住所
出身
ハンドル名
ごっとさんのブログさん
ブログタイトル
ごっとさんのブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kgmshy05
ブログ紹介文
病気を治すのは薬ではなく自分自身       薬と猫と時々時事
自由文
-
更新頻度(1年)

108回 / 108日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2015/07/29

ごっとさんのブログさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/23 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 全参加数
総合ランキング(IN) 25,538位 24,946位 25,046位 24,989位 25,090位 25,096位 25,105位 953,250サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 246位 236位 246位 248位 245位 243位 247位 30,258サイト
健康の豆知識 3位 3位 3位 3位 2位 2位 2位 563サイト
今日 03/23 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 50,468位 50,503位 50,521位 50,437位 50,400位 50,501位 50,562位 953,250サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 447位 441位 443位 443位 444位 447位 448位 30,258サイト
健康の豆知識 3位 3位 2位 2位 3位 2位 2位 563サイト
今日 03/23 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 953,250サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,258サイト
健康の豆知識 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 563サイト

ごっとさんのブログさんのブログ記事

?
  • 老眼鏡を作るときの留意点

    個人差はあるようですが、一般に40代後半ぐらいから新聞やスマフォなどの細かい字が見づらくなる老眼が進むようです。老眼は医学用語では「老視」といい、誰にでも訪れる老化現象のひとつです。40歳前後から始まり、本やスマフォを見るときに眼が疲れやすい、商品の説明書など小さな文字が見えづらいなどの症状が現れます。新聞などを、今まで読んでいた距離から少し離すことで見えたら、老眼と考えられるようです。見えないものを無理して見ようとすると眼に負担がかかり、頭痛や肩こりなどの症状が現れる場合もあります。目にはカメラのレンズの役割を担う「水晶体」という組織があり、これを「毛様体筋」という筋肉が支えています。近くのものを見るときは、毛様体筋が緊張して水晶体が膨らみ、遠くを見るときは毛様体筋が緩んで水晶体が薄くなります。加齢によって水...老眼鏡を作るときの留意点

  • 熱すぎる食事はガンを招く

    普段から熱いお茶が好きで、みそ汁もアツアツを飲んでいる人も少なくないかもしれませんが、この行為がガンを誘発しているという説があります。温かい食事は何の問題もないのですが、飲食物を熱いままの状態で食べると、食道ガンのリスクをほぼ確実に上げると言われています。日本で行われた調査では、熱い飲食物を好む人よく摂る人が食道ガンになりやすいというデータが複数あるようです。例えばイランで約5万人を対象にした調査でも、ぬるいお茶を飲んでいる人に比べ熱いお茶を飲んでいる人はの方が、食道ガンのリスクが約8倍高かったとの結果が出ています。またラットを使った動物実験では、発ガン物質と共65~70℃のお湯を投与するとガンができやすくなるという結果も出ています。この熱いものを好む人が食道ガンになりやすいのは、のどや食道の粘膜に「炎症」が起...熱すぎる食事はガンを招く

  • 昆虫の減少が「大量絶滅」の過程か

    オオカミやウミガメ、シロサイなどの減少が良く話題になりますが、昆虫の減少が恐るべき脅威となっているようです。こういった研究は世界的なものとしては初めてのもので、世界各地で今までに発表された昆虫の減少に関する73件の研究を参考とし、地球上に生息する昆虫の総数が1年に2.5%のペースで減少していることを明らかにしました。シドニー大学の研究者は、10年で4分の1が減少し、50年で半分しか残らず、100年後には全くいなくなってしまうと予測しています。昆虫は、鳥、魚、哺乳類など数多くの生物の食料であり、ハチやチョウといった花粉を運ぶ昆虫は、果物、野菜、ナッツ類の栽培において極めて重要な役割を担っています。私の家の小さな庭でも、数年前までは大小さまざまなカマキリや色々な種類のバッタ類、コウロギなど多くの昆虫を見かけました。...昆虫の減少が「大量絶滅」の過程か

