大陸4961kmを71日間で走破する「ラン・アクロス・アメリカ」で5位入賞、ギリシャで開催されるスパルタスロンで日本人女性として史上3人目の完走、北海道宗谷岬から鹿児島県佐多岬までの日本列島 3100kmを完走など、輝かしい経歴の持ち主でありました。 ..

  • 「ゴジラの背」の近くに設置された看板の撤去を望む


    最近、国立公園大山のエリア内にある通称「ゴジラの背」の近くに、『ゴジラの背 命名者よしみ貞文 200m先』という案内看板が、個人によって設置されました。率直に言って、私はこの看板を見た時に、強い違和感を覚えました。 [看板(全体)] [看板(上部)] [看板(下部)] 国立公園は、決してアミューズメントパークではありません。それは、私たち国民が手付かずの自然に触れることができる貴重な場所です。看板その他の工作物の設置は、登山者の安全や快適性を確保するための必要最小限のものを除き、厳に慎まれるべきと考えます。この場所に「200m先」というような看板を設置す..

  • 9時間耐久トレイルランレースin最上稲荷

    9月3日(土)は、岡山市で開催された『第3回インナーファクトカップ9時間耐久トレイルランレースin最上稲荷』に初めて参加しました。 最上稲荷は、伏見、豊川と並んで日本三大稲荷の一つです。そのありがたい稲荷さんの門前からスタートして境内や裏山を駆けるコースは、1周4.6キロで累積標高差は330m。この大会は、ここを9時間の制限時間内に何周走れるかを競うものです。 エントリー名簿やリザルトは公表されておらず参加者数はわかりませんが、たぶん100人もなかったように思います。なお、この翌日も同じ内容で開催されていますが、なんと両日走った猛者もいたようです。 さて、スタートは午前8..

  • 雨の大山山頂トリプル

    8月14日(日)は雨の大山の登山道を、山頂まで3往復してきました。 実を言うと元々は、そんな予定ではなかったのです。この日の私は、走友のワイチさんの呼びかけによる仲間内イベントに参加していました。その内容は、まず早朝登山で御来光を拝んでから一旦下山し、その後ユートピアへ行って、やや盛りを過ぎたお花畑を散策しようというものでした。 ところが、私以外の5人の参加メンバーの日頃の行いが相当に悪かったようで、あいにくの荒天。午前3時前に夏山登山道へ入ると、まもなく雨が降り始めます。 しかもその勢いは次第に強まり、登山には最悪のコンディションとなりました。 ..

  • かんべの里・夏の森まつり2022/みんなでトレイルランレース

    8月6日(日)は、松江市の「出雲かんべの里」で開催された『かんべの里・夏の森まつり2022/みんなでトレイルランレース』に、今年もボランティアスタッフとして参加しました。 参加者は小学生とその保護者が20人ほどで、中学生と大人は合わせても10人くらいと、昨年よりやや少ない感じでした。島根県でもこのところ、コロナ感染が拡大している影響なのかもしれません。 さてレースは、かんべの里のてんぐの森に作られた1周1.2Kmのコースを、親子の部と小学1•2•3年の部が1周、小学4•5•6の部は2周、中学生の部と大人の部は3周するという設定です。 はじめは、親子..

  • 北山宍道湖強化練習会 2022夏


    Shigeruさん主宰の仲間内イベント『北山宍道湖強化練習会 2022夏』が、7月30日(土)から31日(日)にかけて行われました。 コースは、島根半島西端の日御碕から出雲北山を東に約23キロ縦走し、続いて穴道湖を時計回りに一周する約62キロのロードを走ってから、再び北山に入ってこれを西進するというもの。総距離約108キロで、累積標高差は約3,900mになります。ちなみにこの練習会のキャッチコピーは、「飽きたトレイル、見たくもないロード、猛烈な睡魔、灼熱」。まさに「言い得て妙」というものです。 
私は、半年前の1月に開催された「2022冬」大会に続いて2度目の参加。前回はゴールまでたど..

  • 神鍋パノラマトレイルフェス2022(2/2)

    この後は、万場高原のゲレンデを登ります。 標高差は400mくらいですが、上に行くほど傾斜がきつくなり息が上がりそうでした。 ようやくピークを越すと、今度は標高差500mほどの下りに入ります。少しロードを走ってから、奥神鍋ゲレンデを一気に駆け下りていくコース。 ここで、一本の木の枝をポール代わりにしたランナーさんに抜かれました。実は彼こそ、私が序盤で見かけて枝を持つことを真似させてもらったランナーさんです。彼とはここまでの道中でも、何度も抜いたり抜かれたりして話もしました。なんと彼はいつも枝を使っており、この日のそれも車に積んで用意していたものだそうです。そうい..

  • 神鍋パノラマトレイルフェス2022(1/2)

    


 7月10日(日)は、兵庫県の神鍋高原で開催された『神鍋パノラマトレイルフェス2022』の40キロ部門へ参加しました。 神鍋でのトレイルは、主催者が違う『世界ジオパークトレイルラン』に、2012年と2014年の2回出たことがあります。パノラマトレイルのコースも蘇武岳、大杉山、神鍋山など、これと共通するところが多くあり、距離もジオパークが39キロに対しパノラマが43キロと、大差はありません。しかし、前者の累積標高差が1,540mなのに対し、山が二つ多いパノラマは2,633mと1.7倍。ハードさは、かなりのものと予想されました。 [標高図] さてスタートは、午前7時30分..

  • 第10回 姫ボタル・瀞川平トレイルラン

    7月3日(日)は、兵庫県の香美町村岡で開催された『第10回 姫ボタル・瀞川平トレイルラン』へ、昨年に引き続き参加しました。今回が、3度目の出場になります。
 『村岡ダブルフル』や『KAMI100』などが開催されている村岡には、今までに何度も行っています。ところが今回はナビに任せていたら、「ここを普通車で走らせるか」と思うほど狭くて曲がりくねった道に誘導されてしまいます。おかげで会場へ着いたのは、スタート時刻の20分前。体育館に荷物を置いてからトイレに行き、集団の最後尾に並んだのはスタート5分前でした。トヨタの純正ながら一番安物のこのナビには、いったい何度泣かされたことでしょう。 ..

  • 山頂トリプルでもまだシーズン14回

    6月28日(火)は、大山山頂3往復をしてきました。 この日は猛暑の予報でしたが、大山寺橋のところから見上げると、山頂には雲がかかって涼しそう。午前6時半の登山開始は、私にしては早めです。
 ] 平日なので登山者は少なめ。今シーズンはこの日までに山頂へ11回行っていますが、ダブルが1回で、あとはすべてシングル。この日は余裕があれば3回行くつもりだったので、登りはほとんど走らず、早歩きでいきます。 8合目を過ぎて木道に入るとすごい強風で、キャラボクの枝や木道のロープが風に揺れています。体が飛ばされないよう、気をつけて進みました。 山頂の雲は..

