searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ガレージ1.5さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
プラモ DE ブログ
ブログURL
https://www.puramodeblog.com/
ブログ紹介文
気軽に模型作りを楽しもうをモットーに、初心者の方でも楽しめるページを目指します。
更新頻度(1年)

32回 / 208日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2020/01/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ガレージ1.5さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ガレージ1.5さん
ブログタイトル
プラモ DE ブログ
更新頻度
32回 / 208日(平均1.1回/週)
読者になる
プラモ DE ブログ

ガレージ1.5さんの新着記事

1件〜30件

  • ビークルモデル スノースピーダー お手軽塗装で仕上げる

    先日1/144AT-ATを組み立ててみて、やっぱりビークルモデルのスノースピーダーを塗装してみたくなりました。 ビークルモデルのAT-ST&スノースピーダーは、バンダイのAT-ATと同じ1/144サイズになっていて、ファンなら是非とも並べて飾りたいところです。 そこで今回はキット付属のシールを利用して、なるべくお手軽に塗装してみたいと思います♫ とりあえず塗装前に一度組んだものをばらします。 2色ぐらいは塗装しようと思いますので、後部のフィン状になっている所は分割しておいた方が便利ですね。 まずは その機体後部を説明書の指定通り、焼鉄色で塗装しました。 シルバー粒子の粗目な焼鉄色は、個人的にあ…

  • 【初心者向け】水転写デカールの貼り方

    今回はこっそり製作していたマックスファクトリー 1/72 アイアンフット ヘイスティー を見本にデカールの貼り方を紹介したいと思います。 私のブログでは「初心者の方に ドンドンプラモに挑戦して欲しい!」という私のささやかな願いのもと定期的に基本的なテクニックを紹介しています。 作ったプラモデルのディテールが少々寂しくても、センス良くデカールを貼る事によって情報量を持たせ、さらにセンスの良い物に仕上げる事が出来ます。 多少のコツさえつかめば誰でも簡単に貼れますので、気軽にやってみましょう♫ 目次 デカール貼りの思い出 デカール貼りの下準備 基本的な貼り方 トラブルからのリカバリー シルバリングを…

  • 氷の惑星ホスの戦いと言ったらコイツ!【バンダイ】 1/144 AT-AT 

    ガンプラやAFVばかり作ってきて、そろそろスターウォーズ(以下SW)メカが恋しくなってきた今日この頃。 いつか作ってみたいと思っていた帝国軍の4足歩行兵器AT-ATを組んでみました。 牛か駱駝のようなデザインですが、当時巨大なAT-ATが画面に現れノシノシと迫ってくる姿に迫力とカッコよさを感じたものです。 そしてこのAT-ATに対する反乱軍のスノースピーダーとの戦闘が、また強く印象に残っていますね。 ルークの搭乗する機体に、ワイヤーで足を引っ掛けられて転んでしまう機体もあれば、その後撃墜して踏みつぶす機体もアリと見どころ満載でした! そんなAT-ATがバンダイさんから発売されると聞いた時は、期…

  • 【トランぺッター】ティーガーⅠ 完成しました

    ながらく製作しておりました、トランぺッターティーガーⅠ完成となりました。 塗装、ウェザリングの項目などは以前にⅢ号突撃砲で詳しく解説したので今回は割愛といたしました。 良ければ以下を参考にしてみてくださいね♫ www.puramodeblog.com さて塗装の時間が中々取れない私なので、どうしても完成するまでに時間が掛かってしまうのですが、今回も3ヶ月程製作期間で掛かっています。 しかしながら実際に組み立てるのにはさほど時間が掛かっておらず、海外製キットにしては概ね組み立てやすく手間の掛からない方だと思いますヨ。 今回は折角付属しているツィンメリットを再現したプラシートを最大限使って組み立て…

  • 【タミヤ】1/48 T-55 ポイント絞ってディテールアップ!

