searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

嵯艮さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

欧州型Nゲージの紹介等をしつつ、時折日本型に浮気したりだとか レイアウトだとかカープラモだとか…。 でも、気付けば結局欧州型に戻ってるんですけどね…。 仕事の関係で更新出来ない事が多いですが、 適宜掲載していきますので気長にお付き合い下さい。

ブログタイトル
EXE plus [N/R]
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/exeplus/
ブログ紹介文
欧州型鉄道模型・各社Nゲージ製品の車両紹介をつらつらと。備忘録も兼ねて…。
更新頻度(1年)

566回 / 365日(平均10.9回/週)

ブログ村参加:2017/03/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、嵯艮さんの読者になりませんか?

ハンドル名
嵯艮さん
ブログタイトル
EXE plus [N/R]
更新頻度
566回 / 365日(平均10.9回/週)
読者になる
EXE plus [N/R]

嵯艮さんの新着記事

1件〜30件

  • OeBB Railjet 車両収納 その3

    OeBBの車両収納……Railjetの収納を引き続き。こちらはSki-Austria仕様です。実車の特別塗装は他にも何種類か存在していたりするのですが、元々の製品化スパンが非常に長い為か、今日に至るまで追加のバリエーション展開はなされていません。通常塗装も含めて、頻度を上

  • OeBB Railjet 車両収納 その2

    OeBBの車両収納……Railjetの収納を引き続き。こちらは175周年仕様を。限定塗装としてのバリエーションも幾らか出ていますが、最近ですと通常塗装でもロゴの大小等も含めて様々なバリエーションが出ていますので、そういった仕様も出て欲しいかと思うのですが……。HOBB

  • OeBB Railjet 車両収納 その1

    さて、OeBBの車両収納……今回はRailjetを。まずはスタンダードな仕様を車両ケースに。走行性能があまり良くない同車ですが、改善させねば……と思いつつも時間的な余裕が無い為、そのままとなってしまっています……。脱線せず、スムーズに走行するように改善したいもの

  • OeBB Doppelstock Wagen 車両収納 その2

    引き続き、OeBBの車両収納……今回もTRIX製品の2階建て客車を。模型としては別メーカーより後程製品化された、JCの車両がキチンと再現されているメーカーである為、そちらを確保された方も多く居られるかと思いますが、こちらも処分するには……という事で手元に。TRIX:1

  • OeBB Doppelstock Wagen 車両収納 その1

    さて、OeBBの車両収納……今回はTRIX製品の2階建て客車を。過去の車両紹介記事でも触れましたが、DBAGの車両金型をそのまま流用したタイプである為、模型としてはあまり人気の無いモデルではあるものの……製品化当時には一式確保しております。TRIX:11610・BDmpz-ds(h

  • KATO 10-1319 その4

    長々と続けてきましたKATOのRhBシリーズも一旦本記事でラスト。また、車両が入手出来次第こちらも増備と相成りそうな気がしますが……それらもそのうち、ですね。こちらも前回・前々回記事と同様の通常仕様の2等車。ベルニナ線用の車体長が短めの客車やABe 4/4 III な

  • KATO 10-1319 その3

    引き続き、KATOのベルニナ急行の車両紹介を続けていきます。以前の記事にて、過去の仕様にて太帯内にRhBロゴが入っている車両があるとの話をしていましたが、それよりも更に以前に遡ると、銀細帯時代の仕様も見つかってはくるものの、床下機器のカバーの有無等が異なる為、

  • KATO 10-1319 その2

    KATOのRhBシリーズ、ベルニナ急行の車両紹介を続けていきます。本記事からは2等車……なのですが、基本セットに含まれていた2等車とは異なり、こちらは座席のみの車両となっています。外見上の違いとすれば、車端部の小窓のその部分の車体裾の切り欠きになるでしょうか

  • KATO 10-1319 その1

    KATOのRhBシリーズ、本記事からはベルニナ急行の増結セットの紹介へ。この増結セットについては、基本セットとは異なり客車のみのセットとなっています。まずは基本セットにも含まれていた1等車。この1等車については、基本セットと同一仕様の車番違い設定となっていま

  • KATO 10-1318 その2

    引き続き、KATO RhBのベルニナ急行の紹介を続けていきます。こちらの塗装は初代塗装とは異なっており、実車登場時は銀帯の途中にRhBのロゴが入る仕様でありました。次の生産品はベルニナ急行のロゴ入りの現行仕様との事ですので、実車登場時の仕様もいつかは……と思ってし

  • KATO 10-1318 その1

    さて、こちらはRhBのベルニナ急行客車。近々仕様変更にて生産されますが、こちらは初回生産分の基本セットとなります。基本セットについてはABe8/12 Allegra が含まれていましたが、そちらについては紹介はまた後日……。こちらは基本セットに含まれている1等車。車種

  • KATO 3102

    さて、KATOのRhBシリーズを続けていきます。こちらは、標準色かつ単品設定された、Ge 4/4 II型機関車。広告機や特殊塗装が非常に多いRhBの機関車ですが、その関係で通常塗装の機関車は意外と姿を見かけません。標準塗装の車番違いでのバリエーション展開も今後期待したい

  • RhB EW-I 車両収納 その2

    RhBシリーズの車両紹介が済んだところで車両収納を進めてます。こちらはPi.R.A.T.A.製の食堂車を組み込んだ形で全車がEW-Iの客車となる組成となっております。KATO:10-1219・Ge 4/4 III(http://blog.livedoor.jp/exeplus/archives/52569850.html)KATO:10-1414・A(ht

