searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

kanemonさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
薬局経営研究所
ブログURL
https://newkanemon.hatenablog.com/
ブログ紹介文
薬局経営に関わること研究し、あれこれ書いています 新規開局、多店舗展開、多角化、運営など多岐に渡って書いてます
更新頻度(1年)

336回 / 336日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2020/08/26

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、kanemonさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kanemonさん
ブログタイトル
薬局経営研究所
更新頻度
336回 / 336日(平均7.0回/週)
フォロー
薬局経営研究所

kanemonさんの新着記事

1件〜30件

  • 最も気を付けないといけない事のひとつ

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 最も気を付けないといけない事のひとつ 本日は、何か新しいことをしようとした時 に気を付けないといけないことです。 それは、『錯覚』です。 でもですね。ある程度は仕方ないというか ポジティブでなければという面もあるのは あるのですが・・・ 冷静な判断力は必要です どうしても、〇〇で上手くいって・・・ と自分の頭の中で成功イメージを膨らませ ていきます これ自体は悪くはないのですが 大事なのは、その相手になるひと (患者さんや顧客)が本当にそれを必要と しているのか? ということです。 もっとシビアに言うと この順番は昔の発想です。 昔のモノ…

  • 数字の上がり方

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 数字の上がり方 今回は調剤薬局だけでなく、多くの 事に共通する話です。 新事業(M&Aなどの継承を除く)を していて、多くの経営者はこう思うの です。 『これだけ色々しているのに、数字が あがらない』 とね これって、ホントよくあるのです どうしても頑張った事に比例して結果 が出ると思うし、出て欲しいとも思い ますけどね でも、残念ながらそうなることはまず ないですね 滅多にないです では どんな感じが多いかと言うと なかなか結果に結びつかないが いきなり上がるという現象です。 もちろん、全ての事業があがるわけ ではないです。 上がる時は…

  • 会計知識は必要か?

    尿管結石で体調を崩していたが ようやく良くなってきた 薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 会計知識は必要か? 『経営を学ぶ』としたらどんな事が 頭をよぎりますか? 実際に聞くと 会計知識をお話しされる人が多いです それは、間違いではないです。 私は調剤薬局だけでなく会社経営では お金と人 が特に大事と思っています。 理由は この2つが上手くいくから経営が続く というのがあります。 私は経営は理想を実現していくこと なので 経済的なことだけでは理想なのか? というと『?』ですよね (もちろん経営を続けて行くために 経済面は大切です) だってですね。 経済的に上手くいっていても…

  • 進化の一歩目は?

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 進化の一歩目は? あなたは進化したいですか? 私は常にしたいと思っています。 でもですね、そうは言ってもですね 『何をしたらよいの?』 と思いませんか? 闇雲に何でもやってみる これも悪くはないとは思います。 ですが、結構時間やお金、体力を使い ますよね。 それに、そもそも雲をつかむ感じ と思いませんか? そうなると、いきなり何かをする と先ほどの様になります。 実は、結構一歩目でこれがあるな と思う現象があります それは【気付き】です。 行動する前に、今まで気付かなかった ことに気付き、やってみよう となる。 これ、結構良いパターンです…

  • 進化するのに必要な事

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 進化するのに必要な事 いよいよオリンピック始まりましたね 4年に一度が今年は初めての5年に1度 になったのですが すごいですよね 4年後(5年後)に向けてひたすら練習 をするのですから 4年後(5年後)という目標にむけて ですね もし、そういった大会がなかったら いかがでしょうか? きっと、記録って今ほどでていないの ではないのかもしれません これって、会社とかでも言えませんか? 目標が明確に、期限もあって 数値化もできている しかも、今日明日ではなく何年も先の 目標があるのとないのでは違うという こと 会社のビジョンとも言えますね 意外…

  • これ大事なのに・・・

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 これ大事なのに・・・ 社員さんからのヒアリング 経営者からの話 関係会社からの話 などで定期的に出る話 それは どう対応しているのか? ということ 調剤薬局なので、当然患者さんに ちゃんと対応している(はず) それ以外によく出る話 社員でしたら 『上司からの反応がない』 などの話です。 これ、ホント注意しないと もったいないです。 反応ないということは、たいした 事ではないということなので、次 からやりません となりがちですから 『そんなことはない。ありがたい』 と言っても、相手に伝えてないなら そういう事になります。 ひと言でも良いのに…

  • どんな経営者が魅力的ですか?

