chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
薬局経営研究所 https://newkanemon.hatenablog.com/

薬局経営に関わること研究し、あれこれ書いています 新規開局、多店舗展開、多角化、運営など多岐に渡って書いてます

kanemon
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/08/26

1件〜100件

  • 1秒で好感を得られる確実性の高い方法

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 1秒で好感を得られる確実性の高い方法 「もったいない」 と、思うことは世の中にいっぱい あります 今日はそんな話です きっと、誰もが身の回りの人から 好感が欲しいと思っています 知り合いや友達なら猶更 経営者なら社員からもそうですね もし、1秒で今より好感を得る方法 があるとしたら知りたいですが しかも、かなり確実な方法 それは、「いいねボタン」を押すこと 例えば 会社内でグループページがあるとします 誰かしらが、みんなの為にと情報を発信 したと時です。 もし、だれも反応しなかったらいかが でしょうか? 次の情報発信をやめるかもしれません…

  • 経営者が無意識のこともある2つのこと

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営者が無意識のこともある2つのこと 私は、調剤薬局の経営者をメインで サポートさせて頂いてますし、それ 以外の業種でもサポートしています それ以外にも、経営者の人と話す事 は、日常茶飯事であります そこで、この2つがよく出てくる と思う時が良くあります (それ以外もありますが) それは、経営方針などを決める時に どんな人を意識しているかです ひとつは 調剤薬局なら患者さん、一般の店舗を されている人ならお客さんです。 当然の事と思います もうひとつが 意外に思うかもしれませんが それは、同業者の人(会社の人含む) です。 もちろん、 同…

  • いつもと違う視点

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 いつもと違う視点 先日、定期的に会う人と会話しました 私はこういう機会を大事にしています というのも、毎日同じ人、同じ環境に いると、状況の変化に気づきにくく なるので、それを避けるため というのがひとつの理由です そうならない様に気を付けていても どうしても、鈍感になってしまいます からね 他には 思考に偏りができるのを避けるため これも似たようなことなのですが 同じ環境にいると、どうしても思考が 偏ってしまいがちです 他にもあります 例えば、他の情報を知るという事 特に他の人の体験談を聞くことは 情報の幅を広げます でもですね みんな…

  • やっぱり、その道は・・・

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 やっぱり、その道は・・・ 蛇の道は蛇 最近よく思いますね たびたびSNSの情報には注意が必要 とここに書いてますが やっぱり、蛇の道は蛇です あなたも経験があると思います 「雑誌に〇〇と載っていたけど どうなの?」 と質問を受け 「完全な間違いではないけど ほんの一部の情報であって、ほとんど そんなことないですよ」 とか 「確率的には0.01%以下です」 みたいなことも やはり、その道のプロが詳しい まあ、どの業界もですが なので 他の業界の一部を見て あたかもそれが全部と思ってしまう ことはリスクが伴います やはり、正確な情報はその道の…

  • いいもの作るなら

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 いいもの作るなら こういう休みって良いですよね 普段とは違う着眼点を持つことが できるので 私も、非日常空間を体験することを 定期的に意識しています お盆とかお正月はさけて 昔から人ごみが苦手なので できるだけ、そういう時期はさけます 日数が少なくても、ゆっくりでき スマートに移動できるというのは 大きいですから 弾丸の1.5日とかコロナ前とは よくやってました それなら、何とか作れる日はあります よね さて、本題です 経営者はこれからのことを考えたり 今のやり方でよいだろうか? と、なにかしらのことを考えています そんな時に、一人で考え…

  • お盆休みがチャンス

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 お盆休みがチャンス お盆休みに入っている人が多いと 思います 私は、早めに連休にしたので この時期は特に休みなしになって います お盆休みの時って、いつもと違う時間 を過ごせますし 比較的、時間にも余裕ができるので チャンスですよね 何がチャンスって このタイミングで新しいことを始める チャンスということです 普段は、目の前のことに忙しくて 他のところまで考えることが後回しに なりがちです なので こういう時がチャンスなのです 何か始めるなら、当然ながら早い方が良い 早く始めたほうが、うまくいくことって たくさんあります よく聞く後悔の話…

  • そのまま受け取らない

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 そのまま受け取らない ほんとSNSは情報分野で革命的 と私は思っています そんなSNSですが 当たり前ですが、全部本当とは限らない です。 そして、本人は自覚がないことで 人間の本能である大きく見せたい 認められたい という気持ちが反映されているものも あります 事実を知った時に 「えっ?」 ということは、私自身何度も経験をして います。 なので SNSをみて、変に自分と比較する必要は ないし 拡大解釈をする必要もなと思います 今のお盆とかで昔の仲間と時の話も 良い刺激をもらうのは良い事ですが 比較は意味ないですよ これまた どうしても、…

  • 経営者の2つの視点

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営者の2つの視点 今日のテーマは2つの視点 経営者は特に多面的に物事を見ることが 必要になります これは、意識していないとなかなかでき ないことでもあります 今日のテーマの2つの視点も 色んな事が当てはまると思いますが 今日お伝えしたい事は 時間軸での話 2つの視点は 短期間と長期間という視点です。 人間って、どうしても短期的な事に 意識が行きがちです。 だから、すぐ結果がでることを好みます でもですね すぐ結果のでることって、その状態を 保てる強味は少ないことが多い 例えば 商店が安売りをする そして売上が上がる でも ライバル店はす…

  • 気づいたら8年目

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 今日は、普段とは違う内容です それにしても大谷選手凄いなあ~ 気づいたら8年目 このブログを書こうとして ふと気づきました ブログ書き始めて8年目に入っていました 大谷選手の記録に比べたら、「えっ」 というくらい小さい話ですが・・・ 7年前に毎日ブログを書くと決めて、ここまで 来ました (5年間はこのブログとは違うブログを毎日更新 していました) ここまで続くとは思いませんでしたね 正直言うと、最初はきつかった そもそも、何を書こうか? と何時間も考えたこともありました。 今でも、毎日何を書こうか考えています 前よりは、考える時間がすくな…

  • スキルアップする方法

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 スキルアップする方法 あなたも何かしらのことでスキルアップ をしたいと思ったことがあると思います その時、いかがでした? スキルアップするための行動を続けること ができたでしょうか? もしかしたら 続ける前に、行動がなかなか起こせなかった ということもあったかと思います。 そんな時に良い方法があるのです それは それをアウトプットする状況を作って しまうことです 例えば 誰かの教育係になるのもそうですね 経験があると思うのですが 教えるとなると、基礎から学び直して 伝えるレベルまでにならなければ ならないので しかも、期限が決まっているか…

  • あえて言わない

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 あえて言わない スポーツ選手のコメントの変化を 感じます 以前からもそうだったのですが 最近、特に感じることがあるのです 特にプロ野球で感じます 何かしらの結果を出した選手が 「〇〇さんが〇〇してくれてるので 勝ててよかったです」 とか 「野手の人が点を取ってくれている ので、それに応えたかった」 「〇〇さんが〇〇してくれたおかげです」 みたいなコメントが増えたと思います そうなのです 「私すごいでしょう」 みたいな感じのコメントではないのです でも、見ている人は思うのです ホームラン打ったあなたがすごいのです とね でも、あえて言わない…

  • 実行する前にすること

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 実行する前にすること 事業を発展させていこうとした時に よくこんな話になります それは、どんなことをするのか? どんな方法でするのか? 確かに大事なことです じつは、もっと大事なことがあるの です それは、目的・目標を立てることです すごく当たり前のことを言っていると 思うかもしれませんが、意外とこれを とばして とりあえずやってみる とりあえずテナントを借りてみる みたいな事をしてしまうという事は あります それですと、うまくいかない確率って あがるのですね なぜなら 手段から入っているから 手段から入ると、やれることが限定 されてしま…