  • 糖尿病で筋肉減少

    糖尿病になると筋肉量が減少するメカニズムを解明したことを神戸大学の研究グループが発表しました。血糖値が上昇すると2つのタンパク質の働きを通じて筋肉量を減少させるようです。高齢者は筋肉量が減って活動能力が低下してしまうと、さまざまな病気にか罹り易くなります。高齢者の筋肉が減少して身体機能が低下する状態は「サルコペニア」と呼ばれ、特に糖尿病の患者はこの状態になりやすいとされていましたが、そのメカニズムはよく分かっていませんでした。神戸大学大学院医学研究科の研究グループは、マウスを実験的に糖尿病にすると、そのマウスは筋肉量が減って転写因子である「KLF15」というタンパク質が筋肉で増えることを発見しました。一方筋肉内にKLF15がない糖尿病のマウスを作って調べたところ筋肉量は減りませんでした。このことは糖尿病でKLF...糖尿病で筋肉減少

  • 脳のコンディションを整える「睡眠常識」

    このところ睡眠についていろいろ見ていますが、睡眠学の分野では次々と新しい睡眠常識が証明されているようです。昼間の神経細胞の活動の強度は、睡眠の質に大きく左右されるというのがその根幹とされています。私は昔から健康は食事と睡眠によるという持論を信じていますが、このところ軽くウイスキーを飲んでから寝るという習慣があり、比較的寝つきは良くなっています。最近明らかになったことが、脳に情報が正確に伝わるためには、きちんと睡眠をとりしっかり脳が覚醒している状態が不可欠だということです。睡眠を十分にとらずに闇雲に勉強したとしても、成績は上がらないということのようです。睡眠は7時間以上、9時間以内がベストということも明らかになりました。また睡眠時間が6時間以下だと、うつ病発症の可能性が40%という統計があります。反対に9時間以上...脳のコンディションを整える「睡眠常識」

  • どんな動物でも一生の心拍数は同じか

    生物の中にはゾウのような大型の動物から、マウスのような小さな動物まで様々で、当然大型の動物の方が長い寿命を持っています。小さな動物は早い心拍数を持ち、大動物はゆっくりとしていますが、一生の心拍数はほぼ同じという説があります。身体が大きい動物ほどたくさん食べなくてはいけませんが、これは生きていくためには多くのエネルギーを使うためで、これを代謝量と呼んでいます。代謝量については19世紀から知られており、哺乳類について調べられ、ほぼ体重の3/4乗に比例すると結論されています。その後心拍時間(心臓が打つ間隔)や寿命も、体重に対して同じように変化すると言われるようになりました。つまりどの哺乳類でも、寿命を心拍時間で割れば同じような値になると言われてきました。この値は文献によって若干異なりますが、大体8億とされています。こ...どんな動物でも一生の心拍数は同じか

  • イレズミが日本では否定される理由

    私はテニスの試合をよく見ていますが、最近の選手は男女を問わずタトゥー(イレズミ)を見かけます。海外のスポーツ選手では入れている人も多いような感じがしますが、日本ではなぜ否定的な意見が多いのでしょうか。関東弁護士連合会が2014年に行った国内アンケートによると、イレズミをしている人をどう思うかの問いに「絶対許せない」「どちらかと言えば許せない」と回答した人は合わせて52.3%にのぼりました。またイレズミやタトゥーと聞いて何を連想するかの問いには、47.5%の人が「犯罪」と答えています。この様に日本では約半数の人がイレズミに対して否定的な見解を持っているようです。一方海外ではタトゥーが大流行しているようです。アメリカ世論調査会社の2015年の調査によれば、2008年に14%、14年には22%だったタトゥー人口は、2...イレズミが日本では否定される理由

  • 「サバ缶」が大ブームのようです

    サバ缶のかつてないブームが起きており、2018年4~12月においてはサバ缶の売上高は5割以上伸びているようです。ブームの要因としては、テレビの人気番組でサバ缶の栄養価の高さや健康・美容への効果が相次ぎ紹介されたことが大きいようです。サバ缶は、生活習慣病の予防や脳の活性化、ダイエットに効果があるとされる必須脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれています。骨や血合いも丸ごと食べられるので、生で食べるよりカルシウムやビタミンDを多く摂取できるとしています。私はこういった番組にはやや疑問を持っています。このような番組ではそれなりの医師が出てきて、例えばEPAには血管拡張作用があり、サバ缶にはEPAが多く含まれている、だからサバ缶を食べれば薄毛予防に効果があるといった説明をしま...「サバ缶」が大ブームのようです

