searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
川崎鶴見鉄道録
ブログURL
http://kawaturu-tetudouroku.hatenablog.com/
ブログ紹介文
川崎や横浜鶴見周辺の貨物列車を中心とした話題を取り上げるブログ。 たまに鉄道部品やNゲージも。
更新頻度(1年)

258回 / 365日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2017/07/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、だらけ猫さんの読者になりませんか?

ハンドル名
だらけ猫さん
ブログタイトル
川崎鶴見鉄道録
更新頻度
258回 / 365日(平均4.9回/週)
読者になる
川崎鶴見鉄道録

だらけ猫さんの新着記事

1件〜30件

  • のと鉄道に乗る JR東海 完乗の旅 6日目⑦

    前の記事はこちら。 引退間近の413系に乗って、七尾駅にやってきました。 まずは駅舎をパチリ。 能登地方の中心地とあって、駅前は結構賑やかでした。 駅舎の中の様子。 七尾駅~和倉温泉駅間はJR七尾線とのと鉄道の共用区間という、ちょっと珍しい扱いとなっており、そのため七尾駅にはJR・のと鉄道両方の券売機と改札口が並んでいます。 今回使用している「北陸おでかけパス」は和倉温泉駅までしか使えないので、のと鉄道の切符を購入して次なる列車に乗車します。 57本目 のと鉄道七尾線 137D 穴水行き 七尾(14:08)⇒穴水(14:48) のと鉄道は、和倉温泉駅~穴水間が非電化となっているため、車両は新潟…

  • 置き換え間近の413系で七尾線を旅する JR東海 完乗の旅 6日目⑥

    前の記事はこちら。 津幡駅からは、新たな乗り鉄旅を始めます。 56本目 七尾線 845M 七尾行き 津幡(12:43)⇒七尾(13:51) 今回乗車するのは、能登半島を南北に走る七尾線です。 この路線の普通列車に投入されているのは413系と415系ですが、輪島塗りをイメージしたという茜色の車体が特徴となっています。 そしてご存知の方も多いと思いますが、413系と415系は2020年秋~2021年春にかけて521系100番台に置き換えられることが発表されている車両です。 今回はそんな置き換え間近の413系に乗って、七尾線の完乗を目指します。 列車は定刻に津幡駅を発車。 3両編成ながら、座席がさら…

  • 犬(ワン)ダーランドな津幡駅 JR東海 完乗の旅 6日目⑤

    前の記事はこちら。 氷見線と城端線の乗り鉄を終え、富山県から石川県へと移動します。 55本目 あいの風とやま鉄道線 428M 金沢行き 高岡(12:00)⇒津幡(12:28) 高岡駅からあいの風とやま鉄道に乗って、県境を超えます。 ちなみに高岡駅~津幡駅間は「青春18きっぷ」で乗車できないのでご注意を。 列車は定刻に高岡駅を発車。 車内はそれなりの立ち客が出るほどの混雑でした。 3セク化前は413系など3両編成も走っていましたが、今は521系2両編成が大半なので、混雑も増しているんでしょうかね。 列車は倶利伽羅トンネルを超えて、この旅最後の舞台となる石川県へ入ります。 高岡駅から約30分ほどの…

  • 「べるもんた」で城端線を旅する JR東海 完乗の旅 6日目④

    前の記事はこちら。 忍者ハットリくん列車に乗って、城端駅にやってきました。 まずは駅名標をパチリ。 改札口には、ちょっとレトロな看板が残っていました。 続いては駅舎を見物。 城端駅舎は瓦屋根の平屋造りで、世界遺産である白川郷へのアクセス駅ともなっているからか、綺麗に整備されています。 駅舎の中には、観光案内がたくさん。 正直、城端線は氷見線と比べると地味な印象でしたが、意外と観光スポットがあるんですね。 そんな感じで城端駅舎を見物していると、乗車する車両が入線してきました。 54本目 城端線 8372D「ベル・モンターニュ・エ・メール52号」高岡行き 城端(10:42)⇒高岡(11:30) 今…

