chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
フユ子の日常 http://riverside8780.blog.fc2.com/

いつの間にか還暦を迎えてしまいました 残り時間が少なくなったので、これからは自分ファーストで暮らしていきたいです ささやかな日常生活に楽しみと彩りを添えて・・・

フユ子
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/07/30

1件〜100件

  • パンつくりを楽しんだ一日

    ボランティア活動のイベントで「パン教室」に参加してきました。ボランティアメンバーと相談者さんが集まり和気藹々とした時間となりました。ボランティア会長さんのご近所にパン教室の先生がいていつも無償で教えてくれるそうです。ありがたいことです。あんこ玉をパン生地で包みあんパンを作りました。具をたっぷり載せたピザパンも作りました。焼いている間に会長さんがつくってきた「栗ご飯」「イチジクのコンポート」などをご...

  • 読書「たけくらべ」「元カレの・・・」

    9月の名作は「たけくらべ」明治の女流作家樋口一葉は5000円札の顔にもなりました。士族の出身でしたが実家の没落とともに貧困生活に陥り、生計を立てるために吉原で駄菓子屋を営んだこともあるそうです。この「たけくらべ」にも吉原で生まれ育った子どもたちが登場します。どの家に生まれたかという定めでそれぞれの道を歩み出す思春期の心情が哀感たっぷりに描かれています。貧しさゆえに色を売るか、囲い者になるしか生きる術が...

  • フェンス工事が始まりました

    我が家の東側に面する生活道路が拡幅工事をすることになった影響で南側にもフェンスをつけることになりました。話せば長くなりますが・・・・・。簡単に言えば、夫の祖父の代から引き継いだこの土地、境界がはっきりしない場所があり、うやむやなまま放置されていました。でも、急に道路の拡幅工事が決まり、我が家もお隣さんも自分の土地の境界を確認する必要が出てきました。それで、この際だからしっかり確認して今後のために(...

  • 義母の誕生日と終の棲家

    9月は義母の誕生日もあります。認知症は進んでしまいましたが、昨日、元気に満91歳を迎えました。入所している老健施設はずっと面会中止が続いていましたがやっと9月中旬から窓越しの面会ができるようになったのでプレゼントを持って会いに行きました。手作りの誕生日カード。ボランティア活動で作り方を教わったので義母の誕生日用に作ってみました。レースペーパーやリボンや花形にパンチした色紙を貼り付けてメッセージを書い...

  • 次男の誕生日

    第7派のピークだったお盆には帰省できなかった二男がバースデーホリデーを取ってやってきました。次男の職場にはそういう制度があり、誕生月中に休暇をとることが推奨されてます。今年の誕プレは楽天スーパーセールで買っておいた「ワンデーアキュビューオアシス」です。我が家のプレゼントって、昔から生活必需品です。(笑)90枚入りを2箱まとめ買いするとかなり安くなるので本人もそれがいいと。二男からのごはんリクエストは...

  • 2つのプレリュードとダリア

    今月合格したのはショパンの2つのプレリュードです。大好きなショパンが弾きたくて24曲あるプレリュードの中からあまり難しくない2曲を選びました。まずは、「プレリュード第7番」だれでも聞いたことのある胃薬のCMで有名なあの曲です。動画を撮りながら弾くときは、NGを出したくなくて焦ってしまいます。少し慌ただしい感じになってしまった・・・もう1曲は「プレリュード第4番」こちらは切なく哀しい曲想です。単調なリズム...

  • 映画「愛と追憶の日々」とおやつ

    BSプレミアムの午後のシネマは時々私好みの映画をやっているので取り合えず録画しておきます。台風で外出できない休日ですがおうち映画にはもってこいです。今回観たのは、「愛と追憶の日々」「愛と○○」というタイトルの映画って色々あるけど、名画が多いですよね。「愛と哀しみのボレロ」「愛と哀しみの果て」「愛と青春の旅立ち」どれも、私の好きな映画です。ということでこの「愛と追憶の日々」も期待して観たのですが・・・・...

  • カボチャのチャチャチャ

    8月末にカボチャを収穫しました。初心者には収穫時期の見極めが難しいので、いつものように動画でお勉強です。一番わかりやすかったのはカボチャのヘタが緑から薄茶色に変わり亀裂が入った状態(コルク化)になる頃という見極め方でした。8月末ごろまで待ち続けたらヘタがこんな風になっていたのでもう大丈夫かなと収穫してみました。(大きさは直径20cmくらい。)でも、すぐには食べられません。涼しいところに置いて追熟させ...

  • 折り紙にハマる。

    今月のボランティア研修は「折り紙教室」でした。この八角形の小物入れを作りました。相談に来てくださった方にお渡しします。中には、小さなお菓子やメッセージカードを入れて、「いつも繋がっていますよ」「また、いつでも来てくださいね」という私たちの思いを伝えています。何十年ぶりかの折り紙。無心で折り続ける時間は、とても集中し、心地良さがあります。折り紙の講師を呼び、相談者さんにも参加してもらう教室も企画して...

  • 読書「同志少女よ・・」「おいしいものが・・・」

    夫が夏の読書用に買った2冊。やっと私の番が回ってきました。まずは「同志少女よ、敵を撃て」(逢坂冬馬著・本屋大賞)フィクションの戦闘シーンを読んでいる今この瞬間にもウクライナではリアルの死闘が繰り広げられているのだと思うとなんとも重苦しい複雑な気持ちになります。この物語の舞台である独ソ戦ではロシアとウクライナは同志だったのに・・・です。実在したソ連の女性狙撃部隊の少女たち。「戦うか、死ぬか」という極...

  • 目から鱗の冷しゃぶサラダ

    家族が冷しゃぶサラダが好きで、暑くて食欲のない時によく作ります。豚肉はよく火を通さないと怖いのでどうしてもお肉が固くなってしまって・・・😞お料理動画をチェックしていたら、ロバート馬場さん秘伝の豚しゃぶサラダの作り方を見つけました。お肉に片栗粉をまぶすやり方は知っていましたが、しゃぶしゃぶ用のお肉は薄くてやりにくいのです。馬場さんはお湯の方に片栗粉を入れてしまうという目から鱗のスゴイ発想です。本当に...

  • 帯状疱疹のワクチンで悩む

    一昨日、帯状疱疹ワクチン接種をしてきました。最近、同年代の方のブログで、ブロガーさんご自身や、そのだんなさまの発症を目にする機会が増えました。個人差はあると思いますが、頭や顔に発疹があると重症化しやすいとか。その症状を詳しく書かれたブログを読み、ワクチンで防げるなら、ぜひ打ちたいという気持ちになりました。顔面神経痛や顔面麻痺、場合によっては失明の危険もあるそうなので。実父も帯状疱疹の後遺症で神経痛...

