searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ケンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ケンのブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/takobouzhirose
ブログ紹介文
ケンが日々の感想を書くブログです
更新頻度(1年)

264回 / 306日(平均6.0回/週)

ブログ村参加:2019/11/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ケンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ケンさん
ブログタイトル
ケンのブログ
更新頻度
264回 / 306日(平均6.0回/週)
読者になる
ケンのブログ

ケンさんの新着記事

1件〜30件

  • 秋の便り

    新聞を見ると21日に富士山で初冠雪があったと出ている。昨年より約一ヶ月早い冠雪という。それぞれの場所に応じて刻々秋が深まって行くなと思う。関西でも確かに日中蒸し暑いと思うこともあるけれど、もうこれからはだんだん服を重ねてきていく季節になっていくんだなというのはそれこそ肌で感じる。街を歩いているともうことさらソーシャルディスタンスを気にして歩いている人は少ないように思う。お店のレジの前にはソーシャルディスタンスを示すシールが貼ってある場合が多いからみんな意識するけれど。先日京都市交響楽団の定期演奏会に行ったとき、客席の方は相変わらずソーシャルディスタンスをキープする座席配置になっていたけれど、ステージの方はもうフルオーケストラになっていた。最初にスメタナの売られた花嫁序曲が演奏され、冒頭付近の譜割りの細かい音を弦...秋の便り

  • 敬老の日

    今日は敬老の日ということだけれど、どんな催しが行われたのだろう。新聞によれば65歳以上の人が日本の総人口に占める割合は過去最高の28.7%と出ている。女性に限れば31.6%が65歳以上、70歳以上の25.1%にのぼると出ている。それは年金などで若い人にかかる負担が大きくなると言われるはずだと思う。また、これほど人口にしめる高齢者の割合が大きくなると高齢者は敬老と言っていかに若者に敬ってもらうかよりも、自分自身が例えば仕事を退職したあとにいかに生きるかということも本当に真剣に考えなければならない時代になっているのだと思う。何日か前に新聞を読んでいたら大学入試センター試験が今年からなくなるけれど、新しいテストも結局記述式はいろんな問題点があって実施が困難で、新テストも結局は従来のセンター試験とそんなに変わらないとい...敬老の日

  • 彼岸の入

    今日は連休の初日でもあり彼岸の入でもあり、やはり人通りが多いように思う。もう外を歩いていて密に注意してというような気配でいる人はそれほどいないように思える。もちろんマスクをしている人の比率は相変わらずとても高いけれど。新聞に青森県の弘前城がライトアップされた写真が出ている。弘前城を中心とした公園の中の桜は新聞写真で見ると紅葉になっている。東北の秋は早いなと思う。新聞の記事には今、桜の葉は緑から紅へのグラデーションになっていると書いてある。関西でそのような感じになるのは立冬も近くなった時期だと思う。やはり東北の秋は早いなと思う。オフコースの小田和正さんの名曲に「さよなら」という歌がある。その歌詞にこんな一節がある。“”さよならさよならさよならもうすぐ外は白い冬“”この歌の作曲年代を僕は詳しく調べたことがないけれど...彼岸の入

  • 暑さ寒さも彼岸まで

    暑さ寒さも彼岸までとよくいうけれど、本当に彼岸が近づいてきてもうすっかり秋だなあと思う。彼岸花もいっぱいみかけるようになったし。大気が不安定な感じで風が強かったりにわか雨が振ったりした。新聞を見ると米国で少なくとも2023年までゼロ金利政策を継続する見込みであると出ている。僕は経済の知識は中学生並みなのだけれど、コロナで貨幣の流通量を増やしたくてそうするのだとは思う。そして、それはこういう経済の落ち込んだときなので、まあ、そういう政策になるだろうとは思う。ただ、銀行は利息で設けるというのが僕が若い頃に一般に言われていたことだった。こんなゼロ金利になってしまえば銀行は金利では儲からないということは、なんとなく中学生並みの頭でもわかりそうな気がする。それならば、銀行は一体、何で儲けたらいいのだろう、僕の頭で考えても...暑さ寒さも彼岸まで