  • KATO 10-1414 その4

    さて、EW-Iの車両紹介は本記事で一旦ラスト。RhBシリーズは今後もベルニナ急行の現行仕様での製品化が控えていますので、またそれらも入手が出来次第追々……。RhBの実車については、車体側面のロゴ表記はドイツ語とイタリア語、それにロマンシュ語の三か国語が車両によ

  • KATO 10-1414 その3

    KATO製のRhBシリーズ、EW-I客車の紹介を続けていきます。こちらは2等車……となりますが、増結セットに含まれている2等車は2両ともに細帯仕様となっています。基本セットの3両は太帯仕様でしたので、そういった意味では変化が付けられて良いかと思われます。車種はB、

  • KATO 10-1414 その2

    さて、KATOのRhBシリーズ、EW-I客車の車両紹介を続けます。こちらは前回記事と同様の1等車ですが、こちらは基本セット等と一緒の太帯仕様。車番は各車とも異なった設定となっており、重複する心配はありませんが……やはり2等車が不足気味になるのは致し方ないところで

  • KATO 10-1414 その1

    さて、KATOのEW-I客車の紹介に戻ります。こちらは増結セットでブック型ケースに含まれている車両になるのですが、なぜか増結セットは1等と2等が各2両の収納構成になっており、等級比率が……?今後、他のセットが増える際には比率を調整出来ると嬉しいのですが……。現

  • RhB EW-I 車両収納 その1

    車両紹介に引き続き、RhBシリーズの車両収納を進めていきます。こちらはEW-Iを中心に車両収納しているパターンとなっていますが、食堂車を組み込んだ組成にした上で氷河急行と同様の収納パターンに整えてあります。KATO:10-1514・Ge 4/4 II(http://blog.livedoor.jp/exe

  • Pi.R.A.T.A. 9200

    KATOのRhBシリーズに加え、幾つかのメーカーから1/150スケールにてRhBの車両が製品化されるようになりました。完全新規にて製作するメーカーもあるなか、このPi.R.A.T.A.の製品についてはKATO製品をベースに改造した車両となっており、他にも数種が製品化および製品化予告が

  • KATO 10-1514 その3

    引き続き、RhBシリーズ……箱根登山電車セットに含まれている車両の紹介を。こちらは2等車ですが、2等車については白細帯の仕様となっています。きっちり車番は新規設定となっているのは地味にありがたいところ。車種はB、車番は2344、最高速度は90km/h。

  • KATO 10-1514 その2

    KATOのRhBシリーズ、車両紹介を続けていきます。こちらは箱根登山電車セット内に含まれているEW-I客車で、こちらは通常セット2種とは別の車番設定となっており、細部の仕様も異なっています。こちらの1等車、帯は白太帯ですが車体表記の位置が一部異なっている他、ドア

  • KATO 10-1514 その1

    KATOのRhBシリーズは、様々な特別塗装を身に纏った機関車の製品化も活発に行われています。こちらは3両セットの形態で、日本の姉妹鉄道である箱根登山鉄道(箱根登山電車)の表記が入ったデザインの機関車。この背景色や文字色の配置は、日本側の表記にフォント等も含めて

  • RhB GLACIER EXPRESS 車両収納 その2

    引き続き、RhBシリーズの車両収納を進めていきます。こちらも同じく氷河急行の収納ですが、機関車は単品設定分から引っ張ってきています。KATO:3101・Ge 4/4 III(http://blog.livedoor.jp/exeplus/archives/52569830.html)KATO:10-1219・Ap(http://blog.livedoor.jp

  • RhB GLACIER EXPRESS 車両収納 その1

    さて、KATOから製品化されているRhBシリーズも収納を進めていきます。元々は標準サイズの車両ケースに収納されている各車ですが、こちらでは車両ケースの有効活用を兼ねて小型ケースにサードパーティー製ウレタンを使用しての収納を行っていきます。KATO:10-006・Ge 4/4

  • KATO 10-1219 その7

    さて、KATOの氷河急行の車両紹介は本記事で一旦ラスト。実車では氷河急行はRhB所属車両とMGB所属車両で運用が組まれている為、直ぐには難しくともいつかはMGB所属車両の車番等での製品化も期待したいところであります。また、その際には形態の異なるBreda製車両とExcellenc

  • KATO 10-1219 その6

    さて、KATO製のRhBシリーズ、氷河急行の車両紹介を続けます。2等車については、通常品番が明るめの青色なのに対してこちらの車両達は紫がかった青色となっており、こちらも落ち着いた成型色になっています。車種はBp、車番は2534。

  • KATO 10-1219 その5

    さて、本記事紹介分からは2等車。氷河急行の2等車については、全車ともに同一仕様の車番違いとなっております。車番については、しっかり通常品番とは異なった車番が選択されています。車種はBp、車番は2532。

  • KATO 10-1219 その4

    KATOのRhBシリーズ、氷河急行の車両紹介を続けます。こちらは編成中で最もアクセントとなる食堂車。車体色の赤色と独特の窓配置に加え、車体中央部にある氷河急行のロゴが非常に目立つ車両となっています。こちらも室内パーツの成型色は通常車両はベージュ色になってい

  • KATO 10-1219 その3

    さて、引き続き氷河急行の車両紹介を続けていきます。前回記事で、内装パーツの成型色について触れましたが1等車については通常品番が赤色だったのに対してこちらは茶色で落ち着いた色味になっています。こちらの車両は車椅子対応車両。車種はApi、車番は1311。

  • KATO 10-1219 その2

    KATOの氷河急行、特別企画品の紹介を続けていきます。通常品番とほぼほぼ同一仕様で製品化されている氷河急行の客車ですが、流石に特別企画品扱いとして車番はキチンと変更されています。また、通常品番と比べると実車の内装に合わせた形で内装パーツの色が変更されるなど

カテゴリー一覧
商用