  • エネルギー危機と節電

    ロシアのウクライナ侵攻の影響で世界的にエネルギー不足です。資源のない我が国はもろに影響を受けていますよね。ロシア依存度の高いドイツも天然ガスの供給が大幅に減らされ、暖房需要が増える冬に向けて危機感が高まっているそうです。この戦争が長引けば世界中に大きな影響が出るでしょう。昨冬、我が家の電気料金は前年にくらべ大幅に上がり驚きました。このままではまずいと思い「節電」に取り組むことにしました。けち臭いの...

  • 昼散歩で事故を目撃

    涼しくなってきたので「昼散歩」を再開しました。冬生まれで暑さに弱いため今まではもっぱら「夜散歩」でした。夕食が終わったら近くの公園へGO!!暗くて楽しくはないけれど、老化防止のため黙々と歩きます。夏は「早朝散歩」が気持ちいいのですが、お弁当作りや朝食作りの他、朝のうちにまとめて家事をしたいので今の生活パターンでは散歩をする余裕はありません。久しぶりに光を浴び秋風に吹かれ季節の移ろいを感じながら気持ちよ...

  • この夏は4枚を着回した

    今年の夏は猛暑なのにエネルギー不足や円安の影響で電気料金の値上げが家計を圧迫しています。エアコン使用を最小限にするため普段着る服は「涼しさ」で選びました。↑しまむら」で初めて買ったワンピ。1枚で着られてゆるっと楽なのですごく重宝しました。いつもエプロンとセットで着るのでデザインはあまり気にしません。この組み合わせが気に入り、さらに2セットを追加しました。右は前に買ったユニクロとフィンレイソンのコラボ...

  • 冷蔵庫を全部出し、そして反省した

    一年前に買い替えた冷蔵庫ですがさすがに汚れが目立ってきたので「全部出し」てお掃除しました。ドアポケットだけでこんなに沢山のモノを溜め込んでいます。外せるものは全部外して洗いました。外せないものはふきんで汚れを拭き取ってからアルコールスプレーを吹きかけました。「全部出し」をして感じたのは、調味料のあまりの多さ。マヨネーズ、ケチャップの他にドレッシング3種類。わさび、カラシ、ニンニクのチューブ。とんか...

  • 夏の終わりの憂鬱・・・

    急に涼しくなりました。8月も最終日。もう、「夏の終わり」なのですね。コロナ禍になって3度目の夏。特に若者にとって夏は特別な季節なのに青春って密なのに(仙台育英の監督さんの名言)思うように行動できないまま不完全燃焼感を抱えて過ぎいく夏を惜しむのは切ないです。若者でない私でさえ、こんな夏の終わりをあと何回過ごすのだろうかと思うと切なくて寂しくてたまらなくなります。コロナも世界一の感染者数ですごいことにな...

  • 「生まれ出づる悩み」「ヨルガオ殺人事件」

    8月の名作は有島武郎「生まれ出づる悩み」です。中学校か高校の国語の教科書で読んだ記憶がありますが、特に心に残っていませんでした。歳月が流れた今、遅ればせながら胸を打たれました。自分の進路で悩むのは自分がどう生きていくかということに真剣に向き合っているからこそ。わたしなんて、親の言いなりと自分の偏差値で進学先を決め、周りと同じような就職先を決め、平均的な普通の女性の生き方になんの疑問も持たなかったな...

  • ボランティアデビューしました

    「引きこもり支援」のボランティア団体に入会することに決めました。正式メンバーとして初めての活動は傾聴トレーニングの研修でした。ボラ活の場は、近所の交流センター。ここは、比較的新しい施設でちょうど「アンブレラスカイ展」開催中。この日は曇り空だったのでなおさら色とりどりのアンブレラが映え気分を上げてくれました。晴れの日は、地面にカラフルな傘の影が映ってそれも面白くてとてもきれいだそうです。夜はライトア...

  • 夏休みに観た映画3本

    夫の夏休みのおうち映画はプライムビデオで洋画2本と邦画1本でした。夫が観たかったのは「ジョーカー」様々な国際映画祭で作品賞や主演男優賞を受賞した話題作。日本では、「ジョーカー事件」で再注目されてしまいましたね。精神疾患を抱えながら、母親の世話をし、コメディアンになる日を夢見て道化師に扮して日銭を稼ぐ日々。日のあたらない社会の片隅でつつましく生きる心優しい主人公が「武器」を手にしたときから、自分を虐げ...

  • 山のカフェでランチ

    ピアノの先生に教えていただいた古民家カフェに行ってきました。こんな山の中にあります。里山っていう感じ。古い農家をリノベーションしたカフェ。天井や柱や梁は古いものをそのまま使っています。和室も古いままですが、とても素敵。でも、私はテーブル席を予約しました。(足が痺れちゃうんで・・・汗)メニューは週替わりです。私は、サーモンとアボカドのサンドウィッチ。具材はもちろんですが、パンそのものがとても美味しか...

  • 夫が買った本と夏の花

    うちの夫は根っからの理系オタクです。読むのは自分の専門書か鉄道関連の本。そんな夫がこの夏はいつもと違うジャンルの本を買いました。岸田首相が夏休みの読書用に買った本の中の一冊「同志少女よ、敵を撃て」(逢坂冬馬)そして、文藝春秋は芥川賞「おいしいごはんが食べられますように」と緊急特集「安倍元首相暗殺と統一教会」を読むため。人と会って話すことが仕事になり、雑談のネタが必要と感じるようになった夫。世界情勢...

  • パワースポットへ

    実家のお墓参りの後、少し遠出をして「パワースポット」へ。訪れたのは山奥にある古い神社です。この「御岩神社」は天照大御神をはじめ188柱の神様が祀られているので日本のほぼすべての神様にお参りでき、しかも、神道と仏教が融合した神仏習合の神社でもありました。ここがパワースポットといわれる理由は二人の宇宙飛行士の不思議な話。アポロ14号の飛行士エドガー・ミッチェルさんが宇宙から地球を眺めた時に、一か所とても光...

  • お気に入りのパンと懐かしいパン

    夫は転職してから東京出張が増えました。月に3回くらい。お土産によくパンを買ってきてくれます。昨日は「ブランジェ浅野屋」のパンでした。私の好みはハード系のパン。それから、「ポテトフランス」。モチっとしたフランスパン生地の中にジャガイモが丸ごと入っていてとても食べ応えがあります。夫は大学時代、ドイツに語学留学していたことがあり、ホームステイ先で食べたドイツパンが時々無性に食べたくなるそうです。ライ麦1...

  • 読書「中高年ひきこもり」「信仰」

    著者は精神科医の斎藤環氏。「ひきこもり」研究の第一人者。先日の8050問題研修会で紹介された本です。本書を読んでその実態を知るにつれショックとともに危機感も膨らみました。「ひきこもり」はヒトんちのこと、ヨソんちの問題と対岸の火事のようにしてはいられないと。この問題をこのまま放置した場合、いずれ日本の社会保障制度は破たんします。そして、社会の無知・無理解・無関心が「ひきこもり」を増やす一因になっているこ...