  • 水と塩分を制御する「腎臓」

    1970年代前半にアポロ11号の月面着陸の直後には、博物館のショップなどでは「宇宙食のアイスクリーム」が売られていたそうです。その宇宙食はカラフルな高野豆腐のような立方体で、口に入れてもわずかな香りと甘味は感じられるものの、発泡スチロールをかじっているような虚しい食感が広がるものだったと言います。何が足りないかと言えば「水分」で、水分の全くない食品は唾液があるとしても飲み込むことは難しいようです。人間の身体は消化も免疫も代謝も、水がなければ何一つ機能しませんし、水なしには生命活動は成立しません。また体内に水分があればいいというものではなく、適切な濃度の「塩水」でなければなりません。このヒトの体液濃度をコントロールしているのが腎臓です。腎臓が機能不全に陥れば、毒物の排出がなされないだけでなく、体液の濃度を維持でき...水と塩分を制御する「腎臓」

  • 3月度定例麻雀

    このところ麻雀は土曜日や祝日が多かったのですが、今回は珍しく平日麻雀となりました。いつも行っている雀荘が今月いっぱいで閉店するということで、今回が最後になりますのでいろいろ聞いてみましたが、やはり若い人があまり来ず経営が難しいようでした。いつものようにビールを飲みながら始めましたが、東の1局の最初の私の配牌が8種9牌となっていました。やや字牌が少ないものの国士を考えましたが、流せるときは流すというセオリーに従い流してしまいました。最初が悪かったので次からを期待したのですが、ひどい配牌で自摸も悪く聴牌までも行きません。結局この半荘はラス前に安い手を1回上がっただけで終わってしまいました。こういう時は振り込まないよう気を付けますので、若干自模られた程度で終わり何とか3位となりました。次の半荘も悪い手が多いのですが、...3月度定例麻雀

  • パリバオープンテニス開幕

    現在アメリカのインディアンウエルズでBMPパリバオープン(男女、ATP-1000)が開催されています。この大会はマスターズでは出場選手が最も多く、男女とも1回戦は64ドローと4大大会とほぼ同じ規模の戦いとなっています(シード選手1回戦免除)。その為日程も10日間となっており、男子はNHK-BSと女子はDAZNで放映されています。放映時間は夜中が多くなりますが、錦織の試合は録画して置き、大坂の試合はトップシードですので、ナイトセッションとなり日本の午前10時ぐらいからゆっくり見ることができました。大坂と錦織はこの大会前にATP-500の試合に出場しましたが、大坂は初戦敗退で、錦織も2回戦敗退と良い成績を残せませんでした。大坂は昨年この大会で優勝していますので、連覇を狙うためにも頑張ってほしい大会となりました。実は...パリバオープンテニス開幕

  • ラット体内でマウス腎臓作製に成功

    ラット受精卵にマウスのES細胞(胚性幹細胞)を入れて子宮で育てることで、生まれてきたラットの体内にマウスの腎臓を作製することに成功したと、自然科学研究機構生理学研究所などのチームが発表しました。複雑で大きな臓器である腎臓を、異なる種の動物の体内で作ったのは初めてということです。こうした研究の背景には重篤な腎臓病により、長期的に透析治療を続けている患者数は33万人にも上り、年々増加傾向にあります。このような慢性腎不全の根本的治療には生体腎移植が最も有効とされていますが、腎移植希望患者数は12000人を超え、ドナー数が絶対的に不足しています(わずか1~2%程度)。この解決に向けて、試験管内で例えばiPS細胞から腎臓を作り出す試みが続けられていますが、現在までに立体的かつ移植に適したサイズの腎臓を作り出すには至ってい...ラット体内でマウス腎臓作製に成功

