のんびり、ゆったり投資の備忘録
住所
出身
ハンドル名
こ哲さん
ブログタイトル
のんびり、ゆったり投資の備忘録
ブログURL
http://kotetsu35.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
ポンコツ父さんが寄り道しながらも、主にインデックス投資を通して、色々思いをつづるブログです。
自由文
-
更新頻度(1年)

77回 / 257日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2016/03/06

こ哲さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 全参加数
総合ランキング(IN) 44,934位 圏外 44,934位 44,861位 44,849位 44,384位 44,164位 969,756サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 270 10 60 230 0 10 590/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 1,056位 圏外 1,056位 1,047位 1,058位 1,054位 1,043位 13,465サイト
インデックス投資 82位 圏外 82位 78位 82位 78位 80位 358サイト
投資信託 82位 圏外 82位 83位 82位 77位 77位 745サイト
今日 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 全参加数
総合ランキング(OUT) 14,637位 15,187位 15,789位 15,898位 17,193位 19,315位 19,114位 969,756サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 270 10 60 230 0 10 590/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 554位 578位 580位 588位 624位 684位 672位 13,465サイト
インデックス投資 73位 72位 70位 72位 76位 77位 79位 358サイト
投資信託 42位 42位 45位 45位 48位 51位 54位 745サイト
今日 08/24 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,756サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 270 10 60 230 0 10 590/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,465サイト
インデックス投資 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 358サイト
投資信託 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 745サイト

こ哲さんのブログ記事

  • (日本株) PBR トヨタも1倍割れ。。 どうもよくないですね。

    日本株価がどうも下落基調ですね。。PBR トヨタも1倍割れ東京株式市場でPBR(株価純資産倍率)が1倍を下回る銘柄が増えている。2日に業績予想を下方修正したトヨタ自動車も1倍を割り込むなど、13日時点で東証1部企業の5割強に当たる1152銘柄が1倍割れとなり、今年最多となった。(8月14日 日経新聞)主にPBRが低下した主な銘柄として、こんな銘柄があげられていました。京セラ 0.99倍トヨタ 0.98倍三...

  • 2019年8月の積立投資

    2019年8月の積立投資をしました! 今月も同じファンド、同額にて積立完了。先月、”7/12にはNYダウが最高値を更新。2万7000ドルを突破し、2万7,332ドル!”と記事にしましたが、今月(8/15時点)は一転、2万5,579ドルまで下がってしまいました。”少し上がりすぎているかも?”と言った矢先に、この下落。やはり年初から上がりすぎていたのかもしれないので、平均回帰中なのかもしれません。先月”上がっても、...

  • 会社員もiDeCoに加入できるように?

    これまで会社員が加入できなかったiDeCo(イデコ)に会社員も入れるようになるかもしれません。全ての会社員、iDeCoへ加入可能に 改革の案が判明確定拠出年金の仕組み老後にむけた資産形成を促すため、厚生労働省が私的年金「確定拠出年金」についてまとめた改革案の概要が分かった。勤め先で「企業型」に加入する会社員が、個人で入る「個人型(iDeCo〈イデコ〉)」は原則として併用できないルールを改め、全ての会社...

  • ”お盆玉” ほしいものを買うのもいいけど、今のうちから投資をしてみるのは?

    ”お年玉”ならぬ、”お盆玉”新しい習慣が広がりつつあるそうです。 (わが家には斯様な習慣はありませんが。。)「お盆玉」 50代は1人1.3万円お盆で帰省した孫や親戚の子どもに小遣いを渡す「お盆玉」という新しい習慣が広がりつつある。 明治安田生命保険が全国の20代から70代の約1700人を対象に子ども1人当たりに渡すお盆玉の額を聞いたところ、50台が1万2,946円と最も多かった。 60代と70代も1万円...

  • AI投信、成績ふるわず。 まだまだこれから、ですかね?

    最近いろいろ増えてきているAI投信ですが、その成績はあまりよくないようです。AI投信、成績ふるわず人工知能(AI)を投資判断に活用し、有望銘柄を探そうとする投資信託が増えてきた。 高収入を期待した個人投資家の資金を集めたが、足元の成績はいまひとつだ。 なぜなのか。 日興リサーチセンターがAIを投資判断に活用して株式に投資する国内販売のアクティブ投信(為替ヘッジなし)15本のうち、6月末時点で設定から1年以上た...