  • 71歳まであと13年

    朝ラジオを聞いていたら偶然、安倍前首相の言葉が聞こえてきて菅新総裁のことを「まさに、令和の時代にふさわしい総裁の誕生ではありませんか」と言っている部分だけが聞き取れた。なんかその言い方が一生懸命心から言っているような語調で、前任の総理大臣からそんなふうに言ったもらえるなんて菅さんいいなあと思ったし。そういう心をこめた語調でそういうときに話ができるというのも安倍さんが長きに渡って総理大臣を勤めることができた大きな要因であると思った。政治家は政策が一番大事と思うけれどやはり人柄もそれにおとらず大事だなあと思った。そんなふうに書くと知性がないと言われそうだけれど、、、。岸部四郎さんが71歳でなくなったと出ている。僕が仮に71歳で死ぬとしたらあと13年かと自分の年齢と岸部さんの享年を見て、計算してしまった。本当に自分自...71歳まであと13年

  • 菅義偉さん自民党総裁に

    自民党総裁に選出された菅義偉さんのおそらく総裁に選出された瞬間と思われるような新聞写真の2枚、目にした。なんだか感無量というお顔をしておられるなあとおもう。大勢の人が政治家を志して、ここまで行ける人は何人に一人もいない。実力だけでもなれないし、努力だけでもなれないし、やはり、実力、努力、人柄、ときの運、全てがそろわないとここまでないけないのだと思う。自分の(菅義偉さん)の生涯に、その実力、努力、人柄、ときの運、すべてがそろう瞬間があった。やはりそれは感無量だと思う。また、そういうときに感無量というお顔になるというのが菅さんの人柄でそれが総裁に選ばれるのに大きく寄与しているようにも僕には思える。いろんな世界を見渡して、例えば756号ホームランを打った瞬間の王貞治さんとか、金メダルに輝いた瞬間のスポーツ選手とか、そ...菅義偉さん自民党総裁に

  • もう9月も半ば

    気づくと9月ももう半ばになっている。随分涼しくなったなと思う。まだTシャツ1枚でいることが多いけれど今までは冷房が寒いときのために上着を持っていくという感じだった。しかし、今はもう、冷房どうこうよりも自然に寒くなったときのために上着を考えるようになった。100円ショップなどにはハロウィンのかぼちゃをかたどったいろんなグッズが並び始めている。もうあっという間にクリスマスに向かってときが流れていくんだな。そんな気がする。コロナコロナと言っているうちに季節感が今年はおかしくなってしまったように思う。ときが立つのが早いようにも思うし、また逆に今年はこれまでにいろいろあったなとも思う。もう9月も半ば

  • 偉大なアーチストは同時に偉大な知性であってほしかった

    ネットで早稲田大学元総長の息子さんで気鋭の政治学者と言われているらしい白井聡さんのことが話題になっている。ウィキペディアにはそのことがこんなふうにうまくまとめてある。“2020年8月29日に、歌手の松任谷由実が、安倍晋三内閣総理大臣の辞任に伴う会見について「泣いちゃった。切なくて」などとコメントしたことに対して、(白井聡さんは)自身のFacebookに「荒井由実のまま夭折すべきだったね。本当に、醜態をさらすより、早く死んだほうがいい」と書き込み、非難を浴びた。橋下徹がTwitter上で「京都精華大学は、さすがにこんな教授を雇い続けるのはまずいだろ。」「発言を俺たちがやれば社会的に抹殺だよ。」と非難するなど炎上状態となった。さらに白井聡さんは「私は、ユーミン、特に荒井由実時代の音楽はかなり好きです(あるいは、でし...偉大なアーチストは同時に偉大な知性であってほしかった