    さて前回ストレートに組んで組立完了間際まで作ったT-55。 今回少しだけ手を加えて仕上げてみました。 特に手間のかかる事はしていないので、初心者の方に参考になれば・・程度でご了承ください。 まず牽引ワイヤーの部分ですが、キット付属の紐を使用せず金属線に置き換えました。 紐は加工がしやすい反面ほつれ易く、しかも少し細目に感じた為です。 文字通り戦車を牽引するワイヤーなので、それに耐えられるだけの強度が有りそうな頑丈さが見た目にも欲しい! という事で、Ⅲ号突撃砲の時にも使ったモデルカステンのソフトステンレスワイヤー0.8mmを使用しました。 // リンク www.puramodeblog.com …

  • 久しぶりに【タミヤ】ヨンパチシリーズを組んでみた (T-55)

    タミヤから発売されている1/48ミリタリーミニチュアはパーツ数も少なめなので、その手軽さからシリーズ初期の頃に作りまくっていました。 しかしながら最近はタミヤに限らず、魅力的な1/35キットが沢山発売されて来ますし、やはり精密さや各部の表現力(装甲の表面の造形とか、溶接跡の表現とか)は1/48シリーズは1/35には一歩譲る気がして少し遠ざかっていました。 ですが値段的にもパーツ数的にも気負わずに作れるこのシリーズ、もう一度作ってみたいと思っていました。 そんな中、前々から一度作ってみたいと思っていたソビエトのT-55が1/48でキット化されるとの情報を見て久しぶりに作ってみるか~?となったわけ…

  • 【マックスファクトリー】ブリザードガンナーはコンバットアーマー界の駆逐戦車?

    今回はマックスファクトリーから発売されているブリザードガンナーを組んでみました。 1980年代に放映されていたアニメ「太陽の牙ダグラム」に登場するロボット、コンバットアーマーをキット化していくこのシリーズ。 第一作の主人公機ダグラムの発売が発表された時は 「おいおい、個人的には嬉しいけど売れるのかよ?そして続くのかよこの シリーズ?」 と余計な心配をしたもんですが あれよあれよと順調に発売されて二足歩行のCAは全てキット化されて、遂に多脚メカにまでキット化が及んできました。 その多脚歩行メカ ガンナー系のキット化第一弾がブリザードガンナーです。 原作を知る者ならば、キット化するならクラブガンナ…

  • HGUC ゲルググ そろそろ改修終了

    ディテールを少々入れつつ、サフチェックを行いました。 何のディテールも無いふくらはぎ部分などはMGを参考にしてスジ彫りなど出来れば良いのですが、曲面に対して左右対称に入れる自信が無いので今回はスルーしようかと💦 ここはデカールなどで間を持たせたいトコロですね。 胸部は少しプラ版を貼って増加装甲感を追加。 何となくのっぺりと感じたので、顔のクチバシ?鼻?の部分にも上面に0.5mmプラ版を貼って厚みを増しています。 モノアイ部分は元のパーツを付けずに、いつものHアイズの裏にメタルテープを貼った物を貼って剥がせる糊のピットマルチで付けておきます。 ひじ関節は少しはメカっぽくなるかとディテールを追加し…

  • HGUC ゲルググ そろそろ改修終了

    ディテールを少々入れつつ、サフチェックを行いました。 何のディテールも無いふくらはぎ部分などはMGを参考にしてスジ彫りなど出来れば良いのですが、曲面に対して左右対称に入れる自信が無いので今回はスルーしようかと💦 ここはデカールなどで間を持たせたいトコロですね。 胸部は少しプラ版を貼って増加装甲感を追加。 何となくのっぺりと感じたので、顔のクチバシ?鼻?の部分にも上面に0.5mmプラ版を貼って厚みを増しています。 モノアイ部分は元のパーツを付けずに、いつものHアイズの裏にメタルテープを貼った物を貼って剥がせる糊のピットマルチで付けておきます。 ひじ関節は少しはメカっぽくなるかとディテールを追加し…

