searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

馬渕裕嘉志さんのプロフィール

住所
中区
出身
岐阜市

岐阜市生まれ。昭和60年、中部電力入社。平成12年、社内ベンチャー制度第1号として、家づくりコンサルティング会社を設立。平成19年に中電から離れ、独立資本でビジネスを開始。現在、マンション管理相談センターとして、住民目線に立った独自の手法で、マンション管理組合向けの管理品質・コスト改善、大規模修繕コンサルティングを手掛けている

ブログタイトル
しあわせデザイン研究所
ブログURL
http://livenet2.blog77.fc2.com/
ブログ紹介文
愛知・岐阜・三重・長野・沖縄を中心に、500件以上のマンション管理委託業務見直し&大規模修繕工事コンサルティング実績を持つマンション管理相談センターの代表理事です。仕事に懸ける想い、日々のコンサルティグの様子を熱く語ります!
更新頻度(1年)

363回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2007/03/25

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、馬渕裕嘉志さんをフォローしませんか?

ハンドル名
馬渕裕嘉志さん
ブログタイトル
しあわせデザイン研究所
更新頻度
363回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
しあわせデザイン研究所

馬渕裕嘉志さんの新着記事

1件〜30件

  • 原点に帰る

    この週末に、いくつか、コンサルティングでの質が不十分だと指摘されたマンションがありました。具体的には資料の完成度が高くないとか、期日に遅れたとか、メールの返信がなかった等。同時並行で進んいる案件が多すぎるのでは?と言われたマンションもありました。うーん、確かに、会合直前に徹夜することは、珍しくなく、落ち・抜けがあった資料もありました。中には、コンサルティングの業務に書いていないことを、当たり前のよう...

  • ひどい総会運営をする管理会社

    開会宣言から、司会進行まで、全部、管理会社のフロント担当者が行う。議案は、「〇〇の承認について」ではなく、「〇〇について」で、その場でA案、B案どちらが良いかの採決を取る。寄り立つべき管理規約のことをよく知らないで、感覚で話す。議案にすべき事項を報告事項で話し、かつ、その場で賛否を聞いて、賛成多数で決定する。組合側も、新築以来、そんな風な組合運営しか見ていないので、組織統制なく、総会に出席した皆で...

  • 火災保険料が大幅に値上げ!

    火災保険は、火事による家屋の損害だけでなく、風水害による被害にも保険金が支払われます。ここ数年、自然災害は増加傾向にあり、主要各社の火災保険収支は赤字傾向となっており、日本損害保険協会によると、18年度の損保各社の自然災害に伴う保険金支払額(地震による被害を除く)は、過去最大の約1・5兆円で、19年度も1兆円を上回り、20年度は約2500億円に減少したものの、保険料の値上げのスピードが追いついてい...

  • DXで勝負!

    最近、DXの書籍をいくつか読んでいます。マンション管理コンサルティングでも大規模修繕工事コンサルティングでも、かなりのシステム投資を行い、効率化を図ってきましたが、ここから、じわじわと生産性をあげるのではなく、一気に生産性を上げたいからです。そうしないと、増え続ける依頼に応えるのが難しくなっているからです。安定ではなく、チャレンジが信条です。【ブログ5114日連続更新中】(翌日に前日分を書くケース等も...

  • 第43回MAKS勉強会は「管理規約改定」総まとめ

    第43回目のMAKSの定例勉強会は、「近年の規約改正について学ぶ(担当マンションの規約は古くないですか?)」マンション管理士で司法書士でもある八巻先生の講義です。ありがとうございます!ここ数年で、大きな改定が行われており、更に、今年も改定があるため、マンション管理士にとっては、その専門性の見せ所は、管理規約の改定を自信をもって引き受けられるかどうか。まずは、国の標準管理規約の改正を基礎知識として抑えつつ...

  • 完全オンライン化の理事会のメリット・デメリット

    私の顧問先のマンション(80戸)では、昨年度の総会で、完全オンライン化理事会の開催ができるように規約を改正し、今、オンラインで理事会を開催しています。メリットは、1,各自、自宅からのアクセスなので、平日の夜でOKなこと。2,当日の議論において、過去の資料や写真や図面等、すぐに、私のPCから共有できるので、曖昧さが解消できること3,参加率が高いこと。今のところ、100%です。デメリットは、1,会話のタイ...