  • みかた残酷マラソン(再挑戦企画)

    
 
6月18日(土)は、兵庫県香美町で開催された『みかた残酷マラソン』の再挑戦企画に参加しました。 
“再挑戦企画”とはいったい何かを、まず説明しなければいけません。『みかた残酷マラソン』の本番は、この前週の12日(日)に開催されました。しかし、これに参加できなかったり、参加しても完走できなかったランナーのために、再挑戦の機会として用意されたのがこの企画。18日と19日の両日行われ、対象となるランナーはこのどちらかに、本番と同じコースを走ることができるというものです。 実は私は、本番前日の11日(土)に行われた仲間内のイベント『ゼロ大山』で、日本海の海岸から標高1709mの大山山頂を往..

  • 2022ゼロ大山初夏(2/2)

    さて、時間が近づいたので集合場所の足湯へ行ったところ、裸足の部のメンバーたちは足裏ケアの真っ最中。 ここで私は斜め向かいの参道市場に入り、みそぱんを一つ買いました。これは先日の那岐山のトレイルで塩分不足に陥ったことを思い出し、塩分補給を意識したものです。
 揃って夏山登山道に入ったのは、午前9時4分。Hideさんからは、「登山道はタイムやスピードを競わず、楽しく軽やかに登ること」という指令が出ていました。その趣旨にのっとり、それぞれのペースで和気藹々と登ります。 なお、裸足とサンダルのメンバーは、登山道でももちろんそのままです。 山頂..

  • 2022ゼロ大山初夏(1/2)

    
 
6月11日(土)は、仲間内企画の『2022ゼロ大山初夏』に参加し、海抜0mの福尾海岸から大山山頂を往復してきました。 [ログ(距離39.4Km・累積標高差1709m)] 実は、主宰者のHideさんから案内をいただいたとき、私はすでに、この翌日にある『みかた残酷マラソン』にエントリーしていました。これでゼロ大山にでも出ようものなら、「残酷マラソン」が「“チョー悲惨”マラソン」になるのは必定。そのため、いったんは「不参加」の返事をします。 しかし日が経つにつれて、初開催だった昨年の楽しかった思い出に心が騒ぎだし、あっさりと前言を撤回。イベントの10日前にHideさんへ、「..

  • Nagi Peaks Tough Trail Challenge 2022(後半)

    エイドを出てからは、大別当山の登りを進みます。ここには中世の山城があったそうで、史跡保存のためにあえて登山道の整備がされていないところもありました。 展望台で休んでいるランナーもいましたが、さほど余裕があるタイムではないので、私はスルーします。 この後の林道は快適に走れましたが、 ところによってはガレた部分もありました。 29キロ地点の「蛇淵の滝」エイドへの到着は、関門時刻38分前の11時52分。余裕はわずかですが、コースの半分以上を終えたことで少し安堵します。ここで走友のみわこさんとRyojiさんに出会いましたが、二人ともリタイアを..

  • ブログランキングで1位に

    ブログの末尾にバナーを貼っているのでお気づきのこととは思いますが、私は「にほんブログ村」のウルトラマラソン部門のランキングに参加しております。なんと本日、この部門で1位になっていることに、さきほど気づきました。 今までに2位になったことは何度かありますが、1位の方は常に、ダントツでトップを独走しておられる方なので、これを追い越せるとは思ったことがありませんでした。でもこうして1位になってみると、ふふふっ、なんか嬉しい。 私の場合、基本的に走ったことしか書かないのですが、このところ3週連続で大会に出場し、投稿数が多くなったのが躍進の要因だった思います。もちろん、投稿を読んでく..

  • Nagi Peaks Tough Trail Challenge 2022(前半)

    6月5日(日)は、岡山県津山市で開催された『Nagi Peaks Tough Trail Challenge 2022(那岐ピークス タフトレイル・チャレンジ2022)』に参加しました。 この大会には3年前の第2回大会にも出ていますが、一昨年と昨年はコロナで中止だったので、今回が2度目の出場です。種目は、終始気持ちよく走れて完走した前回と同じチャレンジコース。ただしコースが少し変更されて距離が52kmから57Kmに、累積標高は4,150mから4,590mに増えており、よりハードな仕様になるはずでした。 しかし、当日の天気が、夕方にかけて降水確率80パーセント、那岐山頂上では風速15mと..

  • 2022 えびす・だいこく100Kmマラソン(後半)

    51キロ地点の鹿島エイドでは、かぶり水をするランナーの姿が見られました。
 私はカメラを濡らしたくないのでこれをせず、キャップへ氷をどっさり入れて暑さをしのぎます。 この後は島根半島を南に向かって横断するのですが、序盤で半島北岸を東進して折り返す部分がカットされた代わりに、この区間が前回より長くなっていました。穴道湖半まではジグザクコースで距離を稼ぎながら、13キロほど進むことになります。このエリアでの半島横断はアップダウンが比較的少ないので、実は内心、ほどほどのペースで進めるものと高をくくっていました。 しかし、この日の天候は、そんな甘い目論見を見事に打ち砕..

  • 2022 えびす・だいこく100Kmマラソン(前半)

    5月21日(土)は『2022えびす・だいこく100Kmマラソン』に参加し、美保関から出雲まで走ってきました。 3年前に10回目の完走を果たして「えびすだいこくの神様」の称号を得た私は、11回目から神様専用のナンバーカードで走ることが許されます。しかし一昨年と昨年は、残念ながらコロナで大会が中止。そして3年ぶりに開催された今年ようやく、青色の地に赤色で番号がプリントされたスペシャルナンバーを身につけて、島根半島を駆け巡ることができました。 ところで、一口に神様と言ってもその神格は様々で、必ずしも良い神様ばかりではありません。貧乏神とか疫病神なら誰も関わりたくないでしょうし、地獄に行って閻..

  • 比叡山 International Trail Run 2022(後半)

    それからしばらくは、ほどほどに走れるトレイル区間でリラックスできますが、 これを抜けた後は「せりあい地蔵のV字谷」と言われる急坂を降りていき、2キロで450mも標高を下げます。 そして谷底で反転すると、今度は2キロで500mあまりも標高を上げる、横高山の登りに入っていきました。ここがこのコースでもっともいやらしく、かつ厳しいところです。 途中に給水所があり一瞬、山頂かと錯覚しますが、 実はまだ登りは終わっておらず、木の根の張り出したトレイルをさらに先へと進まなければなりません。 ようやくピークを越えると、再び走れる区間に..

  • 比叡山 International Trail Run 2022(前半)

    5月21日(土)は、「比叡山 International Trail Run 2022」の50キロ部門に参加しました。 累積標高差が約3,400mで、制限時間は11時間。スタミナに加えスピードも要求されるこのレースは、私とはかなり相性が悪いようです。初めて出た2018年は、45キロの関門に4分間に合わずにタイムアウト。そしてリベンジを期した翌年は33度という季節外れの猛暑にやられ、同じ関門に54分も遅れるという大惨敗に終わりました。それでも、このままでは死んでも死に切れないと3度目のチャレンジを決めていましたが、2020年と2021年はコロナで中止の憂き目に遭います。 そして3年ぶりの..