  • 不満を言う時って大体これ

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 不満を言う時って大体これ 不満 人間ですから、不満や愚痴もあり ますよね でも、不思議に思うことありません? 不満や愚痴を言わない人もいるのです。 そういう人って、似ていることがあり ます それは 『環境や人のせいにしていても何も かわらない』 という考えがあること サラリーマンが 居酒屋で愚痴をいうことは あっても良いと思うのです 私個人としては (ないに越したことはないですが・・) 会社に対してだったり 上司に対してだったり そういう環境への愚痴 でもですね 経営者となると話は違う気がする のです 先ほど 環境のせいにしても変わらない…

  • 経営者ほど注意を

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営者ほど注意を 以前にも何度か書いたことなのですが 経営者の言動って、本人が思っている 以上に、周りの人に見られているのです まあ、特に社員ですが 以前も、こんな話を聞いたことがあります。 「社長は、私たちには〇〇するように と何度もいうのですが、社長がそれを するところを見たことありません」 というようなことを聞きました そういうケースって、他でも聞きます 思っている以上に見られているし 特にSNSでの発信は想像以上にみられて いるのです いいね や コメントがなくても 見られています。 そして、判断されています。 そんな話、たくさん…

  • 経営者はこの発想に注意

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営者はこの発想に注意 今日の話は調剤薬局経営者だけでは ない話ですが このパターンが多いですが、そういう ものですよね どんな時の話かというと 会社として何かしらの新しいことを 始めようとしたときに 調剤薬局なら患者さん 一般の店舗型ビジネスならお客さん の意見を参考にしようとしたり その事業を必要としている人がいるか? など考える時の話です どんなことに注意をしなけばいけないか というと n=1とかになっていないか? ということです。 〇〇な人がいたから、これは必要 と判断してしまっていないか? ということです。 個人的に行動するのな…

  • 〇〇と〇〇を分けて考える

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 〇〇と〇〇を分けて考える 安定した経営を続けたい これは調剤薬局経営者だけでなく 経営をしている人なら、誰でも 考える事と思います。 そして、経営には ・投資 ・経費 ・売上 まだまだ色んなことがあります 経営数字に関しても様々です。 経営数字としては同じ数字なので 一色淡にしてしまいそうになります。 ですが 経営を良くしよう とするなら、分けて考える事をおススメ させて頂いてます それは 自分でコントロールできるものなのか? それともコントロールできないものなのか? 例えば家賃 契約で金額が決まっているので 一般的にはその場所で店舗を続…

  • 経営者はこの思考はやめておこう

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営者はこの思考はやめておこう 調剤薬局経営者の特徴として 薬剤師業務をしている人が圧倒的に 多いということがあります それはそれで特に問題はないです 他の業界でもそういうところは よくある話です 以前も書きましたが 調剤薬局の現場に出ている経営者は 2つの立場があります 経営者としての立場と 薬剤師としての立場 立場が違えば当然考え方も視点も違います そうしたことから、ギャップも生まれます 薬剤師とは〇〇すること みたいな考えのみを経営者はしません もし、経営者で それだけの思考でしたら、その思考は やめておいた方が良いです なぜなら …

  • それ、変わらないですよ

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 それ、変わらないですよ 経営者だけでなく 年齢に関係なく よくやりがちなこと 今日はそんな話です 会社を経営していると特に こんなことを思うことがあると 思います それは 〇〇という行動をして欲しい あなたも 社員の人には〇〇という行動を してほしいという言葉を聞いた ことがあると思います そんな時、どうでした? もちろん、これだけをもって 良くない と言いたいわけではないのです この相手に行動を促す でけでは、まず行動しません 逆に反発して、頑なにそれをやらない ということも起きます よく親が子供に 宿題をやりなさい と言うと 『やりた…

  • 最も人間関係で大切なこと

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 最も人間関係で大切なこと 今回のことは経営者以外の人も 当てはまる話なのですが 特に、経営者には大切になります なぜなら 経営者は社員を採用していることが 多く、人間関係に何かしらの課題が あるところも多くあります やはり 人間社会ですので、人間関係は必ず といってよいほど出てきます。 会社の場合ですと どの会社でも大なり小なりあります ここで 良好な人間関係ってどんな状態か? ということを考えてみます もちろん この答えはひとつではなく いくつもあります。 そんな中にこれがあると私は思います それは信頼関係 信頼関係がある人間関係で関係…

  • それ、たいがい違います

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 それ、たいがい違います 最近の情報発信を見ていると 一見そう見えることでも 実は違うということ があるな~ と思うことが多いです 実際に、情報発信で違和感があり 〇〇ということなのでは? と思っていたら、そのことに関して 詳しい人から事実を知り、深く納得する ということがよくあります。 SNSがかなり普及して 短い文章で発信がされることや 気軽に意見を言えるようになったこと SNS上でリアルな関係性が薄いこと 等があり 良くも悪くも 見せ方で事実が誇張されたり 良い部分だけだったり あたかも〇〇と錯覚するような 情報発信が多々あります そ…

  • 経営者にとって大切な事

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営者にとって大切な事 最近、調剤薬局業界の変化が目に 見える形でドンドン起こってます 例えばオンライン資格確認 そして、いよいよ来年1日から 電子処方せんが始まります 移行期間ですね こういう時って、大きく分けて 2つのタイプの人になります 1つは まだまだ旧の形でもできる と言い、変化する事を嫌い従来の 形でやるタイプ もうひとつが 新しい時代の波に対応しようとする タイプ あなたはどちらのタイプでしょうか? 継続的に安定している会社って 多くが後者ですよね そして 安定した経営をしている経営者は 未来を見ています どう時代が変化して…

  • 経営で大事なことのひとつ

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営で大事なことのひとつ 以前も似たような事をこのブログに 書いたことがありますが、ホントに 大切なこととして 定期的な確認があります 地味なことなので、これを積極的に やろうとする人は多くないです でもですね 分かっている経営者はそれをやります それが安定して経営が続くことに 繋がりますからね どうしても 見た目や思い込みなど そういうことに流されそうになり ますので 客観的に現状や今後のことを確認する そうすることによって 気付いたら どうしてこんなことになったのだろう? ってなることを避ける 定期的な確認って かなり大切です 地味で…

  • 調剤薬局が多角化

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 調剤薬局が多角化 調剤薬局の会社が多角化をすることは 超絶珍しいということはありません 調剤薬局の会社でなくても、どんな業種 業態の会社でもあり得る話ですし 会社のメイン事業がそちらに変わった という会社もあります 普段、ネガティブなことを言いたくない のでこのブログでもそういう話はかかな いことがおおいのですが 調剤薬局の会社が多角化する時には注意 が必要と長年思っています やってはいけない とか 医療機関としては なんてことは1ミリたりとも思いませんが (むしろ、それが誰かのためになること ならやった方が良いと思う事もよくある) 注意…

  • 薬学部にあったらいいのに

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 薬学部にあったら良いのに ずっと昔から私が言っている事が あります それは 薬学部に薬局経営学があれば良いのに という事です 薬学部卒業すれば 一定数の薬剤師は薬局経営者になります でもですね 私の時もそうですが、薬学部で経営を 学ぶことはまずないです (最近、若干出てきたようですが まあ、ないです) そして これからの薬局経営は今までの様には ならないということは誰もが知っている ことです であるなら 事前に勉強しておいた方が良いと思う のですね 私は調剤薬局だけでなく他の業種の サポートもさせて頂いているので 特に思います 調剤薬局は…

  • 経営者が常に意識しているから

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営者が常に意識しているから 経営者は当然今の経営状態を 気にしている それどころか、今後5年、10年の 経営状況について考えている そんな時に 大きく分けると2パターンに分かれ ます それは 今のままで5年後、10年後は大丈夫 だろうか? と考えるパターンと 今後の5年後、10年後に向けて どうして行こうか? と考えるパターン 似ている様で大きく違います 前者は環境に関して考えている 後者は自社の方針に関して考えている こうとも言えますね 前者は環境に関して依存している 後者は自分で主体的に行動しようと 考えている 安定して経営している…

