searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

pahsukeさんのプロフィール

住所
千葉県
出身
東京都

豆本は、すでに230作品を越えており、樋口一葉・伊藤左千夫の記念館に置かれている豆本、非公認ながらその作品としては日本最初、最小の豆本、ボストン・ニューヨークの市立図書館に寄贈した豆本もあります。「広重 豆本」の検索で、「別サイト豆本」も見られます。

ブログタイトル
豆本三昧我褸芥(がるぁくた)ノート・美人画あれこれ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/pahsuke2
ブログ紹介文
名作文芸、和洋名画を編集した自作豆本、及びその資料として集めた東西の美人画の紹介をしております。
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2011/06/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、pahsukeさんの読者になりませんか?

ハンドル名
pahsukeさん
ブログタイトル
豆本三昧我褸芥(がるぁくた)ノート・美人画あれこれ
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
豆本三昧我褸芥(がるぁくた)ノート・美人画あれこれ

pahsukeさんの新着記事

1件〜30件

  • 喜多川歌麿  風俗美人時計

    昨日の日時計に対して丸一日の時刻のはずだが「酉・戌」の二刻が見当たらず十点のみと、辰の刻画像が不鮮明。昨日の一般の娘に対して、身分や職柄が示されている。子妾・丑辰巳(深川の芸者)・寅契情(傾城)卯下女・辰嫁or娘?・巳囲(い者)※妾と囲い者は同じと説明されるが、現在とちがって江戸期には区別があったようである。「囲い者はパトロンから月々の手当をもらって一軒をかまえて生活している素人の女のこと。妾は、そういうことを仕事の一部としている色街の女(例えば芸者など)をいう。」という説明があったが、私見では「妾は正妻も承知の所謂二号で子供なども妾腹として公認?されたりするが、囲い者は奥方には内緒のような存在だったのではないか」と考える。だから妾はセミ女房的な立場として子供のオシッコなどという色気の無い様を描き、色気主体の囲...喜多川歌麿風俗美人時計

  • 喜多川歌麿  娘日時計

    日時計ということで、夏の昼間の女性の姿を時刻ごとに描いた五点揃い。辰の刻午前八時前後・巳の刻・午の刻十二時前後未の刻・申の刻○「浮世夏の日時計」九つと七つの二点のみ九っは正午前後で、真桑瓜のようなものの皮を剥いているところらしい。七っは夕方の行水。にほんブログ村喜多川歌麿娘日時計

  • Coffee time

    にほんブログ村Coffeetime

  • Magazine Cover  Die Dame 2

    昨日のレンピッカ作品とはだいぶ趣が違うが・・・・にほんブログ村MagazineCoverDieDame2

  • Magazine Cover  Die Dame ・ Tamara de Lempicka

    1911年~1943ドイツ最初のイラスト雑誌。1928、29年ごろに、TamaradeLempickaの著名作が表紙になっている。にほんブログ村MagazineCoverDieDame・TamaradeLempicka

  • Magazine Cover Mademoiselle

    にほんブログ村MagazineCoverMademoiselle

  • Magazine cover NEW YORKER

    にほんブログ村MagazinecoverNEWYORKER

  • Magazine cover  hebdo

    フランスの風刺雑誌のようだが、私には詳細は分らない。なお表紙は1930年ごろの女優の写真のようである。にほんブログ村Magazinecoverhebdo

  • Magazine cover  La Nouvelle Mode

    20世紀前半のパリのニューモード最後のご婦人が一番人気。にほんブログ村MagazinecoverLaNouvelleMode

  • Coffee time

    にほんブログ村Coffeetime

  • 小田富弥 2

    ※本ブログでは例外的な男性、それも荒くれ男を登場させたが、小田富弥を有名にした作品に「丹下左膳」の挿絵がある。そして丹下左膳の挿絵では志村立美も有名である。美人画家二人の左膳対決をさせてみた。右二点が志村立美作品。にほんブログ村小田富弥2