  • 大山口駅から大山山頂へラン(私はロードだけ)

    
 ワイチさんから、「富士登山競争の練習に、姫路の友達の姉弟が2人来ます。もしよろしければどうですか。10時に大山口駅スタート⇒博労座駐車場・休憩、登山用に着替えなど⇒大山頂上⇒下山の約5時間⇒温泉の予定です」とのお誘いがありました。これを受けて私は、5月15日(日)に決行されたこのイベントにホイホイと参加したというものです。 ただしその日は家庭の事情で、午後2時過ぎには家へ帰らないといけませんでした。したがって私は、一足早く博労座に車を置いて大山口駅までの13キロを走って下り、午前10時のスタートに合流して博労座をゴールにするという、途中までの参加にしました。博労座から駅までの下りはロン..

  • 第4回 赤間関街道中道筋マラニック大会(2/2)

    時刻は午後8時過ぎ。明木の街道を少し過ぎたところで、前方からライトの明かりが近づいてきました。一瞬「まさか」と思いましたが、どうやら萩から折り返してきたランナーのようです。この間には萩往還道の坂道のトレイルがあることを考えると、驚異的なペースだと思いました。この地点の距離は54キロくらい。萩の折り返しの椿東小学校は62キロなので、私より16キロほど先行していることになります。しかしよく考えてみれば、鈍足ランナーの私がトップにこれくらいの差をつけられることは普通のこと。しかしこの時は心の準備をしていなかったので、不意打ちを食らったような気がしたのです。 すれ違う時に私が、「早いですね。ナイ..

  • 第4回 赤間関街道中道筋マラニック大会(1/2)

    赤間関街道は江戸時代に整備された、萩と下関を結ぶ街道です。ルートは3本ありますが、内陸部の明木(萩市)・秋吉(美祢市秋芳町)を経て吉田(下関市)で山陽道と合流するのが、もっともメジャーな中道筋。なお、萩の城下と明木の間は、萩往還道を通ることになります。幕末には吉田松陰や高杉晋作など、幕末の志士達も駆け抜け、明治維新へ繋がる歴史街道でもあるのです。 とまあ、知ったようなことを書いていますが、それはこのほどこの街道を走ったからこそわかった、付け焼き刃のような知識。これ以上書くとボロが出るので、やめておきましょう。 [コースの途中にあった赤間街道図(中道筋)の看板] ということ..

  • かんべの里トレイルワーク#18


    4月24日(日)は、松江市にある「かんべの里」のトレイルワークに参加しました。一昨年の11月から月例行事となっているこのワークは、今回で18回目になります。私は時々しか行けていませんが、とても楽しいコース整備のイベントです。
 この日の作業は、昨年も行われたというスズメバチトラップの製作と設置。巣作りをはじめるこの時期に、女王蜂をつかまえて繁殖を抑える試みで、秋頃に多くなるスズメバチの事故を防ぐのが目的とのことです。私は初めての経験でした。家族連れでの参加も多く、15名ほどのうち半分近くが子どもさん。親子で協力し、焼酎と酢と砂糖を、バケツに入れてかき混ぜます。
 ト..

  • なかばトレイル佐摩山・孝麗山ロンリーラン

    
 「安全・安心・人畜無害な男」を標榜する私なので、危険な冬山へは決して行かないということは、たびたび表明しているところです。ところが大山登山から遠ざかるこの間4か月のブランクで、例年のことながら春のこの時期はトレイル用の筋肉がフレイル状態。そろそろ山でのトレーニングを再開しなければ、5月以降に参加を予定しているいくつかのトレイルレースに赤信号が点灯しそうな気配です。でも、大山の登山道にはまだ雪がありそう。 ということで低山ですが、大山の手前にある佐摩山と孝麗山へ行ってみることにしました。道の駅「大山恵の里」からスタートし、ロードを7キロほど進んでから未舗装の江東川管理道を約2キロ走り、登..

  • 備中高梁歴史街道マラニック(2/2)

    まずは羽山渓(はやまけい)。ここでランナーは、切り立った岩場の下の割れ目のようなところから中へ入って行き、長さ30mほどのトンネルへ入ります。ゴツゴツした天井や壁面は、岩をくり抜いただけの素朴な作り。信じ難いことですが、これでもここは正真正銘の国道だそうです。 そしてこれを通過してからも、しばらくは荒々しく削られた岩の壁に沿って進みます。ここが開通したのは、ブルドーザーもダンプもなかった大正時代。よくもまあ、のみ一本で(かどうかは知らんけど)これを掘り上げたものです。当時の人は、まことにもって大したものだと感服します。 成羽川沿いの旧トロッコ道に入ったところではいきなり、崩..

  • 備中高梁歴史街道マラニック(1/2)

    岡山県高梁市の吹屋は、赤銅色の石州瓦とベンガラ格子の家並みが整然と続く町。ここは江戸から明治時代まで、弁柄(ベンガラ)と銅(あかがね)を中心に発展した地で、『ジャパンレッド発祥の地』として2020年に日本遺産に認定されています。 さて4月10日(日)は、吹屋ふるさと村を発着点とする『備中高梁歴史街道マラニック』に参加しました。 私がこの大会に参加するのは2度目ですが、前回出たのは初めて開催された2010年のことです。当時は『岡山〜吹屋歴史街道ウルトラマラニック』という名称で、私は4つあった部問のうち最長の70キロに参加しました。その時は最上稲荷からスタートし、高梁市の中心街..

  • 打吹山を5人deトレイルラン


    4月2日(土)は、さっぱんさん主宰の鳥取県トレイルランニング同好会の練習会に参加しました。この日のフィールドは、天女伝説があるという倉吉市の打吹山。打吹公園へは何度か来たことがある私ですが、その背後にあるこの山へ登るのは初めてです。 さて、集合時間の午前9時に駐車場へ着くと、日本海新聞の記者さんがいました。さっぱんさんから事前に聞いていましたが、我々のトレランの様子が記事になるとのこと。この日の参加者はさっぱんさん、まさみさん、山ちゃん、Kenjiさん、それに私の5人でした。女性の記者さんは、はるばる大阪から参加したKenjiさんと、メンバーの中では最も高齢の私へ集中的に質問を投げかけま..

  • 第一回 正木山・鍵山トレイルラン


    3月27日(日)は、総社市であった『第一回 正木山・鍵山トレイルラン』へ参加しました。 この地では以前、『正木山トレイルラン 假谷国明杯』が開催されていました。私がそれに出たのは2012年の第5回大会でしたが、その時は4月の第1日曜日で桜も満開。美しくて気持ちよく走れるコースが気に入り、その後も、この大会が第10回で終了するまでに2回エントリーしました。しかし、年度替わりのこの時期は仕事も多忙で、いずれもDNSとなり、心残りがありました。今回は鍵山を含み以前の大会とはコースが異なりますが、スタート地点は同じで、そのDNAは引き継がれているものと思われます。とてもワクワクしながら総社へ出か..