  • 返品お断り

    今日、2軒のお店で買い物をして、その両方のお店で会計のときに「返品はできませんのでお願いします」という趣旨の言葉をかけられた。僕は子供のころ、あんこやさんで育って、大概はこちらからお菓子屋さんとかパン屋さんとかそいうところに配達に行く商売だった。しかし、あんこをこちらまで出向いて買いに来てくれる人もいて、そういう方には工場で働いているおじさんが「はい、毎度おおきにありがとうございます」という感じで声をかけていた。そんな毎度来てくれるお客さんでもなくたまたま通りかかったおばあちゃんが買いに来てくれたという場合でも、「毎度ありがとうございます」というのが言葉の標準形だった。そういう幼い頃の体験が心のスタンダートになっているせいか買い物をして「ありがとうございます」も全く言ってもらえずに、「返品はできません」という言...返品お断り

  • 熱中症による死者数、過去最高

    新聞に東京都23区内でこの8月熱中症でなくなった方の数が195人で過去最高と出ている。たぶんコロナでなくなった人の数をはるかにしのいでいるとおもう。僕自身は今年はマスクをしているので熱中症はどうだろうとおもったけれどおかげさまで8月は熱中症にはならずにすんだ。まだ、暑いのでこれからも気をつけていきたいと思う。とはいうもののやはり肌に当たる空気が同じ暑いと言ってももう秋なんだな、もうしばらくすると着る服の数もだんだん増やしていかなければならないだろうなという感覚は十分に覚えるようになってきた。はやり季節は確実に進んでいくなと思う。インフルエンザは一般に冬に流行しやすいという。これから冬にかけてコロナもどうなっていくんだろう。そのことにも注意しつつすごしていきたいと思う。熱中症による死者数、過去最高

  • 公的債務戦後最高水準に

    新聞を見ていると世界のGDPに対する公的債務の残高比率が第二次世界大戦直後の水準を上回る見通しとなったと書いてある。いやあ、そう言われるとやはりこのコロナって戦争に匹敵するような世界史上の出来事なのかと思ってしまう。もちろんコロナによる経済対策として公的資金が投入された結果だとは思う。しかし。新聞には債務が増えると債務不履行の可能性が高まりゆえに金融市場での公的債務の信用が低下すると書いてある。信用が低下するということは債券が値下がりすることなのだろうと足りない頭で考えてしまった。そういうものに投資している人は大丈夫だろうか。本当にこのコロナは賃金労働者だけでなく、いわゆる資産運用をしている人にも多大な影響を与えるんだなと思ってしまう実際、すでに新興国を中心に財政危機が本格化する国も出ていると書いてある。第二次...公的債務戦後最高水準に

  • ニューヨークフィルがストリートミュージック

    新聞の国際欄を読んでいたらニューヨークフィルハーモニックが秋のシーズンがキャンセルされコンサートホールが無期閉鎖されている中で、ストリートでの演奏を始めたと出ていた。ストリートミュージックはサプライズの場所で行われるという。本当に欧米のストリートミュージックの習慣っていいなとこういうのを見ると思う。新聞写真を見ると男女のバイオリンとビオラのデュオがTシャツを着てマスクをして二重奏を奏でている。ニューヨークフィルのメンバーだと知らなければ本当に、若いストリートミュージシャンだと思ってしまうような感じだ。それがまたいいなと思う。かれこれ30年近く前に札幌に行ったとき地下鉄のすすきのの駅を降りて階段を地上に上がってきたらPMFオーケストラのメンバーが4人カルテットを組んでチャイコフスキーの弦楽セレナーデのワルツを演奏...ニューヨークフィルがストリートミュージック

  • 天理教の神は二頭の白狐

    芹沢光治良の「人間の運命」という小説に主人公の次郎が、次郎の妻の父、つまり義理の父のつてで法華経の熱心な信者C婦人の加持祈祷を受ける場面がある。そこにはこんな記述がある。“(C婦人が次郎に言う)「いくら法華経をお唱えしても、どうしても心眼も天眼もひらけないので、不思議でならなかったのです。それで一心に、二時間もお唱えして、邪魔をしている魔神と闘ったのです。すると、二頭の白狐が出ましてね。何者かと、責めて問いただしたところ、天理教の神だと申しました。それで、白狐の邪魔を追い払うために、骨をおりました」「天理教の神が二頭の白狐ですか」次郎は心から笑いたかったが笑えなかった。中略(次郎の)母の信じた神は二頭の白狐であると言うのかと、C婦人を罵倒したい気持ちでいっぱいであった。天理教の信仰を失っているが、小さいときから...天理教の神は二頭の白狐