  • 忍者ハットリくん列車で城端線を踏破する JR東海 完乗の旅 6日目③

    前の記事はこちら。 氷見線を完乗した後は、高岡駅を起点とするもう一つの路線である城端線の乗り鉄を行います。 53本目 城端線 8333D 城端行き 高岡(9:02)⇒城端(9:53) 列車はキハ40とキハ47の2両編成なのですが、先頭のキハ40にはド派手なラッピングが施されています。 こちらは「忍者ハットリくん列車」なるもので、原作者の藤子不二雄Aさんが氷見市出身である縁で、このような車両を運行しているそうです。 そんな「忍者ハットリくん列車」に乗り込み、列車は定刻に高岡駅を発車。 車内はかなり混んでおり、立ちでの移動となりました。 高岡駅の隣は、北陸新幹線との接続駅である新高岡駅です。 新幹…

  • 氷見線を踏破する その2 JR東海 完乗の旅 6日目②

    前の記事はこちら。 氷見線を乗り通し、線名の由来ともなった氷見駅にやってきました。 まずは駅名標をパチリ。 普通の様式のほか、ちょっとお洒落な駅名標も立っています。 続いて駅舎を撮影。 氷見駅舎は昔ながらの平屋建てでした。 駅舎はそこそこ古めですが、ロータリーの屋根だけは新しく建て替えられているようです。 瓦にはマスがあしらわれていて、凝ったデザインになっていました。 とまあ軽く氷見駅を見物していると、折り返し列車の発車時刻になりました。 52本目 氷見線 528D 氷見行き 氷見(8:22)⇒高岡(8:56) 車両は乗ってきたのと同じく、キハ47形3両編成です。 列車は定刻に氷見駅を発車。 …

  • 氷見線を踏破する その1 JR東海 完乗の旅 6日目①

    前の記事はこちら。 2019年8月17日 6日目 最終日となる6日目は富山県高岡市からスタートです。 まずは高岡駅に向かいます。 ここまでは「青春18きっぷ」で旅をしてきましたが、昨日で全5日分を使い切ってしまったため、本日は「北陸おでかけパス」を利用します。 こちらの切符は、JR西日本の長浜駅・青郷駅~えちごトキめき鉄道の直江津駅および、それと接続するJR西日本の各線の普通列車が乗り放題となる企画切符です。 効力は「青春18きっぷ」に似ていますが、以下の違いがあります。 ・金沢~直江津の3セク「IRいしかわ鉄道」「あいの風とやま鉄道」「えちごトキめき鉄道」にも乗れる(18きっぷは金沢~津幡と…

  • 高岡で一泊 JR東海 完乗の旅 5日目⑨

    前の記事はこちら。 猪谷駅に到着し、JR東海全線の完乗を達成しました!! そんな記念すべき猪谷駅散策でも・・・と行きたかったのですが、富山方面への乗り継ぎ時間がわずか2分しかなく、感慨にふける暇もなく猪谷駅を後にします。 49本目 高山本線 875D 富山行き 猪谷(19:01)⇒富山(19:48) ※富山駅で撮影 猪谷駅から先はJR西日本となるので、金沢総合車両所富山支所のキハ120形300番台が充当されていました。 ここのキハ120形は「高山色」と呼ばれる塗装を纏い、基本的には高山本線でしか運用されていない、ちょっとレアな車両です。 列車は定刻に猪谷駅を発車。 ほとんどが高山方面からの乗り…

  • JR東海 全線完乗達成!! JR東海 完乗の旅 5日目⑧

    前の記事はこちら。 高山駅散策を終えて、いよいよ「旅のゴール地点」へ向かいます。 48本目 高山本線 1831D 猪谷行き 高山(17:51)⇒(18:59) 本来は1本前の1829Dに乗る予定だったので、2時間遅れで高山駅を出発です。 一応「見かけ上は」定刻出発となるのですが、実は約1時間前に出発する飛騨古川行き1855Dを運休させ、その車両を1831Dに振り替えた列車であるので、高山本線全体で見ると1本運休させてダイヤを回復させたことになります。 そんな犠牲?のおかげで、1831Dは定刻通り高山駅を発車。 乗車率は、各列窓側が埋まる程度でした。 乗車早々、お腹が空いたのでおやつタイム。 高…