  • 出雲北山を 4人deトレラン


    3月20日(日)はテッシーさん、ケンちゃん、AYAKOさん、それに私の4人で出雲北山を走りました。コースは、旅伏山登山口から弥山往復の24キロ。累積標高差は2,200mほどです。 [コース図] スタートは午前8時過ぎ。標高421mの旅伏山山頂までの登山道は、大半が急な階段です。テッシーさんを先頭に、ほとんど歩きで進みました。 山頂に着くと、眼下に望む出雲平野を斐伊川が横切り、その流れは穴道湖へつながっています。八岐大蛇に例えられるこの川は、洪水を繰り返してきた暴れ川。過去にも現在においても、穏やかに見えるこの流域にたびたび大きな被害をもたらしています。 ..

  • 中山・名和・大山地区をぐるり2人deマラニック


    米子市のテッシーさんから、「こんにちは。明日4日は休日です。天気も良さそうです。トレーニングに同行させて貰えませんか?」とのメッセージが届きました。2月から今月上旬までの期間限定でパート勤務をしている私ですが、その日はたまたま休みだったので、これに応じることにします。 コースは私に任せるとのことなので、わがまち大山町の中山・名和・大山地区をぐるりと周る40キロほどのコースを用意しました。ほどほどにアップダウンがあるロードのマラニックで、LSDトレーニングをしようというものです。
 [コース] ということで3月4日(金)は、8時20分に中山温泉からスタート。 ..

  • 米子城 絶景のダイヤモンド大山観望会

    私は視ていなかったのですが、今年の元日に放映されたNHK新春特集『日本最強の城スペシャル 〜 一度は行きたい絶景の城 〜』で、米子城が最強の城に選ばれたそうです。番組で評価されたポイントの一つは、天守から一望できる絶景で、中でも日の出の位置が大山山頂と重なるダイヤモンド大山が話題になっていたとのこと。 ちなみに、この現象が見られるのは、2月20日頃と10月22日頃のほんの数日のようです。これを観光振興のチャンスととらえた米子市の主催で、2月19日(土)から21日(月)の3日間、『米子城 絶景のダイヤモンド大山観望会』というイベントが開催されました。 さて、20日はテッシーさ..

  • 北山宍道湖強化練習会 2022冬(後半)

    
 穴道湖大橋を渡って湖の南岸に入ってからは、コンビニのおにぎりやサンドイッチでエネルギー補給。眠気覚ましにドリップコーヒーも飲みました。さらにその後もコーラや、とうもろこしの粒々が入った「コーンポタージュ」などを、立て続けにいただきます。 しかし、「過ぎたるはなお及ばざるが如し」。どうやら食べ過ぎ飲み過ぎだったようで、胸がむかついてきました。念のためにバックパックに忍ばせていたガスター10を取り出して飲んだところ、そのうちに治りました。 約73Km地点のチェックポイントである「道の駅 湯の川」へ到着したのは、日付が変わった30日の午前2時4分。10分ほどの短い休憩で、ここを..

  • 北山宍道湖強化練習会 2022冬
(前半)

    「つまらないトレイル、単調なロード、猛烈な睡魔、極寒。春以降のロングレースに向けたトレーニングに最適です」ーーー主催するShigeruさんからのこんなお誘いに乗り、1月29日(土)から30日(日)にかけて開催された「北山宍道湖強化練習会」に参加しました。 このイベントは2年ほど前から年2回、夏と冬に仲間内で行われていたようですが、私は初参加。「練習会」とは言うものの、島根半島西端の日御碕から出雲北山を東に縦走するトレイルが約23キロで、これに続くロードは時計回りの穴道湖一周で約62キロ。その後は再び北山を往路と逆に辿り、スタート地点へ帰るもの。総距離約108キロで累積標高差が約3,900..

  • 若木塾新春初詣ランorライド



    1月2日(日)は、若木塾の初詣ランに参加し、富貴が増す富益(とみます)神社にお参りしてきました。これは若木塾の恒例イベントのようですが、ありがたいことに私を含め塾生ではない“友達ランナー”も、仲間に入れていただいたというものです。 さて当日の正午、皆生のOUランドに集合したのは30名あまり。このイベントの正式名称は『若木塾新春初詣ランorライド』となっており、ラン組は富益神社参拝の18km、ライド組は琴浦町の豊榮(とよさか)神社参拝の70Kmがそのコース。後で聞いたところでは29名がラン、4名はライドだったそうです。 12時10分過ぎにライド組に見送られながらスタートしたラ..

  • 今シーズンの大山山頂は68回で終了

    
12月9日(木)はテッシーさんを誘い、今シーズン69回目の大山登山をしました。その前に登ったのは11月21日(日)。以降は今季3回目の寒波で大山の中腹まで雪が積もったことや、ウルトラやフルの大会に出たりしていたこともあり、かなり間が空いてしまいました。12月に入り登山は諦めていましたが、麓から一旦は白く見えていたスキー場が再び土の色になったので、5合目くらいまでなら行けるのではないかと思い、腰を上げたというわけです。 [この日、大山寺橋たもとから見た北壁] 登山口にはまったく雪がありませんでしたが、 3合目あたりからは、少し積雪が見られます。 ..

  • Trial Marathon in 弓ヶ浜


    12月5日(日)は、『Trial Marathon in 弓ヶ浜』へ参加し、弓ヶ浜サイクリングコースを往復するフルマラソンを走ってきました。 この大会は、10年前まで西部地区で行われていた「24時間リレーマラソン」の仕掛け人である荻原敏さんが、当時のメンバーたちに「フルマラソンをやろう」と呼びかけて、開催にこぎつけられたものだそうです。当初は仲間内のイベントとして考えておられたようですが、しだいに話が大きくなり、参加者を鳥取県と島根県在住者に限定し、一般に呼びかけることになったとか。私は、11月の初めに荻原さんから連絡をいただき、即決で参加を決めました。 しかし後で知ったのですが、10..

  • 若木塾ウルトラマラソン 7PEAKS

    11月27日(土)は『若木塾ウルトラマラソン 7PEAKS』に参加し、境港の夢みなと公園から島根半島東端の美保関灯台を往復する、約73キロを走ってきました。
これは、トライアスリートのグループである若木塾が主催する、いわゆる仲間内イベント。ありがたいことにMasako姫から、そのメンバーではない私にもお誘いがありました。友達を誘ってもよいとのことだったので、私はこれまたメンバーではないワイチさんとケンちゃんを誘い、3人で参加しました。 さて、このコースでは7つのピークを超えて行くことから、大会名には「7PEAKS」と付けられています。しかしよく考えると、いずれのピークもそれぞれ往復するの..

  • DAISEN GREEN RUN FES

    ♫ 与作は木を切る   ヘイヘイホー ヘイヘイホー   こだまはかえるよ   ヘイヘイホー ヘイヘイホー   女房ははたを織る   トントントン トントントン   気立てのいい娘だよ   トントントン トントントン・・・ 11月14日(日)は、地元の大山町で開催された『DAISEN GREEN RUN FES』へ参加しました。この大会での私のナンバーカードは「439」。受付でこれを渡された瞬間に、私は与作になったというものです。 さて、この大会にはシングルとダブルの2部門がありますが、エントリーをした後に、当初は7Kmだったシングルが13Kmに、14Kmだ..

