searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ジョスィーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
十七音のとびら
ブログURL
https://junanaonno.blogspot.com/
ブログ紹介文
いろいろな人の俳句を自分なりに味わっていきます。
更新頻度(1年)

71回 / 241日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2021/01/29

参加カテゴリ

ポエムブログ / 俳句

※ランキングに参加していません

フォロー

ブログリーダー」を活用して、ジョスィーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ジョスィーさん
ブログタイトル
十七音のとびら
更新頻度
71回 / 241日(平均2.1回/週)
フォロー
十七音のとびら

ジョスィーさんの新着記事

1件〜30件

  • 障子貼る(しょうじはる)

    仲秋・人事/夏の間涼をとるためはずしてあった障子を秋になってもどすとき、紙を貼り替えること。貼り上げた障子は純白ですがすがしい。部屋のなかが明るくなり、気分も新たになる。 貼り終へて母は障子の向う側  今瀬剛一 障子のある家に住んでいたとき、両親と一緒に貼り替えたことがある。めん...

  • 曼珠沙華(まんじゅしゃげ)

    仲秋・植物/ヒガンバナ科の球根植物。堤防や畔、墓地などに生える。秋の彼岸のころ50センチほどの花茎を1本のばし、真っ赤な花を輪状につける。葉は花後に叢生し翌春に枯れる。曼珠沙華は天界に咲く赤い花を表す梵語。全草有毒。 死ぬときは火柱たてて曼珠沙華  石飛如翠 一瞬、火葬場で遺体が...

  • 敬老の日(けいろうのひ)

    仲秋・人事/9月の第3月曜日。国民の祝日。多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日とされる。 理髪椅子神父をのせて敬老日  朝倉和江 理髪店の椅子に座らなくなって久しい。自分で髪を切るようになったからだ。 よくよく考えてみると、あの椅子に座るのって怖くないだろうか...

  • 燕帰る(つばめかえる)

    仲秋・動物/春に渡ってきて繁殖した燕は9月頃、群れをなして海を越え、フィリピンやインドネシア、マレーシアなどで越冬する。軒下に巣が残され、さみしさを感じる。 ひたすらに飯炊く燕帰る日も  三橋鷹女 あれやこれや忙しい日々を送るなか、軒下で懸命に子育てする燕の姿を見守るのは楽しみの...

  • 待宵(まつよい)

    仲秋・天文/旧暦8月14日の夜、またはその月のこと。十五夜を翌日に控えた格別の趣をさす。望月に満たないので小望月ともいう。 待宵やひとの赤子のうすまぶた  星野麥丘人 大きな瞳がよく動く赤ちゃん。眠っていても、ぷっくりとしたまぶたが愛らしい。 月明かりはそのうすいまぶたを通りぬけ...

  • 颱風(たいふう)

    仲秋・天文/北太平洋西部の熱帯海上、北緯5~20度付近に発生する熱帯低気圧で最大風速が毎秒17.2メートル以上に発達したものをいう。夏から秋にかけて暴風雨をともなって日本や東アジアを襲い、甚大な被害をもたらすことがある。 颱風一過女がすがる赤電話  沢木欣一 台風一過のぬけるよう...

  • 高きに登る(たかきにのぼる)

    仲秋・人事/中国の古俗。9月9日に、 茱萸 ( ぐみ ) を入れた袋をもって高いところに登り、邪気をはらい長寿を願う。 亡びたる城の高きに登りけり  有馬朗人 地元に戦国期の山城がある。強大な大名が支配する国境に位置し、戦略的に重要な城だったようだ。いまでも曲輪や土塁、竪堀、堀切...

  • 新涼(しんりょう)

    初秋・時候/暑い夏に感じられる涼しさではなく、秋に入ってからの待ちこがれていた涼気をいう。 新涼や尾にも塩ふる焼肴  鈴木真砂女 真砂女さんにお会いしたことがある。 背筋がぴしッと伸びていてスニーカーをはいていた真砂女さんは、老紳士に言い寄られて困惑していた。 そんなへんてこな夢...

  • 蜩(ひぐらし)

    初秋・動物/明け方や夕暮れに涼しげな澄みきった声で鳴く。寂寥感もあり、秋のものさびしさに通ずる。 ひぐらしをきく水底にゐるごとく  木内怜子 いつだったか、伊豆の修善寺を散策していたとき、夕刻だったと思うが、かなかなの鳴き声におぼれそうになったことがある。 指月殿あたりだったか、...