  • プロと語るなら

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 プロと語るなら 薬剤師もプロです 仕事にしていることは、どんな 職業をしている人もプロです 私は、個人的にプロ意識のある人が 好きなんですよね そんなプロ意識のある人から聞いた 話で忘れなれないことがあります 「プロには相手がいる。お客さんが いる。」 「自分の満足で喜んでいるのはプロ ではない。プロは相手を喜ばせるのが プロである。」 だから 自分のやりたいようにやって喜んでいる のは、プロではないと 相手が求めていることに応える 場合によってはそれ以上に応える それがプロだと その仕事ごとにこんなことありますよね 〇〇という仕事の理想…

  • 判断基準をぶらさない

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 判断基準をぶらさない 今はSNSなどがかなり普及して 個人の意見を簡単に発信できる様に なりました どんな人でも発信できる と言っても過言ではないですよね そうなると 当然ながら、色んな角度からの意見 になるのです とっても当たり前のことを言いますが 当事者が一番情報をもっているし 何かしらの事をした時に、それには その人(その会社)の目的がある のです それを、他人が勝手に目的をすり替えて 批判をする これ、ホント意味ないです 事業をする時に大事なことは その会社の目的です それは、決して他人のものではない だから 他人からの勝手な判断…

  • 当たり前なのに多くの人が忘れている事

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です 今日は、調剤薬局業界だけでなく 事業について書きます 当たり前なのに多くの人が忘れている事 調剤薬局経営者だけではないですが 経営者は多くの事を考えなければ ならない立場にあります。 どの事業でも、売上に関して無関心 という会社はまずないでしょう。 そして、売上が減少してきて 「どうしたら良いのかわからない」 という状況になっている という会社は、毎日どこかの会社で 起きている事です。 その対策、方法は 個々の会社で違いますが 忘れてはいけないことがあるのです。 これは、どの業種・業態でも起きること なのですが 去年、一昨年と全く同じ商品 …

  • 時間に対して、どう考えてるか?

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 時間に対して、どう考えてるか? 特に経営者となると この「時間」に対しての考え方も 大事になります。 器用な社長って結構います なんでもできてしまう人って ホント結構いますよね でも これはこれで注意が必要です 何でもできるので 全部自分でやろうとしてしまう 当然、できるのですが 時間はかかる 初めてのことですから当然です そして、それが今後に役立つなら 例えば、同じ様な事が今後もあり 今回の経験が活かされることが あればよいのですが 事業でやっていることでなければ そんなことはまずないです。 例えば 会社のWEBサイト(ホームページ) …

  • 結局〇〇しちゃってるんです

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 結局〇〇しちゃってるんです 誰でもそうなのですが なにかしらの判断をいつもしています 「今日、何食べようか?」 とか、そういうのもそうですね そんな日常的なことから仕事に 関することまで様々あります。 食事とかですと それは何万回と食べているわけ ですから、考え込むことはまず ないですよね これが、仕事に関することと なると話が変わります 経営者でも、初めての事が多い そして、これが多い 今まで何となくやっていた とか 他はこんな感じでやっている そうなのです なんとなく とか 今まで見たもの となっていることが多いのです そうなると、ど…

  • 社長が思っている以上ですよ

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 社長が思っている以上ですよ 社長が思っている事とは違う そういうことって、意外とあるの ですね 今日はそんな話です 以前こんな話を聞いたことがあります (少しアレンジします) とある経営者からこんな言葉が 「先日、社員からこんなことを言われた」 「社長、この間私をスルーしましたね。と」 「実は、何のことだかわからない・・・」 これ、きっと社長は本当になんのことだか わからないと思います。 きっと、気付かなかったのだと思います。 でもですね 同じ空間に社長がいると社員の人は 当然ながら気になります。 社長が思っている以上に見られている ので…

  • 経営者が気をつけないといけない事

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営者が気をつけないといけない事 今日のタイトルは 経営者が気をつけないといけない事 ということなんですが 「それはいっぱいあるよ」 と思ったかもしれません その通りですね なので、ハッキリわかっていることは 今回は置いておき わかりにくいもの なんとなくしている事 思い込んでいる事 です。 えッ! それ自体が分かりにくい? 例えば 社員とのやり取りでこんなことって あったりしますよね 「えッ! 今までやってなかったの? 何も言わなかったから、てっきり やっていると思っていた」 こんなやり取りありそうですよね。 誰もが一度はあるやり取りで…

  • 上手く進めるには

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 連休いかがお過ごしですか? 私は昔、毎年夏バテになっていた 季節ですが、ここ数年それはないです コロナで活動が縮小しているから?? 上手く進めるには あなたもこう思った事がありませんか? 〇〇をしなければいけないと思いつつ・・・ ありますよね。 重要なことだとわかってはいるけど なかなかそれをやる時間がない とか そのきっかけがない わかります。 昔の私もそうだったので これ、良い解決策があるのです それは 時間を強制的に確保する です え! それができないからそうなって いるんじゃないの? そうですね なので この時間を確保することを、…

  • これはやっておいた方が良い

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 これはやっておいた方が良い 言われてみて、当たり前と思ってしまい 本当の意味でその大切さがわかっていなかったり 薄々わかってはいたけど 今まで、それをしてこなかった ということはよくある話です 私もそういうことがあります 先日、他業界の人と打ち合わせをしていて 調剤薬局について話すことになったの です 相手の方は、他業種の店舗系を今まで 関わってきた人です その人から出た言葉は 「他の業種では考えられないことが 当たり前の様に起きていますね」 もちろん、良い意味でです。 私のメインは医療系、その中でも 調剤薬局がダントツなのですが 他の店…

  • 良い経営者

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 良い経営者 良い経営者って、その人によって定義は 違いますので 絶対的に〇〇 なんてことはありません まあ、定義に関しては 自分の定義とは違うからと他の人を否定する ものではないと思っています これは価値観の話ですから それぞれ違って良いと思います さて 今日のテーマの良い経営者なのですが 私はの話ですが こんな経営者って良いなと思うのがあります これは、実体験なのですが その経営者と話すと もっと頑張っちゃおう と思う経営者がいるのです。 上手なのです しばらくして、その人の経歴を知ったの ですが、納得でした。 あるところで、有名な人で…

  • やはりプロです

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 やはりプロです 経営者になる人って 器用な人がよくいます とくに薬局経営者は多いと感じます なんでも器用にこなしてしまう 先日、私の領域ではないことで とあるプロの方とのセッションがあり ました。 私が依頼主です。 やはりですね。 自分の領域でないことはプロの話を 聞くのがよいですね。 その人にとっては当たり前で 簡単な事かもしれないですが その領域のプロでない私は、すぐには わからないこと 調べまくって、いろんなパターンを 照らし合わせて、整合性を確認して なんてやっていたら とてもじゃないけど、そんな時間は ないですね もし自分でやっ…

  • 始める時に決めておく事

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 始める時に決めておく事 色んな会社を見てきて 色んな経営者と話をしてきて 思う事 初めが肝心 当たり前と思いました? 先日、調剤薬局とは違う業界の社長の 話を聞いていた時もかなり強くそれを 感じました。 最初にビジネスモデルを考える ということも大事なのですが 最初に最終的に会社をどうするのか? というゴールを決めておく という事も大事です 例えば「承継する」とかですね それによって、会社の運営方法も変わり ます。 それだけでなく 新たな事業をするのなら ラインを決めておくというのもあります 当たり前ですが、事業はどうなるかは だれもわか…

