プロフィールPROFILE

光風霽月さんのプロフィール

住所
山口県
出身
福岡県

学生弓道の経験後に一般として、地元の弓連に所属。未熟なりに弓道について考えてみる。

ブログタイトル
砕いた基本弓道
ブログURL
https://mypace-myway.muragon.com/
ブログ紹介文
弓道の基本を自分なりにかみ砕いてみたい。 結局はこうではないか?
更新頻度(1年)

129回 / 365日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2015/09/29

光風霽月さんのプロフィール
読者になる

光風霽月さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(IN) 31,438位 32,613位 42,728位 36,457位 36,409位 36,232位 42,658位 980,063サイト
INポイント 0 20 0 0 0 10 0 30/週
OUTポイント 20 100 90 50 90 80 30 460/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他スポーツブログ 444位 463位 627位 529位 528位 522位 623位 12,066サイト
弓道 2位 2位 3位 2位 2位 2位 4位 101サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(OUT) 15,471位 16,486位 18,230位 19,660位 19,748位 19,511位 19,273位 980,063サイト
INポイント 0 20 0 0 0 10 0 30/週
OUTポイント 20 100 90 50 90 80 30 460/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他スポーツブログ 298位 314位 338位 366位 378位 364位 355位 12,066サイト
弓道 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 101サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,063サイト
INポイント 0 20 0 0 0 10 0 30/週
OUTポイント 20 100 90 50 90 80 30 460/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他スポーツブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,066サイト
弓道 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 101サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、光風霽月さんの読者になりませんか?

ハンドル名
光風霽月さん
ブログタイトル
砕いた基本弓道
更新頻度
129回 / 365日(平均2.5回/週)
読者になる
砕いた基本弓道

光風霽月さんの新着記事

1件〜30件

  • 的中を取りながら修正する身近な方法

    前回での押手の中指の曲がりが自然に起こる為にも、親指と中指の先を離さない基本が絡んでいると考えてみたらどうでしょうか? 弓構えで整えた手の内の形が崩れる最初の関門が打ち起こしから引き分けに移る箇所で、大きく向きが変わっていきます。親指と中指の作る輪が弓構えのまま回して行きた...

  • 的中を取りながら修正する。

    二足歩行の私達は足の裏の骨がアーチを描いているという骨格を唯一手に入れているそうです。それに依って指の付け根と踵で前後のバランスが保て、足の裏自体がクッションの様に働く様です。足踏みの時でも爪先や踵、またその両方で感じて開く事が可能です。逆に言うと、爪先か踵かに重心が片寄り...

  • 射法八節の流れ 通し。

    試合では 射場控えが来たら予め頭の中のイメージで一本引いてみる。リハーサル。 足踏みは足に意識を置いて行なう。 胴造りに入ると全員のペースに注意を払ってみる。 弓構え自体はスッと行い、物見を落ち着いて済まして前者の離れを待つ。的を見たまま離れを感じて打ち起こす。 打ち起こし...

  • 簡単に考える弓道射法八節残身(心)

    弓倒しは離れの手の内、弽の形のままで行なうと一番経済的です。 会と残身(心)で手の内と取り懸けの形がさほど変わらない事が一番でしょう。残身(心)で反省すると基本に有るのは、何故外れたかなどの的中以前に残身(心)の形で離れまでがそつなく出来たか?を焦点にするべきでしょう。 こ...

  • 簡単に考える弓道射法八節続離れ

    残身(心)での手の平が向く方向は、正面打ち起こしが脇正面側で斜面が少し床に向く様に考えています。矢筋に離すと言っても、瞬間の出だしは少し上気味に弧を描く感じに思っています。 腕を開く角度は意識していませんが、自分の理想としては弓構えで円相をした腕の感じに戻る事です。手の内と...

  • 簡単に考える弓道射法八節離れ

    離れに悩むのは当然です。気持ち良く引けて気持ち良く離れ良い弦音で矢勢も良く的芯に中る。こんな矢が年にどれ位有るでしょうか?ほとんどの人はなかなか得られないと思われます。私はほぼ無いです。しかしながら、原因は離れだけには無いと考えるべきでしょう。離れだけ直せば中るという人もそ...

  • 簡単に考える弓道射法八節「会」

    会は何でしょう? 「会者定離」から会と離れを取ったというのをうすうす聞いていますが、それも八百年前の言葉と。私は会よりも離れが中心の言葉と思っていました。はっきり調べないでこうだろうと思い込んでいる事ってかなりあると今では疑って反省しています。実際の所、禅や仏教まで話が広が...

