searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ガレージ1.5さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
プラモ DE ブログ
ブログURL
https://www.puramodeblog.com/
ブログ紹介文
気軽に模型作りを楽しもうをモットーに、初心者の方でも楽しめるページを目指します。
更新頻度(1年)

26回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2020/01/11

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ガレージ1.5さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ガレージ1.5さん
ブログタイトル
プラモ DE ブログ
更新頻度
26回 / 365日(平均0.5回/週)
フォロー
プラモ DE ブログ

ガレージ1.5さんの新着記事

1件〜30件

  • HGUC 百式 ポイントを絞って改修 

    はい、今回はHGUC百式を作ってみたいと思います。 HGシリーズも数を重ねNo200のキリ番で発売された百式は、2度目のHGキット化という事もありスタイル、可動共にかなり練り込まれた良作ですね。 往年のファンから見ると、逆にスタイリッシュ過ぎなんじゃないか?とも思いますがソレはソレ。 同じHGで出すんなら、方向性を変えて今風にしてもらった方が私は好みですね。 さて、ガンプラキットレビューなんかは他の方々が熱心にされてますので「今更自分がやってもな~」って思ってるんですが、初心者でも真似できそうな改修記事なら少しは参考にしてもらえるのかな?って思ってます。 という事でHGUC百式 製作でございま…

  • 使える?使えない?【ガンダムマーカーエアブラシハンドピース】 買ってみた

    先日、何気にツイッターを眺めていると、鮮やかにメタリック塗装されたパーツの画像が上がっておりました。 「はは~ん、やはり巧い人は綺麗に塗装するもんだな~」 くらいに思って呟きを見てみると・・ サフ無し、ガンダムマーカーのみでここまでいけます♬︎ pic.twitter.com/nULB9fPUAc — Tanカレ (@Tan75752288) 2021年1月26日 ・ ・ ・ え”~~~っ!!まじっすか~!? ガンダムマーカーエアブラシは知ってましたが、とりあえず本格的なエアブラシまでは要らないけど、気軽に使ってみたい人の入門用だと思ってたんですが~ ちょっと軽く見てた私には、結構な衝撃です。…

  • HGUC バウンド・ドック 完成!!

    私が発売を待ち焦がれたMS,バウンド・ドック完成いたしました! キットは最近のバンダイのHGなので、ストレスなく組めてこの完成度。 ○○年待っただけの事はある、文句なしのカッコいいバウンド・ドックですね。 私のバウンド・ドックに対する熱い想いは過去記事にも書きました♫ www.puramodeblog.com とにかくキット化を半ば諦めかけていた所での発売で、喜び勇んで製作させて頂きました。 コロナが蔓延する中、転売ヤーの台頭や出戻り組みが増えた事も有ってか 新発売のガンプラはのんびりしてると発売日には手に入らない事が多くなりました。 そんな中、私のバウンド・ドック熱を知るプラモ仲間から目撃情…

  • 【タミヤ】 ドイツ軽戦車 38(t)完成編

    苦手なフィギュアの塗装も何とか終了しましたので、38(t)これにて完成とさせていただきます。 アーマーモデリング誌の特集を見て製作欲を刺激され、私にしては早めに完成させましたよ。 今回は一切の社外パーツを使わず、改修もせずにストレートに組んでみました。 スケールモデルを難しく考えている方にも、キットだけ買って来ればこれだけの物は出来るって事を知っていただければ幸いです。 ではどうぞ~ 軽戦車というだけあってコンパクトな車体ですね。 何だか人が大きく見えます。 この小さな砲塔の中に人が入ったら、かなり狭かったんじゃないでしょうかね。 ガールズ&パンツァーでは番組後半でへッツァーに改造されてました…