  • 思春期の「ニキビ」の悩み解決に光明

    重病ではないのですが本人には大きな悩みの種となっているニキビを、アクネ菌が産生する毒素を狙い撃ちにしてニキビを予防する手法をアメリカカルフォルニア大学の研究チームが発表しました。ニキビは命を脅かすような症状ではありませんが、隠そうとしてもなかなか隠しきれないだけに、心の健康にはかなりの影響を与えます。ニキビだらけの肌は不安や自尊心の低下をもたらし、極端な場合はうつや自殺願望さえ引き起こすとされています。ニキビが多くできるのは、心と身体、そして社会性にとって重要な時期である思春期です。しかも大人になっても新たなニキビとニキビ痕に悩まされる人も少なくありません。余談ですが、私は若いころからニキビはほとんどできませんでした。これも遺伝する様で私の2人の息子もほとんどできなかった記憶があります。やはりこういったことも体...思春期の「ニキビ」の悩み解決に光明

  • レジ袋を全国一律で有料化

    先日環境大臣が会見で、全国一律でレジ袋有料化を義務付ける方針を明らかにしました。エコバック・マイバックを使おうという動きがあるように、レジ袋削減の取り組みは以前から進められているのですが、全国一律レジ袋有料化は何となく納得し難い感じがあります。レジ袋は広島県のメーカーが1972年に開発したと言われており、1975年以後スーパーなどの商品持ち帰り向けに定着しました。しかし環境省によれば、国内では平成19(2007)年に改正容器包装リサイクル法が施行され、レジ袋をはじめとした容器包装を多用する小売業者に対し、国が定める判断の基準に基づき排出抑制を求めることになりました。このようなレジ袋削減の動きが起こっているのは、プラスチック製品で自然に帰らない、海洋生物などが誤って食べてしまう、ごみ削減につながる、焼却処分は地球...レジ袋を全国一律で有料化

  • 楽しくお酒飲むために

    お酒の飲み過ぎは健康にとって大敵ですが、適量を正しく飲めば「百薬の長」と呼ばれることもあります。第二の脳とも言われるほど重要な腸が喜び、健康にもいいお酒の飲み方が出ていました。腸内には、個人差はあるものの200種類100兆個の腸内細菌が存在し、吸収だけでなく排泄、免疫、解毒など様々な機能を担っています。お酒を美味しく飲むためにはこの腸内フローラを整えておく必要があります。腸内フローラのベストのバランスはたくさんの善玉菌、わずかの悪玉菌、そしてどちらにも味方をする日和見菌をほどほど存在させておくこととされています。悪玉菌をなくせばいいような気がしますが、腸内の状況をよく保つにはある程度必要なようです。お酒を飲む前に牛乳が上げられますが、あまり膜を作って吸収が遅くなったり、胃腸を守るわけではなく、アルコールの分解を...楽しくお酒飲むために

  • 日本人の花粉症は「きれい好き」の影響?

    日本で最初にスギ花粉症が報告されたのは1963年と言われています。それから半世紀余りで、国民の4割前後が花粉症と言われる国民病になりました。花粉症患者が爆発的に増えた背景には、日本人の「きれい好き」があると「衛生仮説」は指摘しています。衛生仮説を最初に唱えたのは、イギリスの疫学者のストラチャンですが、彼はイギリス人約1万7000人を対象に花粉症の有無を調査したところ、兄弟姉妹の場合、長男長女は花粉症の割合が多いのに、末っ子は花粉症の割合が少なかったのです。その理由として、末っ子は兄や姉から細菌やウイルスをもらうが、長男長女はそうしたことがない清潔な環境で育ったからだとストラチャンは考えました、そして彼は「衛生的であることがアレルギー発症の原因になる」という衛生仮説を1989年に提唱しました。その後イギリスで牧畜...日本人の花粉症は「きれい好き」の影響?

  • 喫煙者はどのくらい税金を払っているのか

    タバコの価格が上がり続けており、喫煙者にとっては非常に厳しい時代になっています。タバコを吸うことで喫煙者はどのくらい税金を負担しているのか、消費増税を控え、タバコの税負担額を確認してみました。私が今吸っているアイコス(加熱式タバコ)も、420円から500円に値上がりしました。私の感覚としては、2箱買うときに千円出しておつりが少し来たものが無くなったという程度で、それほど高くなったという感触はありませんが、ヘビースモカーの人はかなり大変かもしれません。1990年代のころは20本入りのタバコ1箱が200円台でしたが、現在は480円程度まで上がっています。この間消費税の増税もありましたが、多くはタバコに関する税率の上昇が原因となっています。タバコには国税の「たばこ税」と「たばこ特別税」、地方税の「たばこ税」がかかって...喫煙者はどのくらい税金を払っているのか