  • 第二次世界大戦の集結

    新聞の国際欄を見ていると、ロシア、そして中国で9月3日にそれぞれ第二次世界大戦終結、そして日本に対するレジスタンス戦争の終結の75周年の記念行事が行われたと出ている。ええ、第二次世界大戦、日本にとっては太平洋戦争だけれど、それが終わったのって終戦記念日つまり8月15日だと思っていた。それが9月だなんて、、、。それでちょっと調べてみると日本がポツダム宣言を受諾したのが8月14日、そしてその翌日8月15日に昭和天皇の玉音放送が流れることになる。まあ、そういうわけで日本ではこの玉音放送が流れた8月15日をもって終戦記念日とするらしい。ではなぜ、ロシアや中国が戦後75周年の記念行事を9月3日に行ったか。ちょっと調べてみるとアメリカをはじめ戦勝国では日本が降伏文書に調印した日、つまりポツダム宣言の受諾が文書の上でも確認さ...第二次世界大戦の集結

  • おせち商戦始まる

    新聞を読んでいたら百貨店各社によるおせち商戦が昨日始まったと出ている。多分、具体的な商品内容の宣伝が始まったということなのだと思う。23日から予約が始まるという。早いなあ。いつかラジオで浜村淳さんがおせちなど食べ物の宣伝は早すぎるくらい早い時期から始めて、消費者に商品を意識してもらうことが肝心というようなことをおっしゃっていたと思う。まあ、おせちの宣伝が始まるということはもう少しすれば喪中はがき印刷承ります、そしてそれからしばらくすれば年賀状印刷承りますと出てくるのだと思う。今年のおせちはコロナ禍を受けて取り分ける必要のないお一人様用などが品を揃えたと書いてある。映画男はつらいよで三田佳子が信州の女性医師の役でマドンナをつとめるものがある。その映画の中で信州の病院の院長先生がお正月はどうでしたかと尋ねられて、「...おせち商戦始まる

  • いつもの年とは違う

    9月になったせいなのか台風が接近しているせいなのかわからないけれど、ちょっと暑さが和らいだなと思う。マスクをして歩き回ったら熱中症でぶっ倒れるかもと思ったりしたこともあって、しんどくなったら真っ先にマスクをはずすと自分に言い聞かせてきたけれど、帽子もかぶるように気をつけたせいかおかげで8月中は熱中症になることはなかった。逆に窓を開けて冷房をするところが多いのでクーラーが無理に冷たい風を送ってくる感じで直接肌に当たる冷気が寒くてそちらのほうがむしろ気になるくらいの夏だった。本当に今年はコロナの中にあるためいろんな感覚がいつもの年とはちがうなと思う。いつもの年とは違う

  • 関西からそごうの看板消える

    今日の僕が読んでいる新聞に百貨店そごう西神店が閉店しこれで関西からそごうと名のつく百貨店はすべて姿を消したと出ている。いやあ、寂しいなと思う。僕は父が船員だったから神戸に船が停泊すると母につれられて、神戸の本山にある船員寮に行っていた。神戸三ノ宮のそごうは、三宮の駅を降りて神戸の港に真っ直ぐに南下していくフラワーロードという道路の起点にあった。最近、神戸はあまり行っていないので気づかなかったけれどその三宮そごうも昨年姿を消したと新聞には出ている。子供の頃、神戸に行って三宮に出るとそごうに行ってデパ地下で有馬名物、炭酸せんべいを母に買ってもらうのがいつもとても楽しみだった。神戸なのでゴーフルも買ってもらったけれど、なぜか炭酸せんべいのほうが神戸そごうとの記憶と深く結びついている。人間の記憶って不思議なものだなと思...関西からそごうの看板消える