  • 好感のある経営者はこういうところ

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 好感のある経営者はこういうところ 世の中に経営者って、かなりの数がいます だから 経営者の性格は〇〇 なんてことは当てはまりません。 (大半は〇〇はあるかもですが・・・) まあ 経営者だけでなく 業種などもそうです。 だから、〇〇は△△と言い切っている人は 個人的感情ですよね 当然ながら、人により ですよね 私も数多くの経営者と交流がありますが まあ、人それぞれです。 私の周りの経営者は良い人ばかりなのですが 細かい事でもちゃんとしている というのがあります 調剤薬局業界ではあまり聞かれないですが 一般的に、支払期限を守るということは か…

  • 経営をするなら忘れてはいけない

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営をするなら忘れてはいけない 経営のスタイルはかなりのパターンが ありますが 基本的には、調剤薬局の経営の様に 経営を続けます ベンチャー企業とかは、他の発想が あると思いますが、一般的には経営を 続けます 何を当たり前の事を と思うと思います。 でもですね。当たり前なのですが それよりも、目の前の事が優先されて しまう事がよくあります。 よく言われる 一喜一憂です。 確かに、良い事があったら喜ぶことは 私はあって良いと思います ですが、浮かれて その状態がずっと続くと錯覚してしまう というのも避けないといけないのです つまり 常に、今…

  • 何とかしたいと思ったら、まずする事

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 何とかしたいと思ったら、まずする事 何とかしたい! と思う事ありますよね。 そんな時に 「まず、何をしようか?」 と思いますよね。 もちろん、そうですよね。 私もそう思います。 そして、何かの行動を移そうとする 良い事ですよね でもですね その前に必要なことがあります。 それは現状の把握です。 何故かと言うと 「まず、何かをしよう」 は、とりあえずやってしまい それに満足して、それをダラダラ やってしまう ということが起きてしまいがち なのです。 それは大変もったいない事なのです だから まずは現状把握し、それに見合った 方法を実践する方…

  • 当たり前なんですけどね

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 当たり前なんですけどね 今日はよく聞く話 身の回りの人を大切に こんな言葉聞いた事ありますよね 私はよく聞きますね これ、かなり当たり前の様に思えますが 実際にちゃんと実践できている人は意外と すくないものです。 例えば 身近な人からのメールに対してすぐ返して いますか? 何日も放置していませんか? 例えば 卸さんが急配対応して下さったら その卸さんは予定を変更して対応してくださった と感じている対応になっていますか? 通常発注と同じ感じになっていませんか? ドキッとしますよね。 投薬中に来てくれて お礼をちゃんと言えなかったことなど 私…

  • 経営数字に強くなる

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営数字に強くなる 経営者にとって、経営数字に強いということは安定経営を行うには マストと言っても、言い過ぎではないです。 経営数字に強いの逆となると、こんな感じではないでしょうか? それは 【どんぶり経営】 どんぶり勘定とか、聞くこともあると思いますが そのどんぶりですね。 そもそも、どんな由来なんですかね? 一説には、昔の職人さんが腹掛けと言われていた 今で言うと前掛けみたいな感じのがあって、 その前部にある【どんぶり】と呼ばれていた物入れのこと。 職人さんが、このどんぶりに無造作にお金を入れて 大雑把な勘定でお金の出し入れをしていた…

  • 「気付いたら」の正体

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 「気付いたら」の正体 気付いたら、こうなっていた・・・ そんな言葉聞いたことがあると 思います。 そして、その時にこうも思ったはず です。 「急にそんなことになる?」 これなんです。 ではなんでそんなことが起きるかと いうと それは 思い込みです。 この程度なら大丈夫と思って ケアが薄くなっていた という感じです。 日常生活で誰もが一度は聞いたり 経験したことがあると思いますが これが、経営に関する事ですと 避けたいですよね。 だって、未然に防げる可能性がある のですから では、どうしたらそれが防げるか? というと やっぱり 面倒に思うか…

  • 「正しい」は注意が必要

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 「正しい」は注意が必要 たまに こんな会話を聞くことがあります 「私、間違ったこと言ってない ですよね。」 これ どう思いますか? 例えばこんなケース 乗っていた電車がトラブルで約束の 時間に遅れてしまった そんな時 「トラブルが起きる可能性を考えて もっと前の電車に乗るべき」 と言ったらいかがでしょうか? 間違ったことをいっていないか? と聞かれたら 「そうですね・・・」 となりますよね でも、それってどうなんだろう? と思いますよね。 なんか、正しければ何を言っても良い という感じになることがありますが 決してそんなことはないと思って…

  • 実はこれ気にしてますよ

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 実はこれ気にしてますよ 誰もが 「関わる人に悪く思われたくない」 と思いますよね だから、周りの人には無下なことは していない と誰もが思っていると思います。 実は そう思っているにも関わらず 無下な事を無意識にしてしまっている ということはあるのです。 今日はそんな話です いきなりですが こういう人はイメージ良くない という人はどんな人ですか? 色んな答えがあると思いますが きっと、【約束を守らない人】が あると思います。 信頼できる人というと約束守る人 という声が圧倒的ですので その逆です。 そして 多くの人はこう思うのですね。 私は…

  • 華麗にスルー

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 華麗にスルー あなたが、起業しようとした時 もしくは あなたが、将来の夢を語った時 に、こんな事を言われたことが ありませんか? 「そんなのムリだよ」 「辞めといた方が良いよ」 まあ、起業・独立となると 多いですよね 実は、こういう人達は ドリームキラー と言われています。 詳しい事はわからないが不安定そう とか 簡単に上手くいくわけがない ということで反対をしている でもですね それは、周りから見て の話であって、本人ではないのです そもそも 簡単に上手くわけがないということは 本人はわかっていますし 「だけどもやりたい」 「だからやり…

  • これはやりがち

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 これはやりがち 今回の事は、私自身も気をつけないと ということで書こうと思います。 どんなことかというと 何か一つの事例、現象があった時に 他もそうであると勘違いをすること いわゆる n=1です 世の中には、n=1の話って多いの です。 上手くいく方法かどうかの判断は 一人の実体験だけでは心もとないの です。 以前、とある方法で10年以上やって いる人と話をして 『よし、私も〇〇という方法でやる』 という人がいました。 私から見ると 業界も、対象者も違うのに・・・ と思っていましたが 私は関わっていないので静観しました その結果どうであっ…

  • この感覚は持ち続けた方が良いと思う

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 この感覚は持ち続けた方が良いと思う いや~ 本当に情報の多い時代になりましたね だれもが簡単に情報を出せる時代になり ましたからね そうなると、気を付けないといけない事 がありますね 先日も、とある人が 「〇〇と情報発信している人がいるけど 正確に言うと違うと思う。誤解をうんで いる可能性がある。」 と言っていました。 実は、 私もこれは誤解をうんでいるのでは? と思っていたのと同じだったので・・・ 気を付けて情報を受けとることは大事と 改めて思いました。 特に日本人は多数決に弱いから 気を付けた方がよいですね 皆が言っているから正しいと…

  • これ、大切にしてますね

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 これ、大切にしてますね かっこいい経営者って 私の中では重要度が高いです 次世代や後輩から見て かっこいいというのは大切です では、今まであってきた かっこいい経営者ってどんなこと があるのかな? と思った時に、色々浮かびました その中に あまり明確化されることは少ないが これはある と思う事があります。 それは、自分の言葉を大切にしている 言葉の使い方をメンテナンスしている という事です これって 背景にはどんな目的があるかと言うと 「相手を尊重している」 「相手を大切にしている」 ということです。 これらのことって 良好なコミュニケー…

  • 実は「自分らしく」ではない?