  • 「トロイメライ」を弾いて過ごすお盆

    お盆になりましたがなぜか毎年のようにこの時期にコロナ感染者が激増するので以前のように大勢集まってお墓参りをしたり会食をしたりできなくなりました。しかも、今年は台風がきてるし・・・。家で静かに過ごすお盆になりそうです。賑やかなことが苦手で(人に気を遣いすぎて疲れるので)晩年は、静かにひっそりと暮らしていた母。今年のお盆は、そんな母のためにシューマンの「トロイメライ」を弾いています。トロイメライとは「...

  • 夏の昼ご飯は麺類🍝

    夫も息子も夏休みに入ったので毎日の食事の用意が大変です。暑いのであまり食欲がないし、キッチンに長時間立つのも辛いし。そういうわけで昼食はしょっちゅう麺類になっています。麺を茹でるのを夫に任せたら調理するのが大分ラクチンになりました。(∀`*ゞ)エヘヘお蕎麦は夫の好物。そばつゆにはトロロやオクラを入れて。とうもろこしやスイカを彩りにして手抜き料理をごまかしてます( ̄▽ ̄)買い置きのパスタソースを使ったシーフー...

  • 北欧風ファブリックパネル

    余り布の消費はまだまだ続きます。もったいない精神の私はモノを捨てるという行為に抵抗があり、できるだけ「モノは使い切りたい」のです。それで、余り布もシコシコと手を加えて何かに役立てようというわけですが、只今、ミシンの調子が悪いので、ソーイングではなく工作のようなDIYのようなことをしています。今回は「ファブリックパネル」です。ピアノの上に何かを飾りたいのですが、地震が多いのでどうしようと迷っていまし...

  • 紫陽花の鉢上げ

    先月挿し木した紫陽花に根が出てきたので鉢上げしました。こちらの紫陽花を挿し木しました。今は一時的に畑の方に移動してます。カシワバアジサイもしっかり発根しました。ちなみに、同時期に挿し木したスモークツリーの方は枯れちゃいました。😞このカシワバアジサイはピアノの先生のお庭からいただきました。大量に挿し木したので鉢上げの作業もタイヘン。写真を撮る余裕がありませんでした。家にある植木鉢を総動員しました。植...

  • 嬉しい収穫😊

    ほったらかしのわがやの畑ですが、夏の日差しやめぐみの雨をたっぷり受けて次々と収穫の時期を迎えています。今年のミニトマトはなぜか下の方にばかり実が付きます。鳥に狙われないのでネットをかけなくても今のところ無事です。毎日、10個以上収穫できます。すごく味が濃くて甘いのですが皮が厚くてちょっと食べにくいです。遊びで植えたカボチャですがちゃんと受粉できたようで子房が大きく育ってきましたよ。敷き藁の代わりに百...

  • 先生のブログ

    ピアノの先生がご自身のブログに私のことを記事にして下さり、嬉しいやら、照れくさいやら・・・私に関する部分だけ抜粋しましたので、よろしかったらお読みください。先生との出会いは本当に偶然でした。ピアノ教室紹介サイトで見て自宅から一番近かったことと、レッスンルームが気に入ったことで体験レッスンを申し込んでしまいました。自分に合わなかったら断ろうと気軽な感じで出かけましたが、このブログに書かれているように...

  • わが家の和室は畳がない

    わが家の和室には「畳」がありません。それでは、和室とはいえないかもしれませんが、その部屋には床の間も押入れもあり、雰囲気は「和風」なので家族間では「和室」と呼んでます。昨年のリフォームで畳からフローロングに替えました。そのいきさつを少し説明させてください。2年前に実父が亡くなり実家で50日祭(仏教の49日にあたる)や新盆や一周忌などの法事を行いました。コロナ禍ということで親族や近しい人だけが集まりまし...

  • 読書「人間失格」「湖畔荘」

    今月の名作は太宰治「人間失格」高校時代、太宰治にハマっていた友人に借りてたしかに読んだはずなのに内容はよく覚えていませんでした。でも、3枚の不思議な男の写真の下りと「恥の多い生涯を送って来ました」の一文は私の古い記憶の襞に刻まれていましたよ。太宰自身の荒廃した生き様を「手記」形式で綴ったかのような作品。彼の年譜と照らし合わせながら読むと共通点ばかりで興味深いです。酒と女と薬物に逃げ続けた生涯でした...

  • 気になる匂い

    私、昔から匂いに敏感なんですが最近気になるのが自分の匂いです。匂いが変わってきたように感じます。夫の加齢臭に気付いたのは15年前。「くさっ!! 嫌だあ、おじさん臭‼」と嫌がったり、からかったりしてましたが、実は女性にも加齢臭ってあるんですよね。最近、自分の枕カバーの匂いが気になります。夫の加齢臭に似ていてすごくショックです。あの、古い油のような匂い・・・・原因は「ノネナール」という皮脂に含まれる物質。...

  • 8050問題研修会とお菓子

    ボランティアコーディネーターさんに勧められ「8050研修会」に参加してきました。第一部では「ひきこもり者の現状」について学びました。今まで引きこもりとは「若い男性」が中心でしたが、長期化するにつれて「中高年」の占める割合が増え、若者を上回ってしまいました。「女性」の引きこもりについてはずっと調査対象外だったそうです。女性は家事や介護の担い手となることもあり引きこもりの実態が見えにくかったからです。確か...

  • ボランティアコーディネーターさん

    私がボランティアのことを相談した市の社会福祉協議会にはボランティアコーディネーターさんがいてボラ希望者とボランティア団体をマッチングしてつないでくれます。特に、私のように何をやりたいか具体的に決まっていないような場合、興味関心、経歴、特技などを丁寧に聞き取り、その人の適性なども考慮して、「こんなボランティア活動はどうですか?」と提案してくれるようです。私を担当してくれたコーディネーターさんはとても...

  • 映画「星の子」と宗教2世

    天才子役の芦田愛菜ちゃんが主役。子役から女優への過渡期の作品なので子どもの成長を楽しむような軽い気持ちで見たのは「安倍元首相」のあの悲惨な事件の起きる前でした。*画像はお借りしました今、もう一度この映画を見直すと某宗教団体にはまって破産した母親やその結果、過酷な人生を余儀なくされた子どもたち、そして、巧みな話術と狡猾なやり口で信者を思いのままに操り、搾り取る某宗教団体とダブることばかりでした。信者...