  • 小田富弥 1

    大正時代から昭和時代の挿絵画家、日本画家、木版画家。にほんブログ村小田富弥1

  • 平野白峰

    昭和前期の版画家。湯上りと鏡の前にほんブログ村平野白峰

  • 艶姿二十四孝 2  大平華泉

    この画家についてはこの四作のみ。にほんブログ村艶姿二十四孝2大平華泉

  • 艶姿二十四孝 1  成田守兼

    二人の画家の共作で、「二十四点」のはずだろうが、10作しか見当たらない。にほんブログ村艶姿二十四孝1成田守兼

  • 二代目歌川国貞 「東京美女そろい」

    10点の全揃いかどうかは不明。最初の「足袋屋おひち」以外は、どれも堅気の女性ではなさそう。以下四人はいずれも柳橋の芸妓らしい。左端の場面は先日も見かけた構図。二代目歌川国貞「東京美女そろい」

  • Coffee time KIRA PANINA  了

    コーヒー美女57点アップにほんブログ村CoffeetimeKIRAPANINA了

  • たばこのポスター Chesterfield 2

    にほんブログ村たばこのポスターChesterfield2

  • たばこのポスター Chesterfield 1

    この煙草Chesterfieldが一番宣伝に力をいれているのか、沢山の画像が集まった。にほんブログ村たばこのポスターChesterfield1

  • たばこのポスター Lucky Strike 2

    にほんブログ村たばこのポスターLuckyStrike2

  • たばこのポスター Lucky Strike 1

    子供のころ煙草好きの人に、当時は貴重だった洋モクのこのアメリカ煙草を有難そうに取り出して見せられた時、何となく日の丸の旗に似ていると思って欲しくなった記憶がある。勿論袋のことである。なぜか闇ルートで手に入れてくるらしい子供の頃のLuckyStrikeは白地赤丸のものばかりで、後段の暗緑色の物は目にした記憶が無い。にほんブログ村たばこのポスターLuckyStrike1

  • たばこのポスター Camel 2

    最後二点は中国本土と香港辺りで販売されたものであろうか。にほんブログ村たばこのポスターCamel2

  • たばこのポスター Camel 1

    にほんブログ村たばこのポスターCamel1

  • Coffee time KIRA PANINA 7

    同じように見えても別な絵。にほんブログ村CoffeetimeKIRAPANINA7

  • 絵葉書帽子美女 2

    絵葉書美女の続きは、時期を改めて登場予定。にほんブログ村絵葉書帽子美女2

  • 絵葉書美女

    巨大帽子とともに集まった絵ハガキ美人の内、帽子の比較的大きな美人連。巨大帽子の方には「超現実的」という言葉があったがこちらは大きいといっても現実的。この三点は写真かもしれない。中央の『JOLISMINOIS』というのは「可愛い顔」の意。にほんブログ村絵葉書美女

  • 巨大帽子 4

    だいぶ食傷気味で・・・・・男性はげんなり・・・・ミネルヴァのヘルメット・プロペラ単発飛行機・トイレが一苦労どうやら巨大化も収まってきたようで、これをもちまして千秋楽にござりまする。にほんブログ村巨大帽子4

  • 巨大帽子 3

    馬鹿馬鹿しい物ながら、今暫くお付き合いの程を。にほんブログ村巨大帽子3

  • 巨大帽子 2

    中央は「家族の帽子」とある。にほんブログ村巨大帽子2

  • 巨大帽子 1

    西洋の婦人帽子にはかなり奇抜なものが見られるようで、過去にも取り扱っている。今回のは、あくまでも非現実の絵画の世界のものであろうとは思うが、それにしても絵ハガキの形で何十枚もとなるとは驚きである。作者も複数いるようでなるべく纏めてはみたが、不揃いはお見逃しを。右端のタイトルは「私たちの気まぐれ」となってるが、気まぐれにしてもねぇ。インディアンスタイルでも、最後の穂絵が本格的で・・・・にほんブログ村巨大帽子1

カテゴリー一覧
商用