プロフィールPROFILE

utloganさんのプロフィール

住所
アメリカ
出身
千葉県

アメリカ・ユタ州在住。2007年生まれの息子は、コンペティティブチームで本格的にサッカーに取り組んでいます。体験したことオススメ本まで、少年サッカーに有益な情報を紹介します。

ブログタイトル
アメリカ発 少年サッカーの育成事情
ブログURL
https://utlogan.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
アメリカでサッカーを楽しんでいる息子とチームの様子。海外育成やおもしろエピソードも。
更新頻度(1年)

89回 / 350日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2017/01/22

utloganさんのプロフィール
読者になる

utloganさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(IN) 25,289位 24,812位 21,490位 21,510位 21,543位 19,818位 17,360位 978,207サイト
INポイント 0 0 0 20 10 0 20 50/週
OUTポイント 0 20 30 70 70 80 690 960/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サッカーブログ 180位 176位 156位 157位 156位 146位 119位 9,013サイト
少年サッカー 22位 20位 19位 19位 19位 19位 12位 853サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 9,429位 5,670位 5,419位 5,123位 4,676位 4,130位 3,419位 978,207サイト
INポイント 0 0 0 20 10 0 20 50/週
OUTポイント 0 20 30 70 70 80 690 960/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サッカーブログ 145位 94位 95位 90位 76位 77位 61位 9,013サイト
少年サッカー 26位 17位 15位 16位 11位 11位 9位 853サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,207サイト
INポイント 0 0 0 20 10 0 20 50/週
OUTポイント 0 20 30 70 70 80 690 960/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サッカーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,013サイト
少年サッカー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 853サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、utloganさんの読者になりませんか?

ハンドル名
utloganさん
ブログタイトル
アメリカ発 少年サッカーの育成事情
更新頻度
89回 / 350日(平均1.8回/週)
読者になる
アメリカ発 少年サッカーの育成事情

utloganさんの新着記事

1件〜30件

  • コーチのアドバイスに従って

    プロの試合を観るべき理由は?州トレセンODPの練習後に、コーチが今日のRSLのU19の試合を観るように、とアドバイス。どうも息子の学年はシンプルにプレーが出来なかったようで、参考になるからということでした。U19ではないですが、ちょうどプロチームRSLのリザーブチームが、2部リーグに当たるUnited Soccer League(USL)で決勝戦の最中でした。ODPの練習場からリザーブチームのスタジアムまでは車で20分ほど。ちょうどハーフ...

  • ついに骨折してもうた

    怪我の顛末チーム練習に行った息子が、怪我した〜、と帰ってきました。何でも、プレー中に転んで、手をついた所に自分の膝が入ってしまったとか。どういう状態か良くわかりませんが、人差し指を突き指したようでした。2、3日アイシングして、人差し指と中指をぴーんと伸ばして2本一緒にテーピングしましたが、痛みは引いても、まだ聞き手の右手で字が書けないと言います。このまま、ずっと左手で字を書くのは問題だし、と、よう...

  • コーチが求める選手像

    育成コーチはどういう選手を求めているのか。多くのコーチが、ほぼ共通して、「違いをつくるプレーヤー」と言います。その話を聞いた時は、なんとなく理解をしたものの、良く考えると、何だかわかりにくい表現です。果たして、違いをつくる、とは、どういう事を指すのでしょうか? そして、そのコーチ達が抱える苦悩とは?サカママ にアップしました。アメリカ少年サッカー記9「違いをつくる選手」になるためには  ...

  • どうしたら成功できるか?【子ども編】

    子供に新しい習慣化ってうまく行く?毎日の習慣の1%の改善が、長い時間をかけて大きな変化をもたらす事を説いたAtomic Habits。(前回のレビュー)この本では、成功する習慣を身につけるために大事なステップを4つ紹介しています。1. わかりやすいきっかけ2. 強くやりたくなる気持ち3. 簡単にできる環境作り4. ご褒美自分が新しい習慣化のためのステップですが、これを子供に習慣化させることにも応用できます。ただし、行動を...

  • どうしたら成功できるか?【前編】

    一生懸命に取り組んでいるが、うまく行かない。そんな時に、成功するためにやるべき事は何か?今、物事がうまく行かず悩んでいる方にオススメなのが、一つの習慣 atomic habitsと言う本です。この本は、ズバリ、毎日の習慣の1%の改善が、長い時間をかけて大きな変化を起こすことを説いています。大学野球で大怪我を負い、挫折から人生を切り開いた経験を元にした、この本を、今回は紹介します。習慣が人生を変える?例えば、冷凍...