  • 天理大学の感染に批判

    8月ももう終わりかと思う。暑いけれど。しかし、もう日は短くなってきているので暑さも、もうしばらくの間であるように思う。天理大学のラグビー部でコロナの感染者が出たことで大学に謝罪を求めたり批判するメール電話が50件にも登ると昨日の新聞に出ていた。ある学校でコロナの感染者が出て同様に批判が殺到したとき、プロのサッカー選手が謝罪する必要なんてない、心配している人もいることを忘れないで、体を大切にというような励ましのコメントを出していた。最初に、それを読んだとき、謝罪する必要はないというのは、ちょっと言いすぎかもと思った。しかし、また、天理大学にまで批判が殺到しているというニュースを読むと、僕も本当だ、サッカー選手の言うとおり謝罪する必要なんてない、と思ってしまう。批判している人は自分はコロナにかかる可能性はないと思っ...天理大学の感染に批判

  • 貴景勝婚約

    ネットのスポーツニュースに大関貴景勝がもと大関北天佑の次女の方と婚約したと出ていた。北天佑って見た瞬間、北の富士さんがよく千代の富士と北天佑の相撲はわかりませんよと言っていたことを思い出した。本当に千代の富士と北天佑の相撲は北天佑が思い切りの良さと怪力で千代の富士を破ることも多く、北の富士さんのおっしゃるとおりわからないなと僕も思っていた。あともうひとつ忘れられないのが昭和59年夏場所13日目、北天佑が横綱隆の里を破れば13日目にして北の湖の24回目(結局これが北の湖の最後の優勝になった)が決まるという一番があった。すでに勝ち残りで土俵下にいる北の湖の目の前で北天佑は隆の里を突き落としで破った。その瞬間、北天佑は土俵下にいる北の湖の方を振り返りニコッと笑った。あの当時も、そして今も、勝ち力士が土俵の上でニコッと...貴景勝婚約

  • 猛烈な残暑

    8月ももう終わりなのに猛烈な残暑。街では日なたを歩けばすいていて余裕で歩けるのになぜかみんな建物の影を歩いている。みんなが影を歩くからもう建物の影は完全に密状態。コロナだ密だ危ないぞと言っても、もうみんなコロナより先に熱中症が怖いというか、それ以前の問題としてもう熱くてひなたは歩く気力が出ないというのが本当のところと思う。信号待ちでも、わざわざ後ろの方の建物の影でみんな信号が青になるのを待っている。完全な密状態で。僕はそれでも暑い中での人混みが嫌いなのでなるべく日なたを歩いている。もちろん帽子はかぶっているけれど。しかし、これだけ暑いとやはりぼーっとしてしまう。信号が青に変わってので歩き始めると、近くにいたヤンキーのお兄ちゃんが「危ない」と言った。みると信号がかわってもギリギリですり抜けようとする車が左の方から...猛烈な残暑

  • 8月もあと3日

    今日、コンビニで勘定のためにならんだら、僕の前にはバックパックで下はジーンズ、上はノースリーブに近いような割とダークな色のちょっと厚手のTシャツを着た女の子が並んでいた。なんかちょっと質実な感じと思った。見るとその子のバックパックからその子がバイト先で使っていると思われる首からぶら下げるタイプの身分証がちょっとはみ出していて、そこには国立大学の名前が書かれていた。そういう名前からくる先入観もあるとは思うけれどなんかちょっとガッツのありそうな子だなと思った。ある人が僕に「安倍さんやめることになったんですね」と言った。僕はテレビを基本的に見ない上にスマホも持っていないのでそういう情報が遅れがちになる。その人が安倍さんを支持する人がどうかわからなかったので僕は「ああ、そうですか。体調もちょっとすぐれないような感じでし...8月もあと3日

  • セラピスト

    久しぶりにリラクゼーションサロンに行った。セラピストの方が「暑いですね」と言った。「そうですね」と僕は言った。「先日、みませの駅を電車が通過したときナカシマさん、駅のホームで本当に暑そうにしたましたよ。私、車両の中から手振ったけど、ナカシマさん気づきませんでした。まあ、車内から手を振っても気づくわけないですけど」とセラピストの方が言った。「そうですか。それは僕も気づきませんでした。家から駅まで一生懸命歩いて行ってホームの階段を登り終わって止まったときが一番暑いんですよ。あの瞬間にどっと汗が吹き出すんです」と僕は言った。「そうですね。私が見たのはその一番暑い瞬間だったんですね。でも、お元気そうで」とセラピスストの方が言った。「Sさんからそう言ってもらえると一番嬉しいですよ」と僕は言った。随分以前にこのセラピストの...セラピスト