  • 簡単に考える弓道射法八節続引き分け

    だいたいの人は目の高さと耳の上が同じ位になるという事です。印西派だったか三分の二が眉なので耳よりも少し高い位置でしょうか・・・。 弓を引くのは勝手の肩口を筈が通過する位です。勝手の肩口を過ぎても手先が引くと文字通り手先で引く事になります。じゃあどういう風に肩口から引き分けを...

  • 簡単に考える弓道射法八節引き分け

    正面打ち起こしで大三を設ける引き分けでも大三を設けない引き分けでも、軌道は同じに認識しています。 打ち起こしは難解ですが、弓を引く人の多くは引き分けの方を悩む場合が多いかもしれません。打ち起こしがうまく行けば流れは決まると思っていますが、弓力が増してくるので弓とのバランスは...

  • 簡単に考える弓道射法八節打ち起こし

    打ち起こしは難解な部分です。 背中が反りやすく、肩甲骨の自由度が大きく関わってきます。単純に身体を動かさずに腕を回す事が既にできる様なら、打ち起こしもすんなりスタート出来るかもしれません。 弓の姿勢を変えないで、胸が上がらない様に縦に伸びて、手先は使わずに右肘で打ち起こす。...

  • 簡単に考える弓道射法八節

    「円相」 橈骨と尺骨を平行にして、それに手の平の向きを同じにしてから両手を内転させる事です。肩のゼロポジションと同じ様に手首と肘が楽な状態です。ガッチリタイプは少し手を肩から伸ばし、華奢な人は軽く肘を曲げる。手の平と肘が両手共に向かい合っている状態で弓構え、打ち起こしと移っ...

  • 簡単に考える弓道射法八節

    「押手の肩を下げる」 =左肩甲骨の肩峰を下げる=鎖骨の先端を抑える事と言い換える。 上腕骨と鎖骨が肩甲骨と繋がって居る場所を肩峰と言うらしいです。 鎖骨は胸鎖関節で繋がっています。体幹と骨格で繋がっている場所はこの胸鎖関節の一点です。胸鎖関節の有る場所が胸の中筋です。つまり...

  • 簡単に考える弓道射法八節

    普通に足踏みをして、両方の踵を浮かし爪先立ちをします。前後にふらふらしなければ、重心がきちんと取れて、身体が真っ直ぐ立っている基準に出来るでしょう。そのまま爪先立った脹脛(ふくらはぎ)の力を保ちながらゆっくり踵を降ろします。これで胴造りはほぼ完成してると言って良いでしょう。...

  • 学生弓道時代で良かった事五つ目

    二重人格になった事。 練習中と練習以外の場所で態度を変えさせられた事が強さを少し手助けしてくれた様に今は思っています。 道場内はもちろん、練習中はほとんど私語無しで、終わった途端先輩方は違う人格に変身していました。ピリピリとニコニコのメリハリが半端ない。なので自分たちも習っ...

  • 学生弓道時代で良かった事四つ目

    高校、大学ともに先輩が熱心だった事が挙げられますが、特に高校時代は夏休み位に的前に立てる様に練習計画がされてた事。その代わりそれまでは走ったり、腕立て伏せ、腹筋、胴造りの練習が主で面白さは感じられずに一年生も半分辞めました。残った同期は運動部経験者がほとんどで、基礎練習は当...

  • 学生弓道時代で良かった事二つ目

    足踏みの角度を狭くした事。最初は足踏みと平行方向では無く、身体の前後に重心が動きやすいから。足裏の角度にも流派により表現に多少違いが有りますが、経験が浅い時は打ち起こしから引き分けで脇正面に重心が移動する事が普通だと今も考えています。足その物を矢尺に開いているので、突く、退...

  • 学生弓道時代で良かった事一つ目。

    試合会場で審判員の先生に「中るかもしれないけど手の内の親指を伸ばす様に直した方が良い」と言われ、その後ひと月半は親指を伸ばす事ばかりを気にして練習した事とそれが中たりが取れ始めた時期だった事です。これまでのブログの内容からは明らかに練習の仕方が不自然ですが、この頃親指を必死...

  • 弓道教本第二巻「押手と勝手の病い」

    前回の事で似た様な記述が有った様に思い読み直してみました。機会が有れば読んで下さい。概略は左右均等が始めは両拳、次に上半身、最後に身体全体の段階が記して有ります。 さて、押手に七病勝手に五病分けて書いてあります。古語体なので読みにくいかもしれませんが、検討の価値が有ると思わ...