  • ドイツ軽戦車38(t) ウェザリングをしてみよう

    さて基本塗装が終わった38(t)、お楽しみのウェザリングに入っていきましょう。 汚すこと自体は最近のマテリアルを使用すれば簡単に出来てしまいます。 しかし、それをどう使うかによって完成した時のリアリティーが全く違ってきます。 あくまで実物の1/35の模型であるという事を念頭に置き、繊細に施していく事が重要ですね。 そこがウェザリングの難しい所でもあり、楽しいところでもありますね。 では早速順番に行ってみましょう♪ ウエザリングの手順は? ウェザリングを施そうとすると、その順番はどうやったら効率的なのか?意外と悩んじゃいます。 実際は調子を見ながら工程を、行きつ戻りつ行う事になる事が多いです。 …

  • 迷った時はコレ! タミヤ おすすめ戦車模型3選

    突然ですが私、タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ*1(以下MMシリーズ)をこよなく愛するモデラーでございます。 こちらのブログでもちょくちょく製作風景上げてるんで、よく見てくれてる方はご存知かと思います。 なるべく分かりやすくと製作や塗装の仕方をUPしてるのは、ガンプラなどの接着剤を使わないプラモデルしか作らない人にも興味を持って貰えたらって考えてのことなんですよね! そこで今回は、私のブログを見てくれている方の中で少しばかり戦車模型作ってみようかな?ってちょっとでも思ってくれたあなた! そう、これを読んでくれてるあなたに初心者にも優しいタミヤのミリタリーミニチュアシリーズから、その中でも特…

  • 戦車模型の塗装手順は? カラーモジュレーションやってみよう

    組立も終わった所で早々に塗装に入っていきます。 あまり極端なコントラストを入れる勇気は無いのですが、戦車模型の塗装法カラーモジュレーション風で塗ってみたいと思います。 風ってつけたのは、あまり力を入れずにそれっぽく見えればそれでヨシ!が私の作風ですし初心者の方もマネしやすいですよね? 「カラーモジュレーション」は戦車の上面と側面などの境目にマスキング等をしてから、ホワイト等を混ぜて明るくした色を太陽の光がある部分に塗装し、更にくっきりとCGのようなメリハリを付けていく技法です。 しかしあんまりマスキングだのしていくのは面倒なので、ちょっと手抜きしつつ塗装してます💦だからカラーモジュレーション風…

  • タミヤ 4号戦車系最新キットに昂る!

    ドイツ4号戦車F型 タミヤさんから4号戦車系列のニューカマー、F型が登場しましたね。 もちろんタミヤ教信者でドイツ戦車好きの私はしっかり購入させて頂きました。 まあ12月の発売なんで、もう組みててる方もいらっしゃるかと思いますが、いまだ38(t)を組立中の私にはしばらくパーツを眺めて過ごす事になりそうです。 私にとって、いつも安価で高品質と組み立てやすさを高次元でバランスさせているミリタリーミニチュアシリーズは新作が出るたび気になる存在です。 今回発売された4号戦車は、第二次世界大戦の初期から終盤まで改良を加えられつつ戦い続けたドイツ軍の軍馬とも呼ばれる存在。 A型からはじまり、B、C、D、E…

  • ドイツ軽戦車38(t) 砲塔と小物の製作

    さて前回車体の組み立てがほぼ終わったタミヤ38(t) 残りのパーツの組み立てに入っていきましょう。 戦車で一番面倒なのはキャタピラの組み立てと転輪の整形だと思ってるので、後はたいしたパーツも残ってないしサクサクと出来そうです。 戦車模型では個人的に一番好きな砲塔の製作です。 またこちらも車体同様リベットだらけの装甲再現のため箱組みですが、もちろん合いはバッチリなのでしっかりと仮組みしながら組んでいきます。 砲塔内部も塗装の指示が有りますが、とりあえず完成したらほとんど見えないのでそのまま組んじゃいます。 精度も高いのであっという間に形になりますが、ゲート処理を熱心にやり過ぎたためか少し隙間が出…

  • タミヤ 1/35ドイツ軽戦車 38(t) 製作してみる

    いろんな物に手を出してなかなか完成しない私ですが、性懲りもなくまた新たな物を作り始めてしまいました。 タミヤの近作、ドイツ軽戦車38(t)です。 クラシカルな見た目ですが、ガルパンで生徒会長の駆る黄金色で有名になった戦車ですね。 以前、組み立て前のキットレビューをやったまま放置されてたのをアーマーモデリングを読んでたら作りたくなってきちゃったんですよね。 www.puramodeblog.com 塗装するにもグレー一色だし比較的手間がかからなそうです。 今回はこいつをアーマーモデリングのテクニックを参考に組み立てていきましょう。 www.puramodeblog.com まずは車体の組み立てか…