  • 高山駅を散策 JR東海 完乗の旅 5日目⑦

    前の記事はこちら。 台風の影響で1時間半も遅延しながらも、なんとか高山駅に到着しました。 このあとは富山方面へ抜ける予定なのですが、運行状況が全線にわたりボロボロだったので、情報収集がてら高山駅で休憩することにしました。 改札を出ると、名古屋方面への「ひだ」の改札開始を待つ行列ができていました。 発車標には列車が表示されていますが、定刻通り運転されている列車はほどんど無かったようですね・・・。 コンコース内には、なにやら展示物がいっぱいです。 高山地方を代表するお祭り「高山祭」に関する展示だそうです。 こちらがお祭りに使われる山車で、中部地方では「屋台」と呼ぶそうです。 屋台の装飾品や、製作道…

  • 京急「夏詣」ヘッドマークを撮る

    久しぶりに梅雨の晴れ間が広がった、本日の川崎界隈。 九州地方を中心に大災害をもたらした今年の梅雨ですが、今年の梅雨明けは遅れるそうで、関東地方は来週までかかるそうな。 私は今週末から夏休みが始まるのですが、このご時勢に加えて梅雨が明けないとなると、出かけるのも躊躇してしまいますねぇ・・・。 そんな本日はヤボ用があり出かけていたのですが、帰りがけに京急の花月総持寺に立ち寄り、最近登場したヘッドマーク掲出車両をサクッと撮影してきました。 というわけで、さっそく今回のメインです。 2100形2149F「夏詣」 今回のお目当ては、2100形2149Fに掲げられた「夏詣」なるヘッドマークです。 そもそも…

  • KATO 681系「サンダーバード」を買ってみた

    先日、新しい鉄道模型を購入したので、さっそく購入レビューをしたいと思います。 今回取り上げる製品はこちらです。 KATO 品番10-345 681系「サンダーバード」6両基本セットKATO 品番10-326 681系「サンダーバード」3両増結セット KATOから再販された、JR西日本681系「サンダーバード」です。 実車の写真がこちら。 681系は485・489系で運用されていた「雷鳥」の高速化及び置き換えのため、1992年に先行試作車、1995年に量産車が登場した形式で、その後「はくたか」にも投入され、最終的に102両が製造されました。 登場当初は「サンダーバード」「はくたか」で活躍していま…

  • 高山本線 波乱の乗り鉄旅 その2 JR東海 完乗の旅 5日目⑥

    前の記事はこちら。 岐阜駅から高山本線、そしてJR東海の全路線完乗を目指して移動を続けていますが、台風の影響による徐行の影響で大幅遅延・・・。 終点の高山駅まで約50km地点の下呂駅を、定刻より1時間43分遅れて出発です。 下呂駅を過ぎると徐行が解除されたのか、今までの遅れを取り返すかのように、一気に飛ばします。 天気もだいぶ回復してきたので、これ以上徐行区間が拡大することは無いでしょう。 とはいえ高山本線は全線単線であるがゆえ、一度大きく乱れたダイヤが回復することは簡単ではなく、2駅目の飛騨荻原駅では対向の普通列車と交換し、さらに同時に後続の「ひだ9号」へ道を譲ります。 退避時間は15分ほど…

  • 先行きが気になる「湘南ライナー」を撮影する

    本日は社用により、朝から藤沢へ外出しておりました。 そんなわけで期せずして、平日の朝に東海道線沿線へ出向くことになったのですが、せっかくなら平日朝しか運転されないライナー列車「湘南ライナー」と「おはようライナー新宿」でも撮影するかと思い立ち、仕事前に大船駅でライナー列車たちをサクッと撮影してきました。 まずは1本目。 3454M「おはようライナー新宿24号」 215系NL-2編成 まずは渋谷・新宿方面への列車である「おはようライナー新宿」から。 現在、東海道線系統のライナー列車は215系と185系の2形式で運転されており、特に混雑する列車には215系が優先的に充てられますが、215系と185系…

  • 高山本線 波乱の乗り鉄旅 その1 JR東海 完乗の旅 5日目⑤

    前の記事はこちら。 JR東海管内の路線の完乗を目指し、お送りしてきた此度の「JR東海 完乗の旅」でありますが、今回からついにJR東海 最後の未乗路線の乗り鉄が始まります。 47本目 高山本線 1717C 高山行き 岐阜(11:45)⇒高山(15:27) 最後の未乗路線となったのは、東海道本線 岐阜駅と北陸本線 富山駅を結ぶ高山本線であります。 高山本線は岐阜県・富山県境付近にある猪谷駅を境に、岐阜駅~猪谷駅がJR東海、猪谷駅~富山駅がJR西日本の管轄となっていますが、今回は最終的に富山駅まで乗り継いで、JR西日本区間も含め高山本線の完乗を目指します。 列車は定刻に岐阜駅を発車。 乗車率は、座席…