  • なんちゃってカルトナージュ

    先日のウィリアム・モリスの布がまだ少し残っているので、「なんちゃってカルトナージュ」でフォトフレームを作りました。一番簡単な作り方を動画で調べました。材料は段ボールと布。フレーム用は残り布のウイリアム・モリス。裏板用の無地も古い布を再利用。つまり、材料は家にあるものだけです。布と段ボールを切って木工用ボンドで貼り付けるだけ。無地の布を貼り、裏板が完成しました。ボンドをつけすぎてシミになってますが乾...

  • 工事の前に一仕事

    生垣以外で一番多い我が家の庭木は「紫陽花」。ブルー、ピンク、紫、白・・・・日本人って紫陽花が好きですよね。梅雨シーズンには多くのブロガーさんが紫陽花の素敵な写真を載せていました。私も大好きです。色の変化も楽しいですし、最近は種類も増えてさらに素敵になりました。↓わが家の紫陽花の数々です。真っ白とピンクのは母の日にもらったものを地植えにしたもの。他にもブルーやガクアジサイなど紫陽花の木は全部で8本ほど...

  • ウイリアム・モリスの残り布で

    連日、猛暑が続きます。あまりに暑くて外に出られない日は、室内で断捨離作業に励みます。例えば、たまっている残り布の消費。ウイリアム・モリスは古典的で重厚な柄やエレガントな柄が人気ですが、↓私がもっているのはこれです。ウィローボウという柳の葉の柄。ちょっと地味ですが、ナチュラルで和風っぽいのが好きです。これを使って小物をつくります。両脇を三つ折りにして縫います。中表にして布の中心で重ねます。両端を内側...

  • ありきたりな一日

    昨日はとても涼しかったので、なんだか運動したくなり久々に歩いて買い物に行きました。ちょっと離れたスーパーが「お肉の特売日」だったので保冷バッグに保冷剤を入れてお肉を買う気満々で出かけました。この保冷バッグはそのスーパーでもらったものでけっこう大きいサイズです。お肉の他にも特売品を中心についつい買いすぎてしまいました。リュックを背負い、保冷バッグを持って帰る道の辛かったこと。涼しいのに汗びっしょりに...

  • 梅仕事のその後

    先月仕込んだ梅シロップです。飲み頃になったので梅を取り出しました。さっそく冷水で割って飲みました。スッキリと美味しくて😋蒸し暑い日本の夏にぴったり。先人の知恵に感謝です。完成したシロップは別容器に入れて冷蔵庫で保管します。取り出した梅はジャムにします。柔らかくして種を取り除くために水に漬けました。こちらは、「梅酒」。奄美大島の黒糖焼酎で漬けました。思ったよりスッキリとした飲み口で美味しい梅酒でした...

  • 畑で理科のお勉強

    昨年「道の駅」で買ったカボチャが衝撃的に美味しかったのでその種を大事に保管していました。そして、遊びで種をまいたのが5月。ちゃんと発芽して大喜びし、畑に移植したのが6月。途中、ウリハムシに食べられて青色吐息の状態になり、そこに猛暑や梅雨の戻りが重なり、しばらく放置してしまいました。(これじゃネグレクトじゃん...)昨日久々に畑に見に行ってビックリ!!!!畑一面カボチャの蔓がはびこり、大きな葉っぱに覆...

  • 読書「52ヘルツのクジラたち」

    7月の図書館です。天井に届きそうな七夕飾りが目を引きます。大人も短冊に願い事。夢を語れる大人ってステキです😊ずっと読みたかった本の順番がやっと回ってきました。町田そのこ「52ヘルツのクジラたち」最愛の母親に虐待されて育った「キナコ」と激しい虐待にさらされ言葉を失くした「52」そして、二人をつなげた「52ヘルツのクジラの歌声」どんなに過酷な状況に置かれていても被虐待児の声は周りに届かない。まるで、52ヘルツ...

  • 映画「前科者」と叔母のこと

    プライムビデオで「前科者」を観ました。主演の有村架純が保護司を演じています。元受刑者役の俳優は誰だろうと思ったら(しばらくだれだか分からなかった)宮沢りえの夫の森田剛でした。なかなか渋い演技をしていました。保護司とは、罪を犯してしまった人の社会復帰を支える仕事ですが、ボランティアに近い立場で苦労が多いわりに報酬もほとんどなくなかなか「なり手」がいないのだそうです。実は、私の叔母が「保護司」をしてい...

  • ピアノ♬アメージング・グレイス

    先週、やっと合格しました。アメージング・グレイス(轟千尋編曲)。この曲の難所はこの赤枠のところ。私、手が小さいんですよ。指を精一杯開いても届かなくて和音が連続しているこの部分でいつも音を外してしまいます。先生も私の小さい手に免じて多分オマケで合格をくださいました。やっぱりつっかえそうになりました。アブナイ、アブナイ・・・お口直しに(?)お花の写真を。うちの庭の紫陽花たち。ピンク、ブルー、そしてガク...

  • 梅仕事パート2

    初めて梅干しを作りました。梅が完熟するまで待っていたら、なんだかシワシワになってしまい、これ以上待てないと、慌てて作り始めました。35%の焼酎をスプレーでまんべんなく振りかけ、あら塩と梅を交互に重ねます。梅干し用の容器もホーロー鍋も持っていないので、ボウルを使いました。内蓋の代わりはタッパーの蓋です。そして、「重し」の代わりはなんと息子のアンクルウエイトです(笑)ウエイトトレーニングで足首に巻くも...

  • 読書「あすなろ物語」「夜が明ける」

    6月の図書館の花です。図書館員さんが活けてくれる季節ごとに変わる花を見るもの図書館に通う楽しみの一つです。いつもありがとうございます。_(._.)_今月の名作は井上靖「あすなろ物語」です。昔、国語の教科書で「しろばんば」を読んだ記憶がありますが、こちらも井上靖の自伝的な小説です。「あすなろ」は「翌檜」と書き、翌日こそ立派な檜の木になろうという小さなヒバに自分を重ねた成長物語。私の場合、「あす、なろう」では...

  • 真夏のホームウエア

    関東地方、本日梅雨明け宣言が出されました。こちらに移住して3回目の夏です。いよいよ着るものが足りなくなりました。特に夏物は洗濯の回数が多いので劣化が激しくみすぼらしくなりました。いくら普段着とはいえ、宅配のお兄さんに見られるのも恥ずかしい恰好ではマズいと思い新しいホームウエアを買いました。もともとお安い○○むらの夏物セールでさらにお安く買いました。初〇〇むらです。締め付けがなく、一枚で完成するワンピ...

  • 町の電気屋さん

    寝室の古いエアコンです。真夏の熱帯夜で寝苦しい時や真冬の就寝前に部屋を暖める時しか出番はありませんが、最近、調子が悪くなり勝手に運転が停止してしまいます。取り外したものを見てビックリ。92年製ということは1992年のことですから30年も使っていたのね。東芝さん、素晴らしい!!(それにしてもスゴイ埃 汗)今年の夏も猛暑になるらしいし、半導体不足でエアコンが品薄だというし、早目に買い替えた方がいいと5月中旬に...