  • カンナ

    初秋・植物/熱帯アメリカやアフリカ原産の球根植物。高さ1~2メートル、葉は大きく、太い茎の先に赤、ピンク、オレンジ、黄などあざやかな色の大ぶりの花をつける。花期は7~11月頃と長い。 ピアニカを吹く緋のカンナ黄のカンナ  丹沢亜郎 こういう句に出会うと、俳句は韻文である、意味でつ...

  • 枝豆(えだまめ)

    三秋・人事/まだ熟しきっていない青い大豆を茎ごと収穫したもの。さやのまま塩ゆでして豆を食べる。ビールのつまみの定番。十五夜に供えるので月見豆ともいう。 枝豆を真青に茹でて一人とは  梶山千鶴子 最初、「一人」を独身という意味にとって、仕事に明け暮れるビール党の女性の自嘲気味の句と...

  • 白木槿(しろむくげ)

    初秋・植物/木槿は中国・インド原産のアオイ科の落葉低木。7~9月頃、直径5~15センチの五弁花を枝先に次々とひらく。花色は白やピンク、赤など。早朝に咲いて夕方しぼむので、はかないもののたとえにもなる。韓国の国花。 亡き父の剃刀借りぬ白木槿  福田蓼汀 「借りぬ」がこの句の肝だろう...

  • 天の川(あまのがわ)

    初秋・天文/天の川銀河の無数の恒星の集団で、帯状に夜空を大きく横切るように見える。8月に天頂にかかる。 天の河落ちんばかりに鬼太鼓  三嶋隆英 鬼太鼓は新潟県佐渡地方の民俗芸能。鬼や獅子、笛、太鼓などの一団が五穀豊穣や家内安全などを祈りながら家々の玄関先で悪魔を払う神事。120あ...

  • 盆支度(ぼんじたく)

    初秋・人事/盆に先祖の霊を家に迎える準備のこと。墓掃除や仏具みがきのほか、盆棚にしく真菰を用意したり、野菜や果物など供え物をそろえたりする。 亡き妻のすでに来てをり盆支度  森澄雄 生前、家のこと、身の回りのこといっさいを担っていた妻と、仕事ばかりでほかのことには無頓着だった夫。...

  • 立秋(りっしゅう)

    初秋・時候/二十四節気の一つ。8月7日頃。暑さはきびしいが、朝夕の風や流れる雲などに秋へ向かう気配を感じる。 立秋や鏡の中に次の部屋  辻田克巳 歳時記をめくっていて気になった一句なのだけれど、これはどんな場面なのだろう。 いつもの見慣れた家の部屋が鏡に映っているのを見るとどこか...

  • 夏終る(なつおわる)

    晩夏・時候/登山、海水浴などのシーズンが去りゆき、惜しまれる。 泉の底に一本の匙夏了る  飯島晴子 こんなところになぜこんなものが、という発見をすることがある。 避暑地の泉だろうか。澄んだ水底に光る銀の匙。 落ちてしまったのか、投げ捨てたのか。すくおうとしていた、あるいはすくった...

  • 夜の秋(よるのあき)

    晩夏・時候/晩夏、夜になるとどことなく秋の気配がただようこと。一抹のさびしさを感じる。 オペラ座の裏窓ひらく夜の秋  市ヶ谷洋子 若いころ欧州大陸をうろついていた夏、ウィーンで『エリザベート』というミュージカルを観た。劇場で本格的なミュージカルなど初めて。ウィーンといえば芸術の都...

  • 網戸(あみど)

    三夏・人事/蚊や蠅など虫の侵入を防ぎ、風を通すため、目の細かい網を張った建具。 網戸して外より覗く己が部屋  柴田佐知子 子供時分、生家のトイレの窓には網戸がなかった。用を足している最中に、侵入した大きなアシダカグモが壁にはりついているのに気づき硬直したことは一度や二度ではない。...

  • ナイター

    晩夏・人事/夜間、照明をつけて行う野球の試合のこと。和製英語。納涼をかねた野球観戦でもある。 ナイターに見る夜の土不思議な土  山口誓子 強い照明に照らされた夜の土は、陽ざしのもとで見る土とは明らかに表情がちがう。 昼が表の顔とするなら裏の顔といおうか、うまくいえないけれど、まさ...

  • グラジオラス

    晩夏・植物/南アフリカ・地中海沿岸原産のアヤメ科の球根植物。高さ約1メートル。剣状の葉の間からのびた花茎に夏、横向きにならんだ漏斗状の花が下から順にひらく。花色は白・赤・黄・紫など豊富であざやか。 グラジオラス妻は愛憎鮮烈に  日野草城 剣のように硬くとがった葉を空に向かってのば...