  • トランぺッター ティーガー1 その4 お手軽精密再現!3Dプリントパーツ

    MJミニチュアという韓国のメーカーから3Dプリンターで作られた「ドイツ軍クランプツールセット」なる物が発売されました。 トランぺッターのティーガーⅠはほとんどのクランプ*1が工具や牽引ロープとは別パーツで再現されているのですが、一部省略があったのでレビューがてら使用してみます。 中身はこのように板チョコ状のパーツの上に、大戦中のドイツ軍によく見られる形状のクランプが出力されています。 これだけアップで見てもモールドは滑らかで、ひと昔前の3Dプリンターの物とは比べるべくも無く良い出来栄えです。 驚くべきことに、クランプに付いた蝶ネジが一個一個違う方向に向いている所まで再現されている事! これ、絶…

  • HGUCゲルググ  自分好みに改造

    ジオングを完成させたところで、ア・バオア・クーつながりでゲルググを作ってみることにしました。 HGUCでの製作となりますが 私はこれが発売された当時、何だか冴えないスタイルのキットだなぁと感じて特に購入意欲も湧きませんでした。 以前から量産型ゲルググにあまり思い入れが無いのも有るかもしれません。 量産型のゲルググはガンダム劇中のラスト2話程度しか登場しておらず、セイラさんに「さすが新型」と言われながらあっさりと撃墜されたシーンが最大の見せ場だったように思います💦 私にとってそんなイメージのゲルググですが、今のところリバイブもされておらずオリジン版やサンダーボルト版も無いので作るとなると旧キット…

  • HGUC ジオング 完成度80%状態で完成

    久しぶりにガンプラを完成させました。 HGとはいえ細かい所にこだわりだすと終わらなくなってしまうので、その塩梅が難しいところですね。 とはいえ、やはりファーストガンダムのラスボス&シャア最後の乗機ですから少々手を加えて作っておきたいガンプラではありました。 改修箇所としては頭部モノアイレールの再現とディテールの追加のみです。 ストレート組みより少しは見栄えのする物にできたかな~? という事で何かの参考になれば幸いです。 スカートも面積が広くディテールも少なめだったのでプラ棒などでそれらしく。 MGザクver.2のデカールを使用してみました。 未完成なジオングはそのメカむき出しな部分も魅力であり…

  • 【TAKOM】のⅢ号戦車の出来栄えは如何に?!

    中国の模型メーカー【TAKOM】からⅢ号戦車M型が発売されました。 このメーカーは昨今の例にもれず精密再現が売りで、数年前にティーガーⅡの内部を完全再現し、そのうえ装甲の厚さまで1/35で再現したキットを発売した事などで注目を浴びました。 そんなメーカーなのですが、徹底再現のキットばかりじゃ気軽に買えないなぁ~と思ってた所、新たに「ブリッツ」というグレードのキットを発売。 こちらはなるべく部品点数を抑えながら、組み立てやすさを目指すシリーズとの事。 その実力は如何なものか?と購入してみました。 お値段税込5,170円です。 目次 意外にコンパクトなパッケージ 気になるパーツの再現度は? 履帯の…

  • ジオング 工作終了!

    前回からたいして変わり映えしませんが、HGUCジオングこの辺りでディテールの追加を終えたいと思います。 自分なりには頑張って満遍なくディテール追加したつもりですが、如何せん自分の理想を形にするにはスキルが追いついていないのが現状ですね💦 スジ彫りを狙った所に入れるのも苦労する始末です。 まあ諦めず、今後も少しづつ精進してスキルアップしていきたい所ですね。 頭部、襟部などはエバーグリーンの極細プラ棒などを細切れにして、貼りつけ。 口に当たる部分のビーム砲口は、一度ピンバイスデ開口してコトブキ屋のパーツでディテール追加等々です。 若干頬の部分は好みで削り込んでいます。 放送当時、子供心に「不気味な…

  • 【トランぺッター】ティーガーⅠ その3 組立てて気づいた点は?