  • 男性シニアのリタイア生活

    一昨日は夫のプライベートの飲み会でした。メンバーは、夫と先輩二人。元の会社で長年お世話になりました。二人とも現在67歳ですが65歳まで再雇用で働き、今はリタイア生活です。夫から聞いたこの二人の生活ぶりがとても興味深く、今後の生き方の参考になりました。<Aさんのケース>Aさんはパソコンが得意だったので退職後はボランティアでパソコン教室の先生をしています。きっかけは、すでに英語ボランティアとして活動してい...

  • 今年の梅仕事パート1

    今年の我が家の梅の実です。しばらく剪定をしなかったので、伸び放題になってしまい、上の方の梅の実は夫が脚立にのっても届きません。上の方に大きい実が沢山なっているので残念。今回は3kgくらい採れました。こちらは梅シロップの材料。発酵を防ぐためにリンゴ酢を入れます。冷暗所に置き、毎日忘れずに瓶を揺すっています。こちらは、梅酒の材料。いつもはホワイトリカーですが、今年は黒糖焼酎で作ってみました。「高倉」と...

  • 父の日と最近の夫

    義父も実父もすでに他界しているので、わが家では「夫」が主役の父の日です。今年の父の日プレゼントはいつもより「大物」になりました。これからの季節に夫の手持ちのスーツでは暑いのでサマースーツをプレゼントしました。ちょうど紳士服の○○○からスーツ半額セールのDMが届いていたので洗えるスーツというのを買いました。クリーニング代も値上がりしているし家で洗えるというのは助かります。シャワーを当てるだけでいいそうで...

  • 「挿し木」が楽しい(*^-^*)

    去年、挿し木したゼラニウムがたくさんの花を付けました。ペンキを塗りなおしたプランターカバーに入れて掃き出し窓の下に3つ並べています。ブラインドの下30cmを開けると室内からゼラニウムだけが見えます。ちょっとだけ開けるのがいいのです。汚庭が目に入らないから(∀`*ゞ)エヘヘ)それから、昨年、紫陽花を剪定したとき、切り落とした枝が可哀想で植木鉢に挿しておいたものです。(後ろの2つの鉢)↓これは5月1日ごろの写真です...

  • 映画「朝が来る」傷つくのはいつも・・・

    プライムビデオで河瀬直美監督の「朝が来る」を観ました。ブロ友さんも紹介していましたし、原作が大好きな辻村深月で、永作博美や井浦新などが出ていたので期待しながら観た映画でした。*画像はお借りしましたよくあることと言えば昔からよくある話です。産んでも育てられない未婚の母親。この場合は、子どもが子どもを産んでしまった悲劇でした。いつも思うけど、産むにせよ、堕胎するにせよ心身ともに辛い思いをするのは女の方...

  • 母の命日と妹への不満

    昨日は実母の命日でした。10年も経つのが信じられないです。私と母との関係は決して良好なものではありませんでした。母は真面目過ぎて融通がきかない性格。子どもに対しても「こうでなければ」「こうすべき」という要求が強すぎて私には重たい母親でした。母には叱られた記憶しかないほどです。それでも、今となればもっと母には長生きして欲しかったし、もっと親孝行をさせて欲しかったです。母を失望させ悲しませただけの私でな...

  • 月に2回の癒しの時間

    毎月、第1第3水曜がピアノの日です。レッスンはもちろんですが、同年代の先生との世間話も楽しくて(私よりはお若いですけど)あっという間に時間が過ぎます。レッスンを始めて1か月経ちました。なかなか指が思うように動かないと先生に相談したところ、こんな練習本を紹介して下さいました。すぐに指が動くようになる?なんてありがたい夢のような練習本。先生のお話では、特に利き手じゃない方の薬指と小指はスムーズに動かない...

  • 読書「晩鐘」上・中・下

    「晩鐘」 乃南アサ先月読んだ「風紋」の続編です。上・中・下からなる長編ですが、あっという間に読み終えてしまいました。殺人事件の7年後から物語は始まります。被害者の次女真裕子と加害者の長男大輔が2つの軸となってストーリーが進んでいきます。全く逆の立場の二人ですが、どちらも孤独、憎悪、絶望といった負の感情に歪められながら成長します。その二人の姿にこれから何かが起きるという不吉さと息苦しさを感じながら読み...

  • 夏用クッションカバー

    手持ちの生地を消費するために今回はクッションカバーを作りました。使用した生地はこちら。昔ユザワヤのセールでまとめ買いしたもの。北欧風の花柄だけど鮮やかなブルーが夏っぽいのでクッションカバーを縫ってリビングをプチ模様替えすることにしました。面倒なので(苦手なので)ファスナーを付けない作り方です。ティッシュケースの作り方に似ていますが、開口部は布を10cmくらい重ねます。こんな感じにできました。↓口が大...

  • 花友さんとのライン交換

    私のリアルの花友はT子叔母です。(ブログ上にも花友さんがいますよ😊)77歳になる叔母が、最近スマホデビューしたので、ラインを交換しました。この叔母とのやりとりが楽しいんです。内容はお花関連のことがほとんど。叔母からきたラインです。翌日も実家の様子を知らせてくれました。また、別の日は私から。叔母は花を育てるのが本当に上手。挿し木しながら増やしてきました。特に山野草のような花が好きみたい。庭もナチュラル...

  • 小さな展覧会

    いつも行く図書館の隣に市民ギャラリーがあり、時々、展覧会が開催されています。絵画展、書道展、写真展、生け花展など・・・先週は地元企業のOB会員による作品展でした。なんと72回目という歴史ある展覧会でとてもアマチュアとは思えない力作ぞろい。会員には日展入選者もいるそうで、見ごたえのある素晴らしい作品ばかりでした。平日の早い時間帯で貸し切り状態。ゆっくり鑑賞することができました。写真撮影OKだったので好きな...

  • インドアグリーンで爽やかに

    6月になりました。そろそろ梅雨入りでしょうかね。ジメジメ、ムシムシの嫌な季節ですが少しでも爽やかに快適に過ごしたいので好きなグリーンをあちこちに飾りました。実は玄関に置いていたモンステラが真冬の寒さで枯れてしまいました。屋内だから大丈夫かなと思い場所をかえなかったのがまずかった・・・葉色が黒く変わってきて慌ててリビングに移動しましたが時すでに遅し・・・でした。可愛そうなことをしました。( ;∀;)代わ...

  • 人生のピークとささやかな幸せ

    先日、旧友のキラキラブログを見つけその現役バリバリの姿に圧倒された私です。     ↓旧友のリア充ブログを見つけた本音を言うとすでに老後のような自分の暮らしぶりが恥ずかしかったり、哀しかったりでしばらくザワザワした気持ちが続きました。でも、時間が経つにつれて、少しずつ気持ちが落ち着いてきました。そして、自分の中で辿り着いた結論は、人生のピークは人それぞれだということです。旧友は今がまさにピークなの...

