searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

crazymanilaさんのプロフィール

住所
愛知県
出身
名古屋市

男性二人、それぞれの恋愛記。オノケンとレンジが現地でフィリピーナと恋愛しまくる。笑い9割、泣き1割。幸せは訪れるのか、モゲにモゲまくる二人の珍道中をお楽しみください。

ブログタイトル
クレイジーマニラ
ブログURL
https://crazy-manila.com
ブログ紹介文
マニラ恋愛珍道中。フィリピン夜遊びの方法、観光、ビジネス、現地お役立ち情報を発信。
更新頻度(1年)

340回 / 365日(平均6.5回/週)

ブログ村参加:2018/03/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、crazymanilaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
crazymanilaさん
ブログタイトル
クレイジーマニラ
更新頻度
340回 / 365日(平均6.5回/週)
読者になる
クレイジーマニラ

crazymanilaさんの新着記事

1件〜30件

  • 【ウメブログ55】なぜそこにソフィアが? ゲスの真骨頂。

    [ウメブログ前回のあらすじ] ウメブログ第二章がスタート。マカティで出会い系アプリTinderを使う! 【ウメブログ54】国際親善Aマッチ、不調続きのゲス、結果を出せるか!? 改めてウメブログを始めから読みたい方はこちら↓ 【ウメブログ1】日本のフィリピンパブの過去、マニラへ向かうきっかけ クレイジーマニラの記事は、実際の旅行や取材を元に記述しています。小説風のストーリ仕立てで記述していますので

  • 【ウメブログ54】国際親善Aマッチ、不調続きのゲス、結果を出せるか!?

    とりあえずゴールラインは割ったものの、ネットを揺らすには至らず。 ホイッスルが鳴り、ゲーム終了。 改めてメンタルの弱さを晒してしまったゲスである。 無駄足掻きしても仕方のない事なのでこの夜は諦めるが、今後の事を考えてドーピング剤を入手することを固く誓った。

  • 【ウメブログ53】何でビジネスクラスが安い!? 急遽フィリピンへ!!

    復路は5/7に設定していた為安いのだが、往路がゴールデンウイーク期間内の為、異常に高い。 エコノミークラスの往復で15万だ。 んんんんーーー。 通常ならビジネスクラスに楽々乗れる金額。 悩むゲス。 ふとダメ元でビジネスクラスを検索してみる。 12万5千円。 なにーーー!?

  • 【ウメブログ52】韓国語を話すフィリピーナと喧嘩、日本に帰国できない!?

    このメガモール真ん中に道路があり、そこをセンターに1階は二つに分かれているのだという。 ロス・サントスアベニュー(エドゥサの延長)側から入ると右側の入り口で待っている約束だ。 前日、グーグルマップで教えてもらっていた。 リミはマンダルヨンに住んでいるので凄く近い。 私も時間に合わせてホテルを出る。

  • 【ウメブログ51】マニラ探偵、ブルゴスで出会い系の女を探す!?

    ティンダーの距離情報か……。ティンダーをやったことのある読者さんはお分かりだと思います。ティンダーには対象者と自分との『距離』が表示されるのです。私がフィリピン入りして距離が近くなり、相手が検索で私が近くに居る事で、色々と反応が出ているようだ。 早速見た目がイケそうな女性3人にメッセージを送ってみる。

  • 【ウメブログ50】KTV嬢の衝撃の告白、そしてビッグチャンス到来!?

    彼女は自然にカップルのように腕を組んできた。 『これは間違いなく親善試合、行けるのではないか?』 ここにきてようやく私もそれに気づき始める。 如何せん久しぶりのフィリピンだ。 勝手も違うし、何かゲスの真骨頂『タダマン』にありつくまでが本調子でないのだ。

  • 【ウメブログ49】KTV嬢と同伴デート、おいおい薬なんか入れてねーよ!!

    今後、KTV嬢とデートを繰り返していくのだが、この時の彼女が異常というかヤル気で来たのかなと後になって思う。と言うのも、まず初めての同伴なのに一人できた事、そのまま部屋に付いて来たこと、ここでスケベな雰囲気になれば押し倒すことも出来ただろう。先にも触れたが、これ以降のKTV嬢とのデートはガードが固かった。

  • 【ウメブログ48】マカティでKTVデビュー、ブルゴスで夜遊び満喫!

    最近のフィリピーナの出産の低年齢化を知るのであるが……。昔は結構真面目なクリスチャンが多く、二十歳まではバージンなんて考えの子も少なくなかった。ましてや若くして子持ちなんてとても珍しかったが、今は子持ちじゃない可愛いフィリピーナを探す方が奇跡である。ーーそんな中、ソフィアの話を聞くとやはり子供一人居ると言う。

  • 【ウメブログ47】フィリピーナに騙された!?切り替えてブルゴスへ!!

    「バックを盗まれたから行けない」と言う。「洋服とかはこちらで買えばいいから手ぶらでおいで」「空港に向かう途中でチケットとお金もバックごと盗まれた。お金が無いからこれ以上移動できない、電話だけポケットに入れていたから大丈夫」と。『本当かよ……』との思いがあったが、「どうする?」「ウエステンユニオンでお金を送ってほしい」

  • 【ウメブログ46】帰って来たフィリピンでいきなりきつい洗礼を受ける!?