  • 建設現場でも起きているクラスター

    今年の5~6月、新型コロナウイルス感染症で、計35人の陽性が判明し、和歌山県内最大のクラスター(感染者集団)となったのが「和歌山城ホール建設関係」。市公共建築課は「風通しの良い躯(く)体工事から、屋内の内装、機械設備へと作業内容が移るところで感染防止対策を強化するべきだった」と振り返っているそうです。この話からすると、すべての工事が屋外で行われるマンション大規模修繕工事の現場とは異なるのかなと思い...

  • 2年目点検インスペクションで沢山の指摘が出る訳は?

    70戸クラスの築2年目のマンションで、アフター保証2年目点検のインスペクションを引き受けてから、1年が過ぎます。新築アフター保証は、「アフターサービス基準」があり、多くのマンションで同じような内容ですが、その対象項目だけに絞っても、相当な指摘事項が出ます。なぜなら、そもそも、売主から「アフター2年目点検の時期ですよ」と通知やアンケートが来ても、アフター対象の詳細な説明が添えられているケースは見たことがな...

  • 管理委託費の値上げ容認か、管理会社の徹底か?を迫られている管理組合へ

    当社のくつかの顧問先に、管理会社から値上げの申し入れが来ています。その際の決まったセリフは、「本社で決めたことであり、この値上げ額からは譲れない」嫌だと言ったら、どうなるのか?「管理は続けられない」(言外に、管理から撤退するという意味)一見、かなり強硬ですが、フロント担当者からすれば、会社からそのように申し入れるように言われているから、それ以外の選択を提示できないだけです。最初から、「価格について...

  • 大規模修繕1年点検でわかる工事品質

    一昨年の秋工事の大規模修繕工事は、期間的には、今年の年末から冬にかけて1年点検となるのですが、新型コロナ禍の中で、実施時期が延び延びになっています。工事の保証期限が1年に設定されている工事項目はなく、工事全般の不具合発生を見るので、1年を過ぎてからの1年点検の方が、マンションにとっては、メリットがあります。点検してみると、良い仕事をしてある現場は、やはり、美観もよく、特に、塗装は、腕の違いや材料の違い...

  • 来春に向けた大規模修繕工事入札、始まる

    ようやく、4マンションで、今年秋の大規模修繕工事入札が終わったと思ったら、引き続き、来春の大規模修繕工事の入札が始まります。それ以降も、コンサルティング先のマンションで、順次、予定が出ています。1シーズンで、これだけのマンションのコンサルティングができるようになったのは、多くの管理組合から、当社のMACM方式コンサルティングを支持いただけたのと、各コンサルタントの精進の賜物です。感謝です。2021年...

  • 会社にパソコンを忘れると…

    いつも、ノートパソコンを持ち歩いて、通勤の車中においても、移動においても、もっと言えば、旅行先でも、仕事をするのが習慣です(笑)が、今日は、マンションの建物調査が終わり、地下鉄の駅が近かったため、車の送迎は不要だよとスタッフに伝え、珍しく電車で、夕方早い時間に帰宅。平日の夜に、理事会等がない日は、月に、1,2度あるかないかなので、これも珍しい。電車内では、本を読んでいたので、パソコンに触らず。これも珍...

  • スポーツ界で、うれしいニュースが続く

    ゴルフの松山英樹プロが、マスターズを制覇したニュースは、衝撃的で大変うれしかったのですが、ここにきて、スポーツのビッグニュースが続きますね。女子ゴルフの全米女子オープン選手権で、19歳の笹生優花選手が史上最年少優勝。陸上100メートル走で、山縣亮太選手が9.95秒の日本記録更新。体操の内村航平選手が、鉄棒で、世界歴代最高得点をマークしてのオリンピック出場決定。選手たちに共通するコメントは、「周りの協力や支...

  • いよいよ、新型コロナウイルスワクチン接種の順番が!

    岐阜市からのお知らせで、いよいよ、新型コロナウイルスワクチンの接種の順番が来そうです。以下の通り。岐阜市保健所 感染症対策課です。基礎疾患を有する方、高齢者施設等従事者及び60歳~64歳の方に対して、7月上旬を目途に新型コロナワクチンの接種券の発送を予定しています。発送にあたり申請が必要となりますので、該当する方は、下記URLをご覧いただき、申請書の提出をお願いいたします。【申請書提出期限】令和3年6月11日...

