chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
老荘凡夫
フォロー
住所
埼玉県
出身
入間市
ブログ村参加

2017/10/28

arrow_drop_down
  • 断捨離をした後、モノを増やさない

    僕は、男にしては綺麗に生活しているほうだと言われます。それは、僕の家に来た人が皆、口をそろえて言うこと。別に、自慢では、ありませんよ。綺麗にモノが片付けられている、と。その理由は簡単で、断捨離をした後、モノを増やさないから。かなり前の記事で

  • ブルシット・ジョブ(クソどうでもいい仕事)に、貴重な人生を吸いあげられるだけでなく

    僕も現役会社員時代、すごい量の仕事を押し付けられたことがあります。で、それが長く続くようだとやめるのですが、期間限定だったので、何とか、乗り切りました。起業家が、仕事に熱中するのは、当たり前なんです。だって、好きなことをやっているんですから

  • 男の4人に1人が、生涯独身の時代

    今は、男の4人に1人が、生涯独身の時代。おひとり様も、そう、珍しいものではありますまい。ただ、僕のような60代となると、生涯独身は、圧倒的少数派であることは、同窓会に出た時などに、実感します。で、世話好きな女子が、何とか僕を結婚させようなど

  • 居場所がないと、人はジリ貧に陥っていく

    人間は、誰であっても、自分の居場所が、必要。ブログパトロールをしていると、ときどき派遣社員の方などで、仕事先で食事をしていたら、その場所で飯を食べるなと、言われた、などという記事を目にすることもあり、どんだけ肩身が狭いのか、と。想えば...

  • アメリカ株で軸足投資法を実践

    軸足投資法というのは、僕の造語なのですが、何のことはないのです。まず、あたりを付けた銘柄を買う。その買ったときの価格が軸足となります。そして、下がったら、買い。上がったら、放置。ウォーレン・バフェットが見限ったIBM株を155ドルほどで買い

  • 健康とお金が尽きた時は、死ぬとき

    天涯孤独者が生きる覚悟としては、孤独死は、避けて通れません。この覚悟がないと、生きるのがつらくなります。武士道とは死ぬことと見つけたり、です。おめえ、武士じゃねえだろ、と言われそうですが、覚悟の話、ね。以下は、幻冬舎オンラインからの抜粋。総

  • 往復4時間の通勤は、だんだん負担に

    今週は一段と、寒さが厳しくなるとのこと。今朝は薄曇りですが、明日、あるいは明後日あたりは、雪もちらつくかもしれません。さて、今、人生の内省期に入り、介護離職する前のことを、振り返ってみました。50代後半の当時、父を在宅で介護し、...

  • うちで死なないでよ、と、無言の圧力

    賃貸暮らしの不安は、主導権を大家に握られていること。極端な話、大家が、来月から2万円値上げね、と言われれば、まあ、多少の抵抗はできるものの、そうですか、と、言わざるを得ない、と。また、年を取るほど、大家は顔を曇らせ、うちで死なないでよ、と、

  • 厚生年金保険(第1号)平均月額

    9万円という、男の平均よりもはるかに少ない年金で、どう暮らしていくかが、思案のしどころ。以下は、「令和2年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」【男性】厚生年金保険(第1号)平均月額:16万4742円~5万円未満:13万857人5~10万円

  • 人生の晩年は、季節に例えると、冬

    僕は、老人ホームに入れるお金もないし、また、その意思もないので、この種の話題には反応が薄いのですが、ネットで見た老人ホームの記事が、何やら切なかったので紹介します。いかは、その一部抜粋。特に介護付きの老人ホームというのは、世話に困った親を子

  • 楽しく働く、ゆるく働く

    いくつか前の記事で、ちょっと働くのが快感だよね、という話をしたのですが、これには、もう一つの意味合いがあり、それは、自分という最終資本の能力の劣化を、緩やかなものにしたい、という思惑。どういうことかというと、フルリタイアも快適...

  • 貧乏人を脱する 近道

    なぜお金にだらしなくなってしまうのか?その理由は、資本主義的なメカニズムで欲望はつくられているからです。たとえば「一国一城の主」というのは、典型的な欲望コピーです。要するに、「日本人なら家を建てて(もしくはマンション)そこに家族で住みましょ

  • 正社員時代に払っていた年金は、わずかなもの

    若い頃の僕は、働いては鬱になるということを、繰り返していました。だから、転職が、多かったのです。仕事が安定したのは、友人Oの紹介で面接を受け、ビル管理会社に入社してからで、それが、35歳のとき。大学には行かず、早生まれで、...