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 どんな経営者が魅力的ですか? 抽象度の高い質問ですよね。 調剤薬局経営者に限らず、一般的な経営者に 置き換えても、色んな答えがありますよね。 色んな人から 『こんな経営者が良い』 というのを聞くのですが、フォーカスして いるところが、大きくわけて2種類あると 感じています。 ひとつは事業規模ですね。 もうひとつは その経営者が目指していること そして、不思議な事に年数が5年以上の人 くらいから圧倒的に後者を言うのです。 (もちろん10年以上でも前者のことも あります) ちなみに私は後者です。 これ、意外と見てる人は多いのです 『あの人はど…

  • 客観的が大事

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 客観的が大事 なんでもそうなのですが 当事者ってどうしても感情が入って しまうのですね。 例えば 『〇〇なことがあるので、いつも 大変なんです』 ということがあったとします。 では、そういうことはどのくらい ありますか? と当事者に聞いた時には、だいたい 『いつもです』 となります。 でもですね 実際には、週に数回ということも よくあります 当たり前なのですが、会社が いつもの事に対策をたてるのと 週に数回の事に対策をたてるのは 違うのです。 現場の意見は確かに大事ですが 客観的に数値化したものでも見る ということはホント大事です。 こん…

  • 思考の柔軟性

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 思考の柔軟性 今の時代は圧倒的に昔とは時間当たりで 得られる情報量が多い。 このことは何を意味しているかと言うと 進化しやすいということです。 昔は『職人は見て覚える』 という様なことがよくありました。 たしかにこれも大事なことであるのです が、全てこれだと時間もかかるし受け手 が間違って解釈をしてしまうこともある 今は、感覚よりも理論の時代ですよね スポーツでも 私の子供の頃は、根性論 『とにかく声を出せ』 『とにかく素振りを何回も』 『水は飲むな』 という様な感じでした 今は違いますよね 当然、『水は飲みましょう』 キケンですからね …

  • 集中導入開始宣言がでています

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 集中導入開始宣言がでています 『集中導入開始宣言』にピンと来た方 すばらしい そう、オンライン資格のことです。 10月までの3ヵ月集中導入開始宣言 を厚労省がしています 当初の予定が何かと遅くなってしまって いるのもあって、この3カ月で登録を と厚労省が言ってます。 資格のある薬局への導入補助金対象期間 はまだありますが、早めに導入のを予定 していた方が良い感じです。 というのも PCやルーターの入手が困難になっている ようで、『ITベンダー(レセコン会社) と打ち合わせを』と言ってます。 国からもPC製造会社に依頼するようです。 こちら…

  • なんで薬局での人間関係トラブル多い?

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 なんで薬局での人間関係トラブル多い? あなたも思った事ありませんか? 薬局って、人間関係のトラブルが多い と思ったこと 誰もが、一度は薬局にいる人同士の 人間関係トラブルって聞きますよね まあ、どこの会社であるといえば その通りです 調剤薬局は相対的に多いと思いますが あなたはどう思いますか? 原因のひとつは 同じ狭い空間に人が多い というのがあると思う それに ワンオペのところを除けば、必ず といっていいくらいに何かしらの 連携が必要になる というものもありますね そして、あるあるのトラブルは お互いの方針の違いによるトラブル A『私は…

  • 経営者は勉強した方が良いの?