    地道に作業を進め、とりあえず組立完了となりました。 組んでしまうと塗装しにくそうな転輪などは一部接着していない状態です。 やはりパーツレビューの感想通り【ドラゴン】のキットよりパーツ数を抑えていますが、【タミヤ】よりはパーツ数多め。 再現度もおおよそそれに準じますね。 海外のキットに初めて挑戦してみようという方にはお値段的にも、難易度的にも良いようです。 www.puramodeblog.com アップで見るとアラが目立ちますね💦 ハッチの上の黒で塗装してある部分はペリスコープです。 ライトグレーの成形色でパーツ化されているので、ガラス部分を黒→クリアブルーで塗装しマスキングしました。 ペリス…

  • 祝!!バウンド・ドック発売!だけど予約できない⁉

    遂に発売決定 バウンド・ドッグ! 自分的には久しぶりにビックリするガンプラニューキットの情報が、このバウンド・ドックでした。 劇場版Zガンダム上映という後押しが有ってすらキット化されなかったこのモビルアーマーは、私が高校生当時に文化祭でプラモデル愛好会のメンバーが1/144でフルスクラッチして展示してあったのを見て衝撃を受けて依頼、いつかは欲しいと夢見たガンプラなんですよね。 設定的に大きい(Zガンダムの約1.5倍)とはいえ、もっと大きいサイコガンダムはキット化されてますし、一応主人公カミーユのライバル ジェリドが最後に搭乗した機体なんだから、何で出ないんだ~とかれこれ30年程思ってたワケです…

  • ファーストガンダム登場の全MSをHGUCで揃えたい!

    先日の旧キット300円ガンダムを作りながら、子供の頃当時の夢を思い出してしまいました。 それは・・・ 「ガンダムに出てくるモビルスーツをガンプラで全て揃えてみたい!!」 っていう当時のガキんちょなら誰でも抱いた野望です! しかし子供の少ない小遣いで、しかもあまりなガンプラ人気で品薄の中では叶わぬ夢だった訳です。 しかしながら1/144のHGUCでファーストガンダム登場の全てのMSがキット化され、 またその全てを購入できるだけの稼ぎを得た現在、その気になれば達成できる野望なわけです。 「うん、やってみるか~!」 300円ガンダムが万年中二病の漢のハートを熱くさせてしまったようです💦 もちろん既に…

  • 童心に帰って モナカキット「1/144 ガンダム」を組んでみる!!

    突然ですが皆さんは「モナカキット」ってご存知ですか? 最近のガンプラは1/144のHGでも 多少なりとも外装の中にはフレーム構造が有って中身ギッシリな物が多いんですよね。 それに対しガンプラ創世記の旧キットは、外装の中身はからっぽでモナカの皮状態であるのを揶揄してそう呼ばれているんですね。 いやいや、だったら中身のあんこが無いんだし、正確には「モナカの皮キット」なんじゃないか?って思わなくも無いですが・・💦 ガンプラ旧キット再版に酔う! さて、そんなガンプラ創世記(40年程前ですね)のキットが絶版にもならず、また当時のままの値段で買えるのがガンプラの凄いところ。 今回はファーストガンダムの旧キ…

  • 【トランペッター】ティーガーⅠ その2 履帯と砲塔など

    今回は足回りの続きから・・。 連結式履帯を転輪に接着して取り外しできるロコ組みで作る予定なので、転輪は接着せずに仮設置としています。 苦行の末⁉ランナーから切り出し、ゲート処理をした200個近い履帯を粘度の高い接着剤で繋いでいきます。 この履帯の製作はやる気の維持が難しいですが 気合で乗り切ります! 私は粘度の高い接着剤で繋いだ後に、更に流し込みタイプの接着剤でしっかりと接着しました。 繋いだらすぐに車体に装着したい所を我慢して、多少手に取っても崩れないぐらいに固まるまで待ちます。 大体固まったかなと感じたら一気に組んでしまいます。 車体に組んでる途中でばらけてくるようなら、まだ早いか接着が足…

  • 久しぶりのカーモデルに悪戦苦闘!!