  • 睡眠で脳内のごみを掃除

    睡眠不足の人はボケやすいというのは本当かもしれません。最新の研究によると、睡眠と認知症には密接な関係があるようです。認知症の主要な原因であるアルツハイマー病は、アミロイドβというタンパク質の「ゴミ」が脳内の神経細胞に蓄積することで発症します。ワシントン大学の研究では、眠りを絶たれたマウスの脳内にアミロイドβが蓄積し、睡眠させると少なくなることが報告されました。つまり家庭のゴミが毎朝ゴミ収集車で回収されるように、脳内のゴミは睡眠時に分解され、一定以上の量に溜まらないようになっています。ところが睡眠不足になると、アミロイドβの分解が追いつかず、脳内のゴミは蓄積する一方となってしまい、それが認知症を引き起こす原因となります。さらに近年解明されてきた「脳内の記憶メカニズム」の観点からも、睡眠不足が認知症を招くことが分か...睡眠で脳内のごみを掃除

  • 昔の研究室仲間との同窓会

    昨日贈呈式の話を書きましたが、その次の日に昔の研究室仲間が集まる会が新宿でありました。もう30年以上前H研究室で、抗生物質の合成研究をしていた仲間が女性2名も含め11人集まりました。このプロジェクトはHさんが始め、他の研究所も巻き込み10年続いたかなり大きなもので、私は後半の6年間メンバーとなっていました。今回は我々が合成した化合物の評価(微生物や動物実験)を担当していてくれたSさんも出席しました。Sさんは私と同期入社で、ずっと研究所は異なるものの動物実験などの細かいところまで教えてもらいました。このプロジェクトでは開始6年目ぐらいに非常に面白い化合物を開発しました。薬効的には当時最も良いとされる薬物とほぼ同じで、あまり特徴が出ませんでした。ところがこのSさんが、マウスの代謝を調べたところデータとしてはほぼ同じ...昔の研究室仲間との同窓会

  • 研究助成金贈呈式

    先日、昔私が出向していた公益財団の研究助成金贈呈式に行ってきました。この財団はこういった行事の折にはOBにも案内が届き、懐かしい人とも合えるし、最新の研究にも触れることができるというので大体参加するようにしています。特に現在この財団の常務理事や事務局長は私が親しかった後輩がやっていますので、気楽に参加できるという面もあります。会場は神保町の如水会館と私がやっていたころと同じところでしたが、やや自宅からは遠く大変でしたが幸い雨も降っておらず開始10分前ぐらいにはいくことができました。この研究助成金は1件200万円を23名に贈呈するというもので、若手の研究者で研究資金に困っている人たちにとっては、本当に喜ばれるものです。今回は200件ほど応募があり、選考委員の先生方の厳しい審査の結果決まったものですので、それなりに...研究助成金贈呈式

  • 危機に陥った森を守るシロアリ

    シロアリが、危機に陥った熱帯雨林守る「保険」のような役割を果たしていることが、最新の研究で明らかになりました。シロアリは、森の掃除屋として落ち葉を食べ、トンネルを掘って土壌を換気し、生態系全体の「土木工事」を請け負っています。しかし森の健全な機能を維持する上でどれほど重要な役割を果たしているかは、これまで正確には分かっていませんでした。イギリスヨーク大学の研究チームは、ボルネオ島のマリアウ盆地の特定の区域からシロアリを排除し、その影響を観察することでシロアリの役割を解明し発表しました。研究チームが実験を始めたのは、2015年から2016年にかけてでしたが、この時期はエルニーニョ現象が発生し、森が極度の干ばつに見舞われていた時でした。この時シロアリが例年の2倍近くに大繁殖し、干ばつに見舞われた森を健全に保つ役割を...危機に陥った森を守るシロアリ