  • 今年買ったあと2つの銘柄

    今年と言っても、まだ、始まったばかりなのですが、今年になってから買い増しした銘柄は、あと二つあります。それは、テモナとTBK。どちらも、難平買いです。現状、保有している銘柄で、取得単価が下がっているものを、買い増しして...

  • 楽しんで楽しんで、遊び倒して生きていきます

    人間50年、と言ったのは昔の話。今は、なかなかに長生きな人が多い。僕は、父の寿命を、参考にしています。父は、89歳で他界。なので、僕も、90歳くらいを考えています。勿論、平均寿命の80歳くらいで死ぬかもしれず、未来は、わかりません。で、残さ

  • 親指で文字を打つのは苦手

    僕は、ブログというのは、皆、パソコンで書いているものだと思っていました。ところが最近、スマホでブログを書いている人がいることを知り、びっくりしています。どんだけ時代遅れなんだよ、と、思われるかもしれませんが、スマホって、小さいですよね。..

  • 金がいくらあっても孤独に感じる

    金で権力は買えるが 尊敬は買えない金で睡眠は買えないが ベッドは買える金は愛を買えないが セックスは買える金を持っているのか 金が君を持つのか?金は家houseを買えるが 居場所homeは買えないだから金がいくらあっても 孤独に感じる金は友

  • 今年最初に買った銘柄

    今年最初に買った銘柄は、日産自動車です。昨年、取得単価を下げた後に値が戻り、その後値を下げ、取得単価よりも値を下げた時には、もうNISA口座での余力はなく、特定口座で200株ほどを購入。さらに値を下げましたが、もう追いかけず、...

  • モノを持てば持つほど、不安になります

    これはもう2500年も前に、お釈迦様が看破していることなので、今更、僕のような凡夫が、言うことでもないのですが、モノを持てば持つほど、不安になります。あるいは、心配事が、増えます。これは、断捨離をすれば、より、実感する...

  • これって、どうよ、という話

    年金を、かなりたっぷりもらっている(僕から見ればの話)高齢者にも、住民税非課税を理由に、10万円が支払われます。あるいはまた、住民税非課税の遺族年金をもらっている、リッチな未亡人にも、はい、10万円。遺族年金がどれほど税制上恵まれているかは

  • その際に考えられる一つは、おひとり様の在宅死

    僕はブログ閲覧歴が長く、そのため、実に様々なブログを、お気に入りに入れているのですが、長らく、更新が止まったままのブログが、数多くあります。お気に入りなのに、更新が止まったままのブログが数多くあり、その後の生活が記されていないのは残念。..

  • 給料が安すぎる国ではマクドナルドにすら行けない

    マクドナルドはほとんど行かないので、直接的な影響はありませんが、何やらまた値上げするそうですね。たまに行ったとしても、ハンバーガーを買ってきて、自宅でグレードアップしたりしています。以下は、ネットで拾った声。昼食は必ず500円...

  • しぶとく、細く長く生き抜いて

    三浦春馬が演じ、ディーン・フジオカが演じた、五代友厚。東の渋沢、西の五代、と言われ、薩摩隼人としての、堂々たる人生。まあ、誰もが、渋沢や五代のようになれるわけではないし、また、なる必要もないのですが、寿命、ということを考えるとき、...

  • NISAロールオーバーで取得単価が下がる

    いくつかの所有銘柄がNISAのロールオーバーとなり、取得単価が下がりました。あれ、いきなり、200円近くも取得単価が下がってる、と思い、疑問はすぐに解決、とばかりに、証券会社に電話。そして説明を受け、なるほどと思った次第。取得単価が下がった

  • 老後の家を確保したいという女性が増えている

    老後の家を確保したい、という女性が、増えているように思います。男は、どちらかというと、別に賃貸でも良くね、と、思っている人が多い印象。先日ネットで見つけた記事は、以下の通り。独身アラフォー会社員ですが、老後資金としていくら必要でしょうか。

  • 自己を、掘り下げる時間

    孤独と沈黙は、相性が良い。そう、思います。年初こそ、初詣などには行かず、内省していたい。また、外に出かけるにしても、ひとりで歩いていると、自分を、深く掘り下げることができます。緩やかな日差しの中、孤独の中での、...