  • 大人気な高校スポーツ

    充実した高校スポーツ今年から、息子のチームのホームゲームに、高校のグランドが使えるようになりました。このグランドは、アメフト仕様で、ラインが入った人工芝グラウンド、観客席が2面、放送設備、電光掲示板がついたスタジアムです。このスタジアムの他にも、天然芝のグランドもあり、公立高校ですが、スポーツ設備が充実しています。 クラブと高校部活の両立息子達のホームゲームがある時は、大抵、その前にその高校の女子...

  • コーチが面白い解決方法をした結果

    息子のチームは、公式戦をビデオで録画しています。これは、試合後に、チーム全員で映像をシェアして、試合を分析するためです。ちなみに、前回、2−5で負けたリーグ戦の試合は、31 views。たぶん、これまでの試合映像で最多再生回数です。チームの選手は15人なので、1家族2回観た計算です。ビデオ記録がもたらすもの前回の試合では、チームのフォーメーションが崩壊し、ズルズルと失点したのですが、この試合映像を見返すと、...

  • チームが深刻な状況に陥った時

    息子のチームが、リーグ戦で2連敗。よく考えれば、ここ1ヶ月、勝ちなしで、一体どうしたんだ、という状況に陥っています。何か違うよなぁというチーム状況勝てない要因は一つではなく、複数ありそうです。思い当たるのは、ミッドフィールダーのバランスが悪く、中央でボールに競り負け、ディフェンスが余裕のない状態でボールを扱っている点。オフェンスとデェフェンスが間延びしている点。ショートパスに依存し、意外性のあるプ...

  • 次のゴール確率を7%上げる方法とは?

    リーグ戦の試合。一進一退の中から、ミドルシュートがゴールに突き刺さり、こちらがようやく得点。チームメイトと歓喜の中、シュートを決めたミッドフィルダーが、立ち止まり、手を前後にブラブラと振り始めました。なんかやるぞ、と前触れとともに、くるっとバク宙を決めました。初めて見たゴールパフォーマンスでした。親譲りの地味パフォーマンス息子は、こんな派手なゴールパフォーマンスはしません。決めても、チームメイトと...

  • 怪我したらどうする?怪我しないためにどうする?

    サッカーを長いこと続けていると、どこかしら、痛いところが出てきます。息子の場合は、9歳から11歳にかけて、何度か踵の成長痛であるシーバー病になりました。最初にシーバー病になったのは9歳頃。この怪我を治すために、アイシングや、理学療法士に教えてもらったストレッチ、マッサージを行いました(詳しくはこちら)。毎日ストレッチに取り組んだおかげで、1ヶ月後には痛みが引き、以前のようにサッカーができるようになり...

  • 州トレセンコーチの最優先事項

    州トレセンからのメッセージ息子の学年は、今年から州代表チームを作って、12州の代表が集まるリージョン大会へ出場します。まずは、夏休み中にトライアウトを実施。120人くらいから40人まで絞った段階です。チームの秋シーズンの活動が終わる11月から週2回の練習で、さらに選手を半分に絞り、12月の2泊3日の合宿で最終登録選手の18人を決めます。まずは40人を集め、2ヶ月後に練習を開始するにあたり、ヘッドコーチから優先順位を...

  • アメリカ少年サッカー、全員出場試合の裏事情

    トップチームが集まるリージョンのリーグ戦息子のチームは、去年、州のリーグ戦の成績が良く、今年は5州の上位チームが集まるリージョンリーグに進みました。このリーグ戦は、飛行機移動で、1年に3回集まり、金曜から日曜の3日間で3試合、計9試合行います。優勝チームは、アメリカユースサッカー協会の全国大会へ出場できます。このリーグ戦の1回目が、ソルトレイクシティで行われました。初戦が地元なのは幸運、金曜は午後...

  • サッカー少年に読書させる工夫

    息子の学校は、宿題の効果は限定的という研究結果から、ルーティンの宿題を出しません。宿題がないと、家では勉強をしなくなります。代わりに、日々の読書は効果が高いことが証明されていて、学校からは読書を促されます。小学校の時は、宿題で20分の読書があり、毎日読書をしました。その効果は大きく、キンダー直前で移住しアルファベッドを読む段階から、あっという間に2、3学年先行するほど読解力が上がりました。ところが、...