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 実は「自分らしく」ではない? 自分らしくということって 大切と思います。 ちょっと昔、「ありのまま」とか 流行りましたよね 自分らしく ここで冷静に考えるとどういう ことなのでしょうね よく 無意識でやることが「自分らしく」 の様に感じてしまいます。 でもですね 実は、無意識で行動するとこんな ことになりませんか? 他の人と同じ事をする ということ これには 今まで出会った人も入ります 昔、とある人に聞いたことがあります 「なぜ、こういう行動をされたのですか?」 と そしたら 「私が新人の頃、先輩にされたから」 つまり 意識していないと、…

  • 進化・成長に最も有力な能力

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 進化・成長に最も有力な能力 何かしらの指導をしている人や 教育に関わる人に質問をしていた時が あります それはどんなことかというと 今まで、指導した人でどんな人が 進化・成長が早かったですか? という質問です。 当初ですね さまざまな回答があると予想していて その中で比較的多かったことを実践したら 上手くいく確率が高いと思ってました。 あなたもそう思いませんか? そうですよね そして いざ、色んな人に聞き始めると意外な ことが起きました。 それは なんと ほぼ全員が同じ事を言うのです。 そうなのです。 様々な事を言うと思ったら、みんなこの…

  • コミュニケーション力がある人

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 コミュニケーション力がある人 コミュニケーション力を身につけたい と思っている人は多いですよね 私もそのうちの一人です。 コミュニケーション力のある人って どんなことをしているのか? 結論から言えば色んなことをしている ところを拝見しています その中で、「これをはずしていない」 というのがあります それは フィードバックや報告をしている ということ どういうことかというと 例えば 誰かの紹介で、仕事に関係する人を 紹介してもらった時です。 当然ながら、紹介してもらった時は 相手にお礼を言います。 そして、その後が違うのです コミュニケーシ…

  • 残念ながらそれはないのです

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 残念ながらそれはないのです よくベテランの経営者に対して これから経営者になろうとして いる人が質問することに こんなことがあります。 それは 「〇〇さえすれば上手くいく という方法を教えてください」 というもの これ、全員ではないですが よくある質問です これ これだけでなく、マーケティングや 戦術などもそうなのですが すべての手法って、相対的・一時的 なモノなのです つまり 絶対、万能、不変な手法というものは ないのです。 残念ながら、ないのです。 状況や相手によって最善な手法って かわるというのが、その理由です ただ、がっかりしない…

  • なかなか暇がなくて?

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 なかなか暇がなくて? 「ずっとやろうと思っている のだけど暇がなくて・・・」 こんなことありませんか? 昔の私は言っていたと思います。 このパターンって、なかなか やらないパターンですよね。 実際に昔の私は、そのパターンでした では、なぜ いつまでも、なかなか進まない ということが起きてしまうのか? ある時私はこう思うきっかけが ありました とある人の勉強会に参加していた ことがきっかけでした それは そもそも 予定が空いたらやろうとしている ことは、やらない といこと 携帯を見てしまったり ネットサーフィンをしていしまったり テレビを見…

  • 情報を得るためには

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 情報を得るためには 情報を得たいという人は多いです 今の状況に役立つ情報をしりたい ということです では、どうしたらよいでしょうか? 当然ながら方法はひとつではない のですが これはあるな~ と思う方法があります。 それは情報を出す事 え? 聞きたいのは、情報を得ることですよ と聞こえてきそうですが もう一度言います 情報を出す事です。 身近な簡単な例で言えば なにか問題を抱え、それを解決しよう としていたとします。 では、その解決方法を知るために じっとしていて、その情報はゲット できるでしょうか? 可能性は0ではないですが低いです こ…

  • 結局は、こういうこと

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 結局は、こういうこと 手段、方法って いくつもあるのですね。 怖いのは うまくいったことを なんとなく繰り返す事 なぜ、怖いのかというと その繰り返ししていたことが 気付いたら上手くいかなくなった ということが起きるという事 こういう時って 気付く前からその兆候はあったと いうことはよくあることです 決して、今上手くいっている事が 何もしなくても今後続くと考えない でおくことは大事です ということで もし、今上手くいっている事が あるのなら、なぜそれが上手く いっているのか? を考えてみてください そして その上手くいっている事が 今のま…

  • 順調な経営状態の経営者が言う事

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 順調な経営状態の経営者が言う事 もちろん、全員ではないが 順調な経営状態にいる経営者が言う セリフの中によくこのセリフが出て きます それは 「運が良かった」 これだけを聞くと、その人が何も していなくて、気付いたら今の状態 になっていたかの錯覚がよぎります でもですね 知っているのです 私は その人がしてきたこと だから、そんなことはなく ここで言う「運」というのも 受ける印象が違います どの辺が運が良かったのか? という質問の答えを聞くとやはり納得 の話になります。 つまりは 自分だけでここまで来たのではなく 他の人のおかげである と…

  • 上手くいくにはやはり必要ですね

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 上手くいくにはやはり必要ですね 事業が上手くいっていると感じる人の 話には、当然かもしれないですが 共通点がありますね。 起業してだいぶ経ちますが、 それは今も昔も変わらないです。 手段・方法って、流行りやその時代に あったものが結構あって、変化をして いるものも多いですが 冒頭の共通点って、変わらないのです いわゆる 原理原則なのでしょうね では、その共通点ですね もちろん1つだけではないのですが そのうちの1つ そう感じさせてない人も言う事 それは 仲間 まるで、ひとりでガンガンやっている 様に見える人でも、続いている人は言 いますね…

  • 現象に注意!

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 現象に注意! 気付くと、ここにフォーカスしてしまう それは現象 「ちょっと言っている意味がわからない」 と思ったかと思います 順に説明します。 例えば、調剤薬局ではよく聞かれる事で 「気軽に薬局に来て欲しい」 「処方せんなしでも来て欲しい」 というのがあります。 ステキな事です。 これを深堀りした時に 「この事を、なぜみんな求めるのか?」 という疑問が出てきます。 当然、そこには理由があります。 「健康に関する相談をしに来て欲しい」 とか 「薬に関する事で少しでも不安があったら 来て欲しい」 とか色んな理由が出てきます。 これは、その調剤…

  • もったいない

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 もったいない なんでもそうかもしれませんが 手段方法っていくつもあります。 では、ここで質問です その手段方法をいくつも持って おきたいですか? 結構抽象度が高い質問になって しまいましたが 多くの人はこう答えますよね 『そりゃ、手段方法は多い方が良いに 決まっている』 とね そうなのです。 抽象度が高い時にはそういう回答に なるのですね。 これが 具体的な手段方法となると、 変わる人が多くなります 『〇〇という手段はしません』 『理由は〇〇です』 ということは多いです。 それ自体が悪い話ではないのですが なんとかしたい という時は話が変…

  • 何かしたいのだけど・・・

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 何かしたいのだけど・・・ どのステージの会社であっても なにかしらの分野で停滞期があります。 変化が必要となる時期ですね もし、ないとしたら 気付いていないか思考するのを やめ続けているということになり ます 調剤薬局の経営者ではそんな人は いないと思います。 それに 同じ事をひたすら続けている事業は 存在しないです。 常に変化します だって世の中が変化してますから まあ、だから楽しいというのもあり ますよね。 話を元に戻して 例えば、こういう会社の場合 「今のままではいけないとは 思っているのですが・・・」 という会社。 この後にどんな…

  • 経営で定期的な〇〇は大事

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営で定期的な〇〇は大事 先日、定期的に行われている 経営者の集まりがありました と言っても、まだZOOMです 定期的なので、もう何年も前 から知っている人が何人も こういう会が良い点って たくさんあるのです それは 何か結果を出した人の話も その人の背景や昔を知っている ので、今の結果だけでなく変化も 分かるのです。 その人の大切にしていることも わかるので、幅広く入って来る ということです。 そして 客観的に自分の確認もできます。 〇〇さんは△△というやり方を しているが 私は、〇〇というやり方だな とか もちろん、どちらが良いとかは…

  • 将来が不安なら

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 将来が不安なら 調剤薬局業界の話題でよく将来性 についてが出ます というよりですね 私は他の業界にもいますし 様々な業界に現在進行形で関わって います だから、思うのです どの業界も未来が確実に明るい! と言ってないのですね 少し前に一部上場企業で業界のトップ3 の会社で働く人も言ってましたね 「将来が不安」とね つまり、どこでも言っていますね 未来は確実ではないのです (当たり前ですが) 必要以上に不安に思う必要はないと思うし 不安に対して、何かしらのことをして 優位性を持っておくというのもアリですよね 今は、副業もOKの会社は増えまし…