  • この老婦人の心細さは、痛々しいほどわかる

    僕が介護離職をして、父の介護をしていて助かったのは、父が、最後まで認知症にならなかったこと。父も母も、最期まで頭はしっかりしていました。世の中には、老々介護もあり、特に大変だと思うのは、体の大きな旦那が倒れ、それを、華奢な奥さんが介護する場

  • 人間には、居場所こそが大事

    人間には、居場所こそが大事。女三界に家無し、というように、僕はどうも、女性のほうが強いように思えてなりません。男は、弱いですねえ。僕は、本当に弱っぴいでしたから、35までは、グズグズの人生。実家という、逃げ帰る場所があったから、生きて...

  • 黒田サプライズと今後の投資方針

    もはやシニア世代なので、投資の出口を視野に入れつつ、まだ生きる気満々なので、長く栄養を吸い取っていきたいというのが、僕の投資方針。黒田が何をしようと、そんなの関係ねー、と、踊る60代。株主優待をゲットしつつ、長...

  • 54歳で、貯金はすべて吐き出し

    僕自身、54歳で実家を建て直した時は、貯金ゼロ、でした。すべてのお金を吐き出して、建て替え資金に充て、建て替え資金と言ってもそれは、家の解体費、地盤強化費用、再測量費、引っ越し代、建て替え中の家賃代、そして、住宅ローンの頭金で、大半は借金、

  • 四季に応じて住み替える生活

    夏の北海道は快適ですが、冬の北海道は、日が短すぎ。路面は滑るし、おひとり様には、寂しさもひとしお。その点、沖縄の冬は快適。まあ、住むならば、利便性を考えて那覇かな。なので、最適解は、夏は札幌市に住み、冬は那覇市に住む、...

  • 孤独の良いところは、実にたくさんあります

    知者は孤独を選ぶ、と、ショーペンハウアーは、言いました。孤独の良いところは、実にたくさんあります。まず、他人からの干渉がない点。自由に時間を使える点。まだまだありますが、ショーペンハウアーは、以下のように言っています。才知豊かな人は、苦痛や

  • 資産から負債を引いたものが、純貯蓄

    ときどき覗く、ライフアンドマネーで、純貯蓄、という言葉が出てきました。そう、まさにこの純貯蓄こそが、真水の貯金額、ということ。以下は、その一部抜粋。【年収650~700万円】貯蓄とその内訳 平均貯蓄額:1229万円 ・金融機関:1191万

  • 質素な夕食を公開

    現役会社員時代は、どうしても夕食を食べ過ぎていました。まあ、それは、無理もないんですね。朝はとにかく忙しいし、仕事が詰まっていれば昼食も抜くことがあったし、結局まともに食べられるのは夕食ぐらい。でも、リタイア後は、夕食こそ、軽く済ませたほう

  • ブログパトロールは、有益なことばかり

    他人様のブログの、旅行記事などを見ると、何か自分も行った気になるから、不思議。いろんな人のブログ、それはなにも旅行に特化したものではなくても、旅行に行ったよ、みたいな記事は、大好きです。あとは、移住して、それまでとは別の県や街に住む、セミリ

  • 終身雇用を前提に人生計画を立てるのは、もはやリスクでしかない時代

    終身雇用を前提に人生計画を立てるのは、もはやリスクでしかない時代。たとえば、終身雇用が前提でなければ、とてもではありませんが、35年の住宅ローンなどは組めませんよ。でも、もう組んでしまった住宅ローンからは、逃げようがない。結婚も、まあ...

  • 日経平均2万円前後が2年くらい続く

    今後、日経平均株価は徐々に下がり、日経平均2万円前後が2年くらい続くと、見ている人がいます。2000年のITバブル崩壊、2007年のサブプライム危機に端を発した2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災、2015年のチャイナショ

  • ぶっちゃけ、自分が一番大事

    ぶっちゃけ、自分が一番大事です。いちばん関心があるのは、自分の人生です。はっきり言って自分が一番大事、と言う人しか、僕は信用しません。僕が、真っ正直な人間、直球の人間が好きなのは、複雑なのが苦手だからなのかもしれません。シンプルイズベ...