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営者は勉強した方が良いの? 今日のタイトルは 『経営者は勉強した方が良いの?』 です。 個人的に言えば、答えは当然 『YES』 です。 理由は、数えきれないほどの経営者 を見てきて思う事は 『ちゃんと勉強している経営者は違う』 と感じているからです。 もちろん、良い意味でです。 実際『素晴らしい』と思う経営者は勉強 してますよね。 #それに視点が違う #視野も広い これは、薬学知識だけとか経営学だけ とかと言う話ではないです。 経営なので、突き詰めると人間に関係 することが必ず出てきます。 なので、勉強している経営者かどうか がすぐわか…

  • 地域連携薬局はどうしますか?

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 地域連携薬局はどうしますか? もうご存知の通り8月から地域連携薬局が始まりますね 正確に言うと、専門医療機関連携薬局も始まります。 東京なんか、6月17日から事前申請受付してて早いですよね。 他の自治体はほとんど7月中旬から事前申請受付なのに・・・ 東京は、数が多いので早めに募集ということなのですかね? 今回は申請する薬局のほとんどが地域連携薬局と思いますので、 それを中心に話をします。 当然ながら、認定基準があります (文末に認定基準適応表URL等つけてますので、ご確認ください) 今回は 細かく見た時、みなさんが気になるであろうところを…

  • 個々を見た方が良いね

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 個々を見た方が良いね とーっても当たり前の話 でも、よくそうなるという話 それは、全体で語ること しかも、おそろしくでかい全体 もちろん私も言われた経験は1度や 2度ではない 例えばこんなこと 「調剤薬局は〇〇だから・・・」 とか 「薬剤師は〇〇だから・・・」 とか 「〇〇はダメだよ」 とか どう思いますか? あなたは、こう思いませんか? 「全部の調剤薬局がそうではないです」 とか 「全部の薬剤師がそうではないです」 と 思いますよね なので 「〇〇は△△だから・・・」 という、〇〇が職種や職域みたいな話に なったら、華麗にスルーで良いと…

  • 地域貢献の前に

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 地域貢献の前に 多くの調剤薬局の会社は 「地域に根差した薬局」 などの地域貢献をあげています 良い事ですよね ぜひとも と私も思います そんな良い事なのですが、その 地域貢献の前に、というのが あります どんな事かと言うと 「まず自分たちの状態を整えま しょう」 ということです。 極端な例えで言うと (こんなことはないですが) 自分たちの薬局の建物が壊れかけ で、安全が脅かされている。 給料を払ってもらえるか、安心で きない という状態だったらいかがですか? 例なので、極端すぎて現実にはそん なことはないという話ですが、ここ まではなくて…

  • これからは、これが益々大事

    人に夢を見させてくれる人って 純粋にすごいですよね 今の大谷選手。まさにですね 薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 これからは、これが益々大事 私は医療業界が一番多いですが それ以外の業界もサポートして います。 どの業界にも当てはまると思う事が あるのですね。 グーグル大先生ももちろん当てはま ってます。 業界問わずです。 そのグーグル大先生の理念と言えば 10の事実が有名ですよね そのひとつめにこれがあります ユーザーに焦点を絞れば、他の物は みな後からついてくる。 つまり、ユーザーへの貢献です。 これは、ネット社会になりデジタル化 が進んでも変わらないものです。 どう…

  • ステージ

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 ステージ 調剤薬局だけでなく、会社全部に言える ことなのですが、その会社のステージと いうのありますね。 開業・開局したときならファーストステ ージですが、当然そのあといくつもの ステージがあるわけです。 これをですね キチンと、計画的にしている会社と 結果的にこうなりました という会社は大きく違うのです。 未来は予想できないと言いますが だからといって 何もしなくて結果があるわけではない のです。 例えば あなたが、明日の月曜日は薬局に行こうと 思って行動するから、明日の月曜日は薬局 にいるのです。 気付いたら、薬局にいた なんてことは…

  • プレイヤーだけでない

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 プレイヤーだけでない 薬局経営者は経営以外にも 薬剤師としての仕事をしている人 は多いです となると 薬剤師業務以外のことも当然なが らあります 薬剤師業務も当然大事ですが 経営者業務も大事です 似ているけど、大きく違います では、どんなことが経営者業務な のでしょうか? 給与の支払? 卸への支払? そういったことも大事ですが これから、どんな価値を作って いくかというのも経営者の大事な 仕事になります 現状の把握 自分の会社の方向性 会社の取り組み予定 など そう、日々のタスクとは違うもの だってですね 給与の支払 卸への支払 などは、…

  • 与信とは?