  • 読書「雁・うたかたの記」・「風紋」

    今月の文豪は森鴎外です。このシリーズの作品は「雁・うたかたの記」。代表作の舞姫や高瀬舟よりちょっとマイナー。旧仮名遣いや文語体が読みにくかったけど頑張りました。ふうっ。「雁」貧しさのために高利貸しの妾になった女が東大の医学生に密かに思いを寄せますが様々な偶然の重なりで結局、彼に近付けないまま別れが訪れます。この偶然の始まりが「サバの味噌煮」で面白可笑しい分、よけいに哀れな結末です。先月の「雪国・伊...

  • 安い・簡単・美味しい2連発

    なかなか料理のレパートリーが増えませんが、最近、簡単で美味しい料理に出会えたのでご紹介いたします。(⌒∇⌒)一品目は「焼きもやし」です。ブロ友さんに教えていただきました。もう一品欲しいなという時にもお勧めです。材料は、もやし・ベーコン・片栗粉でとてもシンプル。もやしの袋の半量が一人分で片栗粉は大匙1杯くらいです。多めにするとモチモチ感が強くなりますが分量はお好みというか、テキトーです。('◇')ゞ材料をボウ...

  • 検査結果と院内ローソン

    義母の検査結果を聞くために再び綜合病院に出掛けました。自分のことではなくても、結果が分かるまではドキドキです。今回も施設の看護師さんが義母を連れてきてくれました。到着してすぐに名前を呼ばれて「結果は異状なし」と伝えられ、ほんの数分で終わりました。先生のお話では高齢になると子宮や膣が委縮し少しの刺激で出血しやすくなるそうです。認知症が進んでしまった義母ですが今日は年齢も90歳とちゃんと言えたしなにより...

  • 旧友のリア充ブログを見つけた

    ガーデニングブログをあちこち巡っていたら昔の友達のブログを偶然見つけました。ブログといっても趣味のガーデニングだけでなく彼女が開いている教室の紹介も兼ねています。彼女はトールペイントの先生でした。*画像はお借りしました  これは彼女の作品ではありませんなぜ、彼女だとわかったかというと自宅教室の住所と珍しい名前に見覚えがあったから。小中学校が一緒だった彼女。あまり目立たない大人しい子でした。家が近所...

  • ダイソーの「温泉たまご○○」

    温泉卵が大好きで色々な料理にトッピングしたいのですが、自分でうまく作れたことがありません。あまり生っぽいのはイヤなのでもう少し火を入れようとしていつもゆで卵っぽくなってしまいます。ダイソーでこれを見つけてすぐにお持ち帰りしました。「レンジでかんたん!温泉たまご」です。卵を容器に割り入れたら、黄身に楊枝で4か所穴をあけます。黄身がかぶるくらい水を入れます。500Wで50秒レンチンします。ただし、卵の大きさ...

  • 読書「素晴らしき家族旅行」と年上過ぎる女

    先月読んだ本が重かったので今回は気軽に読める本を選びました。「素晴らしき家族旅行」(林真理子)登場人物の連絡手段が固定電話やファックスなのでいつの作品かと思ったら1994年でした。4半世紀前も今も、「親の介護」と「遺産相続」は家族にとって永遠の重大問題ですね。そして、延々続く嫁、姑、小姑の攻防戦は「渡る世間は鬼ばかり」を見ているよう。イヤなタイプの家族ばかり登場しますが長男の嫁の幸子さんのさばさばした...

  • 初レッスン

    ピアノのレッスンがスタートしました。GW中はあまり練習できなかったので宿題を忘れた子どもみたいにドギマギしながら先生のお宅へ。まずは椅子の座り方から。おしりの大き目な?私はつい深く座ってしまうのですが、もっと浅く座るようにと指導されました。それから、猫背になっているのと肩に力が入っているのを指摘されました。背筋を伸ばして脇と腕の間は卵一個分開けるそうです。自分の姿勢の癖はなかなか自分で気づけないか...

  • 植え替え・摘心・発芽

    ペチュニアをもっと大きく育てるために摘心(ピンチ)をしました。可愛そうだけれど花や花芽を全部カット。プランターのビオラも終わりに近付き新しいペチュニアに植え替えました。こちらは78円に値下げされていたひょろひょろの苗でしたが摘心をしたら元気になりました。何度か摘心を繰り返すとボリュームアップするというのでトライしてみます。楽しみ💓ブロ友さんに教えてもらった百均のリサイクル紙ポットに百日草と矢車草の...

  • 義母の付き添いと院内スタバ

    一昨日、義母の付き添いで病院に行ってきました。「おシモ」の話で恐縮ですが私が義母の症状をもう一度確認すると「下血」ではなく、「不正出血」でした。うら若き乙女の職員さんが夫に遠慮してオブラートに包んで伝えたので夫が勝手に「下血」と思い込んだようです。なので、受診したのは産婦人科でした。前もって施設から預かってきた保険証、予約標、紹介状などをもって私が一足先に受付を済ませておき施設の看護師さんが義母を...

  • 映画「浅田家」と平田満

    ブロ友さんの映画記事を読んで興味を持った「浅田家」を夫と観ました。*画像はお借りしました「家族写真」をテーマとする写真家の浅田政志の実話を映画化した作品で主役は、二宮和也。ユニークな家族写真集で賞をとり、やっと写真家として認められた主人公。東日本大震災の被災地で泥だらけの写真を洗浄して家族(遺族)に返す活動を通してよりいっそう「家族の絆」や「写真のもつチカラ」を実感します。もっと家族の写真を撮って...

  • バタバタとした母の日

    今年はGWの最終日が母の日。うっかり忘れていた私と夫でした。というか、来週だと思ってた・・・昨日の朝、TVを見て気が付き慌てて母の日プレゼントを義母の施設に届けに行きました。中味は優しい花柄のアンサンブルです。ところが、施設の担当者さんから母の体調が悪いことを知らされ、とても心配になってしまいました。(下血があったそうです)実は、長年便秘に苦しんできた義母。「痔」なのではないかとも思いますが念ため、...

  • GWの美味しかったもの

    地元に評判の鰻屋さんがあります。2年前の誕生日に予約したけれど緊急事態宣言のためにキャンセル。今年のGWは行動制限なしということでリベンジするつもりでしたがGW中の行きたい日は予約がいっぱい。テイクアウトなら承りますとのことで夫が買ってきてくれました。本日の鰻は「愛知県産」です。ちょっと迷いましたが、今回はテイクアウトなので「並」にしました。お店で食べるときは一度でいいから「特上」を食べてみたい。右の...