  • FIREの中には、苦痛からの逃避、も、ある

    賢者は快楽を求めず、苦痛なきを求めるとは、 アリストテレスの言葉。昨今のFIREというブームの中には、苦痛からの逃避、も、あるでしょうね。ただ、いくつか前の記事、生活保護以下の底辺リタイア生活は幸せなのか、でも言及したように、手持ちの資金が

  • 成功するのは当たり前だと思っている

    成功している人に共通しているのですが、エフィカシーが高いから、成功するのは当たり前だと思っている。金があるのが当たり前、女にもてるのが当たり前、と。英語で言うと、こんな感じですね。Self-efficacy plays an importa

  • ストレスがお金を使わせている

    僕が、ブログが面白いと思う理由は、クリック一つで、赤の他人様の日常を知ることができるから。僕は、それこそ、20代から80代までの、いろいろな人のブログを拝見し、いろいろな人生があるなあ、と感心。ブログは、その匿名性のゆえに、書きたいことが書

  • 勝手にお金は貯まっていきます

    世の中には、お金の悪口を言う人がいます。そういう人は、お金に好かれません。まあ、当たり前、か。お金を、異性に例える人もいます。追いかけると逃げる、みたいにね。大リーガーの大谷さんの記事を見ました。 納税についてどう考えるかという珍しい質問。

  • 快適ゾーンに入る道

    何に心地良さを感じるかは、人それぞれ。自分の快楽が、相手の不快、ということもあります。たとえば、会社の飲み会。飲みニュケーションが大好きな人にとっては、飲み会は快楽。でも、そもそも会社の人間関係が好きではなく、ましてやお酒もさほど好きではな

  • おかあさん、まず、自分が手本を見せてください

    実は、今年の途中から、子供と関わるボランティアをしていて、まあ、小学生なのですけど、塾に行っている子もいれば、チャレンジとかいう、自宅学習ですか、そういうのをやっている子もいて、おもしろいのですが、英語をさせたいと思っている親が多い印象。.

  • 殴る蹴るだけがDVではありません

    男は、支配したがる生き物。まあ、それは、生物学的にも、そうなのでしょうねえ。ただ、そうは言っても、横暴は行けません。図書館で立ち読みした新聞の相談コーナーで、40歳を過ぎたころから夫が嫌いになり、夜の生活が無理になった女性の悩みを読み、拒否

  • 老後の快適生活の肝は

    僕は、もうすでに、理想の老後ライフを送っているのかもしれません。その理由は、毎日が幸せの連続、だから。好きな時間に起き、好きなものを食べ、好きな本を読み、好きな音楽を聴き、好きな友人と会い、好きな野山や街を散策し、憂いもなく、...

  • 良い時間良い空間こそが豊かな生活

    部屋が散らかっていたり、モノがありすぎると、どこに、何があるかが、わかりません。そのため、探し物にやたらと時間がかかったり、探しても見つからずに、また、同じものを買ったり、買った後に、大概出てきたりして、必要のないものの二度買いもある、と。

  • デフレに慣れ過ぎた経済感覚も危ないよね

    定年まで勤めあげて、年金生活に入る、それが、昭和世代の人生設計。でも、それが、今や制度疲労を起こしているわけで。ストックとフロー、どちらも大事ですが、最近の物価の値上がりを見るにつけ、デフレに慣れ過ぎた経済感覚も危ないよね、と。今後、じわじ

  • 貯めたお金に縛られて不自由になる

    買いたいものがある、とか、子供の学費が必要、とか、そうした目標があって、節約にいそしむのは良いのですが、節約のための節約、になってしまう人が、ときどき、います。あと、節約が習い性になってしまって、お金を使うことに、罪悪感を覚える人がいます。

  • お年寄りにも働いてもらわないと、この国は立ち行きませんよ

    もう、お年寄りにも働いてもらわないと、この国は立ち行きませんよ。人口減少なんだから、と、国は思い、一億総活躍社会を提言。一方、企業のほうは、そんな老いぼれは使いたくねえ、と。でも、老いぼれにも、言い分はあるわけで。好き...

  • テモナが再びのストップ高に

    前回は、ストップ高の後にすぐに萎んだ展開でしたが、昨日も、再びストップ高に。なんか、値動き激しくね、ということで、しばらくは様子見ですが、更に跳ねるようならば、売却も、考えます。スポンサードリンク (adsbygoogle =...