  • OSJ KAMI 100(2/2)


    夜間走になる2周目以降は、ストックを置いていくかどうか迷っていました。しかし、1周目の上りではかなり役立ったことと、これが邪魔になりそうな序盤の登山道も、まだ陽があるうちに通過できる時間だったので、あえてこれを持ってコースへ出ます。

 2周目以降も、コースはまったく同じ。ただし1周目と違って、前後を行くランナーはかなりまばらになっています。 この日2度目の鉢伏山山頂を通過した時刻は、午後4時40分。この時も、日没が迫る空を背景にシルエットとなったスタッフが、声援を送ってくれました。 
 やがて午後5時の日没時刻となりましたが、残照を頼りにそのまま林..

  • OSJ KAMI 100(1/2)

    11月6日(土)から7日(日)にかけ、兵庫県香美町で開催された『OSJ KAMI 100』に参加しました。この大会は、2019年まであった『OSJ氷ノ山山系トレイルレース』に代わり、今回初めて行われたものです。なお、私はさらにその前身の『氷ノ山山系トレイル50マイル』を含め、この系譜に連なる大会へは過去3回出場しています。 さて、いわばフルモデルチェンジの『KAMI 100』は、トレイル率80%以上で距離約37km、累積標高差約1,800mのコースを1周する37Kの部と、これを3周して約112kmとなる100Kの部の2部門構成。長い方が好きな私が出たのは、もちろん100Kの部でした。 ..

  • 第10回 八東ふる里の森ヒルクライムランレース




    10月31日(日)は、八頭町で開催された『八東ふる里の森ヒルクライムランレース』に参加しました。 この大会は昨年まで、『八東ふる里の森ヒルクライム自転車レース』として、バイクのみを対象にして行われてきました。10回目となった今回、初めてラン部門が設けられて実施されたものです。しかし、その周知はほとんど行き渡っておらず、私の場合はたまたま“大会関係者の関係者”からこの大会の情報を聞き、幸いにも参加することができました。バイク部門には過去最高の89人の参加者があったようですが、ラン部門の参加者は、わずか12人。とても楽しい大会だっただけに、少しもったいない気はします。 さて、ラ..

  • 第9回 姫ボタル・瀞川平トレイルラン




    10月24日(日)は、兵庫県香美町で開催された「第9回 姫ボタル・瀞川平トレイルラン」に参加しました。6年ぶり、2度目となります。 前回は前夜祭に間に合うように現地に入り、オプションの「姫ボタル鑑賞会」にも参加して、ホタルの乱舞を楽しみました。しかし今年は全国的な新型コロナ感染拡大の影響で、7月に予定されていた大会が延期されての開催。前夜祭はなく、ホタルがいない時期なのでもちろん鑑賞会もありません。したがって、今回は日帰り参加としました。 さて、私がエントリーしたのは、3つある部門のうちで最も長い「山賊ドえりゃあコース」です。ただし前回とはスタート地点が異なっており、ルートも一部変更さ..

  • 大山山頂Wでシーズン55回でも、77回はヤバい!


    10月20日(水)に、大山では平年より2週間も早く初冠雪があったと報道されました。まだ山の紅葉も見ないうちに冠雪があるなど、前代未聞のことのようです。このニュースを聞いた私は、翌日の21日に大山へ向かいました。 夏山登山道へ入ったのは、午前8時20分。2合目あたりでは陽が射すときもありましたが、 5合目を過ぎてからは、ガスが立ち込めてきます。 前日の雪は融けているだろうと思っていましたが、8合目の手前から木の枝が白くなっており、木道にも薄っすらと雪が残っていました。 山頂の視界は10mほどで、景色を望むことはできません。 博労座では..

  • からすてんぐ100(2/2)

    さて番長皿屋敷のお菊なら、手にした皿を「いちまーい、にまーい•••」と数えながら井戸に投げ込んだのでしょう。しかし我らは、1.5キロのトレイルを周回してくるたびに「1回、2回•••」と、各自に用意されたカウンターを自分で押していきます。 それにしても、これはもはやレースというより「行」。悟りに達するための修行なのだと思いました。トレイルの周回は、まるで輪廻転生。一周する毎に魂が生まれ変わるようです。ランナーたちはこれを109周することにより、煩悩の先にある境地へ辿りつけるものと固く信じて、もがき、あえぎ、苦しむ道を自ら追い求めたのです。 しかし、そこには屈強なからすてんぐが..

  • からすてんぐ100(1/2)

    先週末は、松江市の「かんべの里」で行われた100マイルのトレイルランニング大会『からすてんぐ100』へ、昨年に引き続き参加しました。 この大会は、19人のランナーが10月9日(土)の午前10時9分にスタートし、からすてんぐ伝説が残るてんぐの森の1周1.5キロのトレイルを109周、つまり約160キロを、48時間後の11日(月)午前10時9分までの2昼夜で走りきるという、周回型の100マイルレースです。ちなみに参加費は10,900円。ここまで「10」と「9」にこだわる理由は、大会名にある「てんぐ」にちなんだものであることは言うまでもありません。 ところでこの大会は、完走すること..

  • 3バカトリオで『KAMI 100』コース試走


    9月30日(木)は、テッシーさんとワイチさんと私の3人で、『OSJ KAMI 100』のコースを試走しました。 『KAMI 100』は、11月に兵庫県香美町で今回初めて開催されるトレイルレース。われら3バカトリオは無謀にも、約37kmコースを3周回する約112km(100Kの部)にエントリーしてしまったというものです。 それでも3バカの中では比較的優等生のテッシーさんが、この2週間ほど前にトレイルフェスト主催でおこなわれた「OSJ KAMI100トレイル完走対策講座」に参加し、このコースを1周しています。したがって、この日の試走はいわば「伝達講習」。講師のテッシーさんがスマホに入れた対..

  • 勝手に走る『村岡ダブルフルウルトラランニング』


    『村岡ダブルフルウルトラランニング』は、兵庫県香美町で開催されるウルトラマラソンです。今までに19の100Kmマラソン大会を走っている私は、この大会の100Km部門にも過去3回出場。アップダウンを繰り返すこのコースは、それらの中でも最も厳しい部類に入ると思っています。
 さて今年の村岡ダブルフルは、今回限りの感染予防対策コースとして作られた45Km部門のみで、9月26日(日)の開催が予定されていました。ところが、新型コロナのために昨年に続いて中止。7年ぶりにこの大会にエントリーしていた私にとっては、とても残念な決定でした。 しかし、同じ思いの人は少なくなかったようで、どうや..

  • 氷ノ山トレイルラン練習会


    9月23日の秋分の日に、sappanさんが主宰する鳥取県トレイルラン同好会の練習会が、鳥取県と兵庫県の県境にある氷ノ山で行われました。 [コース図] 参加者したのはsappanさん、まさみさん、ryojiさん、初顔のtATuさん、それに私の5人。背後に立つ身長190cmのtATuさんの前ではその必要がなかったのに、邪魔にならないよう少し腰をかがめてカメラの前に立つ私は、ストックが杖のようにも見えて、まるでお爺ちゃんのよう。この企画が3日前の敬老の日でなかったことは、私に対するsappanさんの、さりげない気遣いだったに違いありません。
 さて、スタートは午前7..