    ホテルに戻る帰り道、マッサージ用の服の様なものを着た女性が「真面目なオイルマッサージ」と声をかけてきた。 狭い飛行機で疲れていたし、オイルマッサージはいいかもと思い、「いくら?」と聞いてみる。 P500。 安いしいいか、女性にOKを出して一緒にホテルに戻る。

  • 【ウメブログ45】北朝鮮女性との恋と別れ、そしてフィリピンへ!?

    チャミスルのボトルを買って、ラッパ飲みで回し飲みしながら屋台を回る。腕に絡みつくユジュン。もう最高に楽しい。将来を誓った恋人同士のようだ。『このまま中国に残り、来月一緒に北朝鮮に行きたい』そう思うくらいユジュンにハマっていた。ーー雑貨屋みたいな屋台で、『ルイビトン シュプリーム コラボ』のぱくりキャップを色違いで買う。

  • 【ウメブログ44】中国KTV嬢と初ゴールなるか?それとも別の女性と!?

    中国に来て、まず別人のようなブスでモゲて、さらに別の女と会う約束をするが今度はデブでモゲた。昨日今日は、中国KTV嬢のユリに約束をすっぽかられてモゲていた……。しかし。ここへ来て、完全復活!『中国に来てよかった!』と考えるに至っていた。単純な男である。ーー店の電気が消えて、5分もしないうちにユジュンは出てきた。

  • 【ウメブログ43】仕切り直しの中国旅行、出会い系の女性は偽装ばかり!?

    中心街の吞み屋とかには仕事で来ている日本人は珍しくないが、やはりローカルの学生街みたいな所にいる日本人のオッサンは居ないみたいだ。何しにここにいるのか聞かれないうちに、「じゃ頑張ってね」とその場を立ち去る。絶対に言えないし。『出会い系で知り合った女に会いに来たが、ブサかったから一人で屋台で飲んでる』なんて。

  • 【ウメブログ42】出会い系で女性に会うため中国へ、現れたのは別人!?

    彼女の口からとんでもない要求が、 「帰るから5万円くれ」 と言い出した。 「その内訳は?」と尋ねると、「長春から電車で3時間かかる所から来ているのと、仕事を休んで来たから」と言う。 私の積算によると、交通費が片道5千円、仕事休み2日×破格の日当1万円で合計3万円だ。

  • 【ウメブログ41】第二章、あいつがいよいよフィリピンに帰って来る!?

    [ウメブログ前回のあらすじ] ウメブログ第一章では、30年前からの出来事を振り返っています。当時の家族との関係や仕事、フィリピーナとの恋愛などウメさんの実体験を紹介しています。 【ウメブログ40】全てのフィリピン好きへ贈る言葉!第一章を書き終えて 改めてウメブログを始めから読みたい方はこちら↓ 【ウメブログ1】日本のフィリピンパブの過去、マニラへ向かうきっかけ クレイジーマニラの記事は、実際の旅

  • 【エッジブログ34】第一章完結、「ロシア人女性との別れ」とあとがき

    そう言わず働いてもらうしかない。 波動砲も今爪楊枝みたいになっているが稼働させないと。 国際交流が台無しになってしまう。 しかも今は欧州圏との国際交流なのだ。 失敗は許されない。 『波動砲は万能じゃねーぞ!』と徳川機関長が叫ぶ。 わかってるよ、私だって。

  • 【エッジブログ33】ロシア彼女の激しいバキュームキスに死にかける!?

    彼女がキスしてくる。 舌が絡み合う。 うぉっ! この子、舌が長い……。 絡み取られそうだ。 しかも凄まじいバキューム。 舌が引っこ抜かれるぅ。 吸い過ぎやろ! 激しい……。 この子、激情型なんだな。 ーーそのまま横になると腕と足が絡みついてきた。

  • 【エッジブログ32】ロシア女性とランチデート、観光地でファーストキス

    滞在中のニューワールドホテルからは目と鼻の先だ。正直、今までロシア人とデートすることなんて一度もなかったので、かなり緊張していたように思う。ロシアと言えば…… よく知らないw あくまでイメージだが、赤の広場、ウォッカ、ゴルバチョフ、KGB、女性がキレイ、なんとかのビッチとか、なんとかスキーな名前、ボルシチ・・・、

  • 【レンジブログ -1】レンジの日本夜遊び編、ツイッターでアップ!?

    日本の繁華街でのことを短編アップしました。ちなみに、ツイッターではスレッド形式で連続25ツイートが可能です。1ツイートあたり140字なので、約3,500字です。ちょうどブログ一記事分の文量です。……これアリですかね。他のブロガーさんにも提案なのですが、『今までのブログ記事をツイッターでスレッド形式でアップする』

  • 【エッジブログ31】マニラ駐在、ローカルパブでロシア女性にハマる!?