  • 寒いのは気温ばかりでなく、懐も寒い人もいます

    今朝は、起きるときに寒さを感じました。空気が、一段階冷たくなっている感じ。早速、今夜から、寝具を一段階温かいものに、グレードアップします。さて、寒いのは気温ばかりでなく、懐も寒い人もいます。今勤めている職場環境が、稼げないからと言って、..

  • 居住空間がもたらすリターンは大きい

    僕の場合、ローコスト生活でも、みじめな気持ちにならないのは、居住空間が快適だから。僕は、親の介護のために建て替えた家に住んでいますが、在宅介護で親を見送った後は、その家が、そのまま、自分の老後の住処となります。人生の流れのままに建て替えた自

  • 僕は、親ガチャについて非常識な話をします

    親ガチャという言葉をよく聞きます。ブログパトロールをしていても、親ガチャの単語を含んだタイトルをよく見かけるし、そういう僕も、タイトルに、親ガチャが入ってますけど、親は確かに選べない、それが、世間一般の常識。でも、そんな常識の話をしてもつま

  • 長生きリスクと預貯金不足を、どう克服していくか

    月6万円生活で、長い老後を生き抜くことを考えている僕にとって、長生きリスクと預貯金不足を、どう克服していくかは、喫緊の課題。遊び、にかけるお金はほとんどない、と言ってよく、それでも年に数回旅行に行けるのは、ポイントなどを巧く利用しているから

  • 老後破綻を、回避するための戦術

    僕は、今現在、やや痩せ我慢の生活を送っています。めちゃくちゃ我慢しているわけではありませんが、それなりに節約、僕はこれを、工夫、と呼んでいますが、工夫しながら、楽しく生きる、と。それは、身の安全を、考えてのこと。老後破綻を、回避するための戦

  • 放置のテモナがストップ高でびっくり

    今年は、もう株の取引はしない予定だったし、株式投資関係の記事を書くこともないかなと思っていたのですが、昨日、株の口座にログインして、放置のテモナがストップ高でびっくりした次第。NISA口座で400株ほど、そして特定口座で200株ほどを所有し

  • 誰であっても、苦しみから脱出するくらいの力はある

    人生相談などを見ていると、DVの問題をときどき見かけます。あるいはまた、ブラック企業におけるパワハラも、後を絶ちません。なぜ、暴力をふるう相手から逃げないのか。なぜ、パワハラ上司のいる会社を辞めないのか。あるいはまた、これはカルト宗教などに

  • 支出を抑えることで、楽に生きられるようになる

    楽を極めると極楽になる、と、斎藤一人さんは言います。まあ、あのくらいの大金持ちになると、じゃんじゃん稼いで、バンバン税金払って、と、なるのですが、大半の人の最適解は、出るを制する道。つまり、支出を抑えることで、楽に生きられるよ...

  • ベーシックインカムを導入したほうがいい

    そもそも、定年がいつであれ、もう、一生安泰の企業なんてものがあるのでしょうか。あっても数は少なく、その中で生き残るのも、大変な話。ここからは僕の持論ですが、年金制度は廃止して、ベーシックインカムを導入したほうがいいと思います。勿論、どんな制

  • 管理費や修繕積立金などの固定費を持って行かれるのはつらい

    僕は、親の介護で実家に戻る前の13年間、隣の市の駅前分譲マンションで暮らしていました。また、二十代の頃は、葛西の賃貸マンションに半年ほど、暮らしていたので、マンション生活の快適さは理解できます。潤沢な年金があれば、老後のマンション生活はおす

  • 施工不良の数が多すぎじゃね

    コロナの影響でか、一戸建ての売れ行きが急増しているそう。ただ、それに伴って問題も起きているようです。以下は、今朝読んだ日刊ゲンダイデジタルからの引用です。国交省が9月30日に発表した8月の新設住宅着工戸数は前年同月比7.5%増の7万4304

  • モノを減らしてスッキリ暮らしが最適解

    断捨離は、居住空間を広げる意味でも有効ですが、それ以上に有益なのは、怪我をするリスクが減ること。以前、何度か、箪笥の角に足の小指をぶつけたことがあります。あれ、結構痛いですよね。小指だけでなく、親指の時もあるし、踵を痛めたこともありました。