    「夏は楽しい事が起きる」と 学生の頃から毎年思っている 薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 与信とは? 経営をしていると何かしらこの「与信」 と関わりがあります 露骨に言っていなくて、調剤薬局でも この「与信」に、ほぼ全調剤薬局が関 わっているのです。 では、そもそもこの「与信」ってなん でしょうか? 『取引先と何かしらの取引を行う時に その代金を回収するまでの間に相手方 に対して信用を与えること』 を言います。 支払見込みのある相手である、信用で きる相手であるということを証明する こと、信用を与えること でもあります そうですよね。 調剤薬局も薬の仕入れで卸さんへの支 …

  • 垣間見れる

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 垣間見れる とあるお店の前でのこと 『シャッターの棒はずさないってがさつ。 仕事もこんな感じなのかな?』 と言っている人がいた。 わかりますかね シャッターがある程度横幅あると、真ん中 に棒みたいのをさして、シャッターを別々 下げるやつです ⇩ ⇩ ⇩ (イメージ) 確かに、その奥にはお店の名前などが かかれており、ちょうど真ん中にこの柱 があり、違和感あるというか、柱が邪魔 な感じでした。 たしかにもったいない 知っての通り、これって外せますからね。 それと、これを脱着するのがめんどくさい という気持ちもわからないことはない。 でも、も…

  • 事業展開を考えるなら

    七夕に雨の記憶しかない 薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 事業展開を考えるなら 最近増えてきましたね 事業展開を考える薬局経営者 私自身、その相談を受ける事が多い です。 ただ、最近は昔とは内容に違いが ありますね。 それは、昔の延長上では考えてない ということです。 だってですよ 明らかに、昔と状況が違うのに 昔上手くいった方法をする というのが良いのか? となったら、答えは簡単ですよね だから 特にこの業界は昔上手くいった話は そのままというわけにはいかない かといって、勢いで真新しいことを するのも、上手くいく可能性は高く ありません 是非ですね 長期的な計画も一緒…

  • 最初はね

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 最初はね 当たり前ですが やったことがあるのとないのでは 大きな違いがあります 更には やり始めても、最初は効率が悪い のです 普通に考えたら当たり前の話ですよね でもですね これって、効率悪いから辞めた! となることが多い その後も改善見込みがないのなら それもアリです というより、そうすべきですが・・ この見極めが、初めての経験なら 難しいと思います まあ、一番は闇雲に始めないで 形からやらないで プロに相談するのが良いです。 私が携わった経験のある業界の周辺 も含めて その会社の事を私が詳しく知らなくても なにか始めた時に、 「〇〇…

  • だいたい同じです

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 だいたい同じです 今日はいつもと違った角度から 社長となると、なにかしらの事で 従業員に提出をしてもらうことが あります。 そんな時に 提出期限って設定すると思うので すね では、その提出期限は 1週間後までと4週間後以上までの 期限の提出はどちらが良いでしょうか? 時間的余裕がある4週間後 とおもいますよね 実際はというと同じ むしろ、4週間の方が忘れられる ことがある なぜでしょうかね それは、ほとんどの人が締切に 間に合うようにという感じでやる からなのです 提出するのが締切日と思う人が 圧倒的に多いのです。 提出日までに出す とい…

  • 社風

    恋するフォーチュンクッキーを 恋するフォーチュンクッキングと 思っていた 薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 社風 仕事柄、色んな会社のお手伝いをして いるわけですが、『社風』って感じます。 あなたも感じませんか? 私も、今だけでなくサラリーマン時代 も強く感じてました。 『社風』って大切ですよね とても働きやすいなぁ~ と思う事もあるし、そうでない社風も ありますよね 私は、大学卒業後はMRとして就職 してのですが、その会社の社風が好き でしたね。 そんな、社風ですが 調剤薬局の様な会社の場合どんなところ が強く影響していると思いますか? メンバー? それもあるのですが …