    レーナは小学校で先生をしていたが、『海外に行ってみたい』という思いで来たんだと。 Youは何しにフィリピンへ? 理由がフワッとし過ぎなんだけど、可愛いからいいや! 下した決断もフワッとしていたが、とりあえず解決したところで、お互い色々質問しあって時間を過ごす。

  • 【エッジブログ30】駐在後もマニラ出張が続く、ショーパブの金髪女性

    新ボスは夜遊びが大好き。 私も同様である。 この人とはあちこち突撃して、開拓していったところが数ヵ所ではきかないくらい多いのだ。 もちろん、 「あかーーん」てヤツや、「えーーーーー?!」てヤツなんかも多かった。成功ばかりとは限らない。 失敗を繰り返して成長していくのだ。

  • 【エッジブログ29】フィリピーナの『母娘丼』、謎の親子関係とは!?

    互いの愛撫は激しくなり、衣服の奪い合いになっていた。私は彼女のふわりとした髪を掴み、バックで突く。口を抑え喘ぎ声を殺そうとする彼女。その様子に燃え、さらにくびれた腰と肉付きの良いヒップが堪らない。ソファの上で、愛の営みだ。ーーしかしこの夜、ただ一つだけ。一つだけ異なった。それは、もう一人別の女性が同じ空間に居ること。

  • 【エッジブログ28】KTVの女性とディナーデート、同伴者はまさか!?

    夕食場所は、私が泊っているホテルの中華料理のレストランになった。ホテルの中華料理は高級というイメージだがここはそれほどではない。しかし、香港人シェフが料理する本格的な美味しいレストランだった。2階に上がり、すぐに案内され3人でテーブルを囲む。まだそれほど混んでいない。金曜日なので混んでいるかと思ったが拍子抜けだった。

  • 【エッジブログ27】マニラ駐在、上司の彼女が彼女ではなかった!?

    皆、各々女の子をつけ席に着く。彼女はウルトラマン情報を仕入れようとしている感満載だ。私も彼の情報には興味がある。彼女にいろいろと聞いてみよう。ーーしばらく歌を歌ったりスローな時間が過ぎていく。BMWが徐に小高い丘を片手で耕しながら、私に小声で聞いてきた。「あの、エッジさん。……ボスに着いている子は女性ですよね?」

  • 【エッジブログ26】マニラ駐在、台湾人彼女の帰国日。一緒に空港へ!

    夕方ごろの香港経由の台北行きのフライトだ。台北に着くのは夜遅い時間になるだろう。美玲「また来るね」 私「おいでよ。旅費ぐらいは出すから」 美玲「ホント? じゃあ、絶対来る。来月ぐらい?」 私「すぐだね」 美玲「いや? 来ちゃダメ?」 私「そんなことないよ。おいで。忘れ物しないでおいで」 美玲「それね。うん、なるべく」

  • 【エッジブログ25】マニラ駐在、彼女の帰国前夜に向かうはゴーゴーバー!?

    ブルゴスに移動した。 そして、店に向かって歩く。 すると、ブースから出ていたガードがこちらに気付いたのだろう。 私たちに向かって手を振っていた。 ガード「今日もブルゴスか。好きだな。どっちの提案だ? 今晩は連中はいない。安心して遊んでいけ。来ても連中は入れないから心配しなくていい」

  • 【エッジブログ24】フィリピンのおすすめお土産、樽の男性!?

    木彫りの人形で、くり抜いた樽に収まっていて樽を上に上げて外すと中に立っているやはり木製の人形が飛び出てくる。厳密にいうと人形は土台に固定されているので動かないのだが、男のシンボル波動砲がバネ仕掛けになっていて、樽で抑えられていたのが解放されビヨヨンと跳ねる。ビックリ箱(?)のような置物だ。色んなサイズが売られている。

  • 【エッジブログ23】マニラ駐在、彼女とマカティのKTV真珠の森へ!

    ボリューミーな女の子がついた。 「細身で」と伝えたのにどういうこと? 私はスレンダーでショートカットでかわいい感じの女の子と話したいのだ。 まあ、英語ができる子だったからいいけど。 決してテンションは上がらない。 しかし、愛嬌もあり愛想もよかったのでそれなりに楽しかった。

  • 【エッジブログ22】マニラ駐在、台湾人彼女とフィリピン料理屋へ!

    お昼をジョリビーでとったらしい。やはりプレートにライスが付いてくるのが面白いと。「フィリピンもお米の国だね」となぜかご機嫌だ。ーーさて、今晩はフィリピン料理のお店だ。現地の名前の長~いレストランだ。観光客向けと言えばそうかもしれない。味より雰囲気や空気を楽しむタイプの店だが、楽しいので料理もおいしく感じる。

  • 【エッジブログ21】マニラ駐在、台湾人彼女とスペイン料理屋へ!

    そこそこ人が入っている店内。奥の方の席に案内される。テーブルとイスは木で作られている。それなりに歴史を感じる作りだ。ーー結果から言うと、飲みながらつまみを頼んでアルコールメインの夕飯になった。私はあまりワインは得意ではないが、ワイン先行でスコッチで追いかける。何となくだが、この展開不味い気がしてならない。

カテゴリー一覧
商用