  • 人生は、スローペースで、丁寧に

    丁寧な暮らしとは、自分を見つめる時間がたっぷりとある暮らし。あるいは、料理を時間をかけて楽しみながら作れる暮らし。あるいはまた、時間を気にせず読書を楽しめる暮らし。うーん、この小説一気読みしてー、でも、明日、仕事か、もう、寝なきゃな、これで

  • 月6万円のローコスト生活でも、幸せ

    ふなっしーではなくて、スナフキン。ムーミンに出てくる人。僕は、ムーミンを、リアルタイムで全く見ていなかった人ですが、家の近所に、ムーミンバレーパークができ、また、調べるうちに、スナフキンがいいこと言っているのを、知りました。たとえば、 ..

  • 家なんて買わなければよかったと思う理由の第一位

    ネットで世の中の動きを見ていて思うのは、コロナ禍での住宅ローン破綻。家なんて買わなければよかったと思う理由の第一位が、ローン返済が苦しい、から、というのも頷けます。僕も、住宅ローン返済中の身。ローコスト生活でも、生活の質を上げながら、日々、

  • 暗号通貨やNFTよりも一人FXがおすすめ

    アメリカの機関投資家は、暗号通貨をポートフォリオから外し始めているらしく、インフルエンサーたちが推していたNFTにも、暗雲が垂れ込めているとか。NFTとは、非代替性トークン、non-fungible tokenのこと。画像・動画・音声、およ

  • 宿命的に、お金を残して死ぬことになります

    死んだ後のことなんかどうでも良くね、とも思いますが、年金は後払いなので、おひとり様の場合、これは宿命的に、お金を残して死ぬことになります。年金支給は2か月に1回、そして後払い。たとえば、母が亡くなったのは5月でしたが、...

  • 75歳以上の4割が負担増は大いに結構

    僕が一貫して主張しているのは、今の高齢者は恵まれ過ぎ、ということ。特に80代以降は、年金ももらい過ぎだし、勘違いがはなはだしい。以下は、読売新聞オンラインからの一部抜粋。 厚生労働省は17日、後期高齢者医療制度の改正案を社会保障審議会(厚労

  • 15万円前後の賃金で家賃を払いながら

    70歳まで働ける社会というコンセンサスを構築中の政府。この先にあるのは、70歳まで働くのが普通じゃん、という流れ。そして、その当然の帰結として、年金支給は70歳からね、と。そう考えると、60歳から貰えた、今の年寄りは、どれだけ恵まれているか

  • コンパクトな暮らしが一番

    以前にも書きましたが、年を取ってきたら、キャスター付きの家具の有難味を実感します。大型家具は、出番なし、というか、生活の妨げでしかありません。コンパクトな暮らしが一番。今後も断捨離を続け、少ないモノで、ゆったり暮らす所存。スポンサードリ..

  • 仮想通貨は雑所得

    破綻したFTXは世界で2位の取引所だったそうですが、仮想通貨は雑所得なんですよね。短期間で値上がりが望めるという点で夢がある商品ですが、せっかく大きく利益を伸ばしても、税金という足かせと、今回の破綻したFTXを持ち出すまでもなく、そもそも取

  • カルト教祖の殆どが自己愛性パーソナリティ障害

    本当は、カルト教祖のすべてが、と言いたかったのですが、そこは、控えめにしておきました。以下が、自己愛性パーソナリティ障害の6つの特徴。1.自分を特別な存在と思い込んでいる2.非難されることに極端に弱い3.自分のために人を利用する4.異常に嫉

  • 額面の給与は上がっても手取りは上がらない

    この30年間、収入が上がっていないという日本。月給20万円ほどで働いている人も多いはず。そうした人が、当面の目標にするのが30万円。つまり、30万円の給与は、なんかいっちょまえの気がします。実は、僕自身が、そうでした。ビジネスホテルに転職し

  • 社畜労働からは逃れられたけど、生活保護以下の底辺生活

    僕自身、ローコスト生活でも、幸せに生きているので、人のことはとやかく言える立場ではありません。ただ、僕は、リタイア生活と言っても、介護離職ですし、結果的リタイア生活であり、今流行りのFIREであるはずもなく、FIREともなれば、まあ、30代

  • シングル60代の平均貯蓄とシニアの仕事

    今朝目にしたネット記事で、シングル60代の平均貯蓄が載っていました。それによると、平均貯蓄額は、1305万円。シングル、というところ。60代、というところが、僕に該当するので、見てみた次第。先日、何気にテレビをつけたら、72時間、をやってい