  • お父さん

    電車に乗ったら、向かいの席に体重80キロ以上はあるような男の人が座っていた。サンダルを履いていて下はジャージの半ズボン。かばんの中からペットボトルのような容器を取り出した。中に飲み物が入っている。その瓶の口には子供用の飲み口のようなものが点いている。男の人がその飲み口を隣にいた2歳半くらいの男の子にふっと無造作に差し出すとその男の子は何も言わずにその飲み物を一口か二口飲んだ。そのさまを見た瞬間に、ああ、気の合う親子と思った。無造作に出された飲み口を子供がすっと飲む親子二人の呼吸がとても自然。お父さんだから「はい飲みなさい」と言って子供に飲み物を差し出すわけではない。無言で飲み物を差し出しても子供が安心してすっと飲む。子供からこういう反応を引き出すお父さんってそんなにいない。子供は飲み物を飲むと電車の車両の内側に...お父さん

  • 地蔵盆

    8月24日という日付を見て地蔵盆だなと思う。子供のことは岐阜で育ったので地蔵盆という言葉は知らなくて地蔵まつりと思っていた。僕の故郷では地蔵盆という言葉はあまり使わなくて地蔵まつりという場合が多かった。こどもが主役で、町内の子供が集まってあんめえだんべえろうそくや線香はお志に献じられますという文句を独特の抑揚で唱えていた。今は僕の故郷はどうなっているのだろう。そういう話をあまり聞かないしちょっとネットで調べたくらいではなかなかわからない。関西に来てから地蔵盆という言葉を僕も使うようになったけれど今年はどうなったのだろう、ネットを見ると地味にパラパラとニュースサイトが出ているけれど、よく読んでいない。見出しだけを見ると自粛ムードの中で規模を縮小して行われたような感じだけれど。しかし、地蔵盆、地蔵まつりという言葉を...地蔵盆

  • 部活で集団感染した生徒を中傷

    新聞を見ると高校の部活で集団感染した生徒に対する中傷がたくさんあると出ている。中傷の例としてネットに書かれた文章が新聞に転載されている。こんな文章だ「学校ごと廃校。感染生徒は学校敷地内から外出禁止。守ってもらいたい」本当に恐ろしくなるような文章が書いてあると思う。こんなこと書かれたら追い詰められてしまう。僕はなんかコロナそのものが怖いと言うよりも、もう下手にコロナになったら何言われるかわからないという怖さのほうが強いような気がする。本当にコロナでみんなの気持ちが普通ではなくなってしまっているように思う。昨日入った外食チェーンのカウンターで食事をしていたら「体調がすぐれないかたの来店はご遠慮ください」というあらかじめ録音された音声のアナウンスが流れていた。体調って一言で言っても、体調を気にする人はちょっとお腹が痛...部活で集団感染した生徒を中傷

  • コロナ ワクチン 高齢者 医師優先 訴訟によるメーカーの損害は政府が補償

    僕が取っている全国紙の今日の一面に「ワクチン高齢者医師優先」という大きい見出しが出ている。コロナのワクチンの開発に成功してワクチンを接種する場合は高齢者や医師、つまりコロナの危険にさらされる度合いが高い人が優先されるということなのだろう。ワクチンができるのが心待ちになるような見出しが踊っている。しかし、この記事を読み進めていくと、記事の最後の方、比較的目立たないところにこんなことが書いてある。「一方、ワクチン接種では健康被害が起きる場合がある。(コロナの)分科会では、民事訴訟などで生じるワクチンメーカーの損失を政府が補償する案が、政府側から出された。委員から異論は出なかったという」と。僕の想像なのだけれど、委員から異論は出なかったというという書き方が最後にしてあるのは、「メーカーが訴えられたら政府が補償するんで...コロナワクチン高齢者医師優先訴訟によるメーカーの損害は政府が補償