  • 5ナンバー車の減少と消費者動向

    厚生労働省の統計データ不正操作による不都合な事実が明らかにされ、一部の大企業を除いて実質賃金はむしろ下がっていることが明らかになりました。その実態を素直に反映しているのが、消費の二極化が進んでいる状況のようです。昨年の乗用車販売(軽自動車を含む)で、5ナンバーの小型乗用車の比率が29.9%と初めて3割を切りました。かつては新車の65%を小型車が占めていたころから比べると隔世の感があります。私が大きめの駐車場などを見ても多くが軽自動車で、3ナンバーの車が多く5ナンバーの車は本当に少なく、3割もないような気がします。もちろん衝突安全性能の向上や、日本よりも大きな車が主戦場となる海外市場をメーカーが重視していることから、車のサイズが年々大きくなり、3ナンバーの車が多くなっているという事情もあります。かつては大衆車の代...5ナンバー車の減少と消費者動向

  • 人間の舌は情報の宝庫

    最近タレントが舌ガン(正式には左舌扁平上皮ガン)に罹ったことを公表し、マスコミもいろいろ取り上げています。ステージⅣということで難しい手術になったようですが、無地に成功したというニュースもあり、無事回復を願っています。舌に表れる重大疾病のサインは舌ガンだけではなく、東洋医学では「舌は内臓を映す鏡」と言われるほど、舌は情報の宝庫のようです。毛細血管が多く集まっている舌は、体の変調が真っ先に現れる場所としています。舌の表面にある舌苔(ぜったい)は、細菌の食べかす、粘膜のかすが付着したものですが、この変化が胃腸の異変のバロメーターになります。胃腸が弱っていると舌苔が厚くなりますが、舌は胃腸と粘膜で繋がっており、胃や腸が不調だと治癒機能が働かず新しい細胞が作られないため、舌苔が蓄積していきます。悪化すると舌苔の色が濃く...人間の舌は情報の宝庫

  • フリーセル7000クリア達成

    先日フリーセルのゲーム数が7000を超え、一つの段階を超えることができました。前回6000クリアをブログに書いたのが昨年8月ですので、ちょうど半年で1000ゲームやったことになります。今回の終了画面は、タイム3:19、ベストタイム1:09、ゲーム数7,002、クリア数7.000、勝率100%、となっています。毎回書いていますが、このベストタイムの1:09というのは本当にすごい記録と思っています。平均クリア時間など出ませんが、私の感覚では3分台が多いようです。非常にスムースに進んで簡単にクリアで来たときに、2分を切るということがありますが、ほぼ1分で終わるにはどんな感じで動かすのか、我ながら不思議な気がします。難しかったゲームはメモに残していますが、今回の1000ゲームの中にも20分以上かかったものが4件残ってい...フリーセル7000クリア達成

  • 定年男子の新形態、パソコン前で「お地蔵さん」

    「団塊の世代」の男子たちが定年を迎え、高齢者となっています。この世代はかつての定年男性のように、熟年離婚を迎えたり、粗大ごみ、濡れ落ち葉となって冷たい家族から嫌がられる様なヘタは打ちません。その代り、パソコン前での「お地蔵さん」現象という新形態へ変化して、顰蹙を買いつつあるようです。戦後生まれの元祖ニューファミリー、「団塊の世代」が2007年以後に順次定年となって10年が過ぎました。欧米文化に憧れ、新しいもの好きで自由を謳歌した世代760万人がどっと高齢者市場に繰り出したことになります。退職金や貯金で派手に消費して、低迷しがちな景気をけん引してくれる、スポーツに趣味にと積極的に参加して従来の「高齢者」のイメージを一転させるとの期待は中途半端に終わったようです。一時的に旅行や家のリフォーム、新築などで消費が増えた...定年男子の新形態、パソコン前で「お地蔵さん」

  • 腎細胞ガンの治療法の進展

    免疫チェックポイント阻害剤の登場で、生命予後が大きく変わったガンは多く、腎臓ガンのほぼ9割を占める腎細胞ガンもそのひとつです。腎細胞ガンは、手術が不可能または再発転移した場合、1次治療から2つの免疫チェックポイント阻害剤オプジーボとヤーボイの併用が昨年8月から可能になりました。腎細胞ガンの高リスクは透析患者で、通常の10~60倍もの頻度で発生します。透析を受けるとブドウの房のような嚢胞がたくさんでき、そこに老廃物がたまり、前がん病変のようなものが多発します。透析患者は老廃物を排出できず、細胞を刺激してガンができやすくなると考えられています。肥満、喫煙、高血圧も古典的リスク要因と呼ばれ、近年は高脂肪食や運動不足がリスクを高めるという指摘もあります。腎細胞ガンは早期では全く自覚症状がなく、ほとんどが腹部超音波やCT...腎細胞ガンの治療法の進展