    なかなか時間の取られる塗装が出来ないので、しばらく進んでなかったフェアレディZ再開しました。 上の画像の通り、ボディーも好みのイエローで塗装したのですが・・・あまりカーモデルを作った事の無い私は色々と雑に事を進めた結果、トラブル頻発しました💦 ミリタリーものは多少塗装や工作が雑でも、それが逆にリアルになる事も有るんですが、綺麗に仕上げる事が前提のカーモデルはごまかし効かないので基礎工作力が仕上がりに直結してしまいます。 私もまだまだ精進ですね~。 まずは細かい部分を片付けてしまおうと、ブレーキディスクを塗り分けました。 まずはセミグロスブラックで塗装した後、中心部をマスキングテープを円状にカッ…

  • 一味違う切り口の記事が面白い!!アーマーモデリング

    皆さんはアーマーモデリングという雑誌はご存知でしょうか? いやプラモのブログで何言ってんだと思われる方も多いでしょうが、戦車関係のプラモデルを専門に扱っている雑誌ですね。 今回はこの雑誌を読んだ事ない、または最近読んでないって方に紹介してみたいと思います。 項目 最近のアーマーモデリングはちょっと違う? その変化の内容は? 今回の特集 アドバイザー吉岡和哉さん 最後に 最近のアーマーモデリングはちょっと違う? AFV*1好きな私はちょくちょくチェックしているのですが、最近この雑誌の記事内容が変わってきたように感じます。 良く有る模型雑誌の記事としては 新キットやマテリアル等の紹介、ディテールア…

  • 【トランペッター】ティーガーⅠ その1 車体の組立

    車体の製作 箱を開けてパーツを眺めていたら適度なパーツ数で組み立てやすそうなのと、珍しいツィンメリットコーティングのプラシートが無性に貼ってみたくなったのでトランぺッターのティーガーⅠ組立に入りたいと思います。 古今東西のメーカーから発売されているティーガー戦車ですが、メーカーによって表現やら再現度やら違っているので、今回はやたらとアフターパーツなど使わずにキットのパーツを生かす方向で製作していきたいと思います。 車体の製作 サスペンションアーム 車体上面パーツの修正 前面バイザーのガラス再現 ツィンメリットコーティングシートの貼り付け コーティングシートの加工とダメージ表現 サスペンションア…

  • お手軽ツインメリットコーティング!!【トランぺッター】1/35 ティーガーⅠ後期型 

    最近のAFV模型の傾向 最近はAFV模型と言えば「精密至上主義」だった頃から少し落ち着いて、作りやすいキットが見直されつつある傾向にあると思います。 過去には徹底的なディテールアップが流行り、更に最初からディテールアップパーツが全部入ったようなキットも発売され、私も喜んで作った思い出が有ります。 しかし、あまりにも膨大なパーツ数となるキットは箱を開けただけでお腹一杯になり、作る気が失せる事もしばしばでした。 そんな昨今トランペッターからもお手頃な値段(税別4,800円)でティーガー1が発売されたので、お値段なりにパーツ数も抑えられてるのかな?と興味を持ちました。 最近のAFV模型の傾向 トラン…

  • 【初心者向け】ガンプラを簡単フィニッシュで作ってみる!「 リーオー編」

    プラモデル初心者の方向けに、なるべく少ない手間と道具で完成させるをモットーにお送りする「作ってみよう♪」のコーナー。 今回はガンプラを簡単フィニッシュで作ってみたいと思います。 よく「簡単フィニッシュ」とガンプラでは聞くことが有ると思いますが、その意味はもともと色分けされているガンプラの成型色を生かしつつ、少しだけ手を加えてストレートに組むよりワンランク上の完成度にする!といったところでしょうか。 HGAC リーオー キット内容 組立 パーツの切り取り方 組み立てのコツ パーティングラインの処理 組立完了 合わせ目の処理 スミ入れとトップコート カメラ部分に一工夫 リーオー完成!! まとめ H…

  • ボディーと各部の塗装をやってみる!

    早速サーフェイサーを吹いてみます。 滑らかな表面を得たいので、粒子が細かめのMr.サーフェイサー1200を使用しました。 彫りなおしたスジ彫りがくっきりとしていて満足です。 GSIクレオス B515 Mr.サーフェイサー1200(V0792)価格: 500 円楽天で詳細を見る サフを吹くと傷が付いてる部分が分かりやすくなるので、発見した場合はパテ等で修復します。 こんな時は私はタミヤのホワイトパテを使っています。 グレーのプラパテより粒子が細かくて、乾きが早いですね。 今回はリアフェンダーと、ボンネット前端に傷を発見。 処理しておきました。 カーモデルにはライトやホイールなど、色んな所にメッキ…

  • 久しぶりに【タミヤ】のカーモデルに挑戦してみる!