  • 【中間報告?】大山山頂39/77回


    8月30日(月)の午後に、今シーズン39回目の大山登山をしました。 近年は、年ごとにゾロ目で登頂回数を増やしてきています。昨年が66回だったので、その流れでいけば今年は77回を目指す年。しかし、これを「目標」と言ってしまうと、自分の首を絞めることになりかねません。そのため今シーズンは、目標を「宣言しない」と、あえて宣言している私です。とはいえ、もし年間77回を達成できたら、39回目の今回は、その折り返しということになります。 さて今シーズンは、5月6日にいきなりトリプルでスタートし、その後は週に1度か2度は山頂へ向かいました。5月の山頂は9回でしたが、下旬に2往復した際に左膝を痛めてし..

  • 鬼ノ城CUP 50mile(2/2)


    2周目に入って少しペースを落としますが、それは想定内。前半の山は、まずまずの走りで超えることができました。 ところが、砂利道に入ってしばらく進んだ時のこと。不意に足元が乱れ、次の瞬間、まるでヘッドスライディングをするかのように、硬い地面へ頭から倒れ込みます。道路に伏した体が、そのまま前方に向かって“ザーッ”と滑り、砂煙が全身を包むように舞い上がっていました。
 この時は精神的なショックが大きく、静止した後も10秒あまりはそのままの体勢でいましたが、やおら起き上がって体の状態を観察します。左肘を少し擦りむいているものの、大きな出血ではなく、頭や顔に怪我は無いようです。どうやら..

  • 鬼ノ城CUP 50mile
(1/2)

    8月7日(土)から8日(日)に岡山県総社市で開催された、『鬼ノ城CUP 50mile』に参加しました。 
この地では以前に、『鬼たいじマラニック』という50キロのランニング大会が行われており、私も2006年の第16回大会に出場。その時に、コースの途中にあった鬼ノ城に立ち寄りましたが、荒々しく削り取られたような山頂、赤茶けた土の上に復元された古代山城の楼門、さらには眼下に見下ろす街の風景等、その時の記憶は今も鮮明に残っています。いつかまた来てみたいと思っていた私にとって、「鬼ノ城」の名を冠する大会はとても魅力的に映りました。 [鬼ノ城(岡山県観光連盟のサイトから借用)] 
..

  • かんべの里・夏の森まつり/みんなでトレイルランレース

    8月1日(日)は、松江市の「出雲かんべの里」で開催された『かんべの里・夏の森まつり/みんなでトレイルランレース』に、ボランティアスタッフとして参加しました。 大会の趣旨は、「森の中の道、トレイルを歩いたり走ったりします。登りはゆっくり歩いて、下りは気持ちよく駆けぬける。ぜんぶ走れるなら、ぜんぶ走ってもいいし、自分のペースでかんべの森の自然を楽しもう!」というもの。
 コースは、かんべの里のてんぐの森に作られた1周1.2Kmのコースを、小学1•2•3年の部と親子の部が1周、小学4•5•6の部が2周、中学生の部と大人の部は3周するという設定になっていました。参加者は小学生とその..

  • 第1回 やまぐち萩往還マラニック&ウォーク(後半)


    佐々並のエイドでは、とりあえずバナナを1本食べました。続いておにぎりを取ろうとしましたが、割と大きかったので食べられないかもしれないと思い、出しかけた手を引っ込めました。その後、マイカップに入れたコーラを口にしながら歩きはじめます。その時、この先は折り返しの萩を含め、エイドには菓子と飲み物しかなかったことを思い出しました。つまり、再びこの佐々並エイドに帰ってくるまでの30キロあまりの間は、食料をとれるところがありません。「引き返してバナナをもう1本もらおうか」と考えましたが、すでに50mほど進んでいたこともあり、「まあいいか」と、そのまま走り出しました。 再び入った萩往還では、右足首の微..

  • 第1回 やまぐち萩往還マラニック&ウォーク(前半)

    
 7月18日(日)は、『第1回 やまぐち萩往還マラニック&ウォーク』に参加しました。 この大会は、1989年から30年間続いたものの、スタッフの高齢化や安全面の課題等から2018年にその幕を閉じた『山口100萩往還マラニック』のDNAを受け継ぐもの。私は以前の大会の70Km部門に1回、140Kmと250Km部門にそれぞれ2回出ています。新しくなった今回の大会は、100Kmと66Kmのマラニック、それに33Kmのウォークという3つの部門構成。私が出た100Km部門のコースは、山口市の湯田温泉からスタートし、防府市三田尻と萩市城下町を結ぶ歴史の道「萩往還」を往復するというものです。 結果か..

  • 4人de 的石探検マラニック


    倉敷市のありさ姫から、「6月19日(土)に、米子の方から走って来て大山町にできたばかりのバームクーヘン屋さんへ立ち寄り、その足で的石(まといし)を見に行きたいので、バームクーヘン屋さん以降を案内してほしい」という旨の依頼がありました。私は、「ボディーガードを兼ねてスタートから同行する」と申し出たのですが、「いまは早歩き程度のスピードでしか走れないので、後から追いかけてきてナンパして」と返されました。 この「逆ナンパ」とでもいうべき要請を受け、米子市のテッシーさんとケンちゃんを加えた3人の男たちが、共にナンパ要員として立ち上がったというものです。 ということで、指定されたこの日に我々は、..

  • 2021 初夏のゼロ大山(2/2)

    
 それでも夏山登山道に入る頃には、雨の勢いが弱まります。 5合目からは、眼下に立ち込める雲の先に、米子平野と弓ヶ浜半島を臨めました。 

 なお登山のタイム計測はなく、「スピードを競わず楽しく軽やかに登ること」となっています。それでも先頭グループのペースはけっこう早いので、やがてその姿が見えなくなりました。私は中程より少し後方の位置にいましたが、後から来るメンバーも離れてしまい、6合目以降は一人ぼっちになってしまいます。
8合目を過ぎたところからまたもや小雨、そして寒風にも見舞われます。頂上へ着くと、とりあえず山頂碑へタッチ。この時の時刻は、10時39分でした。 ..

  • 2021 初夏のゼロ大山(1/2)

    
 「海から大山山頂そして海へ・・・。ゼロから1700mの標高差を一気に駆け上がり、ダイナミックな自然の変化を体感してみませんか? 」−−−走友のHideさんからのこんな誘いに乗り、6月12日(土)は大山町の福尾海岸から大山山頂を往復する仲間内イベント、『2021 初夏のゼロ大山』に参加しました。 [ログ(距離39.7Km・累積標高差1753m)] 参加者は14人と決して多くありませんが、部門はシューズの部、裸足の部、サンダルの部、自転車の部、遠くからの部(50Km以上遠方から徒歩参加)、ダブルの部(前日からのスタートまでに一往復済み)と多彩。 さすがに山頂まで自転車を担ぎ..