  • バウンド・ドック プラ版によるディテール追加で楽しむ

    さて、前回バウンド・ドックの思い出話をダラダラと話しましたが、今回は少しばかり初心者向けにディテールアップを。 さてバンダイのHGUCシリーズは、パーツ数を抑えつつ色分け、可動、スタイリングを高いバランスで製品化されています。 しかしバウンド・ドックほどの大型MSともなると、設定画からあまり逸脱したデザインは追加しないフォーマットでキット化されている分、嫌みは無い物の昨今のリアルグレード等のディテール増し増しのキットを見ていると少し寂しく感じるのもまた事実。 ってなわけで、誰でも出来るディテール追加で楽しんでみようというのが今回の趣旨ですね! しかしながら、それらしいスジ彫りを入れたり、穴を開…

  • 【戦車模型 】初心者からのスキルアップはこれ一冊で!アーマーモデリング

    最近、戦車模型を作り始めた方にお聞きします 「作ってみたは良いけれど、説明書の指定通りに塗装してるのに何だかリアルじゃない!いったい上手い人はどうやってるんだ?」 って思った事ありませんか? まあ戦車模型を今から作り始める人がどれほどいらっしゃるかは微妙ですが、こう感じるのが戦車模型製作の最初の壁かと思います。 ガンプラなんかはとりあえず説明書の指定通りに塗装しておけば、それなりに見栄えのするレベルの物が出来るでしょう。 しかし戦車模型は基本塗装からウェザリングまで様々な技法が編み出され、それらの作品を見てしまうと説明書通りの塗装の作品がどうしても物足りなくなってきます。 リアルな塗装を施され…

  • HGUC バウンド・ドックを組んで思う事

    突然ですが皆さん、このバウンド・ドックってモビルスーツ(以下MS)、初めて見たときどう思いました? もちろん私は今でこそこの特異なスタイルに魅力を感じていますが、「機動戦士Zガンダム」放送当時の想い出としては、何この機械獣*1みたいなやつって感じでした💦 ガンダムの新作が放送されると聞いた当時の自分は、勝手にいろいろ想像して自分なりの新作ガンダムはこうでなくちゃっ!てのが有った訳です。が、Zガンダムはことごとくその思いを裏切ってくれました。 ・なんでガンダム3機もあるねん、しかも黒いし ・主人公アムロとちゃうんかい ・金色のMSって・・流石にどうよ ・モビルスーツはスーパーロボットみたいに変形…

  • プレミアムバンダイ エルガイムHGシリーズ再始動に感涙した話

    去る11月のこと、プラモ仲間からのラインで送られてきたバンダイの新製品予告画像で久々に衝撃を受けちゃいましたね! 「なっ!このシルエットは・・・まじかっ!?」 いい年したおっさんが人目もはばからず叫んでしまったこのシルエットこそ「重戦記エルガイム」後半の主人公機エルガイム マーク2ではありませんか! エルガイムは1984年(何年前だ💦)に放送された冨野監督の作品です。 当時うちの地方では毎週土曜日5時頃に、いわゆるリアルロボットアニメを放送してました。 もちろん「機動戦士ガンダム」もそのシリーズだったわけですが、新作アニメが放送される度にその世界観やメカ設定にのめり込んだものです。 そんなリア…

  • プラモ向上委員会 デカーリング クイックトレイ 使ってみた

    プラモデル作りにも慣れてくると、イロイロ使い方に特化したツールに も興味がわいてきます。 今回自分が気になったのがこれ、プラモ向上委員会さんから発売されているデカーリングクイックトレイです。定価1,480円(税別)なり! 「いやデカールなんて水に濡らして適当な所に置いときゃ良いでしょ!?」 てな位に思ってましたが、箱の説明見ると沢山のデカール貼り付けを一気にできる!との見出しが・・ ガンプラのVer.Kaなんかのデカール貼る時は、数が多くて結構時間も掛かるし、ちょっと試してみるか~って気になりました。 箱の裏面を見ると、セット内容や使い方などが・・フムフム 水を入れてデカールを浸し、それを保水…