  • ちょっと地味?な太多線を行く JR東海 完乗の旅 5日目④

    前の記事はこちら。 多治見駅からは、 5日目2路線目の乗り鉄を始めます。 46本目 太多線・高山本線 619C 岐阜行き 多治見(9:53)⇒岐阜(11:10) 今回乗車するのは、高山本線 美濃太田駅と中央本線 多治見駅を結ぶ太多線です。 とはいえ今回の乗車する列車もそうですが、半分くらいの列車は美濃太田駅から高山本線へ入り、岐阜駅まで直通運転をしています。 実は私、恥ずかしながらこの旅をするまで太多線の存在を知りませんでした・・・。 路線長が約18kmと短いうえ、美濃太田駅~多治見駅という都市間幹線でもない少々地味な路線ゆえ、乗り潰し目的でもなければ利用機会のない路線ですからねぇ。 そんな太…

  • 中央快速線の異端車 209系1000番台とE233系T71編成を撮る!

    昨日は午後から都内で外回りの仕事だったのですが、どうせ都内に赴くなら前々から気になっていた車両を撮り鉄するかと思い、午前中だけお休みをいただき中央快速線で趣味活動を行うことに。 今回は、中央快速線で活躍する「異端車」たちを記録してきました。 まず最初は、常磐緩行線から転属した209系1000番台でございます。 現在、中央快速線用のE233系はグリーン車組み込みの準備工事の真っ最中ですが、その工事期間は予備車が不足するため、松戸車両センターに所属していた209系1000番台が豊田車両センターに転属し、2019年3月改正より中央快速線で運用されています。 すでに運用開始から1年4か月が経過したもの…

  • 64国鉄色3075レ、ニーナ充当カンガルーライナーSS60 貨物列車撮影 7/10

    相変わらずの梅雨らしい天気となった、本日の川崎界隈。 そんな本日は、早朝の品鶴線に良さげなカマが充当されていたので、変電所前で朝練をしてきました。 さっそくメイン・・・の前に、前座で通過した列車。 3074レ EF64 1023 今日は3074レにもロクヨン国鉄色が充当されていました。 実は「貨物ちゃんねる」に遅延していると情報が上がっており、3075レとの国鉄色同士のすれ違い実現か・・・と淡い妄想をしていましたが、願い通じず単独でのお見送りとなりました。 そんな3074レを見送った後、本日のメイン1本目が登場。 3075レ EF64 1036 1036号機は国鉄色化してから、初めての撮影とな…

  • 雨上がりの中央西線を行く JR東海 完乗の旅 5日目③

    前の記事はこちら。 武豊線の完乗を終えて、名古屋駅から次なる路線へ向かいます。 とその前に、まずは「名古屋名物」で腹ごしらえをすることに。 名古屋駅と言えば、駅そばならぬ駅きしめんでございますね。 私は2年ぶりくらいの利用でした。 「ワンコインきしめん大盛り」と「いなりずし」を発注。 本当は大盛りにするつもりではなかったのですが、いなりと間違えて大盛りボタンを押してしまい、朝っぱらから想定外の重量級メニューに (^_^;) でも美味しかったので、ペロリと平らげました。 満腹になったところで、次なる乗り鉄路線へ向けて移動開始です。 45本目 中央本線 613M 多治見行き 名古屋(9:02)⇒多…

  • 武豊線を踏破する その2 JR東海 完乗の旅 5日目②

    前の記事はこちら。 5日目最初の乗り鉄路線 武豊線を乗り通して武豊駅にやってきました。 折り返し列車までの時間を利用して、武豊駅散策をすることに。 まずは駅名標をパチリ。 ホームの様子。 武豊駅は1面1線のホームと側線2線を持つ、行き止まり構造となっています。 現在の武豊線は武豊駅が終点ですが、1965年まではさらに1kmほど貨物支線が伸びていて、その先に「武豊港駅」という貨物駅があったそうです。 改札を出て、お次は駅舎をパチリ。 平屋建ての小ぶりな駅舎です。 駅舎の中の様子。 武豊駅はかつて有人駅でしたが、2013年に無人化されたそうです。 無人化されてから日が浅いこともあり、有人駅時代の窓…

  • 武豊線を踏破する その1 JR東海 完乗の旅 5日目①

    前の記事はこちら。 2019年8月16日 5日目 5日目は愛知県刈谷市からスタートです。 昨日広島県に上陸し、東海地方にも強風をもたらした台風10号でしたが、夜中の間に無事通過をしたようで、始発から通常通りの運転となっていました。 これから乗車予定の路線も特に運休などは発生しておらず、予定通り旅を進められそうで、一安心です。 改札口に青春18きっぷに入鋏してもらい、5日目の旅が始まります。 まずは最初の乗り鉄路線へ向かうため、東海道本線で西へ移動します。 42本目 東海道本線 311F 大垣行き 刈谷(6:25)⇒大府(6:30) 列車は定刻に刈谷駅を発車。 早朝だけあって、車内はガラガラでし…

  • キンタ牽引新日鉄レール輸送列車 貨物列車撮影 7/5

    相変わらずの梅雨空となった、本日の川崎界隈。 本日は新日鉄レール輸送列車が運転されていたのですが、今回は珍しく東京貨物ターミナル行きと岩切行きの2階建てとなっており、相模貨物駅までは12両での運転となっていました。 本当は東海道線内で撮影しようと思っていたのですが、どうもお天気がイマイチだったので、地元でサクッと撮影することにしました。 まずは東タ行きの列車から。 8090レ EF210-169 東タ行きは、3両のみの短い編成でした。 牽引機は幡生から牽いてきた桃169号機が、そのまま東タまで担当します。 そして今回のお目当ては、相模貨物駅で切り離された岩切行きなのですが、注目なのは牽引機です…

  • EF210-305充当5075レ、EH500-3充当5971レなど 貨物列車撮影 7/4

    相変わらずの曇り空と強風に見舞われた、本日の川崎界隈。 九州地方は大変なことになっているようですが、川崎界隈も昨年の台風で多摩川が氾濫したこともあり、他人事と思わず気を引き締めて過ごしたいですね。 そんな本日は昼過ぎの5075レに押し桃、5052レに桃クマイチと、良さげなカマが集中していたので、昼飯の買い出しも兼ねてサクッと撮り鉄することに。 まずは小田栄駅で押し桃を狙います。 5075レ EF210-305 305号機は初撮影の機体なうえ、積載もいい感じで良かったです。 続いては5052レを撮影すべく、川崎新町へ移動。 5052レ EF210-901 こちらは3か月ぶりの撮影でした。 505…

  • 押し桃充当石油列車、カラシ充当海コン列車など 貨物列車撮影 7/3

    梅雨らしい曇り空が広がった、本日の神奈川界隈。 本日は通院のため会社をお休みしたのですが、午前中のカマ回りが良さげだったので、病院へ向かう前に撮り鉄をすることにしました。 まずは変電所前で5097レをサクッと撮影。 5097レ EF66 125 お目当ては、先日全検を受けたばかりのEF66 125号機です。 来週には押し桃が川重より新製出場する予定だそうで、今後も継続的に生産されるそうですから、置き換え対象であろう鮫の動向も気になるところですね。 これ1本で変電所を後にして、今度は新鶴見方面へ移動します。 今日は久々に小倉陸橋に登ってみました。 2枚とも 2018年11月撮影 かつては名撮影地…

  • 久々の64国鉄色 鹿島貨物を撮る 貨物列車撮影 7/1

    台風でも接近しているかのような強風が吹き荒れた、本日の川崎界隈。 本日は先週に引き続きEF64国鉄色が上京し、鹿島貨物に充当されたので、会社終わりに小田栄駅でサクッと夕練して撮影することに。 というわけで、さっそく今回のメインです。 1094レ EF64 1025 1025号機は国鉄色化してから初めての撮影です。 先週1094レに充当されたときは積載が悲惨だったらしいですが、今回は鹿島貨物らしさが感じられる状態だったので良かったです。 このあとは川崎新町に移動して、いつものルーチンワークへ。 1152レ EF210-125 今日の1152レは単機でした。 平日に単機となる印象があまりない列車な…

  • 台風吹き荒れる東海道本線を行く JR東海 完乗の旅 4日目⑧

    前の記事はこちら。 富田駅見物を終えて、本日の宿である刈谷市へ向かいます。 39本目 関西本線 1322M 名古屋行き 富田(18:36)⇒名古屋(19:16) 列車は定刻に富田駅を発車。 車内はほとんど人が乗っておらず、ガラガラでした。 台風の影響で大雨が降るなか、なんとか名古屋駅に戻ってきました。 39本目 関西本線 1322M 富田⇒名古屋乗車時間:40分移動距離:31.7km 名古屋駅からは東海道本線に乗り換えて、刈谷駅に向かおうとしたのですが、なんと刈谷駅~岡崎駅で強風規制がかかり、運転見合わせに・・・。 しばらく待ったのち、武豊線方面の運転を再開するとアナウンスがあったので、とりあ…

  • EF65 2101+EH200-901充当8097レなど 貨物列車撮影 6/29

    朝から良いお天気に恵まれた、本日の川崎界隈。 そんな本日は早朝の名物列車である、異種重連の8097レにPFクリームプレが充当されたので、総持寺踏切跡で朝練をしてきました。 というわけで、さっそく今回のメインです。 8097レ EF65 2101+EH200-901 今期はバリ順の国鉄色+タキ付きの8097レを記録することを、朝練の一つの目標にしていましたが、まずはクリームプレの2101号機を押さえることに成功。 EH200の運用は調べていませんでしたが、なんとクマイチが充当という、一粒で二度おいしい的な幸運に恵まれました。 今度は変電所あたりで、赤プレ先頭の姿を押さえたいところです。 ついでに…

  • シキ1000形の返却列車を撮る 貨物列車撮影 6/28

    午前中は雨模様でしたが、午後には雨も上がった本日の神奈川界隈。 そんな本日は、東海地方で変圧器輸送に当たっていたシキ1000形貨車3両が、稲沢駅から常備駅である宇都宮貨物ターミナル駅へ返却される列車が運転されました。 今回の変圧器輸送に当たっては、残念ながら送り込み列車や変圧器輸送本番には立ち会えなかったので、せめて返却列車の姿は押さえようと思い、ちょっと遠出して撮影してきました。 まずは鴨宮駅で走行写真を押さえます。 8862レ EF65 2085 返却列車の牽引機には、EF65 2085号機が抜擢されました。 そしてこちらが、今回の主役であるシキ1000形貨車です。 シキ1001D1 シキ…

  • EF65 2101号機充当77レなど 貨物列車撮影 6/27

    曇り空ながらとても蒸し暑かった、本日の川崎界隈。 そんな本日の午前中は、「クリーンかわさき号」にみんな大好きニーナ様が充当されたり、ロンチキ小田原工臨返空など良さげなネタがあったのですが、生憎所用が入っていたため私は参戦できずに終わりました・・・。 しかしお昼過ぎに地元へ戻ってきたため、カメラを家に取りに帰ったのち、夕方早めの貨物列車をサクッと撮影することにしました。 まずはクリームプレ機が充当された77レから。 77レ EF65 2101 2101号機を撮影したのは4か月ぶりのようです。 ネタ釜なんですがあまり相性が良くない機体なので、もうちょい色々なカットを積み重ねたいところです。 このあ…

  • 富田駅で名物貨物列車を見物 JR東海 完乗の旅 4日目⑦

    前の記事はこちら。 関西本線にのって、富田駅にやってきました。 富田駅に来た理由はというと・・・ 富田駅は三岐鉄道との接続駅となっており、三岐鉄道へ乗り入れる名古屋地区の名物貨物列車に使用される貨車や機関車が、駅構内に留置されています。 わざわざ名古屋駅からやってきた理由は、実物を見たことが無かったこれらの車両を、じっくりと見たいがためでした。 まずはセメント輸送列車用のタキ1900形。 このタンク車は、三岐鉄道 東藤原駅に隣接する太平洋セメント藤原工場から、四日市港駅に隣接する太平洋セメント出荷場までセメントを輸送しています。 かつては各地で見られた粉体セメントの輸送列車も、この列車が日本最…

カテゴリー一覧
商用