  • 結果を出すには

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 結果を出すには 社会人になっても、勉強は必要です 薬剤師だったら、薬関係の勉強は もちろんしていると思います。 経営者となると、更に必要ですよね 経営関係のこと、経営数字もそうですが 事業の分析とかもですね そう言えば 最近は調剤薬局が他の事業も手掛ける ということが増えてきました。 だから、一般の事業に関することも 勉強する人が少しずつ増えてます。 ちなみに 私は、調剤薬局の展開は 多店舗化も多角化もお手伝いしています なので 事業としての原理原則を元にした ミーティングとかもよくやります。 調剤薬局の多角化を意識したセミナー も開催し…

  • 経営者になるとこう発想が変わる

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営者になるとこう発想が変わる よく、経営者と社員は発想が違う という言葉を聞きますよね 全員がそうではないですが 確かに発想の違いはありますよね これに限らず、立場や状況が違えば 発想が違うのは当たり前と言えば 当たり前です では どんなところが違うのでしょうか? もちろんたくさんあるのですが こんなこともひとつにあります それは 経営の状況を損益で考えるのか? 財務で考えるのか? もっとわかりやすく言うと 今、利益がでているのか? 今までの経営で利益が出ているのか? プロ野球選手で例えるなら 今シーズンの打率で考えるのか? 生涯成績で…

  • 楽しいものです

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 楽しいものです あなたの経営ってどんな定義ですか? いきなり聞かれると答えに困ることが 多いのがこの定義です。 ですが ある一定数の経営者は即答します だから、迷いがないのですね ちなみに私の経営の定義は 会社の理想を実現していくこと 実は なんでもそうですが定義って 世の中でぜったいこれ と決められていないものばかり です。 〇〇で定めている定義は・・・ ということがほとんどなのです。 だから 自分や会社の定義を作って良いと 私は思っています 話がそれましたね 私がお手伝いしている経営者は 楽しそうにしている人ばかり もちろん、良い時ば…

  • 大切なこと

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 大切なこと 少し前のことなのですが こんなやりとりがありました。 とある人が私に 『よく、予定が入ったので行けなく なりました。 ということ聞きませんか? あれ おかしいと思うのです。』 と言いました。 どこがおかしいと感じるのか聞いて みると 『だってですね。その予定って自分の 意志で入れたのですよね。 身内が危篤とか、事情があるのは仕方 ないのですが、あえて入れた用事の事 がほとんどです。』 なるほど、言われてみれば と思いました そして、こう続けました 『つまり 「あなたとの予定より、後からの こちらの予定を優先します」 と言ってい…

  • 意味はない

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 意味はない 今日は、経営に直接関係する話では ないのですが、よくあることなので 書きます 人間の本能的な話になります それが原因で判断が迷う人もいます では それは何かというと 他の人との比較です。 どうしても、してしまいがちなのです でもですね これって、あまり意味ないのです。 会社や経営者って それぞれ目指しているところが違うの ですね 例えば 山に行きたいという人と 海に行きたいという人が どこまで、どのスピードで進んだか? なんて比較しても意味ないですよね 実は、それと同じなのです 目指しているところが違うのに なぜか、そこが抜け…

  • 開局するために必要な自己資金額

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 開局するために必要な自己資金額 このブログは開局している薬局経営者 向けに書いていますが これから開局しようと考えている 薬剤師の人も見て頂いているので このタイトルにしました 話は変わって 私は色んな方から相談を頂いています ちなみに今週ありましたし、来週もあり ますね 時間を予定しての相談です。 定期的な関与先以外で、です。 時間を予め設定しての相談以外にも、 ふとした時に頂く質問にタイトル様な 質問がちょこちょこあります 開局を考えている薬剤師から 自己資金がいくらあれば開局できますか? という質問です いかがでしょうか? あなたな…

  • どんな経営者になりたいのか?

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 どんな経営者になりたいのか? 数えきれない数の経営者がいます なので 今日のタイトルにもなっている 「どんな経営者になりたいのか?」 の答えはいくつもあると思います。 それで良いと思います。 私はそう思います。 そもそも 自分の理想を実現したくて経営を しているのですから、他人に何かしら 言われる筋合いはないのです。 なにかしら正解があると思ってしまう かもしれないですが 唯一絶対の正解なんてないのです。 あるとすれば 本人がもっています だから、他の人が 〇〇した方が正解 なんていうのもおこがましいのです。 話をもとに戻すと 「どんな経…

  • 相談相手

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 相談相手 職業柄相談を頂くことが多いです そんな相談で、こんなケースも 一定割合であります それは、色んな人の意見を聞いて 混乱してしまっているというケース もちろん 本人は混乱はしているその原因は わからない状態です このケース、ありますよね 数多くの人に相談することって 気を付けないといけないのです 経営でもそうですが 多数決で決まるものではないのです しっかり状況を見極めて話をできる人 に相談することをおすすめします たとえば 一般論での正論は確かに正論なのですが 抽象度が高いのです。 その人のケースにとってはどうなのか? というこ…

  • 色んな形

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 色んな形 調剤薬局の経営 と聞くと同じ様な感じますが 当たり前ですが その会社によって違いはあるし その店舗によって違いがあります 確かに、他の業種よりは その違いが少なかったとは思います そう 少なかったというのは これから、この違いが強く出ることが 予想できるからです というより すでに違いを意識しているところが 増えてきています これ良い傾向ですよね 理由は患者さんにとって良いから 結局 他との違いの強みって 一般的にその店舗の利用者にとって 良い事の違いですよね かなり当たり前の話ですが では、どこに強みを という話になると思いま…

  • 応援される経営者のタイプ

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 応援される経営者のタイプ 『あなたは、なぜ経営していますか?』 経営者にこんな質問をした時に どんな回答が返ってくるかは 当然ながら、その経営者によって 答えは違います。 もちろん 価値観は人それぞれであり その答えをどうこういうモノではない と思います。 私は職業柄、経営者を応援しています。 当然ながら 『応援したい』と思う経営者のタイプ はあります。 やはり 誰かのためにやっている人 例えば 〇〇で困っている人を減らしたい みたいな 世の中のことで少しでも良い方向に 変えたい と考えている人ですよね 最初の質問でもわかるのですが 実は…

  • 当たり前

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 当たり前 よく、この状況を当たり前と 思ってはいけない という言葉を聞きますよね 当たり前の反対はありがたい なので、それを忘れてはいけない というものです。 私は、その通りと思います ただ、こういうことに限っては 当たり前と思ってもよい ということがあります それは 自分の行動に対して レベルの高い当たり前です。 経営者なら、この当たり前は あっても良いと思います。 例えば フォローは徹底的にするのが当たり前 とかですね 自分自身の行動に対しての このレベルの高い当たり前って 他の人が真似できないことが多い のですね だから その人の強…

  • やり手の経営者は即決

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 やり手の経営者は即決 やり手の経営者って 即決するイメージがあります。 いかがですか? あなたの身近な経営者を思い浮かべ てみてどうですか? 意外と多いと思います。 では、なぜ 即決できるのでしょうか? インスピレーション? それもあるかもしれませんが まあ、ほとんどそうではないですよね では なんで決めるのが早いのでしょうか? 理由は、その状況の前に決めている からです。 ちょっと 何を言っているのかわからない と思いますので説明します。 その即決をする前にですね 多くの場合に これがあるのです 何かというと 判断基準 これを事前に決め…

  • どんな経営者がカッコイイ?