  • 若冲展に行きました

    お久しぶりの美術館です。夫が職場の人に勧められてWEB予約していた「若冲と京の美術展」を観に行きました。5月らしい爽やかな日でした。早めに到着したので少しお散歩。美術館の周囲は緑がいっぱい。この季節の緑の美しさを満喫しました。直ぐ近くに小さな湖があるのです。湖面に青い空や緑の木々が映りなんとも素敵なロケーションの美術館です。伊藤若冲を中心とした京都の細見美術館のコレクションをゆっくり鑑賞してきました。...

  • GWのサビシイ一日

    3年ぶりの行動制限なしのGWです。行楽地はどこも混雑し、大人も子どもも笑顔がはじけていますね。ウラヤマシイ・・・・・わが家のGWは息子は学生時代の友達と遊ぶので東京に戻ってしまったし、夫はカレンダー通りの勤務なので今日5/2はだれもいない一人で過ごすGWの一日でした。せっかくの晴天なのでお布団を干し5月分の生活費を下ろしに行きました。ついでに近くのスーパーをのぞきいそいそと玉ねぎをさがします。実は、3日...

  • 咲いたり、咲かせたり

    こぼれ種から育ったネモフィラは今が見頃です。今年は花壇をあきらめて撒いたり、植えたりしてないのにこんなに咲いてくれて嬉しいです。(愛おしい・・・)白いのも爽やかに咲いてます。来年はちゃんとした花壇をつくってあげるね。家の北側を囲むドウダンツツジもちょうど今が花の時期です。控えめだけど可憐な可愛い花です。冬の間、葉を落としていた紫陽花の鉢植えも瑞々しい葉っぱが出てきました。手前の「ヤマアジサイ」はT...

  • 体験レッスン

    「老後とピアノ」を読んでから、やはり先生に習いたいという思いがどんどん強くなってきました。独学のピアノレッスンは私の場合自由過ぎていい加減になっていく・・・出来ない曲は出来ないままだし・・・というわけでピアノ教室(講師)の紹介サイトを通して市内の評判のよい先生を紹介してもらい体験レッスンをしてきました。そのためにがんばって3回目ワクチン接種も受けたのでした。閑静な住宅地にあるお宅に伺いました。グラ...

  • 4月の読書② 衝撃の1冊

    最近読んだ本の中で一番衝撃を受けた本です。オーストリアの女流作家ユーディト・W・タシュラーの「誕生日パーティー」。以前読んだ「国語教師」という作品が素晴らしかったので彼女の他の作品も読みたくて手に取りました。「誕生日パーティー」という幸福の象徴のようなタイトルからは、想像もしなかったあまりに凄惨な内容に読み始めてしまったことを後悔しながらも結局、最後まで読み続けてしまいました。この小説は現在と過去...

  • ある日のおうちごはん

    ふつうの日のおうちごはんです。冷蔵庫にあるいつもの食材でつくる地味なメニューばかりでスミマセン ('◇')ゞ<朝 食>和食の朝食はいつもこんな感じ。生協の納豆が美味しいので十分満足。<昼 食>へんな組み合わせですが残り御飯があったのでチャーハン。ミネストローネスープとポテサラは前日大量につくっておいたもの。チャーハンにうるさい息子が「お母さんのチャーハンは不味い」というので味付けを変えてみました。今ま...

  • 4月の読書①雪国とドラマ

    今年は「毎月1冊文豪の作品を読む」と決めましたが始めてみるとなかなかハードルが高い。私の通う図書館では文豪の作品はまとめて日本文学全集のコーナーにあるのですがそこに置いてある本は古くて活字も細かくとても読みにくいのです。児童書のコーナーでこのシリーズを見つけたときやったあ!!と思いました。「愛と青春の名作集」文字が大きくて(少なくて)読みやすい。中学生向けなのかな?巻末には感想文の書き方まで載ってい...

  • ヘンな副反応と悪夢

    ワクチン接種3回目の副反応は2回目までとは違うものでした。みなさんのブログにもワクチン接種の副反応のことがよく取り上げられていますが症状の種類や強さは本当に人それぞれだと思います。<当日>夕方5時に受けたので副反応の症状は強くありません。左腕に少しの痛みがあるくらい。<2日目>朝から少し熱っぽく、熱を測ると37.5度でした。それより腕の痛みと頭痛がひどくてアセトアミノフェンを服薬しました。午後には腰がどん...

  • やっと3回目が終わった。でも・・・

    本日18日(月曜日)にやっと3回目のワクチン接種を受けました。今回も1,2回目と同じファイザーです。モデルナなら近くの接種会場で予約なしですぐに受けられたのですがモデルナを受けた夫の副反応が強く、その様子を見ているうちにちょっと不安になってしまいました。2回目のファイザーでさえ私的には十分辛かったのでさらに副反応が強いモデルナは無理・・・なので、受ける時期が遅れても3回目もファイザーで受けることにしまし...

  • ウォーキングが続かないのは

    歩くことが健康維持にも老化防止にも効果があるということは私だって十分わかっています。でも、こちらに来てから歩くことがとても減ってしまいました。本当にヤバいっていうくらいの日々の歩数の少なさで私の足腰・筋力は大丈夫か?と心配になってきました。続かない理由その1はどこに行くにもつい車に乗ってしまうから。荷物が多い時や寒い日、暑い日、雨風の強い日に車は楽で快適なんですよね。それで、すっかり車依存人間にな...

  • 実家の枝垂れ桜と今後のこと

    「実家の枝垂れ桜が見頃だよ。」とT子叔母からラインが入り、実家に行ってきました。お土産は我が家の夏蜜柑と自家製夏蜜柑ジャム。T子叔母のだんなさまが酸っぱい夏蜜柑が大好きなんです。わが家の夏蜜柑を美味しいと喜んでくれる貴重な人。ジャムは色々な人に差し上げて美味しいと褒めてもらえたので(社交辞令かもです)今年もはりきってつくりましたが今回はちょっと失敗。(色が・・・泣)でも、味は同じなので身内に食べても...

  • 3年目の夏蜜柑ジャムは失敗・・・

    夏みかんの収穫時期を迎えました。今年はなぜか落下している実が多くて近寄ってよく見てみると落ちている実のほとんどにこんな穴があけられています。どうも野鳥の仕業のようです。こんなことは初めてです。現場を押さえなくちゃ・・・夫と息子に手伝わせて手伝ってもらって100個近い皮むきをしました。これがタイヘンなの。実と皮とお砂糖で煮込みます。今年は実の量が多すぎたのか水分が多くてなかなか煮詰まりません。大量にで...

  • わが家のお花たち

    ずっとほったらかしだった玄関前のお花たちです。スノーポールと一緒に植えたビオラが冬の間に枯れてしまったので、デイジーに植え替えました。赤と白の組み合わせもなかなかいいです。同じ時に植えた別のプランターのビオラたちは元気。暖かくなり、さらにもりもりになってます。同じ苗、同じ土、同じ肥料なのに育ち方が違うのはなぜなのかしら?新しい植木鉢に春のお花を植えました。夕焼けレッドのマックスマム。色の変化を楽し...