  • 個別株式の運用状況 (2019年7月)

    今回は7月末時点の個別株の運用成績 (vs 市場平均 (日経平均株価))の確認です。 いつも通り、まず保有している個別株の資産割合の確認から。先月と比べて、サービス ▲1%、情報・通信 ▲1%。すべてマイナスで、プラス分はどこへ行ってしまったのか。。おそらく、プラス分は小数点以下のわずかな増加で、丸められてしまったみたいですね。さて、7月末の個別株パフォーマンスは?? (市場平均(ニッセイ日経225インデッ...

  • ポイント投資が増えているそうです。

    最近はポイントを使った投資が増えているそうです。今どきはポイントで投資「少ない単位から使えるので便利」 神奈川県の大学生、沢木武志さん(仮名)(22)は語る。 楽天カードでよく買い物をする沢木さんは、ためた「楽天スーパーポイント」でせっせと買っているものがある。 投資信託だ。 相場の下落局面ほど購入金額も増えるという。 (中略) この1年で投資を増やした資産を聞いたところ、20台の4割が「ポイント投資を...

  • インデックス投資の運用状況 (2019年7月)

    毎月の投資(積立)をした日にインデックス投資の運用成績もチェックしています。 7月20日時の運用成績は。。 (運用利回り(目標)、リスクは以前の記事:リバランスどころか資産割合を見直し(その2) 参照)運用利回りは前月から若干改善して、+3.3%。今のところ、想定利回り以上で運用されています。 あくまで、今のところです。総資産の増減率、いわゆるリスクも+4.4%と想定リスク内。外国株式 (特に米国株...

  • GPIF 4~6月の運用は2,000憶円規模の黒字! なのに。。

    GPIFの1Q運用が黒字になったそうですね。4~6月の運用 2,000憶円規模黒字年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF) による2019年4~6月の運用実績は、2,000憶円規模の黒字になったようだ。 米連邦準備理事会(FRB) の利下げ観測で、世界的に運用リスクをとる動きが活発になり、加害を中心に株式相場が上昇。 運用収益を押し上げた。 (中略) 試算結果は外国株式は約5,000憶円の黒字、国内債券は約4,00...

  • 2019年7月の積立投資をしました。

    2019年7月の積立投資をしました! 今月も同じファンド、同額にて積立完了。(毎月同じことを書いていますね。。 代り映えしなくて、すみません。)もう7月も後半。 今年も後半戦です。時が経つのは早いですね。そういえば、7/12にはNYダウが最高値を更新しました。2万7000ドルを突破し、2万7,332ドル。年初の約2万3000ドルに対し、約18%上昇!米国株式市場はすごいですね。一方、外国株式の想定リスク...

  • 国内債券と外国債券のパフォーマンスを比較していく (その11)

    いろいろ異論がでている外国債券への投資ですが、個人的に去年の1月から外国債券の積立を再開しています。とはいえ、外国債券の基準価額は為替の影響で簡単に上下しますので、本当に大丈夫かな?という不安があります。 そこで積立投資をしながらも、国内債券へ投資した場合と比較して、外国債券投資のパフォーマンスを確認していこう、という主旨の第11回目です。 (気休めですけど。)さて、7月までの両資産クラスのパフォ...

  • やはりアクティブ投信は市場平均に勝ちにくいようです。。

    7月2日の記事です。日本株投信 大手が苦戦投資信託の運用会社間で実績の差がついている。 日本株を対象とした投信で過去10年間のリターンを運用会社別に調べると、独立系や外資系が上位に入った。 (中略) 一方、国内大手は不振ファンドも多く抱え、平均した成績は全社で同期間の日経平均以下だった。 (7月2日 日経新聞)ということで、日本株投信(アクティブ投信)の具体的な実績は以下の通り。第1位 SBI : 年間...

  • 改めて”金融審議会 市場WG報告書 「高齢社会における資産形成・管理」 報告書”を読んでみた。

    野党やメディア、コメンテーター等で騒動中の”年金と2000万円” について、先日記事にしたものの、報告書 (金融審議会 市場WG報告書) そのものを確認したわけではなかったので、改めて報告書を読んでみました。結果としては、”非常にもっともな内容かつ、いろいろな示唆や提言を含む有用な報告書”と思いました。逆に騒いでいる人 (初めて事情を認識した人) に真剣に読んでほしい内容です。。まず、やり玉にあげられた該当...