  • すさまじい世の中の変革

    僕が定期購読してい全国紙の経済欄にみずほ銀行が来年から70歳未満の人が新規口座を作るときに通帳を希望する場合は1100円の手数楼を徴収することになると書いてある。えらいことになったなと思う。僕は若い頃から都市銀行の口座を中心にしてきたけれど、こういうデジタル化の波は都市銀行が先頭を切っているように思える。都市銀行でデジタル通帳を勧められてそうしたことがある。しばらくはうまく行っていたけれど2016年ころにちょっと身体のバランスを崩したときに、パスワードを3回くらい打ち間違えて、口座を開けなくなってしまってから、怖くなってデジタル通帳をやめた。星新一さんの何十年も前のショートショートに個人番号を思い出せないと馴染みの店でもお金をおろせない、買い物もできない、主人公は困り果ててしまうというような内容の物語があったけ...すさまじい世の中の変革

  • 答えや規範のない時代

    〇〇信仰の総本社、〇〇大社では4月下旬から「通信祈祷」と銘打ち、現地を訪れなくても健康や安産の祈祷を受けられる仕組みを取り入れた。依頼をメールで受け付け。初穂料の振込を確認した後、神職が社殿で神事をつかさどり、後日、お神酒などの記念品を郵送する。という文章を新聞の記事で読んだ時、もし、神職の役目が神道の考えを本当に信徒に伝えようということであるならば到底、正気の沙汰とは思えないと感じた。大きい神社になればなるほど社殿とかその他いろいろなものの維持費などがかかるから、お金が必要ということを考慮に入れなければちょっと理解し難い行為であるように少なくとも僕には思えた。(祈祷の)依頼をメールで受け付け初穂料の振込を確認した後、神職が社殿で神事をつかさどり、後日お神酒などの記念品を郵送するって、本当に通信祈祷と言うか、祈...答えや規範のない時代

  • 感染リスクを考慮して

    今日の僕が取っている新聞にこんなことが書いてある。‘’(コロナの中)人との接触の機会を減らしながらも信仰心を守ろうと、(寺社では)様々な取り組みが実施されている。〇〇信仰の総本社、〇〇大社では4月下旬から「通信祈祷」と銘打ち、現地を訪れなくても健康や安産の祈祷を受けられる仕組みを取り入れた。依頼をメールで受け付け。初穂料の振込を確認した後、神職が社殿で神事をつかさどり、後日。お神酒などの記念品を郵送する。〇〇権禰宜(ごんねぎ)は「神社に足を運び神様に直接願いを伝えるのが祈祷の原則だが、感染リスクを考慮した上での苦渋の決断です」と語る。‘’他人の信仰に関してとやかく言うべきではないと思うけれど、それでも、やっていること、そして神職の方が語っていることがあまりにも白々しいと僕には思えてしまう。「感染リスクを考慮して...感染リスクを考慮して

  • 取るだけ育休

    新聞に育休の問題が載っている。育休を取ったのはいいけれど、ただ育休をとるだけで、その休暇の間、とくに何もせずゴロゴロしているだけという夫も少なからずいるという。育休に普通にどこかに遊びに行った夫もあるらしい。まあ、ありがちな話だなと僕も思うけれど、だからどうすればいいということがなかなか思いつかない。言葉にすれば夫もちゃんと育児をすればいいのだろうけれど、赤ちゃんにミルクをやったり、おしめを換えたり、そういうことが女性並みに得意な男性がそれほどいるとも思えない。井上陽水の夕立という歌は文字どうり夕立のことが歌われている。そのなかにこんな一節がある。‘’洗濯物が濡れるから女たちは引きつった顔で、わめきまわる、転げ回る男はどうしたことかと立ち尽くすだけ‘’本当に夕立で雨が降ってきても洗濯物をどうするというわけではな...取るだけ育休

カテゴリー一覧
商用