  • 大規模修繕工事見学会、ご参加、ありがとうございます。

    先週末の土曜日、江南市で、大規模修繕工事見学会を開催しました。参加者は、約10名。新型コロナ感染防止の観点から、近くの公民館で60名収容の会議室を借りて、そこに集合。事前のレクチャーを10分。移動して、現地では、20分程度で、建物の外から、下地補修の様子、タイル色合わせの様子、シート色の選定の様子、塗装試験跡などを見学いただきました。実際に、タイル浮きの補修であるピンニング工事の実演も見ていただきました。...

  • 第6期「活躍できるマンション管理コンサルタント養成塾」締め切り

    今年、第6期を迎える同講座は、その事前を兼ねた「活躍できるマンション管理士になるための基礎講座&説明会」を4月末にZOOMで開催。第2回目の基礎講座を予定していましたが、新型コロナの緊急事態宣言が続くことから、開講せず、現時点でお申し込み(予定含む)のある方だけで、新型コロナの緊急事態宣言明けを待ち、7月から開講することとしました。もし、本ブログの読者の中で、「説明会があれば、参加したのに」と言う方が...

  • 大規模修繕工事見学会開催

    この土曜日は、江南市で、大規模修繕工事見学会&勉強会です。新型コロナ感染防止のため、建物内には入らず、勉強会も、広い会場で、十分な対策を取り、実施します。定員10名のところ、丁度、10名のお申し込みで、充実した学会を開催したいと意気込んでおります!【ブログ5100日連続更新中】(翌日に前日分を書くケース等も含んだ日付連続更新)←【人気ブログランキングに登録しています】←【人気ブログランキングに登録しています...

  • 大規模修繕工事入札ツールの改良

    この春は、4マンションの入札があり、それとは別に4マンションで入札を行うための概算予算・工事仕様・工事時期を承認いただく総会があり、非常にタイトなスケジュールでした。現在、20件以上の大規模修繕工事コンサルティングを引き受けているので、この状態は、数年続くことが確定していますし、コンサルティング契約が内定しているマンションもいくつかあります。今まで、コンサルタント養成塾のために、ツールを標準化し、それ...

  • 武豊と京都のマンションで総会前の理事会

    昨夜は武豊町、今夜は京都の顧問先マンションで、総会前の理事会です。これまで、何度も、電話やZOOMでのオンライン参加を活用してきましたが、今回は総会前の理事会のため、リアル参加。感染防止のために、電車や新幹線ではなく、自動車で行きます。武豊町の場合、会社から1時間、自宅まで1時間半。京都の場合、会社から2時間、自宅まで、1時間45分。恐らく、総会は、新型コロナ感染防止の観点から、委任状や議決権行使書での参加...

  • 大型マンションの大規模修繕工事は調査のキープランから

    名古屋市内の200戸超のマンションで、大規模修繕工事コンサルティングが始まりました。東西に分かれた棟。多層なセットバック。小規模マンションと異なり、建物の状況は、調査地点によって、かなり違います。初回の理事会・修繕委員会では、建物調査のための住民アンケートの提案と調査対象住戸の選定キープランを提示しました。実は、このキープランが大切。「この建物の劣化をできるだけ正確に把握するために、この住戸を調査し...

  • 理不尽な総会ほど面白い!

    管理組合の総会は、組織的な統制のない会議で、参加者はそれぞれ発言権があり、同じ住民同士で争いたくない心理が働くので、時に、「言いたい放題」のシーンがあります。毎年、総会に、お酒を飲んで参加し、議案には、基本、反対意見を言う!なんて方もいます(笑)管理委託契約の更新も、顧問契約の更新も、「他を探したのか!?」と毎回、同じ質問をする方もいます。客観的に見ると、「理不尽な批判」かもしれません。が、それはそ...

  • 総会シーズンの上手なドライブ

    3月末が会計年度のマンションが多いので、この5月、6月が理事会、総会シーズンです。現在、60ほどのマンションの顧問を務めていて、そのうちの多くは、各コンサルタントに担当をシフトし、総括顧問の立場になっているため、すべての会合に出ることはないのですが、この時期の日程調整が非常に難しいことには変わりないです。この時期を乗り切る手段は二つ。一つは、地理的に近いマンションを同日で集め、移動時間のロスを少なくす...

  • タイル剥落訴訟で1億円支払い!