  • ざり蟹(ざりがに)

    三夏・動物/甲殻類に属する節足動物。沼や水田など流れのゆるい淡水域に穴を掘って生息する。雑食性で、貝や小魚、水草などを食べる。一般には移入されたアメリカザリガニをさすが、日本固有種のニホンザリガニは絶滅危惧種。 ザリガニの音のバケツの通りけり  山尾玉藻 単純明快だが、こういう句...

  • 冷し中華(ひやしちゅうか)

    三夏・人事/ゆでて冷やした中華麺の上に錦糸卵や細く切った胡瓜、ハムなどの具を彩りよくのせ、酢醤油などのたれをかけた料理。 冷し中華時刻表なき旅に出て  新海あぐり 夏休みの一人旅。何かをちょっと変えてみたくて。 とりあえず決めたのは北へ向かうことだけ。鈍行に乗って、景色をながめ、...

  • 梅雨明く(つゆあく)

    晩夏・時候/梅雨前線が北上し、梅雨が終わること。暦の上では入梅から30日後。雷鳴を伴った豪雨のあと梅雨明けとなることも多い。 梅雨明けぬ猫が先づ木に駈け登る  相生垣瓜人 ようやくわが庭にも太陽が戻ってきた。 雨にふりこめられていた飼い猫がよろこび勇んで飛び出していく。 おお、あ...

  • 開襟(かいきん)

    三夏・人事/襟元が大きくひらいたデザインのシャツのこと。ネクタイを結ばずに着る。 逢ひに行く開襟の背に風溜めて  草間時彦 あれは高校3年の夏だった。あまりに暑いので、兄がサイズが合わず着なかった開襟シャツを試してみたら、首まわりに風が通るだけでずいぶん凌ぎやすいことがわかった。...

  • 夏野(なつの)

    三夏・地理/草が青々と生い茂り、草いきれでむせかえるような野原。 傷舐めてをれば脈打つ夏野かな  市堀玉宗 腰まで覆い隠すような草原に分け入って遊んでいるうち、知らぬ間に腕や足に切り傷ができて血が出ていたなんて経験はだれにでもあるだろう。 「舐めて」で血の味やにおい、生あたたかさ...

  • 蠅取リボン(はえとりりぼん)

    三夏・人事/蠅を捕るためにつるす粘着性物質を塗ったリボン。 蠅取リボン蠅の書きたる一行詩  中原道夫 蠅取リボンなんて、とりこわされた父の生家とともにこの世からとっくに消え失せたものと思っていたが、調べてみたら、いまでもしっかり販売されているので驚いた。 となると、「蠅の書きたる...

  • 梔子の花(くちなしのはな)

    仲夏・植物/梔子はアカネ科の常緑低木で暖地に自生。庭木として多くの園芸種がある。6~7月、芳香の強い白色の一重または八重の花を咲かせる。 くちなしの花びら汚れ夕間暮  後藤夜半 生家の庭にはけっこういろんな木があったけれど、梔子ほど香りの強い花を咲かせるものはなかったと思う。鼻を...

  • 五月闇(さつきやみ)

    仲夏・天文/五月雨がふるころの月の出ない夜の暗さをいう。この時期の厚い雲におおわれた日中の暗さをさすこともある。 すり寄りし犬の肋や五月闇  川崎展宏 静かな雨のなか、仕事から帰ると庭へまわって、シロの様子を見にいく。 暗闇に白いかたまりが動いたのでほっとする。 ゆっくり立ち上が...

  • 夏至(げし)

    仲夏・時候/二十四節気の一つ。6月21日頃。北半球では太陽が一年で最も高い位置にあり、昼がいちばん長い。 地下鉄にかすかな峠ありて夏至  正木ゆう子 あ、いま下ってるな、と地下鉄に揺られながら感じたことがある。 「峠」だから、上って下る、その勾配に気づいた作者。だんだん昼が長くな...

  • 蛍籠(ほたるかご)

    仲夏・人事/竹や木などの枠に目のあらい布や細かな金属の網を張った籠で、蛍を入れて愛でるもの。軒先や庭木につるして楽しむ。 蛍籠昏ければ揺り 炎 ( も ) えたたす  橋本多佳子 籠のなかの蛍が揺さぶられると本当に光るのかどうかは知らない。 知らないが、「炎えたたす」とは尋常じゃ...

カテゴリー一覧
商用