  • R3 ウォーカーギャリア 完成編

    ろくに更新もせずに集中して空いた時間に作業しておりました、R3ウォーカーギャリア完成いたしました! サフェーサー吹いたらアラが見つかって直ししたり、ウェザリングでエナメル塗料を使いパーツを割って直したりという定番アクシデントに見舞われて、結構時間が掛かってしまいました。 今回は完成報告ということで キャリアの勇姿をご覧ください。 とりあえず武器はバズーカとライフルのみ塗装しました。 ブーメランディオムは実際には持たせるの大変そうだしな~って事で手抜きです。 その分、バズーカとライフルはマスキングして塗り分けに注力! ライフルスコープ部分はボークスさんで買った、下地が黒いと反射して光るHアイズの…

  • 秋のサーフェイサー祭り開催中♫

    環境的になかなか塗装の時間が持てない私は、どうしても作るだけで未塗装な物が増えていってしまいます。 それが未完成病の一因でも有るのですが、少しでも時間が有るなら何かしらの模型を作っていたいので仕方のないところですね。 で、時間が有るときに一気に目に付いたものをサーフェイサー吹いてしまうという行動に出るわけです。 今回は以前紹介した物の経過報告がてら、サフ吹き状態のキットを紹介します。 まずはウォーカーギャリアから。 胴体部分の各所に装甲の荒れ的な表現を施しました。 これでは分かりにくいので、サフ前の状態を・・ 以前ズベズタT34の時にやった手法ですね。 www.puramodeblog.com…

  • マシーネンクリーガーだってハンドパーツを

    いやマシーネンのキットって、たまに無性に作りたくなるんですが、やはりみんな同じ開いた手のひらだとちょっと寂しいじゃないですか。 ロボット物ってやっぱり手に表情を出すとカッコよさや、表現の幅が広がりますよね! ガンプラもほとんど派手な改造なんてやらない自分でも、ハンドパーツだけは少々値が張ろうと良い物を奢ってしまいます。 しかしマシーネンクリーガーのキットなんてほとんどのヤツは左手サイコガン状態なんで右手しかねーし、ガンプラに比べりゃマイナーなジャンルだしハンドパーツは自分でいじるしかないかと思ってました。 しかしながらAmazonでマシーネンキットの検索していたらこんなキットが・・ ジャン!!…

  • SF3D≒ マシーネンクリーガー 新生AFSを作ってみた

    SF3Dオリジナル・・・懐かしいパッケージですが数十年前に発売された日東のキットではないですよ。 現在はウェーブから発売されている新金型のAFSキットが中身なのですが、オリジナルモデル製作者の横山宏氏の還暦(60歳)を記念してSF3Dキット第一弾として発売されたAFSマーク2のパッケージを再現して発売された物です。 よく見ると右下に「60歳誕生日おめでとう!」メッセージが! 連載当時ホビージャパンの連載を楽しみに見ていたものですが、横山さんが60歳になられるとは・・私も年を取るはずです💦 掲載する雑誌が、ホビージャパンからモデルグラフィックスへと変わり、大人の事情で「SF3Ⅾ」から「マシーネン…

  • 手は口ほどに物を言う ロボマニのお話

    さて思い入れ一杯に組み立てたウォーカーギャリア。 飽きっぽい私には非常に危険な考えですが、多感な少年時代の思い出に残るリアルロボットって事もあり、少々手を入れつつ作ってみたいものです。 特に手を入れるつもりも腕前も有りませんが、ウォーカーマシン独特の重機っぽさや、主人公ジロン・アモスの操縦で元気いっぱいなイメージが有るのでそれを表現できたらと・・。 まずは気になったのが、いつもお約束のハンドパーツ。 指も可動するし、ダボ穴が有って武器類も保持力に難無く性能的に問題は有りません。 しかし、私のイメージするパワフルなウォーカーギャリアには少し役不足。 発売当時ははBクラブから、別売りでレジン製のハ…