  • サッカー少年の勉強したくなる瞬間

    人が何かをやりたいと思うモチベーションは大きく6つあります。1. 楽しいから2. 自分を鍛える3. 役立つから4. 友達とやりたい5. 負けたくない6. ご褒美が欲しい息子の、勉強に対するモチベーションは、やらなきゃいけないからやる、というのが一番で、2つ目が、将来の役に立ちそうだから、でした。てっきり成績が良いと心地良いのかなと思っていたので、勉強に対するモチベーションが後ろ向きで驚きました。それでも学校が始まっ...

  • サッカー少年を勉強好きにする方法

    お子さんが一生懸命にサッカーしている場合、そのモチベーションは何でしょう?1. 楽しいから2. 自分を鍛える3. 役立つから4. 友達とやりたい5. 負けたくない6. ご褒美が欲しいでは、お子さんが勉強するのは、どのモチベーションがあると思いますか?サッカーとは違う勉強へのモチベーション息子のサッカーに対するモチベーションは、楽しいからだろう、と即答できたものの、勉強へのモチベーションは知りませんでした。私のように...

  • 審判怒る 後編

    強豪チームとのリーグ戦の対戦。1点負け越して、後半戦が開始しました。後半の指示が当たる対戦チームは、多くの学年で州トップの強豪クラブで、噂によると走り込みの練習を取り入れています。それを裏付けるような、良く走るチーム。トラップのちょっとしたミスは、ほぼ拾われて相手ボールとなり、体の寄せが速いのでフォワードはほとんど前を向けません。息子のチームお得意のカウンターも、速いボールが前線に渡った瞬間に、3...

  • 審判怒る 前編

    二本のビデオポール先週は、リーグ戦の2試合目。州1位のチームと対戦です。これまで数年の対戦成績は多分負け越し。昨シーズンまでの9人制の試合では、良いようにボールを回されてかなり失点した数試合。ただ、11人制になり、だいぶサッカーが変わったので、お互いがどう試合運びをするか、気になる1戦でした。試合前、いつものようにビデオカメラのポールを立てると、向こうのチームも、同じ機材を持ってきて、隣で撮影して良...

  • プロチームが行う地域密着型の育成スタイル

    ユタ州のプロサッカーチームは、地域の少年少女のサッカー育成に深く関わっています。その活動の一つ、育成プログラムをご紹介。アメリカ少年サッカー記7 プロチーム育成プログラムの狙いこの育成プログラムや高校のアカデミーは、トライアウトがなく、招待制です。育成スタッフは、プログラムに呼ぶ選手を毎回決めるために、子供達の試合をたくさんチェックしています。こういった子供の評価システムは、トライアウトと比べ、経...

  • 評価のネタ元 後編

    リーグ戦初戦は、チームが好調で1勝。試合後、3人のコーチに息子のパフォーマンスを褒められて、不思議に思っていたところ…新しもん好きのアメリカ人試合の後日、ヘッドコーチが、実は、直近4試合のスタッツ解析したんだ、と言いました。そのスタッツによると、息子は、1対1にほぼ負けていない、とか、2人まで囲まれた場合はほぼ抜けている、とか、良い数値を叩き出していた、と言うのです。どうも、コーチ達は、それまでの...

  • 評価のネタ元 前編

    試合開始のホイッスルがなり、一息、ふー、と吐きました。これから、また長いサッカーシーズンの始まりです。秋リーグが始まり、各地で色んな学年のチームが、賑やかに試合を行なっています。息子のチームも先日が秋リーグの初戦。一年間のリーグ戦はホーム&アウェイ形式で全16試合。トータルの勝敗で、翌年の所属リーグが決まります。初戦の相手は、これまであまり対戦したことのないチーム。息子のチームは、夏の3大会で14試合...

  • 試合中に親を注意する子供から思うこと

    試合中にお父さんに怒った子夏の大会で息子のチームに、ゲストプレーヤーとして参加した子がいました。とても上手な選手で、全体が見え、ゲームを理解し、チームを引っ張っていました。大会の準決勝は、両チームとも拮抗し、点がなかなか入らない状況が続きました。その後半戦。こちらの応援席近くの左ウィングでプレーしていたその子に対し、コーチは、左サイドバックに”show”しろ、と指示。左サイドバックの子が、連戦で疲れてき...

  • ボールが汚い訳は

    チームのコーチが、子供達全員にサッカーボールとボールポンプをプレゼント。このコーチは、娘さんの通う高校にも寄付をしたらしく、新しい高校の人工芝のサッカーフィールドが、いつでもタダで借りれるようになったようです。一体、どれくらい寄付したんだか。ドリブルしても怒られない環境息子は、サッカーボールが好きで、どこに行くにも持っていきます。学校は勿論のこと、トレイルや、旅行先にも。日本にも持って帰ったんです...