  • 桜満開と冬じまい

    東京よりも2週間ほど遅れて春がやってくる私地方です。今日やっと桜が満開になりました。この2年くらいしみじみと桜を愛でる余裕がなくて本当に久しぶりに桜を見に行きました。わが市の中央通りの桜です。一番のお花見スポットは歩道橋の上。ここで生まれ育った夫に教わりました。上から眺める桜もいいものですよ。平日の午前中で人も少なく、しばらくこの景色を独り占め状態。あとからやって来た若いお嬢さんは「会社休んで来ちゃ...

  • 夫の花束を飾る・お仕事スタート

    38年間お世話になった職場の最後の日に夫がいただいてきた大きな花束を二つに分けて飾りました。記念の写真を撮る前にうっかり花束を分解してしまった私。夫よ ごめん・・・気を取り直して一つは玄関に飾りました。ガラスの水鳥の置物と同じ色調のお花でまとめて黄色、パープル、ピンク優しい雰囲気になりました。真紅の薔薇とカーネーションはダイニングテーブルに。こちらは食事の邪魔にならないように短めにこじんまりと活けま...

  • 電気料金に目が飛び出た 👀

    値上げラッシュで始まった4月だけど5月分から電気料金がまた値上がりするそう。これまでも値上げは繰り返されてきたけどコロナやウクライナ侵攻の影響でさらに原油や天然ガスが高騰し電気もガスもどこまで上がるやら・・😥実は今年の2月の電気料金が過去最高を記録しました。昨年同月の料金と比べると8000円も上がっています。お風呂と給湯はガスなのでガス料金7000円と合わせると光熱費は約30000円となります。*寒冷地や雪国に...

  • 地震対策(書棚・食器棚)

    昨日の夕方、また地震があり、私地方は震度3。このところ頻繁に地震があります。そのたびに地震対策の重要性を感じています。書棚と食器棚の転倒防止にリフォームの時、大工さんに頼んでL字金具で固定してもらいました。目立つと嫌だなと思いましたが高い位置なので全く見えません。ちなみに2階の家具はツッパリ式の転倒防止器具ですがちょっと見た目がダサいです。固定はしても心配なのは食器棚のガラスの破損です。そこで、ガラ...

  • 地震対策(割れモノ)

    先月、福島県と宮城県地方を中心に大きな地震がありました。私地方は震度5弱。(もっと大きく感じましたが・・・)私は2階で寝ていましたが、一階でガチャンと大きな音。犬の置物が落下して割れました。幸いにも割れたのは耳だけだったのでアロンアルファですぐにくっ付きました。心配していたサイドボード上のガラスの花瓶や陶器の置物は無事でしたがあと少し揺れが激しかったらみんな落ちて割れていたでしょう。本当は落ちて割れ...

  • 久々に夫の通勤着を揃える

    長年研究職だった夫は終日実験室に籠り、延々と実験データをとり、研究報告書や論文を書くのが仕事。外部の人に会わない日も多く、服装には全く無頓着な人でした。特に、再雇用となってからは第一線から退いたこともあり普通のサラリーマンとは思えないカジュアルな服で通勤していました。ノーネクタイ、チノパン、スニーカーにリュックを背負うがいつものスタイル。ところが、この4月から新しい職場で働くことになり人と会うこと...

  • 3月に読んだ本

    図書館で借りたのは3冊です。以前は一度に大量に借りてましたけどピアノの練習時間もとりたいので借りる本は少なめになりました。今月の日本の名作は「谷崎潤一郎」耽美派を代表する作家で官能的でスキャンダラスな作風ですが現代人の感覚からしたらそんなに大したことないレベルです。今は「表現の自由」という大義名分で性的描写も暴力シーンも過激ですから。でも、その時代には彼の作品は衝撃的だったでしょうね。この「卍」と...

  • 夫の新しい挑戦

    夫は定年後再雇用で2年間働きました。年金支給までは続けるつもりが会社の経営方針が大きく変わり、夫の部署が縮小されることになりました。「選択」と「集中」とやらで今後は、社会インフラやシステム関連の事業が中心となり「ものづくり」から撤退するらしいです。時代の流れですかね。日本の製造業の未来は厳しいです。ほとんどのモノが海外で安くつくれますから。夫は素材や材料の研究開発一本で入社以来ずっとやってきたので...

  • 私も味覚が変わりました

    一人の時のお昼ご飯は大抵、冷蔵庫の残り物とか冷凍庫にあるパスタなどで簡単に済ませています。今日はお昼前に買い物に行ったのでスーパーのお弁当コーナーにトラップされてしまいました。いろいろなお寿司を見ていて無性に食べたくなったのがなぜか「鰯のお寿司」です。青魚というか光り物というのは苦手でお寿司のネタとしては絶対に選ばなかったものです。ウニ、イクラ、ホタテ、トロ、サーモンこういうのが好きだったのに今は...

  • 暑さ寒さも彼岸まで?じゃなかった!

    昨日は我が家と実家のお墓参り。車窓から見えた梅林が見事だったので途中下車をしてお花見気分です。東京では桜の開花宣言が出されましたが、こちらはやっと梅が見頃になったところ。梅林の中は梅の香りが漂い「梅香」ということばを思い出します。ほんとうに清々しいいい香りで奈良時代までは花といえば「梅」だったそうです。万葉集にも「梅」を詠んだ歌が多いです。という昨日とは打って変わり今日は朝から雪模様です。直ぐに止...

  • 味覚が変わりました 

    わが家の畑にも春が来てフキノトウがあちこちにかわいい顔を出しています。今まではこれを食べようという発想が全くなかった私なのですが、なぜか今年は新しいことに挑戦したくなりさっそく天ぷらにしてみました。野草独特の苦みやえぐみは思ったほどでなく食感はタラの芽のような柔らかさ。春の香りが口の中にひろがり楽しく美味しい初体験でした。おどろいたことに好き嫌い大王の息子が「これは食べられる」とのこと。「絶対、無...

  • 残り布でランチョンマット

    一時ハマったソーイング。服や小物を縫った時の生地が捨てられずにたくさん残っています。どうにかしなくちゃ・・・というわけで何か春らしいものを作ることにしました。このパッとした黄色の生地はトートバッグを縫った残りです。ちょうど裏地に使った無地も少し残りがあったのでその2枚を中表に縫い合わせてランチョンマットを作りました。完成です。ただ縫っただけです。うちの食器は地味なものが多くてさらに私の料理もショボ...

ブログリーダー」を活用して、フユ子さんをフォローしませんか?

ハンドル名
フユ子さん
ブログタイトル
フユ子の日常
フォロー
フユ子の日常

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用