  • 韓国は老後の貧困も日本の比ではない

    僕が韓国に行ったのは、いずれの時も、1990年代。なので、もう長いこと行ってはいないのですが、当時びっくりしたのは、小学生が、夜遅い時間に歩いていたこと。塾の帰りだと知って、韓国の受験競争の過酷さを知りました。で、あれから、20年以上も経ち

  • スマホ依存症やネット依存症は新型現代病「電脳習慣病」

    ネット社会になって、人々は幸福になったのでしょうか。ある人はイエス、ある人はノー。中秋の名月と言われるように、秋は月が綺麗に見えます。僕が子供の頃は、縁側にススキを供え、饅頭を食べながら月を眺めたものです。そうした風情も、今は、失われつつあ

  • 宝くじは愚か者の税金を地で行く夫婦

    世の中には、漫画のような話があるものです。今朝見たネット記事で、そんな夫婦の話を見ました。夫の再就職は難航を極めた。当時我が家は、家を購入したばかり。サラリーマン時代の給料とボーナスを当てにして組んだ高額な住宅ローンを払い続けなければならな

  • 「賃金が高いだけの中高年」に会社が潰される

    昨日の記事、日本株に未来はあるか、でも触れたのですが、未来がないと思える理由として、以下の4点を挙げました。撤廃されずに未だに蔓延っている無駄な規制。同調圧力に汚染された低い労働生産性。イノベーションが起きにくい馴れ合い社会。ぶら下がり正社

  • 日本株に未来はあるか

    昨日は、体調を崩し、寝込んでおりました。ブログを書く気力もわかず、憂いの中に、沈んでおりました。日本株に未来はあるか、というのが今日のタイトルですが、ぶっちゃけ厳しいというか、あまり明るい未来はなさそうです。その理由は、以下の通り。撤...

  • 50代になっても、まだ奨学金の返済に追われている人もいる

    僕は転職が多かったし、無職の時期も長かったので、受け取る年金予想額が少ないのは納得済み。自業自得とは、僕のこと。でも、時代やめぐりあわせで正社員になれず、やむなく不遇な労働環境に、身を置かざるを得なかった人もいます。以下は、幻冬舎オンライン

  • マネーリテラシーも、親の影響が大きい

    三つ子の魂百まで、と言いますが、親の影響を受けるのは、お金に関しても言えること。今日は、そんな興味深い記事を紹介します。子どもは思考パターンや行動パターンの多くを自分の親を見て学びます。見栄っ張りな親の子もやはり見栄っ張りになりやすいし、自

  • ネットにもつながらない秋の夜長の読書の喜び

    昔は、秋だなあと感じて、一息つく時間が、もっと長かったように思います。つまり、秋、の期間が、わかった、というか。今は、夏から秋を飛び越えて冬のように寒くなったり、また、夏に戻って、また寒くなり、などしながら、本来の秋らしい日々が、どんどん狭

  • 毎瞬、楽しんでいる人が、人生の勝ち組かな

    今日は、いやらしいタイトルですが、なんかエラそうな物言いがね、そもそも、勝者とか敗者とかいう考えが、イケてないというか、でも、毎日、もっと言えば、毎瞬、楽しんでいる人が、人生の勝ち組かな、と、思ってしまうのですよ。で、...

  • ゼロ円生活を送る仙人

    先日見たテレビで、ゼロ円生活を送る仙人というのが出てきました。彼らは、年金が少なくても、やっていけるスキルを持った人たち。で、そこまでのスキルのない凡人はどうすればいいのか。これは、ズバリ、ローコスト生活。ローコスト生活がしやすくなっている

  • 風の時代は、変化の時代

    風の時代は、一言で言えば、人と違うことが有利になる時代。過去記事でも書きましたが、同窓会でのこと。参加メンバーの中で、独身は僕だけ。女子などは、孫がいる人もちらほら。まあ、60女に女子と言うのもなんですが、クラスの女子ね、男でも、孫がいるの

  • 高収入だったのに老後破産する人

    高収入だったのに老後破産する人には、いくつかの特徴があります。以下は、その一例。■特徴1.現役引退後も住宅ローンや教育費の出費が続く近年は晩婚化が進み、出産の年齢も家を購入する年齢も上がってきています。40歳で子どもが産まれて家を購入した場

  • 年金は維持されるものの、その中身をいじくられる

    年金制度は国の制度だから大丈夫、と考える人は多いと思います。まあ、半分はあたりだと思いますが、半分はそうとも言い切れない、という思い。そう僕が言うのは、僕自身、その年金制度変更の影響を、もろに受けているから。僕より、わずか数年先輩は、...