  • ズッコケ3人組de大山の麓をマラニック


    テッシーさんと二人で走っていた時、このところ全く音沙汰がない鳥取市のワイチさんのことが話題になりました。FBにやたら絡みのコメントを寄せていたワイチさんらしからぬ長い沈黙は、決して尋常なことではありません。もしかしたら、参加を予定していたUTMFが2年連続で中止となったことで落ち込み、引きこもってしまったのではないかと心配になりました。そんな私たちの懸念と3人だけの練習会の提案をメッセンジャーで伝えたところ、ワイチさんから次のような返事が来ました。 
「pasokon no tyousiga waruku dokowo ijittemo kana kannji henkan ga dek..

  • 的石の不思議な話


    郷土の偉人と言われる名和長年は、廃流先の隠岐島から脱出し小舟で大山町(合併前の名和町)御来屋の湊に流れ着いた後醍醐天皇を助け、船上山に兵を挙げました。元弘3年(1333年)に起こったこの義挙は、鎌倉幕府の崩壊から建武の新政へと繋がっていきます。この功績により名和氏は建武政権で天皇の腹心として重用されますが、1335年に足利尊氏の軍勢に敗れ、京都の地で非業の死を遂げました。 [後醍醐天皇奉迎の図(大山町役場所蔵)] 
この名和氏の屋敷跡や首塚など、関係するいくつかの史跡が私の家から数百メートルの範囲内にあります。その一つである「的石」は、五人張りの強弓を引き、一矢で二人の敵兵..

  • 2人de鷲峰山トレイルラン


    5月14日(金)はテッシーさんと、鳥取市鹿野町にある鷲峰山を走ってきました。 本来ならこの日は、その翌朝にスタートする「第5回 Aso Round Trail(阿蘇ラウンドトレイル)」に参加するため、テッシーさんの車に同乗して熊本へ向かっているはずでした。ところがコロナの第4波の急拡大により、直前の5月6日に急遽、2年連続となる大会中止が発表されます。
熊本県の1日あたりのコロナ感染数は、2月から4月上旬までは概ね一桁の下の方で推移していましたが、4月中旬以降は週を追うごとに20人、40人、60人と急上昇。そのため私は、大会の開催は難しかろうと思っていたので、中止のアナウンスに驚くことは..

  • 3人de東大山トレイルラン


    5月9日(日)は、sappanさんプロデュースの「東大山トレイルラン」に参加し、大休峠、甲川、甲ケ山、矢筈などを巡ってきました。 [ログ] この日のメンバーは、県中部のsappanさんと東部のノリさん、それに西部の私の3人です。それぞれ、全身に脂がみなぎる40代、ほどよく脂が乗った50代、油切れできしみ音をあげる60代。「各地区を代表する3人のランナー」と言いたいところではありますが、私だけがいかにも見劣りすることは、はた目にも明らかです。 [写真右からノリさん、sappanさん、との(甲川にて)] さて、スタートは午前8時。一向平のキャンプ場から大山道の一..

  • シーズン初の大山登山はトリプル


    5月8日(木)は、今シーズン初の大山登山でした。いや、正確にいうと「今シーズン初の大山“山頂”」というべきでしょうか。実は私、これに先立つ5月3日の憲法記念日にも大山登山を試みていました。その日の朝、わが家から大山を見上げると、北壁に着雪。この時期に雪が残っている年もままあるのですが、今年はすでにいったん消えていたので、前日に積もった新雪に違いありません。「これはぜひ見ておきたい」とチェーンアイゼンを携行し、すぐに大山へ向かいました。 しかし祝日ということもあり、駐車場には溢れかえるほどの車、車、車。登山道へ入ると案の定、山頂を目指す人たちが列をなしています。私は登山を午前中..

  • Virtual UTMF 2021

    UTMFには2013年から2015年まで3回連続で出場し、その都度まぐれで完走しました。しかし、毎回の激しい渋滞にはうんざり。早いランナーならいざ知らず、私のように遅い者は必ずこれに巻き込まれ、数十分から下手をすると1時間以上という、長い足止めをくらいます。このストレスに3回も晒されたことに懲りたので、以降はエントリーをやめました。 さて、今年のUTMFは新型コロナの感染拡大のために2年連続の中止となり、その対応策の一環として「Virtual UTMF 2021」なるものが行われました。これは、4月19日から25日の一週間にGPSデバイスで累計160キロのランニングを記録し、Strava..

  • 第6回 多良の森トレイルランニング

    「努力は必ず報われる」とは、白血病に打ち勝ってオリンピックスイマーとして返り咲いた池江璃花子さんが発した言葉です。これを聞いて私は、大会7日前と4日前という直前ではありましたが2度にわたり、冬の間はやめていた山でのトレーニングを敢行。自分で言うのもなんですが、これは“努力”以外のなにものでもありません。 
また、大会前一週間の禁酒の誓いを立てました。この間に2回だけうっかり掟を破ってしまったものの、毎日欠かさず飲んでいた私にしては、かなり努力をした方だと思います。さらに言えば、若いランナーたちを見た目で怖気づかせようとこけおどしの無精髭を伸ばしたことだって、努力の一つと言えるのではないで..

  • 『ランニングの世界 26』

    『ランニングの世界』は、自然流ランニングの普及に努めている群馬大学名誉教授の山西哲郎さんを編集責任者とする冊子です。ある走友を通じたご縁で、このほど発行された26号に私の拙文も掲載されました。 この号の特集のテーマは「明日に向かって走れ! 〜コロナ禍のランナー達」。山西さんと善光寺の栢木寛照大僧正の対談記事などの他、コロナで一変した日常などについて25人のランナーが寄稿しています。もしご関心がありましたら、アマゾンなどでもお求めいただけます。なお、誤解の無いように申し添えますが、これで私に印税が入ることはありません(笑) ちなみに私は、「コロナ禍の中で思う 走ることと私」というタイトル..

  • 若木塾マラソン記録会

    
 米子市に若木さんという、皆生トライアスロン大会常連のご夫婦がおられます。走るしか能が無くスイムもバイクもしない私は、今までもこれからもトライアスロンとは無縁の男です。しかし若木さん夫婦とは、走り仲間のランイベントや飲み会などで、自然にご縁ができていました。 
そんな若木さん夫婦が主宰しているのが「若木塾」。そのネーミングから読み書きそろばんの教室かと思われるかもしれませんが、実はそうではなく、「若木塾」とはトライアスリートを志す人たちの集まりなのです。 

さて3月20日(土)は、境港市で開催された「若木塾マラソン記録会」に参加し、フルマラソンを走ってきました。参加は塾生..

  • 鳥取県民なのに、島根で3週連続トレイル整備


    このところの週末は、3週連続でトレイルコースの整備ボランティアに参加しました。ちなみに私は鳥取県民ですが、現場は島根県ばかり。その理由は、“わきまえない発言”で衆目を集めた島根県知事さんに敬意を表するため、ということにしておきます。 【1週目】2月28日(日)「かんべの里」のトレイルワーク 松江市にある「かんべの里」の、トレイルコース整備です。昨秋ここで開催された100マイルレース「からすてんぐ100 」には、私も参加しました。以後、このコースの整備イベントが「トレイルワーク」として10月以降毎月行われており、この日が5回目。私は初回と今回の2度参加しています。
10名ほどの参加者..