  • 【バンダイ】1/100 ウォーカーギャリアを作ってみる

    「戦闘メカ ザブングル」の後半主人公メカ ウォーカーギャリアに皆さんどんなイメージを持っているでしょうか? 本放送のアニメを見てない比較的若い世代の方も、スーパーロボット大戦等のゲームで登場するのでご存知の方も多いのではないでしょうか? しかしここを見てくれている方の多くは、当時毎週放送されるアニメを見つつ発売されるプラモを楽しんでいたのではないでしょうか? 当時発売されたザブングルのプラモデルは、もし本当にウォーカーマシンが実在したら・・・というイメージで作られており、アニメ劇中では描かれていないラッタル、ウインチ、スコップやツルハシなどが付いていたり、人が乗るだろうと思われる場所には滑り止…

  • ビークルモデル スノースピーダー お手軽塗装で仕上げる

    先日1/144AT-ATを組み立ててみて、やっぱりビークルモデルのスノースピーダーを塗装してみたくなりました。 ビークルモデルのAT-ST&スノースピーダーは、バンダイのAT-ATと同じ1/144サイズになっていて、ファンなら是非とも並べて飾りたいところです。 そこで今回はキット付属のシールを利用して、なるべくお手軽に塗装してみたいと思います♫ とりあえず塗装前に一度組んだものをばらします。 2色ぐらいは塗装しようと思いますので、後部のフィン状になっている所は分割しておいた方が便利ですね。 まずは その機体後部を説明書の指定通り、焼鉄色で塗装しました。 シルバー粒子の粗目な焼鉄色は、個人的にあ…

  • 【初心者向け】水転写デカールの貼り方

    今回はこっそり製作していたマックスファクトリー 1/72 アイアンフット ヘイスティー を見本にデカールの貼り方を紹介したいと思います。 私のブログでは「初心者の方に ドンドンプラモに挑戦して欲しい!」という私のささやかな願いのもと定期的に基本的なテクニックを紹介しています。 作ったプラモデルのディテールが少々寂しくても、センス良くデカールを貼る事によって情報量を持たせ、さらにセンスの良い物に仕上げる事が出来ます。 多少のコツさえつかめば誰でも簡単に貼れますので、気軽にやってみましょう♫ 目次 デカール貼りの思い出 デカール貼りの下準備 基本的な貼り方 トラブルからのリカバリー シルバリングを…

  • 氷の惑星ホスの戦いと言ったらコイツ!【バンダイ】 1/144 AT-AT 

    ガンプラやAFVばかり作ってきて、そろそろスターウォーズ(以下SW)メカが恋しくなってきた今日この頃。 いつか作ってみたいと思っていた帝国軍の4足歩行兵器AT-ATを組んでみました。 牛か駱駝のようなデザインですが、当時巨大なAT-ATが画面に現れノシノシと迫ってくる姿に迫力とカッコよさを感じたものです。 そしてこのAT-ATに対する反乱軍のスノースピーダーとの戦闘が、また強く印象に残っていますね。 ルークの搭乗する機体に、ワイヤーで足を引っ掛けられて転んでしまう機体もあれば、その後撃墜して踏みつぶす機体もアリと見どころ満載でした! そんなAT-ATがバンダイさんから発売されると聞いた時は、期…

  • 【トランぺッター】ティーガーⅠ 完成しました

    ながらく製作しておりました、トランぺッターティーガーⅠ完成となりました。 塗装、ウェザリングの項目などは以前にⅢ号突撃砲で詳しく解説したので今回は割愛といたしました。 良ければ以下を参考にしてみてくださいね♫ www.puramodeblog.com さて塗装の時間が中々取れない私なので、どうしても完成するまでに時間が掛かってしまうのですが、今回も3ヶ月程製作期間で掛かっています。 しかしながら実際に組み立てるのにはさほど時間が掛かっておらず、海外製キットにしては概ね組み立てやすく手間の掛からない方だと思いますヨ。 今回は折角付属しているツィンメリットを再現したプラシートを最大限使って組み立て…

  • 【タミヤ】1/48 T-55 ポイント絞ってディテールアップ!