  • 2月度2回目の定例麻雀

    今月は初旬に早めの麻雀を行いましたので、もう1回やりたいという声があり2回目を設定しました。いつものH君はなかなか都合がつかないようでしたので。久しぶりにSTさんに声をかけ何とかメンツが揃いました。やはり麻雀も5人ぐらいいると調整が楽になっていきます。今回も1時集合ということになっていましたが、12時半過ぎには全員が集まり、どんどん早くなっていくようです。いつもの雀荘で私が荘家で始まりましたが、この東の1局はかなりきれいな手が早く出来上がりました。親ですので上がって収入を確保したいという気もありましたが、中盤前ですので運試しもかねてリーチをかけてみました。待ちは5,8万だったのですが、8万が1枚出ているだけですので自模れるだろうと思っていましたが、全くダメで流れてしまいました。するとSTさんが5万を暗刻で、なん...2月度2回目の定例麻雀

  • 重病リスク高める「隠れ脳梗塞」

    ある日突然倒れるというイメージが強い脳梗塞ですが、実際に多いのは自覚症状もなく体をむしばんでいく「隠れ脳梗塞」という微小な梗塞があるようです。私も10年ほど前脳のMRIを測定したのですが、その時医師からいくつか隠れ脳梗塞の痕跡があるといわれました。この時は脳自体には全く問題がなく、梗塞の数も年齢にしては少ない方で良い結果でしたが、この時初めて隠れ脳梗塞ということを知りました。脳梗塞は脳内の血管が詰まり、脳細胞が壊死する病気で。ある日突然意識を失って倒れるという印象がありますが、ごく微小な隠れ脳梗塞が少しずつ増えて脳梗塞に発展するケースの方が多いといいます。隠れ脳梗塞は医学的には「ラクナ梗塞」と呼び、脳内の細い動脈で起きる直径1.5ミリ未満の梗塞を指します。自覚症状がないのでCT検査やMRI検査で見つかることが多...重病リスク高める「隠れ脳梗塞」

  • パチンコの歴史 続

    前回羽根ものと言われる機種が出現し、これが画期的なものであることを書きました。ただこれは私の個人的な見解ですので、あまり正確なものでないことはお断りしておきます。この機種によって一度に15発しか出なかったパチンコが、うまくいけば数百発出るということはそれだけ資金を投入するということにもなります。ですからそれまで貸出機のようなものから玉を出していたものが、各台に現金投入口ができ座ったまま連続してプレーできるようになったのも大きな変化でした。そしていよいよ50年代半ばにさらにギャンブル性の高いデジパチとかフィーバー台という機種が登場しました。これは台にデジタルの数字が回り、7あるいは特殊な絵柄が揃うと大当たりという現在主流の機種ですが、この時の出玉が2000発以上というすごいものでした。特に初期の機種はカウンター(...パチンコの歴史続

  • インフルエンザで高熱の仕組み

    さすがにインフルエンザもピークを越えたようですが、今年も猛威を振るい患者数も220万人を超えたという報道がありました。インフルエンザに感染すると38℃以上の高熱が出て、人によっては40℃を超えることもあるようです。この発熱の仕組みについて書いてみます。人の身体にウイルスが侵入すると、白血球などの免疫細胞が異物であるウイルスを取り囲んで戦いが始まります。すると体内で様々な物質が作られ、そのうちの1つが脳内の体温調節中枢に働きかけます。そして体温中枢が発熱シグナルを全身の体温調節機関に送り、発熱を促進したり放熱を抑えたりします。具体的には、皮膚の下や内臓の周りにある発熱機能を持つ細胞(褐色脂肪細胞)の発熱が促進され、全身の骨格筋を震わせて熱を作ります。悪寒を感じて体がガタガタ震えるのがその発熱です。一方で血管を収縮...インフルエンザで高熱の仕組み