    日経アーキティクチェアの記事で、神戸のマンションで、2005年竣工のマンションのタイル剥落補償として、約1億円の支払いで和解したとのニュースを読みました。神戸新聞の記事このマンションでは、タイルの浮きが15%。通常、10年程度で3~5%の範囲内なら通常の劣化と言えるが、浮きや剥離が10%以上との一級建築士の見解が決め手になったと読み取れる解説でした。争点は、タイル張りの際、製品使用説明書通りの工法を用いていな...

  • マンション住戸リフォームの手続き

    顧問先マンションで、住民から管理会社への問い合わせで、「リフォームや引っ越しの際の手続きを教えて欲しい」との依頼。管理会社が作成した配布文書をチェックし、完成したのがこちら。リフォーム・引っ越しの注意点(お知らせ)日頃より組合運営にご協力頂きまして誠にありがとうございます。表記の件につきまして、リフォーム・引っ越しをする際は必ず、管理会社までご連絡をお願いいたします。特にリフォームについては、「届...

  • 新型コロナ禍下の総会の短時間運営(2)

    昨日のブログに対して、次のコメントを頂きました。ありがとうございます。「やはり、今までより丁寧な説明が必要だと思います。アリバイ作りかもしれませんが、今までの議案書だけでなく、その議案書の解説/読み方を別冊で配布するとか。ただ、コロナを言い訳にして、管理規約の改正などの重大な案件を他の議案と共にサラっと通過させてはいけないと思います。やはり、議案に応じて時間をかけて理解をいただく場合もあると思いま...

  • 新型コロナ禍下の総会の短時間運営

    緊急事態宣言が延長されそうです。この6月は、組合の総会シーズンなので、苦慮されているマンションが多いと思いますが、恐らく、昨年の経験を踏まえて、延期というより、議決権行使書を活用した総会開催を計画するマンションが多いと思います。役員以外の出席がなく、委任状と議決権行使書のみの総会となったら、時間を短縮する有効な方法として、次の方法があります。それは、議案のタイトルを全部読み上げ(説明はなし)、一括...

  • 顧問先から、定期総会前に、こうしたいが・・・(質問)

    定期総会で、色々な懸案事項を考えたいという顧問先からの質問。Q1,管理室内の書類保存スペースがいっぱいなので、エントランスホール壁際に、書庫を設置しようかと考えていますが、有りでしょうか。A1:共用部の使用は、特定の区分所有に影響がなければ、者総会決議により、可能です。2,町内会を脱退してから、防災用品をマンション自前で用意する必要性を感じています。エントランスホールの壁際に、椅子兼用の横長収納ボ...

  • マンションはやがて、次の3種類に分かれる

    この週末のMAKSの管理組合向けセミナーでの平山コンサルタントの挨拶が見事!ご自身の顧問先での経験等を踏まえ、「マンションの顧問を務め、また、いくつものマンションから相談を受け、色々な問題を目の当たりにすると。マンション管理組合は、やがて、次の3種類に分かれる。」「高経年でも価値が落ちない、ヴィンテージマンション」「改善の余地があるマンション」「改善しようにも手が付けられないマンション」「三つのう...

  • 【質問】玄関ドアの歪みは、誰が直すのか?

    第1回目の大規模修繕工事コンサルティング先の住民さんからの質問。「玄関ドアの歪みは、組合か個人か、どちらが直すのか?」(回答)ドアが歪んでいると感じる場合、不具合の箇所は、主に次の三つが考えられます。1、建物の躯体=ドアの開口部が歪んでいる。2、ドア(の枠)そのものが歪んでいる。3、蝶番が緩んで、ドアが傾いている。負担が、組合か個人か?は、自然劣化(地震も含む)ならば、組合。使用に伴うものであれば...

  • 【質問】大規模修繕工事と給排水設備の関係は?

    第1回目の大規模修繕工事コンサルティング先の理事長からの質問。「大規模修繕工事の一環として、給排水設備について、どの様にお考えですか?」この理事長は、非常に責任感の強い方なので、大規模修繕工事の全容が見えてくる中で、ふと、心配になられたのだと思いますが、これだけでは、質問の意図を掴めないため、こちらから、質問。〇〇さん下記の問い合わせですが、具体的には、給排水設備とは、 配管のことでしょうか? ...

カテゴリー一覧
商用