  • 進化が早まる方法

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 進化が早まる方法 進化したいですか? との質問があったら、経営者なら 『YES』 と答えるでしょう。 もし、それが『NO』であるのなら 代表取締役社長であることは事実ですが 経営をしているかどうかは微妙です。 なぜなら 経営をしていたら、常に何かしらの事を していないと、継続できないからです オーナーという立場ですべてを任せている のなら、それは現場で経営をしているとは 違くなると私は思います(定義の話ですね) もちろん、オーナーであるという立場を 否定しているわけではないです。 話を元に戻しましょう 進化ができる方法です。 結論から言い…

  • 調剤薬局の事業態について考える

    夏になるとテンションがあがる 薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 調剤薬局の事業態について考える 私はこんなコメントを頂いた時に 頭の中に『?』が浮かびます。 でも、残念ながらこのコメントを 頂いた回数は1度や2度ではない のです。 どんなコメントかと言うと 『調剤薬局はどこも一緒でしょ?』 いかがですか? あなたはどう思いますか? 『同じではないですよ~』と言いたく なりませんか? 確かにモデルが決まっているので ある程度制限されるのは事実です。 でもですね やれることが全て限定されていますか? 制限の枠の中でも、例えば 投薬の個室があるのか?ないか?だけでも 違いません…

  • 必要なことと強く感じる

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 必要なことと強く感じる 最近、既存事業について見直しをする 機会が続いています。 社長と話をしていても、なんとなく 思っていたが、実際にフォーカスして みると、思い違いに気付いたり、もっと 早く始めた方が良かったと思うことが 出てきます。 調剤薬局業界も多角化をする会社が 増えてきました。 会社の方向性を持つということは良い 事と思います。 ただ、形からだけで入るのはおススメ しません。 なぜなら、そのケースで上手くいった ケースを見ていないからです。 今までの調剤薬局はビジネスモデルが しっかりとあるので、形から入っても 環境がある程度…

  • この研修も大事ですね

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 この研修も大事ですね 調剤薬局は医療系です。 当たり前の話ですね。 私は、仕事の関係上他の医療関係 の経営者のサポートをすることが よくあります。 院長ともよく話をします。 そして、たまたま私が話をする先生 がそうなのかもしれないのですが、 スタッフが研修をすることに医院で 応援しているのですね。 この研修というのが、いわゆる学術 的なことだけではないのです。 患者さんへの対応とか 医療機関がどうやったらうまくまわ るのかとか チームとして力を発揮するには とか、色んなことの研修に協力的 なのですね。 医療人として、学術的な勉強は当然 な…

  • そりゃ、迷うでしょ

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 そりゃ、迷うでしょ 『正解探し』 日本人に多いです。 そして、真面目な人にも多いです。 この『正解探し』 悪いと言っているわけではないです。 こんな減少を拝見しました 『色んな人に相談したら、余計によく わからなくなりました・・・』 理由は 『色んな人に聞いたから』ですけどね なぜかというと 多くの人は、聞かれたら 『〇〇で上手くいったよ』 みたいな話をするのです。 これ、気を付けてくださいね 主語がない話であり、多くは 『(私は)〇〇で上手くいった』 という話です。 正解探しをしているなら、これが正解 なのでしょうか? そもそも 正解っ…

  • 経営者にとって大切な視点

    車移動が増えて、時間が正確に読めない から、早めに着き待機時間が増えた 薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営者にとって大切な視点 経営者はとにかく、決断することが おおいものです。 『社長、〇〇どうなっていますか?』 『社長、〇〇というクレームがあります』 『社長、そろそろボーナスを決めないと』 こんな感じで、決断を迫られることが多い そんな決断をする時に、他の人の意見も 参考にすることが多いと思います 友達の意見も参考にすることもあります それ自体は悪い事ではありません ただ、注意した方が良い事があります それは、客観的に見た意見なのか? ということです。 同じ事象が…

カテゴリー一覧
商用