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 どんな経営者がカッコイイ? 今日の話は正解、不正解がある話 ではないです。 まあ 正解、不正解ってテストの時は あるけど、日常生活においても 唯一絶対の正解がある ということは少ないですし ビジネスとなったら 特に、唯一絶対の正解はない ですよね さて、本日の本題 どんな経営者がカッコイイとあなたは 思いますか? これ、ホント人によって違うと思うの ですが、こういう事を意識しておく事 ってけっこう大切ですよね。 自分にとって ですからね。 これは、自分が成りたい姿でもあるの ですからね だから、その人ごとに違って当然です ちなみに 私はと…

  • なぜ事業計画が大事か?

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 なぜ事業計画が大事か? 突然ですが、旅行の計画って いつ頃立てますか? 前日や当日ということは 絶対にないとは言えませんが 多くが事前に計画を立てますよね? そして その計画が前もって確定をしている方 が良いというのも感じていると思います。 人数が多かったら 皆の予定を合わせるのも早い方が良いですし 飛行機やホテルも、余裕をもって 予約すると早割があったりもします。 そんな感じで 事前に予定をしていると色んな選択肢 があるのですね これが 前日に行こうとなると、飛行機やホテル が空いているかわからないし 空いていても、希望の席や希望の部屋…

  • ぶれない経営者

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 ぶれない経営者 今は情報が溢れてしまっている ということと情報が偏っている と感じる事は多いです そんな情報にさらされて 色んな価値観を見た時にどう 思うかも大事です。 やはり、経営者はブレない というのはとても大切で 経営者がブレると、社員の人達が 動揺します だから 経営者はブレずに 自社の価値観を大切にする 他と比べても意味はないです それに、そう感じる事は多くない かもしれませんが 社員の人達は経営者を見ています 特に社長を 中小企業なら確実に見ています 言うなれば、社長の生き方を カッコイイのか ダサいのか 割とシビアにみてます…

  • 社長こそアウトプット

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 社長こそアウトプット 社長って、勉強熱心の人が多い のですね 勉強と言えばインプットですね これが 事業となるとアウトプットが 更に大切になります。 インプットは いわば準備みたいなものです。 例えば 何かしらの資格を取る為に勉強をする つまり、インプットする そして、資格がとれたら仕事などで アウトプットですよね? それなら 社長だけでなく社員もアウトプット でしょう? と言われればそのとおりなのですが 更にというのがあるのです 社長は社外だけでなく 社内にもアウトプットが必要なのです 特に社長は 会社の今後の方針などを社員に アウトプ…

  • 仕事が楽しい

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 仕事が楽しい いかがですか? 『仕事は楽しいですか?』 では次の質問です 『仕事は楽ですか?』 どうですか? 仕事が楽しいと即答できたら 良いと思いませんか? そんな人いるの? と思うかもしれませんが 私の周りには結構いますね そして そんな人に2つ目の質問をすると ほぼほぼ、こんな答えが返って きます それは 『楽ではないですよ』 そうなのです 仕事が楽しいと楽ではない は両立するのです 同じ【楽】という漢字ですが・・・ ということはですよ こんな仮説が起きませんか? 楽を求めると仕事が楽しくなくなる えっ! という感じですよね でもで…

  • あなたはどっちの経営者?

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 あなたはどっちの経営者? 経営をしていると こんな課題に必ず直面します それは 会社に多くの課題が同時にある ということ こんな時 あなたはどう思いますか? まあ、よくあることといえば よくあることなのですが 私が関与させて頂いている経営者 はこんな時は、こう言います。 『それだけ会社が良くなる』 これ、かなり大切なことです。 経営って、理想を求めることなので 課題が解決すると、ひとつ理想に 近づくのです。 だから、課題が分かっていると いうことは前向きにとらえて良い のです。 これが 課題が分からず 理由が分からず 状況が良くない とい…

  • 経営状態向上

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営状態向上 当然ながら経営者は経営の状態が 良い事を望みます 今の状態が良かったとしても 新たなことを何もしないでいて その状況がこれからも続くなんて ことはありません 当たり前のことと思いました? そう、当たり前の事なのです でもですね これが 日々の業務に追われた時は 目の前の業務をこなす事で満足 してしまいがちなのです。 では、どうしたら良いのか? これは あらかじめ、定期的に今後の会社 について考える時間を作っておく ことです。 今は特に未来の事を考えておかな くても・・・ と思っていたら、余計におススメ ですね 理由は 会社の…

  • やっておいて良かった事

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 やっておいて良かった事 起業した時に、サラリーマン時代に やっておいて良かったと思う事は よくあります。 他の起業家、経営者にきいても そう言っていますね。 結構多いですよ 種類も そんな中に意外なモノもあります それは、サラリーマン時代には めんどうで出来ればやりたくないもの 当時は本業以外のモノと思えるものです (のちに大切なこととわかります) これが、起業すると やっててよかったと思うのです。 なので もし、あなたがサラリーマンで 社長が 『できたら、誰かやって欲しい』 という手間のかかるモノがあったら やっておくと良いですよ 独立…

  • 気を付けたい『べき』論

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 気を付けたい『べき』論 あなたも今までの人生で 〇〇すべき という事を聞いたり言ったり したことがあると思います。 もちろん、私はあります。 〇〇すべきって最もらしく 正論に聞こえることが多いです でもですね これって、経営者は特に注意が 必要です 理由は 可能性を狭くするから ベタな例えをするなら メジャーリーグの大谷選手 彼は今でこそ言われていないと 思いますが 過去に何度も 『ピッチャーに専念すべき』 とか言われていたでしょうね もし、もしもですよ、そのべき論に大谷 選手がしたがっていたら、今の大谷選手 の活躍はなかったと思うのです…

  • 見えてますか?

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 見えてますか? 当然ながら、会社の経営者は 色んなタイプがいます。 なのですが 私が関わる経営者には特徴が あります それは 絶景を見ようとしていること あっ! これだけだとなんのことか わからないですよね 絶景というのは 会社の未来についてです 会社の理想の状態 ということなのですが、その言葉 では物足りないので、こう言って ます。 私もサポートさせて頂いていて この絶景を見たくて見たくて 絶対に実現できると思っているし それまでのプロセスでも 実現してきているし 先日も、とある経営者と打ち合わせ をしていましたが、絶景の話になり 2人…

  • 経営者の正解?

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営者の正解? あなたは今経営をしていますか? それとも 今後経営者になろうとしています でしょうか? 経営をしていると 会社の今後の方向性ついて考える 事があると思います。 そんな時に 「こうなりがち」というのがあります それは こう経営するのが正解 となること これ自体は良い事なのですが 世の中としては、一般的には こう経営するのが正解 となってしまうのはキケンです なぜなら 100人の経営者がいたら 目指している所は100通りです ということは、100通りの答え があるのです。 それぞれの会社、それぞれの経営者 毎に価値観も異なるの…

  • 新しい事業を始めた時も起こる

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 新しい事業を始めた時も起こる 今日の話は直接、調剤薬局の話では ないですが、今後の調剤薬局業界に おいては関係するかもしれない内容 になります。 ちなみに 他業種ではよくある事です。 どういうことかと言うと 事業って、他の人と全く同じ事を しているだけですと、選ばれる要素 が無くなります。 だから、その会社、その店舗で特徴 出します。 他の会社や店舗ではやっていない事 をやろうとします。 このことは お客さんにとって、選択肢が増える事 でありメリットですし、そのサービス を望んでいることでしたら尚更良い事 ですよね。 先程も言った様に 会…

  • コミュニケーション力

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 コミュニケーション力 よく話題があがることに コミュニケーション力もあがり ますよね 先日、シリーズでやった会話力も コミュニケーション力のひとつ ですね そんなコミュニケーション力 ですが 今日は違った角度から コミュニケーション力というと 今の事だけと思いがちですが 結構大事なことにこんな事が あります それは、事後 これ、ホント大切 例えば 誰かしらにアドバイスをもらった時 多くの人はその場でお礼を言います。 そして コミュニケーション力がある人は その後、アドバイスをもらった事を 行動した結果を伝えます。 例えば 何かしらのお世話…