  • 個別株式の運用状況 (2019年6月)

    今回は6月末時点の個別株の運用成績 (vs 市場平均 (日経平均株価))の確認です。 いつも通り、まず保有している個別株の資産割合の確認から。先月と比べて、化学 ▲1%、ETF +1%。化学関連株は今回の再評価&棚卸しで売却したので、その分減ったものです。その他はほぼ変動なし。さて、6月末の個別株パフォーマンスは?? (市場平均(ニッセイ日経225インデックスファンド)のパフォーマンスに対する相対パフォーマン...

  • 投資積立キャッシュバックキャンペーン?? いつまでこんな商品を。。

    最近、新聞の紙面に、こんな投資信託のキャンペーンが掲載されていました。 ”投信積立キャッシュバックキャンペーン”毎月の買い付け額合計50万円まで購入時手数料実質0円”対象銘柄”を”投信積立”で購入した場合、”購入時手数料相当額をキャッシュバック”する、といったものでした。”対象銘柄”を確認したところ、すべて海外株式のアクティブ側投資信託。 インデックス投信は1本もなし。さらに、”キャッシュバックされる”という...

  • インデックス投資の運用状況 (2019年6月)

    毎月の投資(積立)をした日にインデックス投資の運用成績もチェックしています。 5月20日時の運用成績は。。 (運用利回り(目標)、リスクは以前の記事:リバランスどころか資産割合を見直し(その2) 参照)運用利回りは前月から若干悪化し、+3.0%。先月と同様、いい状況という感じではないですね。 それでも、想定利回り以上で運用されていますので、問題なしです。総資産の増減率、いわゆるリスクも+13%なので...

  • 老後の2000万円? マスコミと野党の騒ぎっぷりに改めてガックリ。。

    老後の蓄えとして2000万円が必要という話題でメディアも野党も大騒ぎですね。。色々な方がコメントされていますが、自分もひとこと。少し古新聞ですが、こんな同感できる記事が出ていました。50年後の高齢者に恥じぬ議論を金融庁の金融審議会のワーキンググループが、老後の生活を維持するには退職時に平均2000万円の蓄えが必要だと指摘した報告書案を公表して物議をかもした。 (中略) 報告書がんが公表される、マスコ...

  • 2019年 保有中の個別株を棚卸し (年に1度の再評価)

    1年に1度、保有中株の評価の見直し (再評価) をしています。そろそろ3月末の決算結果が出そろってきたので、決算結果をもとに保有株を棚卸ししました。個別株の再評価(棚卸)の結果はこんな感じに。(評価スコアは自己評価です。)それぞれ、浮き沈みがありますね。評価を上げたものもあれば、下げたものもあります。 大体半々くらいですね。そのなかで、化学系の株式は評価の指標としているスコアが大幅に悪化してしまいま...

  • 2019年6月の積立投資

    2019年6月の積立投資をしました! 今月も同じファンド、同額にて積立完了。そういえば、積立中のインデックスファンド、ニッセイ外国株式インデックスファンドの信託報酬が下がりました。それも0.1%を下回るレベルまで。ありがたくて、嬉しいのですが、もう十分です。 これ以上、あまり無理をしないでください。。 (個人的には)手数料1%、2%と言われると、期待リターンを4%として、その25%~50%も横取り...

  • ETFもいよいよマイナス手数料の時代か。。

    米国では投信手数料マイナスのETFが登場したそうです。。投信手数料 一段と低下投資信託の運用手数料が世界で低下している。 米国では顧客が運用手数料相当のお金をもらえる「マイナス手数料」の上場投資信託(ETF)が登場した。 (中略) 「運用手数料はマイナス0.05%」 ---。 米国の独立系運用会社、ソルト・ファイナンシャルは5月、米証券取引委員会(SEC)からETFのマイナス手数料の承認を受けたと発表した。 (中略) ...

  • 日経平均 5月 7.4%安。 相変わらず、弱いですね。。

    5月の日経平均株価は7.4%安だった模様です。日経平均、5月 7.4%安5月の日経平均株価は月間で1657円54銭 (7.4%) 安となった。 下げ幅は5か月ぶりの大きさとなった。 米中貿易摩擦の激化による世界経済や企業業績の減速懸念が広がり、景気敏感株や輸出関連株の下落が目立った。 (中略) 日本株の売りを主導したのは海外投資家だ。 東京証券取引所の投資主体別売買動向(東京・名古屋2市場、1部、2部と...

  • マジメに投資を始めて5年目。 少しずつ長期投資の道へ。

    マジメに投資を始めて、5年目になりました。それ以前も興味本位で投資信託を買ってみたりしていましたが、そのときの直感でテーマ型の投資信託を買ってみたり、ランキングを見ながら、毎月分配型の投資信託を買ったりと、全く地に足がついていない感じでしたので、それはノーカウント。さらに当時は”投資信託って、元本以上に損をすることはないですか?”とか、電話で確認していました。。今思い出すと、恥ずかしい限りです。でも...