  • 夏休み:克服した課題と失敗した課題

    いよいよ学校が始まりました。2ヶ月半の夏休みは、いつも以上に忙しかったです。今年は、サッカーキャンプ3つ、チームで出場した大会3つ、練習は平日3日と忙しかったわけですが、家でも自主練に熱が入り、サッカー尽くしでした。夏のサッカーの課題この夏の課題は、トラップミスをなくすこと。夏休み前にあった試合では、ロングボールをトラップすると、ボールを大きく弾くミスが目についたので、夏休みは、大きく蹴ってジャグ...

  • サッカーはどこを評価するのか? [ODPキャンプ5】

    サッカーキャンプ最終日。早朝に練習と試合、その後午前10時半に修了式で解散です。朝は、自分達のパッキングや長旅のお弁当作りで時間がなく、試合を見れずじまい。お迎え時間に、ピックアップする親の長蛇の列に並び、息子を迎えに行きました。サッカーの評価項目このキャンプでは、一学年に7、8人のカレッジコーチなどが指導にあたり、各選手を評価してくれます。その評価が書かれた封筒が、最終日に全員に配られました。ざっ...

  • 良い所とダメな所が明瞭な凸凹選手達【ODPキャンプ4】

    これまでのお話【1】【2】【3】サッカーキャンプ中盤に見に行った息子の様子。各州の色んな選手を集めて組み合わせての練習試合で、息子のチームは攻撃がチグハグ。息子は、ウィングとの連携が上手くいかず、囲まれた位置でパスを受けボールをロストしたり、欲しいタイミングにパスが来ず、なかなか攻撃できませんでした。懲りずに、翌日も、夕方の練習試合へ。Airbnbで借りたお宅が、思いがけず大学の裏で、夕ご飯前に、軽くお...

  • 地域選抜の高い壁【ODPキャンプ 3】

    これまでのお話【1】【2】ODPのリージョンキャンプ。このキャンプで高評価を得ると、さらに上のレベルのリージョンキャンプに呼ばれ、さらに選抜されるとナショナルキャンプやトラベルチームに招待されます。1つ上のお友達には、このキャンプをパスして、より選抜されたリージョンキャンプに参加した子がいますし、ずっと上の学年にはナショナルキャンプに参加したお兄さんコーチもいました。このキャンプは、そういった、より...

  • 親がかりのサッカーキャンプ【ODPキャンプ 2】

    これまでのお話【1】親同伴の飛行機事情アメリカ西部の州のODP選手が集まったリージョンキャンプ 。キャンプ会場は、オレゴン州ポートランドから1時間離れた郊外。ポートランドは最近行ってて、私はまた行かなくても良いかな、と思い、最初は航空会社のunaccompany minors serviceを使い、息子だけ飛行機で送るつもりでいました。アメリカの航空会社には、子供を一人で飛行機に乗せる場合に、片道数百ドルの追加料金を払い、unac...

  • リージョンキャンプで大失敗【ODPキャンプ 1】

    初めてのリージョンキャンプ州のトレセン(ODP)からアメリカ西部リージョンキャンプに参加しました。息子の学年が一番年齢が低く、この学年の参加者は130名。カリフォルニア、アリゾナなど強豪州を含む12州のODPからの参加です。私はこのキャンプ前に長期出張が入り、キャンプ前はバタバタ。急遽出場した地元の大会もあり、出発前日に、息子が一人で荷物を準備。仕事から帰宅した私は、中身を軽くチェックした程度でした。ところが...

  • 夏の大会は過酷

    チームがいつも参加するスキーリゾートでの大会。今年も、人数がギリギリながら、参加しました。足が痛いながら、頑張り通した息子も、試合数を重ねて消耗し…サカママ にてご紹介アメリカ少年サッカー記6 家族総出のカップ戦遠征大会は、午前と夕方に試合が入ったので、午前の試合後、すぐランチに向かいます。息子の希望で、3日連続、サラダやスープのお店Zupasに。サッカー少年少女でごった返す店内で、2日目以降、色んなス...

  • キター!少年サッカーにも最新テクノロジー

    サッカーの試合後に現れた謎の人チームで参加した大会。予選の2試合目を勝利で終え、応援席を片付けていると、一人の男性がこちらに近づいてきました。「今日の試合のスタッツを記録したから、良かったらこちらのサイトにアクセスしてみて。もしこのアプリに興味あったら、どうぞよろしく。」と、ビジネスカードに、ホームページとアクセスコードを記録したものを、保護者に配りました。どうも、スタッツを記録するアプリを開発し...

カテゴリー一覧
商用