  • 手の内と取り懸けの関係

    共通点は弓構えでなるべく力を入れない様に心掛ける事ですがかなり難しいです。弓を引き分ける矢尺に比例する弓力を感じて射法八節を行なう事が左右均等と考えます。 始めの数年はほぼこれだけが中心で良いと考えているし、左右のバランスが良ければ的中も取れます。 押すとか引くとか伸びるや...

  • 現在の取り懸け

    取り懸けでの関心事は勝手の親指の付け根を前に伸ばす意識の強さです。取り敢えず弽は付けずに素手で取り懸けを作る場合、親指を中指と薬指の間に何もしないで付けてみます。中指の根元に近くなるでしょう。現在は竪帽子の弽を使う人が多い様に思っているので、素手で付けた所よりも弽を嵌めた場...

  • 自然の離れ

    私は離れを離しています。一種の反射や習慣か?頭が覚えているのかまたは体が覚えているのか?いわゆる条件反射を練習で作る事で離れは充分だと思っていますが実際は離しています。言い方は難しいですが、これで今の段階で離れはほぼ満足して良いと思い込んでいます。反対に、現在は会で離れを我...

  • 大三を設ける引き方の場合

    私自身の場合、現在大三を執る時にどう考えているかを挙げてみます。剣道をしている整体師との話が元になっている部分が有りますが、判断はお任せします。いつもの通り正誤の問題とはしていません。 まず腕の外旋・内旋(手を前に向ける、後ろに開く)の境界線について触れてみます。これは私の...

  • 現在の手の内

    弓構えではまず手の平と肘の内側を同じ向きにする。勝手も同じ。橈骨と尺骨が交わらない様に二本の骨を平行に内転させると肩に響かない。手の内にも取り懸けにも時間を掛けずにすっと造る様に心がける。執り弓や胴造りで内転が出来ていればそのまま取り懸けて手の内を整える。手の平の脂肪は柔ら...

  • 気持ちを楽に引こう

    学生さんと話す機会があった時はよく伝える事があります。 一つは「まず弓は引かなきゃ」という事。その次に「今は親指(角見)信仰はやめた方が良い」という事。「打ち起こしたら覚悟を決めて、途中であれこれしない様にその矢は引こう」です。結構な頻度で話題にします。 押手の手の内も勝手...

  • 弓は手の内の親指の爪を見ながら引いてみる。

    自分の経験上、これを意識して練習する事で手首が離れで左に振ることが減るかもしれないと思っています。もちろん自ら弓を捻る引き方を選択している人は無視して下さい。 残身(心)での親指は的に向き加減になりますが、的に真っ直ぐ向けると左手首は背中側に折れるでしょう。引き分けから的に...

  • 手の内は天文筋から「考える」

    まず、個人個人手の平は大きさに差がある事から、弓が弓構えで手の平のどこに当たるかは自分の手に合わせるべきではないかと思っている。天文筋は「弓の外竹左角に良く当てる」意識の方に重きを置くべき。つまり、親指側と小指側が均等に弓に当たっている事が意識の中心。天文筋をしっかり当て、...

  • 痩せた人は打ち起こしで腕を伸ばさない

    体格の良い人向き?と言うと語弊が有るかもしれませんが、どこかで耳にした事が有るので紹介します。正誤は自分で判断して下さい。私自身はなるほどそうかもと思っています。弓構えで肩から円相を執り、肩を支点にコンパスの様に45度に打ち起こすというのが八節図の基本です。打ち起こしの矢が...

  • 形は結果と思って、形から入る

    「手の内」のコツであって「秘訣」ではありませんので注意して下さい。人に依っては正しい手の内とも言えない物もあるでしょう。自分に合うかも?位の検討する材料として見て下さい。手の内を見せないとか手の内を明かさないとか言いますが、そもそも手の内が独自の感覚である性質上から、伝える...

  • 弓道のスタートダッシュ

    基本を習う時期、弓道を始める時が部活動とすると、一年間位で射法八節が人に迷惑の掛からない程度までいき、なお且つ試合で活躍出来る程度の上達を望めるようになるか?という事についてです。 正しい引き方はまだ理解出来ない。そもそも知識不足で、指導者の言葉自体も難しく感じられる時に、...

  • 弓道用語を変換する④

    「手の内」 難しい言葉ですが挑戦してみます。 ①弓を安定させる物 ②的の周りに飛ぶ時に確認する物 ③弓力を体に上手く伝える物 この辺は納得がいくでしょうか? 少し拡げてみます。 ①補足。天文筋は合わせる位置の目安では無く、手の平の皮・肉を下げて虎口を巻き込む手助けとする。天...

カテゴリー一覧
商用