  • 経営者とサラリーマン

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営者とサラリーマン この2つの話になることがあります 経営者の中には、サラリーマン経験者 の人は多い。 というか、ほとんどがサラリーマンを していて独立をしていますよね。 そして、もっと当然ながら サラリーマンの人のほとんどが経営者 の経験はないです。 なので、サラリーマンの人にとっては 経験したことがないので、経営者の事 は実際にはよくわかりません。 一方、経営者の人はほぼほぼ全員が サラリーマンの経験がありますから 比較は実体験をもってできます。 ほとんどの人が、独立して良かった と言います(もちろん全員ではない) そして、結構多く…

  • 判断に必要なもの

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 判断に必要なもの 経営者は色んな判断をします 経営判断は経営者の大事な仕事 ですからね そんな大事な判断ですが いかがですか? テキパキできていますか? そうですよね なかなか難しい時もありますね 判断で大事になるのが判断基準 なのです。 言うのは簡単なのですが 判断基準をしっかりもっている人 というのはそう多くない 他の人の話を聞いて迷ってしまったり しますよね ただ それって他の人の判断基準なので 実は参考にならない事が多い だってですね 判断基準には価値観が大きくからむが この価値観はその会社、その人で様々 だからです ということは…

  • 経営学で取り上げられないもの

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 経営学で取り上げられないもの 経営学で本当は大切なのだが、 なかなか取り上げられない分野が あると感じています。 それは、人に関する事です。 経営者のお困りごとは 「お金」と「人」に関する事です。 ほとんどがこの2つです。 経営学にはお金に関する事は多い のですが、もうひとつの人に関する ことがなかなか取り上げられない でも、大切な事なのです。 そして、魅力的な経営者って この「人」についても向き合って います まあ、このテーマって深いですから だからこそ、やりがいがあります。 当然ながら待遇が良ければ解決 なんてことはありません この「…

  • 投薬会話力が上がる一言

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 投薬会話力が上がる一言 以前会話力について書いてた時期が ありましたが、反響を頂きましたの で、今日も書きます。 調剤薬局をしていたら必ずあるのが 調剤と、この投薬です。 その投薬がには会話が当然あります その会話力を上げる一言 これ、ホントすぐできるのでぜひ それは 投薬の一言目に 「お待たせしました」 と言う事です。 たったそれだけ?と思いました? ですが、この一言は大きいのです。 というのも 調剤薬局でのクレームの1位と 言ってもおかしくないのが待ち時間 その薬局、その患者さんによって 待ち時間の長さは違うと思いますが 待ちますよね…

  • 楽しくしたいのなら

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 楽しくしたいのなら 今日は、どちらかというと私の事の話 が多くなりますので 興味のない方はスルーでお願いします 私は、あまり好きでない言葉があります それは 「普通は」 「一般的には」 です もちろん、法律やモラルを守るとかは 大切にしています そういった事ではないことでの話です。 たまに、ホントごくまれに私に 「普通はこうしますよね」 と言う人がいたりするのですが 私にしたら 「普通はそうですね。私は普通でない」 なのです。 きっと その人の「普通はこうしますよね」は 「だから、あなたもそうしてください」 と言いたいのだと思います。 で…

  • 薬局経営者は分けて考える

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 薬局経営者は分けて考える 薬局経営者って、ほとんどが薬剤師です。 開設者は薬剤師以外でもなれるのですが ほとんどが薬剤師です。 そして その開設者薬剤師が薬剤師業務をしてい ることもかなりの確率であります。 これは、何を意味するかというと 薬剤師業務と経営を両方することになる ということです。 薬局をまわすことだけを考えれば 経営に関する事を最低限することで 可能です。 本当の意味での経営となると それなりに時間・手間がかかります。 例えば 人材の育成 他の薬局にはない取り組み 経営方針などの定期的な確認と実施 など まだまだあります。 …

  • 可能性をあきらめない

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 可能性をあきらめない 私は色んな会社や色んな経営者、幹部 とも話しますし、社員の人とも話します 私が関わる会社や経営者の人達は 将来について暗く考えている人は いないのですね それどころか、こんなこともあります 当然、経営をしていれば なにかしらのハプニングがありますよね 私から見ても、大変と思うことでも そんなに凹んでいないのです それはなぜか? その人達は知っているのです 自分がその気になれば状況は変える ことができますし そもそも 今の状況がずっと続くことはない ということも だから、時代がどうなるという受け身 ではなくて 時代がか…

  • 情報の質

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 情報の質 先日、薬局経営者が集まり(ZOOM) 情報交換が行われました。 全員よく知った間柄 年齢や地域などは様々 こういう情報って価値あると感じてます 今の時代は、ネットにあふれんばかりの 情報があります ただ、その情報にどこまで裏付けがある のかはわかりません。 単なるその人の意見だったりします 一方、先日実施された よく知った間柄での情報交換は違います まず、現在リアルな実践者であること 更に、どんな環境での話なのかもわかる こと これ、かなり大きい要素なのですね ネットですと 背景や環境などを吹っ飛ばして (場合によっては誇張して…

  • 会話力(基礎編)

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 5月ってこんなに寒かったかな? と思ってます 会話力(基礎編) ここ最近ずっと、会話力をテーマに してきました。 一旦本日でこのシリーズを終了しますね 今日の内容は、会話では まずここに注意して話をしている人は いないですね だけど、影響があること それは、声の高さです。 言われると簡単にわかると思います 例えば 誰かに話す時にいつもより低い声で 話かけてみてください 相手の反応が 「えッ! 何か深刻な事でもあるの?」 とか 「どうしたの? 何かあった?」 みたいになりがちです 低い声で話すと重みが出ますので 大切な話をする時には向いてい…

  • ここも会話力です

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 ここも会話力です たまにやる続けるシリーズで 今日も会話力です 今日の話は【会話どろぼう】です どんな事かというと 例えば 相手が「先日〇〇ということが ありまして、〇〇かなと思って」 (話の途中にかぶせる様に) 「それは〇〇ですね。そう言う事 は私も経験があるので〇〇です」 キリッ という様な感じです。 つまり、会話の主役を奪ってしまう 事です。 どうですか? あなたが話している時に相手がこん な感じでしたら 不完全燃焼でモヤモヤしますよね そしてですね 「実はそういう事ではない・・・」 「言いたかった事と違うけど、まあ いいか。次から…

  • 投薬に関わる会話力

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 投薬に関わる会話力 今日も引き続き会話力をやります これから、投薬での会話力も更に 必要となってきますからね 昨日も基礎的なことでしたが 今日も基礎的な事を紹介します よく会話上手って聞き上手と言い ますが、ずっと傾聴してれば良い という事ではありません 投薬って、伝えるだけではなく 会話ですから、この聞き方も大事に なるのです これ、実は意識していない人が多い のですが、とーーーっても大事な事 なのです。 もしですね あなたが誰かに話をしていた時に 相手があなたをじ~っと見つめて 動かず瞬きもせず凝視していたら いかがですか? 話づらい…

  • 会話力をあげる

    薬局経営研究所の神林です。 薬剤師中小企業診断士です。 会話力をあげる 昨日会話力について書いたので 今日も会話力について書いてみたい と思います。 昨日会話力は、生まれつきの才能でも なく、センスでもない という話をしました。 実際にですね 会話力が求められる営業マンも この会話力をあげる努力をしています (もちろん色んな営業マンがいるので 全員ではないですが・・・) 今日は、会話力を上げる方法の中でも 営業マン出ない人には意外と思われる 方法を紹介します よく どんな内容を話すかにファーカスを しますが、 今回は自分の話し方をチェックです 実は、無意識に独特の話し方をして いるのです 自分…

ブログリーダー」を活用して、kanemonさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kanemonさん
ブログタイトル
薬局経営研究所
フォロー
薬局経営研究所

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用