  • ブログパトロールをして一日が終わることも

    僕は、お気に入りに入れているブログがたくさんあるので、その一つ一つに言及するのは、無理なのでやめますが、とにかくブログは面白い。その理由は至極簡単で、その人の日常が、ありありとわかるから。僕も、そうしたブログを読ませていただいているので、自

  • 貧困でも生きたいのが庶民

    頑張って働いていた人が首を切られ、路頭に迷う人も増えています。せっかく買ったマイホームを、手放さざるを得ない人もいます。先日、図書館で、コロナ関係の本ばかり借りてきました。一つの図書館で借りるのは、3冊までと決めていましたが、ときには、オー

  • 老人たちも二極化

    僕はよく、自分の町の総合運動公園だけでなく、隣接する市の運動公園にも行くのですが、そうした運動公園を歩いていると、自分よりも年上の老人が歩いているのを見かけます。公園にはいろんな人が来ていて、まあ、平日の昼間は年寄りが多いのですが、有り余る

  • ろくでもない情報なら知らないほうがいい

    親の介護も終え、天涯孤独者となった自分は、更なる内省に入るにつれて、モノを持たない幸福について考えるようになりました。必要なものだけがあればいい、と。モノの中には、情報も、入ります。ビデオデッキの中には、撮り貯めてある番組が数多くありますが

  • まだ動ける60代のうちに、更なる断捨離

    昨日は、頑張って、一階の住居スペースの、家具移動をしてみました。いちばん重いのは、仏壇と、母が使っていたソファベッド。これを動かすのに、かなり力が要りました。ビジネスホテル勤務時代は、そこそこ肉体労働だったため、ウェイトトレーニングもしてい

  • 物価は上がりリスク資産は下がる

    早期リタイアした人たちの中には、株の配当収入を当て込んだ人もいるかと思います。十分な資産があってのリタイアであれば問題ないのですが、リスク資産依存だと危険な側面も。たとえば、よく言われる4パーセントルール。これなども、その4パーセントの配当

  • 老体にムチ打って家電量販店の店頭に立つ

    僕自身、サラリーマンとしての能力は高くなかっただけに、よく生き延びてきたな、と思うことがあります。これは、ひとえに、運が良かったから。でも、そんな僕でも、上司と喧嘩して、思いっきり給料を下げられた経験もあります。今日は、SPAで、身につまさ

  • まじめに働いていても生活が苦しい人が多い

    まじめに働いていても生活が苦しい人が多いようです。そういう人は、自分が食べるのにいっぱいで、結婚もできずに、年を取っていく、と。で、そうした人の老後について、気になる記事を見つけたので、紹介します。月収20万円未満の割合を年代別に見ていくと

  • 安アパートだったら、リタイア生活もあまり楽しくないかも

    再開したアルバイトも、コロナで終了となってからは、まさに、フルリタイア生活。月に3日ほどは、請負の検針員として働いていますが、それは、半ば遊びのような仕事。まあ、リタイア生活は望むところなのですが、これがもし、都会のワンルームだったら...

  • 堅調な世界経済がFIREの前提?

    堅調な世界経済がFIREの前提だった、という人は多いかもしれません。VTの株価は過去のチャートを見る限り右肩上がりに推移していました。VTはアメリカの資産運用会社・バンガード社が提供するETFで、「バンガード・トータル・ワールド・ストックE

  • 投資では損失を取り戻すときに、より多くのパワーが必要になる

    僕は、投資においては、絶対にレバレッジをかけない、をモットーにしています。その理由は、以下の通り。レバナスを例にとって、考察します。以下は、もんじゃの記事からの引用。例えば、100万円で買った株式が、翌日80万円になったとします。しかし、そ

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、老荘凡夫さんをフォローしませんか?

ハンドル名
老荘凡夫さん
ブログタイトル
老後を支える家計管理と株式投資
フォロー
老後を支える家計管理と株式投資

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用