  • 2021 出雲くにびきミニマラソン大会

    3月7日(日)は、出雲市で開催された「2021 出雲くにびきミニマラソン大会」の10Km部門へ参加しました。 「出雲くにびきマラソン大会」は例年、ハーフ、10km、5km、3km、1.5kmの5部門に3,000人以上のランナーが参加して開催されています。しかし、昨年の大会はコロナで中止。今年も通常の形での実施は見送られ、代わりに規模を縮小したものが「ミニマラソン大会」として開催されたものです。定員は私の出た10Km部門が500人で、全体でも1000人と、例年の3分の1に絞られました。参加対象は島根と鳥取県民限定でしたが、エントリー開始日に早々と定員に達したようです。 この時期、ほとんど..

  • 淀江ゆめ温泉から清水寺へ 2人de初詣マラニック


    2月20日(土)はテッシーさんと二人で、淀江ゆめ温泉から安来市の清水寺へ走って初詣に行ってきました。薄くなった頭のてんこつを持つ二人なので、必要なのは初詣より発毛出なのでしょうが、今更それは望むべくもありません。 さて、厄ばらいの霊験あらたかなることで有名な清水寺は、587年に開かれた天台宗の古刹です。実を言うと今年の初詣は、私は名和神社、テッシーさんは日吉神社と、それぞれ最寄りの神社で済ませています。しかし、「近くの神様より遠くの仏様」などととぼけたことを言いながら、いそいそと二度目の初詣(なんか変?)に向かう私たち。もしかしたらバチあたりなのかもしれませんが、神様仏様、どうかこの哀れ..

  • ほぼフルマラソン練習会


    走友のナース昌子さんからラインで、「7日は何か予定が有りますか? 8時半、大和公園集合。9時スタートでフルマラソンを走る会をやります。ペースは各々。4時間〜6時間くらい」とのお誘いがありました。
フルは昨年2月の「熊本城マラソン」に出たのが最後です。この間、フル以上の距離を走ることも時々ありましたが、いずれものんびりゆっくりのジョグばかり。練習っぽく走れる機会は願ってもないことなので、迷わず参加を決めました。 ということで、2月7日(日)はいそいそと淀江町の大和公園へ。そこには昨年の10月に「大山グルリンパ」で一緒に走ったランナーなど、20名あまりが集まっていました。 さて..

  • そうだ鬼太郎に会いに行こう! 2人deマラニック


    「水曜日の大山カラス天狗」を自称する私ではありますが、雪山には行かない根性なしなので、この頃は水曜日でも大山に背を向け、そこいらの平地を走り回るしかありません。ということで1月27日(水)は、たまたま休みが重なったテッシーさんと、皆生から境港の往復ラン。 真っ平なこの区間は何度も走ったことがあるものの、このところ久しくご無沙汰しています。ルートはいくつかありますが、往路は昨年の3月に全線が開通した「白砂青松の弓ヶ浜サイクリングコース」を、初めて辿ってみることにしました。サイクリングコースは、日野川河口から境港の夢みなとターミナルまでの15.8kmですが、そこからさらに7キロほど先の境港..

  • そうだコナンに会いに行こう! ロンリーマラニック


    12月中旬に、ちょっとした不注意で左のふくらはぎを負傷。肉離れと診断され、医師からは「とりあえず1カ月くらいは覚悟して、ランニングを含め余計なことはしないように」と言われます。しかし年末には早くも、リハビリと称してウォーキングを開始。そして元旦からは、ほぼ毎日のように10キロから20キロを走っていました。無理のない程度を意識しながらとはいえ、なんともけしからん男であります。 
走行中に多少はあった痛みと違和感もしだいになくなってきたことから、仕事が休みの1月20日(水)に、久々のロング走をやってみることにしました。目的地は、漫画家の青山剛昌の出身地で、「名探偵コナンに会えるまち」北栄町。..

  • 高清水トレイルをロンリーラン(その2)

    高清水トレイルをロンリーラン(その2),ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • 高清水トレイルをロンリーラン
(その1)

    高清水トレイルをロンリーラン
(その1),ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • 大山山頂66回でシーズン目標達成

    大山山頂66回でシーズン目標達成,ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • 鷲峰山トレイルラン練習会


    鷲峰山トレイルラン練習会
,ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • 梶原の佐渡五輪を探して山中探索

    ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • 佐摩山・孝霊山・免賀手山登山(ランじゃないよ)

    佐摩山・孝霊山・免賀手山登山(ランじゃないよ),ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • 大山グルリンパ(ちょびっとトレイルバージョン)

    大山グルリンパ(ちょびっとトレイルバージョン),ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • からすてんぐ100(2/2)

    からすてんぐ100(2/2),ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • からすてんぐ100(1/2)

    からすてんぐ100(1/2),ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • DAISEN GREEN RUN FES スカイトレイルラン

    DAISEN GREEN RUN FES スカイトレイルラン,ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • DAISEN GREEN RUN FESのコースで練習会

    DAISEN GREEN RUN FESのコースで練習会,ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • 【中間報告】大山山頂 35/66回

    【中間報告】大山山頂 35/66回,ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • 【中間報告】大山山頂 35/66回

    【中間報告】大山山頂 35/66回,ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • 大山コルリンパトレイル


    大山コルリンパトレイル
,ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • 大山トレイルラン練習会

    大山トレイルラン練習会,ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • かんべの里・みんなでトレイルランニングレース(ボランティアスタッフ)


    かんべの里・みんなでトレイルランニングレース(ボランティアスタッフ)
,ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • お花畑が見たくて大山ユートピア
へ

    お花畑が見たくて大山ユートピア
へ,ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • 岡山県立森林公園トレイルラン(練習会)

    岡山県立森林公園トレイルラン(練習会),ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • 『DAISEN GREEN RUN FES 2020』開催決定!

    『DAISEN GREEN RUN FES 2020』開催決定!,ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • 大山山麓名水めぐりロンリーマラニック


    大山山麓名水めぐりロンリーマラニック
,ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • シーズン目標は「平日登山のみで山頂66回」

    シーズン目標は「平日登山のみで山頂66回」,ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • コロナから身を守る、大山登山の新作法


    コロナから身を守る、大山登山の新作法
,ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • とりあえず様子見の大山登山トリプル


    とりあえず様子見の大山登山トリプル
,ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

  • 禁断の県境越え? ロンリーマラニック


    禁断の県境越え? ロンリーマラニック
,ハーフ、フル、ウルトラ、超ウルトラ、はたまたトレイルランニングと、見境いなく走りまわっている“との”です。今度はどこを走ろかな。はな歌混じりでラン・乱・RUN。とのの心はごRUN心。

ブログリーダー」を活用して、とのさんをフォローしませんか?

ハンドル名
とのさん
ブログタイトル
との、ごRUN心でござる
フォロー
との、ごRUN心でござる

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用