    さて前回ストレートに組んで組立完了間際まで作ったT-55。 今回少しだけ手を加えて仕上げてみました。 特に手間のかかる事はしていないので、初心者の方に参考になれば・・程度でご了承ください。 まず牽引ワイヤーの部分ですが、キット付属の紐を使用せず金属線に置き換えました。 紐は加工がしやすい反面ほつれ易く、しかも少し細目に感じた為です。 文字通り戦車を牽引するワイヤーなので、それに耐えられるだけの強度が有りそうな頑丈さが見た目にも欲しい! という事で、Ⅲ号突撃砲の時にも使ったモデルカステンのソフトステンレスワイヤー0.8mmを使用しました。 // リンク www.puramodeblog.com …

  • 久しぶりに【タミヤ】ヨンパチシリーズを組んでみた (T-55)

    タミヤから発売されている1/48ミリタリーミニチュアはパーツ数も少なめなので、その手軽さからシリーズ初期の頃に作りまくっていました。 しかしながら最近はタミヤに限らず、魅力的な1/35キットが沢山発売されて来ますし、やはり精密さや各部の表現力(装甲の表面の造形とか、溶接跡の表現とか)は1/48シリーズは1/35には一歩譲る気がして少し遠ざかっていました。 ですが値段的にもパーツ数的にも気負わずに作れるこのシリーズ、もう一度作ってみたいと思っていました。 そんな中、前々から一度作ってみたいと思っていたソビエトのT-55が1/48でキット化されるとの情報を見て久しぶりに作ってみるか~?となったわけ…

  • 【マックスファクトリー】ブリザードガンナーはコンバットアーマー界の駆逐戦車?

    今回はマックスファクトリーから発売されているブリザードガンナーを組んでみました。 1980年代に放映されていたアニメ「太陽の牙ダグラム」に登場するロボット、コンバットアーマーをキット化していくこのシリーズ。 第一作の主人公機ダグラムの発売が発表された時は 「おいおい、個人的には嬉しいけど売れるのかよ?そして続くのかよこの シリーズ?」 と余計な心配をしたもんですが あれよあれよと順調に発売されて二足歩行のCAは全てキット化されて、遂に多脚メカにまでキット化が及んできました。 その多脚歩行メカ ガンナー系のキット化第一弾がブリザードガンナーです。 原作を知る者ならば、キット化するならクラブガンナ…

  • HGUC ゲルググ そろそろ改修終了

    ディテールを少々入れつつ、サフチェックを行いました。 何のディテールも無いふくらはぎ部分などはMGを参考にしてスジ彫りなど出来れば良いのですが、曲面に対して左右対称に入れる自信が無いので今回はスルーしようかと💦 ここはデカールなどで間を持たせたいトコロですね。 胸部は少しプラ版を貼って増加装甲感を追加。 何となくのっぺりと感じたので、顔のクチバシ?鼻?の部分にも上面に0.5mmプラ版を貼って厚みを増しています。 モノアイ部分は元のパーツを付けずに、いつものHアイズの裏にメタルテープを貼った物を貼って剥がせる糊のピットマルチで付けておきます。 ひじ関節は少しはメカっぽくなるかとディテールを追加し…

  • HGUC ゲルググ そろそろ改修終了

    ディテールを少々入れつつ、サフチェックを行いました。 何のディテールも無いふくらはぎ部分などはMGを参考にしてスジ彫りなど出来れば良いのですが、曲面に対して左右対称に入れる自信が無いので今回はスルーしようかと💦 ここはデカールなどで間を持たせたいトコロですね。 胸部は少しプラ版を貼って増加装甲感を追加。 何となくのっぺりと感じたので、顔のクチバシ?鼻?の部分にも上面に0.5mmプラ版を貼って厚みを増しています。 モノアイ部分は元のパーツを付けずに、いつものHアイズの裏にメタルテープを貼った物を貼って剥がせる糊のピットマルチで付けておきます。 ひじ関節は少しはメカっぽくなるかとディテールを追加し…

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー