searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

だだ(たかはたゆきこ)さんのプロフィール

住所
兵庫県
出身
未設定

「在宅介護しながら自分の人生を生きる」を目標にするブログです。 本業は介護士、ときどき作家。2018年、たかはたゆきこの名前で「おでかけは最高のリハビリ! 要介護5の母とウィーンを旅する 」(雷鳥社)を出版。第4回斎藤茂太賞受賞。

ブログタイトル
猫とビターチョコレート
ブログURL
https://dadacat.net/blog/
ブログ紹介文
母は要介護4、父は要介護2、妹は重度障害者。シングル在宅介護をしながらも、私の仕事は介護士で、職場は訪問介護とデイサービス。寝ても覚めても介護な人生。家族と事業所、どっちのキモチも分かってしまう板挟み。なにはともあれ楽しくやるよー!
更新頻度(1年)

361回 / 365日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2017/03/30

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、だだ(たかはたゆきこ)さんをフォローしませんか?

ハンドル名
だだ(たかはたゆきこ)さん
ブログタイトル
猫とビターチョコレート
更新頻度
361回 / 365日(平均6.9回/週)
フォロー
猫とビターチョコレート

だだ(たかはたゆきこ)さんの新着記事

1件〜30件

  • うちのポンコツをよろしく

    よく、リサイクル業者から営業の電話がかかってくる。「ご不要になったモノなどありませんか?引取りに伺います」っていうやつ。悪徳業者もいるからあんまり相手しちゃいけないやつ。今日もかかってきた。「壊れたモノやもう使えなくなったモノはありませんか

  • 介護に関するテスト問題

    私は介護福祉士を目指している。最終的には国試に受からなくちゃいけない。研修でも模擬テストをやったら、その中にとんでもない問題があった。移動・移乗の介助に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選べという問題で1)ベッドから移乗するとき車椅子は

  • デュピクセントの効果

    私はそこそこのアレルギー持ちだ。アトピーのせいでお化けみたいな顔にもなるし、喘息の発作がでると死ぬかと思う。でも生まれてからずっとだから、なんかもう慣れちゃって、あんまり気にしていなかった。とくにここ数年は自分の体どころじゃなかったから。け

  • 猫寝

    朝から二度寝してやっと起きた母が変なことを言い出した。「ねえ、『二度寝』っていうけど、それ以上寝るのはなんていうの?三度寝?」まだ寝るの?そんなに寝なくていいよ。「しようよ、三度寝! 私だんだん猫になってきた気がする。あ、やっぱり三度寝じゃ

  • ぼちぼち頑張ろう

    実務者研修の修了証が送られてきた。これを提出したら来年の国試を受けることができる。試験なんて、運転免許の試験以来。勉強・・・。試験勉強・・・。しなくちゃいけないなあ・・・。でも来年だしなあ・・・。鬼が笑っちゃうよなあ・・・。とかなんとか言っ

  • 私の席

    一か月あまり入院していた利用者さんが帰ってきた。デイサービスは大盛りあがり。「わあ、Yさんが来はったでぇ!」「おかえりなさい!」「おかえり、Yさん!」「わあ、久しぶりやなあ」「よう帰ってきはったなあ」皆さん口々に喜び、笑顔で迎え入れる。Yさ

  • noteはじめました

    昨日ぜんぜん動けなかった理由が、わかった。今頃わかった。不機嫌のせいかと思ってたけど、違った。・・・単に疲れていたみたい。まあ、当たり前なんだけどね。ぜんぜん休みもなかったしね。ちょっといろいろやりすぎたよね。来月からまた忙しくなるんで、が

  • 動けなかった

    今日はとってもヒマだった。朝からオヤジはデイサービスへ、母はショートステイに行ってくれたからだ。・・・本当なら、今日は私のワクチン接種の予定だったから、副反応を警戒してショートをとっていたのだ。ドタキャンされたけど。私の予定がなくなったから

  • ショック!ワクチン接種をドタキャンされた

    ワクチンを打つか打たないか、いろんな考え方があるようだけれど。在宅介護している人は、とくに一人で介護している人は、打っておくべきだと思う。だって、もし介護者がコロナに感染したら、どうなるだろう?どんなにしんどかろうが高熱が出ようが介護する人

  • 利用者さんを好きになってはいけない

    介護の仕事には別れがつきものだ。亡くなったり入院されたりと理由はさまざま。施設入所されたら後の消息はほとんど伝わってこないので、生きておられるのかどうかも私たちには分からない。ふとした拍子に、そういう方々のお顔を思い出してしまう。『翼をくだ

  • 我が家レクリエーション

    職場のデイサービスでアイスクリームパフェを作った。そう話したら母が「いいなあ!うちでも作ろうよ」ということになった。我が家レク。アイスクリームパフェ作り。フルーツ、コーンフレーク、ミニケーキ、ポッキー、チョコレートソース、それからもちろんア

  • オリンピックが始まった

    次から次へとケチがつきまくった東京オリンピック2020。こんなコロナ禍の中やるべきなのかと思う。思うけどな。・・・始まってしまったな。昨日の開会式。こぢんまりしてたけど私は楽しかった。なにしろ真矢みきさんが出てきたし。ピクトグラムさん楽しか

  • 早朝の地響き

    この季節は、夜明けの頃が一番涼しくて気持がいい。今日もぐっすり寝入っていた。本当に気持よかったんだ。けれど・・・どすーーーーーん。物音と共に家が揺れて目が覚めた。いや、地震ではない。原因はわかりきっている。オヤジがどこかで転倒したのだろう。

  • 悟りをひらいたりしない

    利用者Tさんの家は大きい。訪問介護サービスは、まずTさんの所在を探すことから始まる。「おはようございまーす!」と声をかけると「はあーい!」返事は聞こえてくる。だが姿はない。台所にもいないし寝室にもいない。トイレもいないみたい。まさかお風呂じ

  • サンジが脱走する理由

    今日は朝ちょっとだけ仕事があって、そのあとは休み、のはずなんだけど。やっぱり一日バタバタしていた。銀行・薬局・市役所へ行って、買い物を済ませ、母にご飯を食べさせて、訪問美容に来てもらって、それから歯医者とケーキ屋さんに・・・ここで、ハタと気

  • 一段落

    今日で実務者研修が終わった!あとは国家試験にさえ受かれば、晴れて介護福祉士の資格をもらえる。試験に受かれば・・・受かれば・・・試験は1月だし、受かるかどうかわかんないし、まだまだ遠い話だ。でもとにかく「8日間の実習を受ける」という難関をひと

  • 「もう、やめたの」

    認知症のご主人を介護中の奥さんが、「もう、やめたの」と話してくれた。「『こうやったらいいんじゃないか、ああやったらいいんじゃないか?』って考えるの、やめたの。本当は、リハビリさせたり、皿を運ぶのとか主人にできることを探して自分でやらせた方が

  • 思わず叫んじゃう理由

    私はこの日を待っていた。待ち焦がれていた。郵便受けの中に緑色の封筒を見つけたときは、心臓が高鳴った。ついに「それ」が来たのだ。もしかしたらダメかもしれない。でも、もしかしたら。もしかしたら今度こそ。ドキドキしながら思い切って封を切った。宛名

  • なぜ、それができるのか?

    オヤジはだんだんできることが減ってきた。かつては料理までしていたのに、今ではご飯も炊けなくなって。袋麺を鍋で温めていたのに、カップ麺しか作れなくなって。・・・昼ごはんは毎回パンでも用意するべきか?と、思ってたら。「チーン!」台所から電子レン

  • 死闘・金魚すくい

    皆さんはデイサービスのレクリエーションというとどんなものを想像されるでしょうか。懐メロや童謡を歌う?豆つかみゲーム?ゆっくりした体操?塗り絵?貼り絵?それともいわゆる・・・お遊戯?デイの職員は毎日頭をひねり知恵をふりしぼってレクを考える。子

  • デイサービスの連絡帳

    我が家は両親そろってデイサービスに通っている。そして両親とも、複数のデイサービスに通っている。母は週3日、A、B、Cと3箇所に通い、オヤジは週2日、AとBに通っている。両親は常に別々に通い、デイで顔をあわせることはない。こんな家はちょっと珍

  • 両親のワクチン接種2回目

    両親のワクチン接種に行ってきた。今日が2回目。1回目はミスをしてお役所の方にご迷惑をおかけしたが、今回は手抜かしなし!・・・の、はずだったんだけど。ちょっとだけもめた。受付で「お母様が11時で、お父様が11時15分の予約ですね」と言われたの

  • 家族の中にマニュアルはない

    残すところわずかになった介護福祉士の研修。制度や法律の勉強から介護技術まで、いろいろなことを習う。実習では基本的なことができているかを確認する。基本的なことのはずなんだけど、仕事ではちゃんとできてると思うんだけど!家での介護と比べてみると「

  • シングルファーザーの台詞

    母につきあってドラマを見ていた。このあいだ始まった『#家族募集します』というドラマだ。子育ての話だけど、とてつもなく共感してしまった。妻を亡くし幼稚園児を育てるシングルファーザーが、友達に「大変だな」と言われて「やめろよ。当たり前のことをし

  • ショートステイに便利なノンアイロンお名前シール

    ショートステイって素晴らしい。在宅介護的に神である。なにしろ、このややこしいのを一晩中預かってくれて、私はゆっくり眠れるんだから。ただショートステイには準備が必要だ。服や入れ歯ケースや薬や・・・そのすべてに名前を書かなければいけない。もちろ

  • おっさんとおっさん猫

    サンジ。トラ猫。こう見えて13才のおっさんである。おっさんはおっさん同士、仲がいい。夜はオヤジのベッドで寝るし、昼間もしょっちゅう一緒にいる。サンジはオヤジが大好きなのだ。オヤジが食事するときは必ず膝か、同じ椅子に座ろうとする。朝ごはんなん

  • お尻が金でできている説

    最近、母は足が弱ってきたような気がする。リハビリを怠っているのと、太ったせいかな。そう言うと、「そんなことないよ」と母は反論する。でも、最近は立つのも下手になったし、お尻が重くなったでしょ?よっこらしょー!どっこいしょー!って何回も言わない

  • 幸せの子供

    スーパーで親子連れとすれ違った。お父さんとお母さんと車椅子の女の子。女の子には、全身の麻痺がひと目で分かる障害があった。車椅子も重々しいバギー。どうしても気になる。気になってしまう。その子がどんな表情をしているのか知りたくなってしまう。だっ

  • ぜんぜん大変じゃない

    「大変ね!」と、よく言われる。在宅介護してる人はみんなそうだろう。「え、2人も家で介護してるんかいな、大変やな!」なんならお医者さんにも言われるくらいだ。「いいえ、ぜんぜんですよ」と私は返す。強がっているわけじゃない。無理をしているわけでも

  • 介護のプロに教えを乞う

    私は現在、学校に通っている。介護福祉士をとるための実務者研修。一昔前にはホームヘルパー1級と呼ばれていたものだ。生徒は全員、介護従事者。特養や病院やデイサービスで働いている人たちだ。先生はもちろんその道何十年のプロである。もう楽しくて仕方が

カテゴリー一覧
商用