    うん十年としばらくカーモデルは作ってなかったのですが、最近たまたまガソリンスタンドで給油中に隣に止まったこのフェアレディZが凄く印象に残ってしまいました。 「あれ?Zってこんなにカッコ良かったっけ?」 子供の頃には大人になったら「フェアレディに乗りた~い!」なんて思ってましたが、実際大人になるとそんな事は忘れて他の車を乗り継いできました。 しかしその時、実際に近くで見たフェアレディのボディーは凄くグラマラスで迫力も有り、大人のスポーツカーを感じさせ、子供の頃の熱い思いを甦らせてしまったという次第です。 今でさえ、私の財力ではおいそれとは買えないフェアレディZ。 たまたまタミヤさんからバリエーシ…

  • 【ズベズダ】1/35 T34/76  完成!

    心ゆくまでウェザリングを楽しんだので、ズベズダT34完成といたします。 車体は一色だけの塗装なので苦労もなく、クレオスのカラー511番 ロシアングリーン 4BOも自分のイメージするソ連戦車にピッタリだったので助かりました。 キットは概ね作りやすくて、海外キットに良く見られる車体の歪みなども無く中々の品質でした。 T34ではほとんど目立たないのですが、ペリスコープ内にクリアーパーツを採用するなどズベズダが自国の戦車だからという訳ではないでしょうが、かなり拘って再現されています。 ひとつ難点を上げるとすれば、履帯(キャタピラ)でしょうか? 一個一個接着して繋げていく部分連結式を採用しているのですが…

  • 【ズベズダ】1/35 T34/76 その5

    さて、大体基本塗装が終わったT34を汚し&スミ入れしていこうと思います。 別パーツ感を強調しようと、パーツの上面や小さな部分を基本色に白を加えて明度を上げた色で塗りましたが、今回は少しやり過ぎたかな?とも思ったのでもう一度基本色を薄く吹き付けて馴染ませました。 スミ入れ、ウオッシング、などを施すと重厚感が出てきていきなり戦車らしくなってきますね。 今回もⅢ号突撃砲同様のやり方でやってますので、やり方はそちらを参考にしてください。 www.puramodeblog.com あまり汚しが進んでからデカールを貼ると、そこだけ浮いてしまうので今回はここらでデカールを貼る事にします。 使用する部分だけカ…

  • 欲しいなら買っておこう タミヤのフェラーリ

    最近ネット上で知ったのですが、タミヤさんが版権終了との事でフェラーリ関係のプラモデルが販売しなくなるとの事。 普段カーモデルはあまり作らないので「そうなんだ」程度には思っていたんですが、無くなるとなれば気なってしまいますよね。 そんな中、先日行きつけのプラモデル屋さんに行って店長さんと話しているうちに話題がその話になりました。 店長さん曰く「最後の入荷になるという事で沢山フェラーリのキットを仕入れたが、もうほとんど売れちゃってそれしか残ってないよ」と言って棚の上を指差した先に有ったのは・・・ これ! 懐かしのフェラーリ・テスタロッサです。好きだったんですよねこの車♬ 発売当時に2つほど買って完…

  • 【ズベズダ】1/35 T34/76 その4

    しばらく間が空きましたが【ズベズダ】T34再開します! まずはサーフェイサーを吹いて表面の状態チェックから。 ちなみにサーフェイサーはガイアノーツのサーフェイサーエヴォを今回使用しました。 ガイアノーツ GS-01 サーフェイサー エヴォ 50ml メディア: おもちゃ&ホビー サフは沢山使うのでこの位のサイズが良いですね。 さて、グレー一色となり所々アラが出てきたので修正していきます。 サフ吹く前からかなり怪しいなあと思ってたんですが、この部分のラインが消えてしまってました。 とりあえずはっきりしないのは嫌なのでタガネで彫り込んだのですが、実車の画像をみるとこのラインは溶接痕が正解のようです…

カテゴリー一覧
商用
読者になる