  • "長期投資の必勝法とされる「積立投資」…死角はないのか?" ・・・ 必勝法ではありませんが。。

    ”長期投資の必勝法とされる「積立投資」 ・・・ 死角はないのか?”こんなタイトルの記事が出ていましたので、興味津々で読んでみました。 ”長期投資の必勝法とされる「積立投資」 ・・・ 死角はないのか?”長期投資といえば「積立」というイメージが強いが… これまで、投資というより投機的な商品も多かった「投資信託」に、個人の長期資産形成としての役割が期待されてきたが、昨年の投信売れ筋ランキングを見ると、短期テー...

  • 個別株の運用状況 (2019年5月)

    今回は5月末時点の個別株の運用成績 (vs 市場平均 (日経平均株価))の確認です。 いつも通り、まず保有している個別株の資産割合の確認から。先月と比べて、その他製造 +1%、ETF ▲1%。相変わらず、ほとんど増減なし。比率は変わらずとも、市場全体が下落したので、保有株式の資産額も全体的に目減り。。さて、5月末の個別株パフォーマンスは?? (市場平均(ニッセイ日経225インデックスファンド)のパフォーマンス...

  • 外国株投信、流出額最大に!

    外国株投信、流出額最大に投資信託から資金が流出している。 投資信託協会が17日に発表した4月の投信概況によると公募投資信託 (上場投資信託=ETF=を除く) は6125億円の純流出となった。 2年4月ぶりの規模だ。 (中略) ロボティクスや人工知能(AI)など特定のテーマに関連する銘柄に絞った「テーマ型投信」から資金が流出した。 (中略) 4月は米国をはじめとして世界的に株価が上昇し、含み損が小さくなったことで...

  • わが家ののスマホをすべて格安スマホに。

    わが家で使用しているすべてのスマホを格安スマホにすることにしました。毎年の増税やら生活費 (というより主に教育費) の増加により、わが家の家計が厳しくなる一方なので、支出圧縮のための最後の?打ち手です。。格安スマホといっても、いろいろですが、音声通話を入れても、1台2000円以内で収まりそうなので、月で7,000~8,000円/台の支出改善になる見込み。 これはかなり大きいです。 年間にすると10万...

  • インデックス投資の運用状況 (2019年5月)

    毎月の投資(積立)をした日にインデックス投資の運用成績もチェックしています。 5月20日時の運用成績は。。 (運用利回り(目標)、リスクは以前の記事:リバランスどころか資産割合を見直し(その2) 参照)運用利回りは前月から0.8%悪化してしまい、+3.2%。先月までは上り調子だったんですが、今月は一転、市場下落中。。どうも市場の雲行きが怪しいですが、今年に入ってから、順調すぎたような気もするので、こ...

  • 確定拠出年金からお便り到来。 運用状況をチェック!

    1年ぶりに確定拠出年金の運用状況のお知らせが届きました。確認してみると、投資元本 (100%) に対して、109.2%の運用状況でした。確定拠出年金を始めて、4年。ざっくり、約2.3%の年利回りで運用されています。想定利回りが2.0~2.8% (想定リスク ±20% (2σ)) なので、ほとんど計画通り。 (これほど合うものなのか?という疑惑もありますが。)保有資産の比率も確認してみます。・ 国内株式 約...

  • 2019年5月の積立投資

    2019年5月の積立投資をしました! 今月も同じファンド、同額にて積立完了。4月からずっとバタバタしているので、ろくに資産額の動きを確認していませんが、積立投資はいつも通り、実行しています。といっても、積立設定さえしてあれば、なにもする必要がありませんけど。。”SELL IN MAY”というアノマリーの通りなのか、どうか分かりませんが、長いゴールデンウィークが明けるやいなや、海外、国内ともに市場が下落してい...

  • 国内債券と外国債券のパフォーマンスを比較していく (その10)

    いろいろ異論がでている外国債券への投資ですが、個人的に去年の1月から外国債券の積立を再開しています。とはいえ、外国債券の基準価額は為替の影響で簡単に上下しますので、本当に大丈夫かな?という不安があります。 そこで積立投資をしながらも、国内債券へ投資した場合と比較して、外国債券投資のパフォーマンスを確認していこう、という主旨の第10回目です。 (気休めですけど。)さて、5月までの両資産クラスのパフォ...